「自分がされて嫌な事は他の人にしない」を英語で言うと? | Tricolor Language

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

おはようございます、Jayです。



子育てをされている方はいろんな教えを子供に伝えているかと思いますが、有名な教えの一つに「自分がされて嫌な事は他の人にしない」というのがありますね。

この「自分がされて嫌な事は他の人にはしない」を英語で言うと


「自分がされて嫌な事は他の人にはしない」“Treat others the way you wanted to be treated”


えっ、“長過ぎる”ですって?

確かに長いと頭にすんなり入りづらいですよね(^-^;

一気に全部見ようとしないでいくつかに分けてみてはいかがでしょうか。


“treat others”(他の人に接する)⇒「どのように?」⇒“the way you wanted to be treated”(あなたがして接してもらいたいやり方で)


日本語の表現も英語の表現も大元は同じ事を言っていますが、その手法が違いますね。

日本語⇒「嫌な事はしない」、英語⇒「良い事をする」

みなさんはどちらの方がお好きですか?

どちらの方が正解というのはないと思いますが、私は英語の方が肯定的な表現なので好きです。


関連記事:

親が子供だけで遊ばせる時に言う英語表現

アメリカの小学校で行われる生徒へのしつけ

子供が知らない人について行かないためのアメリカの教育

アメリカ人の親が本気で怒ったら…

子供を褒める時の英語表現

‘Trick-or-treating’のイタズラってどんなのがあるの?


Have a wonderful morning


via Jay's Tricolor Language
Your own website,
Ameba Ownd