こんにちは、

中小企業診断士、経営コンサルタントの

滝岡幸子です。

 

リモートワーク歴 20数年です。

 

1990年代後半に外資系コンサルティング会社の

プライスウォーターハウスコンサルタントで

働いていた時、

 

当時すでに、ひとり一台ノートパソコン、

夕方や休日も、

リモートワークで自宅や外出先から

リモートワークをしていました。

 

もちろん、

オフィスもフリーアドレス制でした。

 

先輩方の仕事を見ながら、

見よう見まねで必死で

リモートワークをしていました。

 

それから、

20数年間、ずっとリモートワークです。

 

だから、

ひとり起業もしたのだと思います。

「薄型ノートパソコン」と「リモートワーク」

という仕組みに慣れていたので、

ひとり起業、をしようと思えた、というか当然だと思いました。

 

ところで、

最近ではリモートワークが社会全体に

浸透し始めています。

 

そこで気になるのが、

「リモート会議」の仕方です。

 

今まで、

電話やオンラインだけでミーティングや

取材を行ったことも多くありますし、

 

先日も

リモートで、取材をしていただきました。

(どうもありがとうございます!)

 

「リモート会議の最も集中できる時間」

について、知見がありましたので

メモをします。

 

マイクロソフト社の社長 吉田仁志さんの記事より。

 

「リモート会議の時間は、30分が適切

だと考えられていたが、

 

「オンライン会議だと、

25分を超えたところで、集中力が急激に途切れる(疲れる)」

 

そうです。

 

私は、もう少し長くても平気だと感じますが、

それは「一対一」の場合かもしれないですね。

 

ミーティングの参加者が数名だと、

画面を見続けるのは、

25分くらいが限界、ということでしょうか。

 

確かに、

テレビ番組の徹子の部屋も30分枠で、

CM以外ですと、25分くらいかもしれませんね。

途中10分くらいで、CM入りますしね。

 

ということで、

今日のメモは

「オンライン会議は、25分が最適」という話でした。

 

参考記事は、こちら

 

 

日経ウーマン 2021年2月号に、

 

「副業」について掲載いただきましたラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、

中小企業診断士、経営コンサルタントの

滝岡幸子です。

 

外資系コンサルティング会社を経て、

26歳で起業。

 

現在は、経営コンサルティングの傍ら、

子育て、

起業家のたまご育成に、あれこれ奮闘中ニコニコ

 
『女子の副業 夢もお金もあきらめない。』
全国の本屋さんに並べていただいています!!
ありがとうございますラブラブ
 
私が「ひとり起業」したのは、26歳のとき。
 
「女性が起業するなんて」とか「ひとりで起業するなんて」とか
いろいろな意見がありましたが、
 
それから20年経った今では、
 
「ひとりでも起業できる」
「20代の女性起業家も増えている」
 
という時代になりました。
 
ひとり起業してから、
数千人の、起業家や
起業家のたまごの方々に
お会いしてきました。
 
起業家の皆さまを少しでも
紹介したいし、
そのパッションを感じたい
 
という想いでやってきました。
 
「女性だから、男性だから」という
時代でもなくなってきましたね。
 
それぞれが、自分の持ち味(長所、強み)を
活かして、
みんなで社会を創り上げる
 
そういう時代ですね。
 
女性は、
子育てや介護やその他まで
なんでもその担い手になったりして
 
たくさんの人の手をかりつつも
日々の仕事(料理とか宿題とか)に
翻弄されて、
 
小さな狭い世界にいるような気分に
なる時期があると思います。
 
そういう時期があっても、
 
また、もう一度(何度でも!)
社会の真ん中にひょこっと
出ていける、
そして、
それを皆が受け入れる、
 
そんな世の中にするべきだと感じます。
 
一度休む(いや、何度か数年おきに休む)ことがあっても、
また、社会の真ん中に
ひょこっと、当たり前のように戻れる
ことが普通の社会。
 
それが、
 
女性を本当の意味で活性化させる
 
と思います。
 
いろいろな人がそれを感じている。
 
あとは、
 
「仕組み」づくり、
 
なのかなと思います。

 

日経ウーマン 2021年2月号に、

「副業」について掲載いただきましたラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、

中小企業診断士、経営コンサルタントの

滝岡幸子です。

 
考え方の大きい人の
体験をきくと
勇気付けられる。
 
子育て真っ只中にあり、
そしてここ数年は、
在宅ワーク、テレワークも多くなり、
 
動く範囲が狭くなると、
自分のセンサーに響く範囲も
狭くなりがち。
 
動きにくい時期なんだけれども、
行動範囲は広くすべきだと思う。
 
せめて、いろいろな場所を散歩すべきですね走る人走る人
 

日経ウーマン 2021年2月号に、

「副業」について掲載いただきましたラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、

中小企業診断士、経営コンサルタントの

滝岡幸子です。

 
多くのみなさまに支えられて、
創業から20年目を迎えることができています。
感謝の気持ちです。ありがとうございます。
 
これからもよろしくお願いいたします。

 

20年前に、ひとり起業をした時は、

「起業は多くの人数でするもの」といろいろな人に

言われました(今でもそのような声もありますが)。

 

その当時から、

ノートパソコン1台で、いろいろな場所に出向く

仕事スタイルを取っておりましたが、

 

20年経った今では、

それは、ビジネスパーソンにとって

当たり前の働き方となり、

 

「ひとり起業」

 

という方法も、おおく普及するようになりました。

 

近年は、

「ひとり起業と暮らしの両立」を

自分自身のテーマとして、毎日を過ごしております。

 

自分が望むことについては、

案外、「機械」の開発が追い付いたりして

いくのかなあ、と感じます。

 

「このように暮らしたい」に、

その時はないけれど、

10年単位で見れば、確実にそのような機械が普及する

 

というイメージです。

 

「サービス」はもちろん開発されますが、

「機械(とソフト)」と「サービス」が一緒になって

進化していくのが、これから10年間でしょう。

 

やっぱり、そこに必要なのは、

「このように暮らしたい」という夢

なのだと思います。

 

日経ウーマン 2021年2月号に、

 

「副業」について掲載いただきましたラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、

中小企業診断士、経営コンサルタントの

滝岡幸子です。

 
昨日、入ってみたいなあと思っていた「カフェ」に
入ってみました。
 
カフェに入ってメニューを見ると、
メニューを見て、「どれを頼もうかな?」と
ワクワクしますよね。
 
いろいろ迷った挙句、あるメニューを頼みました。
 
パンメニューと
セットのドリンクはコーヒーを注文して。
 
ドリンクは、
うちにはないようなカップ(割れやすそうで、うちでは使わない牛あたま
と、珍しいスプーンが出てきました。
 
やっぱりそれは嬉しかったですね。
宝石ブルーカフェに来た」感がありあり、で。
 
パンメニューは、正直いまいちでした。
だけと、器がやっぱり、うちでは使わないような食器で、
食事メニューの味はいまいちなんだけれど、
なにか「カフェに来た」という満足感に近い物がありました。
 
そのカフェに来た他のお客さんも
私が好むような雰囲気の人でした。
 
結局ですね、メニューの味はイマイチだったのだけれど、
「カフェに来た。
入ってみたいお店に入った」という
 
納得感というか、満足感の近いものがありました。
 
メニューの味がイマイチだったので
自分でも「満足感」に近い感覚は不思議なくらいだけれども、
 
そのカフェで「ゆっくり、くつろげた」んですね。
 
ゆったりした空間と、
おしゃれな器。
自分が好むタイプの、他のお客さん。
 
いわゆる「空間をつくりあげる要素」が
揃っていたのです。
メニューの味以外は。
 
「器」がすてきだったので、
ドリンクは、美味しく感じました。
 
「カフェ」の存在価値って、
やはり「空間」だなあと
思った次第です。
 
その日は、
美味しいものよりも
「ゆっくり時間を過ごす」ことが
私の優先課題だったのでしょうね。
 
ほんの30分くらいだけれど、
カフェで
ゆっくりした時間を過ごせました。
 
「定食屋」には求めないタイプの時間ですね。
 
でも、「味」がもっと美味しければ、
もっと繁盛するよね、
と思いながら。
 
だけど、そのお店は結構長く続いているんですよ。
 
店主さんのマイペースさが、
その秘訣かもしれません。

 

敏感で繊細な人に向いている「ひとり起業」。

 
「ひとり起業」は、副業でも。

 

日経ウーマン 2021年2月号に、

「副業」について掲載いただきました!! 感謝感謝ラブラブラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、

中小企業診断士、経営コンサルタントの

滝岡幸子です。

 
創業から20年目を迎えています。

 

「ひとり起業」という言葉を私がつくったのが、

2003年の夏から秋にかけて。

 

ノートに「ひとり起業」と書いてみて、
ピン!とひらめき、
「これだ!」と。
 
2003年秋に、「ひとり起業塾」の開講に至りました。
 
「ひとり起業」で、
カバンひとつで、いろいろなクライアント先に
出向くスタイル。
 
それから、
20年近く。
 
コロナ渦で、
「ひとり焼き肉」とか「ひとり食事」が
推奨されるようになって。
 
「ひとり」で動く、という活動形態が
より一層、受け入れられている感じがします。
 
「ひとり」といっても、
家族とかお仕事仲間とか友だちとか
いろいろなグループ(組織)に属している、ひとり起業家。
 
「ひとりで飲食店に行くことをおススメします」
みたいな、このウィズコロナの風潮は
ある意味、昔は推奨されなかったでしょう。
 
なんか変わるね。
 
ファミレスの形態も変わるね。
 
飲食店も、最近
「からあげ」とか「ギョーザ」とか
お持ち帰り専門店みたいなのは、続々オープンしてる。
 
働き方も大きく変化していくし、
それと同時並行で、
「外食ひとり飯」とか「テイクアウト」とか。
 
敏感で繊細な人に向いている「ひとり起業」。
 
「ひとり起業」は、副業でも。

 

日経ウーマン 2021年2月号に、

「副業」について掲載いただいています!! 感謝ですニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おはようございます。

 

起業家 20年目、

 

中小企業診断士、経営コンサルタントの

滝岡幸子です。

 

「ひとり起業塾」を

2003年から主宰しております。

 

 

日経ウーマン 2021年2月号に、

 

「副業」について掲載いただきました!

 

どうもありがとうございます!!

 

日経ウーマンさんの

昨年のウーマンオブザイヤーも

すごく良かったですね。

 

アラフィフになった私自身も

大きな勇気をいただきました。

 

さて、女性は、「本業」も「副業」もプライベートも、

全体的に、つながっていると感じます。

 

1日の過ごし方で、

時間的にも、

「5分ずつ、瞬間移動しているような」

感覚すら覚えます。

 

この冬休みは、

仕事でパソコンの前に座っていると、

10分後には、

 

子どもが部屋に入ってくる、

「うん、わかった」と席を立つ。

みたいな。感じでした。

 

本業も、副業も、プライベートも

複業で、ごちゃごちゃ混ぜながら、

すべてちゃんと進めていきたい。

 

そんな方も多いのではないでしょうか。

 

本日から発売とのことです。

 

ぜひ読んでいただければ嬉しいです。

 

私もじっくり、いろいろなページを楽読したいですニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとり起業塾

since 2003

 

ひとり起業を始めて、もうすぐ20年! 感謝です!

 

こんにちは!
経営コンサルタント・中小企業診断士、

 

「ひとり起業塾」 @渋谷 since2003 主宰の

滝岡幸子ですニコニコ

 

2003年に「ひとり起業」という言葉を生み、

発信し続けています☆

 

外資系大手コンサルティング会社を経て独立。

一人で創業する、プチサイズの創業の第一歩を応援し続けて、

一人起業家歴は19年目です!

 

新刊!

 

『女子の副業 

夢もお金もあきらめない。』

滝岡幸子 著 (青春出版社さん)

 

 

 

 

 

 

 
 
こんにちは、
中小企業診断士の滝岡幸子 @「ひとり起業塾」主宰
ですうさぎクッキー
 
先日のブログで、
 
 
 
と書きました。
 
繊細で敏感なHSP気質の人は、
 
生きてきた環境や職業などによって、
少しずつタイプの違いがあります。
 
「繊細」で「敏感」ではあるのですが、
その度合いは人それぞれ違って
 
わりと、その度合いに「幅」があります。
 
なので、一概に「HSPはこれ!」という範囲を
決めにくいと思いますが、
 
ひとつの「共通点」があります。
 
それは、
「忙しい方が、幸せ」
であることです。
 
特に、「仕事」で動き回る必要があります。
 
あまりに、じーっとしていると、
暇な時間が出来てしまうと、
 
あれこれ、
「心配なこと」を考え出したり、
「不安」に駆られてしまうのです。
 
だから、繊細で敏感なHSPには、
 
忙しい仕事や
趣味で忙しくすること
 
が、とっても大事なのです。
 
もしHSPの人が
育児や介護を担う立場になっても、
 
「仕事」や「趣味」は
そのまま続けるのが良い
と思います。
 
育児や介護でいっぱいになってしまうと、
一生懸命になりすぎて
精神的に疲れてしまいます。
 
自分の精神を保つためにも
「忙しいこと」
って、大事なんです。
 
「敏感で繊細なHSP」の人の共通点には
そんなところがあると思います。

 

自宅でするひとり起業、在宅での仕事はもってこいで、HSP繊細で敏感な人に適した働き方です。

 

 

『マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑』には、87種類の在宅で仕事のパターンが載っています。

 

 

 
 

12月の「個別経営コンサルティング」「個別 起業アドバイス」は、お申込み締め切りました。ありがとうございました。

 

 

こちらにも、素敵な起業家さんのお話が

 

掲載されています。
是非、手に取っていただければ嬉しいですニコニコニコニコニコニコ
 

ダイヤモンドオンラインに掲載中☆

 

新刊! 全国の本屋さんで絶賛発売中!!感謝ですピンクマカロン

 

 

 

 

 

オフィス街でもイベントでも住宅街付近でも

活躍している、移動販売(キッチンカー)!

 

 
クルマ一台 はじめよう!移動販売

 

経営コンサルタント・中小企業診断士

滝岡幸子黄色い花

 

「ひとり起業塾」@渋谷 since2003

 

 

 

 

■滝岡幸子の「プロフィール」

 

 

 

■過去の「マスコミ掲載」

 

 

 

■「起業」と「売上アップ」の個別コンサルティング

 

 

 

【著書のご紹介】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
「ひとり起業」の定義は、
「ひとり起業塾」主宰の滝岡幸子が、
2003 年7 月に考案しました。

 

ひとり起業は、

 

「たったひとりで起業し、ビジネスを継続していくこと」。

 

そして「社長・事業主自身のスキルや知識を売る商売」

つまり「社長自身が商品」

 

たとえ、アシスタントや家族が手伝っていても、
社長自身がいないと商売が成り立たなければ「ひとり起業」と考えています。

 

 

「ひとり起業塾」@渋谷 since2003
 
 
    執筆、講演、コンサルティングのお問合せ黄色い花

 

  info@potential7.co.jp まで、お気軽にお送りください。

   (24時間以内にお返事をさせていただきます☆)

ひとり起業塾

since 2003

 

ひとり起業を始めて、もうすぐ20年! 感謝です!

 

こんにちは!
経営コンサルタント・中小企業診断士、

 

「ひとり起業塾」 @渋谷 since2003 主宰の

滝岡幸子ですニコニコ

 

2003年に「ひとり起業」という言葉を生み、

発信し続けています☆

 

外資系大手コンサルティング会社を経て独立。

一人で創業する、プチサイズの創業の第一歩を応援し続けて、

一人起業家歴は19年目です!

 

新刊!

 

『女子の副業 

夢もお金もあきらめない。』

滝岡幸子 著 (青春出版社さん)

 

 

 

 

 

 

 
 
こんにちは、
中小企業診断士の滝岡幸子 @「ひとり起業塾」主宰
ですうさぎクッキー
 
 
コロナ渦で生活していますと、
気がめいったり、でもテレビで「M-1」を見て笑ったり、
感情がぐらぐら揺れたりしますよね。
 
それでも、それぞれが頑張っている。
 
そんな気がします。
 
飲食店でも、新しい活路を見出そうと
それぞれの方が奮闘していると思います。
 
「移動販売」もそうです。
 
飲食店って、ある意味、ちょっとキラキラした場所で
あることも多くて、
「行きたいなあ」と思っても、
 
「ちょっと、今日の服装はヘンだし」とか
「食べに行きたいけれど、ちょっと遠いし」
 
という時が消費者側にはあると思うんですね。
 
でも、移動販売は違うんです。
 
「お客様の近くに、自分から出掛けることができる」から。
 
「移動販売」は、結構、シアワセを届けに行けるものだと思います。
 
ある施設にも、
決まった曜日に、移動販売車で
出かけるんですって。
 
行くと、やっぱり喜んでもらえますよね。
 
私も、子どもが0歳とか1歳だった頃、
 
すぐそこのコンビニにすら出かけられない時があって、
 
移動販売のパン屋さんの音が
聞えた時は、
 
「ああ、買いに行きたい!」
 
って、心底思いましたもんね。
 
でも、子どもを抱っこ紐でだっこして
出掛けようと思ったら、
もう移動販売車はいない・・・。
 
みたいな感じが何回かあって、
 
移動販売車の音が聞こえて、
もう洋服も気にしないで、
すぐに出かけたら、
 
移動販売車に間に合って。
 
「やったー!」と思って、すごく嬉しかったですねニコニコ
 
いろいろな種類のパンを選べることが嬉しかった。
 
赤ちゃんが昼寝している間に、
食べて、
美味しかった~。じみじみ思い出す。
 
そういうさりげないシアワセを運んでいると思います。
 
さて、
『クルマ一台で起業する はじめよう!移動販売』
増版されました!!
 
ありがとうございます!!

 

全国の本屋さんに並べてくださっています。感謝です!!
 
移動販売の最新事例もたくさん掲載されていますので
ぜひ、読んでみていただければ嬉しいですドキドキラブラブ

 
 

『マイペースで働く!自宅でひとり起業 仕事図鑑』には、87種類の在宅で仕事のパターンが載っています。

 
 

こちらにも、素敵な起業家さんのお話が

 

掲載されています。
是非、手に取っていただければ嬉しいですニコニコニコニコニコニコ
 

ダイヤモンドオンラインに掲載中☆

 

新刊! 全国の本屋さんで絶賛発売中!!感謝ですピンクマカロン

 

 

 

 

 

経営コンサルタント・中小企業診断士

滝岡幸子黄色い花

 

「ひとり起業塾」@渋谷 since2003

 

 

 

 

■滝岡幸子の「プロフィール」

 

 

 

■過去の「マスコミ掲載」

 

 

 

■「起業」と「売上アップ」の個別コンサルティング

 

 

 

【著書のご紹介】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
「ひとり起業」の定義は、
「ひとり起業塾」主宰の滝岡幸子が、
2003 年7 月に考案しました。

 

ひとり起業は、

 

「たったひとりで起業し、ビジネスを継続していくこと」。

 

そして「社長・事業主自身のスキルや知識を売る商売」

つまり「社長自身が商品」

 

たとえ、アシスタントや家族が手伝っていても、
社長自身がいないと商売が成り立たなければ「ひとり起業」と考えています。

 

 

「ひとり起業塾」@渋谷 since2003
 
 
    執筆、講演、コンサルティングのお問合せ黄色い花

 

  info@potential7.co.jp まで、お気軽にお送りください。

   (24時間以内にお返事をさせていただきます☆)