旧・日常&読んだ本log

流れ去る記憶を食い止める。

2005年3月10日~2008年3月23日まで。

以降の更新は、http://tsuna11.blog70.fc2.com/で。


テーマ:
ギャヴィン・プレイター=ピニー
「雲」の楽しみ方

著者は雲を眺めることが昔から好きだったのだという。なのに、現状ときたらどうだ? 気分が「晴れない」だの、「暗雲が漂う」など、雲は不当に差別されている! 何より、「雲ひとつない」晴れっぱなしの空ばかりだとしたら、その単調さに人々だって、きっと飽きがきてしまうはず…。雲は空の素晴らしいアクセント。雲があるからこそ、空の素晴らしさがあるというのに。

この現状を大いに憂いた著者は、「雲を愛でる会」なる組織を設立し、講演でその存在を発表した。さらにインターネット上でも会を立ち上げた著者は、そこで多くの同好の士と出会う。

この本は、「雲を愛でる会」会員の、「雲に関する一般向けのお薦めの本はないか?」との問いに答えて生まれた本。雲全般のガイドブックとでもいえましょうか。様々な雲の写真から、雲の分類、科学的な話から、小話(絵画、文芸、実体験)まで、雲に関することなら何でもござれ。
さあ、あなたも雲愛づる人々のお仲間になってみませんか?

目次
 はじめに
 10種雲形
 雲の分類
第1部 低い空の雲
 第1章 積雲―うららかな空にぽっかり浮かぶ「綿雲」
 第2章 積乱雲―そそり立つ怒れる王「かみなり雲」
 第3章 層雲―低くたれこめた幽玄の世界「霧雲」
 第4章 層積雲―つぎつぎと衣装を替える千変万化の「くもり雲」
第2部 中間の空の雲
 第5章 高積雲―空に勢ぞろいする「ひつじ雲」
 弟6章 高層雲―朝夕に一瞬きらめくが凡庸な「おぼろ雲」
 第7章 乱層雲―厚く空を覆って涙の滴を落とす「雨雲」
第3部 高い空の雲
 第8章 巻雲―氷の結晶がつくる繊細な天使の髪「すじ雲」
 第9章 巻積雲―魚市場で見つけた小雲のさざ波「鯖雲」
 第10章 巻層雲―高い空から光の微笑みを投げかける「うす雲」
第4部 忘れちゃいけない……
 第11章 変わり種や成層圏などの雲―地味だけど立派な雲の仲間たち
 第12章 飛行機雲―雲界一の伊達男にして問題児
 第13章 モーニング・グローリー―めったに見られない黄金の雲

 謝辞
 訳者あとがき
 原注


これ、面白かったんだけど、何せ結構なボリュームだし、どうもここのところ、頭が「物語脳」になっちゃっていたので、貸出期間の延長をしたのにも関わらず、全部はきっちり読めてません(貸出期間の前半は、それこそ、「雲ひとつない」青空続きで、頭が蕩けそうだったし。ああ、この夏の猛暑ってば!)。でも、こんな本が存在することが嬉しいなぁ、と思うような本でした。雲に対する深い愛ゆえか、多少クドいけど、筆致もユーモアもたっぷり。

さて、いっちばん印象に残ったのは、オーストラリアでもとりわけ辺鄙な場所でしか発生しないという(著者の旅は何と42時間がかり!)、層積雲に見られる「ロール雲」の特殊な形の雲、「モーニング・グローリー」について。モーニング・グローリーは、イギリスの国土と同じ1000キロもの長さに伸び、最高時速約60キロで移動するのだとか。さらに、この雲の上昇気流を利用して長時間滑空する、まるで伝説の大波を追うサーファーのような、グライダー乗りたちがいるのだって。人間ってすごいことを考え付くものだね。

Oasis
(What's The Story) Morning Glory?
oasisのかなり前のアルバム。このアルバム、好きなんです。これ、関係あるのかなぁ。ん?でも、「Morning Glory」って朝顔なの?(ああ、疑問投げっ放しー)

■「雲を愛でる会」のアドレス■
http://www.cloudappreciationsociety.org/
ギャラリー 」が綺麗です♪
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
綿矢 りさ
夢を与える

「蹴りたい背中」にはあんまり感心しなかったのだけれど、こっちは良かったよ、綿矢りささん。同時に、あー、「綿矢りさ」も大人になっちゃったんだなぁ、とも思ったけれど。大人も大人、何だかそれはこの「夢を与える」の中で、主人公である夕子が呟く、「私の皮膚は他の女の子たちよりも早く老けるだろう」というような大人になり方で、勝手ながらちょっと心配してしまうくらい。ま、作品は作品、作家は作家で本来別々のものなのでしょうが。

芸能人、スポーツ選手などが、最近よく使うこの「夢を与える」や、希望を与えるという言葉。傲岸不遜とも思われる、この言葉の裏の彼らの生活は、一体どうなっているのか。他人に「夢を与え」続けるというのは、どういうことなのか。本書は、残酷で無残な青春小説とも読めるような気がする。

主人公は、夕子。その愛らしい容姿でもって、チャイルドモデルとして活動していた彼女は、大手チーズ会社との半永久的なCM契約により、日本全国に知られた存在となる。そのCMは「ゆーちゃん」の成長を映し続ける。「ゆーちゃん」とは誰なのか?、世間の関心が高まったところに、普通の少女としての「ゆーちゃん」の難関高校の合格。幼いころから知っている少女が、健やかに成長するさまを見た大衆は、夕子が「普通の少女」である事に好感を持ち、彼女は一気にブレイクを果たすのだが…。

主人公はこのアイドルとなる夕子であるけれど、実際には彼女の母も、この物語に濃密に絡みついてくる。日仏ハーフのどこか頼りなげなトーマを繋ぎ止めたのは、夕子の誕生であったのだけれど、無理矢理繋ぎ止めた関係はいつか破綻する。夕子にとってはいい父親のトーマであったけれど、彼はいつしか夕子や妻、幹子に隠れて、もう一つの「家」を持つようになっていた。夫、トーマへの満たされぬ思いを埋めるように、母、幹子は夕子の芸能活動を全力でサポートする。母子が邁進した芸能活動の果てに待ち受けていたものは、しかし…。

高校に入学する前、完全にブレイクを果たす前の夕子の生活は、時にCMに出たり、ギャルズクラブの妹分としてレポーター活動などもこなすものの、まだまだ至ってのどかなもの。母、幹子の実家にもほど近い、海、山、川と自然に恵まれた昭浜の家での一家三人の暮らし。同級生との他愛もない会話。恋とも呼べぬような淡い思い。

ところが、ブレイクを果たした後の夕子の生活は一変する。都内に借りた仮住まいのままのようなマンションでの母子の暮らし、高校へ辿り着いても、眠り続けてしまうような疲労、詰め込まれたスケジュール。薙ぎ倒す様にひたすらにスケジュールをこなす日々の中で、夕子は段々と倦んでいき、「一般人」に恐怖を覚える「芸能人」になっていく。けれど、どんなに忙しくても、使い捨てられるのは、こわい。

高校三年生となった夕子の勢いが失速するのは、大学受験のため。普通の理想の人生を歩んでこその、みんなの「ゆーちゃん」である、阿部夕子というもの。ところが、夕子は突然の静かな生活に耐えられなくなっていた。そして、夕子にとっては運命の恋に出会ってしまう。それは、普通の人間にとっては、ごく普通の恋愛で終わる可能性もあったのだけれど…。ここでも、母と同じように無理矢理繋げた関係が、ある衝撃的な事件を呼ぶ。

夢を与えるとは、他人の夢であり続けること。そして、その他人の夢を裏切るような生き方をしてはならない。初めての恋に、世間の人々を「裏切った」夕子の独白は、あまりにも早く大人になってしまった少女のもの。諦観に老成。そして、人はきっと、そういう少女をテレビで見たいとは思わない。明るく、頬紅を塗らなくても、ふっくらと輝いていた頬は、すでに痩せて萎んでしまった。夕子の今後はどうなるのか。普通の人々の信頼の手を手放して、文中にあるような赤黒い欲望の手と手を結ぶのか。

ずしんと重い小説です。高校生の頃の夕子が頑張れたのは、中学生の頃やその前の生活が充実していたからなのだよね。ところが、何の実もない高校生活が彼女の心を萎ませてしまった。人間は、自分の現在の少し前の遺産を食い潰して生きている。積み重ねなく、常に人に「夢を与え」続け、他人の夢であり続ける。それは、やっぱり、壊れていくものなのでしょう。

今、amazonを見たら、amazonではなぜか押し並べて低評価のようですが、私は濃密な良い小説だと思いました。でも、この絶望が深すぎて、綿矢りささんがずーっとこっち側に深度を深めていってしまうとしたら、次の作品を読むのが怖いな、とも思いました。蹴りたい背中」のディスコミュニケーション一本槍よりは(って、随分前にぱらぱらと読んだ印象のみだけど)、私はもっといろいろなテーマが盛り込まれた感がある「夢を与える」の方が好きなんだけれど、欲を言えばもう少し希望を感じさせる作品も読みたいな、とも思います。次作はどう来る? 綿矢りさ。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

グラディス・ミッチェル, 清野 泉
ウォンドルズ・パーヴァの謎

目次
第一章 アメリカに向かった男の愚かな振る舞い
第二章 六月の午後じゅうずっと続く茶番
第三章 真夏の狂乱
第四章 ニュースが広まる
第五章 もう一人の庭師
第六章 木曜日
第七章 頭の話
第八章 話の続き
第九章 グリンディ警部、事実に気づく
第十章 二と二を足す
第十一章 さらなる発見
第十二章 警部が疑いを抱く
第十三章 マージョリー・バーンズ
第十四章 <女王の頭亭>での出来事
第十五章 カルミンスター博物館に新しい展示物が加わる
第十六章 ミセス・ブラッドリーがひと役買う
第十七章 <生け贄の石>
第十八章 森にいた男
第十九章 頭蓋骨
第二十章 犯罪の話
第二十一章 サヴィル
第二十二章 警部、逮捕にふみきる
第二十三章 ミセス・ブラッドリーの手帳
第二十四章 殺人者

訳者あとがき


舞台はイギリスの片田舎、ウォンドルズ・パーヴァのお屋敷(マナーハウス)。屋敷の主人が突然姿を消し、肉屋には首のない人間の肉がフックでぶら下がった! おまけに誰のものとも知れぬ頭蓋骨(表紙にもありますね)が、点々とその所在を移す。

どうやら、この屋敷の主人は、人好きのする人物とは言えなかったようで、周囲は怪しいひとばかり。おまけにあからさまに怪しい人物が、のっけから登場するのだけれど…。屋敷の主、ルパート・セスリーはどこに行ったのか? 彼は殺されたのか? 頭蓋骨は誰のものなのか?

イギリスの片田舎を舞台とし、村の人物がどうしたこうしたが、延々と語られるこの物語。他愛もない話と思われる中に、きっちりと伏線が張られているわけで、そういうところも含めて、これは典型的な「イギリス人のミステリ(恩田陸さん「
小説以外 」より)とも言えましょうか。

探偵役は、これが変わっているのです。いけすかない精神科医の老婦人、ベアトリス・レストレンジ・ブラッドリー。甲高い声で喋ったり、高笑いしたりするので、周囲の人々には不気味がられてもいる。親しみやすさとは無縁の存在。「訳者あとがき」によると、この「ウォンドルズ・パーヴァの謎」は、クリスティの「アクロイド殺し」とほぼ同時期に発表された作品とのこと。田舎町に老婦人とくれば、ミス・マープルを思い出すわけだけれど、このミセス・ブラッドリーは、ミス・マープルとはずいぶん違うようですよ。

人が一人死に、しかもその体はバラバラにされて、肉屋に吊る下げられるという、幾分猟奇的な犯罪を描いているにも関わらず、割とユーモラスに感じてしまう、ちょっと不思議な作風です。田舎町を舞台にしてるから? 「ミセス・ブラッドリーの手帳」も親切だし(伏線が分かります)、最終章「殺人者」では、ええっ!と驚く。

なかなか強かそうな、このミセス・ブラッドリーシリーズは、本国ではもっと出ているようだけれど、翻訳されているのは、以下のものだけのよう。

グラディス・ミッチェル, 遠藤 慎吾
トム・ブラウンの死体 (1958年)

訳者も版元も(出版年も)異なるところが若干気になりますが、次は「ソルトマーシュの殺人」に行ってみようかな。訳者も「
書斎の料理人 」の宮脇さんだしねえ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
白岩 玄「野ブタ。をプロデュース」

人にはその生活において様々な役割がある。だからその所属グループ(家族、友人、会社などなど)によって、少しずつ異なる貌を見せている。「本当の自分」というのはよく分からない言葉だけれど、きっと多少の演じ分けは皆がしていること。

これは超自覚的な演技で、クラスの人気者として君臨する、高校生・桐谷修二くんの物語。彼のクラスに小谷信太(信太、だから野ブタ)くんが、転校生としてやってくる。容姿に恵まれず、オドオドと挙動不審な「野ブタ」くん。クラスの仲間にも勿論入れてもらえないし(「キモい」、から。嗚呼、高校生って!)、早速いじめのターゲットになってしまう。偶々、いじめの場面に出会ってしまった修二。「野ブタ」に弟子入りを志願される。

修二は「野ブタ」をプロデュースして、人気者に仕立てあげることを決意する。「野ブタ」は見事人気者になるが、プロデューサーに徹していた修二の演技力は鈍る。さて、最後はどうなるのか?

これ、こんなにも若い作者が書いたのか、とびっくり。非常に上手い小説だった。今後の作品はどうなるのか? 次作にも期待。


「演じる」で思い出したのが、小説ではなく漫画だけれどこちら。

川原由美子「前略・ミルクハウス」

これは下宿屋「ミルクハウス」を舞台にした物語。ひょんな事から一緒に住むことになった男女数名。細かい所はもう覚えていないのだけど、日々演技をして生きていた「涼音」の事が強く印象に残っている。

涼音は過去色々屈折する思いがあって、本当は真面目なのにわざとちゃらんぽらんに見せて、誤魔化して、生きている(大体、男性なのになぜか女装しているし。しかも超のつく美少女っぷり)。途中までは普通にドタバタコメディなのだけれど、印象に残っているのは後半の展開。

平穏に暮らしていたミルクハウスに、ある日突然「涼音の元カノ」が転がり込む。涼音の元カノは、涼音の屈折した思いや日々を知っていて、「だから、私はあなたが分かる。あなたは私と付き合うべきだ」と復縁を迫る。涼音の元カノも、彼と同じような痛みを抱えて、彼女は「私はそんなに強くない」から、自分を分かってくれる、知っていてくれる人が欲しいのだ。でも、涼音は「演技しているのを解られるのは辛い」。それでどうせ演じるなら「何も知らない観客の前がいいよね」。

彼が好きなのは、多分自分の事を何も分かっていない、ちょっと鈍い天然ボケの主人公・芹香。芹香だって悩まないわけじゃない。「自分の知らない涼音さん」の存在に悩むし、それを私にも教えて欲しいと迫る。大体、涼音の告白の仕方がずるいんだよね。毎度ただ、「好き、好き」「芹香ちゃん、可愛い~。愛してるわっ(抱きっ)」と言うだけなの。ある意味、一番賢い口説き方なのかもしれないけど。

涼音は芹香の自分を見る目が変わることを恐れ、過去を知られることを恐れる。結局、芹香は過去の涼音を知ってしまうのだけど、それでも丸ごとの彼を受け入れる。「ほんとうの自分」なんてものはないと思うけど、「このように見られたい自分」と「あまり知られたくない自分」というものがあることは、分かる。大人になるにつれ、この間の差は縮まっていったけれど。

きっと涼音と元カノでは、傷の舐め合いのようなことになってしまったのだよね。芹香と生きることで、涼音は新しく生きることが出来る。芹香の魅力が当時はよく分からなかったのだけど、このある種の「鈍さ」と包容力が彼女のいい所だったのだと、今は思う。


冒頭に戻って、高校生・修二の今後はどうなるのかなあ、と思う。

著者: 白岩 玄
タイトル: 野ブタ。をプロデュース
著者: 川原由美子
タイトル: 愛蔵版 前略:ミルクハウス [少年向け:コミックセット]

*「前略・ミルクハウス」が手元にないままに、書いてしまいました。細かい部分など、間違っているかもしれません。そして、説明が分かり難くて申し訳ありません。うーん、ぐだぐだ。 うはー、そして画像も出ないですね。そんでもって、これって少年向け漫画だったのか??
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。