Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2014-09-06 20:35:40

転居先はこちら

テーマ:日記

長らくご無沙汰しております。

アメブロからの家出先は、二転三転しましたが、現在は、こちら↓に落ち着いております。読んでやろうと言う奇特なご仁は、リンク先を覗いてみて下さい。


http://tekute.at.webry.info/


2005-09-29 23:09:52

転居いたしました

テーマ:日記

お知らせが遅くなりましたが、転居いたしました。
新しい住まいは、「てくてくのライブラリ」 です。
ついでの折にでも、お立ち寄り頂ければ幸いです。


なお、こちらのブログも、このまま保存する方針です。
将来的に、書き込み、閲覧共に

支障のないレスポンスが実感でき、
且つ、コンテンツのバックアップ機能が

無料で提供されましたら、戻る所存でございます。


今後とも、てくてくをヨロシクお願い致します。

2005-07-04 23:55:05

ご機嫌ナナメ

テーマ:日記

重いから文句でも書いてやろうと思ったら、
編集画面にたどりつくまでに、
別のブログに書き終わってしまった。

リニューアルとかメンテナンスがある度に重くなるようだ。

なんでかなあ。


真面目にWebの勉強をして、
ブログ開発をやってみたい、なんて思う。
どうでも良い機能が増えて、肝心な部分が悪くなるのは、
技術ではなく、
そういう企画を採用してしまう体質のせいだろうか。

とにかく、オモシロクナイ。


2005-06-12 23:41:35

ブログに求める事

テーマ:日記

1)書いた文章は、無料でテキスト保存できること


 ブログサービスが、ブロガーのコンテンツに貼る
 広告から収入を得ているのなら、
 バックアップ機能がないとか、

有料オプションにするというのは納得できない。
 手間暇かけて書いたコンテンツを、

サーバートラブルで消されたのでは堪らない。



2)アクセスに時間が掛かりすぎないこと


 更新しよう、コメントに返事しよう、いつものあのブログを読もう、
 と思う度に何分も待たされたのでは、敬遠したくなる。

3)アクセス数が無料でチェックできること
 

これはやはり大事。


いくつか試してみたが、どれも一長一短のようだ。
アメブロは3)だけは満たしている。
でも、アクセスは、試したうちでは一番重い。


本当は、あちこちつまみ食いなんてやりたくない。
せっかく何ヶ月も書いてきて、
文章をさらすことにも慣れ、読んでくれる人も出来てきた。


ブログは、成長するのだ。
書き手が成長するというより、ブログ自体が成長する。
中身だけ、気に入ったシステムに移せば良い、

というものではない。

だから、アメーバブログが

この3つを満たしてくれる日を待ち望んでいる、


これって、アメーバブログに直接メールで送るべき?



あ、それから、このエディタのオカシイのも何とかして欲しい。


2005-05-03 19:02:48

青淵文庫

テーマ:建築

旧渋沢栄一邸の、青淵文庫と晩香廬を見てきた。

家出先 の複数画像アップの方法が不明なので、

画像だけ、こちらに置いておこう。


青淵文庫_2_1


青淵文庫_1_1


青淵文庫_3_1


青淵文庫_4_1

2005-04-16 19:29:01

家出

テーマ:日記

ブログを始めて半年が過ぎた。

小まめに記録したり、

考えをまとめる場所ができて、とてもありがたい。

 

調子に乗って書いているうちに、

記事がたまっていた。

さて、バックアップする機能がない。

 

 

困る。

 

 

そんな訳で、

アメブロに無料のバックアップ機能が使えるようになるまで、

しばらく、よそで書いています。

どこのブログに落ち着くかは試用中。

随時、BookMarkに入れておきますので

読んでやろうというご殊勝な方は、そちらへお越し下さい。

 

2005-04-07 23:23:16

ゴッホ展

テーマ:

木金は美術館が20時まで開いている。
東京はステキなところだ。
ゴッホなんて、どうせ休日は朝から混むだろうから、
と会社帰りに寄り道。

 

ゴッホと言えば、黄色と青とか
コントラストの強い色ばかりかと思っていた。
ところが意外に、ペールやグレイッシュな、
やわらかい配色の絵も多い。

独自のタッチを持っていて、
ゴッホくささが良い感じだった。


アルルでの自殺未遂は、ゴーギャンともめたせい、
とかいうのは有名な話だ。

 

画家というのは、フィルターなんだと思う。
同じ物をデッサンしても、
描き手というフィルターを通して
画面に映し出される物が違ってくる。

 

議論をしてもどうにもならない。
持っているフィルターが違うのだから、
世界の見え方が違うのだ。

 

アナタはアナタ。
ワタシはワタシ。

絶対的な答のない世界だ、と割り切らないと
自分が間違っているのではないか、
自分のアンテナは、狂っているのか、
なんて自己否定に走ってしまう。
気も変になる。

 

鋭敏な感受性があるからこそ、
普通の人が気にも留めない事を発見できたりする。
だからこそ、自分の才能を信じたりする。

これこそが世界の真実だ、と主張してみたくもなる。

自分の見つけた真実を、誰より理解してくれそうな友人が
それをきっぱり否定なんかしてくれたら、
自分の存在そのものが危うくなる、
ってなところだろうか?

 

もしそうだったら、
「ヴィンちゃんさあ、いい加減自立しなよ。
物分りの良い弟におぶさってないで、
地べた這いずり回ってでも、
経済的に自立してやる、という根性を見せなさい。」

って誰か言ってやれば良かったのに。

 

この人、オトナになってから、
数ヶ月毎に仕事を転々としていたらしい。

自身の社会的能力を確信できなかっただろう。
だから自殺に走った。


ゴーギャンは、サラリーマン経験があった。
だから価値観の違いもあるさ、と割り切れたんじゃないだろうか。
(結局は不幸だったみたいだけど。)


実務的能力と芸術的表現力は共存できない、
なんて私は信じないのだ。

 

2005-04-06 22:47:20

ヌードクロッキ

テーマ:

クロッキの会を見つけて、軽い気持ちで行ってみた。

 

日曜の午前中から集まって、皆、黙々と描いていた。

指導する講師がいない所に描きに来るのは、
そこそこ力のある人ばかりだと思うが、
他の人の手許を見る暇がない。


検索したら、ヌードモデルは時給1万円~3万円と出てきた。
ちなみに、きれいな人は高いらしい。

シビアに見た目が全ての業界だ。


モデル事務所の取り分を無視しても、
午前中の2時間半で25,000円、
会の参加費は一人1400円、

10人程度なので、大赤字だ。

 

もし、時給5,000円だとしたら
午前中で12,500円なので、ギリギリの黒字、
ただし、マンションの家賃を計上しなければ、である。

モデルさん、午後もポーズして、5時間労働の日給25,000円也。

うーん、私の日給の倍近いけど、
女の子が1日25,000円で、脱ぐだろうか・・・


主宰者の懐事情と、
モデルさんの心情が折り合うのは、いか程だろう、
などと下世話な心配をしてしまった。

2005-04-03 01:16:23

スケッチの向こう側

テーマ:

スケッチするのは楽だ。

答えは全て、目の前にある。
それを水彩で、油彩で、パステルで、木炭で、鉛筆で
どう描くか、というだけの話だ。

スケッチを上手く見せるのは易しい。

そこから先で、いつも立ちすくんでいる。

2005-03-28 22:57:49

線を引く

テーマ:
展覧会に行くと、有名な画家の下絵を見られることがある。
どんな上手な描き手でも、
一枚の作品のために多くのスケッチをし、
構図を組み立てた苦心の跡がある。

作者には、そうやって作り上げる責任がある。

絵画教室では、対象を見ながら描いていくが、
あれは作品ではなく、エスキースの一枚に過ぎない。
たった一枚、下絵を描くために、
10時間とかを掛けているのだ。

それでは経験値が全然足りない。
(でも、教室のセンセイは、そんな事は言わない)

物の形を捉えるなら、様々な方向からのスケッチが必要だ。
それをやってみて、ようやく形を理解する。

学生の頃は課題に追われて、
ひたすら枚数をデッチ上げて提出した。
なんて無駄に時間を過ごしたことか。

これまで責任を果たして作り上げた画面が何枚あっただろうか。

だから、止めどなくスケッチする。
ちっとも美しい線が引けない。
だから繰り返し、引く。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。