ゆきえの登山日記





 


【日本百名山】の山行記録と集めた”山バッジ特集”

  • 20Sep
    • 2019年夏山/五竜岳&唐松岳★④最終回

      2019年8月17日~18日  _____北アルプス/五竜岳&唐松岳_____その①・・・白馬五竜スキー場テレキャビン~リフト~地蔵の頭~一ノ背髪~小遠見山分岐~中遠見山その②・・・中遠見山~大遠見山~西遠見山~白岳~唐松岳分岐~五竜山荘その③・・・五竜山荘~夕景~五竜山荘泊 2日目・五竜山荘~五竜岳~日の出~五竜山荘続き・最終回です。2日目/8月18日朝4時に五竜山荘を出発して、ヘッデン点けて、五竜岳へ登頂。山頂で日の出を眺めました。五竜山荘に戻り、トイレを済ませ、デポしたザックを担いで6時40分唐松岳へ縦走です。五竜山荘五竜山荘に別れを告げ、出発。すぐ、分岐です。遠見尾根を分けます。唐松岳と縦走路。良いお天気です。あっ、コマクサ~~。高山植物の女王「コマクサ」トウヤクリンドウ越しに五竜岳。五竜さ~~ん  ありがと~~う。イイお山です。気持ち良い縦走路。唐松岳を目指して進みます。五竜岳の右側に立山と劔岳がくっきりと。劔さま、本日、ご機嫌がよろしいようです。大展望~~。トウヤクリンドウが開いています。そして___これより岩場岩場の始まり~~先行するの登山者の姿が見えます。ここが牛首かな今回はセルフビレイせずに通過できました。お天気が良く、足掛かり、手掛かりもしっかりしています。無事通過です。唐松岳頂上山荘にとうちゃこ~~。9時20分。唐松岳頂上山荘にとうちゃこ~~。昨年、白馬鑓温泉から不帰ノ嶮を通過して、ここに宿泊しました。あれから、ちょうど1年が経過しました。思い出がいっぱいです。過去ブログ2018年8月16日~18日・・・「北アルプス・岩の稜線「不帰ノ嶮」ダイジェスト2018年8月16日…「白馬槍温泉から不帰のキレットから唐松岳その①」2018年8月18日・・・「唐松岳でご来光。モルゲンロート不帰ノ嶮」山荘前にザックをデポして、唐松岳に登ってきます。すぐ、コマクサが咲いています。唐松岳頂上山荘を振り返ります。右側に___不帰ノ嶮(かえらずのけん)と天狗の大下り唐松岳にとうちゃこ~~。唐松岳(2696m)山頂三角点タッチ10時前ですが、山頂でブランチタイムお湯を沸かしていただき、カップ麺を食します。コーヒーとオレンジ。至福の時間です。では、展望です。今朝登った「五竜岳」立山・劔岳。素晴らしい眺望です。五竜から歩いてきた稜線。不帰ノキレット過去ブログ参考にどうぞ!2018年8月16日~18日・・・「不帰ノキレットから唐松岳」唐松頂上山荘へ戻りました。デポしたザックを担いで下山です。唐松岳と唐松頂上山荘晴天。ありがと~~う。登ってくる登山者が多く、渋滞しています。八方尾根を下ります。丸山ケルン通過残雪。少なかった~。八方池に到着。お花畑と八方池昨年はここが鏡のようでした。白馬三山が綺麗にみえました。参考にどうぞ過去ブログ2018年8月18日・・【八方池に映る白馬三山と不帰のキレット】↓その時の画像です。(2018年8月18日の画像)ハッポウウスユキソウハッポウワレモコウハッポウセンブリ主な花だけを掲載です。八方尾根の公衆トイレグラートクワッドに乗り、無事に下山しました。下山後タクシーで白馬五竜スキー場の駐車場へ。エスカルプラザの日帰り湯で汗を流しました。「白馬姫川温泉・竜神の湯」この温泉は初めて入湯。遠見尾根を下山した登山者が多いです。お疲れ様でした。2019年夏山が終了です。完。ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 19Sep
    • 2019年夏山/五竜岳&唐松岳★③

      2019年8月17日~18日  _____北アルプス/五竜岳&唐松岳_____その①・・・白馬五竜スキー場テレキャビン~リフト~地蔵の頭~一ノ背髪~小遠見山分岐~中遠見その②・・・中遠見山~大遠見山~西遠見山~白岳~唐松岳分岐~五竜山荘続きです。1日目/8月17日 ロングコースの遠見尾根を登ってきました。昼過ぎ「五竜山荘」に着きました。途中、ランチタイムを取らず、行動食だけで登ってきてしまいました。五竜山荘8人女性部屋。狭いですが、布団1枚に一人。この日は7名でした。ザックを部屋に置き、外のテーブルで昼食兼飲みタイム。13時25分。一人で飲み始めました。テン場この日は混みあって通路にも張ってありました。この場所から遠見尾根が眺められます。遠見尾根を歩いている登山者が見えます。到着後、五竜岳山頂へ登る時間はありましたが、ガスっているので、明朝、登ることにしました。ゆっくり飲んでいると、リーダーさんもやってきて、ランチタイム。そうだ、目的のTシャツ購入しなくちゃ。売店へ行き「山が好き 酒が好き」のTシャツを購入してきました。希望の色のサイズが無く、サイズがあったレモン色を購入しました。夕食は17時から。カレーライスとお味噌汁とデザート明朝4時に出発なので、早く布団に入りました。あら~。晴れてきた。夕陽が見えるんじゃない?と誰かの声で起きだし、外へ出ました。17時30分。皆さん外にいます。青空~。リーダーさんもテントから這い出してきました。夕陽がみられそうですね。ブロッケンも見られそう。遠見尾根にガスがあるのでブロッケン現象が見られそう。しばらく待つことにしました。ぼんやりでしたが、見られました~~。虹の輪ができませんでした。ブロッケン現象青空です。夕陽が見られそう。サンダルを登山靴に履き替えて「白岳」へ。唐松岳と縦走路こちらは五竜岳方面。五竜岳方面はまだガスが多いです。登山道がくっきり。白岳山頂にとうちゃこ~~。ここで夕陽を眺めます。素晴らしい展望です。三角点ありました。タッチ!唐松岳方面縦走路雲が激しく動きます。右に伸びる八方尾根。ズーム唐松岳唐松岳山頂に登山者の姿。明日、登ります。そして、五竜岳方面です。左奥に____鹿島槍ヶ岳ズーム鹿島槍ヶ岳双耳峰の鹿島槍ヶ岳五竜岳山頂がついに見えました。アーべンロート五竜岳夕陽。黒雲に引っかかっています。瞬間を撮りました。夕陽です。あっ、小鳥を見っけ~~。イワヒバリも夕陽をみてるのかな?山小屋へ戻ります。最後にもう一度____五竜岳明朝の五竜岳山頂での「日の出」が楽しみです。2日目/8月18日3時起床。そっと部屋を抜け出して、トイレを済ませ、売店の前へ。昨晩受け取ったお弁当を半分食べます。4時に待ち合わせ。私はザックを小屋にデポして水だけ持って登ります。まだ暗いです。ヘッデン点けて登ります。八峰キレット分岐4時30分。五竜岳山頂にとうちゃこ~~。五竜岳山頂日の出を待ちます。五竜山荘と登ってくる登山者のヘッデンの列。リーダーさんがお湯を沸かしてくれました。山頂でモーニングコーヒーモーニングコーヒーおいしい~~。オレンジフルーツもおいし~~い。空がオレンジ色に染まってきました。うわ~~。幻想的~5時10分 日の出くっきり劔岳も見えています。そして上空に月____【劔岳と月】月をズーム。満月ではありませんでした。立山劔岳唐松岳方面はほんのりモルゲンロート鹿島槍ヶ岳方面八峰キレット過去に八峰キレット」を縦走しています。過去ブログ2014年7月26日~27日…【鹿島槍ヶ岳から八峰キレット縦走して五竜岳】速報五竜小屋に戻ります。登りは暗かったので写真がありません。五竜山頂直下の岩場です。山頂直下は岩場の連続です。急ぎ足で掲載してしまいました。五竜山荘でデポしたザックを受け取り、唐松岳へ向かいます。続きま~~す。続き・・・その④最終回ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 18Sep
    • 2019年夏山/五竜岳&唐松岳★②

      2019年8月17日~18日_____北アルプス/五竜岳&唐松岳_____その①・・・白馬五竜スキー場テレキャビン~リフト~地蔵の頭~一ノ背髪~小遠見山分岐~中遠見続きです。1日目/8月17日 白馬五竜スキー場のリフト終点から歩き出し、一ノ背髪を通過。小遠見山は巻いてしまいました。「中遠見山」に到着。ロングコースの遠見尾根を夏に登る事。水場が無い事など不安がありました。中遠見山この先の長い登りを考え、立ち休憩で出発です。この先、少し下ります。ちらり雪渓。五竜山頂は雲隠れ。この雪渓は「カクネ里雪渓」かな。カクネ里雪渓は氷河の可能性があるそうです。氷河の認定を受けたそうです。tomoさんに教えていただきました。ありがとうございました。そして、「大遠見山」にとうちゃこ~~。大遠見山少し余裕がでてお花の写真です。歩き出すと、「五竜山荘」の建物がみえました。ズーム 五竜山荘まだ、遠い。本日の行程はあそこまで。ガンバ!花に癒されます。池塘のようですが、水が涸れています。この斜面はコバイケイソウの群生地。池塘の先に池がありました。「西遠見ノ池」です。池の上部で登山者が休憩中。ここが西遠見山でした。西遠見山休憩せずに通過。左側、樹林越しにいくつかの雪渓。ここからが長く感じました。左上部に五竜山荘。右の尾根を登ります。中央の丸い山が白岳。ズームしました。小屋の建物がはっきり見えます。五竜山荘から、こちらの尾根が見えます。この先でハシゴと鎖場を通過。木製のハシゴ鎖場この先はお花畑でした。リーダーさんには先に行ってもらいました。好きなだけお花の写真を撮りました。クロトウヒレンアズマギクイブキジャコウソウ歩いてきた遠見尾根を振り返ります。先へ進みましょうこの先にも岩場五竜岳への稜線にでました。ガスガスです。下方にちらり山小屋が見えてきました。下ります。そして分岐です。唐松岳方面分岐白岳ついに____五竜山荘にとうちゃこ~~。五竜山荘12時38分到着です。予定より早めに着きました。宿泊の手続きをして部屋に入りました。この先は続きま~~す。続き・・・その③ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 17Sep
    • きょうは山梨百名山「曲岳」

      きょうは山梨百名山の山「曲岳」と「升形山」に登りました。”黒富士”も予定していましたが、同行者のアクシデントで中止になりました。詳細は後日です。ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 16Sep
    • なう!塩山駅。国師ヶ岳と北奥千丈岳

      きょうは金峰山の予定を雨で変更しました。前国師・国師ヶ岳・北奥千丈岳に登ってきました。登山口の大弛峠に到着すると霧と雨。雨の岩場は危険なので、金峰山はやめて、国師ヶ岳に変更しました。詳細は後日です。ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 15Sep
    • 2019年夏山/五竜岳&唐松岳★①

      2019年8月17日~18日_____北アルプス/五竜岳&唐松岳_____今年最後の夏山は遠見尾根を登り、五竜岳から唐松岳へ縦走。八方尾根で下山しました。五竜山荘に宿泊して、”山が好き 酒が好き”のTシャツを購入するのが目的です。1日目/8月17日(土)、7時30分に白馬五竜スキー場のテレキャビン乗り場「とおみ駅」に到着。始発のテレキャビンに乗ります。すでに登山者の長い列ができていました。エスカルガーデン過去に、テレキャビンに乗り、ヒマラヤの青いケシなどを見に”高山植物園のお花畑”へ行ったことがあります。過去ブログ②2017年8月2日・・・【白馬で花三昧”ヒマラヤの青いケシと欲張って八方池へも♬】②2014年3月29日・・・【雪山・小遠見山とセツブンソウ群生地】 とおみ駅は標高818m片道チケットを購入。下山は八方尾根の予定です。テレキャビンで遠見尾根へ向かいます。テレキャビン「アルプス平」に到着お花畑が広がりますが、本日の目的は登山です。お花畑は横目で見るだけ~~。アルプス平の散策のブログは・・・こちらアルプス展望リフトに乗り換えます。ぞろぞろと観光客と登山者がリフト乗り場へ向かってきます。展望リフトに乗りました。リフトに乗りながらお花畑の写真を撮ります。リフトに約10分乗りました。リフト終点にとうちゃこ~~。ここはアルプスの大展望台です。自然遊歩道を歩けます。しかし・・・雲があり展望は残念~~。(泣)地蔵の頭。地蔵ケルンです。標高1.676mです。小さなお地蔵様が祀られています。2014年3月29日の過去写真です。2014年3月29日の大展望過去ブログは・・・こちら本日は真っ白け~~け。先へ進みます。小遠見山へ。木道を進みます。うわ~。思わず花を撮ります。ハッポウタカネセンブリ/リンドウ科案内板がありました。熊除け銅板。鳴らします。一ノ背 髪小遠見山まで35分。二ノ背 髪小遠見山分岐。過去に登っているので、巻いてしまいます。過去写真2014年3月29日小遠見山(2007m)証拠写真です。分岐からは未踏。五竜登山口ここからは登山の装備が必要です。の案内。遠見尾根を登ります。ちらり、五竜岳そして___中遠見にとうちゃこ~~~この先は続きま~~す。続き・・・その②ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 14Sep
    • ばぁば通信♬㉒

      2019年9月14日(土)きょうは1ヶ月ぶりにべびびちゃんと会いました。2・3日高熱で寝込んでいたようで、やっとお熱がさがりました。ママからのお助け要望で、べびびちゃんの子守りです。ママが仕事を片付ける間、ばぁばと遊びました。帰りは最寄駅まで送っていきました。帰りがけ、駅ビルでティタイム。ばぁばはホットコーヒー飲みました。やっと、元気に走り回りました。お熱が下がって良かったね。また、遊びにおいで!孫は可愛いですね。ばぁば通信は続きます。ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 13Sep
    • 青春18きっぷで山旅第2弾/岐阜城と伊吹山④最終回伊吹山

      2019年8月7日~8日         ____岐阜城と伊吹山_____その①・・・1日目/東京駅~ムーンライトながら~大垣駅~養老駅その②・・・養老駅~養老の滝~養老駅その③・・・養老駅~JR大垣駅~JR岐阜駅~岐阜城~大垣泊続き・最終回です。8月8日、2日目は伊吹山へ。大垣駅前から路線バスに乗ります。1日目に養老鉄道に乗る前にバス停を確認しておきました。2番乗り場です。伊吹山登山バスのりば大人片道1230円バス停横の樹木にセミ。うるさく鳴いています。暑い夏です。駅前の老舗和菓子屋で水菓子を購入。バスに乗り込みました。8時55分発車。途中、関ヶ原駅前からも登山者が乗り込んできました。ここでほぼ満席です。10時15分。伊吹山山頂駐車場バス停に到着。トイレを済ませ、出発です。山頂駐車場。標高1260m松尾芭蕉の句伊吹山山頂お花畑案内図。どんな高山植物に出会えるでしょうか。楽しみです。西遊歩道コースを進みます。ルリトラノオクサボタンアキチョウジかなヤマガラシとキオンこの群生地にはカメラマンがたくさんいます。シモツケソウの群生地蝶がいます。ハクサンフウロ会いたかった花「イブキフウロ」イブキフウロもう2種類「ミツバフウロ」「ヒメフウロ」があるようですが、見つけられませんでした。まだまだ、いろいろな花がたくさん咲いていました。番外編へ。山頂のお店が見えてきました。先に伊吹山寺へ参拝します。伊吹山寺御朱印をいただきました。伊吹山寺の御朱印そして、山頂にとうちゃこ~~伊吹山(1377m)山頂日本武尊像証拠写真撮りました。3度目の登頂伊吹山過去レポ②2015年8月4日…【伊吹山/1合目登山口から登頂】①2012年11月11日・・・【御在所山と伊吹山/紅葉】そして、三角点へ。一等三角点三角点タッチ!イブキジャコウソウ信仰のお山でもあります。伊吹山山頂公衆トイレここからバス乗り場へ。中央遊歩道コースで下山します。駐車場が見えます。ヤマブキソウメタカラコウ12時ちょうど、駐車場に戻ってきました。ここのお店で昼食と泡タイムバスの時間待ちで駐車場展望台へ登りました。朝よりマイカーが増えていました。展望台からの眺め。良いお天気に恵まれ琵琶湖も見えました。琵琶湖中央の島をズーム竹生島(ちくぶしま)この後、路線バスで関ヶ原駅へ。ここから青春18きっぷを使用して豊橋駅へ。新幹線に乗り換えて帰路につきました。駅弁美味しかったです。咲いていた花特集は番外編です。完。ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 12Sep
    • 青春18きっぷで山旅第2弾/岐阜城と伊吹山③岐阜城

      2019年8月7日~8日       ____岐阜城と伊吹山_____その①・・・東京駅~ムーンライトながら~大垣駅~養老駅その②・・・養老駅~養老の滝~養老駅続きです。8月7日、この日、養老山と三方山に登る予定していましたが、山ビルやマムシが多いと聞き登山は中止。「養老の滝」だけを見てきました。山に登らなかったので午後はどうしましょう?そうだ、金華山の岐阜城に行きましょう。決定です。養老鉄道の養老駅から大垣駅へ。JR大垣駅から青春18きっぷを使用して岐阜駅へ向かいました。JR岐阜駅で下車。路線バスに乗り換えます。岐阜駅12番バス乗り場へ。岐阜公園で下車。バスを降りると、お城が見えます。岐阜城信号を渡り、岐阜公園へ。岐阜公園岐阜市歴史博物館時間があれば見学したいです。乙女像の噴水。暑いので涼し気です。金華山ロープウェイ乗り場登山ルートがいくつもあるようですが、厳しい暑さの夏は登りたくないです。楽々、岐阜城見学です。雷注意報のお知らせ眺めが良いです。岐阜市街を見下ろしますロープウェイを下りて歩き出しました。岐阜城の歴代城主この先で美しい岐阜城を眺めます。岐阜城岐阜城は2度目です。過去ブログ2015年8月4日・・・【近畿の山/伊吹山と金華山】そして、お城から岐阜市街天守台と石垣城内に入りました。天守閣からの展望。JR岐阜駅に戻りました。織田信長のラッピングバスJR岐阜駅からJR大垣に戻ります。大垣駅前のビジネスホテルに宿泊しました。明日は大垣駅前からバスに乗り、伊吹山へ向かいます。続きま~~す。続き・・・その④最終回・伊吹山ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 11Sep
    • きょうは「平ヶ岳」

      きょうは雨予報でしたが百名山「平ヶ岳」に登ってきました。草紅葉が始まっていました。池塘にも秋の気配樹木も色づいた葉がありました。たまご石花崗岩が風化により作り出されたたまご石でゆでたまご~。うふふ。詳細は後日です。ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 10Sep
    • なう!上越浦佐駅。明日登山です。

      今、浦佐駅です。田中角栄氏の銅像に会いました‼️明日登山できるかな?ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 09Sep
    • 青春18きっぷで山旅第2弾/岐阜城と伊吹山②

      2019年8月7日~8日       ____岐阜城と伊吹山_____その①・・・東京駅~ムーンライトながら~大垣駅~養老駅続きです。8月7日、前日の夜中に東京駅から”ムーンライトながら”に乗車。大垣駅で養老鉄道に乗り換え、「養老駅」に到着しました。ここから、養老山に登る予定でしたが、この時期は山ビルやまむしが多くいると聞いて登山は中止。「養老の滝」観光に変更しました。養老駅養老駅はひょうたんがたくさん吊るされていました。駅から歩いて「養老の滝」へ向かいます。養老の滝まで徒歩40分。では、出発です。駅前の左側のT字路を渡り直進。信号のある交差点を横切りさらに真っすぐ進みます。案内標識養老公園の前を通過。色々なエリアがあるようです。養老の滝エリアがあるんですね。子どもの国入口ファミリ―で遊べるエリアですね。養老の滝多孝子物語なるほど、水がお酒になったんですね。滝に行くまで、色々学ぶことがあります。あら、この花は?綺麗に咲いています。そして、養老ランド遊びの体験ゾーン。ヨーローランドこの先で川沿いの道へ。左側の道へ入りました。帰りは右側の道で戻ってきます。松風橋が見えます。川沿いの道を歩きます。あの山が「養老山」かな?この時期は山ビルがいるそうで、登るのをやめることにしました。渡月橋。素敵な欄干に思わずパチリ。次の橋は妙見橋。妙見神社に行けます。枝ぶりが良いもみじ。紅葉の時期がよさそうです。ここは紅葉橋。ここで、トイレ休憩。このトイレ新しく綺麗でしたよ。観光客が多いのでしょう。とにかくあちこちトイレが多かった。ゆるゆると階段状の道を登ります。最後の万代橋。橋があるので、左岸でも右岸でも歩けます。そして___養老の滝にとうちゃこ~~養老の滝石階段を登り奥へ。優美な滝です。【日本の滝百選】に選ばれています。滝不動尊参拝。養老の滝の説明書帰りがけに、滝の周辺で「イワタバコ」が咲いていました。イワタバコ葉が煙草の葉に似ているからついた名。この後は養老神社へ。養老神社。『菊水泉』は名水百選に選ばれています。おいしい名水、いただきました。養老神社菊水天神とも呼ばれるようです。参拝。菊水霊泉ひょうたん らんぷ館入館料100円ここは通過。観光案内所もありました。では、観光を終えて駅へむかいます。このあと、養老駅から大垣駅に戻り、午後から岐阜城へ。続きます。ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 08Sep
    • 青春18きっぷで山旅第2弾/岐阜城と伊吹山①プロローグ

      2019年8月7日~8日    ____岐阜城と伊吹山_____青春18きっぷ第2弾は関西へ。東京駅23時10分発の「ムーンライトながら」に乗車。最初の予定では1日目に「養老山」でしたが、養老山は山ビルとマムシが多いと聞き「養老の滝」だけ観光して、午後から「岐阜城」へ変更しました。 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆8月6日、JR東京駅23時10分発の快速「ムーンライトながら」に乗ります。「ながら」は全て指定席。指定席は早く購入してありました。18きっぷの1回は当日限り有効ですから、小田原駅で日時が変るので、18きっぷは小田原駅から使用です。東京駅から小田原駅まで別切符を購入して乗り込みます。車掌さんに途中で18きっぷに日づけを入れてもらいます。夜行電車の「ムーンライト信州」が今年から無くなりました。過去ブログ  2019年7月24日 青春18きっぷ第1弾・・・「霧ヶ峰・ニッコウキスゲの群生」                _____撮り鉄で~~す。_____全車指定席。私は1号車。臨時快速クハ185-113車内。明かりはずっと点灯しています。高速バスのように消灯はありません。目隠し・耳栓、枕は必需品。快速ムーンライトながら同行者の山友さんは小田原駅から乗車してきました。7日(水)5時13分。車窓から・・・・どこの駅かな。朝暘が輝いていました。小さく見える山。伊吹山かな?岐阜駅通過金華山の岐阜城この時は、ここに戻ることは考えていませんでした。5時45分「大垣駅」到着大垣駅から養老鉄道に乗り換えます。JR大垣駅養老鉄道乗り場養老鉄道大垣駅JRではないので18きっぷは使えません。「養老駅」まで切符を購入。片道410円。7時15分発まで待ち時間があるので、ここで朝食のおにぎりを食べます。大垣駅前に伊吹山行きの路線バス乗り場がありました。偵察です。名阪近鉄バス乗り場2番乗り場明日伊吹山へ乗る予定です。伊吹山登山バスのりば8月31日まで毎日運行。片道1230円。大垣駅前8時55分発に乗る予定です。時間です。。養老鉄道に乗りましょう。養老鉄道 桑名行きに乗車養老鉄道全通百周年記念プレートでは、しゅっぱ~つ。養老津道ご案内大垣駅~養老駅へ。養老駅で下車。養老駅には瓢箪(ひょうたん)がいっぱいぶら下がっていました。養老駅駅前で地元の人と会話。「どこ、行くの?」「三方山と小倉山と養老山に登ろうと思います」「養老山はヒルがいっぱいいるよ~。」「えええええ。山ビルですか?」「三方山はまむしが多いね。気をつけて」「養老の滝は大丈夫ですか?」「あそこは観光地だから、ヒルはいないね」「ありがとうございました。滝に行ってみます」この会話で登る山をやめました。登る時期が悪いですね。ヒルもまむしも怖いです。駅前から歩き出して「養老の滝」へ向かいました。養老の滝案内MAP養老の滝まで徒歩40分。この先は続きます。続き・・・その②養老の滝ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 07Sep
    • 花の名峰/白馬岳~雪倉岳~朝日岳縦走♪④最終回

      2019年8月1日~4日 _____白馬岳~雪倉岳~朝日岳縦走____その①・・・1日目/蓮華温泉~白馬大池~小蓮華岳~白馬岳~白馬頂上宿舎泊その②・・・2日目/頂上宿舎~白馬岳~三国境~雪倉避難小屋~雪倉岳その③・・・雪倉岳~ツバメ平~小桜平~朝日岳分岐~水平道~朝日小屋続きです。2日目(8月6日) 白馬頂上宿舎から歩き出し、白馬岳から雪倉岳と縦走してフラワーロードを満喫。水平道を歩いて「朝日小屋」に到着です。行動時間は10時間でした。朝日小屋ホームページすぐ宿泊手続きをして3階の部屋に荷物を置きました。夕食は16時30分。初回でした。富山の幸が並ぶ夕食。食前酒で乾杯をしていただきました。おいしいです。完食。夕食後、小屋のご主人(清水さん)にお断りして写真を撮らせていただきました。朝日小屋は今回で4度目の宿泊です。過去ブログ            ③2018年8月3日~5日・・・【蓮華温泉~朝日岳~雪倉岳~白馬岳~蓮華温泉】            ②2014年8月2日~4日・・・【蓮華温泉~朝日岳~雪倉岳~白馬岳~蓮華温泉】            ①2010年8月6日~8日・・・【栂池~白馬岳~雪倉岳~朝日岳~蓮華温泉】夕食後、タテヤマチングルマを探しに朝日平へ出かけました。朝日岳と朝日小屋。そしてテン場花を見つけに行きましたが、そこには凄い光景が待っていてくれました天体ショーです。黒雲がありますが、そこから陽光が放射状に昇っています。凄い。凄い。すご~~~い。天体ショーに感動♬山の神さま ありがと~~う。スマホ撮り静かに日の入りです。この後、タテヤマチングルマを見つけました。左は夕暮れでしたので、露出オーバーの色です。タテヤマチングルマ2014年の画像。これが本物の色。この後、外のベンチで泡タイム。天体ショーにかんぱ~~い。実はこの時、顔をブヨにさされていたようです。ほろ酔いで、熟睡です。3日目(8月4日)最終日3時30分起床。きょうは最終日。早朝の雪倉岳と白馬岳4時45分朝食。5時の予定でしたが、早く準備してくれました。朝食。完食です。体調は良好です。昨夜、アブにさされたようで右目の瞼が赤く腫れてしまいました。早く気づいて冷やした方がよかったようですが、朝、顔をあらうまで気づきませんでした。この傷が、現在1ヶ月経っても治りません。(泣)5時半出発。妙高山から数えて5日目。疲れがピークです。朝日岳を目指していきなりの急登です。短い雪渓を越えていきます。朝日岳とうちゃこ~~。朝日岳(2418m)山頂証拠写真撮りました。4度目の登頂。方位版山頂から素晴らしい展望です。富山湾が右橋に。奥に立山・劔岳がくっきり~~。小蓮華岳・白馬岳・旭岳3日前に登った妙高山と火打山山頂でフルーツの差し入れ。この風景を眺めながら、おいしかった~~。では、先へ。五輪尾根へ五輪尾根登山道とハート型の残雪。私の想い届け~~。山が好き~~分岐にとうちゃこ。吹上げのコル栂海新道を分けます。五輪尾根に入りました。ここもフラワーロード色々な種類の高山植物に歓声をあげます。ニッコウキスゲの群生雪渓をトラバースその先にはハクサンコザクラの群落地何これ~~~。咲いたばかりのハクサンコザクラが群生しています。花がこちらを向いて、笑顔のように見えます。ハクサンコザクラ雪渓の真下に群生地。良いタイミングで訪れました。最終日の疲れが一気に吹っ飛びました。このテラスで休憩。水分補給と行動食。ヒオウギアヤメと朝日岳ワレモコウオオサクラソウ色が濃い白高地橋通過橋の手前でランチタイム朝日小屋のお寿司が昼食。2つ目の瀬戸川橋、通過この先から蓮華温泉への登り。辛い登りです。兵馬の平ここはお花畑遊歩道です。オニシオガマ数が少なかったですが咲いていました。アヤメは咲いていませんでした。そして、14時30分【蓮華温泉】に戻ってきました。蓮華温泉ロッジここの温泉に入り、さっぱりして帰路につきました。ドライヤーがありません。自然乾燥です。〆は生ジョッキ。プハ~~。五臓六腑に浸みわたります。お疲れ様~~。長い5日間でした。___後日談___JR高崎駅で降ろしていただきました。リーダーさん、ありがとうございました。その時、荷物が多く、ストックをコンビニ忘れてきてしまいました。遠いので、もう、出てこないだろうと新しいストックを購入。後日、高崎駅で集合したときに忘れ物を聞いてみました。ありました~~。日本は凄いね。完。ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 06Sep
    • 高尾山★秋の花

      きょう(9月6日)「高尾山で秋の花を探しましょう」をテーマにマイコミュメンバー7名で歩いてきました。ルートは日影バス停から歩き出し、高尾山のトイレ前で解散しました。暑かったので小仏城山で”かき氷”食べました。おいしかった~。たくさんの秋の花に出会えましたが、特に珍しい花にも遭遇。ラッキーでした。              _____高尾山・秋の花____マキエハギ/マメ科/ハギ属小さな萩絶滅危惧種ミヤマウズラ/ラン科楕円形の葉に斑紋があり、ウズラにたとえた名コバノカモメヅル/ガガイモ科つる性。葉は葉柄があり、先が尖る高尾山に自生しているこの三種類は初めての出会いでした。アキノギンリョウソウキツリフネキンミズヒキユウガギクゲンノショウコヤブラン藪タマアジサイシモバシラ/シソ科ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 05Sep
    • 花の名峰/白馬岳~雪倉岳~朝日岳縦走♪③

      2019年8月1日~4日 _____白馬岳~雪倉岳~朝日岳縦走____その①・・・1日目/蓮華温泉~白馬大池~小蓮華岳~白馬岳~白馬頂上宿舎泊その②・・・頂上宿舎~白馬岳~三国境~雪倉避難小屋~雪倉岳続きです。2日目(8月2日)/白馬岳ではガスっていて日の出は見られませんでした。でもブロッケン現象はちょっぴり。雷鳥もいました。フラワーロードを歩き、高山植物の種類の多さにに感動しながら「雪倉岳」に到着。雪倉岳(2610.9m)日本二百名山。三等三角点 タッチ!雪倉岳の山頂はこんもりしています。ガレ場みたいな山頂です。360度の大展望。証拠写真撮りました。4度目の登頂。ずっと変わらない山頂標識。富山湾方面が見えます。朝日岳も見えます。右のピークが明日登る朝日岳ズームをすると、今夜宿泊する「朝日小屋」が見えました赤い三角屋根の朝日小屋山頂で休憩。大展望を楽しみます。リーダーさんからフルーツの差し入れ。おいしいです。大展望!白馬岳と旭岳。昨日歩いてきた小蓮華岳から白馬岳の稜線。目を凝らせば白馬大池も見えます。素晴らしい展望に思わずばんざ~~い。三国境で別れたマイフレさんを想います。どこを歩いてるかな?この画像の山は・・・登ったばかりの火打山か妙高です。この先、朝日小屋までロングコースです。では、出発~~。雪倉岳からは長い下りです。逆コースではこの登りが辛かった~。でも、この登山道もフラワーロード。雪倉岳を振り返ります。ピンクのカライトソウだいぶ下ってきました。斜面に雪渓です。会いたかった花、見っけ~。ミヤマアケボノソウ貴婦人です。クモマスミレ葉が皮のような質感で表面に筋がはっきりしています。標高2500m以上に自生シロウマアサツキコマクサとハナニガナニガナかな?と思ったがミヤマアズマギクみたい。花芯が菊です。ミヤマアズマギクのようですが、白花です。突然変異。凄い!ブーケのような花々ミヤマアズマギクミネウスユキソウクモマミミナグサホソバツメクサミヤマウイキョウこの雪渓を見て・・・雪を食べたくなりました。表面は捨てて、掘り起しカップに盛りました。にわか、【雪倉喫茶店」アイスコーヒーを同行者が提供してくれました。コーヒーかき氷___まいう~~~~~。登山ではこんな楽しみもありま~~す。高山の花を愛で、山岳景色を楽しみ、グルメも良いでしょう。元気がでたので、先へ進みま~す。フラワーロードに突入咲き乱れていますいつも、ここで足止め。花の写真をたくさん撮るので置いていかれます。雪倉岳を下り終えた鞍部でランチタイムお湯を沸かしていただき、カップ麺を食べました。私的に山に入って妙高から4日目。そろそろ胃腸が疲れています。早く小屋に着きた~~い。ツバメ平  通過オオバギボウシの群生です。そして、小桜平ハクサンコザクラ咲いています。ミズバショウ この先にも花・花・花サンカヨウキヌガサソウ木道を歩きます。木道脇にミズバショウここから水平道。そして、分岐。朝日岳を分けます。その年に寄り残雪が多く通行止めもありますが、今年は歩けました。サンカヨウの群生地シラネアオイも咲いています。新しい木道が整備されていました。新しい道が整備されています。鎖場。整備中数日前このルートで行方不明者がでたそうです。無事に助かったようですが、朝日小屋のおかみさんは15時には到着するようにと。水平道、長く感じました。やっと朝日小屋が見えてきました。あと少し。ガンバ!朝日岳と水平道の分岐。白馬頂上宿舎を4時に出て14時25分着。白馬岳で日の出を見たけれど、10時間の行程でした。長かった~~。やっと、朝日小屋にとうちゃこ~~~。朝日小屋夕陽がきれいでした。続きま~~す。続き・・・その④最終回ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 04Sep
    • 花の名峰/白馬岳~雪倉岳~朝日岳縦走♪②

      2019年8月1日~4日_____白馬岳~雪倉岳~朝日岳縦走____その①・・・1日目/蓮華温泉~白馬大池~小蓮華岳~白馬岳~白馬頂上宿舎泊続きです。2日目(8月2日) /1日目は白馬頂上小屋に宿泊。2日目の朝は3時起床。全ての荷物を持ち、そっと部屋を抜け出し、談話室で、昨夜受け取っていたお弁当を食べました。早起きをして、白馬岳の山頂でご来光を見る予定です。お弁当を半分食べました。朝食を済ませ、ザックを担いで外に出ました。4時です。一面ガスっています。今年も日の出が見られるかな?テン泊の2人とは山頂まで別行動です。ヘッ電を点けてゆっくり歩き始めました。このまま雪倉岳へ向かうので、荷物は全て担いでいます。”白馬山荘”で同行者がトイレに行きたいと。山荘前で待つことにしました。ところが中々戻ってきません。白馬山荘から次々に登山者が登っていきます。ご来光の時間に間に合うか?イライラ。1本道なので、先に行くね~と別れれば良かったと後悔です。白馬山荘(画像は前日)この入口で待ちました。富山県と長野県の県境(白馬山荘)やっと同行者が戻ってきて、山頂へ向かいました。待ち時間15分。寒いです。すでに、日の出の時間の4時50分は過ぎていましたが、まだガスに包まれています。白馬岳山頂に到着。テン泊の2人とバッタリしたマイフレさんが山頂にいました。合流できました。がっかりのお天気ですね~~。しばらく山頂で日の出を待つことにしました。昨日の登頂の時、三角点タッチしていませんでしたので。三角点タッチ!                           やっと霧の間から、ちらり太陽がみえました。今年の日の出『ちなみに白馬岳でみた過去の日の出の画像』過去ブログ2010年8月6日・・・【白馬岳でご来光】2010年の画像感動の嵐でした。ご来光は諦めて、先へ進みます。歩き出すと、太陽が見えて晴れてきました。ガスが切れたり、沸いてきたり・・・あっ、ブロッケン現象が見られるかも。ブロッケン現象らしき影。ブロッケン現象人影は映りましたが、虹の輪ができませんでした。↓過去映像です。2016年大キレット縦走中のブロッケン現象凄い!噴火しているような映像三国境にとうちゃこ~~。三国境ここでマイフレさんは白馬大池方面へ。私たちは雪倉岳へ。お別れです。鉢ヶ岳と縦走路雪倉岳を目指して進みます。マツムシソウイワギキョウお花畑~(消去してしまった1日目のメモリーにはたくさんの高山植物が撮ってありました)(予備メモリーも忘れるという失態。悔しいです。)でも、お花を撮ります。リンネソウイブキジャコウソウとタカネシオガマタカネシオガマシロウマオウギ歩いてきた稜線を振り返ります。そして、分岐鉱山道分岐うわ~。コマクサ~。昨日も見ましたが画像消失。コマクサコマクサと鉢ヶ岳旭岳とお花畑奥に旭岳ミヤマムラサキそして、鉢の鞍部にとうちゃこ~ここで休憩コマクサが待っていました。行動食食べます。ぐんまちゃんパンおいしい。鉢の鞍部でぐんまちゃんパン。さあ~先へ。チングルマの群生最初の雪渓通過コバイケイソウと雪渓次の雪渓を通過ここが一番長い雪渓でしたが、軽アイゼンは使いません。雪渓を過ぎると、また、お花畑。もう、もう、秘密の花園です。ブーケのようなチングルマ雪倉避難小屋にとうちゃこ~トイレ休憩です。8時15分先へ進みます。フラワーロード花図鑑凄い。凄い。。。。。ツクモグサ発見~~この稜線で、初めて出会いました。ツクモグサこの先で雷鳥発見。リーダーさんが見つけました。晴れているのにいた~~。ズーム雷鳥↓の写真に雷鳥の姿。わかりますか?左側に恐竜の首のように見えています。赤い矢印で~~す。お花も凄い凄い。。ウルップソウ根元に新しい花。小さな花は珍しいですね。乱舞雪倉岳にとうちゃこ~~雪倉岳(2.610m)山頂長くなりました。続きま~~す。続き・・・その③雪倉岳ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 03Sep
    • 花の名峰/白馬岳~雪倉岳~朝日岳縦走♪①

      2019年8月1日~4日_____白馬岳~雪倉岳~朝日岳縦走____8月1日(木)、昨夜は蓮華温泉駐車場でテン泊です。夜中に駐車場に着きました。すでに満車状態。やっと1台押し込むように駐車。テントが張れないので、バス待合室にシートを敷いて4名で4時間の仮眠でした。朝4時起床。朝食をそれぞれが食べました。シュラフなどの荷物を片付けました。登山に不要な荷物を車に積み込みます。「実は、5日間の山旅を終え、帰宅後、写真をパソコンのファイルに取り込んだ時、誤って8月1日のメモリーを消してしまいました。出発から小蓮華岳・三国境までの写真がありません。スマホで撮った一部と過去写真を少しだけ使用します」過去ブログ④2018年8月3日~5日・・・【蓮華温泉~朝日岳~雪倉岳~白馬岳~蓮華温泉】③2014年8月2日~4日・・・【蓮華温泉~朝日岳~雪倉岳~白馬岳~蓮華温泉】②2010年8月6日~8日・・・【栂池~白馬岳~雪倉岳~朝日岳~蓮華温泉】①2004年7月29日~8月1日・・・【大雪渓~白馬岳~栂池】ブログ開設前で記録無し蓮華温泉ロッジ(写真は下山時)今回のルートはいつもと逆コースです。先に白馬大池から白馬岳へ登ります。白馬大池方面登山口へ。白馬岳・白馬大池登山口(昨年の画像)途中、”蓮華の森”を通過。山の中腹に蓮華温泉の露天風呂の湯気が見えます。樹林の登山道にはイチヤクソウがたくさん咲いていました。やがて、天狗ノ庭にとうちゃこ~。天狗の庭(標高2093m)昨日(7月31日)に登った【火打山】にも同じ名前の池塘がありました。こちらは岩場があり、お花畑です。今年はたくさんの高山植物が咲いていました。朝日岳と雪倉岳の展望が良い場所です花の写真などは”過去ブログ”でどうぞ。白馬大池はチングルマの絨毯で、素晴らしい光景でした。2018年8月5日最終日・・・「白馬岳~白馬大池~蓮華温泉」白馬大池にとうちゃこ~~~。白馬大池(画像は昨年)今年はこのように満開ではありませんでした。白馬大池で行動食を食べました。トイレ休憩です。休憩を終え出発です。この先でリンネソウ。リンネソウ(画像は昨年)小蓮華岳へ向かいます。途中、雷鳥に遭遇。雷鳥(画像は昨年)登山道で砂浴びをしていました。しばらく雷鳥観察。私たちを怖がらず、砂浴びの後、草を食んでいます。とことこ、こっちに寄ってきました。リーダーさんの足元です。過去に白馬岳~白馬大池までで10回も遭遇しました。その時はお天気がガスっていました。小蓮華岳とうちゃこ~三国境とうちゃこ~三国境(画像は翌日)先へ急ぎます。【ここから今年の写真です】なぜかリーダーさん”テント場の場所取り”に急いでいます。私は小屋泊まりなのでテン場は興味ありません。花の写真を撮る私は置いていかれます。先にどうぞ。と言って花の写真に夢中です。白馬岳の手前稜線のお花畑。白馬岳へ続く稜線ウルップソウが咲き残っていました。旭岳そして、白馬岳山頂にとうちゃこ~~白馬岳(2932m)山頂方位版ここで、マイフレさんのタカさんとバッタリ~~。真っ黒に日焼けした山屋さんです。タカさ~~ん。お顔出してしまいました。お久しぶりで~~す。テン泊するそうで、一緒に白馬頂上小屋へ向かいました。杓子岳が奥にみえます。白馬山荘。宿泊しません。白馬山荘通過分岐です。杓子岳・白馬槍方面を分けます。ここから白馬頂上小屋へ。白馬頂上宿舎もう一人の女性メンバーと宿泊手続きをして部屋に入りました。綺麗な布団と枕です。荷物を整理して、泡・泡タイムその前に風景を撮ります。大雪渓の取り付きと杓子岳大雪渓から登ってくる登山者の姿。こちらは。白馬山荘方面。雪渓があります。白馬山荘が上部に見えます。売店で泡を飲みます。何杯飲んだかな?タカさんも一緒で嬉しすぎ~~~。夕飯は番号順で放送で呼ばれます。バイキング形式。泡でお腹膨れていますから、ごはん少な目。夕食後、ガスが出てきてしまい、夕景は見られませんでした。テン場をチラ見してきました。白馬頂上宿舎のテン場。石ゴロで背中が痛そう~~。明朝は、白馬岳でご来光を見るため、4時出発です。妙高山と火打山から連荘で疲れました~^。爆睡です。2日目に続きま~~す。続き・・・その②雪倉岳ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 02Sep
    • 百名山/妙高山と火打山★④火打山★最終回

      2019年7月30日~31日   ____百名山/妙高山と火打山_____その①・・・1日目・妙高高原駅~タクシー~スカイケーブル~妙高山登山口~大谷ヒュッテその②・・・大谷ヒュッテ~天狗堂~妙高山南峰~妙高山北峰~長助池分岐~大倉乗越~黒沢池ヒュッテ泊その③・・・2日目・黒沢池ヒュッテ~~火打山分岐~高谷池ヒュッテ~火打山分岐~天狗の庭続きです。2日目(7月31日)、黒沢池ヒュッテから歩き出し、高谷池ヒュッテで不要な荷物をデポし、火打山へ向かいました。高谷池を眺め、ハクサンコザクラの咲き乱れるお花畑を通過。そして「天狗の庭」に到着。天狗の庭池塘が広がる湿地帯。池塘に逆さ火打山。ワタスゲが揺れます。しばし、撮影タイム。では、先へ進みます。この先の斜面はお花畑です。やがて「ライチョウ平」にとうちゃこ~~。ライチョウ平残雪があり、ひんやりした空気が流れています。ここで、水分補給。ベンチがありました。この先も色々な花が咲いていました。ゆるゆると登っていきます。残雪を眺めながら、進みます。今年は雪の道はありませんでした。ここもお花畑~~。色々な花が咲きています。クロトウヒレンにテントウ虫山頂にとうちゃこ~~。8時40分。火打山山頂に到着。火打山(2461.7m)山頂三等三角点。斜めになっていました。タッチ写真撮り忘れ~~。2度目の登頂。まだ、ランチには早いので、おやつタイム。ワンちゃんパン。食べました。往路を戻ります。【天狗の庭】通過~高谷池ヒュッテに到着。デポした荷物を受け取り、ここで行動食を食べ、トイレを済ませます。ここでラーメン食べたかったですが、売っていたのはカップ麺だけでした。ポカリを1本購入。ここから笹ヶ峰へ下山します。笹ヶ峰方向へ。高谷池ヒュッテは工事中。横を通ります。やがて分岐冨士見平妙高山・黒沢池方面の別ルートを分けます。樹林帯の急坂の登山道。やがて、十二曲りの案内十二曲り水分補給をして、下ります。ここは整備された木製階段。下ります。下ります。沢の流れに癒されます。 黒沢橋を渡ると、もうすぐ終了。黒沢橋。でも、ここからが長く感じました。駐車場まで遊歩道のような樹林帯の道を歩きます。。まだかな~と飽きた頃、到着です。無事に下山しました。火打山 妙高山 登山道過去に、ここから登りました。参考にどうぞ。過去レポ2012年7月14日~16日…【上信越の山/火打山と妙高山】この後は予約してあるタクシーに乗り妙高高原駅へ向かいます。タクシー待ち時間で泡・泡タイムで~~す。中瓶。ジョッキではなく、コップで飲みます。コミュの皆さん、お疲れ様でした~~。かんぱ~~~い。お酒を飲まない人は__かき氷。おいしそ~~う。タクシーで妙高高原駅に戻り、長野駅から新幹線で帰ります。実は・・・私はこの日、”別コミュのイベント”に参加するため、JR高崎駅で一人下車しました。今夜、このまま別コミュ仲間と合流して、マイカーで蓮華温泉へ向かい、明朝、白馬岳へ登ります。その前に温泉。温泉。高崎駅の観光案内所で教えてもらいました。駅から徒歩20分くらい。遠いけれど、さっぱりしたいです。さくらの湯住宅街の奥まった場所にありました。初めて入湯。温泉は良質で良かったですが、駅から遠い。駅まで戻るのにまた汗をかきました。これから、白馬岳~雪倉岳~朝日岳の縦走に出かけます。この項は終わります。番外編で火打山の花特集を予定完。ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング

  • 01Sep
    • 百名山/妙高山と火打山★③火打山

      2019年7月30日~31日   ____百名山/妙高山と火打山_____その①・・・妙高高原駅~タクシー~スカイケーブル~妙高山登山口~大谷ヒュッテその②・・・大谷ヒュッテ~天狗堂~妙高山南峰~妙高山北峰~長助池分岐~大倉乗越~黒沢池ヒュッテ泊続きです。2日目(7月31日) 30日に妙高山に登り、黒沢池ヒュッテに宿泊しました。屋根に特徴のある山小屋です。4時半に朝食。ここはクレープの朝食。パンではなくクレープは珍しいです。男性陣には人気無いです。クレープとジャム。スープ付き。過去にクレープの朝食をここで食べましたが、もっとジャムの種類(3種類)があり、味もおいしかった。スープも少ない。むしゃむしゃとクレープを食べ、今回は物足りないです。う~む。この朝食はもう少し考えて欲しい。過去レポ2012年7月15日~16日…【百名山/火打山と妙高山】黒沢池ヒュッテ飲める水が無いので、ペットボトル2本買いました。5時10分出発です。きょうはロングコースになります。予定より早めにスタート振り返ると黒沢池ヒュッテと残雪。日の出です。良いお天気です。黒沢池の湿地に朝もやが漂い、神秘的です。宿泊したから見られる光景ですね。登山道脇にはクルマユリ。おはよ~~う。他にもゴゼンタチバナなどが咲いています。私たちの影。うふ。楽しんでいます。やがて、分岐。火打山は右へ。左は高谷池。先に高谷池ヒュッテに立ち寄り、不要荷物をデポします。高谷池ヒュッテは奥の建物が工事中。高谷池ヒュッテ。ここでトイレをお借りして、登山に不要な荷物をデポしました。高谷池とテント場では、火打山へ出発~~~。先ほどの分岐まで戻ります。木道を進みます。高谷池ヒュッテと高谷池高谷池と池塘。素敵な光景です。そして、この先は高山植物の宝庫です。木道で保護されたお花畑ハクサンコザクラの乱舞すごいでしょ~う。イワイチョウの葉の間にハクサンコザクラ。ここで、足が止まってしまいました。久しぶりに見たハクサンコザクラの群生地。嬉しい♪奥に火打山が見えてきました。この先に「天狗の庭」天狗の庭キャ~素敵の声が飛びます。池塘に逆さ火打山。ここでしばらく撮影会!あなたは____どの風景がお好みでしょうか?①②天狗の庭。何て素敵な場所なんでしょう。③ワタスゲが揺れています。④⑤何枚もシャッターを押しました。しばらくここにいたいです。風景に癒されます。心が浄化されていきます。この光景の余韻をもって・・・・続きま~~す。続き・・・その④火打山最終回ランキングに参加しています。ぽちっと押して応援おねがいします!人気ブログランキング