旧・日常&読んだ本log

流れ去る記憶を食い止める。

2005年3月10日~2008年3月23日まで。

以降の更新は、http://tsuna11.blog70.fc2.com/で。


テーマ:

志村 ふくみ, 志村 洋子
たまゆらの道―正倉院からペルシャへ

染織家、志村ふくみ、志村洋子さん母子がものした本。副題に正倉院からペルシャへ、とある通り、日本の染織家であるお二人が、辿った染織の道は実に幅広く、深い。同じ日本であっても、第一章「日本の美がたり」で訪れるのは、伊勢神宮における「神々の装束」であったり、高野山の「祈りの色と文様」、毛越寺・厳島神社・野田神社の「舞の装束」など、私たちの日常とは離れた奥深い所に密かに存在しているものたち・・・。写真も綺麗です。

目次
序文
第一章 染織への道
第二章 日本の美がたり
第三章 日本の美の源流をたずねて-イラン、トルコ
作品とエッセイ
終わりに
感謝
取材協力
参考資料

 
ふくみ、洋子の親子がほぼランダムに書いておられる共著なので(文章の最後には、(志村ふくみ)、(志村洋子)などの記述があるものの)、今どちらが書かれているのだ?と考えると、そういう点ではちょっと読み辛い。ふくみさんが書かれた方が、何だかびしりと厳しい気が通ってる気もするんだけど。ええ、居住まいを正して読まないと、怒られちゃう感じ。藍を立てたり、植物から色を染めるのは、一期一会の真剣勝負。そもそも、気迫が違うのかもしれません。

豊富に付けられている写真の一部をメモ。

・高野山の霊木(p72-73)
 高野槙から染められた、薔薇色と黄色の美しい事! 茶色の木からこんな色が出るのか不思議ー。
・毛越寺の延年の舞(p74-75)
 ふわりふうわりと舞う。
・仙台・南蛮の陣羽織(p88-89)
 水玉の伊達家の今見てもモダンな陣羽織。「紫羅背板五色水玉文様陣羽織」。 
・ペルシャ(p225、p230-231)
 金糸を入れた錦織物、華麗な「ザリ・バフィ」を織るところ。
・装飾タイルのモスク(p246-247)
 緑と青は、天を映し出す聖なる色として崇められたとの事。

そういえば、この本が頭にあったからか、こんな本も借りてきてしまいました。

NHK「アジア古都物語」プロジェクト
NHKスペシャル アジア古都物語 イスファハン―オアシスの夢

しかし、こちらは惜しむらくもカラー頁が少ない! こんなNHKスペシャルがやってただなんて、知らなかったなぁ。NHKスペシャル・アジア古都物語の一部だとのこと。見たかったです。

イスファハンは、「世界の半分」とまで謳われた美しい都市だったのだという。砂漠と沙漠は違って、「沙漠」は「水のないところ」を意味するのだそうだけれど(サハラ砂漠のように、絶えず砂嵐が起こり、地形が変わっているのが「砂漠」)、国土の殆どがこの「沙漠」と「砂漠」に占められる国で、このように美しい都市が発展したのは面白いことだなぁ、と思った。

番組の取材はちょうど2001年9月のニューヨークのテロ以降の事であり、イランの隣国アフガニスタンへのアメリカによる空爆が続けられていた時期だったとのこと。イスファハンで働くアフガン難民の中には、故郷に残した両親の消息が分からなくなった人もいるのだという。世界は美しく、人々は懸命に生きているのにね。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
桜井 寛
日本縦断個室寝台特急の旅  

前編の、オリエント急行の旅」を探しに図書館に行ったはずなのに、探し出せたのは、なぜかこの前読んだ
「三大「大陸鉄道」豪華寝台特急の旅」 の続編である本書。オリエント急行」はどこにあるんだー! 以前、図書館で見かけた記憶はあるんだけどなぁ。

目次
第1章 「カシオペア」
第2章 「北斗星」
第3章 「サンライズ」
第4章 「トワイライト・エクスプレス」
第5章 「あさかぜ」

「カシオペア」
運行区間=上野~札幌
走行距離=1214.7km
所要時間=16時間35分(下り)
所属=JR東日本

「北斗星」
運行区間=札幌~上野
走行距離=1214.7km
所要時間=16時間22分
所属=JR北海道(1号、2号)/JR東日本(3号、4号)

「サンライズ」
運行区間=東京~出雲市(サンライズ出雲)
        東京~高松(サンライズ瀬戸)
走行距離=953.6km(サンライズ出雲)/804.7km(サンライズ瀬戸)
所要時間=11時間59分(サンライズ出雲)/9時間26分(サンライズ瀬戸)
所属=JR東海・JR西日本

「トワイライト・エクスプレス」
運行区間=大阪~札幌
走行距離=1495.8km
所要時間=21時間8分
所属=JR西日本

「あさかぜ」
運行区間=東京~下関
走行距離=1095.9km
所要時間=14時間55分
所属=JR西日本

「サンライズ」の瀬戸内海越えが素敵。四国にはこれまで一度も足を踏み入れた事はないのだけれど、「四国に入るとおむすび型の山が次々に現れる。童謡の世界のような優しい山容だ」という景色が魅力的。

「トワイライト・エクスプレス」は、ダークグリーンを基調としていて、少し珍しい感じ。でも、椅子などはかなりクラシカル?

海外の豪華列車に比べると、日本の列車は見劣りするのでは、との懸念を持ちながらの取材だったそうだけれど、実際に乗ってみれば、「カシオペア」「北斗星」「トワイライト・エクスプレス」の三列車は世界的にみても、かなり高水準な豪華列車だったそう。

でも、前作と比べてみると、日本の列車はやはり少々見劣りするように感じた。日本の列車の内装も綺麗なんだけれど、海外の方が内装の家具などがしっかりしているんだよね(マホガニー製とかね)。日本のはとっても現代的。

しかし、著者紹介の「両親とも国鉄職員という恵まれた環境に育ち」というフレーズには、ちょっと独特の雰囲気を感じます・・・。「恵まれた環境」って・・・。汗

私は時刻表すら読めないし、決して鉄道好きというわけではないのだけれど、こういった旅の雰囲気や、車窓の風景を見せてくれる本を読んで楽しむことが結構多い。実際に行けなくても、ちょっと旅したような気分になるしね。
この夏は、どこに行こうかな~。

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
桜井 寛
三大「大陸鉄道」豪華寝台特急の旅  

正統派の世界の豪華列車といえば、オリエント急行なんだろうけれど、それについてはこの前に既に本があるらしい(うう、先に続編借りちまったよ)。

というわけで、続編にあたるこの本では、以下、三本の列車の旅が豊富な写真とともに描かれる。

第1章「GSPE]
[グレート・サウス・パシフィック・エクスプレス]
キュランダ~ケアンズ~タウンズビル~プロサパイン~マカイ~ロックハンプトン~ブリスベーン~グラフトン~ニューカッスル~シドニー 2701キロ

第2章「ブルートレイン」
[ザ・ブルートレイン]
プレトリア~クラークスドープ~キンバリー~デ・アール~ボーフォート・ウエスト~マイキスフォンテン~ウォルセスター~ウエリントン~ケープタウン 1600キロ

第3章「AOE」
[アメリカン・オリエント・エクスプレス]
ロサンゼルス~ベンチュラ~サンタ・バーバラ~サン・ルイス・オビスポ~オークランド~サンフランシスコ~ナパ・ヴァレー~サクラメント~ケディー~クラマス・フォールズ~ポートランド~マウント・フッド~シアトル 約2250キロ
第1章では、オーストラリアならではの雄大な自然が楽しめる、豪華列車GSPE。なーんと、途中プロサパイン駅では、ヘリコプターと水上飛行機に分乗しての、グレート・バリア・リーフへのエクスカーション(観光)なんてものがついている。リーフワールドでは、シュノーケリング、スキューバダイビング、グラスボートによる珊瑚礁鑑賞などの様々なアクティビティーが、乗客を待つ。

第2章は南アフリカ共和国から、ブルートレイン。正式名称「ザ・ブルー・トレイン」であるこの列車は、ギネスブックで「世界一の豪華列車」と認定されているんだって。日本の「ブルー・トレイン」はここから来ているのでしょうか?

第3章は、オリエント急行はオリエント急行でも、こちら、なんとアメリカを走るアメリカン・オリエント急行。この列車はちょっと面白くて、夕食の時間帯と、就寝にかかる時間帯は、可能な限り走行しないのだって(生粋の「鉄道好き」である著者には、この点、少々物足りなかったようだけれど。笑)。「GSPE」でもそうだったけれど、こちらもワイナリーに行ったり、列車の旅だけではない観光が盛り沢山。

いくらでも高速で移動出来るこの時代に、ゆったりと時間をかけて旅することの贅沢さが感じられる本。列車の内装などもいいんだけれど、乗務員たちの誇りある働きぶりも素敵。途中、列車に関係ない観光を含んでいるところなど、その国を代表する、若しくは紹介する面もあるのかもしれないね。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

宮脇 孝雄
書斎の料理人―翻訳家はキッチンで…  


コリン・ウィルコックス「容疑者は雨に消える」
(文春文庫刊)、クライヴ・バーカー「ミッドナイト・ミートトレイン」(集英社文庫刊)、パトリック・マグラア「血のささやき、水のつぶやき」(河出書房新社刊)などの訳者である、この本の著者、宮脇氏は料理する翻訳家である。

この本には、英米のクッキング・ブック掲載のレシピを参考にして、宮脇氏が料理された、数々のレシピが載せられている。真面目に冷静に書いておられるのだけれど、文章にも独特のおかしみがあって面白い。いやー、こんな風に料理出来る男性って、格好いいよなぁ。しかも連載途中で、彼の元に「女の同居人」がやって来るのだけれど、「こんな面白いことを女に独占させておくつもりなどなかった」のであり、「そんなわけで、今でも夕方になると食事の支度にいそしんで」おり、「できることなら、買い物かごの似合う男と呼ばれたいものだ」なんだそうだ。実に格好いい大人の男性で、宮脇氏が訳されているような本は、これまで読んだことがないんだけど、ちょっとファンになりそう。

目次
第1章 翻訳家とは料理する生き物である
 私が料理を作るようになった理由
第2章 翻訳家の料理はインターナショナルである
 ホラー小説の翻訳家に「オカルトの血」は流れているか
第3章 翻訳家の料理はときにメイワクである
 世紀末のよく晴れた日には干物を作ろう

宮脇氏は翻訳の仕事の気散じのために、料理を始めたのかもしれないと書く。材料の買出しに始まり、どの順番で何をどう切るか。二つのガス台でどの手順で鍋、フライパンをかけるのか。脳みその普段使わない部分を使っているのが分かるのだという。宮脇氏の場合、料理に興味があるといっても、それはうまいものを食べることが出来ればそれでいい、評判の店の食べ歩きで事足りるというわけではない。問題はその過程にあり、「タマネギの成分が熱で変化して刺激臭が消え、次第に甘い芳香を発するときの媚態にも似た化身のさま」、「しょうがの薄切りを酢に漬けたときの、だんだん薄紅色に染まっていく様子」を心ゆくまで楽しむのだという。「料理は、メランコリーの妙薬であり、美しい思い出であり、楽しい理科の実験でもある」(以上、私が料理を作るようになった理由より)。

たいていの料理は英米のクッキング・ブック掲載のレシピからとられているのだけど、少々毛色の変わったところでは、Writers' Favourite Recipesという本と、Grand Dictionnaire de Cuisine(料理大百科)という本があげられるだろう。

Writers' Favourite Recipes の方は題名通り、英米の作家が自分の得意料理を披露したレシピ集。現役の作家の場合は書き下ろしのエッセイが入っているし、物故作家の場合は、その作品の中から食事や料理のシーンを抜き出して紹介してあるのだそう。作家の幅も、純文学系、ミステリ、SFと幅広く、例えばSF作家のマイケル・ムアコックは、胃にやさしいレタスのスープという得意料理を披露している。ここで本命として取り上げられているのは、ハードボイルド・タッチの冒険小説を得意とするギャビン・ライアルによる中華風蟹スープ。この作家は、台所に立って料理をしながら、活劇シーンの構想を練るんだそうな。包丁持ってる所が、活劇にいいんですかね。ちょっと怖いような気もするけど・・・。(物書きと料理の密接な関係について-第1章-より)

Grand Dictionnaire de Cuisine(料理大百科)は、「三銃士」「鉄仮面」「モンテクリスト伯」でお馴染み、父デュマ(「椿姫」を書いた息子と、この父と、アレクサンドル・デュマは二人いる)によるもの。実は父デュマは大の料理好きで、書き溜めておいた料理に関する原稿が、亡くなった後に出版されたそうなのだ。ここからとられているのは、固ゆで卵のオニオンソース添え。卵は半熟で食べるのが一番おいしいけれど、中には気持ちが悪くて半熟の卵が食べられない人がいる。これはそんな人たちでも、美味しく卵を食べられるように開発された類の料理。(文豪デュマはどのようにして卵を食べたか-第1章-より)

翻訳家であるだけに、イカの解体は楽しきスプラッターであるの節などでは、イカの部位の英語の説明もさらりと付け加えられている(sac(胴:袋)、tentacles(脚:触手)、sword(イカの軟骨:剣))。

雑学としても楽しめ、著者自身の文もまた楽しむことが出来るという、なかなかに良い本でありました。料理も美味しそうだったしね。 ハードボイルドな人たちは、碌な食べ物を食べていないイメージがあるけれど、やっぱり美味しいものを食べている方が、幸せそうだよね。しかも、そんな美味しい料理を自分で作ることが出来れば、こんなに幸せなことはない。

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡ください。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
ヘッセって読みました? 私は家にあった旧字体の本で読んだのが、最初だったと思います。「デミアン」「知と愛(でしたっけ?「ナルチスとゴルトムント」というタイトルだったような気もする)」「荒野の狼」なんかが好きでした。一方、学校で読まされた、「車輪の下」は全く面白くありませんでした。最初に「車輪の下」を読む人は可哀想だなあ、と勝手に同情していました。

ヘッセの本は大抵の場合、強い自我が描かれているように思うのですが、それが挫折の後、再生を果たしていないと意味がない。そういった意味で、「デミアン」なんかが好きで、「車輪の下」が嫌いだったのだと思います。今、両者とも手元にないので、ちょっとうろ覚えですが、「堕ちよ。その後に這い上がれ」というのは、「デミアン」坂口安吾「堕落論」などに共通した精神だと思います。

で、今日はこちらの一冊。

写真・文 南川三治郎「カルチャー紀行 ヘルマン・ヘッセを旅する」

構成はこうなっている。

第一章「カルフ」~生誕の地~
第二章「ガイエンホーフェン」~執筆活動へ~
第三章「モンタニョーラ」~安らかな日々~
●絵画集「ヘッセの水彩画」
●アルバム「ヘルマン・ヘッセ グラフティ」
●「カルフ」ヘッセ所縁の地案内マップ
●「モンタニョーラ」ヘッセ所縁の地案内マップ

扉によると、『車輪の下』、『青春は美わし』などで知られるドイツの代表的な作家ヘルマン・ヘッセ所縁の地カルフ、ガイエンホーフェン、モンタニョーラを訪ねその足跡を精緻にたどる写真紀行とのこと。



美しく自然豊かなドイツの町、終の住処カサ・ロッサ、ヘッセの人生に関する記述。写真紀行だから直ぐに読み終わるかな~、なんて思っていたのに、非常に読みでがあり、意外と時間をとりました。自然や庭仕事を愛しながらも、放浪生活にも憧れるヘッセ。とんでもなく強い自我に生涯苦しんだ人なのかなあ、と思っていた。でも、ここに載せられている水彩画はとても穏やか。美しい風景、庭仕事、そんな生活の中で紡がれた物語だったのだと初めて知った。あ、ヘッセの顔、気難しそうではありましたが、中々端正なお顔でありました。


カルフに住むヘッセ研究家ウリ・ロートフス氏の言葉。
「ヘッセの生涯を顧みると、ヘッセのあまりにも激しい生きざまとそれを克服する勇気に感服せざるをえません。度重なる危機を乗り越えた末、辿り着いた晩年の豊かな境遇に感嘆させられるのは私だけではないでしょう。ヘッセは人生半ばからとても偏屈な人間性を持ち強靭な精神を持つ人になりました。それにもかかわらず、愛について、人生について、時には田園生活を送る中で、孤独に、孤高に、自身を探求し続けて生き抜いたといえるでしょう。」

ヘッセの次男ハイナー・ヘッセ氏の言葉。
「土と交わることは父にとり、書く事からの気分転換でした。ガーデニングは父にとって作品のための活力と構想を練るための時間だったのです。父は自然の中にある美しいものをいつも私に見せて『草むしりは退屈だっていうだろう?違うんだ。瞑想するにはもってこいだよ。無心にやれるから手は忙しいけれど、心は空いている』とね」
 
著者: 南川 三治郎
タイトル: ヘルマン・ヘッセを旅する―カルチャー紀行

*臙脂色の文字の部分は本文中より引用を行っております。何か問題がございましたら、ご連絡下さい。
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。