今年を振り返ると、8月に社労士事務所を開業して3年になり、顧問先や業務委託件数が徐々に増えてきました。昨年4月から妻が事務所に勤務することになったので、顧問先訪問などの時間調整がしやすくなりました。

こちらのブログもご覧ください。

 

4月には「働き方改革関連法」が施行され、中小企業の事業主の皆さんから多くのご質問を受けました。また、大阪府社労士会の総合労働相談室の相談員や社労士国家試験の試験監督をさせていただきました。

こちらのブログもご覧ください。

 

妻と仕事をするようになって時間的な余裕が出来たので、地元への奉仕活動として、8月に商工会議所、10月にロータリークラブに入会、毎週火曜日お昼の例会を始め様々な会合や行事に参加しています。

こちらのブログもご覧ください。

 

個人的には7月に自宅マンションのキッチン、バス、洗面、トイレを全面的にリフォームして、快適な暮らしになりました。また、11月には出身中学校の卒業50周年記念の同窓会を開催することができました。

こちらのブログもご覧ください。

 

この一年間、長男の法律事務所の仕事も順調で、家族全員が無事健康に暮らすことができましたことに感謝しています。お世話になった方々に心からお礼申し上げます。来年もよろしくお願いいたします。

 

先日、夜景が美しい大阪難波のホテルで松原ロータリークラブの「クリスマス家族会」が開催されました。

 

10月に入会して以来、毎週火曜日の例会を始め、創立55周年記念パーティーや各委員会主催の行事に参加しています。

こちらのブログもご覧ください。

 

「クリスマス家族会」は毎年開催されており、今年は会員とその家族が60名ほど参加され、とても楽しいパーティーになりました。

 

私は妻と二人で参加しましたが、子供向けのイベントもあり、来年は小学生の孫たちを連れて行きたいと思っています。

 

ロータリークラブの会合や行事に参加することで、サラリーマン時代には経験出来なかった「人との繋がり」を広げていきたいと考えています。

 

今月初めの土曜日の午後、大阪ミナミのホテルで、出身中学校の卒業50周年記念同窓会が開催されました。私は20年前から同窓会の会長を務めており、開会の挨拶は今回で5回目になります。

こちらのブログをご覧ください。

 

今年8月に住所が判明している185名に案内状を郵送したところ、先生を含め49名の出席がありました。欠席者のコメントでは本人の体調不良と親や家族の介護が散見されました。

 

昭和443月に卒業、時代は昭和、平成から令和となり、令和元年という記念すべき年に50周年を迎えました。久しぶりに会った旧友たちは頭髪と体型以外は昔のままでした。

 

同窓生は66歳になり、大半が現役をリタイアして年金生活に入り、子育てが一段落して、親の介護と孫の世話が忙しくなっています。還暦を過ぎて体力の衰えとともに老眼や物忘れなど老化現象が顕著になっています。

 

今回6年ぶりに同窓生が集い、若かりし日の思い出話や共通の話題で語り合うことで、ボケ防止と明日への活力につなげることができました。次回は5年後の開催を予定しています。

 

閉会後は気の合ったグループに分かれ、二次会が終わった頃には御堂筋はきれいにライトアップされていました。出席者からは体調不調の話が多い中、毎日健康に暮らせていることに感謝しています。