田辺かずきのブログ
ふるさとの古賀市を前進させる。
その決意を胸に走り続けます。
現場主義に徹する政治活動をブログでお伝えします。

田辺かずき公式サイトでも政策を発信中!
http://www.tanabe-kazuki.jp/
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

続・うどんMAP/シニアの皆さんの生きがいづくり

10月28日放送のTNC「ももち浜ストア」の「うどんMAP」で、古賀市が二週連続で取り上げられました。

 

 

先週の繊月さんとひびきの里さんに続き、炎牛さん。ありがとうございます。

 

 

 

 

うどんに限らず、古賀市はおススメのお店がいっぱい。これからもみんなでまちを盛り上げていきましょう!

 

   ◇

 

超高齢社会を迎え、シニアの皆さんの生きがいづくり、健康づくり、仲間づくりの場を広げていくことは市町村の大切なテーマです。古賀市は2004年に介護予防支援センター「りん」を古賀グリーンパーク内に開設し、運営してきています。29日、その現場を訪問し、利用者の皆さんから話を聴かせていただきました。

 

 

 

 

木工や革細工、編物などのものづくりや音楽、園芸福祉、運動、子どもとの交流、そば打ち、料理など様々な活動メニューを実施。訪問した時は木工のプログラムの最中で、素晴らしい多くの作品を見せていただくこともできました。高齢者の皆さんがさらに増えていく中、こうした先駆的な活動の知見を生かしながら市内それぞれの地域に展開していかなければなりません。

 

 

 

現場でご説明いただいた指定管理者の社会福祉法人・豊資会の加野豊子理事長、栗本正弘センター長、チーフコーディネーターの大桑康さんをはじめスタッフの皆さんに感謝します。

 

 

   ◇

 

29日夜、第5次総合計画の策定に向けた対話集会を古賀東区で開催しました。

 

 

会場のリーパスプラザこがやJR古賀駅、市役所などが立地する古賀市の中心市街地です。古賀駅東口開発の進捗、道路や交差点の改善によるアクセス性の向上、避難所開設・運営をはじめ防災対策の強化などでご意見をいただきました。持続可能なまちづくりを進めていくうえで企業誘致と定住促進の重要性についても申し上げました。

タイとの交流促進―総領事と会談/古賀の物産展

26日、福岡市の在福岡タイ王国総領事館を訪問し、アッタカーン総領事と会談しました。

 

 

古賀市はタイからの留学生のインターンシップを受け入れ、小学生との交流の機会をつくっています。私が市長就任後はタイから福岡への観光客の増加も踏まえ、総領事館との連携を密にしてきました。昨夏はアッタカーン総領事自らもご参加いただき、県内在住のタイ人の皆さんと一緒に古賀海岸で清掃ボランティアに取り組んでくださっています。

 

この日の会談では経済や観光による交流の活発化をめざし、アフターコロナ(コロナ後)を見据えた意見交換をさせていただきました。古賀市の特性である工業や農業といった産業力の強みをお伝えしています。アッタカーン総領事からは佐賀県の近年の取り組みを参考に誘客やフィルムコミッションの重要性についてご提起をいただきました。

 

 

福岡県への総領事館開設は2018年10月でした。これは福岡県議会が全力を挙げて具体的な誘致活動を行ってきた大きな成果。私は当時、福岡県タイ友好議員連盟の事務局長として微力ながら先輩方とともに働かせていただきました。初代総領事がアッタカーン氏です。

 

今年度、まちづくり推進課に国際交流・多文化共生係を立ち上げたことが具体的な取り組みにつながっています。引き続き、様々な国・地域との交流を促進し、まちづくりにつなげていきます。

 

 

   ◇

 

増田桐箱店さんのブックエンドを購入。以前から欲しかったものだったんですよね~。

 

 

25日、サンリブ古賀店さんで開催された古賀物産展へ。多くの出展者さんたちと話ができました。

 

 

 

 

プリザミーマさんや優・美・麗さん、connect greenさん、フラワーワークスツジノさんをはじめそれぞれのお店の魅力的な作品のおかげで自宅リビングや玄関、市長室などが素敵な空間に。

 

 

古賀市はものづくりのまち。この魅力をこれからもどんどん発信していきます!

 

   ◇

 

身体障がい者野球チーム「北九州フューチャーズ」をお招きし、古賀市有志のチームとの交流試合を25日に古賀中学校グラウンドで開催しました。開始前には古賀市の障がい者やサポーターの皆さんでつくる「コッコの会」による歌と手話による歓迎セレモニーも。始球式を務めました。なんとかボールは真ん中へ。野球は得意とは言えないのでかなり緊張しましたが、無事に任務を遂行でき、ホッとしました。着ているのはラグビーワールドカップ仕様ですが(笑)

 

 

東京オリンピック・パラリンピックに向け、古賀市はパラスポーツも盛り上げていきます!

オンラインで高齢者の地域対抗戦/福岡県議会へ

古賀市内各地をオンラインでつなぎ、地域対抗戦!高齢者の介護予防イベント「いきいきボールンピック大会」をリモートで開催!

 

 

 

この企画、まだ珍しいのでは。新型コロナウイルス感染症の影響で、特にハイリスクの高齢者の皆さんが一カ所に集まって大会を開催することは困難。ということで、密を避けるため、各地域の公民館・集会所などにチームがそれぞれ集結。オンラインでつなぐことによって、リアルタイムで相手の反応を見ながらプレーでき、物理的・身体的な距離が離れていても、心はつながりながら競技できます。

 

 

市内の42チーム約260人が参加。26日から4日間かけて計16セッションの試合を開催します。開会式では各会場に私のメッセージや選手宣誓が流され、始球式も務めました。

 

 

 

こうした試みが高齢者の皆さんへのインターネットなど先端的な通信技術に対する抵抗感の減少にもつながるといいですね。開催に当たっては大学や企業の皆さんのご協力やご協賛をいただいており、感謝します。

 

   ◇

 

23日、福岡県議会へ。市町村がまちづくりをしていくうえで県との連携は極めて重要です。

 

自民党県議団の松本國寛会長にお時間をいただき、新型コロナウイルスによる価値観の変容を捉えた古賀市の取り組みについてご報告し、アドバイスをいただきました。ありがとうございました!さらに、民主県政県議団の先輩同期の皆さんもいらっしゃったので意見交換を。

 

 

これに先立ち、国有林野等所在市町村長有志協議会の会議が福岡サンパレスで開催され、出席。

 

 

 

私からは林野庁や県行政の皆さんに海岸松林の保全やシカ被害対策、放置竹林対策等について地元の実情を踏まえ意見を申し上げました。

 

   ◇

 

24日は小学校の草刈り、かれこれ4時間超かけて正午過ぎに完了。集積された様はまるで酪農場?!

 

 

 

 

 

市内随一の大量の除草を要する小学校。PTCA会長OBをはじめ戦い抜いた皆さん、お疲れ様でした!さらに、25日も早朝から自治会・隣組の道路愛護デーで、草刈りでした。

 

 

ヤギやヒツジに食べさせたい!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>