柔らかい手~個人的将棋ブログ

新しい将棋サイトをOPEN!


『 慶春onLINE 』

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

次戦は永遠のライバルと。。第6期叡王戦・九段戦/2回戦「羽生九段-三浦九段を振り返ろう」

第5期叡王戦中継サイト

第6期段位別予選トーナメント表

 

 

今回は日曜日(7日)に行われました

第6期叡王戦・九段戦予選/2回戦の注目カード

「羽生善治九段-三浦弘行九段」の模様を

ご紹介させていただきます。。

 

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲三浦九段: なし

△羽生九段: なし

 

本局の先手は三浦九段。

その初手は飛車先を突く▲2六歩から。。

対します、羽生九段も2手目に同じく飛車先を突く

△8四歩と返し、対局はスタート。。

 

 

 

4手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲三浦九段: なし

△羽生九段: なし

 

次に両者は息を合わせて飛車先を決め

戦型はすっかり現代相居飛車の主流となった

「相掛かり」となりました。。

 

 

 

9手目▲7六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲三浦九段: なし

△羽生九段: なし

 

いつもの様に、互いに角頭を金で受けた後

三浦九段は居玉を解除すると(7手目▲6八玉)

羽生九段が定跡通りに△7二銀と立てたのをみて

角道を開く、趣向の出だしを披露しました。。

 

ここで手番の回った羽生九段は、次に。。

 

 

 

10手目△8六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲三浦九段: なし

△羽生九段: なし

 

飛車先8筋の歩を突き合わせ

あくまで自然に、歩交換を目指します。。

 

 

 

16手目△6二玉。

 

上図での持ち駒

 

▲三浦九段: 歩

△羽生九段: 歩

 

以下、▲同歩~△同飛の進行で歩交換が成立。。

三浦九段が突進してきた後手の飛車先を受けることなく

3筋の歩を突いたのをみて、飛車を8四の地点に引き下げた

羽生九段は上図で居玉を解除し、6筋に構えました。。

 

この手をみて

三浦九段が4筋の歩を突くと(17手目▲4六歩)

局面は落ち着き、両者は自陣の駒組みを進めます。。

 

 

 

30手目△5四銀。

 

上図での持ち駒

 

▲三浦九段: なし

△羽生九段: 歩

 

三浦九段が「腰掛銀」に形を決めてから

6筋の位を取りつつ角道を開くと(29手目▲6五歩)

羽生九段もすぐに呼応し、銀を同じく5筋の戦場へ繰り出し

6筋の歩を標的に「相腰掛銀」が描き出されました。。

 

ジリジリとした間合いの詰め合いから

いよいよ開戦への機運が高まる中、上図から次に

三浦九段は離れ駒の金を囲いに連結(31手目▲5八金)

自陣を引き締めたのをみて。。

 

 

 

32手目△6四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲三浦九段: なし

△羽生九段: 歩

 

羽生九段は争点の6筋の歩を突き合わせ

このタイミングで、先に仕掛けを決断しました。。

 

三浦九段は▲6六角(33手目)と切り返し、以下

△7四飛~▲6四歩~△同飛~▲6七歩~△7一玉~

▲8八銀~△4五歩~▲7五角~△6三飛~▲4五歩に

△4四歩~▲同角をみて、下図47手目▲2四歩と進行。。

 

 

 

47手目▲2四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲三浦九段: 歩

△羽生九段: 歩3

 

玉を手堅く「美濃囲い」の中へおさめてから

羽生九段がガツンと銀交換を打診しましたが

三浦九段は捌きに応じず、まずは角を呼ぶと

自らの飛車先2筋から攻勢に転じました。。

 

が、しかし。。

 

 

 

57手目▲2一飛成。

 

上図での持ち駒

 

▲三浦九段: 桂、歩

△羽生九段: 歩5

 

三浦九段はあっさりと飛車先突破に成功しますが

上図から次に、羽生九段は先手の角を取り込むと。。

(58手目△7五歩)

 

 

 

70手目△7七歩成。

 

上図での持ち駒

 

▲三浦九段: 金、桂、歩

△羽生九段: 角、銀2、歩5

 

攻守にちぐはぐで迫力を欠く先手を横目に

羽生九段は小駒で難なく敵陣を上空から押しつぶし

形勢の針は瞬く間に、後手へと大きく傾きました。。

 

【 投了図・76手目△8八歩 】

 

 

76手目△8八歩。

 

上図での持ち駒

 

▲三浦九段: 金、銀、桂、歩2

△羽生九段: 角、銀、桂、歩4

 

意欲的な序盤の構想が

今期はなかなか結果に結びつかない三浦九段は

本局でも終盤に見せ場を作れず、上図の局面をみて

元気なく、無念の投了を告げました。。

 

一方、見事な快勝を飾った羽生九段は3回戦進出。

次戦で永遠のライバル・森内俊之九段と対戦します。。

こちらも楽しみ!

 

表紙は藤井二冠!

将棋世界の最新号/4月号、絶賛発売中!

 

 

一週間のまとめ(NHK杯が大詰め、羽生九段若手に貫禄、棋王戦/第3局などなど)。。

【 3月 】

 

1日(月)

 

本日より3月。。王将戦7番勝負/第5局開幕

 

NHK杯/準々決勝「斎藤八段、完勝でベスト4進出」

 

 

2日(火)

 

本日は王位戦挑決L・白組/1回戦「羽生九段登場」

若手を一蹴。。王位戦「羽生九段、スカッと白星発進」

 

 

3日(水)

 

女流王位戦「ニューヒロイン・山根女流二段が挑戦権獲得」

王位戦・白組/1回戦「羽生九段-長谷部四段を振り返ろう」

 

 

4日(木)

 

気になる相性。。本日は「郷田九段-佐藤天九段」

シビレる名勝負。。「森内九段-高橋九段を振り返ろう」

 

 

5日(金)

 

上げ潮の風雲児。。本日は棋聖戦/1回戦「永瀬王座、登場」

切れ味凄まじく。。棋聖戦/1回戦「永瀬王座、短手数で圧勝」

 

 

6日(土)

 

快勝で連敗ストップ。。「天敵下し、郷田九段が決勝進出」

切れ味凄まじく。。棋聖戦「森内九段-菅井八段を振り返ろう」

 

 

7日(日)

 

第46期棋王戦5番勝負/第3局

 

本日は棋王戦/第3局「先手は渡辺棋王、戦型は横歩取り」

棋王戦5番勝負/第3局「渡辺棋王、激戦制し9連覇に王手」

 

 

 

表紙は藤井二冠!

将棋世界の最新号/4月号、絶賛発売中!

 

 

 

相手の得意を堂々と。。第70回NHK杯/準決勝「山崎八段-斎藤八段を振り返ろう」

第70回NHK杯将棋トーナメント

決勝トーナメント表

 

 

今回は昨日放送されました

日曜午前のお楽しみ第70回NHK杯の準決勝

注目の「山崎隆之八段-斎藤慎太郎八段」の模様を

振り返らせていただきます。。

 

 

 

2手目△8四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: なし

△斎藤八段: なし

 

本局の先手は山崎八段。

その初手は飛車先を突く▲2六歩から。。

対します、斎藤八段も2手目に同じく飛車先を突く

△8四歩と返して、対局はスタート。。

 

 

 

4手目△8五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: なし

△斎藤八段: なし

 

次に両者は息を合わせて飛車先を決め

斎藤八段が山崎八段の得意を受けた立つ格好で

戦型は「相掛かり」となりました。。

 

 

 

10手目△9四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: なし

△斎藤八段: なし

 

互いに角頭を金で受け、飛車の横腹に銀を立てる

おなじみの同形模様の出だしから、次に山崎八段が

居玉を解除し、6筋に構えたのをみて(9手目▲6八銀)

斎藤八段は追随せず、端歩を突いて手番を渡します。。

 

この手に対し、山崎八段は。。

 

 

 

11手目▲2四歩。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: なし

△斎藤八段: なし

 

ケレン味なく、2筋の歩を突き合わせ

飛車先での歩交換を狙います。。

 

 

 

17手目▲7六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: 歩

△斎藤八段: なし

 

以下、△同歩~▲同飛の進行で歩交換が成立。。

斎藤八段が突進してきた先手の飛車先に歩をあてがい

穏やかに収めたのをみて、山崎八段は飛車を2六の地点へ

浮かせて構えたから、後手に先がけ角道を開くと。。

 

 

 

23手目▲5六銀。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: 歩

△斎藤八段: なし

 

山崎八段は右の銀を5筋の戦場へと繰り出し

足早に「腰掛銀」に形を決めました。。

 

ここで手番の回った斎藤八段は、次に。。

 

 

 

24手目△8六歩。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: 歩

△斎藤八段: なし

 

自らの飛車先8筋の歩を突き合わせました。。

 

 

 

30手目△7五歩。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: 歩

△斎藤八段: 歩

 

同じ手順で8筋でも歩交換が成立し

穏やかに収めた先手に対し、浮き飛車に構えた

斎藤八段はさらに、7筋の歩も突き合わせます。。

 

 

 

44手目△6五銀。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: 歩2

△斎藤八段: 歩2

 

手順を踏んで7筋で歩交換を成立させつつ

飛車をあわせた斎藤八段は、角も1筋の端からのぞかせ

そつなく臨戦態勢を整えると、上図の局面で銀をぶつけて

力強く、仕掛けを開始しました。。

 

山崎八段は▲同銀(45手目)と応じて、以下

△同桂に▲5六銀~△6四歩~▲7七歩~△7五銀~

▲1五歩~△8四飛~▲1四歩~△2二角~▲1三歩成~

△同香~▲同香成~△同角~下図59手目▲7六香と進行。。

 

 

 

59手目▲7六香。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: 歩2

△斎藤八段: 香、歩3

 

銀交換が成立した直後に

双方、ギリギリまで模様を調整する面白い展開から

1筋の端で香車を捌いた山崎八段が、手にした香車を

すかさず活用し、後手の金・銀を串刺しにしました。。

 

しかし、斎藤八段は慌てることなく

飛車先8筋で歩を突き合わせ反発(60手目△8六歩)。。

この手に対し、山崎八段は。。

 

 

 

65手目▲7二香成。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: 金、銀、歩3

△斎藤八段: 金、香、歩3

 

金との交換で飛車の成り込みを許した代わりに

金・銀を射抜いた香車を敵陣へ鋭く成り込み、妥協なく

熱き終盤戦の幕を開きました。。

 

 

 

71手目▲5一銀。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: 歩3

△斎藤八段: 金、香、歩2

 

注目の寄せ合いは、まず

格好良く決戦に誘った山崎八段が敵将に迫りますが。。

 

 

 

88手目△8七金。

 

上図での持ち駒

 

▲山崎八段: 歩3

△斎藤八段: 歩2

 

思いのほか攻めの速度の上がらない先手を横目に

斎藤八段は上図で拠点の8筋へ、ドスンと金を投下し

攻守交替、寄せへと入りました。。

 

「山崎八段-斎藤八段」の棋譜はこちら

 

 

【 投了図・114手目△6九金 】

 

 

投了図での持ち駒

 

▲山崎八段: 銀2、歩2

△斎藤八段: 角、歩5

 

山崎八段も再び寄せを狙いますが、後手玉は遠く

逆に斎藤八段は一刀両断に先手玉を仕留め上げた

上図の局面で、山崎八段は無念の投了を告げました。。

 

関西将棋界の先輩スター棋士から見事な勝利を飾った

斎藤八段が優勝目指し颯爽と、決勝戦進出を決めました。。

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>