七五三を楽しむための7つのおはなし~その5)ご機嫌よく過ごしてもらうために | ご自宅に出張撮影!授乳フォト・バースデー・家族の記念日に!ベビー&キッズ&ファミリーの撮影はbaron PHOTO WORK
2018-05-15 12:00:16

七五三を楽しむための7つのおはなし~その5)ご機嫌よく過ごしてもらうために

テーマ:┣七五三

「七五三を楽しむための7つのおはなし」

今年もアップしていきます~(^^)

 
6/17(日)、6/19(火)は七五三相談会@渋谷
実際のお写真などを見ながら相談できます。
ご予約は⇒こちらからどうぞ!

 

(5)ご機嫌よく過ごしてもらうために

 

さてさて、もうここまで準備できれば、あとは楽しんで当日を迎えるだけです。

慣れない着物で、少しでもお子さんが快適に楽しく過ごせるポイントと、ステキな家族写真を撮るためのポイントをご紹介!

7才さんはおとなの女性と同じようにポーズを決めたりできるお姉さんも多いのですが、5才、3才さんは、楽しく、ご機嫌に過ごしてもらうことが、七五三成功のカギです。

歩くのイヤ!足が痛い!にならないために

足袋はソックスタイプが◎

普段、履きなれていない足袋を嫌がるお子さんも。

足袋を抜いで裸足になってしまう3才さん、草履を参道に落っことしていってしまう5才さん、毎年みられる光景です。

(それはそれでとってもほほえましいのですが^^;)

特に、こはぜ(金属の留め金)があたると、痛いようでお子さんが歩くのを嫌がります。ソックスタイプの足袋の方が違和感がないようです。

★子ども用足袋★ たくさんありますので、見てみてくださいね!
柄のかわいいのもあったりします(^^)

 

 

このタイプを用意してくれる衣装屋さんもありますのでお着物を借りるときには確認してみましょう~!

サンダルやクロックスを持っていくべし!

途中でぞうりが痛くてぐずりだすことがあります。

お子さんが抱っこ抱っこ!になる前に、はき慣れた靴やサンダルにはき替えさせてあげましょう。クロックスが脱ぎはきがラクでいいと思います。

お写真のときだけ、おぞうりがはければたいしたものです(^^)

特に、明治神宮など、参道をたっぷり歩くような広い神社さまの場合は、持っていくと安心ですよ。

ベビー&キッズ・ファミリー撮影 ご自宅や公園、記念日に出張撮影!baron PHOTO WORK

上手に歩けるか心配でしたら、↓こういうかかと留めもあります。

手持ちのゴムで結んであげてもいいですが、専用のものも売っています。

 

ご自宅へ出張撮影!授乳フォト・家族写真はバロンフォトワークさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]