この世界に残されて

 

という映画を見ました。

 

ホロコーストを生き延びた男性と、少女の話。

男性は42歳

少女は16歳。

いつ戦争が終わったのかなと思う。

 

男性は婦人科の医師で、少女が生理が来ないから、ということで

病院で会ったのが最初の出会い。

 

少女は多感期で、学校では反抗しがちだし、

孤児院からひきとってくれたおばさんにもたてついてる。

それで、強引だなと思ったけど、

男性の家でも過ごせるようになる。

 

少女は、両親がいなくて(死んだのをまだ囚われているといったのだろうか)

妹も死んでいる。

 

お風呂のシーンがあって、

ちっちゃい自分が出てきたのかなと思ったけど、

妹とお風呂に入っているのを思いだしているのだった。

お風呂は水につかってると、なにかを思いだしやすいというけれど。

 

 

 

男性が髭をそっているのをみると、

自分が平和だった時の父も、髭剃りに泡をたてていたのを

思いだす。

少女は、自分の生活の一片一片に何かをおもいだすようだった。

 

男性の表情がとても・・・なんというか、

中年的な魅力だった。

困ったような、穏やかなような、受け入れるような。

 

綺麗な奥様がいて、子供がふたりいて、幸せだったのを

ホロコーストでなくす。

腕にはナンバーが彫られている(?)。

アルバムは捨てられず、でも絶対見たくないと鍵をかけている。

 

穏やかに仕事に精を出している。

 

42歳と16歳、

26歳差、

親子でもありうる年齢だし?

世間の目もある。昔の設定だから・・・。

 

こういう

年齢差は、レオンを思いだしたと書いてる人もいたな。

 

やはり、少女の方が、父親の面影をおううちに、

男性への想いを強くしていくが、

だんだん男性も、少女が美しくなっていき、口紅もするので、

かえりが遅くならないか、誰とでかけるのか、

ダンスパーティはパーティなのか練習なのかきく。

お互い、ずっとこのままでいたい、と思い始めている。

 

ずっと暗い画面だったけど、というか、

2人でいる画面は暗い。

人の家に行くときとかは、明るい気持ちになるというか、

世間に出てもいい、と思えるのかな。

部屋の中での二人は、いつも暗くして、何か世間から隔絶されてるようだった。

 

 

男性は女性を紹介してもらい、

少女から離れていこうとしている。

 

少女は同世代の男の子とデートするが、

いまいち身が入らない。

でも、党員とか、怖いものが生活に、暮らしに、迫ってきているのを感じる。

 

こちらの建物も、内装も、風景も

美しい。

 

男性は再婚している。

少女も、当時の彼と、結婚しようとしている。

 

これでよかったんだ、と思うような男性の表情が

とても切なさを感じた。

少女も、気がつかないふりをしていたのではないかな。

うかれていそうでもあるけど。

 

これから、彼女は新しい生活を迎えていく。

新しい伴侶をえて。

それでも、自分が傷つき、周りに責められ、生きてきたときに、

自分を励まし、穏やかに包んでくれた人のことを

忘れる事はないだろうと思う。

 

 

 

自分が傷つき、どうしようもない気持ちの時に、

長い時間をかけてそれを癒さなくてはいけないときに、

人にいてもらう、人の力をかりるのは

とてもありがたい、力になる。

 

私も、こんなふうに、誰かの成長を見守るような年齢になってるなと

思う。

 

 

占星術とは関係ないけど

「バンドオブブラザーズ」というドラマをみていて
見終わりました。

 

このあと、2001年放送か製作かで、

9.11が起こったんだなぁと思いました。

 

戦争物の映画って、何が正しいかよくわからないですよね。

最後の10話では、

戦争はほぼ終わっているのに、

成績(評価というか、貢献度とかによるのかな?)の点数によって、

除隊許可がおりない人が、

お酒や、精神的に追い詰められて事故をおこしたり、

不幸な事故になったり

そういう事がありました。

ドラマの中で、「もう帰れる」「もう無事に帰りたい」という気持ちが直接

表されるときもありました。

その中での、不幸な事件は、

いや、ごめん・・・顔がいまいち覚えきれない私でも・・・(おい)

眉間にしわがよりました。

 

私たちも事故にあったりしますが

それ以上の、もともと武器を持っている人たちですから・・・。

気分でぱっと使ってしまったり。

 

また、この隊の中でも、マネジメントというか、

あの人のことは信用できないとか

あの人ならついていける とか

そんな感じがあって、

なんか会社とかの人間関係と変わらず。。

 

信頼のおける人がリーダーだと、

隊もうまくまとまり、みな頑張ろうとする。

 

戦争がもうほぼ終わっているのに、

不幸な事故で死んでしまう人がいるのが

本当に、かわいそうだった。

戦争で、自分の攻撃が自分を傷つけてしまう事もある。

落ち着いて・・・とはいっても、

こんなところでの練習、私なら慌ててしまうばかりだろう。

 

人が死んでしまうような

極限状態の中で

結びついていく仲間、

一緒に戦ったのを誇りに思える仲間、

それらをバンドオブブラザーズと表現していたのだと思います。

 

本当に心臓に悪いのですが、

そうやってリアルに戦ってきたのだなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

占星術とは関係ないけど

「バンドオブブラザーズ」という映画?ドラマをみています。

 

2001年頃製作。

なんでこれ見ようとしたのか・・・

私は戦争物というか殺し合いの映画はあまり好きではないです。

でもフィクションの殺し合いの映画より

こういうリアルの物の方がまだ見る気になるのは

どこかで「勉強」と思ってるような気がします。

 

スティーヴン・スピルバーグとトム・ハンクス製作総指揮。

とあるから、こういう権威ものにも弱い・・・

(弱いというか、外れがないと思う!)

スティーヴン・アンブローズのノンフィクション作品 ということです。

いや、この人のも知らんけど・・・。

 

スピルバーグ監督の映画で戦争ものといえば、

プライベートライアンとシンドラーのリスト。

 

プライベートライアンは、4兄弟のうち3人が戦死してしまい、残る一人を保護して

本国に帰還させるという映画でしたが、

今、wikiをみてると、

このライアンは、ノルマンディー上陸作戦の空挺降下で行方不明に、と・・・。

これは、バンドオブブラザーズでも同じところではないですか?

 

命令を受けたレンジャー大隊のC中隊長ミラー大尉は、6名の部下と、(wiki抜粋)

 

 

とあるけど、バンドオブブラザーズでは 主にE中隊の人たちが主題になってます。

 

戦争って

人が使い捨てみたいに亡くなっていくな・・・と思います。

映画だけど。

殺させる所を見たくなくて、一回に何回も停止してしまいます。

少し落ち着いたらまた回す。

そして・・・ごめんだけど、人の顔が全然覚えられない。。。

この人はどんな経緯だっけとか思う。

 

戦争の、急に始まって人が死んでしまう、

自分もいつなるか分からない、

味方もびくびくしてるから、まちがって撃ってしまうような事が起こる。

怖い。

 

戦況の報告書を書いてて、

そういうの書くんだ・・・営業報告書みたいな感じだなと思う。

それが長いのか短いのか お手本はどんなのかもわからない

 

ノルマンディー上陸作戦とか戦争映画はいろいろある。

 

日本が行った戦争はほとんど知らない。

どんな戦場だったか

どんなことをしたのか

村上春樹さんの小説でノモンハンというのはなんか知った。

 

映画でもこうやって見れるのは良い事なのかなと思う。

古い映画で、日本の戦争物の映画とかあるのかな?

今思うとマンガとかもあるな。

 

今本当有難い時代だと思う。

ウクライナの事も分かってるけど。

 

 

 

 

 

 

リバー・フェニックス

 

映画が好きだったので

スタンドバイミーは見ていて、

ふと別の映画を見始めました。

 

恋のドッグファイト

 

恋のケンカ、でも犬とは・・・。

 

リバーフェニックスは

海兵隊員で

沖縄に出兵にいき、そこからベトナムに行くという。

出兵前の夜、仲間でブスを連れてくるという大会をしている。

一番ブスだ、という女の子を連れてきたら、その人に賞金が出るという。

そこに連れていくための女の子を探してて、

くどいて、連れて行って、

でもバレて、女の子には叩かれる。

 

その子をだんだんきちんと相手していく。

でもスラングがすごい。

 

 

 

 

出兵して、そこで映画終わりかと思った。

そしたらまだ続いた。

ぼけっと話してる時に、降ってくる銃弾。

そこで死ぬ仲間もいる。

 

街に帰ってくると、ラブアンドピースの頃の服装の人たちがいっぱい。

(フォレストガンプの映画もこんな時あったな)

 

 

若いだけで志願して

勢いで楽しんで、給与ももらって

でも、ふとした瞬間に死んだり、ケガをしたり。

映画の中で反戦の音楽を知る女の子との対比が出てくる。

 

つるんでいた仲間は3人はどうしたんだろうか。

タトゥーが増えていたから、そういうことかなと思う。

 

1970年で、今生きてたら52歳、

ぺ・ヨンジュンとキャメロン・ディアス、

ジュード・ロウがこの年生まれ。

まだまだ映画楽しめたかな・・・。

 

とも思うが、よくわからなくて、

月おうし座の人がぱっと売れて、周りに振り回されたらしんどそうな気もする。

23歳でなくなるなんて早すぎると思うけど。。。

 

水星と冥王星がおとめ座ですごく近い合なので

神経質なくらい考える人、

作家とか文章を書く人になってたらよかったのかな・・・と。

 

 

 

双子座新月でした。

 

木星が牡羊座に入ってます。

木星が牡羊座入ったばかりの時、

なんだかすごく勢いを感じました。

太陽も双子座に入って、風と火の相性とか勢いをぐんと

感じたのだと思う。

 

今回、東京でみた新月は・・・

 

太陽と月は双子座で6ハウス。(5ハウスも少し入ってます)

 

山羊座がアセンで、天秤座がMC

冥王星が1ハウス

土星が2ハウス、

3ハウスに木星火星、海王星とキロン・・・

 

全体的に下半分にあるので

個人の世界をホリホリしていくような新月です。

 

 

1ハウスが山羊座、土星ルーラーなんですが

こういう図は、非常に努力家、

いつまでやっても「私はまだまだです」っていう

意識があるそうです。

ただ、冥王星が1ハウスにあるので、

わたし、底力あるでーーー!というのも感じます。

 

双子座で、太陽と月があり、

サビアンは

「飛行機が急降下する」

上空を飛んで高い場面の知識や意識を

下にもっておろす、とあります。

 

今回、その動きは3ハウスの火星木星とつながっています。

太陽と月は、得た情報などを、お披露目するような、

粗削りでも見せるのですが、

それが牡羊座の火星、木星で余計に勢いづいているようです。

 

水星はおうし座で、逆行中。5ハウス、

クリエイティブ、創造や恋愛のハウス。

知識やしゃべりは楽しく実用的に、て感じ。

堂々としてるし、含蓄のある言葉を使う事で、

自分の意見が他人に響きやすいです。

MCのルーラー、金星は4ハウスで、

おうちが好きです。

 

 

今回の新月で、大事なのは

自分の持ってる知識や、教えられた知識を

周りに、人に与えて仕事場やバイト先、で貢献しよう、っていうことです。

 

自分がいいながら、行動したら

絶対役に立つし、ありがたいと思ってくれる人もいます。

 

伝える時は、自信をもって(冥王星)

データもあるとよいし(土星)自分の出来事にからめてもいいし(それが万事につながる)

多少脚色くわえたり色つけても可。(海王星)

 

内面を深めていきましょう。

 

6/29の新月では、急に表舞台にでる感じなので。

 

 

 

 

昔、絵が好きで。

今も好きですけど、昔ほどは見てない・・・

 

ルソーとか

ボッティチェリとか

鉄板的なものが好きでした。

 

ロセッティとミレイがペアになった週刊美術館

ディエゴスティーニみたいな感じの雑誌があって

ホロスコープをいつか見よういつか見ようと・・・

 

 

 

 

 
ロセッティは、wikiからみたら分かるけど、まあイギリスのきれいな女性の絵ばかり
書いてる人です。
樹木希林さんが
本でオフィーリアをパロディにしてた気がするな・・・
 
wikiにのってないけど
女性との恋愛から多くの創作上の霊感を得た、とある。
 
晩年、いろいろあったのか薬物依存で亡くなっているそうです。
 
 
 
 
 
ミレイは本によると
史上最年少の11歳で、ロイヤル・アカデミーに入学とあります。
ふたりともラファエル前派同盟を結成した仲間なんですが・・・。
 
ミレイは一つ一つの絵はあまり知らない感じだった・・・。
私は。
ロセッティの方がよく見てました。
 
ホロスコープを見てると
ロセッティはとにかく固定宮が多いよね。おうし座と蠍座ラインに
太陽、水星、木星があって、
月が境目だけど、画家なんだから牡牛座よなと思ってる。
 
金星と土星が蟹座にあって、
身内でわいわい固まりそうな人だし、
土星と海王星の180度は、はかなさを求めそうだよね。
画家って金星なんかなーと思うけど表現力として水星は欠かせないだろうし
でも使い方がよく分からんわと思います。
 
ミレイは
太陽双子座、金星双子座で
軽いんですよね。
流動的な感じで、若くしてアカデミーに入学とあったから
若い時から賢いんかなと思います。
 
土星と天王星の180度が新しい革命をおこすって感じっですよね。
火星と水星、冥王星の90度も気になるし、
なんか激しそうです。
 
 
ロセッティのほうが金星と冥王星90度があり、
情熱が濃くて愛が深すぎてちょっとついていけない感じもする。
だけど絵に関してはめっちゃ自分の絵を突き詰められるのかなと思う。
 
1歳学年違いの二人でした。
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

ラブレターの日 ネタフリガチャってのをひいてみたです。

 

お世話になっているお仕事仲間に愛の言葉を。

 

いつもありがとう。

仕事をして、お菓子を食べて、少ししゃべって

また仕事をする。

めんどくさい仕事も急がないといけない仕事も

少ししゃべってぱーーーっとやって

やり方悩んでうんうんして、少ししゃべったら

勝手に糸口つかんで あ、これでやってみようって

なる。

あなたのおかげで

コツコツ仕事を続けられています。

ありがとう。

 

 

キャンペーン詳細をみる

 

みんなの投稿をみる

 

先日、太陽がふたご座入りましたが

そのとき、ちょうど水星と太陽が重なっていて、

なんか私は勉強とか新しくやりたくなりましたよ。

 

いや、古い勉強をまたやりだしたっていうか、

ほっといてるのをまたやろうとするというか・・・。

 

 

 

そう、この日は太陽と水星のふたごが

木星牡羊座ともいい角度つくって

知りたい、なにかを学びたい

そんな太陽水星の気持ちと木星がむすびついて

勢いありそうだなと思っていました。

 

5/21、22のがちょうど土日でした。

土日にお勤めのひともいるかと思います。

 

勉強については

今野時期、するのが良いです。

今、ちょうど学年で中間テスト前とか

実力テストとかありそうな時期です。

勢いつけるのによい日だなと

思います。

 

 

シュガーラッシュという映画の

続編の映画をみました。

 

男の子?と女の子の

ゲームの中のキャラクターが

しゃべって行動しているストーリー。

 

ゲームの中のキャラが、ゲームしていない間にこんなことしてるって

思える辺りが、少しトイストーリーに似てるような気がする。

 

ポップアップ広告のこととか、

ネット内のウィルスのこととか、

わかりやすく表現してくれて、それは面白いと感じた!

 

このゲームのキャラの動きをみて、

そしてストーリーを楽しむけど、

本当はこのゲームの中の(手元のスイッチを見て考える)

キャラクタ。

 

ふと思う、

自分も・・・何かのキャラなんじゃないかと。

自分の腕のなかを血管がとおり、血が流れる、

その中の1つの細胞、それにも意識があって、

自分が進んでいくとか運んでいく、

そんな気持ちがあればいいのにと思う。

 

 

蠍座月蝕でした。

 

パワフルですってみんながいう。

そうなんや・・・。

と思って見てたら

月と太陽と土星のTスクエアができていました。

 

昨日のままでいうと社会的な自分、うち的な自分を

世間や社会の評価からがっつりみられてます。

水瓶座土星から、なんというか、こちらが

世間がイレギュラーというか、昔ながらの保守的なんではなくて

少し新しい事を押し付けられていくような感じもします。

 

太陽と月は3ハウス9ハウスで、

学び、めざし、より知って行こう、学ぼう、というハウスにいます。

全体的に星は西側にあり、他人との関係が大事といっています。

 

火星と海王星の合、

5ハウスの冥王星があります。

 

人からひっぱりあげてもらえるような満月の図ですが、

夢を見たりすると現実に返されそうになるような感じはします。

でも新しい人間関係などから発展します。

 

金星はキロンと重なって8ハウスにあり

傷みのある愛ってなんやろう・・と思います。

不倫とか浮かびましたが。

愛を通して自分の古い心の傷を思いだすようなそんな感じです。

 

私は家族との関係で愛と痛みはがっつり感じています。

 

 

  月のサビアン

 

月のほうのサビアンは

インディアン 

自分の暮らしを新しい場所に移すというか・・・

蠍座なんですけど、射手座にむかう準備してます。

 

だから蠍座、おうし座なんですけど、動こうとしていく意思はあります。

 

 

この満月はアセン、MCともに水星がルーラーです。

 

水星は双子座4度にいて、そして逆行しています。

ノーアスです、ほぼ。

冥王星と結んでもいいかな・・・。

だから今回、人からのご縁や直感が打開策になるとは思いますが

自分でああかなこうかなって考えたり

とってきた情報ってなんだか振り回してくれそうだな、とも思います。