スポーの“ここがヘンだよ闘牛士!”

二十二日(火)
午前三時くらいに寝る。

午前十一時くらいに起きる。休日。
昔描いたネームデータを引っ張り出し、修正。買い出し。
昼寝。ネームを刷って封じる。

二十三日(水)
午前二時すぎに寝る。

午前八時半すぎに起きる。投函。仕事。
昼休憩、本屋に駆けこむ。無事、通っていた。ホッとする。まァ、せめてここくらいはな……と思いつつも、よくよく考えたら、ガッツリ“勝負”のシーンで固めた雑文が、第一の関門を破ったのだ。これはとてつもなく悦ばしいことだぞ。先はわからないが、凄い。よくやった!
そして帰り道、やっぱりこれは記念すべきことだと感じ、結局購入する。

二十四日(木)
午前二時半くらいに寝る。

午前八時半すぎに起きる。仕事。

二十五日(金)
興奮冷めやらぬ。しかし、当面はヤキモキする必要も何もない。
午前二時に寝る。

午前八時半すぎに起きる。大雨。仕事。
夏目漱石「満韓ところどころ」を読む。
漱石の紀行。古馴染みで満鉄総裁でもある中村是公の肝煎りで、満州・朝鮮を訪れる。まさしくこの中に「麻雀」の描写が出てくるのである。明治後期、日本で麻雀が紹介された初のコラムとして知られているが、出てくるのはほんの数行……。しかし、ここから大正にかけて第一次麻雀ブームが起こるのだ。

 

満韓ところどころ Kindle版

六日(日)
午前三時すぎに寝る。

午前十一時前に起きる。休日。
勉強会へ。GoTo雑文は、直すべきところを直し、ゴールは見えてきた。
あとはKS賞の〆切が近いことを告げると、死女を再出勤させていいのでは、という。しかし、直しは伴う。

七日(月)
直し。午前二時半に寝る。

午前八時半すぎに起きる。仕事。

八日(火)
直し。おおよそ、課題はクリアしているか。午前二時すぎに寝る。

午前八時半すぎに起きる。仕事。
ルビを振る文字を控えておく。
I川より連絡。ゲイリー・ピーコック師匠がお亡くなりになり、ソニー・ロリンズ師匠はいまだ健在とのこと。

九日(水)
頭痛につき、午前一時ごろに寝る。

午前八時半すぎに起きる。雨。仕事。
売る本を箱詰め。本棚を一気に整理。
それにともなって、GoTo雑文に関連した本を読み返し、雑文を直すポイントを控える。

十日(木)
午前二時半すぎに床につくが、四時くらいにまた尻の痛みで目醒め、それからはなかなか寝つけず。
午前八時半すぎに起きる。雨。仕事。
帰りに立ち読みしに行くと、またもやH君が残っていた。中身は知らんが、タイトルはいい。今度こそ、行くだろうか。行ったとしたら、やっぱり嫉妬するのかなァ。

十一日(金)
午前二時半くらいに寝る。

午前八時半すぎに起きる。仕事。
K田サンとワデン。おもにH君のことだが、彼はいずれ行くだろう。要は、気に入られたモン勝ちということである。

十二日(土)
GoTo雑文の直し。半分。残り半分は明日へ。午前四時すぎに寝る。

午後三時半に起きる。休日。
ぜんざいを喰って、引っ越し代金などの入金、買い出し。
夜、散髪。

十三日(日)
最後まで見直す。もうこれでいいだろう。体裁を整えて、送信完了。
午前二時くらいに寝る。

午前八時半すぎに起きる。休日。
引っ越しの本決まりの手続きと、寸法などを測りに最終的な部屋の内覧へ。そこで……嫌なヤツを見かけてしまう。一気にモチベーションが下がる。
買い出しのあと、一日中、荷造り。

十四日(月)
死女テイクワンをザッと読み返した。うーん、どうもあっさりだな。
午前二時半すぎに寝る。

午前八時半すぎに起きる。だいぶ涼しい。仕事。
夏目漱石「正岡子規」を読む。
やっぱり変な人だったようだ。漱石とツルむのもわかる気がする。
死女雑文のショートバージョンにも軽く目を通すが、ただただ慌ただしい。やはりセンセのいうように、死女セカンドテイクが最良か。

十五日(火)
センセの話は鵜呑みにはしない。どう直すか……。
午前一時半すぎに寝る。

午前八時半すぎに起きる。寝覚めはよく、涼しい。仕事。

十六日(水)
荷造り。午前二時前に寝る。

午前八時半すぎに起きる。仕事。

十七日(木)
荷造り。午前二時くらいに寝る。

午前八時半に起きる。仕事。

十八日(金)
荷造り。午前二時すぎに寝る。

午前八時半すぎに起きる。雨。仕事。

十九日(土)
荷造り。午前二時すぎに寝る。

午前七時半に起きる。休日。
午前八時から業者がやってきて引っ越し開始。愚弟もフォローにやってくる。
運搬が終わったのが正午。それからラーメンを喰いに行き、帰ってひたすら荷ほどき。さっそく嫌なヤツもあらわれたし、疲れ果てた。
S教授から連絡が入り、明日から研究会が再開されるらしいが、いやァとてもとても……参加する気力はない。

二十日(日)
午前一時くらいに寝る。

午前十一時くらいに起きる。休日。
J-comの作業員がやってくる。回線はつながった。よかった、助かった……。
買い出し、荷ほどき、G対策用品の設置。ほぼ、やるべきことは終わった。立ち仕事がすぎて、とにかく足の裏が痛い。

二十一日(月)
午前二時くらいに寝る。

午前十時に起きる。休日。
旧居の掃除、買い出し。四連休も明日で終わりか……あっという間だ。
せわしなかったはずだが、何もしていないような気がするこの二週間。そろそろ腰を上げなければ、何もかも嘘だぞ。

 

正岡子規 Kindle版

三十日(日)
午前四時前に寝る。

午前十一時半に起きる。休日。
買い出し、昼寝、クリーニング引き取り。

三十一日(月)
あまりにも何もしていない土日……。
午前一時半くらいに寝る。

午前九時前に起きる。仕事。
センセから返送。やらねば。結局、M井サンは今週末は来られないのだと。そんなんばっかりだな。

一日(火)
直し。これはこれは……過酷な長旅がはじまった。しっかし、強烈なモノができあがりそうな予感。キャラの崩壊にだけは注意したい。
午前二時前に寝る。

午前八時半すぎに起きる。仕事。
センセからワデン。ラストを再考。もう一波乱つくらねばならぬが、あまりにも大変だな。さらに中盤の勝負のシーンが怠いと……。うーん、どうも僕自身、テンションが下がり気味である。

二日(水)
まァ今回のGoTo雑文、これはこれだな、と思い直す。
午前二時すぎに寝る。

午前九時前に起きる。仕事。

三日(木)
GoTo雑文の直し。なんとも苦しい。中盤は特に。
とにかく明日の日中は、古都の描写。あとはラストも書ければいいが……。さすがに時間がなさすぎるねぇ。もはやテンションを下げてる時間もない。
午前二時半くらいに寝る。

午前八時半すぎに起きる。仕事。
描写とラストは日中書いた。

四日(金)
夜は直し。描写は結局すべて捨てて書き直したが。とりあえず半分以上は直したはず。あとは週末、畳みかけよう。間に合いそうだ。
午前三時に寝る。

午前八時半すぎに起きる。雨。仕事。

五日(土)
雑文直し、最後まで終わらせる。百十六枚。なんとも中途半端な枚数だが。
午前三時すぎに寝る。

午前八時半すぎに起きる。休日。
午前九時すぎに、前回も利用した引越し業者M社の営業がやってきて見積もり。まァ世知辛いけど、こんなもんか。
そのあと布団やカーテンを見に行ったり、買い出しへ。帰ってきて午睡。
夕方起きて、身体も怠かったので、また軽く外にでも出ようかと考えていたら、とんでもない雷雨。思わず湯船に水を溜めた。断水だけは勘弁だからな。
GoTo雑文を軽く見直し、修正。刷って準備する。
つげ義春『つげ義春日記』を読む。
とんでもなく退屈だが、日記と割り切ってここまでドライに書けるというのも才かもしれぬ。

 

 

二十四日(月)
午前二時前に寝る。

午前九時前に起きる。仕事。

二十五日(火)
午前二時前に寝る。

午前九時前に起きる。仕事。
夜、センセからワデン。GoTo雑文は大方、あれでいいらしいが、ディテールが希薄だったために指摘を受ける。心のどこかで高評価を期待していた自分……。勉強会が一週前倒しになる予定。しかし、K田サンになんていおうか。

二十六日(水)
午前二時前に寝る。

午前八時半すぎに起きる。仕事。
K田サンは次回は欠席とのこと。

二十七日(木)
午前二時前に寝る。

午前八時半すぎに起きる。仕事。

二十八日(金)
午前二時すぎに寝る。

午前九時前に起きる。仕事。
夏目漱石「ケーベル先生」を読む。
西洋の故郷を慕うようすもなく、赴任地の日本にこだわる気色もない先生は、ただただ俗事を厭い、しかし人への厚情は絶やさずに、今日も日本にいる。

二十九日(土)
午前四時すぎに寝る。

午後十二時半すぎに起きる。休日。
ほとんど昨日で決まりだった部屋を念のために内覧、そのあと手続きへ。審査結果待ち。買い出し。

 

ケーベル先生 Kindle版

十五日(土)
GoTo雑文を少しやる。とにかく軽いので、ほとんどストレスがないし、ほどよく無駄にいける。
午前五時前に寝る。

午前十一時半くらいに起きる。休日。
買い出し、掃除、ラジオ体操、アイロンがけ、猫の食器洗い、風呂掃除。
センセからワデン。次の研究会のことについて、だった。しばらく中止であることを伝え忘れていた。まァそれはそれとして、GoTo雑文をどうするか、ディスカッションがはじまる。例のごとくセンセの携帯の充電が切れて、通話終了。

十六日(日)
センセの指摘も踏まえて、はじめから直しつつ、GoTo雑文を書く。滑り出しは好調……か?
午前四時半くらいに寝る。

午前十一時くらいに起きる。休日。
愚妹親子と愚弟が帰ってくる。
買い出し。GoTo雑文を書き進める。これは枚数というか文字数の心配はしなくてよさそうだ。のびのびやろう。

十七日(月)
午前一時半に寝る。

午前九時前に起きる。仕事。

十八日(火)
雑文はコツコツ進める。
午前二時すぎに寝る。

午前九時前に起きる。仕事。

十九日(水)
雑文はやっと前半戦を終えた。後半戦へ。
午前二時すぎに寝る。

午前八時半に起きる。仕事。

二十日(木)
雑文は遅々。
午前二時すぎに寝る。

午前九時前に起きる。仕事。

二十一日(金)
雑文。残るは四千字。いけそうないけなさそうな。
午前二時すぎに寝る。

午前九時前に起きる。仕事。

二十二日(土)
書き終えた。文字数はかろうじてクリアしていたが、枚数にしてみると九十枚。こんなに長かったのか……。しっかし、どうなんかな、コレ。
あとは後追いでスジをつくりはじめる。
午前三時半くらいに寝る。

午前十時半くらいに起きる。休日。
やっぱり調子のいいときとわるいときがあるので、肛門科へ。しかし、問題ないという……。座薬や漢方は一応もらったが、アテにならんな。痔核と付き合っていくしかないか。
そのあと、買い出し。
それにしても……Aは、またもや全然ダメだった。よほど向いてないらしい。思えば、目をかけてくれるところなんて限られている。こちらの意志とは関係なく、どこであっても素寒貧の僕からしたら至極貴重なことで、ありがたいはず。縁というものを重要視し、本命として大事にすべきなんだなと思った。
夏目漱石「ケーベル先生の告別」を読む。
敬愛すべきケーベル先生は虚儀虚礼を嫌う。世の中のあらゆる俗事にひややかな目を向けるが、人としての温情は誰よりも厚いのだ。

二十三日(日)
GoTo雑文のスジは完成、あとは直しに励む。依然、勢いはある。今日中に刷るつもりだったが、全然間に合わなかった。まァ、べつに明日でもいいんだけども。
午前四時前に寝る。

午前十一時すぎに起きる。休日。
GoTo雑文の直し。すべて終えて、九十五枚。封じる。センセ宛てに投函して、買い出し。
すでに発射準備していた慰霊雑文をY宛てに送る。YもAと同じく、僕は箸にも棒にもかからないところなんだがな。

 

ケーベル先生の告別 Kindle版