ステンドグラス製作工房*グラスノート日記
  • 10Feb
    • ねこひた放送からのお客様

      こんばんはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。昨年12月に、テレビ神奈川の「猫のひたいほどワイド」(通称ねこひた)に出演したことは以前書きましたが…↓初テレビ出演!(^^)!なんとなんと!このとき体験レポートをしてくださった若手俳優、林勇輝さんのファンの女子3人組が、体験レッスンを受けに来てくださいました~テレビで林さんが作っているのを見て、モノ作りが好きだしやってみたいと思われたそうです!作るものはもちろん、林さんの作ったのと同じ「星のオーナメントのクリアミックス」こんなかわいい女子たちがファンなんて…林さん、なんて幸せなんだ~~って思いましたよ!そして、林さんはイケメンなのはもちろんですが、ホントに気さくでいい人だったので、ファンになる方は見る目あるなって思いました←ナゾの上から目線さてさて、製作スタート3人とも初めてなのに、コパーテープをさくさくと巻いていきます。さすが、テレビを見てくださっただけある!ねこひた撮影中の話や林さんの舞台の話など、ちょこちょこ話しつつも、作業中はみな真剣です実をいうと、私はロケに来られるまでねこひたを見たことがなく(申し訳ない)、当日イケメンレポーターが来るらしいとはわかってましたが、テレビ神奈川にお勤めの方なのかと勝手に思っていました作業中に林さんと話をしていて、ダンスのレッスンの話や所属事務所の話を聞き、タレントさんなんだと気付いたという…(そりゃそうだよね、マネージャーさんも一緒に来ているんだし)。後日ググってみて、単独でファンイベントをやったり、ワンピースの舞台にサンジ役で出演していたりと、ご活躍なことを知ってびっくりしたのです。「舞台に上がると、オーラが全然違うんですよ~」と聞き、ちょっと行ってみたくなっちゃったわアラフィフでも大丈夫かしらテープ巻き終了後はハンダづけ↓私の学生時代はハンダを触ることなどありませんでしたが、今どきはハンダづけを授業でやったりするみたいですね。いいなぁ。3人とも無事完成してパチリみなさん綺麗に仕上がりました私の作ったパネルの前でも交替で写真撮影最後に、お茶を飲みながらご感想を伺いました↓〇これまで、ステンドグラスが手軽に体験できるとは思っていませんでした。林くんのおかげで知ることができてよかったです!〇完成してうれしいし、自分の作ったものなので愛着がわきます。家に帰って飾るのが楽しみです。〇ハンダづけが難しかったけど、作業は楽しかったです。どうもありがとうございました。こちらこそ、うれしい感想をありがとうございました!写真立てもいいですねー、って話から、「みんなで作って林くんの写真を入れたらいいね〜」なんて話になるくらい…話の全てを林さんに寄せてくるのがおもしろくて、ファンになるっていいねと思いましたまたいつか、林さんの写真持参で、林さんが映える写真立てを作りに来てくださったらうれしいですSTUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 03Feb
    • レッスンQ&A

      こんばんはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。うれしいことに、体験レッスンがここのところコンスタントに続いております。下の写真は、先週の体験レッスンで作られた「星のオーナメント(ヨコ型)」です。星のオーナメントは「タテ型」の方が人気なのですが、私の密かな押しの「ヨコ型」を選んで作っていただけてうれしいハンドメイドのお仕事をされている方なので、緻密に作られてさすがだなあと思いました。実は、体験レッスンだけではなく、レギュラーレッスンに来られる生徒さんも年明けから増えてきています。なんと、この1カ月で2倍の人数になりましたなぜなのか理由はわかりませんが…テレビ効果ではなさそう(テレビを見て来たわけではないみたいです)。始めて一年の新しい教室で、人数が2倍になっても全然多いわけではないのですが、小さくも活気のある教室になってきているのではないかと思いますそして、素敵な方ばかりが集まってくる不思議…勝手に「引き寄せ」と言ってます今回は、レッスンをご検討中の方に参考になるかもと思い、最近体験レッスンを受けられた方からされた質問&その答えを書いてみたいと思います★レギュラーレッスンは何人かで来られる方が多いですか?出来上がっている輪の中に入れるか不安です。 今来られている方は、全員おひとりでお申し込みされて来られてます。まだ始めてから1年の教室で人数に余裕があるため、今なら個別指導、もしくはそれに近い状態でみっちり指導できます~ ★体験レッスンは何人かで来られる方が多いですか?おひとりで来られる方から2~3人で来られる方まで様々です。最大6名まで、同時に体験レッスンが可能です。★レギュラーレッスンに来られる方は、お近くの方が多いですか?お近くの方もいらっしゃいますが、かなり遠くから通われている方もいらっしゃいます。そのような方のために、来られた日にまとめて受講できるようなシステムもあります。★レギュラーレッスンはどのように進めていくのですか?決まったカリキュラムは作らず、その方の方向性に合わせて指導しています。初心者の場合、最初のうちは作りたいものも定まらないことが多いので、技術面でまずは平面、次に簡単な立体、そこから複雑な立体へと上達の道すじを大まかに考えながら、その枠の中で作りたいものを一緒に考えていきます。作っているうちに、「次はこういうものが作りたいな」と意欲が生まれ、方向性が決まってくることが多いです。★レッスンに来られる方の年齢層はどのくらいですか?来られた方に年齢をお聞きしているわけではないですが…体験レッスン、レギュラーレッスンとも30代~60代、メインは40代~50代だと思います(多分)。★男性の生徒さんはいらっしゃいますか?今レギュラーレッスンに来られているのは全員女性です。体験レッスンには男性が来られたこともあります。男性も歓迎ですが、マンツーマンになるときは土日のレッスンに限定させていただきますことをご了承ください。★レギュラーレッスンには月3回の普通コースと10回分前払いのチケットコースがありますが、どちらを選ばれる方が多いですか?今のところ、大体半々です。★レギュラーレッスンの普通コース(月3回)は同じ曜日に行かなくてもいいのですか?同じ曜日でなくて構いません。レギュラーレッスンは、1週間でいうと月・水・金・土の午前・午後、全8コマで開講しています。普通コースの方は、月に3コマお好きなコマを選んでいただいています。曜日も時間帯も、すべてバラバラでも構いません。1日に午前午後と2コマ続けていただいてもOKです。★レギュラーレッスンの「普通コース」と「チケットコース」の違いは?1コマ当たりの価格は、普通コースもチケットコースも同じです(1コマ2500円)。普通コースのメリットは、もっと進めたいと思ったときに「エクストラプラン」が使えることです。エクストラプランとは、教室の空き席を1コマ1000円で使っていただけるプランです。例えば、「ガラスカットを早く終わらせたいけれど、家ではガラスが飛び散ってカットできないし…」とか「ルーターを早くかけ終わりたいけれど、機械を持っていないし…」というようなときに、空き席を使って作業を進めていただけたらという思いがあって作ったプランです。つまり、どんどん作業を進めたい人向きエクストラプランを使わなかったとしても、チケットコースの方よりコンスタントに来られるので、作品の仕上がりや技術の定着は早いと思います。対するチケットコースの方は、「レッスン回数が月3コマより少ない方」や、「月によって回数にムラがある方」に向いています。どちらがお得というわけでもないので、「どのように続けたいか」で選んでいただけたらと思います。途中から、コースの変更も可能です★レギュラーレッスンで、レッスン料金以外にかかるお金は?レッスン料金以外にかかるのは、主に材料費です。ガラス、ハンダ、コパーテープ、ランプを作るならランプベースや金具類、ケイムを組む技法では鉛桟やパテなどが材料となります。ガラスに関しては、単価×面積で価格を算出して販売しています。生徒さんがなるべく無駄にガラスを買わなくて済むよう、大きなガラスから小さなガラスまでできるだけ必要な分量を販売できるように工夫をしています。ガラスの単価はピンキリで、もちろん高いガラスを使えばガラス代は跳ね上がりますが、安くても魅力的なガラスは多いので、工夫次第で非常に安くつくることもできます。ガラス代を心配される方が多いのですが、ガラス代が高いとおっしゃる生徒さんは今までいらっしゃいません(むしろ、思ったより安いと言われます)。STUDIO GLASSNOTEのレッスンでは、道具や薬品は工房にあるものを使っていただけますので、ご購入いただかなくて大丈夫です(もちろん、ご購入いただいても大丈夫ですよ)。こんなところかなあ…メモっておけばよかったなまた質問されることがあったら、第2弾で書いていこうと思いますご質問がある方は、お気軽にコメントでもメッセージでも書き込んでください。STUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 23Jan
    • 経験者さんの鉛フリーハンダ体験レッスン!(^^)!

      こんにちはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。先週、ステンドグラス経験者さんの体験レッスンをやりましたのでご紹介します。ありがたいことに、今まで工房にやって来られた方の中で一番遠くからやって来られました今回、アクセサリー作りにご興味があるとのことで、鉛フリーハンダを使ってミニ写真立てを作っていただきました。STUDIO GLASSNOTEの体験レッスンは、基本の形はもちろんありますが、ご希望があればアレンジも可能です(追加料金がかかることもあります)。レッスンでは通常は普通のハンダを使っていますが、鉛フリーハンダで作ってみたい方は追加料金なしで変更可能です(鉛フリーハンダは普通のハンダより扱いが難しいので、ご希望の方以外はお勧めはいたしません。。。)鉛フリーハンダについて、詳しいことはずいぶん前にブログに書いたことがあります↓キャンディボックスと鉛の問題以前、鉛フリーハンダで体験レッスンした記事も貼っておきます↓鉛フリーハンダを使った体験レッスン鉛フリーハンダは、文字通り「鉛を含まないハンダ」です。鉛は自然界にある金属ですが、体に多く取り込まれるとよくないことは、みなさんご存知だと思います。インテリアとしてのステンドグラスは、飾っているからと言って鉛が体に取り込まれるということはありませんが(そこはご安心を!)、アクセサリーの分野では身につけるので鉛フリーハンダが使われていることが多いと思います。「これからステンドグラスでアクセサリーを作ってみたい!」「鉛フリーハンダにトライしてみたい!」という方は、鉛フリーハンダを使った体験レッスンは、扱いに慣れることができるのでオススメです今回の方は経験者さんで、「今後アクセサリーを作りたいけど、鉛フリーハンダを一度も使ったことがない」という方だったので、ピッタリの体験レッスンとなりました。さて、選んでいただいた体験レッスンのメニューはミニ写真たて。100種類以上のガラスの中から、お好みの16枚を選んでもらいます。娘さんにプレゼントするということで、娘さんをイメージしてガラスをチョイス。迷う方が多い中、ランダムな配色でわりとササっと選ばれました選んでいただいたら、次はガラス一枚一枚に銅のテープを巻いてもらいます。経験がある方なのでやり方はわかっていらっしゃいますが、ちょっとしたコツとか、裏ワザとか、私なりに教えられることはチョコチョコあります。ステンドグラスに限らないかもしれませんが、同じ技術でもいろんな方に習うと発見があって自分の幅が広がりますよね…私もそういう経験を何度もしてます逆に、経験者さんにこれまで作ってきたものや教えてもらったことなど聞くのも、また自分の幅が広がって楽しいな~そして、鉛フリーハンダを使ったハンダ付け。鉛フリーハンダだからといって特に作業に変わったことがあるわけではないのですが、普通のハンダとは使い勝手が違うので、温度調節や薬品類の選び方など、教えてもらえれば早く身につけられていいのではと思います。特別なハンダゴテが要るのでは?と以前の記事でちょっと誤解を生む表現をしていたかもしれませんが(そんなつもりはなかったけど)、特別なハンダゴテは要りません。ただ、ハンダゴテのパワーと温度は重要です。以前の記事で書いていたキャンディボックスは、ふたの部分にハンダゴテが入りにくい狭い場所がありました。その狭い部分のハンダ付けに使えたのが、先が細いのにパワーがあるハンダゴテで(一般的に先が細いハンダゴテはパワーがないのです)、そのコテが一本しかなかったのでみんなで順番で使いまわしをしたのです。そのあたり詳しく書かなかったので、今頃説明さて、鉛フリーハンダを使って無事ハンダ付けも終わり、洗浄してパチリ優しい色合いでかわいいです~娘さん、気に入ってくださったかな?今までやったことのない技術をマスターしたいと、今後も遠くから通っていただけることになりましたそのような方のために、レギュラーレッスンにはチケットもありますし、1日に午前・午後・夕方とまとめて3コマまで受講していただくことも可能です。いろんな方にいろんなものを提供できるよう、私も頑張らないとな!と身の引き締まる1月です。そして。私の延び延びになっていた足の手術も、やっと日程が決まりました問題の歯科治療が、やっとやっとあと一回で終わりを迎えることになったのです日程が決まるまでは、レッスンの予定を決めにくくて悩みの種になっていましたが、これでやっと予定が立つ!と喜んでます。はやく手術して、金属抜いてスッキリしたいですSTUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 21Jan
    • 心のエネルギーが満タンになった大人の遠足~たき火ツアー

      こんばんはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。ステンドグラスの教室をやっていて、来ていただいた方には楽しい気持ちになって帰っていただきたいなと常々思っていて。なので、レッスンの日は自分を整えるように心がけています。私もレッスンでいっぱい楽しい気持ちがもらえるので、終わった後はとてもハッピーそんなインドアで楽しめる私の毎日ですが、昨日は外でエネルギーチャージをしてきましたずーっと楽しみにしていた「たき火ツアー」の日だったんです。昨年11月にアートのお仲間さんたちと久々集まった時、「たき火」の話で盛り上がりましたわりと近くの自然あふれるところに、たき火を囲んで食べられるレストランがあったのですが、最近閉店してしまったという話になって。「残念~」「たき火って最近簡単にできないよね」なんて話していたら、お仲間さんのひとりが「私は畑でよくたき火しているよ!」って話し出して、そこから一気に企画が決まりました興味、関心がかなり似た人たちが集まっているので、話がどんどん展開「アートの力」って団体名で活動していたのですが、めちゃくちゃみんな力持ってるので、段取り・企画・アイディア、すべてがおもしろいくらい早いすばらしいお天気に恵まれた昨日、ツアーに行ってきました車に乗って1時間弱で到着したのは、小田急多摩線はるひ野駅近くの黒川というところです。はるひ野駅は新しく作られた街という感じでしたが、そこから一歩奥に入ると…そこは大自然畑の周りは見渡す限りの自然~~なんていいところなの!ってみんな大興奮決まっていることは、芋煮を作って食べること&たき火を楽しむこと火をおこしてダッチオーブンに水を入れて火にかけて。私は、芋煮の材料にする割れた大根を探して抜いたり、うまく巻かなかった白菜を根こそぎ抜いたり。白菜の葉、なんできれいなんだ!暖かいからコートも脱いで、それでも汗が出てきたりして空は雲一つない青空、鳥の声が聞こえて…。なんて楽しいの~しかしですね。実は私、痛恨のミスをしてしまいました。なんと、浮かれて身ひとつで行ってしまい、指定されていた持ち物を何も持たずに行ってしまったのです水とかおわんとお箸とか、すっかり頭の中から消去されていて…なんてアホなのでしょうそしたら、同じく消去されていたお仲間さんがもうひとりいらっしゃって…慰めあうふたりでもね、「せっかくこんなところに来たんだから『無い』を楽しもう!」っていう話になって。そう、ないものは作ればよいのです。むしろ作った方がいいよね〜ということで…お皿やコップを作っちゃうことに私が野菜をあれこれやっている間に、竹やぶで大きな竹を一本切り出してくださったので。ノコギリで切ります抑える方も切る方も段々慣れてきて、私たちの分だけ作るのもつまらないってことで。全員分作っちゃいました~~ナタなんて初めて使いましたよ。調子に乗って、飲みもの用のカップまで全員分作りましたさらには箸まで作ったり、花瓶作り始めたり、貯金箱作り始めたり、みんな自由~~たき火の色、ぱちぱちいう音、もう最高だし、鳥の声のBGMも最高シジュウカラがいっぱいいてかわいかった!水が沸騰するまでは時間がかかったけれど、いったん沸騰したら一気に芋煮は完成。キウイのつるの下のベンチで、手作りの竹の食器でみんなで食べましたうま~~い幸せ以外のなにものでもない~~食べたあとは、竹のカップでコーヒータイム。ずいぶん前に収穫済みだったキウイも、食後のデザートにコーヒーを準備して下さった方、手作りのケーキを持ってきてくださった方、みなさんすばらしい…それなのに身ひとつで行ってしまった私ったらもう食後は水辺のクレソンを収穫したり。クレソンってこんな風に生えてるんだってびっくりしました。来れるなら毎月来たい!次はタケノコの時期にぜひ!なんて、大いに盛り上がりました。そして会はお開きになり帰ってきたのですが…。いろいろ不慣れなことをやったのに、帰ってきてもなんともまったく疲れていないむしろ元気がみなぎってる感じエネルギーチャージってこういうことよね!自然のエネルギー、場のエネルギー、人のエネルギー、おいしいもののエネルギー、たき火のエネルギー等々。とてつもないエネルギーをいただいて帰ってきましたこんなところに子供を連れてきてあげたいなんて話も出ましたが、子供はもちろんだけど大人もこれはいいよ!っていうか、大人こそむしろこういうエネルギーチャージが必要なのかもって思いました。エネルギー満タン!明日のレッスンも頑張りま〜すSTUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 17Jan
    • 体験レッスンご感想~体験レッスンからレギュラーレッスンへ

      こんにちはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。年明けから続いている体験レッスン。体験レッスンに来られる方は、大きく分けるとふたつに分かれるように思います。ひとつは、「ステンドグラスを一度作ってみたい!」と、体験そのものを楽しみに来られる方とても楽しみに来られて、ガラス選びにも時間をかけて、体験の時間をとても楽しんでいるのが伝わってきますそういう方と時間をともにするのは、私としてもとっても楽しいステンドグラスを作るって敷居が高く思われがちですが、意外とそうでもなくて誰でも作れるってことを広く伝えたいなと思っているので、こういう方は大歓迎です大体の方は、帰り際に「また体験しに来たい」とおっしゃってくださいます。もうひとつは、ステンドグラスを習うことを前提に、体験レッスンで様子を見るという方そういう方はとても熱心で、私の方がそのエネルギーに刺激を受けることが多いです。一緒にステンドグラスを作る仲間ができることは、私にとってこの上ない喜びで、もちろん大歓迎年明けから、体験レッスンに来られる方に後者の方が増えていまして、緊張感あり&喜びありな日々を送っています。先生として、私もともに成長しなければ~今回ご紹介する体験レッスンも、その後レギュラーレッスンへと進まれた方です。作られたのはミニ写真たて。まずは、100種類以上のガラスタイルからお好きなものを16枚選んでいただきます。来られる前からイメージを練ってこられていて、イメージに合わないガラスはサクサクと除外イメージに合うガラスの中で悩まれて、ガラスを選ばれました。選ばれたガラスがかな~り私の趣味に近くて、似たような組み合わせで以前写真立てを作ったことあったので、ちょっとびっくりネットに載せたこともないし、本当にたまたまです!ガラスの組み合わせ方は無限といってもいいほどあるのに、すごいわ~そこからは銅のテープを貼り、まずは各面をハンダ付け。各面のハンダ付けが終了したら、いったんお茶とお菓子で休憩し、最後に立体を仕上げていきますあっという間に時間が過ぎるのですが、意外と集中して疲れているので、休憩は大事です!ハンダ付けをしているうちに見る目が肥えてきて、最初のころは自分でOKを出した部分も気になってきたりして…ハンダ付けあるあるですどんどんハンダ付けがうまくなり、初心者さんとは思えない綺麗な仕上がりでした写真は入れないということで、金具をつけずに完成かわいいです~~ご感想をいただきましたので、ご紹介します。___________________年明け早々に、体験レッスンに参加させて頂きました。以前からステンドグラスに興味があったものの、なかなか体験する機会がなかったので、こちらの教室を見つけた時すぐにやってみたいと思いました。ガラスの色を選ぶ際、どれも綺麗でなかなか決めれませんでしたが、すごく楽しくてずっと見ていても飽きないくらいでした。気が付けばあっという間に時間が経っており、ガラスの色合いもイメージ通りで大満足の仕上がりになりました。最初から最後まで丁寧に教えていただき本当にありがとうございました。___________________うれしいご感想をありがとうございましたホームページの「レッスンご感想」のページにも載せています。「レッスンご感想」のページには他のご感想も載せてますので、ご興味ある方はご覧くださいませ↓STUDIO GLASSNOTE レッスンご感想新しい体験が待っていますよ!お気軽にどうぞ~STUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 15Jan
    • 体験レッスンご感想~ステンドグラスを買う側から作る側へ♡

      こんばんはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。最近、お問い合わせや体験レッスンが続いていて、私も楽しい&まあまあ忙しい毎日を送っています。教室を始めて一年経って、なかなか教室らしくなってきたぞ!って感じ人との出会いは不思議ですね。みなさん、いろんな検索方法で私のホームページにたどり着いたり、ブログやインスタを見かけたりしてやって来られます。なかなか検索上位には出てこない私のホームページや、フォロワー数がそれほどでもないブログやインスタをよくぞ見つけて下さったと感激お話していると、真剣に探して選んで来ていただけたことが伝わり、とてもとてもうれしいですウェブがありSNSがある、この時代に生まれて良かった~!さて、今年に入って体験レッスンに来られた方のご紹介です。作られたのは、テレビでも若手俳優さんが作られた「星のオーナメント」。このメニューは、より気軽にステンドグラス作りを体験してもらうために昨年秋に増やしたものですが、選んでくださる方が増えてきてうれしいですテレビではクリアガラスを使ったものでしたが、今回はブルー系のアンティークガラス4種を組み合わせたものを作っていただきました。ちなみに、ステンドグラスの世界でいう「アンティークガラス」とは、「昔使われていたガラス」という意味ではなく、職人さんが手吹きで作った手作りのガラスを意味します。今どきの板ガラスは機械で作られたマシンメイドが主で、パターン化された色と柄、均一な厚みが特徴です。それに対してアンティークガラスは、一枚の中にも色味や厚みや気泡のムラがあり、そのゆがみが味わい深く、発色も少しノスタルジックで美しく、職人技で作られた芸術品ともいえると思います。切る前の大きなガラスを窓辺に立てて見ていると、その美しさに感動しちゃいます(で、切るのが惜しくなる)。脱線しましたが!そんなアンティークガラスで、星のオーナメントを作っていただきました。カット済みのガラスを使って、まずはガラスピース一枚一枚に銅のテープを巻いてもらいます。その後ハンダづけ。初めてのハンダ付けで最初はおそるおそるでしたが、段々慣れてくると順調に進み、あっという間にオーナメントの完成ですリボンかチェーンかを選んでもらえますが、今回チェーンをご希望で、お好みの長さにカットしてオーナメントにつけていただきました。ご感想をいただきましたので、ご紹介します__________________________________星のオーナメントの体験をさせていただきました。旅先でステンドグラスを見つけては購入していましたが、自分で作ってみたいと思い、通える範囲内で探していたところ、岡田先生の工房を見つけました。さっそく申し込み、待ちに待った体験!テープ付けや初めてのハンダは難しかったのですが、先生が丁寧に教えて下さり、とても綺麗な作品が出来上がりました。今はリビングに飾り、見るたびに癒されています。ありがとうございました!先生のご自宅のように、素敵な作品をたくさん飾れるようになりたいです。これから通常のレッスンよろしくお願いいたします。___________________ありがたいご感想、どうもありがとうございましたステンドグラスを購入する側から、作る側へ…ですよね!体験で作られているときも、ステンドグラスを自分で作れる喜びが伝わってきましたこれからが楽しみです一緒に頑張っていきましょう~~。こちらの感想は、ホームページの方にもアップさせていただきました。STUDIO GLASSNOTEの体験レッスンってどんな感じ?とご興味のある方は、他の方の感想もありますのでチェックしてみてください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンご感想無理な勧誘などはありませんので、お気軽にお越しくださいSTUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 04Jan
    • 湯島天神へ初詣&旧岩崎邸ステンドグラス

      こんばんはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。ちょっと遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!2020年もよろしくお願いします三が日は家からほとんど出ずにいましたが、今日は初詣に湯島天神まで行ってきました関東では知られた学問の神様です~学業に励んでほしい高2息子をネタに、お出かけしてきました。4日だからもう参拝客も落ち着いているかと思いきや、神社からあふれる長蛇の列学生かその親がいっぱいな風景で、緊張感あり活気ありで楽しかったです。意外と早く参拝の順番が回ってきて、しっかりお参り。絵馬が飛ぶように売れていました!御朱印帳持参で行きましたが、いただけるまで2時間待ちとの声をきき、今回は断念私の今年のおみくじは小吉…周りの助けにて願いが叶うというのが心に響きました感謝の心を忘れずに、この一年頑張ろうと思います。湯島天神の帰りに、旧岩崎邸へ寄り道しましたずっと前から行ってみたかった旧岩崎邸湯島天神のほぼ向かいにあるなんて知らなかった~旧岩崎邸は、三菱財閥の創始者、岩崎弥太郎さんの息子である岩崎久彌さんが建てたおうちだそうです。設計はジョサイア・コンドル・・・鹿鳴館など洋館を多数設計された方です。湯島天神を出て目の前の春日通りをわたり、奥に入るとすぐにありました。平日しか中の写真は撮れないとのこと…非常に残念建物にはステンドグラスがいっぱいありますまず入り口からステンドグラスが!(外から撮影しました)。アップで!入ってすぐにも、明り取りの窓にドアに、たくさんのステンドグラスが色はほとんど使われていないのですが、ステンドグラスが建物になじんでいてとてもすてきでした外から見たこちらの窓、かなりの面積ですがすべてステンドグラスです一階から上へとのぼる大階段のところにありました。これも色は一切使われていなくて…でも美しかった他にもステンドグラスはありましたが、目に焼き付けてきました建物は床の張りや壁紙など素晴らしかったですし、私としては色調が好みでしたこんな豪邸に住むってどんな感じか想像できないですが、何人で住んでいたのかわからないけど、広すぎて落ち着かない気が…貧乏性だわねまた行くことがあったら、今度は絶対平日に行こうと思いますSTUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 29Dec
    • レッスン最終日~ステンドグラスを教え始めて1年の今思うこと

      こんばんはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。昨日はレッスンの年内最終日でした。私自身は20年以上前からステンドグラスを作ってますが、人に教え始めたのは最近のことです。昨年の12月にホームページをオープンし、そこから「体験レッスン」の生徒募集を開始し、今年の1月から「レギュラーレッスン」の生徒募集を開始しました。どちらのレッスンも、募集開始後1カ月くらいしてから…つまり今年に入ってから生徒さんがいらっしゃるようになりました。それまでも、モニター的に体験レッスンを受けてもらった方もいましたし、プレオープン期間として通っていただいていた生徒さんも一人いらっしゃいました。でも、実質レッスンがスタートしたのは今年になってからといえると思います。始めてみるまでどうなるかさっぱり想像できませんでしたが、生徒さんにも恵まれてとても充実した一年になりましたとても感謝していますステンドグラスを教え始めてみて、気づいたことがいっぱいあります。まず、めちゃくちゃ楽しいということ何といっても、ステンドグラスのことを「いいな!」と思った人だけが来て下さるわけです。そんな方とお会いして、話して、一緒に作ることを通じて心を通わせるのは、想像していたよりずっとずっと楽しいことでしたそして、「私は、人と出会って繋がってコミュニケーションをとること自体がとても好きな人間なのだ」ということに今更ながら気づきました(アラフィフですけどね…気づくの遅いって)。誰かと出会ってつながって、刺激を受けたり考えさせられたり共感したり。そんな時間がかけがえのないもので、ステンドグラスを通じてそれができるというのは本当に幸せなことです私自身は、話がうまいわけではないし、場を盛り上げるようなタイプでもないし。前に出るタイプでもないし、カリスマ性も威厳も皆無ですでも、どんなタイプの人ともわりと付き合えるし(むしろ、ちょっと変わった人から妙に好かれる)、嫌いな人はほとんどいないし、初対面の方と話すのは苦手ではないので…そういう性格的なものは意外とこの仕事に向いているのかもな!というのも発見でした。それから、人に教えるということ自体が奥深く楽しいということ!若いころは人に教えることなどまったく興味がなかったのですが、子育てを通じて徐々に興味がわいてきました。子育てって、教える場面が盛りだくさんですからねひとつひとつ解きほぐして教えるということ、できるようになるまで角度を変えながら根気強く教えること、できるようになるのを待つこと、その人の得意や苦手にあった教え方をすること、ペースを尊重すること、やる気を引き出すことなど。すべて子育てから身をもって経験してきたことですが、レッスンで教えるときもそういう視点は大切だと肝に銘じて、その方に合わせた成長できる指導を心がけています。不器用だからとか、センスがないからとか、そんなの関係なく、ステンドグラスに興味がある人ならだれでも成長できるレッスンができるよう、あの手この手で考えるのもまた楽しいで、それを楽しいと思える私は、けっこうこの仕事は向いているんじゃないかと思うのですあとひとつ。今までの自分のたどってきた道のすべてが、この仕事には活かせるのだということにも気づきましたひとりで作ってきた期間が長かったので、その間はデザインや技術的なもので壁にぶち当たった時、ひとりでなんとかして乗り越えなければなりませんでした。苦しい中であの手この手で乗り越える道を探して、なんとか道を見つけてきました。その右往左往した時間は無駄ではなく、生徒さんが壁にぶつかった時の打開策をあの手この手で提示できるのが自分の強みだと気付きましたそれは、自分で気づいたのではなく、生徒さんに言われて初めて気づいたことですそして、そういう時の自分の試行錯誤のやり方は、実はステンドグラスを始める前に就いていた研究の仕事からきているのではないかと気づきました(これも言われて気づいたことです)。考えてみれば、研究で試行錯誤するのと似たようなものです。また、私のステンドグラス歴も、教える際の強みになることに気づきましたステンドグラスアートスクールというステンドグラスの専門学校みたいなところに通ったことは基盤になってはいますが、それ以外でもちょこちょこといろんな先生に単発や短期間習いに行ったことがあります。先生や教室ごとに、使う道具も教え方もかなり違いますが、それぞれに良さがあります。1人の先生の弟子として長年やって独立して…というのが職人の世界では一般的かもしれませんが、そうでない私だからこそ色んなところから得た引き出しが多くあるのではないかいろんな方法がある中で、その時のベストを選べるのは、多くの引き出しがあるからこそではないか。また、この年になるまでいろんな問題があってここまで時間がかかり、ステンドグラスを作れない事態が何度も続きました。その間にあった多くの出来事が自分の経験値を上げ、他人と話をするうえでも深く話せるようになったのでは?という気もしています。習うというのはもちろん技術を習いに来るわけですが、人間性も大切だと思うのです。そう思うと。自分のこれまでたどってきた道がすべて肯定されるような、そんな気持ちになりました長々と書きましたが、人に教えるということを始めてみて、本当に良かったと思っています。関わってくださった、すべての方々に感謝です教室を始めて、ステンドグラスを通じた人とのつながりができ、そのおかげで自分の製作に対するエネルギーもアップし、今年は数年ぶりにオーダー作品も、ティファニーランプも、絵付けパネルも作りましたそうした製作活動を見て下さることで、そこから問い合わせが来たりといういいサイクルも生まれたりして…。私は先生としても作家としても、どちらも同じ熱量をもってしっかりやっていきたいと思っているのですが、この一年でそれが少ーし見えてきた気がしてます。どちらもまだまだひよっこですが、しっかり地に足をつけて、地道にやっていきたいです写真は2019年のInstagramのベスト9。今年の1月後半から始めたInstagram。始めてまだ11ヶ月ですが、多くのかたに見ていただいて感謝ですSTUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 23Dec
    • 体験レッスンご感想~目と心が喜びました!

      こんにちはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。11月に行った体験レッスン。なんと、隣の隣の県からいらしてくださいましたありがたいことですでも、交通の便が良いおかげで、意外と時間はかからないらしくてビックリ同じ横浜市内からでも、もっと時間がかかる場所はあると思うよ~渋谷まで出やすいところに住んでいる方は、意外と遠くの方も通えるのかも…作っていただいたのはミニ写真たてです。100種類以上のガラスから16枚を選び、作っていただきました。以前やったヨコハマハンドメイドマルシェでワークショップにご参加くださった方なので、基本的な作業は一通り経験済み。ワークショップでは、周りのスピードが気になって焦ったということだったので、今回はじっくりと取り組んでいただきました途中、レギュラーレッスンの生徒さんとも一緒になり、会話も弾み楽しいレッスンでした。完成後、本来写真を入れる部分にSTUDIO GLASSNOTEの紙を入れたいというご希望だったので、入れて写真撮影。ステキな色合いですね~丁寧に作られて、とても美しい仕上がりでした体験レッスンのご案内では平均的な所要時間を明記していますが、もちろんスピードは人それぞれ。時間の前後に関してはある程度はペース配分を考えてやりますが、ご自分のペースでやられることも大切だと思いますので、無理なコントロールはしません(もちろん、「〇時までに終わりたい」などご希望があればコントロールできます)。ワークショップは時間が決まっていることが多いので、コントロールが必須!そこは大きな違いですね。じっくりご自分のペースで作りたい方は、体験レッスンがお勧めです感想をいただきましたので、載せさせていただきます___________________体験レッスンではお世話になりました。昨日も作った写真立てを眺めては、キレイでカワイイ~とニヤけていました。『ステンドグラスといえば教会の窓』というイメージしかなかったので、イベントのワークショップに参加して、インテリアや小物まで作れるんだ~可愛いし美しいなぁと思いました。体験レッスンの写真立てもとても魅力的で、たくさんのキレイなガラスを広げて色を選ぶ時間は、目と心が喜びました!無限の組み合わせでオンリーワンのものが作れる!なんと楽しい上に満足度も高いことでしょう!落ち着いた雰囲気の中で製作させていただけるので心地よく、つい長居してしまいました。テープ巻きに集中して、前より慣れてきたかも・・・とか、まだビビりながらですがハンダ付けも少しだけ慣れてきたかも・・・とか思いながらやっていたら、全然そうでもなくて(笑)あっという間に時間が経ってしまっていました。楽しく充実した時間を過ごさせていただき、どうもありがとうございました。拝見させていただいた万華鏡も素敵でした。新しい体験メニューも楽しみですね。体験レッスンやワークショップにもまた参加させていただきたいです!___________________大変うれしいご感想、ありがとうございました体験メニュー、増やしていきたいと思っています。候補はいっぱい用意しているので、近々準備に取り組む予定です。今年後半いただいた体験レッスンのご感想は、先日ホームページの感想欄にまとめてアップしました。ご興味のある方は、チェックしてみてくださいSTUDIO GLASSNOTE体験レッスンご感想目と心が喜ぶ体験が待っていますよ~STUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 19Dec
    • まさかの手術延期(;_;)

      こんにちはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。今週、本当は手術の予定でした。春に台湾で足首を骨折して、金属を入れる手術を受けたことは以前も書きましたが…。そのときのながーいブログはこちら↓台湾旅行1台湾旅行2台湾旅行3台湾旅行4台湾旅行5入院手術より大変だったこと快適入院生活退院しましためでたく骨がくっついたので、その金属を抜く手術を予定していたのです。全身麻酔で、入院期間3~4日ということで、実はテレビ放送日に入院の予定でした。しかし!残念なことに手術は延期となりました。。。なぜって、間が悪いことに急に奥歯の歯茎がパンパンに腫れてしまったのです先週半ばから、あれ?ものを食べると若干歯が痛い気が…というところから始まって。そのときは、退院したら早めに歯科にかからなきゃ!というくらいだったのですが、日ごとにあれよあれよという間に歯茎が腫れてきて。日曜日の朝歯茎に違和感を覚えて目が覚めると、パンパンに腫れあがっていました針で刺したらぴゅーっと膿が出そうな感じ。ちょっと触っただけで、もう激痛そこで初めて、「全身麻酔で挿管するのにこの状態で大丈夫なのか?」と心配になり…。入院前の問診で歯のことも聞かれるのですが…全身麻酔と歯は実は関係ないようで関係あるのですね。悪化のスピードが速いので、退院してからだと歯茎がどんなことになっているんだろうという心配もあり。翌日の入院当日の朝、病院に電話をかけて相談したら、「急ぐ手術じゃないし、歯科治療を優先してください」ってことになりました。めちゃドタキャン…申し訳なさすぎるで、今週から歯科にかかっております。虫歯にはなりやすいのですが、歯茎が腫れて歯科にかかったなんて初めてのことです。それがまた、困難な道のり一筋縄ではいかず、いろんな問題をはらんでいると先生には言われています。先行き不透明ですが、以前からよく診て下さって信頼している先生なので、お任せするだけです。口開けてるだけ、ともいうでも、歯科治療って行く前めちゃ気合が要りますね今回は腫れている歯茎に麻酔を打たれて、痛みに悶絶でした足の手術が遠くにしか見えませんが、とにかく歯科治療頑張ります…ということで、退院してから再開する予定だった体験レッスンは、普通にできますご希望の方はご連絡くださいアメブロのメッセージのほか、インスタのメッセージからでも、ホームページの申し込みフォームからでも、Eメールでも構いません。年末年始もOKです。写真は今日のなーちゃん。床暖でダメになるネコの写真を見ておもしろかったので、わたしも真似して撮ってみました毎日ダメになってます〜STUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 16Dec
    • 初テレビ出演!(^^)!

      こんばんはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。3日前に当工房で収録された、テレビ神奈川(TVK)の「猫のひたいほどワイド」。その放送が今日のお昼にありました~今日はレギュラーレッスンだったので、工房に小さいテレビを持ち込んで生徒さんと一緒に見ました…めちゃ恥ずかしかったけど4時間のロケが10分足らずのコーナーに、本当によくまとまっていて。ディレクターさんすごい!さすがだわ!ロケは本当に楽しかったですこの番組のレポーターは、売り出し中の若手俳優さんで構成されていて、みんなイケメンですTVKのホームページには、こんなふうに番組紹介されていました↓「猫ひた」のコンセプトはずばり「情報の地産地消」。番組サポーターから寄せられたキラリと光るジモト情報を、キラリと光る若手俳優が潜入リポート。ジモト局だからできる!猫のひたいほど狭いエリアの情報をワイドにお届けします!なるほど!だから、猫のひたいなのにワイドなのね!番組ホームページはこちら↓テレビ神奈川「猫のひたいほどワイド」ホームページ今回ステンドグラスを体験し、リポートしてくださったのは林勇輝さんイケメンレポーターの中でもイケメンだと思いますよ~(ひいき目?)カメラが回っているときも回ってないときも、林さんは全く変わりなくとても話しやすくて、目がキラキラしていました仮面ライダー系とか似合いそう!横浜市青葉区出身ということで、林さんのコーナーでは青葉区情報だけを取り上げているそうです。とっても器用で、すぐにコツを会得してスイスイと完成させてくださいましたので、私としては助かりました撮影時はあまり緊張しなかったけど、それも林さんのキャラのおかげだと思います!最後に写真を撮ってもらいましたロケでは、私の作った作品を時間をかけて丁寧に撮っていただきました。映っている画面を横からのぞいては、そのセンスや技に感動さすがプロ!番組内で作っていただいたのは、星のオーナメントです。色は2色用意していました。クリアミックスと↓アンティークブルー↓林さんはずいぶん悩んでクリアの方に決めました林さんの完成作↓とてもきれいな仕上がりでしたこちらのオーナメントの体験レッスンは、所要時間2時間程度、価格は3000円です。体験レッスン、まさにテレビに映ったあんな感じでやってますので、ご興味のある方はぜひにその他にも体験レッスンはありますので、ご興味ある方はホームページの体験レッスンのところをご覧ください。STUDIO GLASSNOTE体験レッスン体験レッスンに来られたからといって、レギュラーレッスンに無理に誘ったりはしませんので、そこはご心配なくもちろん、レギュラーレッスンに興味がある方はお試しとして使ってください。お一人で来られる方が多いですが、もちろんおふたりでもそれ以上でも。6人までは同時に作業できます。小学5年生以上の学生さん(小・中・高・大)のレッスン料は、半額に設定しています。学割を利用して、お子さんとの親子レッスンなども、冬休みの楽しみにご利用いただけたらうれしいですそれにしても楽しかったなあ~STUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 13Dec
    • テレビ神奈川のロケがやってきました!

      こんにちはSTUDIO GLASSNOTEのAkemiです。なんと、なんとですね。今日、初めてSTUDIO GLASSNOTEにテレビカメラが入りましたテレビ神奈川のロケが行われたのですよ~~。始めてまだ一年くらいの教室なので、これを機に知ってもらえるとうれしいなと思います「猫のひたいほどワイド」という、お昼の12時からの番組にちょろっと出演いたします猫のひたいほどワイド放送日は16日(月)です。「ガラスと光が織りなす!手作りアートでクリスマス(横浜市青葉区)」というコーナーです。良かったら見てね私の出るコーナーは12時半くらいからかなあとのことですが、まだ未定だそうです。イケメンレポーターに体験レッスンを受けていただいたのですが、それはとても楽しくて(イケメンだし!性格もよいし!)、あまり緊張しませんでしたが、最後に一人だけのインタビューがあって、その時はちと緊張したなあテレビカメラの前でしゃべるのなんて、すごく前に街頭インタビューされて以来です(その時は渋谷のハチ公前で「酒井法子さんが捕まりましたがどう思われますか?」って質問だった…全然答えられずしどろもどろ)。とりあえず、全力でやりましたすっごく楽しかったです写真も撮ってもらいましたが、放送後にアップしますね~。写真はつくりかけのクリスマスツリー。まだ途中なんだけど、撮影の邪魔になると思って、洗って重ねて窓辺に飾っちゃいました。夕方なので、ちょっと暗いですねクリスマスまでには完成させたいと思っていますSTUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 07Dec
    • ステンドグラスグループ展開催中です!

      こんばんはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。12月3日より、池袋の自由学園明日館にてステンドグラスのグループ展が始まりました。今回旧作と新作の2点を出しましたが、みなさん複数出されていて出展数も多くなかなか華やかです販売もしていますよ~(私は今回出していません)。私の新作もなんとか無事搬入までに完成しましたこの年になって無理はしてはいけないなと思いながらも、無理しないと完成しないので、連日の追い込み…もう必死でした小さな新作はこちら↓タイトルは「SWEET HOME」です。今作のテーマは「家」。4年ほど前に今の家に引っ越してきてから、「家」というものの考え方が私の中で変わりました。家は休む場所、外は遊びに行く場所、という感じではなく、家で暮らすことそのものを遊びにしていくというか、私の場合はそれを仕事にもしていくというか家や庭を自分仕様に変えていくことがまず遊びだし、その中から家事をやる原動力も、ステンドグラスを作る原動力も生まれてくるというか…。教室に来る生徒さんたちもまた、私にとっては家を楽しく過ごすための原動力になっていて、教室を始めてから家の中での楽しさの種が益々増えていますどこに行かなくても、家にいる時間がかけがえない…そう思えるようになってきたのは今の家に住むようになってから「家をテーマにした作品を作りたい」とそのころから思うようになってきて、この機会にそれを形にしようと頑張りました。今回、おとぎ話に出てくるような、かわいくてワクワクするような家が描きたくて夜に暖かな光が家の窓からもれ、外から幸せな家族の姿が見えるような、そんな窓を描きたくて家、窓、ネコ、樹木、花、夜空、雲、月、星、テントウムシ、水玉模様…。好きなものを目いっぱい詰め込んだ濃いデザインにしました。余白の美なんて一切ありません数年ぶりの絵付けでよいリハビリにもなりましたし、なにより作業の楽しさも苦しさもありありと思い出しました以前からの私を知っている人からは、すごく私らしい作品だといわれて、とてもうれしかったです。来場者の方々からは、その他うれしい感想もたくさんいただきましたもう一作は、今までブログで何度も紹介している熱帯雨林の作品、タイトルは「RAIN FOREST」です↓写真左側、一番手前の作品です。会場ではとても好評で、場所も自然光の入るいい場所に展示させてもらい、出して本当によかったです今までで一番自分では出し切れた作品なので、次の作品展ではこれを超えるものを作りたいな~その2点を出展しているグループ展、この日曜日までです!お寒いですが、土日に池袋周辺にお出かけ予定の方はぜひお立ち寄りくださいお待ちしてます詳細はこちらです↓STUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 22Nov
    • グループ展出展のお知らせ

      こんにちはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。ブログでのお知らせが遅くなってしまいましたが、この度グループ展に出展することになりましたというか、まずグループに入ることになりました以前所属していたステンドグラスのグループが解散してから一人でやってきましたが、夏の終わりくらいだったかな…声をかけていただいて。なにか少し聞きたい時など仲間がいるといいなという思いは以前からあって、流れに乗って入ることに決めました。ステンドグラスの中でも、絵付けのステンドグラスのグループです。以前一緒のグループに所属していたお仲間さんも数人いるらしいので、搬入の日に顔を合わせるのを楽しみにしてます。グループ展のDMはこちら。おそろしいことに、あと2週間もないのですが、まったくできておりません本当は、今回はグループに参加できただけで充分で、今は教室の方に力を入れたいから、新作は作らずに過去の作品だけ出そうと思っていたのです。でもね。欲が出ちゃってグループが解散した数年前から一度も絵付けをやっていないので、この機会に作らなかったら次の展示会(2年後)まで絵付けしないかも!と思ったのがきっかけといえばきっかけですが。まず釜が壊れていないか(買ってから20年くらいたってる!)、材料はそろうのか、サンドブラストはどこでやるのか。。。と、やるとなったら問題山積み。でも、釜は大丈夫だったし、材料も大丈夫そう、サンドブラストができるところもわりと近くにいいところが見つかってとんとん拍子に進んだので、「これはやれってことだな」と時間がないのを承知で作り始めました。サイズはとっても小さいですが、とりあえず一通りの作業をやって完成させて出すのが今回の目標です久々の絵付けデザインに、ああそういえばと思い出すこと多数。今回は、自分の好きなものを目いっぱい詰め込んだぎっしりのデザインにしました。サンドブラストも数年ぶりで、いろいろ忘れてるし。マジでギリギリのスケジュールで、できなかったらと思うと胃が痛いですが、とにかく頑張ります~年末でお忙しいでしょうが、何かのついででもあったらぜひお越しください。会場の自由学園明日館は、フランク・ロイド・ライトが設計したすばらしい建物で、国指定重要文化財です建物に入るには入場料が必要ですが、DMをお持ちの方は無料で入れますよ~(ご入用の方はDMをお送りします!)。ステンドグラスにはピッタリな空間だと思いますので、そこはとても楽しみです。問題は完成するかどうかよね…STUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 20Nov
    • お友達と体験レッスン♪

      こんにちはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。この週末、ヨコハマハンドメイドマルシェのワークショップに参加してくださったかたおふたりが、体験レッスンにお越しくださいました。とっても仲のいいおふたり…聞けば高校生のころからのお友達とか!いいなあ~~私は地元が遠いので、とってもうらやましい。その日はレギュラーの生徒さんもひとりいらして、生徒さん3人でのレッスンとなりました。選ばれた体験メニューは、おふたりともミニ写真立て。早速、100種類以上あるガラスの中から選んでいただきます。これは、サクッと選ばれる方、悩まれる方、それぞれです私は悩み性なので、サクッと決められる方を尊敬してしまうそして、悩まれる方の気持ちはよくわかる!おふたりとも優しい色合いのガラスを選ばれ、次はコパーテープ巻きへ。ワークショップで経験されていることもあり、やはり全く初めての方とは違ってスムーズです。巻き終わったら、次はハンダ付け。ワークショップでは平面のオーナメントでしたが、今回は立体なので、次のステップとしてはちょうどよかったと思います。お二人とも仲良しですが、作業中は集中して無言途中で楽しくお茶などしながら黙々と作業し、とってもかわいい写真立てが完成しました(おふたりとも写真は入れずにそのまま飾るということで、金具はつけなかったので、正確にいうと写真立てではないのですが…)出来上がった時には、そとはかなり暗くなっていてびっくり!日が暮れるのが早いよね~製作過程の写真を撮るのを忘れちゃって、完成した作品を撮らせてもらおうとしたけど暗くてうまくいかず…。ふたつともとってもかわいかったんだけど、かわいさのイマイチ伝わらない残念な写真しか撮れませんでした翌日、お部屋に飾ったステキな写真を送っていただきました・・・ありがたい!この写真、なんとトイレだそうで。なんておしゃれなトイレ!色合いがピッタリおふたりから感想をいただきましたので、載せさせていただきます。友人に誘われイベントでのワークショップに参加。最初は付き添い感覚で作成しようと思っていましたが、作り始めると不思議な事に真剣に取り組んでいました。楽しかったので、教室にて再度体験レッスンに参加させて頂きました。作成は、ミニ写真たて。最初は色選び。色選びの時点でテンション上がります。100種類以上あるガラスの中から自分の好きな色を探すのですが、迷いに迷って大変でした。その日によって、自分が選ぶ色が変わるんだろうなと思います。その後、先生が丁寧に教えてくださるので、安心して作品を完成させる事が出来ました。先生の助けを沢山借りながらでしたが、自分で作成した作品は愛着が湧き可愛いです。それに、時間が経つのを忘れる程真剣に向き合う時間なんて、貴重な体験ですね。とっても楽しかったです。有難うございました。あっという間に時間が過ぎてしまって、気づけば4時間。集中しすぎて時間を忘れてしまいました。本当に楽しかった!上手には作れなくても、自分で作ると愛着がわいて、とても可愛く思えます。向きを間違えてしまったガラスまでも!家に飾るとさらに愛着が!トイレに飾りましたが、毎回トイレに入るのが楽しくなりました。ありがとうございました。ご感想ありがとうございました!こちらこそ、とっても楽しい時間を過ごさせていただきましたSTUDIO GLASSNOTEでは体験レッスン、レギュラーレッスンどちらも募集中です。今年本格的に始めたばかりの、新しい教室です。生徒さんがまだ少ない分、みっちりと教えることができると思います今通われている生徒さんはレベルも作りたいものもバラバラで、その方の方向性に合わせた指導をしています。一人一人の「作りたい!」を叶える教室を目指してますので、お気軽に来ていただけたらうれしいです詳しくは、下の囲み枠に記載のSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください。お待ちしてま~すSTUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 06Nov
    • 体験レッスンメニューを追加しました(^_^)v

      こんばんはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。今日は、体験レッスンメニューの追加のお知らせですこれまで、STUDIO GLASSNOTEでは二種類の体験レッスンがありました。どちらも、100種類以上(今は140種類くらいかな?)のガラスタイルを使って、自分だけの一品を作れるのが特徴のレッスンです体験レッスンメニュー、ひとつめはミニ写真たて。もうひとつはクロスオーナメント。製作時間は、クロスオーナメントが3時間程度、ミニ写真立ての方は立体なので3時間半程度かかります。でも、もう少し気軽に体験したいという方に応えるメニューもあったらいいかなと、以前から思っていました。そこで、「これまでより短時間で作れる」「お値段も少しお手頃な」体験メニューを準備しましたのでお知らせしますちなみに、体験レッスンメニューはすべてカット済みのガラスを使います。コパーテープを巻いてハンダ付けするところを体験していただくメニューです!◆◆◆ 星のオーナメント(タテ型)先日のヨコハマハンドメイドマルシェのワークショップでやったのと同じオーナメントです。ワークショップではアンティークブルーのガラスのみでしたが、体験レッスンでは下の2色をご用意しました。アンティークブルー(フランスやドイツの手吹きのアンティークガラスのみを使用しています)クリアミックス(様々なテクスチャのクリアガラスを組み合わせています)体験メニューの中では一番簡単なレッスンです所用時間:2時間程度レッスン料(材料費・お茶&お菓子代金込み):3000円サイズ:縦9cm、横6cm★+200円でワンサイズ大きなものの制作も可能です(縦12cm、横8cm)◆◆◆星のオーナメント(ヨコ型)上と同じく星のオーナメントですが、縦型よりピース数が多く細かいデザインです色は、同じく2色の中からお選びいただけます。アンティークブルー(フランスやドイツの手吹きのアンティークガラスのみを使用しています)クリアミックス(様々なテクスチャのクリアガラスを組み合わせています)所用時間:2時間半程度レッスン料(材料費・お茶&お菓子代金込み):3300円サイズ:縦6.5cm、横9cm★+200円でワンサイズ大きなものの制作も可能です(縦8.5cm、横11.5cm)雪のオーナメント雪の結晶をモチーフにしたオーナメントです。ガラスはこちらの組み合わせのみです。メインに、今では廃番の雪のようなレースガラスを使っているので、ガラスが手に入らなくなり次第終了です。ツリーにぶら下げてもかわいいですよ昨年販売した時、オーナメントではこの雪のオーナメントが一番人気でした!所用時間:2時間半程度レッスン料:3700円サイズ:縦9.5cm、横8.5cmちなみに、このツリーはニトリの白樺ツリーですシンプルなので、ステンドグラスのオーナメントをぶらさげるのにピッタリでオススメです◆◆◆今回増やしたのはこちらの3種ですが、これからも体験メニューは増やしていきたいと思っています。こんなメニューがあったらいいな、こんなの作ってみたいな、というものがあったら、参考にしたいのでぜひ教えて下さい現在、万華鏡の体験レッスンを準備中…今年中に追加したいなと思っています。また、今のところ立体のものが写真立てだけなので、簡単な立体ものも増やしたいと計画中。徐々に充実させていくつもりですので、よろしくお願いします!STUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 02Nov
    • 万華鏡三昧

      こんばんはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。最近の私は万華鏡三昧始まりは、ダンナからのしつこいささやき声でした。「ステンドグラスの万華鏡、前に家にあったのよかったよなあ~」すごく前、10年以上前のことですが、万華鏡を作ったことがあったのです。うちに遊びに来たダンナの友達が気に入ったので、あげちゃってそれっきり作っていませんでした。「万華鏡、なんであげちゃったかなあ〜」「万華鏡作ったら、絶対いいと思うよ。生徒さんも作りたがると思うよ。」「はっきり言って、ステンドグラスの中で一番いいと思うのは万華鏡。ランプよりいい!」何度も何度も…。しまいには、「万華鏡のお店とか見に行かない?万華鏡の研究をしようよ!」「そこでいい万華鏡があったら買ってもいいし!」…ええっ買ってまで、万華鏡の研究??そこまでは話半分に聞いてたけど、そこでハタと気づきました。もしかして、彼は自分の万華鏡をほしいのでは…「じゃあ、もうすぐ誕生日だから、誕生日プレゼントに万華鏡作ろうか?」と言ったら大喜びそういう流れで、万華鏡を久々に作ることにしました。作り方を覚えているか、ちょっと不安でしたけどねプレゼントということで、ボディのガラスとホイールのパターンはダンナに選んでもらいました。グリーン好きなので、ボディは家にあったグリーン系のガラスの中から、ウロボロスの渋めのものをチョイス…重厚感ありますホイールのデザインは、パターン例の中から風車型をチョイスしました。ホイールのガラスを切り終わって、コパーテープを巻いたところ。材料勢揃いホイール完成!ホイールを最初はひとつにするつもりでしたが、作っているうちに欲が出てきて、もうひとつ増やして重ねてみることにしました。もうひとつのホイールは、単純な六分割のパターン。形が単純な分、ガラスにはフラクチャーが入ったものやテクスチャが面白そうなものなど、重ねると面白そうなものを選びました。どんなふうになるのかなと、作りながらわくわく作り方を半分忘れていたので試行錯誤もしましたが、無事万華鏡完成しましたホイールはひとつだけでも、ふたつ重ねても楽しめます。これはふたつ重ねた図↓のぞくと無限の世界~ダンナに渡したら大喜びで、ずーっとくるくる回して楽しんでおりました。長年ステンドグラスを作っていますが、ダンナに作ってあげたのは初めてです喜んでくれてよかった!作るまで万華鏡にそれほど関心のなかった私も、いざ覗いてみるときれいなので、何回も覗いてみたりしてそして万華鏡完成の翌日のこと。出先でこちらのDMが置いてあるのを発見しましたArt Kaleidoscope Japanが主催する万華鏡展が、なんとこのDMを手にしたその日からスタートだって!一週間しか展示期間がないのに、初日にこのDMを手にしたって…これはもう行くしかないでしょということで、昨日このDMを片手に万華鏡展に行ってきました。代官山の駅からすぐのところにある一軒家ギャラリー「SPACE R」。入場料500円なのに、DMを持っている人は無料っていうまたもやのラッキーこちらが全体図…奇跡的に誰も写ってなかった一枚万華鏡にはそれほど詳しくない私は、一つ一つ覗きながら、多種多様な万華鏡に衝撃をうけました!すごすぎるー!どこから覗いたらいいのか、どこを回したらいいのか、もはやわからないようなものまで…。万華鏡でありながら、もうオブジェですこれ、サボテンの上と岩山(かな?)の上に、のぞき穴があります↓これは頭の上と、ギターの上にのぞき穴が↓上ふたつは、万華鏡作家として有名な山見浩司さんの作品で、ご本人もいらっしゃって少しだけお話ししました。20代のかわいらしい女性万華鏡作家さんもいらっしゃいましたが、そのうら若き女性作家さんの作品がこちら↓めくれたスカートの下(写真右側です)に覗き穴あるという、なかなかの衝撃作です覗いている人がいるときの図がシュールでした…写真に撮りたかった新たな着想も得て、すっかりハイテンションになって帰りました。万華鏡作り、教室の生徒さんにもオススメしたいのはもちろんなのですが、体験メニューにも加えられないかなあと思い始めました。…ちょっと検討してみようと思いますご紹介した万華鏡展は、4日の月曜日までやってますので、ご興味ある方はぜひ!楽しめますよーSTUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 14Oct
    • ヨコハマハンドメイドマルシェのワークショップ、無事終了しました!

      こんばんはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。10月12日(土)、13日(日)に行われる予定だったヨコハマハンドメイドマルシェ。一昨日は台風のため中止になりましたが、昨日は無事に開催されましたそれにしても、台風すごかったですねせまってくる時は緊張感があり、準備しても何か足りない気がしてましたが、おそろしい暴風がやってきたかと思うと、わりとすぐに過ぎ去っていきなり静かに…。我が家のネコも挙動不審で、上に登ったり下に降りたり動き回っていましたが、台風が過ぎると安心したのか気持ちよさそうに寝てましたこういう自然災害があるたび、人間も自然の中で暮らしている動物なんだなと思います。被災された方々には、一日も早く安心できる日常が戻ってきますように…。そんな台風翌日の昨日、すごい暑さと真っ青な青空のもと、一日だけのヨコハマハンドメイドマルシェが行われましたなんと、入場無料台風の影響で出店できなくなった方も、ワークショップが開けなくなった方もいらっしゃり、そういう状況でイベントを開催する…ということを鑑みての「無料開放」だったのでしょう。運営の方の判断の難しさ、ご苦労を考えると、頭の下がる思いです。そのおかげもあったのか、イベントはとっても多くの人で賑わっていました。開催してくれて本当によかったこのイベントだけでなく、周辺のみなとみらい地区には三連休を楽しむ人たちがいっぱいで、なんだか見ていてうれしくなりましたSTUDIO GLASSNOTEのワークショップも、当日受付を含めて満席になりましたご予約いただいた方で、当日ご来場できなかった方が1名いらっしゃってとても残念でしたが、7名で無事にワークショップが開催できました。受付が始まる前は、ひとりも希望者がいなかったらどうしようなんて思ってましたが、集まっていただけて本当にうれしい一日目にご予約いただいていた方、二日目にご来場できなかった方、いつの日かお会いできますように…。さて、ワークショップレポですステンドグラスの作業工程はガラスカット↓コパーテープ(銅製のテープ)巻き↓ハンダ付け↓洗浄となります。普段、体験レッスンのときは「ガラスカット」までこちらでやって、それ以降を参加者様にやってもらいます。でも、今回のイベントでは1時間半の時間制限があり、普通にやっていては間に合いません。なので、一段階先の「コパーテープ巻き」までこちらでやることにしました。ただ、全部やっちゃうと工程が一つ減っておもしろくないよね…ということで、2ピースだけ参加者様にテープ巻きしてもらうことにしましたみなさん、巻き巻き中集中してますその後、ハンダ付け。私がデモをやって、みなさんにやってもらいます。ハンダ付け…みんな真剣です。「何やっているの?」「ハンダ付け?」と興味をもって覗いてくる方も結構いらっしゃいましたよ。最初はみなさんとまどいながらでしたが、どんどんハンダやハンダゴテの扱いに慣れてきて、最後の方にはすごいスピードアップしてきてビックリしましたできた人から丸カンつけて洗浄。皆さん初めてさんでしたが、熱割れもせずにしっかりと完成できました予定通り、1時間半で終了〜💕ご感想もいただきました。★丁寧に教えていただき、楽しかったです!★初めてステンドグラスを作り挑戦しました。ハンダが難しかったけど、丁寧な指導でとても楽しくできました。ありがとうございました。★ハマりそうです。★ありがとうございました。★色を選びたかったですが、とても楽しかったです。ありがとうございました!!他にも色を選びたかったという意見があり、今後の課題ですね今回、テープ巻きまでこちらで済ませてしまったので致し方なかったのですが、工夫して短時間でもガラスを選べるような形で次は考えたいですまた、アンケートで全員満足度は「大変満足」か「満足」を選んでいただけたので、それはとてもうれしかったです私、疲れましたが めちゃくちゃ楽しかったーーみなさんステンドグラスに興味・関心をもってご参加下さっているので、本当に前向きで、私もエネルギーをいっぱいもらえましたスタッフとして入ってくれたWさん、ダンナくんも、どうもありがとうございましたご参加いただいた方には、体験レッスンの半額チケットをお渡ししたので、お気軽に体験だけでも来ていただけたらうれしいな体験メニューは、現在写真立てとクロスオーナメントですが、近々メニューを増やす予定です。現在のメニューは、どちらも100種類以上のガラスの中からお好みのガラスを選んで、自分だけの一品を作れるものです。今回のワークショップでは色が選べなかったので、次は色が選べる体験をしてもらえたらと思います今回の反省点を活かして、ワークショップまたやりたいですSTUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 11Oct
    • 明日のワークショップ中止のお知らせ

      こんばんはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。楽しみにしていた明日から始まるヨコハマハンドメイドマルシェのワークショップ。やっぱり台風のため明日の開催は中止となりましたこればっかりはもう、仕方ないですね。ご予約いただいた方にお会いできないのが残念ですが、またいつかお会いできたらうれしいな・・・。日曜日は開催予定ですので、よろしくお願いしますヨコハマハンドメイドマルシェのサイトはこちら↓ヨコハマハンドメイドマルシェご来場を検討の方は、こちらで情報をチェックしてください今日は、ワークショップのお手伝いに来てくださる生徒さんと打合せをしました。段取りを伝えて、意見を出してもらい、とりあえず一安心これから急いで台風対策しまーす写真は、今日のなーちゃん。まん丸な目がチャームポイントですSTUDIO GLASSNOTE info体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram

  • 10Oct
    • 叶神社へ行った話②

      こんにちはステンドグラス工房STUDIO GLASSNOTEのAkemiです。台風近づいてますね…台風がいらっしゃる日がワークショップと丸被りなんですけど逸れてくれないかなあなんて思っていたけど、多少逸れてもあんなに大きいと影響は免れませんよね…円がでかすぎる~少し前まで、ワークショップの事前予約が増えてきて喜んでいたのですけど(日曜日は残席僅か、土曜日は余裕あります)。予約された方は無事来れるのかしら…心配ヨコハマハンドメイドマルシェからの今日の発表では、土曜日の終了時刻を早める検討をしているそうです。台風の進度や鉄道の計画運休などによっては、土曜日は中止となる可能性も…と書かれていました。日曜日はふつうに開催予定だそうです。私としては、準備をしっかりするのみもし中止や時間変更などありましたら、明日ブログとインスタでアップしますねでは、前回の記事↓叶神社へ行った話①からの続きです前回は、西叶神社へお参り→対岸に渡し船で渡る→東叶神社へお参り→裏山へ上る…ところまででした。叶神社の社殿を参拝後、裏山の上にある奥宮へと向かった私たち。200段以上の階段を登りきると、森はさわさわと静かな音がして、木漏れ日もやわらかくてしばし森林浴…どちらかというと山派なので、こういうところは大好き海も見えます…黒船が浦賀に来た時には、ここからも見えたとか。ここで、勝海舟さんが咸臨丸での太平洋横断前に断食修行をしたそうです。幕末にペリーさんが浦賀に来て、日米修好通商条約が結ばれて、そこから初めての日本からの使節団がアメリカに向かい…その護衛をしたのが咸臨丸だったのですね。出発前、どれほどの覚悟だったでしょう。断食中に同じような景色を見たのだと思うと、なんだか不思議な気持ちです。山を下りたら、眼下には浦賀湾。続いて、社務所でお守りを見つつ、神社の方とお話しタイムいろんな話が聞けて、おもしろかったです最近、勝海舟さんの子孫の方々が、ここにグループで来られたとか!勝海舟さんは子だくさんだったそうで、子孫繫栄しているらしいです。DNAのせいか、子孫の方々もみなさま優秀だとか・・・間違いなくDNAよねまた、「あっちにある小さな神社は身代わり弁天様と呼ばれていて、ご利益がすごいってお参りに来られる方が多いんですよ」という話を聞いて目を向けてみると…。見逃してしまいそうな小道の向こうに、小さな神社が見えました。すごく小さいけど、めちゃめちゃきれいなんです、佇まいがああ、ここにお参りするために今日ここに来たんだった!って、見てから気づいた私の困りごととも多少被っていたので、しっかり参拝。このすぐ近くには、勝海舟さんが断食修行前に水垢離をした井戸があります。この井戸のお水で銭洗いできるようになっていて、洗った硬貨を身に着けることで開運・金運のご利益があるとかもちろん洗いますとも!御朱印もいただきました力強いそんなこんなの、見どころいっぱいの叶神社参拝でした。近くだけど、気分的にちょっとした旅行だった~叶神社さんには勾玉御守というステキなお守りがあるんです。西叶神社で授けてもらった勾玉を…東叶神社の御守袋に入れて身に着けていると、願いが叶うっていう御守源氏再興の大願を叶えたことから叶大明神と呼ばれるようになったこの神社…。ふたつに分かれた神社をつなぐことで良縁のご利益が得られ、大願成就できるということらしいです。人との縁に恵まれたらいいなあ~。そして、勝海舟の井戸(すごい省略)で銭洗いした500円玉。これを入れるための袋も社務所には置いてあったのですが、どうせ身に着けるなら勾玉の御守袋に一緒に入れたらいいやと思い、買わずに帰りました。帰ってみて気づく…お守り袋小さいやーん500円玉が入る大きさではなかった…1円玉にすればよかったで、どうしようかなあと思いつつ放置していたのです。…そこから数日後。ブログでつながっているバッグ作家さんのブログを読んでいると、在庫のセールをやるとの記事がどんなのがセールされているかな~と、ぽちっと見てみると。なんとなんと500円玉を入れるのに、これ以上ないほどぴったりのものがあるではないですかぴったりすぎるそのバッグ(ネックレス?なんていうんだろう)、速攻でポチリました。私、minneで初めてお買い物したわ~。それがこちら、シルバーの革で作られた「ジュエリー in Jewel」↓いっぱい写ってるけど、ジュエリー in Jewelは500円玉と御守に挟まれてますしおりとアロマサシェはプレゼントに入ってました…うれしいな大きさぴったりだし、身に着けられるし、最高ですしかもとびきりのセール価格。。。セールになってなかったら、この500円玉を入れるものとして思いつかなかったと思うよ~中もかわいいのです。ヨコハマハンドメイドマルシェで、これを首からぶらさげてウロウロしている人を見たら、それは私ですという後日談までついた叶神社さんでしたバッグ作家さん、彩さんのブログはこちらです↓五感を刺激する手作りバッグ&技術がきちんと身に着く職業用ミシンで作るバッグ教室Quilavieumきらびうむ@新百合ヶ丘たまプラーザもうセール品は残ってないかなあ・・・ステキなバッグいっぱいですSTUDIO GLASSNOTE infoヨコハマハンドメイドマルシェ秋でステンドグラスワークショップを行います。ステンドグラス講座「アンティークガラスで星のオーナメントを作ろう」【日時】 10月12日(土)12:00~13:30 10月13日(日)16:00~17:30【場所】 パシフィコ横浜  みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩3分  JR京浜東北線・横浜市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩12分【定員】各8名【年齢】12歳以上【料金】3000円*汚れてもいい服装でお越しください。*9月20日より事前予約が始まっています。 ご予約は、ヨコハマハンドメイドマルシェホームページよりお願いします。ヨコハマハンドメイドマルシェホームページ(ワークショップ)体験レッスン・レギュラーレッスンとも生徒募集中です。詳細につきましては下のページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE体験レッスンSTUDIO GLASSNOTEレギュラーレッスン工房についての詳細はSTUDIO GLASSNOTEのホームページをご覧ください↓STUDIO GLASSNOTE WebsiteInstagramもやっています↓STUDIO GLASSNOTE Instagram