『全ての就活生に告ぐ!』 絶対に負けられないキミ達へ!

『全ての就活生に告ぐ!』 絶対に負けられないキミ達へ!

就活コンサルタント身長193cm“あしなが部長”のブログです。『ボク達は就活というフルマラソンを完走させるスペシャリストなんだ。それをキャリアアドバイザーと呼んでいる、そう認識しているよ。』本気で就活生と向き合うクソ熱き情熱のSoulをキミ達へ!ベイベ!

Blog 「全ての就活生に告ぐ!/絶対に負けられないキミ達へ!」

        Mr、就活SoulDiamond~★ あしなが部長

                ≪オーケーグッド!≫の人はランキング・クリックをお願いします!


NEW !
テーマ:

就活生たちへ~

 


セミナーが終了後

学生がポツリと1人席に残ってました。

 

 

その学生は

開口一言こう言った
「私には誰かに誇れるようなエピソードが一つもありません」
そう言って大粒の涙を流した。

 


聞いてほしい

関連画像

 

一生懸命になればなるほど

その行為は当り前の行為となる。

 


当り前の行為になれば人

に語るような誇るようなレベルではなくなる。

 


しかしそれは

人間的成長をしている証であり
強く、逞しい人物へ変化している事を意味している。

 

 


その学生もそうだった。

 

 


継続してやってきた行為はないと

そう自分では言い切ってたけれど

 


ゆっくり話を深く聞いていくと

ほら、しっかりとキミのエピソードがあった

 

 

留学経験や

部活やゼミやバイトじゃなくたって

派手ではないけれど一生懸命な行為は

いつしか「当り前」な日常の行為となる。

 

でもそれは

しっかり誇れる語れる行為を築いてるって事なんだ。

 


その学生もそうだった

自分の中で当り前の行為が、
語れる行為、誇れる行為なんだとそう知った瞬間

 

 

「あった・・私にも語れるモノがあった!あったー!」っと

泣きながら「あった。。あった。。」と言葉をくり返していた。

 

 

誰にだって誇れるエピソードは必ずある。

 


絶対にある。

「写真  道」の画像検索結果


 

 

それに気が付かないのは

キミが一生懸命にその物事に取組んで
それを当り前の行為なのだと

自然に認識してしまっているからなんだ。

 

 

 

大丈夫だよ
キミがこれから4年生になるのも。

これから就職活動で奮闘する事も。

 


全ての準備は

この時の為に蓄積されているのだから。

 

 

byあしなが

 

ドキドキよければワンクリックをね! ドキドキ
      


テーマ:

就活生たちへ~

 

 

なぜ髪の色は茶髪じゃダメなのか?
なぜマネキュアやネイルした爪じゃダメなのか?
なぜリクルートスーツを着用しないといけないのか?

 

 

就活を始めると
いろんな「なぜ?」がキミたちを襲って来るね

 

 

例えば

 

 

キミに仕事を任せると言う事は
キミはその会社の看板を背負うってことになる。

 

 

もしキミがその仕事が営業であれば
キミはその会社を代表して
企業や個人と会っていることになる。

 

 

その責任は重い。

 

 

 

 

キミ一人が仕事をやって
責任を取ればいいものではなく

 


その責任は会社が取るんだ。

 

 

仕事は責任というレールから
外れることが許されないんだよ

 

 

だから企業はしっかりと
義務と責任を持てる人物

 

世の中の常識やルールや約束事を
しっかり当たり前に理解してる人物を採用しなければならない

 

 

 

これは企業の責任なんだ。

 


 

いろいろなマナーやルールが世の中にはあって
それを自分の視野で物事を見て知って判断する

 

 

その義務と責任を果たせた者だけが
簡単な自由を手にすることが出来る。

 

 

 

それを社会人適合能力という

 

 

 

まずは、世の中の常識を笑うなよ。

 

「写真 スポーツ 握手」の画像検索結果

 

 

byあしなが

 

ドキドキよければワンクリックをね! ドキドキ
      


テーマ:

就活生たちへ~

 

自分が行きたい方向へ舵を取る事。

それは大切な事だけれど・・


それで犠牲になる人や
迷惑が生じる人が現われるなら


その舵取りは正しくはない。

 

 

己が打ち立てた目標に挑戦する事。

それは大切な事だけれど・・


それで誰かを無視したり
人の信頼を失う行為が伴うなら


その挑戦は正しくはない。

 

 

大切な事と正しい事は
いつも同じだと決っちゃいない。

 

 

キミが意中の企業に行く事・・

それは大切な事だけれど


それが正しい判断かどうかなんてわからない。

 

 

じゃどうする?

 

 

だからしっかり業界勉強をする
志望する会社のその業界の
横の動きや縦の動きなど
いろいろ調べて行く・・・

 

 

すると
いろんな情報が
いろんなところから
得る事が出来たり知る事が出来たりする。

 

 

 

なぜなら

 

 

正しい判断とは
圧倒的な知識と経験の中からしか
生まれて来ないんだから。

 

「写真 エベレスト登頂」の画像検索結果

 

 

だから業界勉強・業界研究をやろうと言う
そして企業へ足を運べ実際に話しを聞け
回数を増やせ理解を深めなさい、と言う。

 

 

正しい判断が、
圧倒的な知識と経験の中からしか生まれて来ないのならば・・

 

 

 

それをこなすだけです。

 

 

 

それだけの価値が
キミが向き合うこの就職活動にはある。

 

 

そして、それに気が付いた人が、
実は「勝ち」だとボクは思ってる。

 

byあしなが

 

ドキドキよければワンクリックをね! ドキドキ
     


テーマ:

就活生たちへ~

 

 

面接で必要な基本要素とは?


「明」「元」「素」


つまり明るくて元気で素直!この3つ!

 

 

なぜ笑顔や元気が必要なのか・・?
今回はその理由を理解して
是非、実際に生かして欲しく思います。

 

 

よく経営者や人事側の人達に
採用したい人物要素は?と聞くと


必ず最後にこう言います。

 

 

「・・でもプラス明るく元気がある人じゃないとダメですねぇ」ってね・・

 

 

なぜなら、仕事って

たとえ自分の家族が病になったとしても
たとえ自分の体調がどんなに悪くても

 

仕事では必ず笑顔を持って
その業務やお客側と接しなければいけない

 

 

なぜなら

業務もお客側もそんなこと一切関係ないからね

お金を稼ぐ、お給料を貰う、とはそういう事。

 


だとしたら、どうだろう・・

 

 

笑顔の1つも出せない人物を採用して
仕事が上手く行くと思うかい?

 

上手くなんか行かないよ。

 

 

 

シンプルに面接における
笑顔や元気の必要性って実はここにある。

「子供 笑顔 写真」の画像検索結果

 

 

次に
ある企業の説明会に参加した時の話です・・

その説明会は企業の役員が登壇して
和やかに笑いも含め非常に穏やかに進んで行った

 


・・とそう思われた次の瞬間

 

 

「いいですか皆さん!」

 

 

役員が急に語気を変えました。

 

 

我々は日々会社を守る為に
必死に仕事をしています!

 

従業員その家族を守る為に
毎日必死に仕事しています!

 

だから我々は常に健康で
常に元気でいなければいけません!

 

私共は必死でそれを毎日維持しています!

 

そんな我々を前にして
皆さんは面接にいらっしゃる・・

 

 

一体皆さんはなぜ面接に来るのですか?

 

 

当たり前のことですが
そんな我々を目の前にして
皆さんは我々以上に元気ありますか!
皆さんは我々以上に笑顔ありますか!

 

関連画像

 

 

・・・と50名近くを前に語りました。

 

 

学生の半分以上が驚いた顔をしていました。

 


しかしこれこそが
企業の本音なんです。

 

 

おそらくこれまでは、
笑顔と元気が必要とされる
その理由が曖昧なままで
面接を考え挑もうとしてたんじゃない?

 

 

笑顔も出せず
元気も見せられず
それでは絶対に通らない

その1つの理由がここにある。

 

 

 

なぜ笑顔なのか
なぜ元気なのか

 

 

その必要性がわかれば
今からでも
キミ達はいくらでも変われるよ。

 

 

byあしなが

 

ドキドキよければワンクリックをね! ドキドキ
      


テーマ:

就活生たちへ~

 

 

 

自分の居場所確保の為に

企業選びを考えてる学生郡

 

 

 

この学生郡の居場所がなくなる時代になったね。

 

 

 

就活の考え方や

自分の思考の持ち方

改めてもう一度考えてみようか・・

 

 

 

すでに数年前から

日本はグローバル人材育成に注力しています

 

 

 

経済産業省はグローバル人材育成の取組として

グローバル人材育成委員会を立ち上げ

2010年からすでに始めています

 

 

なぜグローバル育成が必要なの?

 

 

それってどういう事なの?

 

 

 

就活生たちは

これからの企業が求めていくだろう

人材及び育成方針その方向性は

知っておいた方がいいかと思うので書きます。

 

 

 

そこにこれから挑む企業への

自分の在り方が見えてくるはずです。

 

 

 

 

戦後、製造力を失った日本は、

世界市場への輸出基地になる為

限界まで製造力にリスクを取って投資した。

 

 

 

米英よりも桁外れに効率のよい工場を

沢山増設した事が国の推進力となった。

 

「写真 工場」の画像検索結果

 

 

もう一度、この国の経済成長に期待するなら

世界のトップレベルを超えた産業構造を持つこと。

 

 

 

 

それは、工場などインフラではない。

 

 

 

最優秀人材を揃えること

 

 

 

 

高い付加価値を出せる企業体に変わること

 

 

 

 

この2点。

 

 

 

それにはこれからの大学の動きで

日本の産業力が確実に左右されると思う、

 

 

つまり大学自体の存在意義を改めること、

それは優秀な人材の排出につながる。

 

 

 

必死に残業して頑張りいいモノさえ作れば

世界へ輸出し儲けるビジネスの時代は10年前に終わった

 

 

 

グローバル企業を動かすのは

超優秀な一握りの人材・・

 

 

 

例えば

 

 

 

世界的に使われてる

フェイスブックはハーバード。

グーグルはスタンフォード。

 

 

 

日本の東大、京大のようなものと思っていては大きな間違い

世界ランキングでは

日本の大学はトップ50に入っていないんだね。

 

 

 

そこで考えよう

 

 

 

これまでの企業の採用は横に縦にと

きちんと考え協力し整列出来る人物を認め採用した経緯はある。

 

 

 

組織体制へ順応出来る人

 

 

会社統制に理解や納得出来る人物

 

 

 

つまり

 

 

 

製造力を桁外れに効率上げるため、

 

 

例えば工場等の管理体系の下で

規律に従い確実に実績を築く人物が

採用の基準値みたいなところが有ったと思う。

 

 

 

でも、これからは違う様な気がする。

 

 

 

一人でも生きて行ける人物

 

 

 

自分で考え行動でき結果を残せる人物

 

 

 

つまり自分で会社を経営出来るくらいの

高い意識レベルを持った人物が

採用の基準値になるんじゃないかと思う。

 

 

 

これからはもっとグローバルな社会になり

産業構造が変わり会社組織体制当然変化してくる

 

 

 

 

企業は変化し対応していかなければ

すでに存続出来ない時代がもう来ている

 

 

 

自分でも起業出来る位の

ポテンシャルを持った人物を企業は求め、

 

 

強靭な組織体制を形成する

そんな方向を示すことは間違いじゃない。

 

 

 

必死に残業して頑張り、いいモノさえ作れば

世界へ輸出し儲けるビジネスの時代は10年前に終わった

 

 

 

 

グローバル企業を動かすのは

超優秀な一握りの人材だよ。

 

 

 

そこにこの国の意図はあり

経済産業省のグローバル人材育成がある。

 

「写真 日の出」の画像検索結果

 

 

だから就活生たちにも考えてもらいたいんだ

 

 

 

自分の居場所確保の為に

企業選びを考えてる学生郡

 

この学生郡の居場所がない時代になった

 

 

 

時代は急激に変貌している

 

 

そして更に変貌していく

 

 

 

この時代ではなく

 

 

 

 

これからの時代を考えよう。

 

 

 

byあしなが

 

 

ドキドキよければワンクリックをね! ドキドキ
       

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス