ご自宅に出張撮影!授乳フォト・バースデー・家族の記念日に!ベビー&キッズ&ファミリーの撮影はbaron PHOTO WORK

バロンフォトワーク最新情報


秋の撮影予約、受付中です

秋の撮影予約、ただいま受付中です!


専用お申込みフォームは下記をご覧くだささい。

ベビー撮影メインのインスタ、はじめました。

0~2歳のベビーに特化したインスタ始めました!
ぜひフォローしてくださいね!

最新情報はこちら


撮影プラン詳細は、バロンフォトワークのホームページ にまとまっています!


※掲載させていただいている写真やご感想は、お客さまのご了承を得てご紹介しています。すべての画像、文章の無断転載・複製等はかたくお断りいたします。  
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

【お写真紹介】7歳の七五三@亀戸天神※2022年より撮影不可となりました。

カメラマンのエミコ(室)です。
昨年11月に撮影させていただいたNさまのお写真をご紹介させていただきました。
すっかりお姉さんの表情です♡

 
亀戸天神さまは2022年より、撮影不可となってしまいました。
城東地区は長年、授乳フォト撮影会をさせていただいてきたこともあり、たくさんのお客さまのいらっしゃる地域です。その中でも亀戸天神さまは、たくさんのご家族のお祝いを撮らせていただいた私たちにとっても思い出深い神社さまなのでとても残念です。
今後のお引き受けはできませんが、これまでの感謝も込め、お写真をご紹介させていただきました。
近隣の社寺さまですと、亀戸香取神社さま、亀戸浅間神社さま、富岡八幡宮さま、深川不動尊さま、牛嶋神社さま、今戸神社さま、浅草神社さま、柴又帝釈天さまなどを選ばれる方も多くいらっしゃいます。
どうぞご相談くださいませ!
 

七五三を楽しむための8つのおはなし~④七五三の衣装選び~お着物や着付けはどうしたらいいの?

七五三を楽しむための8つのおはなし

④ 七五三の衣装えらび

スーツやワンピースなどでの七五三お祝いもとってもステキですが、ここでは普段なかなか着る機会のないお着物の場合についてまとめてみます。

●レンタル

●お手持ちのお着物(ママやパパが着たもの)

●購入

だいたいこの3パターンになることが多いですので、順番にみていきましょう!

レンタル衣装の場合

店舗、ネットなどで借りたり、子ども写真館のお出かけプランなどでお参りに行くこともできます。

バロンフォトワークでは下記のレンタルお着物を紹介しています。

★「着物レンタルあき」さん(渋谷、池袋、横浜、銀座)

便利なエリアに実店舗があり、取扱うお着物の種類も豊富。ご予算に応じてステキなスタイリングをしてくださいます。

バロンの撮影を応援してくださっていて、割引特典が適用されます!

(1)まずはHPでお着物をチェック!着物レンタルあきさんHP→こちら

(2)気にいったものがみつかったら直接お問い合わせしてください。

「バロンフォトワークで撮影」と申し出ていただけると割引が適用されますのでお忘れなく!

(3)店舗にうかがって実際に着て選ぶこともできます。必ずご予約の上、ご来店ください。

お店の方もお着物の知識が豊富ですので、どんどん相談してみてください。

肩上げなどもぴったりのサイズでしてくださるので、何も用意しなくていいのも魅力。店舗での着付けは無料ですし、出張着付けも対応してくださいます☆

 

おべべとにゃんこさん(江東区)

「この着物が着てみたい!」と遠方からもお客さまがいらっしゃるような、個性的なアンティーク着物をそろえていらっしゃいます。

着物スタイリストの佐川先生はバロンのカメラマン、スタッフみんなの憧れの先生!ステキにコーディネートしてくださいますので、ぜひご相談ください。

バロン撮影特典として、お着物レンタルの場合、おべべとにゃんこサロンでの着付けが無料となります。

お手持ちの着物を着る場合

ママやパパのお着物を着る、ご親戚のお着物を着る、とってもステキです!

ご準備の際には、

(1)気になるしみや汚れ、ほつれなどがないか(気にならなければいいと思います)

(2)足袋をはじめ、男の子の懐剣、7歳さんのはこせこなど小物類はそろっているか。

(3)サイズはあっているか(お直しが必要か)

は必ず事前に確認しておきましょう!

着物の知識が心配、という方は、上記でご紹介している「おべべとにゃんこ」さんでのご相談も可能です。(有料となります)

購入の場合

3歳さんのお着物は、女児、男児ともに購入しやすい価格かわいいものがたくさん販売されています。
3歳さんの被布のタイプであれば、ママが簡単に着付けしてあげられますので、お正月や節句などに着る機会がたくさんあります。
また、汚れを気にしなくて良い、日程変更も気軽にできる、などのメリットもたくさんありますので、購入もありかと思います。
購入したまま、当日の朝開けてみたら、サイズがあわず大慌て!ということがありますので、当日までに必ずあけて、サイズを確認し、ハンガーにかけて畳みシワなど気にならないようにしておいてくださいね。また、着付けのリハーサルも必ずしてみてください!
 

また、今、販売しているかわいいお着物情報は下記にまとめてみました。ご参考にどうぞ~!


 

 

七五三を楽しむための8つのおはなし~③七五三の時期~神無月でも神社に神様はいますか?

七五三を楽しむための8つのおはなし

③ 七五三の時期

七五三祝いはいつするの?

七五三の正式な日程は11/15ですが、ご家族のご都合にあわせ、9~12月の間でお祝いされる方が多いですが、コロナの影響もあり、完全に時期をずらして2~6月くらいの間に撮影をされるご家族も増えてきています。
社寺さまも一年中、いつでもお祝いに対応していただけるところが増えています。

ご兄弟姉妹の関係や受験など、ご家族の事情にあわせて、バロンでも年間通してサポートさせていただいています!

 

9月~10月中旬

まだ神社も混雑が少なく、比較的撮影のしやすい時期です。

コート類などかさばる上着がないため身軽です。

赤ちゃんがいるご家庭は、お荷物が多くなりますので、コートなしでお祝いできるこの時期はおすすめです。

また、まだ木々の緑があり、お写真も明るい光で撮影できます。

まだまだ暑い日もありますので、お着物の下は着込まないようにしてくださいね。

秋祭りやイベントなどのある神社さまも多いので、HPなどで確認してみてください。

 

10月下旬~11月中旬

気候も落ち着いてお子さんの体調不良も少ない時期です。

平日、土日とも神社が混雑しますので、お写真はやや撮りにくいこともありますが、にぎやかな雰囲気です。

バロンフォトワークでもお申込みが一番多い時期となります。

幼稚園、保育園、小学校では運動会や発表会等のイベントも多いため、スケジュールがブッキングしないよう、年間スケジュールをお申込み前に今一度確認してください。

振替休日にあたる月曜日は、平日でも混雑します。

 

11月下旬~12月中旬

都内では紅葉がキレイな時期で、赤いもみじ、黄色い銀杏と、華やかな色どりが楽しめます。
ただし、日によってはぐっと気温が下がりますので、防寒対策は必須。
お着物の下はヒートテック、カイロ、あたたかいお茶など・・・
集合写真ではちょっと寒さをがまんしてもらい、コートを脱いでいただくこともあります。

12月半ばまでポカポカ陽気の日も多く、神社も空いていて撮りやすい時期です。

 

2月~6月、春の七五三

2月末~3,4,5,6月あたりにお祝いをされるご家族も少しずつ増えてきました。

神社も空いており、ゆっくりお祝いできます。

神社さまによっては七五三のご祈祷をしていないところもありますので、事前にご確認ください。

2月は真冬のイメージがあるかもしれませんが、中旬以降は比較的暖かい日が多く、神社も空いていて非常にゆったりとお祝いができてオススメの時期です。
お風邪などもはやる時期なのでなんともいえませんが、撮影もすいている時期ですので、臨機応変に対応できます。気温や体調と相談して予定が合えばおすすめの時期ですよ!

 

1月、8月の七五三

1月、8月はお外で着物を着るにはちょっと厳しいシーズンですので、室内中心の撮影をおすすめします。

バロンフォトワークでお借りしているレンタルスペースなどもありますので、この時期をご希望の方はぜひご相談ください。

 

神無月(10月)でも神社に神様はいますか?

七五三の日程を決めるのに、いつにしたらいいのか、というご相談の中でお客さまに時々聞かれます。

『神無月(10月)は、出雲に全国の神様が集まって縁結びの会議をするので、出雲だけは「神在月」だけど、他は「神無月」になる。』

って、何かの話で聞いたことのある方もいるかもしれません。

出雲大社に全国の神様が集まって縁結びの話し合いをしているなんて、ちょっと古事記の世界で、想像するとわくわくしますよね~、イメージしやすいので、大いに広まったんだと思いますが、俗説であまり気にされる必要はないかと思います。

そもそも、日本の神様は分身(?)できます。

神社へお参りして、お守りやお札をいただいてくることがあるかと思いますが、あれも中に神様がいます。

あ、分身じゃなくて分霊っていうかな?

10月にお祭りのある神社さまも多いですし、安心してお参りしてよいと思います!

大安、仏滅はどうしたらいいでしょう?

同じように仏滅、大安ってどうなんですか?ともよく聞かれます。

が、実際これ、神社仏閣ととくに関係ないんです。

浄土真宗などは、日の吉凶を選ぶこと自体よくない、と言ってます。六曜は簡単に言えば占いの一種かなー、という感じです。

ご家族みなさんのスケジュールがあって、 納得できるような日程を選ばれるのが一番だとは思うのですが、そうはいっても、やっぱり仏滅よりは大安の方がいい!という人が多いのも確か。(ウェディングの撮影を長らくやっていたので、よ~~く分かります)

実際に、大安はご希望が多く、神社も混雑します。最近はそれ以外に、一粒万倍日とか、吉日と呼ばれる日も人気があります。

ご家族でこの日!と決めたのに、おじいちゃんおばあちゃんから、仏滅だから、と日程を変えるよう言われた、なんていうお客さまもいらっしゃいますので、気にされる方は、お申込みの前に確認しておいた方がスムーズです。

 

 

 

神社仏閣は撮影のためのロケーション場所ではありません。

まずはお子さんの成長をみんなで喜び、マナーを守って、撮らせていただける範囲内での撮影となりますので、お祝いも撮影もゆっくりと楽しみたいという場合は、平日や時期をずらすこともご検討いただけるといいかな、と思います(^^)

七五三を楽しむための8つのおはなし~②社寺を決める~撮影禁止な神社さまもあります

七五三を楽しむための8つのおはなし

② お祝いする社寺を決める

 

 

七五三はどこでお祝いすればいいの?

七五三のご祈祷は、神社の他、お寺や教会などでも行ってくださいます。

お住まいの地域の神社さまを選ぶ方が多いようですが、結婚式を挙げた思い出の神社、あこがれていて一度行ってみたかった神社などでお祝いされる方も。

お住まいからのアクセス、駐車場の有無、お食事場所、着付けの場所など考えながら、まずはご家族で候補をあげてみましょう。出張撮影を希望される場合は、ご希望の社寺さまが撮影可能かどうか、事前にご確認ください。

コロナで以前は自由に撮影できていたのに、新たに制約ができている場合などもございますので、必ず確認をお願いします。

 

撮影禁止の社寺さまがあります

神社さまによっては境内も含め、全面撮影禁止の場合がございます。一部ご紹介いたします。

大宮八幡さま(杉並区)

・大國魂神社さま(調布)

・大鳥神社さま(目黒)

・千葉神社さま(千葉)

・亀戸天神さま(2022年より撮影不可)

このような場合、私どもでは撮影をお引き受けできませんので、神社さま専属の写真館をご利用するしかありません。

出張撮影を希望する場合は、別の社寺さまに変更する、会食会場や公園、庭園などでの撮影にする(許可取りが必要な場合がございます)などで対応ができますので、ご相談くださいませ。

 
撮影申請やシャッター料が必要な社寺さまがあります

事前申請やシャッター料が必要な神社さま、30分以内の撮影など、撮影に制限のある神社さまもあります。一部ご紹介いたします。

・鬼子母神さま(雑司ヶ谷)カメラマンによる事前申請が必要

・乃木神社さま(乃木坂)カメラマンによる事前申請が必要

・品川神社さま(品川)当日カメラマンによる申請が必要

・愛宕神社さま(虎ノ門)15分の時間制限あり

・葛飾八幡宮(本八幡)シャッター料、時間制限あり

 

時期によって受付方法が違う場合があります

9月、10月に七五三をされる方は、秋祭りや境内でのイベントなどが開催されていることがあります。また、大安は、七五三だけではなく、結婚式などが入っている場合もありますので、ご希望の日程でご祈祷をしていただけるか、社寺さまのスケジュールも確認しましょう。

 

場所が決まったら確認することは?

①ご祈祷の予約が必要かどうか

要予約の場合

事前予約の社寺さまの場合、人数が決まっているため比較的混雑しにくい、待ち時間が少なくて済む、というメリットがあります。

当日はお子さんのご機嫌や慣れないお着物での移動、トイレなど、普段の倍くらい時間がかかる場合がありますので、ご祈祷時間に遅れないよう余裕をもったタイムスケジュールをおすすめいたします。

撮影のスタート時間から、30分後くらいにご祈祷予約を取っていただけるとスムーズです。

 

【午前の場合の例】

10:00 お待ち合わせ、30分程度撮影

10:30ごろ~ご祈祷

(神社さまによって15分~30分程度とさまざまです。)

11:00ごろ~境内での撮影、11:30ごろ終了

 

【午後の場合の例】

13:30 お待ち合わせ、30分程度撮影

14:00ごろ~ご祈祷

14:30ごろ~境内での撮影、15:00ごろ終了


タイムスケジュールの例でいうとこんな感じです。

 

予約不要(当日申し込み)の場合

時間が決まっていないので、お子さんの様子にあわせて動きが自由になるメリットがあります。

当日予約の日枝神社さま、明治神宮さまなど、人気の神社さまでは、11月前半の土日・大安は境内も大変混雑し、ご祈祷の待ち時間も長くなることもあります。

どのタイミングでご祈祷に入るか、カメラマンと事前の打ち合わせで相談ください。

 

②ご祈祷中の撮影について

ご祈祷撮影可の場合

社寺さまの指示に従って、儀式をじゃましないよう、撮影させていただきます。

(結婚式の経験も豊富なカメラマンですのでご安心くださいね!)

撮影可能な神社さまを一部ご紹介しますが、コロナで制限がかかっていたり、混雑によって撮影できない場合もございます。

・多摩川浅間神社さま(多摩川・田園調布)

・自由が丘熊野神社さま(自由が丘)

・代々木八幡宮さま(代々木八幡)

・碑文谷八幡宮さま(碑文谷)

・戸越八幡さま(戸越)

・三田春日神社さま(港区)

・杵築大社さま(武蔵境)

・等々力不動尊さま(等々力)

・九品仏浄真時さま(九品仏)

・祐天寺さま(祐天寺)

・豪徳寺さま(豪徳寺)

瀬田玉川神社さま(二子玉川)、浅草神社さま、池上本門寺さま、白幡八幡大神さま(宮前平)、松陰神社さま、世田谷八幡宮さま(世田谷)などは一部制限があったり、混雑状況によりますが、外から少し撮らせていただくことができる場合があります。

一組ずつ、もしくは2~3組ずつご祈祷の社寺さまでは撮影可能な場合が多いのですが、他の参拝のご家族がいらっしゃるときには、一声かけていただいて許可をいただいたり、撮影可能と言われていても、当日NGになる場合もございます。また、ご近所の小さな神社さまなどですと、OKの場合が多いようです。
情報は変わる場合があ
りますし、特にコロナの影響で変更がでている社寺さまが多いので必ずご自身でご確認くださいね

 

ご祈祷撮影不可の場合

カメラマンは外でお待ちします。

撮影不可の神社さまでも、境内などでたくさん撮れますのでご安心くださいね。

お子さんの年齢が小さい場合は、

撮影⇒ご祈祷⇒撮影、というように、途中にご祈祷をはさんでいただき、気分を変えながらいろいろなシーンの撮影をすることをおすすめしますが、

★ご兄弟姉妹など主役が多い場合

★ご親族の参加が多くいろいろなパターンで集合写真を撮りたい場合

★ご祈祷時間が長い社寺さまの場合

などは、ご祈祷時間を撮影の前後に済ませて、撮影時間を長く取る方がベストです。カメラマンもアドバイスさせていただきますのでご相談ください。

日枝神社さま(赤坂)、明治神宮さま、根津神社さま(根津)、琴平神社さま(あざみ野)、伊勢山皇大神宮さま(桜木町)、鬼子母神さま(池袋)、王子神社さま(王子)、増上寺(芝)などなど・・・

大きい神社さま、お寺さまで、一斉にご祈祷される場合は基本的にはご祈祷の撮影NGです。

 

ご自宅に出張撮影!授乳フォト・バースデー・家族の記念日に!ベビー&キッズ&ファミリーの撮影はbaron PHOTO WORK

 

③玉串料について

初穂料(玉串料)の目安も聞いておくと安心です。(神社さまによってまちまちです。)

お財布からではなく、のし袋でご準備されておいた方が、当日スムーズですし、スマートです!

④ご祈祷の所要時間

だいたい15分~20分ですが、中にはたっぷり30~40分かかるところも。

一斉ご祈祷の神社さまですと、人数が多いと時間が長くなったりする場合も。

こちらもだいたいの時間の目安を聞いておくといいですね!

⑤千歳飴について

ご祈祷をするといただける神社さまと、ご用意のない神社さまもあります。

ネットでは一年中売っていますし、秋にはスーパーなどでも手に入ります。

千歳飴を持ったお写真を・・と希望される方はあらかじめ聞いておくか、事前にご準備くださいね!

 

ご会食について

おじいちゃんおばあちゃん、ご親戚と一緒に、ご会食を楽しまれる場合は、お子さんと気兼ねなく楽しむために、個室のあるレストランやホテルのレストランなどをご予約される方が多いようです。バロンフォトワークでは午前、午後と一日2件限定で撮影にうかがっておりますので、午前の撮影は12時まで、基本的にはお昼を挟んだ撮影はお受けしていません。(お昼は移動時間にあたります)会食の乾杯の撮影などをご希望の方は、延長して撮影時間を確保する、11:30頃からのお食事予約にされるなど、タイムスケジュールをご相談ください。

七五三を楽しむための8つのおはなし~①撮影スタイルを選ぶ~スタジオ?出張撮影?

今年七五三!というみなさま、おめでとうございます!
コロナも3年目となる今年の秋、もうそろそろ、みんなで集まってもいいのかな??それともまだ様子を見た方がいいのかな・・・??などなど、迷われていらっしゃるご家族も多いかと思います。

季節をずらして春に七五三をされる方や、ご家族のみでお祝いされて、お写真やアルバムを祖父母さまへプレゼントされる方など、形にこだわらず、ご家族のスタイルでお祝いされるケースも増えています。

今年も七五三相談会の開催はありませんが、電話やLINEでのご相談など、いつでもお受けしています、ご心配なことがございましたらお気軽にご相談くださいね。
※撮影シーズンに入り、お電話に出られないタイミングがございます。メッセージを残していただければ折り返しご連絡いたします。

 

七五三を楽しむための8つのおはなし

① 撮影スタイルを選ぶ

 

はじめての七五三の場合は、何から準備していいか迷いますよね。

「七五三撮影」と言えば、子供写真館がパッと思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

私たちバロンフォトワークは出張撮影で、ご自宅やお祝いされる社寺さま、会食の会場などへうかがって、撮影させていただいています。

どちらもいい点がありますので、ご自身の好みや価値観によって、自分にぴったりの撮影スタイルをお選びいただければと思います。

 

スタジオ撮影のベネフィット

・天候にかかわらずいつでも均一な写真が撮れる。(サンプル通りの仕上がりになる)

・スタイリング(髪や服装)を専門の方がチェックしてくれる。

・椅子や小物等を使った撮影ができる。

・子ども写真館であれば、着物のレンタル、着付けなどがワンストップで済む。

★こんな人に向いています⇒

・表情よりも、お着物姿(衣装を着けた写真)をきちんと残すことを優先したい方。

・自分であれこれ手配するのは面倒。一か所で楽に済ませたい方。

・写真はフォーマルなものが1枚あればよい方。

 

出張撮影(スナップ)のベネフィット

・自然な表情や情景を切り取ることに優れている。

・撮影枚数やバリエーションが多く、その時の様子を振り返れる写真が撮れる。

・お人見知りさんやテンションが上がりやすいなどの心配事がある場合も、相談しながらお子さんのペースに寄り添って撮影をすすめられる。

・実際にご祈祷する神社やご自宅で撮影できる。

・ご家族一組一組にあわせて、世界でただひとつの写真が撮れる。

 

★こんな人に向いています⇒

・いろいろな表情をたくさん残したい方。

・ナチュラルな写真が好きな方。

・小物やロケーションなど、自分好みにアレンジしたい方。

・主役のお子さんだけでなく、ご兄弟姉妹、家族いっしょの写真も撮りたい方。

・撮影自体もお祝いの思い出として楽しみたい方。

・撮影データを使って、加工やプリントなどを自分で楽しみたい方。

・ご家族らしい、個性のある写真が撮りたい方。

 

バロンフォトワークでは・・・
同じ「出張撮影」とうたっていても、スタイルはさまざまです。
バロンフォトワークでは、「30年後も見たくなる家族写真」をコンセプトに、いつ見ても新鮮で、思い出がよみがえるようなお写真をお届けすることを目指しています。出張スナップ撮影では、その時の天候や状況により、表現や仕上がりも変わります。同じロケーションであっても、お天気、お子さんの個性など、様々な条件により、撮影できるお写真は毎回違います。

私たちはその点をデメリットと考えず、

「ご家族だけの、世界でひとつの仕上がりになる」
ということを出張撮影の醍醐味ととらえ、状況に応じベストな表現で撮影していきます。
いろいろ検討してみて、バロンフォトワークの撮影スタイルを気に入っていただけたらぜひ撮らせていただけると嬉しいです!

スナップの集合写真は・・・

スナップ写真であっても、少しあらたまった集合写真も撮影いたしますが、常に動いている状態での撮影になりますので、お着物を整えて、全員が正面を向いたかっちりした写真、というより、もっとカジュアルな仕上がりとなります。特に、ご年配のご親族さまなども一緒にお祝いする場合、
「もうたくさん撮ったからいいんじゃない?」
「写真館で撮らないなんて・・・」
となってしまう場合もございます。
また、お着物のチェックや、ヘアスタイルのチェックなども、ご自身でお願いしています。

風が吹いたり、お着物でお子さんを抱っこしたり、と写真館とはまったく違う状況での撮影となります。

ご家族みなさまでご相談いただき、価値観にあった撮影を選んで、当日を楽しんでいただけると嬉しいです。
スナップ撮影の集合写真、参考にご覧くださいね!

 

主役を囲んだ集合写真、七五三撮影の定番です。

混雑していると人をさけながら…ということも。

できるだけ空いている時に、ゆったりお祝いと撮影を楽しみたい!

という場合は、平日やシーズンをずらすことをおすすめします!

(@桜神宮さま)

 


 
同じ神社さまでも、天候、時間、混雑具合などにより、
さまざまな場所で撮影いたします。
(@多摩川浅間神社さま)




こちらも同じ神社さまですが、
天候、時間、混雑具合、人数などにより、
ベストな場所は違ってきます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>