ジュニアゴルフ アジアジュニアゴルフ協会 吉岡徹治オフィシャルブログ Powered by Ameba -2ページ目

データ解析の基礎知識をおさらいしておきます

1月半で400km歩きました!夏に向けての体力はついたと思います。


 おはようございます。6月の歩行距離がちょうど300kmになりました。毎日10km歩いたことになります。

 体力が落ちてくると新しいことを始める気力もなくなって面倒臭くなって来ます。なので、まずは体力作りをしっかりやります。

 ちなみに5月半ばから400kmは歩いたので、体重は2kg減っただけですが、ウェスト周りも3-4cm細くなりました。その分足腰に筋肉がついた感じです。
 
 血圧も10mmHgくらい下がって120-80mmHgくらいです。足の血行が良くなって足裏の冷えも良くなっているようです。

ゴルフ場を18ホール歩くと大体8-9km歩くことになります。来週からまた軽井沢で合宿を行いますので、選手と一緒にコース内を歩いて、対話をしながらアドバイスしたいと思っています。

 若い世代の選手たちと一緒にいますので、動かずに文句ばかり言うようにならないように気をつけたいと思います。

 黙って動いてしっかり若い選手たちをサポートします!







ヨーロピアアマはドイツ人選手が優勝!


 ★ヨーロピアンアマチュア選手権はドイツのマティアス・シュミッド選手が優勝しました。
2位に2打差でスタートした最終日の1番でバーディー、4番でイーグル、難しい7番でもバーディーで、9番をダブルボギーとしたものの前半で2位に4打差をつけました。

バックナインでもバーディーを取って、最終ホールを4パットしたものの、15アンダーまで伸ばして3打差でドイツ人2人目のヨーロピアンアマチュア選手権の勝利。

来月の全英オープンの出場権を獲得しました!

 日本人選手のケイタ君たちは全英オープンの出場権獲得はなりませんでしたが、出場したことが財産ですね。

 サッカーの選手たちもヨーロッパの選手たちに揉まれてレベルを上げています。まずは、試合に慣れて、数年後に勝てるように成長してもらったらいいと思います。

 ※大会期間中の動画を貼っておきます。ヨーロッパのアマチュア選手のトップレベルのスイングやプレーが見られます。

てんとうむしMATTHIAS SCHMID WINS EUROPEAN AMATEUR CHAMPIONSHIP

◎2018 European Amateur Championship - Day 1 highlights(動画)



◎European Amateur Championship - Day Two Highlights(動画)



◎2019 EUROPEAN AMATEUR CHAMPIONSHIP - DAY 3 HIGHLIGHTS(動画)



センスのいい子は感覚でクラブ軌道を修正しています


 これから合宿が続きますが、データ解析の基礎知識として、1つ解説しておきます。

 スイングプレーンとアタックアングル、クラブ軌道は密接な関係にあります。

 このは初心者でも理解してから練習するのと、理解していないのとでは全然上達が違います。

 データは1つ1つ見るのではなく、このように幾つかのデータを組み合わせて見るのがいいですね。


 例えば、スイングの最下点でボールを捉える(Attackangle=-0.1度)と、スイングプレーン(SwingDir=1.3度)とインパクトの時のクラブ軌道(Club pass =1.5度)がほぼ同じ数値になります。




 これをアッパーブローで捉えるとクラブ軌道は外側から修正されて、インサイをアウトの軌道もストレートに修正されたりします。

 これは中学生のおうきくんのデータです。まだ成長期ですので、クラブは横からは入って極端にインサイドアウト(SwingDir=8.4度)になります。

 彼はこの軌道をボールをアッパーに捉える(Attackangle=8.5度)ことによって、ストレート(Club pass =1.1度)に修正しています。

 数値を見なくても彼なりの経験とセンスで修正しているのでしょうね。この方が感覚的にまっすぐ飛ぶと分かるようです。

 この辺に彼の才能や選手の良さを感じています。

 この間の試合はちょっと調子が悪かったようですが、アッパーブローを3度ほどレベルに修正したのでややインサイドから入ってしまったのでしょう。

 レベルに修正する際はスイングプレーンも合わせてストレート気味に修正する必要がりますね。また今度データ解析のやり方を教えていこうと思います。







1つのスイングプレーン上にクラブ軌道は3つあります。


 逆にボールをダウンブローに捉えるとクラブ軌道はインサイドからに修正されます。

 ストレート軌道はインサイドアウトに、カット軌道はストレートとに修正されます。

 なので、ダウンブローに打つ(Attackangle=-6.3度)アイアンは、やや開き気味に構えて、カット軌道(SwingDir=-7.9度)にしないと、ボールに対してクラブがストレートに(Club pass =-0.9度)入らないことが解ります。

 みなみちゃんはこのあたりの打ち分けのセンスが大変いいので、どのクラブもストレート軌道で入ってきます。

 センスのいい子は、あえて教えなくても感覚で軌道を修正できるようです。







1つのスイングプレーンにクラブの軌道は3つあるのはこう言うことです。

 小学生のうちからデータを遊びで見慣れておきたいですね・・・

 これらを理解して練習すれば上達も早いです。明日からの合宿ではこのポイントももう一度おさらいしたいです。

 来年度入学希望の中学生も参加予定です。彼らにもここはしっかりと教えておこうと思います。













 
 
 

 

 

 今週はヨーロピアンアマチュア選手権が開幕します!

優勝すれば全英アマチュア選手権に出場します!


 今週は、オーストリアでヨーロピアンアマチュア選手権が開催されています。日本人は、金谷拓実選手と青島賢吾選手、中島啓太君が出場しています。

 大会の優勝すればその年の全英オープンに出場できます!この制度も2016年までは、全英オープンの後開催だったので翌年の出場権でしたが、一昨年から、全英オープンの前の年の開催となり、優勝者は1ヶ月後の全英オープンに出られることになりました。

 なので、メジャーに出場できるビッグチャンスです!

 大会2日目までケイタ君が5アンダーで首位と3打差につけています。
 
てんとうむし◎2019 European Amateur Championship leaders board(リーダーボード)





過去のこの大会の優勝者には当時17歳のマキロイなど!


 この大会の歴史は古くもう20年以上も続いています。2006年はローリーマキロイが優勝!当時マキロイは17歳でした。

 2010年はルーカス・ビェルレガード(世界ランキング48位/デンマーク)
2018年の昨年もデンマークのNicolai Højgårdが優勝、彼は双子の兄弟のRasmus Hojgaardと一緒に世界アマチュア選手権に優勝しました。

 そしてこの兄弟の活躍で昨年は世界アマチュアチーム戦もデンマークが優勝しました。デンマークは最近、ヨーロッパでも力をつけている国の1つです。

 昨年、この大会で2位だったViktor Hovlandは今年のマスターズでローアマを取りましたね。その後mプロ転向しています。

 なので、この大会の上位に入れば世界的にも大きな試合に招待されたりする機会が増えます。
 
 ケイタ君もアジア大会の金メダリストという称号がありますが、今週の結果次第では、ヨーロッパや米国でもその存在価値は大きく知られることになります。

 アマチュアの大きな試合への出場機会も増えて、世界への足がかりになるでしょうね。





昨年の大会最終日の様子と今年の初日の動画を貼っておきますね!



 サッカーの世界ではJリーグを飛び越えて、ヨーロッパのクラブチームと直接契約する若い選手たちがこの20年で増えています。

 ゴルフの世界でも、ヨーローピアツアーやアジアのツアーから成功する日本人選手が出てくるでしょう。

世界で活躍するのはこの世代からどんどん海外を経験すべきでしょう。

 さて、今日が大会三日目です。トップの英国人選手に加え、オーストラリアとニュージーランドの選手、さらに昨年3位で今年も2位につけているドイツのジェリーリー選手(韓国系ドイツ人)あたりが競合か?

昨年の大会最終日の様子と今年の初日の動画を貼っておきますね!





 

中島くん無念の全英アマリタイヤ

シーズン真っ只中!ジュニアの大会が開催中・・・・


 東京都ジュニア選手権はAJGAの教え子やよく知るジュニアたちも優勝や入賞をしました。

 グリーンのピン位置がかなり難しかったのでコースが短い割にはスコアは伸び悩んでいました。

 その中で優勝した加冶屋君の65は素晴らしいスコアでした。また、女子優勝の早川さん(なっちゃん)の70もナイスプレーでしたね!

これで上位選手は、関東ジュニア選手権、日本ジュニア選手権と進みます。この試合に限ってはカットアインは後日発表されます。















 今週開催されたジュニア大会で石塚祥利くんが69-67の8アンダーで優勝して、カシオワールドの出場権を得ました!

「マレーシアで一緒に練習した成果が出ました」と連絡をもらいました。

トラックマンや4Dモーションセンサーでデータ解析しても欠点の少ない良いスイングでした。プロスピで言えばミート型の西武の秋山 翔吾選手のようなタイプです。ミート85Aくらいありますので曲がらないです。笑

パッティングもいろいろ相談してスタイルを提案したりして調整しました。夜の練習で素振りの中にボールを置いてあげる練習でスムーズなストロークを習得する練習に2人で取り組んだのも効果がありました。

「何処かのタイミングできっと勝てるよ!」と春から太鼓判を押してましたが、早速の成果が出ました。

ちょっと役に立ったようで嬉しいですね!











海外は体調の管理が難しい・・・


 米国「アーノルドパーマーカップ」を終えて「全英アマチュア選手権」にチャレンジ中の中島啓太くんは、残念ながら棄権してしまいました。

 初日を終えて2日目にプレーしていなかったので、ラインで様子を聞いたところ

「今月3回目の発熱です。呼吸器系の感染症?の可能性があると言われて病院で休んでいます。」
 
 との連絡でした・

「一人でヨーロッパ遠征して大変さがわかりました。」

と話しています。早く治して次のヨーロッパアマに出て欲しいです。

てんとうむし1カ月で3カ国目のゴルフ修行! アマ中島啓太が「全英アマ」に出場

 私も海外ですぐにお腹を壊したり、39度の発熱することがあり、昨年も2回入院しました。下手に我慢するよりもすぐに入院した方が早く治ります。

 海外で病院に行くときはアメックスのゴールドカードの保険を使っています。

 入院前に「アメックスの保険は使えるのか?」必ず聞きます。確認が取れたら即入院して点滴、美味しい食事も付いています。

 入院の際は後で保険申請するために「領収書(reciept)」と診断書(medical cirtification)」を必ずもらって帰国後に申請すれば全額費用は払い戻してもらえます。

 海外に行くときは必ず保険に入っておいてください。






アーノルドパーマーカップはインターナショナルチームが優勝!


 さて、ケイタ君の米国遠征は、インターナショナルチームが米国チームを破って優勝しました。

 欧州選抜から世界選抜とスタイルになっての初優勝ですね。

てんとうむし世界選抜が初勝利 日本人3選手がパーマーカップを手中に



 最初に書いた様に全英アマは棄権しましたが、青島賢吾選手がマッチプレーを勝ち抜いています。

てんとうむし全英アマ速報!

 優勝したら来年度のマスターズに出場可能です。

 ということで、ケイタ君の海外遠征の様子はコラムでも追いかけてレポートします。

























データ解析が試合につながらないのはなぜか?

4年ぶりにANAオープンのマンデーを観に行きます!


 みなさんこんにちは!今週は北海道に来ています。実は毎年、ANAオープンのマンデートーナメントに教え子を出させていただいていて挨拶に来るんですね。

 第38回大会からチャレンジしていますので今年で9回目となります。 マンデーは今まで一度も予選を通過していない難関です・・・なんとか通りたいと思っています。

今回は4年ぶりにマンデートーナメントの参加者以外に一般のジュニアも観戦に連れ行こうと持っています。

 火曜の練習日は、石川遼プロの練習ラウンドを見学させてもらおうと思っています。私はよく観ているのですが、ジュニアにも一度プロの練習を見せてあげたいです。

【北海道キャンプとANAオープン観戦】

9/8(日)10時新千歳空港集合/午後から札幌ゴルフ倶楽部由仁コースをラウンド

9/9(月)推薦選手はマンデートーナメント参加/一般ジュニアは朝のスタートを応援/午後から由仁コースをラウンド

9/10(火)午前/石川遼プロの練習ラウンドを見学  午後/三井アウトレットパーク買い物&札幌市内観光

9/11(水)午前/由仁コースで練習 午後/由仁コースをラウンド

9/12(木)ANAオープントーナメント観戦 18時の便で帰京します。





 

自分で型を崩しては元も子もない・・・


 先日関東大会がありました。代々木高校の監督を受けて今年で10年目なのですが、男子は8年連続で全国大会に出場が決まりました。

 ですが、毎年成績はベスト4から8あたりで止まっていてなかなか上位3チームに入れません。

 コース内にトラックマンを持ち込んだり、練習場でも4Dモーションセンサーなど使って仕上げてますが効果はないのでしょうか?

コース内のトラックマンデータもずっと取りながらのラウンドで、クラブ軌道なども練習ラウンドで確認していました。でも、それが試合で役に立たないのには原因があります。

 今回の試合で、コース内で練習などを一緒に歩いて観て、意外な?チームの欠点がわかったので書いておきますね。他の皆さんにも参考になると思います。

 まず、練習ラウンド中に彼らは、右がOB、左OB、池や林などずっとハザードの話をしています。AJGAのキャンプではそんな話などしていませんが、大会になるとよほど気になるのでしょう。

 大会初日はインコーススタート、右サイドがOBです。とは言ってもそんなに浅くはないのですが・・・

 ここで後ろから見ていると練習ラウンド以上にかなり左を向いて、右サイドのOBから逃げています。

 案の定、良くて左ラフで・・・明らかにアドレスの時肩も腰も開いていて、これでは練習場でデータを計測した時のスイングの型は完全に崩れています。

 中には、ドライバーを練習ラウンドでは見たこともないくらい短く持って左のフェアウェイに向かって打っている選手(※自チーム)もいました。

 どれだけ右が怖いのか???

 

気持ちで逃げたらデータは吹っ飛びます??


 それでもなんとかトップと5打差の大会2日目、今度はアウトコースからのスタートでした。

 左サイドがOBが浅くて、風も強くて右から流されます。ここで前の組の選手が左に2発OBを打ちました。

 そしたら、うちのチームは蜂の巣を突っついたように騒ぎに?なって、全員に「左に2発OB!」と話が伝わって、ビビりまくってしまいました。

 その後は、右の林に向かって打ち込んでいきます。まっすぐ構えてストレートボール打つとか?風の中をローボールで撃ち抜く選手などいません。

 (結局、データ計測機器で仕上げても、右や左を怖がってそれを逃げて自分で型を崩しているんですね。。。)

 一度開いて打ってしまったら、それがイメージに残ってその後まっすぐ打てる感じはなくなります。

 それでも逃げ切れたらのですが、ゴルフはそんなに甘くはなく、前半はチーム4名全員が40回を打ってしまいました。万事休す・・・

さらに2日間でチーム11個のOB。トップとは22打差でしたのでちょうどOBの数だけ離されました。結果は関東大会定位置?の8位です。

 全国大会に向けてまずは、自分の型でゴルフをやる強い意志と度胸が必要ですね。

 ハザードから逃げないようにしないとせっかく仕上げても意味がありません。

 上手な選手は自分のスタイルや球筋に自信があってさらにハザードから逃げない度胸があるのですね。

 練習でもハザードやOBをイメージしながらでも振り切れるスイングを作っていきたいです。

 






















今週はアーノルドパーマーカップにケイタ君が出場します!

米国Vsインターナショナル大学対抗戦


 おはようございます!今週、東京都大会を優勝したら海外遠征中のケイタ君から「おめでとうございます!」のメッセージをいただきました。

 2月のマレーシアキャンプや5月のゴールデンウィークのキャンプで代々木高の後輩たちを指導してコーチ役を買っててくれたので、彼のサポート優勝に貢献してくれました。

 ありがとう!日本は学校の先輩後輩の絆は深いですね。ぜひ、代々木高ゴルフ部に入部してください。ちなみにケイタ君は日体大に進学して、スポーツ関連の授業出まくっている様です。

 最近は英語もペラペラでとにかく勉強が好きらしい・・・

 そんな先輩は今は、「アーノルドパーマーカップ」に招待されて米国中部のアーカンソー州にあるアロティアンGCにいます。

てんとうむし◎Arnold Palmer Cup





 そのパーマーカップとは、米国の大学生とインターナショナルの大学生とが12名ずつでチームを組んでライダーカップスタイルで対戦するイベントです。

 インターナショナルチームにアジアチャンピオンとしてケイタ君と金谷くんが招待されています。

 1997年の米国の大学に多く留学するヨーロッパ出身の選手と米国出身の選手の8人ずつの対抗戦として始まったこの大会も、昨年からは、男女12名ずつに大きく増えて、ヨーロッパに加えてアジアなどの国からも招待する様に様変わりしました。

 ちょうどケイタ君が大学に進学する時期にリニューアルされた様です。運がいいですね。笑

 言ってみてば米国対インターナショナル対抗戦「プレジデンツカップ」の大学生版といったところでしょう。会場も毎年米国とヨーロッパで交互に開催されていて来年度はアイルランドで開催が決まっています。





米国代表は世界ランキングトップ10選手が目白押し!



昨年のリニューアルされた大会では、米国が大きくインターナショナルを圧倒して優勝しました。今年はどうでしょうか?

 試合形式は以下の通りです。

 初日/ミックス4ボールマッチ(男女混合でチームを組んでベストボール)

 2日目/ミックスフォーサムマッチ(男女混合で1つのボールを交互に打つ)

 3日目/フォーサムマッチ(男女別でチームを組んで1つのボールを交互に打つ)

 4日目/シングルス(1対1のマッチプレー)
 また、気になるメンバーですが、

 ◎米国チームはこちら

先週開催されたNCAA選手権決勝を戦ったスタンフォード大のブランドン・ウー選手(世界アマチュアランキング11位)やテキサス大のコール・ハンマー選手(世界アマチュアランキング4位)も参加しています。

 また、ベスト4に入ったバンダービルト大のウィルゴードン選手(世界アマチュアランキング9位)とパトリック・マーティン選手、ベスト8のテキサスA&M大のチャンドラー・フィリップ選手(世界アマチュアランキング8位)にも注目。

 世界ランキングトップ10選手が目白押しです。強そうだな!!!!汗
 



 ◎インターナショナルチームがこちら/6つの大陸の17の国々の選手たちから構成されています。

 こちらは金谷拓実選手(世界アマチュアランキング3位)、中島啓太くん(世界アマチュアランキング31位)青島賢吾選手など3人の日本人選手をはじめ、今年のオーストラリアアマチュアマスターズを勝った台湾の俞俊安 (チュンアンウー)選手(世界アマチュアランキング6位)にも注目!



 ということで、「明日から始まるパーマーカップは、男女ペアは全米女子アマ2位の韓国の女子選手とのペア、男子同士では金谷拓実選手とのペアになって楽しみです!」と報告がありました。

 ケイタ君からまた現地の写真も送ってもらう予定です。

 ちなみにケイタ君は、この後全英アマやヨーロピアンアマなどヨーロッパ遠征に行って一人で1ヶ月ほど試合を転戦してくる様です。

 動画は友人の小林一人さんが紹介する青島選手のビデオです。

 大会ツイッターに練習ラウンドの写真が速報でアップされていますので紹介しておきますね!

 てんとうむし◎Arnold Palmer Cup twitter

 てんとうむし◎Arnold Palmer Cup Facebook page