柔らかい手~個人的将棋ブログ

新しい将棋サイトをOPEN!


『 慶春onLINE 』

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

【訂正版】第32期竜王戦7番勝負/第2局「広瀬竜王反発。。豊島名人が封じ手」

第32期竜王戦中継サイト
中継ブログ

 

【 一日目終了図・66手目▲9五歩 】

 

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 角、桂、歩

△豊島名人: 桂、歩2

 

本日、京都にて行なわれました

第32期竜王戦7番勝負/第2局・一日目は

上図65手目の局面で、豊島名人が次の手を封じて

明日の二日目へと指し掛けになりました。。

 

54手目までの流れ

 

私が確認した時には54手目の局面で止まったまま

一日目終了時刻(午後6時)を回っていましたが、しかし

見えない時間の落差があったみたいで、その後も進行し

桂交換成立後、広瀬竜王が後手の角を標的に反撃開始。。

 

9筋の端歩が突き合わされたところで

豊島名人の「封じ手」となりました(^^;;

大変失礼致しました<(_ _)> 

 

竜王戦/第2局の棋譜中継はこちら

 

 

 幻の封じ手予想。。

 

果たして流れを掴むのは。。

 

 

第32期竜王戦7番勝負/第2局・一日目「豊島名人、強く攻勢へ。。広瀬竜王が封じ手」

第32期竜王戦中継サイト
中継ブログ

 

初防衛を目指す広瀬章人竜王に

豊島将之名人が挑戦する、第32期竜王戦7番勝負。

 

開幕戦を豊島名人が制して迎えた注目の第2局が

本日より、京都府京都市「仁和寺」にてその幕を開きました。。

 

 

 

竜王戦/第2局・柔らかいプレビュー

 

第2局の先手は広瀬竜王。

連敗スタートは絶対に避けたい本局の

初手は飛車先を突く▲2六歩から。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△豊島名人: なし

 

対します、豊島名人も

2手目に同じく飛車先を突く△8四歩と返して

まずは互いに居飛車を明示し、対局はスタート。。

 

 

 

4手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△豊島名人: なし

 

次に両者は息を合わせて飛車先を決め

戦型は「相掛かり」となりました。。

 

 

 

9手目▲5八玉。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△豊島名人: なし

 

互いに角頭を金で受け、飛車の横腹に銀を立てる

おなじみの同形模様の進行から、広瀬竜王が玉を立て

「中住まい」に構えると、ここまでノータイムで指し進んだ

豊島名人は手を止め、3分の少考で気息を整えてから。。

 

 

 

10手目△5ニ玉。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△豊島名人: なし

 

ここも先手に追随し

同じく玉を立て、「相中住まい」としました。。

 

この手をみて

広瀬竜王が角道を開いた、次の瞬間。。

(11手目▲7六歩)

 

 

 

12手目△8六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△豊島名人: なし

 

豊島名人はここで手を変え

自らの飛車先8筋の歩を突き合わせました。。

 

 

 

15手目▲2四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩

△豊島名人: 歩

 

以下、▲同歩~△同飛の進行で歩交換が成立すると

広瀬竜王は突進してきた後手の飛車先を受ける前に

続けて自らの飛車先2筋の歩を突き合わせます。。

 

 

 

20手目△3四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩2

△豊島名人: 歩

 

同じ手順で2筋でも歩交換が成立すると

豊島名人はすぐに2筋のキズを消し(18手目△2三歩)

広瀬竜王が飛車を2六の地点に浮かせて構えたのをみて

すぐに自らの角道を開きました。。

 

この手に対し、広瀬竜王は。。

 

 

 

21手目▲8七歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩

△豊島名人: 歩

 

同じく角頭に歩を打ち込み

キズを消しつつ後手の飛車に移動を勧告しました。。

この手をみて、豊島名人は飛車を8四の地点に引き戻し

盤上には再び同形模様が描き出されました。。

 

 

 

38手目△1四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩

△豊島名人: 歩

 

その後も早いテンポで同形もの進行は続き

両者は息を合わせて両サイドの端歩も突き合います。

上図から次に、さらに5筋の歩を突き合ったところで。。

 

 

 

41手目▲2ニ角成。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 角、歩

△豊島名人: 歩

 

広瀬竜王は角交換を敢行。。

この局面で角を捌き、手持ちとしました。。

 

豊嶋名人は△同銀(42手目)で角を払って

以下、▲6八銀~△2四歩~▲8八角~△4ニ角に

下図47手目▲4五歩と進行。。

 

 

 

47手目▲4五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 歩

△豊島名人: 歩

 

角交換成立後

互いに手持ちの角をすぐに自陣に投入。。

広瀬竜王が4筋の位を取った、上図の局面で

午前の対局は終了となり、お昼休憩に突入。。

 

【 お昼のメニュー 】

 

広瀬竜王: ゆば丼

豊島名人: 風神弁当

 

 

 

49手目▲3三同角成。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 角、歩

△豊島名人: 歩

 

午後の対局開始の一手で

豊島名人が角を3筋からのぞかせ(48手目△3三角)

先手に角交換を迫ると、広瀬竜王はこの注文を受けて立ち

二度目の角交換が成立しました。。

 

 

 

52手目△8四角。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 角、歩

△豊島名人: 歩

 

すると、豊島名人は手にした角を

すかさず飛車先に投入し、活用を目指します。。

次に、広瀬竜王が銀を上げ(53手目▲5七銀)

狙われた6筋の歩にヒモをつけると。。

 

 

 

54手目△6五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: 角、歩

△豊島名人: 歩

 

豊島名人は駒音高く、ノータイムで

6筋の歩を突き合わせ、先手陣をこじ開けに行きます。。

 

この局面で、終了時間(午後6時)を迎え

広瀬竜王が次の手を封じて、一日目は終了。。

二日目へと指し掛けになりました。。

 

竜王戦/第2局の棋譜中継はこちら

 

後手番ながらも積極的に仕掛けた豊島名人に対して

正確無比な距離感と大局観を武器とする広瀬竜王は

果たしてどのような対応みせるのか。。

 

明日は決着の二日目。

開始直後から目が離せません。。

 

 

第32期竜王戦7番勝負/第2局・一日目「先手は広瀬竜王、戦型は相掛かり」

第32期竜王戦中継サイト
中継ブログ

 

初防衛を目指す広瀬章人竜王に

豊島将之名人が挑戦する、第32期竜王戦7番勝負。

 

開幕戦を豊島名人が制して迎える注目の第2局が

本日より、京都府京都市「仁和寺」にてその幕を開きます。。

 

 

竜王戦/第2局・柔らかいプレビュー

 

 

第2局の先手は広瀬竜王。

連敗スタートは何が何でも避けたい本局の

初手は飛車先を突く▲2六歩から。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△豊島名人: なし

 

対します、豊島名人も

2手目に同じく飛車先を突く△8四歩と返し

まずは互いに居飛車を明示して対局はスタート。。

 

 

 

8手目△7ニ銀。

 

上図での持ち駒

 

▲広瀬竜王: なし

△豊島名人: なし

 

次に両者は息を合わせて飛車先を決め

戦型は「相掛かり」となりました。。

 

 

竜王戦/第2局の棋譜中継はこちら

 

 

□□□

 

決戦の舞台は京都

 

竜王戦/第2局開幕前夜。。

 

 

□□□

 

急所の一戦は藤井七段が完勝。。

 

 

羽生九段の今期成績一覧

藤井七段の今期成績一覧

  

慶春onLINE

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>