リフォーム百科事典

リフォーム百科事典

住まいの花咲爺:田口寛英

(株)田口住生活設計室 
田口感動マネジメント 
日本ほめる達人協会認定講師

お問い合わせ tjs@homedr.info
https://www.taguchijyuseikatsu.com/
https://kando.or.jp/

2月14日未明に大きな地震がありました。
マグニチュード7.3 震度6強

こちらの動画をUPしていますのでご覧ください。

 

 


幸いにも亡くなった方はいらっしゃらないようですが、怪我をされた方も多くいます
その怪我の中には未然に防げたものもあるはずです。

家具を固定する
額縁など落下する可能性のあるものを固定する
食器棚など割れると危険なものを収納する扉を固定する
これらのことは、大きなお金もかからずに誰でもできるはずです

また、2階で寝ていた方が階段から転落して大けがをしたニュースもあります
構造的に2階は大きく揺れますが、1階よりも2階のほうが安全です

慌てて1階に行く必要はありません。
 
自分や家族の命は自分で守るしかないのです
出来ることから、対策をしてください。

そして、
大きな地震の後には、みなさんが地震に対する備えをしようと思います。
その気持ちを狙って、耐震詐欺業者が元気になります。

耐震補強をする業者のうち、金具を取り付けて補強工事をする業者がいまだに存在します
きちんと耐震の勉強をしていれば、金具補強だけでは効果がないのはわかっているはずです。
仮に金具補強をするにしても、費用が数万円単位でしたら無駄だとはいいません。
しかし、数十万の費用をかけて金具をつけるなら、その費用を壁補強に使った方が明らかに効果があります。

耐震補強をするには、まず耐震診断が絶対に必要です。
病気にたとえて言うなら、健康状態を調べることなく治療・投薬を行うのと同じです。

⓵金具を取り付ける耐震補強工事には無駄です。
⓶それでも不安な場合は、ホームセンターで数百円~数千円で販売している兼特金具を取り付ければ十分です。
➂ホールダウン金物という、柱の引き抜けを防止する金具だけは、直下型地震の縦揺れには有効ですが、費用は1カ所あたり5~8万程度です。
 繰り返しますが、ホールダウン金物単独では横揺れには効果がありません。
 
耐震には正しい耐震診断が必須です。
まずは、正しい耐震診断です。

以前は
コメットさんは誰?という質問で
➀九重佑三子
➁大場久美子
この回答で年齢がわかったという笑い話がありますが、
このネタは古すぎて、もう使えませんね。
わかるのは、50代以上の方ですかね

 

今日は立春で、昨日は節分。
節分と言えば? とかkk聞いて
➀豆まき
➁恵方巻
この答えによって年齢がわかるのかもしれません。
私の子供のころは、恵方巻はありませんでした。

恵方巻の由来は諸説あります。
花街での遊びだったとか、海苔の需要拡大の作戦だったとか、
最終的にはセブンイレブンによって全国に広まったようです。

バレンタインのチョコはモロゾフが始まりで
クリスマスケーキは不二家の発案らしく、
年中行事になってしまっているものも、始まりは広報戦略だったりします。
流行に流されやすいですね。

それも、楽しみにしてしまうなら、構わないのかもしれません。

リフォーム業界も、あの手この手で消費を喚起しようとしています。
『新しいライフスタイルの提案』です と言って、新商品を宣伝しますが、
住まいと言う何十年と言う単位で考えなければいけないことを
数年ごとに変わる、業界が作り出した『新しいライフスタイル』によってコロコロ変えていくのはいかがなものなのかと思います。

流行に惑わされやすい私達です
家に関しては、しっかりと冷静に考えていただきたいと常々考えます。


 

楽天の三木谷社長の言葉だそうです
『右脳と左脳で会話する』

建築というと論理的な世界で左脳を使うようですが、
じつは、妙な違和感を感じることから何かがわかることがたびたびあります。
妙な違和感=右脳ですね。

実は、耐震診断や建物調査でおうかがいしたときに、、
田口はまず感覚的なところから入ることが多いのです。
何か変だな、何かザワザワする、嫌な予感など、
こんな感覚があった家は、その違和感の正体を調べていきます。

もちろん、違和感がなくても調査は完璧に行いますが、
たいていは、感覚が正しい結果になっています。

違和感があっても、その原因によっては心配ないこともありますし、

とことん違和感を突き止める過程で大きな劣化がわかることもあります。


感じること、

感覚を研ぎ澄ますにはどうするのか
一つは経験
もうひとつは邪念・雑念を消すことだと確信しています。

素直な心で家と向かい合ったとき、家が何かを伝えてくれます。

#田口住生活設計室 #さいたま市リフォーム #リフォーム百科事典

阪神淡路大震災が平成7年1月17日でした。


「阪神・淡路大震災時に  生き埋めや閉じ込められた人の救助を誰が行ったか?」と言う調査データがあります。  

 

 

1位 自力で 34.9% 

2位 家族に 31.9% 3位 

3位 友人・隣人に  28.1% 

4位 通行人に 2.6% 

5位 救助隊に 1.7% 

 出典元『日本火災学会:1995年兵庫県南部地震における火災に関する調査報告書』

 

97%以上が自力・家族・近隣・友人です。

救助隊は1.7%

 

日ごろの付き合いがいかに大事なのかがわかります。

 

東日本の震災の時や一昨年の台風の時

私の住む埼玉でも多くのお宅で被害がありましたが、

ご縁の繋がっているお客様宅は、発生後2~3日で全ての応急措置を終えています。

 

リフォーム業者選びの条件の中に、

いざという時に助けてもらえるのかを付け加えたほうがいいですね。

本日は中古住宅を購入予定の若夫婦の依頼で、群馬県で耐震診断でした。
築45年の建物で旧耐震基準ではありますが、腕のいい大工さんが丁寧に建てたことを感じさせる家でした。

 建物内外を調査した後に屋根裏と床下から筋交いの確認や雨漏り漏水などの調査になります。
 まずは、屋根裏と思って支度をしていると、旦那さんが一緒に上がるとのこと。
 『落ちないでね』『そこに乗ると危ないよ』などとと声をかけながら、二人で筋交いの有無を調べました。
 
 次に床下。もちろん旦那さんも一緒。
 1000件以上の耐震調査をしていますが、屋根裏と床下の両方についてきた方は初めてです。
 
 リフォームを自分でやりたいから見ておきたいというのが一番の理由だったようですが、熱心さと根性は尊敬に値します。
 
 そうなると、こちらも熱が入ってくるのは当然で、屋根裏や床下であれこれと住宅の構造や施工の説明までしてしまいました。
 
 おかげで、調査に3時間。でも、お客様の熱心さが伝わってきて、気分よく調査ができました。

 

シロアリの点検や、雨漏りや漏水の調査は住んでいる方が自分でやるのが一番です。

もし、点検の仕方がわからないというときは、今回と同じように実地指導いたしますのでご連絡ください。

 

#耐震診断 #リフォーム