早朝

テーマ:

ダンスの消えた路地から

ジョギングの靴音が鳴り響く

その走り出しの一歩目が

夜明けのゴーサイン

 

カラスたちはせかせかと

作業的に朝食を摂る

さっき卵かけご飯をかき込んでいた

自分のように

 

感情よりも先に

出てくるあくび

二重にも三重にもなったまぶたを抱え

始発の電車に向かう

 

不安や退屈や軽やかさ

これから湧き上がるどんな気持ちも

託せそうなくらいに

広がった秋の空

 

涙じゃない

テーマ:

くねっていたはずなのに

濁流だったはずなのに

僕の中で

 

これは一体何だ

瞳からしとやかに

透き通って溢れ出るものは

 

こんなきれいな流れじゃ

心の一つも

表わせていない

 

世界へと

さらけ出される

大事な伝言を装って

 

僕じゃない

僕は

こんな涙じゃない

毎日

テーマ:

練炭の載っていない

車に乗り

ホームドアが張り巡らされた

駅の電車に乗り

 

鋭い包丁で調理した

健康的なものばかりの

弁当を食べる

ビルの屋上で

強い風を受けながら

 

僕は今

崖の突端で

大きな声で叫びたいだけ

樹海の奥底で

深い呼吸がしたいだけ

 

ロープ一つ買わずに

家へと帰り

ベランダに出て

少し一息

睡眠薬も飲まずに眠る

テーマ:

どこから持って来たのか

その赤を

去り行くための色彩を

 

燃え上がるような

滴り落ちるような

輪郭をはみ出さんばかりの生

 

命の際で

輪廻の只中で

見せた鮮やかな祝福の色

 

流れ込む

おびただしいほどのその紅を

舗装された大地は持て余す

夜長

テーマ:

ヒトの体温から

遠く離れて

ソファーで紅茶を飲んでいる

ぼんやりと

 

もう少し軽妙な

心持ちでいたかったのに

秋も夜も

深まってしまうから

 

伝えきれなかった自分が

落ち葉のように積み重なる

まだ着慣れない冬服が

チクチクとしている

 

 

 

 

 

帰り道

テーマ:

通り過ぎる電車の音に

はっと振り向いて

そしてまたうつむく

 

無感情なコンクリに

抗いながら

寄りかかりたがってる体

 

袋小路の道も

時は悠々と越えてゆく

その向こうに

明日の僕はいるのだろうか

 

立ち止まる心を巻き込んで

時は黙々と流れてゆく

帰り道さえ

行き道にして

雨は訪問者

テーマ:

僕からか

雲からか始まった

沈黙が立ち込める

 

今なのに

今でないよう

白黒く塗られた

たなびく雲に濡れた空

 

僕も雨も

束の間でこの街を

通り過ぎる訪問者

 

巡り会った

僕は雨を存分に浴びたのに

雨には何一つ

浴びせ返してやれやしない

しだれ桜

テーマ:

人々に向かって

投げ出されているような

花びらたち

 

その刹那を

はなむけにして

新しい季節は始まる

 

並木道をくぐる

それは別れだ

僕からの

桜からの

 

取返しのつかないものの

美しさが

この足を立ち止まらせる

花吹雪の中で