今月初めの土曜日の午後、大阪ミナミのホテルで、出身中学校の卒業50周年記念同窓会が開催されました。私は20年前から同窓会の会長を務めており、開会の挨拶は今回で5回目になります。

こちらのブログをご覧ください。

 

今年8月に住所が判明している185名に案内状を郵送したところ、先生を含め49名の出席がありました。欠席者のコメントでは本人の体調不良と親や家族の介護が散見されました。

 

昭和443月に卒業、時代は昭和、平成から令和となり、令和元年という記念すべき年に50周年を迎えました。久しぶりに会った旧友たちは頭髪と体型以外は昔のままでした。

 

同窓生は66歳になり、大半が現役をリタイアして年金生活に入り、子育てが一段落して、親の介護と孫の世話が忙しくなっています。還暦を過ぎて体力の衰えとともに老眼や物忘れなど老化現象が顕著になっています。

 

今回6年ぶりに同窓生が集い、若かりし日の思い出話や共通の話題で語り合うことで、ボケ防止と明日への活力につなげることができました。次回は5年後の開催を予定しています。

 

閉会後は気の合ったグループに分かれ、二次会が終わった頃には御堂筋はきれいにライトアップされていました。出席者からは体調不調の話が多い中、毎日健康に暮らせていることに感謝しています。

 

先般の松原商工会議所入会に続き、このたび取引先の社長さんと歯科医の先生の推薦で松原ロータリークラブに入会することになりました。

こちらのブログもご覧ください。

 

ロータリーとは職業倫理を重んずる実業人や専門職業人の集まりで、世界に120万人以上の会員を擁し、日本でも2,000以上のクラブが設立されています。

 

松原ロータリークラブは55年の歴史があり、大阪府松原市を基盤としており、大阪府南部から和歌山県南部までがエリアの第2460地区に所属しています。

 

メンバーの多くは中小企業の経営者、医師、弁護士等で60歳を過ぎても現役で活躍されています。私自身も社労士として75歳まで現役を目指しています。

 

先月22日には大阪市内のホテルで創立55周年記念式典と記念パーティーが開催され、提携している台湾の嘉義ロータリークラブからも多数の会員が参加されました。

 

今回ロータリークラブに入会したことを機に、専門職業人としてクラブの理念にもとづき、奉仕活動を通じて地域社会に貢献したいと考えています。

 

今年4月に働き方改革関連法が施行されて半年が過ぎました。中小企業の事業主の多くは、まだまだ手探り状態のように見受けられます。

こちらのブログもご覧ください。

 

今回の法改正は労働関係法令のうち、関連した8つの法律に及んでおり、労働基準法が制定されて以来70年ぶりの大改革といわれています。

 

少子高齢化が進む中、労働力人口は減少傾向にあり、企業は従業員の働き方を見直して一人ひとりの業務の効率化による生産性の向上が求められています。

 

「働き方改革」のメインは過労死につながるような長時間労働の是正と正規雇用と非正規雇用の不合理な待遇差の見直しによる同一労働・同一賃金です。

 

改正項目が多く、中小企業への適用スケジュールは1年から4年の猶予がありますが、年次有給休暇5日の強制付与については早急に対応が必要です。

 

社労士の仕事をする中で、多くの中小企業の事業主は働き方改革に真剣に取組んでおられ、法改正を自社に落とし込むため様々なご質問をいただています。

 

社労士として、まず4月から中小企業にも適用された年次有給休暇の取得計画と管理、労働時間の適正な把握について逐一顧問先に説明しています。