2018 LIVE REPO 6th. Neck Deep JAPAN TOUR 2018 | 喜怒音楽 -きど"おと"らく-

喜怒音楽 -きど"おと"らく-

  バンドミュージックを中心に、ライブレポやそれに連なるフェスやイベント、音楽ネタをもとに

  一般メディアには決して書けない、個人ブログの強みを活かした喜怒哀楽を書き綴っています。

  音楽的好みが似ている人、記事に共感した人はレッツレスポンス。


テーマ:

昨日のFor The Win の余韻冷めやらぬ中、

POP PUNK 2days ライブ!

ってことで、

昨日のGARRETのお隣、CYCLONEで

今、最も勢いのあるUK POP PUNKバンド、

初の単独来日公演となりました。





 

Neck Deep
The Peace And The Panic
JAPAN TOUR 2018

 

 


昨年リリースした新譜

The Peace And The Panic

USアルバムチャート 2位
UKアルバムチャート 4位
ビルボードチャート 2位


という、素晴らしい結果を叩き出し、

UKのPOP PUNKシーンの完全にトップに躍り出た

Neck Deep

待望の単独JAPAN TOURが今日から開幕!

そして初日の会場、渋谷CYCLONEでの公演は

見事sold outとなりました。

ここ日本でも、確実に人気知名度を獲得してますね。

むしろ、世界でこんなに躍進してるのに

CYCLONEごときsoldせんでどうする!←



開場は18:00からだけど、

ネット予約者は17:30からチケット交換とのことで

その時間に合わせて会場へ向かいました。




会場着 → チケット交換 → 開場まで暇潰し

そして開場、まずマーチを。



白コーチ、ツアーT(黒)、ロゴT(紫)

ロゴTは普段使い決定だなぁ( ´∀`)


そしてフロアで待機してると

客がぶりぶり入ってくる)`³´)(´д`(`³´(

CYCLONEに来た回数自体はそんな多くないけど

やっぱsoldだとヤバイなこりゃ。

そして、ほぼ定刻通りの19:00過ぎ

まずはサポートのこちらから。


ALTERNATIVE MEDICINE
今回の来日公演、唯一の全日程サポートのオルメディ。
まぁ、オルメディ(主にSHOさん)とNDの関係を考えれば
半ば予想通りとも言えるサポアクです笑
ライブ見るのは、昨年12月Seaway ぶりですかね。
最新作の1曲目"You're My Fear, My Dear"から
ライブはスタートしました。
本人の調子か、PAの腕か、
今日はリエティの声がよく聴こえる!\(^o^)/←
そして2曲目"Iiwake"は、最新作『ALT-MED』の中で
個人的にいちばん好きなアッパーソング。
3曲目も同じく最新作から"The Great Escape"
NDと一緒にやるのに、この曲やらんワケはないわな笑
原曲通りfeat. Ben 登場で、フロアからも歓声が。

Benがゲストボーカルしてるのは
世界でぼくらだけなんで笑
そこは誇りを持ちたいと思います


確かにね笑
Ben の影響か、オルメディが本家APに
取り上げられるまでになったもんね。
でも、これからfeat. Ben の曲も
世界中にどんどん増えるかもよ?( ´∀`)
でもでも、最初はオルメディやからね!笑

残り2曲となったところで、1stから
タイトルトラックの"Forever"
ラストはお馴染み"Forget About It"
友人のNDの前で、
良いライブが出来たんじゃないでしょうか。
久々のオルメディ、今日も良かったです(*≧∀≦)b

01. You're My Fear, My Dear
02. Iiwake
03. The Great Escape feat. Ben Barlow
04. Forever
05. Forget About It



オルメディ前の会場のBGMは
近年のKRIリリース作品が多かったけど、
オルメディ後は、KRIの作品だけと言わず
Linkin Park / New Found Glory / State Champs/
Bring Me The  Horizon / Architects / Issues ...etc

と、幅広く素晴らしいラインナップに。
ステチャンが来た時は、歓声とシンガロング起きましたしね笑

さて、そうしてフロアを飽きさせない選曲を終え
会場が暗転し、ライブが始まります。

Tokyooooooo!!!!!

Ben が叫ぶと、フロアからも
割れんばかりの大歓声が!


Neck Deep
そしてライブの開始を告げる1曲目は
ツアータイトルでもある新譜TPATPから
"Happy Judgement Day"
イントロから歓声が上がったくらいだ、
みんな予習はバッチリだな!Σd(・ω・´*)
のっけからシンガロング!
みんな歌えてるぞ!さすが!
そしてみんな一緒にシンガロング!
ヾ(*≧□≦)ノ ハッピージャッジメンデーィ!!!
思わずBenAmazing!! 漏らしたよね。



続く2曲目は前作から"Lime Street"
アップテンポなPOP PUNKナンバーに、
フロアの熱もガンガンに上がり、
ここでもシンガロングは完ぺきです!
ダイバーも続々出現!シャッターを切るも、
ダイバーに埋もれるBen Barlow 氏←



そして前作からが続きます、3曲目は"Gold Steps"
イントロはジャンプでフロアを揺らし、
本編に入ると疾走感溢れるキラーチューンに、
フロアもどんどん盛り上がります。
2コーラス目の
ヾ(*≧□≦)凸 fxxk!! のシンガロングは忘れません。
ここまで熱狂的な曲にライブが続き、
3曲目にして会場内はもはやサウナ状態(´Д` ;;)゚・。

曲が終わり、小休憩に入ると
Ben が何やら言いたそうだぞ?

ワンチャン、イケル?

の一言に、どっと笑いがw
まーた外国人に変な日本語教えてからにwww
With Confidence の次はNDかぃ!w

新しいアルバム『The Peace And The Panic』の
track-1をやるよ!


Ben のその言葉にフロアも曲を把握し
再び歓声で迎えられた4曲目"Motion Sickness"
シンガロングパートの多い曲ながら、
ひとつひとつ、ちゃんとシンガロングできる
今日のオーディエンスはとても秀逸ですよ。
その中でも、サビに入ったところの
ヾ(*≧□≦)ノ Don't!! stop!!! now!!!!
のシンガロングは気持ち良いよねー。



古い曲やるよ!

というBen の言葉からプレイされたのは
初期EP『Rain In July』 に収録された
"What Did You Expect?" キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!
うおおおぉぉぉぉぉぉお?
って上がるとこだろ!と思ったんだけど
あまりフロアが乗り気でないのは少し残念。
上がってないワケじゃないんだけど、
今日は新しめの曲のが盛り上がってましたね。
このへんがKRIとIGの客層の違いか?←

再びフロアが活気を取り戻した次の曲は
これまた前作から"Kali Ma"
オーディエンスのジャンプに会場が揺れます。
後半開始の疾走パートが大好きです!
そしてこの曲の快感シンガロングパートは
2サビ終わりの部分
ヾ(*≧□≦)ノ Go to hell!!!
ですよねー。
そして今度はオルメディのSHOさんがfeat!!



前作曲が続きます"Rock Bottom"
タイトル通りのアップナンバーに、
再びフロアがカオスと化します。

まだまだ続く『Lifes Not Out To Get You』 曲!
ここでプレイされたのは"Citizens Of Earth"
そしてこの曲も結構なアップナンバー、
フロアが大人しくしているハズもなく笑




最新作へ戻って"Don't Wait"
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
Sam(Architects) はいないけど、新譜の中で
いちばん好きな曲なんだよね!
聴けて良かった!聴けて良かったよ!
むしろ、原曲通りのコラボなんて

日本じゃ絶ッッッッッッッ対!

見れねぇから!

とはいえ、やっぱすげーカッコいいぜ、この曲!
そして、
Would it make any difference?
Would you open your eyes?

の部分で、目を見開くお茶目なBen Barlow 氏w ↓




今度は新譜曲が続きます。
次はMV化された"Parachute"
カッコいい曲から、ポップさ強めな曲へ。

そしてここで!Ben が『特別な曲』だと語る
ND最大のヒット曲となった"In Bloom" へ。
最初は工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工って思ったけど、
聴いてる内にどんどん良くなっていきました。
スタンドマイクを握りしめるBen と一緒に
ヾ(*≧□≦)ノ Iィィィィィn!! Bloooooom!!!!




今は既に3月だけど、この曲きました!
"December"
これにはフロアも大喜び\(^o^)/
わかるわー、December 超良いよね。
謎にちょっと泣きそうになったわ←
この時点で、今日のライブすげー良いんだってのを
改めて実感したよね。

終わりそうな雰囲気だったけど
何やらスタッフと話してて

2 songs left!!

と。
なんだよー時間足りないの?(# ‐3‐)-3
でも曲やってくれるなら良い!

再びフロアのジャンプを煽る感じで始まった
"Can't Kick Up The Roots"
この曲もシンガロングパートが多く、
そのポイント毎に大きなシンガロングで盛り上がります。
ダイバーたちもガンガンに上ってますね笑




そして最後の曲は新譜からコレ!
"Where Do We Go When We Go"
初っぱなからBen がフロアへマイクを向け
ヾ(*≧□≦)ノ Pain, pain go away!
ヾ(*≧□≦)ノ come back another day!
ヾ(*≧□≦)ノ I just wanna get one up on life before it kills meee!!
と、秀逸すぎるシンガロングが巻き起こります!



曲が終わりに近付くと、
Ben がフロアの前列の人たちとタッチしていて
最後の最後までフロア大盛り上がりで
ツアー初日を締めくくりました。

 



01. Happy Judgement Day
02. Lime St.
03. Gold Steps
04. Motion Sickness
05. What Did You Expect?
06. Kali Ma
07. Rock Bottom
08. Citizens Of Earth
09. Don't Wait
10. Parachute
11. In Bloom
12. December
13. Can't Kick Up The Roots
14. Where Do We Go When We Go







ホントにアンコールなしで終わってしまった(゚д゚ )

でも、セトリをもらった人に見せてもらうと

やっぱDecember がラストで

残り2曲は(ENC)と書いてありました。

曲は全て予定通りやってくれたものの、

その辺はちと残念でしたね。


んで、

FYSの時はすぐに帰ったからわからんけど、

昨年のRyan / Josh (ex. Yellowcard) の時といい

今日といい、最近のKRIのライブって、

前ほどファンとメンバーが触れあえる時間って

設けてくれないよね(´・ω・`)

たまたま重なったのかもしれないけど…

箱の中で待ってりゃ、掃除片付けするから出ろ

外で待ってりゃ、ここに溜まるな移動しろ

KRIがってより、箱の対応なのかもしれないけど。

それもKRIが箱使用時間を長く取るなら

可能なんじゃないんだろうか…

NFGで新木場だし、資金難かな?←

とはいえ、

Ryan の時はかなり遅くまでだったから仕方ないだろうけど

今日とかまだ21時過ぎだぜ?

立て続けにこういう羽目に遭って

とても残念で、寂しい気持ちになっております。

NDの新譜買った時に付いてきた

PhotoGrid_1503420171547-1.jpg

Dani のカードに本人のサインもらおうと思ったのに…

Dani のブランドのことも話したかったな。

 

もちろんDani だけじゃなく、音源にメンバーのサインもらおうと

 

新譜も持参してたのになぁ。

(´・ω・`)-3

今日のライブがホンットに良くて、

チケット余ってんだったら明日も行こうか

なんて考えてたのに、追い出される形で箱を後にし

せっかくライブで上がりに上がったテンションが

一気に冷めちまったよ( ノД`)


Ryan の時もこんなこと言ったな…

以上、愚痴のコーナーでした。

明日以降行く人たちには

ちゃんとメンバーと絡める時間があるといいな。



箱を出るとき、マーチテーブルにいた

リエティに( ´∀`)ノシ お疲れさまでしたー

って声をかけて出てきました。

SHOさんは接客中だったし、

なんかオルメディのマーチテーブルも

賑わってたようだったので長居するのも、ね。


で、外にいると

なんかPTP/The BONEZのT$UYO$HIみたいな人いるぞ…

と思って、帰宅してからTwitter見てると

本人だった!やっぱ来てたんか!

てかThe BONEZチームで来てたのか。

JESSEもいたっほいね。

何か2人のイメージ的にNDとか意外だわ笑

どっちかっつーと、QUATTROでやってた

OUTRAGEとかの方に行ってそうなのにw





最後に少し愚痴ってしまいましたが

Neck Deep 2度目の来日公演

ライブ自体はマジで良かったです。

最初の来日の時も、ライブは十分良かったけど

その時はステチャンとのカップリングツアーだったし

やっぱりステチャンに軍配が上がりました。

その後、Warped でもメインステージに立って、

新譜は見るより明らかな爆発的ヒット、

そして世界中をツアーしてきて、

こうして2度目の来日を果たしてくれ、

今日この日のライブは

大きな成長をまざまざと見せつけられ

完全に一線級のバントになってましたね。

洋楽低迷、現行洋楽は更なるド低迷

日本だからこそ、こんな小箱でやってるけど

海外じゃもう何千級の箱soldさせてますもんね。

同ジャンルのバンドで言うなら

NFGに匹敵するライブを見せてくれました。

本当にヤバかったです。

これ、行かない連中は絶対に損するヤツだよ。

え?何で行かないの?

 

って言えるレベル←

それほどに最高のライブでした。

今回のライブレポのタイトル通り、

今年はまだ6回しかライブ行ってませんが

今のところ間違いなく今年イチのライブでしたね。

しかし、2週間半後には

KING of POP PUNKのNFGがいるからね。

しかも再現ライブ!

NDの首位は引きずり下ろされそうな予感…笑



昨日のFor The Win

そして今日のNeck Deep

新しい世代のPOP PUNK 2days

 

めちゃくちゃ楽しかったです\(^o^)/




Next Live Show
ALAZKA JAPAN TOUR 2018
or
New Found Glory@新木場



関連記事
Neck Deep『The Peace And The Panic』UKシーンを牽引する3枚目!
2017 Best Album - TOP 10 海外編

 

 

トトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。