【日本百名山の山行記録と集めた山バッジ特集

 

 

 




 

 
 


 


 




 

 


 

 
 
 
 
 
 
 
 











  • 21 Sep
    • 飯盛山でグルっぽ仲間オフ会~♪①

      2017年8月27日(日)_____飯盛山(めしもりやま)_____ 8月27日(日)グルっぽハイキング仲間のオフ会に参加しました。集合は小海線「清里駅」。青春18きっぷを使いました。電車組は中央線八王子駅6時35分の松本行きに乗り、小淵沢駅で乗り換え、清里駅に9時46分着でした。マイカー組と清里駅で合流です。JR小海線「清里駅」  駅前の機関車観光地です。観光客が多いです。 観光案内所に寄り、パンフレットや地図を頂きました。「清里高原観光案内図」が便利です。  飯盛山は駅からハイキングができます。参加者6名でしゅっぱ~つ! 清里駅を背に歩き、ロータリーの左側方向へ。綺麗な花が咲いています。さすが、観光地! 駅前の洒落た商店街。時間があれば覗いてみたいですね。 清里駅を背に歩き、最初の角を左へ。千草というお店の角を左折。清里ラインR141に一番近道です。 R141にぶつかったら、そのまま横断。すぐ横道に入ります。ユースホステルが少し引っ込んだ場所にあります。目印ですね。 横道に入っても舗装道路。車道を歩くので車に注意が必要です。千ヶ滝・飯盛山の案内板がガードレールの下に小さく取り付けてあります。道なりに進みます。最初は下り坂。 道端の花の写真を撮ります。リュウノウギク 飯盛山は3度目です。 過去レポ2014年9月13日「八ヶ岳/山と雲上の露天風呂そしてグルメ&お酒」(きみちゃんご夫婦と登った八ヶ岳。足慣らし飯盛山)   ゲンノショウコ  やがて、千ヶ滝分岐。真っ直ぐ進みます。千ヶ滝分岐 その先の左に登山口宮詞の滝入口。今回はこちらには行きません。  橋を渡り、登り坂になりました。 花の写真  ツリフネソウ フシグロセンノウ   ハナニガナ   キツリフネ  クサフジヤマハギ  オミナエシ  牧場の前を通過~。 そして飯盛山の案内。民家の前の路地を曲がります。 その先に飯盛山登山 駐車場駐車場は有料か無料かわかりませんが、私有地っぽい。 ロッチ飯盛山の案内標識帰りはここでかき氷を食べました。  ぎょ、ぎょ、ぎょ~~~。民家に干してある熊の毛皮~~。鼻やツメもあり、かなりのど迫力がありました。 ふう~~。今度はのどかな田園風景。高原野菜畑~。  ネギぼうずも絵になります。ニラ花かな? 続きま~~す。ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      NEW!

      72
      3
      テーマ:
  • 20 Sep
    • なう!高尾山!温泉でーす。

      なう!高尾山!温泉でーす。  新しい天狗さま        少しだけ紅葉~~。 詳細は後日です。 ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      86
      10
      テーマ:
  • 19 Sep
    • 奥多摩/御岳山のレンゲショウマとロックガーデン★後編

      2017年8月22日(火)______奥多摩/御岳山(みたけさん)____ 奥多摩の御岳山で八月に咲く「レンゲショウマ」と”東京の奥入瀬(おいらせ)”と呼ばれる「ロックガーデン」へ。コミュ仲間8名でハイキングしてきました。*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~前編・・・御嶽駅~ケーブル滝本駅~御嶽山駅~レンゲショウマ群生地~御嶽神社中編・・・御嶽神社~御岳山山頂標識~長尾平分岐~七代の滝~天狗岩 続き・後編です。 レンゲショウマ群生地で見学の後、御嶽神社に参拝しました。そして、「長尾平」分岐から「七代の滝」に到着。しばしパワースポットで滝の水しぶきを浴びました。そのあとロックガーデンへ。途中「天狗岩」に到着です。切り立った岩の上に天狗像  天狗岩 地元の小学生が「学校登山」で登っていました。6年生有志だけのようですが、時間がかかっていました。やっと終了。 私たちも登りましょうか?希望者だけ登りました。私はここを何度か登りました。新しい鎖が設置されていました。最初の天狗像切り立った岩の上部に立つ天狗さま手前に祠があります。参拝をしました。登るより、下りが怖いようで、小学生は下りに時間がかかったんですね。  天狗岩で11時45分。ここでランチタイムです。 お腹が満たされ、出発~~~。 朱色の綺麗な花。フシグロセンノウ/ナデシコ科 ロックガーデンに入ってきました。沢と樹木の涼しい場所です  上高岩山分岐  東屋の建物が見えてきました。ロックガーデンの中間地点です。たくさんのハイカーが休憩中。私たちもトイレ休憩しました。 では、歩き始めま~す。イワタバコの葉が岩に張り付いています。  流れる沢水が涼しげです。  東京の奥入瀬といわれる所以はこの風景ですね。タマガワホトトギス/ユリ科    「お浜の桂」  綾広の滝ここでも滝行が行われるそうです。 パワースポットです。皆さん、祈りのポーズで写真撮影して楽しそうでした。しばし、8月の猛暑を忘れた場所でした。 滝見を終え、帰路に着きます。大岳山分岐、通過。 水場です。手を洗います。 あら。この建物は新しいですね新築トイレです。ロックガーデンのトイレが汚かったので、こちらに入ればよかったと思いました。  その先に名木。天狗の腰掛杉 そして、1周して戻ってきました。「長尾平」分岐 御嶽神社の鳥居をくぐり、門前のお店に着きました。かき氷の旗に誘われ入店。あずきを注文。料金が高め。すぐ食べ終えてしまいました~~。 このお店の窓際に咲く「キレンゲショウマ」  キレンゲショウマ/ユキノシタ科/キレンゲショウマ属 ケーブル駅に着くと、テレビドラマ撮影のクルーがいました。あっ、有名俳優さん、見つけました。男優さんです。刑事物によくでています。ドラマの撮影だったようです。 このあと、ケーブル滝本駅で、流れ解散になりました。皆さん、お疲れ様でした。大人の遠足、楽しかったです。 完。ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      75
      6
      テーマ:
  • 18 Sep
    • 奥多摩/御岳山のレンゲショウマとロックガーデン★中編

      2017年8月22日(火)______奥多摩/御岳山(みたけさん)____ 奥多摩の御岳山で8月に咲く「レンゲショウマ」と”東京の奥入瀬(おいらせ)”と呼ばれる「ロックガーデン」へ。コミュ仲間8名でハイキングしてきました。*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~前編・・・御嶽駅~ケーブル滝本駅~御嶽山駅~レンゲショウマ群生地~御嶽神社 続きです。 ケーブルカー滝本駅でコミュ仲間が待ち合わせ。合流して、ケーブルカーに乗り御嶽山駅へ。最初の目的地「レンゲショウマ群生地」で撮影タイム。その後、御嶽神社に到着しました。武蔵御嶽神社(むさしみたけじんじゃ)参拝します。 迫力ある狛犬(日本狼)御岳山は”おいぬさま信仰”です。ワンちゃん連れでも参拝できます。愛犬の健康を祈願できます。ペット用の手水もあります。ケーブルカーにも乗れます。   御岳山の山頂標識のある場所へ入って行きます。奥社にもレンゲショウマが咲いていました。  山頂標識に到着。御岳山(みたけさん)929m山頂 コミュ仲間・参加者全員で記念撮影~   神秘的なレンゲショウマ    ユウガギク/キク科   御嶽神社からロックガーデンへ。  長尾平分岐奥に「長尾平展望台」があります。今回は行きません。  長谷川恒夫記念碑  ここから、七代の滝へ。 登山道を下ります。 途中、登山道でハイカーがしゃがみ込んでいました。何してるんだろう。冷た~い湧き水。苔むした場所に湧き出ていました。  ぬかるんだ登山道。苔むした岩。 まもなく七代の滝にとうちゃこ~~七代の滝(ななよのたき) パワースポットとして人気があります。マイナスイオンを浴びました。 ここにイワタバコの花が咲くのですが、すでに終わっていました。葉が見えます。  ここから天狗岩を経由してロックガーデンへ向かいます。いきなり・・・「危険注意」の張り紙長い鉄製の急階段を登ります。 その先にも鉄階段が続きます。根っこの凄さ。踏み固められてピカピカ。足を滑らせないよう注意。  樹林の中の階段。ドラマチックな光景です。根っこみちにはお助けロープ。捻挫注意! 天狗岩にとうちゃこ~天狗岩 ここを登ります。上部に祠と天狗像が2体あります。 続きま~~す。 続き・・・後編ロックガーデン ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。   

      92
      8
      テーマ:
  • 17 Sep
    • 奥多摩/御岳山のレンゲショウマとロックガーデン★前編

      2017年8月22日(火)______奥多摩/御岳山(みたけさん)____ 奥多摩の御岳山で8月に咲く「レンゲショウマ」と”東京の奥入瀬(おいらせ)”と呼ばれる「ロックガーデン」へ。コミュ仲間8名でハイキングしてきました。 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~ 8月22日(火)集合場所は御嶽山ケーブル乗り場の滝本駅。私は単独でJR青梅線の電車で、集合場所へ向かいました。JR御嶽駅で下車。JR[御嶽駅」奥多摩は自然が豊かです。御嶽駅のホームを歩いていた昆虫見っけ~~みやまかみきり自宅最寄り駅から、「青春18きっぷ」を往復使用しました。 御嶽駅前の「東京都御岳案内所」で情報収集。登山情報を確認。スズメバチに注意ですね。 蝶の種類や咲いている花の種類を確認できます。皆さんもビジターセンターなどで情報収集しましょ~う。  信号を渡って、路線バス乗り場へ。行列ができていました。レンゲショウマの開花時期です。平日ですがハイカーが多いです。ケーブル下行き路線バスに乗車。  終点ケーブル下で下車。ケーブル乗り場まで少しだけ歩きます。 この階段を登ると、滝本駅 御岳山ケーブル滝本駅 まだ待ち合わせ時間には早く、ここで待ちます。陸橋を先発のケーブルカーが通過していきました。あっ、張り紙!今年7月にツキノワグマ目撃情報 イスに蝶がいました~蝶「イチモンジチョウ」 四季の御岳山9時。マイカー組と電車組が合流。よろしくお願いしま~~す。 全員でケーブルカーに乗ります。 大人の遠足みたい~。すれ違いポイントでパシャリ。御嶽山駅広場NO展望台は霞んでイマイチ。 さあ~。レンゲショウマ群生地へ行きましょ~う! レンゲショウマ群生地入口   レンゲショウマ/キンポウゲ科長い花茎を出し、花と葉が離れてつく。ランプシェードみたい蕾は緑色で丸い。      レンゲショウマと蝶蝶「ウラギンシジミ」        大勢のハイカーが訪れていました。これから御嶽神社へ向かいます。     ご神木「神代欅」樹齢推定1千年  門前の宿坊にもレンゲショウマ鳥居に着きました。。手水で清めて階段を登ります。  ちょっと変わった光景に出合いました。カエデの間にレンゲショウマ  石の階段を登ります。石階段に隠された彫り物。何を物語っているのでしょうか。   武蔵御嶽神社 平成29年酉年式年大祭新しく塗り替えられたご社殿。4月、5月に大祭が行われたようです。今年参拝できたことはご利益ありそうです。 続きます。 続き・・・中編 ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      92
      10
      テーマ:
  • 16 Sep
    • 黒部五郎岳/日本百名山山バッチ百座目get☆⑥最終回

      2017年8月17日~20日_____黒部五郎岳(くろべごろうだけ)_____ ルート1日目:新穂高センター~わさび平~鏡平~弓折分岐~双六小屋泊2日目:双六小屋~巻き道~三俣蓮華岳~黒部五郎岳~北ノ俣岳~太郎平小屋泊3日目:太郎平小屋~折立~富山駅~氷見(薬師岳、私は中止)4日目:氷見~輪島の朝市(予備日は観光とグルメ) ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆その①・・・東京竹橋~新穂高センター~笠新道分岐~わさび平その②・・・わさび平~秩父沢出合~シシウドヶ原~鏡池~鏡平山荘その③・・・鏡平山荘~弓折乗越~花見平~双六山荘その④・・・双六小屋~三俣峠~三俣蓮華岳~黒部五郎小舎その⑤・・・黒部五郎小舎~黒部五郎岳~北ノ俣岳~太郎山~太郎平山荘 続き、最終回です。 2日目/8月18日(金)黒部五郎小舎で”百名山山バッジ”を購入。カールルート途中でブロ友さんとバッタリ有り。そして、黒部五郎岳登頂しました。リベンジ成功!その後、天候が崩れ、北ノ俣岳手前で雷雨に遭遇しちゃいました~。何とか雷を避けながら進み、やっと太郎平小屋が見えてきました。集中豪雨で登山道は川状態でした。登山靴がずぶ濡れで沢靴のようでした。約13時間半の行程。疲れた~~。明日の薬師岳登山、私は中止です。太郎山から木製階段を下ります。あと少しで山小屋に到着します。13時間半の行程で足が疲れ、もつれそうです。 太郎山から太郎平小屋 雨に濡れた太郎平太郎平小屋17時50分着。遅い到着で宿泊予約無しでした。 宿泊手続きより先に、濡れた衣類を乾燥室で乾かすように。そして、夕飯の準備をスタッフに伝え、18時15分には夕食が食べられました。小屋のご主人の優しさが心に沁みました。ずぶ濡れでしたが、何より暖かい言葉でした。 部屋で着替え、やっと気持ちが落ち着きました。すぐに準備してくださった夕食。遅い到着は夕食が無いことが多いです。おいしかったー。泡。泡。泡~。五臓六腑に浸みこみました。うまい!リーダーさんはテン泊。離れているので連絡は無しです。 夕食が終わりかけた時、外で声が聞こえます。綺麗な夕日が出ているよ~。 私も慌てて夕食を済ませ、カメラを持ち、外へ飛び出しました。信じられない光景でした。ずぶ濡れで歩いてきた太郎山上空に夕日。もう数分早い方が綺麗だったようです。夕日に見入る人々嬉しい自然界からのプレゼントでした。 部屋では話相手もいなく、乾燥室に行ったり来たりで、21時に就寝。 3日目/8月19日(土)予定では4時にテン場で待ち合わせ。歩き出して薬師岳をピストン。でしたが、私は疲れ果てて中止。山小屋で待つことにしました。5時に朝食。朝食。体調良く、完食です。 待ち合わせまで、時間を持て余していました。7時に部屋を出ました。お掃除タイムだからです。ほとんどの登山者は既に出発していました。山小屋は早いですね。売店前で時間潰し。キャンプ場へ行こうか迷いましたが、ガスで真っ白です。7時45分にリーダーさんがザックを担いで小屋まで上がってきました。外でタイミング良く出会いました。薬師岳に登ってきたが、真っ白だった。薬師小屋に寄ってきたよ、と話してくれました。  8時ちょうど。予定より1時間早く折立へ出発で~す。お世話になりました~。まだ、ガスッ、ガス。真っ白け~。ああ~あ。花の写真、撮りますイワショウブ/ユリ科花が3個ずつつく。 ミヤマアキノキリンソウ/キク科クモの巣がお飾りみたい~~。 キンコウカ/ユリ科池塘が♡ハート形。わお~~。ここにも♡を見つけちゃった~~。昨日、残雪がハート型でした。ねっ。ハートですよね。  ガスが切れてきました。綺麗な青空~~。でた~。 ネバリノギラン/ユリ科とキノコのコラボ凄い!大きなキノコ ヤマハハコ/キク科 タテヤマリンドウ/リンドウ科 ミヤマママコナ/ゴマノハグサ科稜線の緑が鮮やかできれい~~。 ホシガラス見っけ~。 エゾリンドウ/リンドウ科ニッコウキスゲ/ユリ科タテヤマリンドウ/リンドウ科イワイチョウ/ミツガシワ科コバノトンボソウ/ラン科花は花序の一方向に咲く。距が後ろに跳ね上がる 五光岩ベンチこのあたりは整備中。綺麗に敷き詰められていました。  三角点タッチ!有峰湖が少しだけ見えました。巨樹、通過~慰霊碑前通過。 11時50分、折立にとうちゃこ~~。予約したバスは13時30分でしたが、12時に間に合いました。変更して乗車。折立から富山駅へ。 バスの車窓からの風景有峰ダム有峰湖展望台JR富山駅駅前で白エビ天ぷらそば食しました。  レンタカーを借りて、氷見へ移動。民宿に宿泊しました。グルメを楽しみます。メインはお刺身の盛り合わせノドグロや甘えび、白エビのお刺身白エビはとろとろ。     このトコロテンは絶品。地酒お疲れ様でした。山ガイド、ありがとうございました。先ずはエビスビールで乾杯!お替りの日本酒で酔いました~。 この後、疲れと酔い過ぎて、早々に爆睡でした。  4日目/8月20日翌日、富山湾の日の出    朝食後、レンタカーで移動。輪島の朝市へ。ランチも海鮮丼。具だくさんでおいしい~~。  輪島キリコ会館へ。  良いタイミングでキリコを見ることができました。素晴らしい伝統ですね。説明を受けて感動してしまいました。 この後、富山駅に戻り、レンタカーを返して、新幹線で帰路につきました。 完。 ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      89
      10
      テーマ:
  • 15 Sep
    • 黒部五郎岳/日本百名山山バッチ百座目get☆⑤

      2017年8月17日~20日_____黒部五郎岳(くろべごろうだけ)_____ ルート1日目:新穂高センター~わさび平~鏡平~弓折分岐~双六小屋泊2日目:双六小屋~巻き道~三俣蓮華岳~黒部五郎岳~北ノ俣岳~太郎平小屋泊3日目:太郎平小屋~折立~富山駅~氷見(薬師岳、私は中止)4日目:氷見~輪島の朝市(予備日は観光とグルメ) ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆その①・・・東京竹橋~新穂高センター~笠新道分岐~わさび平その②・・・わさび平~秩父沢出合~シシウドヶ原~鏡池~鏡平山荘その③・・・鏡平山荘~弓折乗越~花見平~双六山荘その④・・・双六小屋~三俣峠~三俣蓮華岳~黒部五郎小舎 続きです。 2日目/8月18日(金)双六小屋を4時20分、小雨の中を出発。三俣蓮華岳に登り、黒部五郎小舎に到着。ここで目的の百名山山バッチ百座目をget。カラフルでデザインも素敵です。そして、五郎小屋ラーメンを食べてパワーupしました。 ガスの中、黒部五郎岳へ出発です。9年ぶりにリベンジです。五郎平お天気が良ければお花畑が広がります。カールへの案内矢印。両脇には高山植物。オンタデ/タデ科 濃霧に覆われた登山道。岩が滑ります。黙々と登ります。 チングルマの穂。千本槍みたい~~。ガスでまっ白な世界。案内板の横には「ウサギギク」ここは寄せ植えです。チングルマとミツバオウレン 奇岩が多くなってきました。 イワイチョウ/ミツガシワ科カールのお花たち。見たかったな~ ムシトリスミレ/タヌキモ科食虫植物葉は楕円形でふちが内側にまくれ上がり、粘液を分泌して虫を捕まえる。食虫植物です。葉の中に虫が入っています。 岩場に咲く花、見たかった~。またおいで~かな。濃霧。あれ、雷鳥が出てこないね。探しますがいません。コバイケイソウ/ユリ科お花畑がぼんやり見えています。 ここは沢?渡渉しました。 シナノキンバイ/キンポウゲ科 そろそろカールが終わりです。  キツイ登りが続きます。景色も無く、花の写真も撮れず疲れた~。ここで休憩。おやつ食べました。塩ようかん、おいしい! ここで休憩していると、母娘登山者が下ってきました。すれ違いました。 あれ?どこかで見たお顔です。誰だか思い出しません。少し、おしゃべりをしました。どこからいらしたんですか?鳥取県です。私は東京です。・・・えっ?、あっ・・・・hiroさん?あっ・・・・ゆきえさん?偶然のバッタリ~~~。hiroさんブログ【on your mark ・北アルプス太郎平~黒部五郎小舎】 初めてお会いしましたが、ブログでお顔を知っていましたから脳裏に残っていたんですね。嬉しかったです。 急に元気が出てきました。嬉しいことがあるとギアが入れ替わりますね。 ウメバチソウ/ユキノシタ科 ガスが切れてきました。山頂方面が見えてきました。ここは間違えないで。案内に従います。肩へ。あとひと登り。ガレ場を通過肩にとうちゃこ~黒部五郎の肩ここは分岐。北の俣岳方面を分けます。ここにザックをデポする人が多いですが、私は担ぎあげました。近いと思ったのに、まだまだ、山頂に着きません。ガレを頑張って登ります。振り返ると、「肩」の上空に青空~~ガスが飛んで行きます。山頂と間違えたピーク。三角点タッチ最後のガレ場を通ります。このゴーロ岩が五郎岳の由来ですね。 山頂にとうちゃこ~~。黒部五郎岳(2.840m)山頂権現様に参拝。飛騨地方は「中ノ俣岳」と呼ばれていた。 山頂コーヒータイムおいしいコーヒー。ありがと~う。明日は薬師岳にも登りたいですね。お天気次第でしょうか。リベンジ証拠写真撮りました。 うわお~。薬師岳が青空と共に出現です。薬師岳と黒部五郎山頂。リーダーさん曰く「薬師だけからの招待状じゃないの」「明日いらっしゃ~いですか?嬉しい~」 すっかり気分良くなりました。下山します。肩の分岐。戻りました。ザレた急坂を下ります。 途中、オコジョがいました。このあと、下へ走り出して登山道のハイマツの中へ入って行きました。雷鳥は見かけませんでしたがオコジョとの出会いに大満足。急斜面の下り、長~~い!hiroさんたちはここを登ってきたんですね。登りは大変そー。古びた道標イワギキョウ/キキョウ科とトウヤクリンドウ/リンドウ科何だか雲の中に入ったよう。まだ、雨は降っていません。  チングルマのお花畑。岩ゴロの道を登ります。  池塘が広がっています。前方の赤木岳はすっぽりと雨雲。遠く雷鳴。まだ雨は降りません。どうしましょうか?雷雨に遭遇しそうですが・・。ここは熟達者。音を聞き分けます。14時10分。しばらく休憩。前方の雷鳴を聞き分けます。「今のうちに何か食べなさい。」「はい。食べます。」「山小屋へ到着時間が暗くなるかもしれないので、ヘッ電の用意をしておきなさい。」「はい。すぐ出る所に置きます。」 雷鳴が遠くになると歩きだしました。雨具を着ました。赤木岳通過。  赤木岳 雪渓のある場所。14時54分離れて歩きます。もし、雷が落ちた時に、2人とも感電しないように。ピカ!ゴロゴロ~。きゃ~音が怖いです。びくびく。本当は傍にくっついて歩きたいです。 この先で、もう一度ハイマツの下で雷鳴が遠のくのを待ちました。時間がどんどん過ぎていきます。 今度は雨が降り出しました。雷は遠のいたようです。 北ノ俣岳(26661m)山頂 雨は降っていますが、先ほどより明るくなり、景色が見え始めました。でも、前方の太郎山方面は真っ暗です。 太郎平小屋が見えてきたよ。。どこどこ?雪形の近く~。きゃ~。素敵!♡ハートの雪形。 北の俣岳から、ここまで、登山道が川になっていました。ここはまだ少ない流れです。こんなに凄い登山道は初めて。証拠写真とりました。沢のような登山道。でも、木道に入ると、広大な湿原でした。すばらしい~。イワショウブの花が揺れています。お花畑と木道。  赤い屋根の「太郎平小屋」が見えてきました。太郎平小屋17時50分。無事に山小屋に到着。字数がオーバーしてしまいました。続きます。続き・・・その⑥最終回ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      80
      12
      テーマ:
  • 14 Sep
    • 黒部五郎岳/日本百名山山バッチ百座目get☆④三俣蓮華岳

      2017年8月17日~20日_____黒部五郎岳(くろべごろうだけ)_____ ルート1日目:新穂高センター~わさび平~鏡平~弓折分岐~双六小屋泊2日目:双六小屋~巻き道~三俣蓮華岳~黒部五郎岳~北ノ俣岳~太郎平小屋泊3日目:太郎平小屋~折立~富山駅~氷見(薬師岳、私は中止)4日目:氷見~輪島の朝市(予備日は観光とグルメ) ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆その①・・・東京竹橋~新穂高センター~笠新道分岐~わさび平その②・・・わさび平~秩父沢出合~シシウドヶ原~鏡池~鏡平山荘その③・・・鏡平山荘~弓折乗越~花見平~双六山荘 続きです。 2日目/8月18日(金)双六小屋に宿泊。夜中に強い雨音で目覚めました。五郎岳へ出発できるかな?3時起床。4時に雨具を着て部屋を出ました。テン泊している同行者は雨でテント撤収しているはず。大丈夫かな?山小屋で4時にお弁当をいただいたので、玄関横で少しだけ食べました。エネルギーチャージ。4時20分、行きますよ!の声にザックを担ぎました。へッ電点けて外に出ました。双六小屋(前日に撮影) 4時20分。外に出ると小雨。まだうす暗いです。雨なので誰も出発しません。へッ電の明かりを頼りに双六岳への登山道をゆ~っくり登り始めました。天候悪化で最悪の場合は「黒部五郎小舎」で宿泊ができるかも・・など考えながら。 双六岳分岐三俣山荘巻き道ルートを行きます。 途中の写真無し。 明るくなり、へッ電を消しました。お花畑が広がっていました。 雨は降ったり、止んだり~。 誰にも会いません。ここは北アルプス?私たちだけの貸し切りです。と、話していたら単独の男性とすれ違いました。三俣山荘から来たようです。 三俣山荘方面分岐にとうちゃこ~  三俣峠 2015年、ここから三俣山荘へ鷲羽岳百名山山バッチを買いに走りました。過去レポ2015年7月29日~7月31日「北アルプス/弓折岳・双六岳・三俣蓮華岳」 鷲羽岳百名山山バッチget ここから三俣蓮華岳への登りは急斜面。キツイ登りです。慎重に歩を進めます。ゆっくりでいいからね~。は~い。 やっと花の写真を撮りました。  6時40分。最初のピークにとうちゃこ~~。 三俣蓮華岳(みつまたれんげだけ)2.841m山頂 日本二百名山 証拠写真。笑顔で撮ったドー 三角点タッチ! 山頂標識に大町市(長野)高山市(岐阜市)富山市(富山)。三県の県境なんですね。 もう一つの山頂標識。 ガッス、ガスなので、先へ進みます。黒部五郎小舎へ。残雪です。高山植物がたくさん咲いています。ヨツバシオガマ/ゴマノハグサ科  真っ白け~~。 三俣山荘巻き道、通過このあたりで五郎小舎から来た登山者3組とすれ違いました。 こんな岩場も通過~  そして、平坦な場所にとうちゃこ~~。ここから雲上のお花畑が広がっていました。おおお~~すばらしい~~イチゲちゃんの花園凄い!すごい!  イワカガミの群生!  立ち止まってしまいました~~。  見事な秘密の花園ですハクサンイチゲの大群落。お見事!  素敵なお花畑のプレゼント、ありがと~~う   もう、もう、疲れが飛んでいきました。 でも・・・ここからの下りは、えぐれたり、ゴーロ岩ありで膝が笑いそうでした。この下りは2007年8月に黒部五郎岳に登った時往復しましたが、五郎小舎に泊まったのでキツク感じなかったんですね。写真無し。   やっと山小屋の影が見えて、ほっとしました。五郎平に建つ山小屋です。 キャンプ地は少し離れています。黒部五郎小舎8時30分到着。お掃除の時間でしたが、ラーメンできますか?作れますよ~。早い時間でしたが、快く作っていただきました。 その間に売店で目的の山バッチ購入。黒部五郎岳・百名山100座め山バッチget!目的達成です。 五郎小舎ラーメンができあがりました。お味噌汁も付けてくださり、冷えた身体が温まりました。完食です。ごちそうさまでした。朝の食べかけお弁当もここで少し食べました。エネルギーチャージできました。 双六小屋から、雨の中、4時間の歩行。元気を取り戻しました。 小屋番さんが「富山方面は雷雨の予報があります。気をつけてください」 小屋の有料トイレ(100円)をお借りして出発です。これからの予定は黒部五郎岳~北ノ俣岳~太郎平小屋まで行きます。双六小屋から4時間歩いてきました。これから先も長いです。がんばるぞ~~ 続きま~す。続き・・・その⑤黒部五郎岳ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。 

      83
      6
      テーマ:
  • 13 Sep
    • 黒部五郎岳/日本百名山山バッチ百座目get☆③

      2017年8月17日~20日_____黒部五郎岳(くろべごろうだけ)_____ ルート1日目:新穂高センター~わさび平~鏡平~弓折分岐~双六小屋泊2日目:双六小屋~巻き道~三俣蓮華岳~黒部五郎岳~北ノ俣岳~太郎平小屋泊3日目:太郎平小屋~折立~富山駅~氷見(薬師岳、私は中止)4日目:氷見~輪島の朝市(予備日は観光とグルメ) ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆その①・・・東京竹橋~新穂高センター~笠新道分岐~わさび平その②・・・わさび平~秩父沢出合~シシウドヶ原~鏡池~鏡平山荘 続きです。 1日目/8月17日新穂高から歩き出し、わさび平小屋で休憩。そして、小池新道を登り、鏡平山荘に到着。 鏡平山荘 ここのベンチで昼食を終えました。”かき氷”食べたかったな~。ベンチの隣で山ガールがおいしそうに食べていました。 ガスがでてきて、お天気崩れそう~~。早めに、出発です! 鏡平から双六小屋までCT2時間10分。 花写真を撮ります。ゴゼンタチバナ/ミズキ科ツルリンドウ/リンドウ科 振り返ると、先ほどまで居た鏡平が見えました。赤い屋根が鏡平山荘 ズームイン!鏡池 槍ヶ岳は雲に隠れて全く見えません。がっくり~。 リーダーさんはデカザック。2泊ともテント泊です。私は山小屋泊。荷物を少なくしました~。2日目がロングコースの予定ですから。弓折中段ミヤマトリカブト/キンポウゲ科この登山道もお花が多いです。足が止まります。何かありましたか~?色々な花が咲いています。ミヤマコウゾリナ/キク科とクルマユリ/ユリ科ハクサンフウロ/フウロソウ科ヤマハハコ/キク科ミヤマダイモンジソウ/ユキノシタ科 お花畑~~。 そして、弓折乗越にとうちゃこ~~。弓折岳分岐笠ヶ岳・弓折岳方面を分けます。 弓折岳は9年前と2年前に行き、2度登っています。 景色や高山植物は2年前の双六岳山行の時が良かったです。過去レポを参考にどうぞ! 過去レポ2015年7月29日~7月31日 「北アルプス/弓折岳・双六岳・三俣蓮華岳」 過去レポ         2008年8月26日「表銀座から大縦走・槍ヶ岳~笠ヶ岳」 ミヤマキンポウゲ/キンポウゲ科 ヨツバシオガマ/ゴマノハグサ科アカモノ/ツツジ科 稜線上にでました。わお~。青空~~双六岳方面上空は青空~~ちらり。鷲羽岳  ウメバチソウ/ユキノシタ科  まだ、残雪がありました。花見平お花畑~~ハクサンイチゲ/キンポウゲ科エゾシオガマ/ゴマノハグサ科タテヤマリンドウ/リンドウ科タカネヤハズハハコ/キク科オヤマリンドウ/リンドウ科テガタチドリ/ラン科 くろゆりベンチにとうちゃこ~~。クロユリは終わっていました。ベンチで休憩。あら、私のザックに蝶が・・・蝶「ベニヒカゲ」ひょうたん形の紋蝶「クモマベニヒカゲ」黒地にくっきり紅の紋。白黒まだらのしゃれた縁どり 休憩を終えしゅっぱ~つ!この稜線は高山植物の宝庫。花好きはこのルートが大好きです。  アオノツガザクラ/ツツジ科ウサギギク/キク科 チングルマ/バラ科トリカブト畑~ きゃ~ 素敵!前方に鷲羽岳がくっきり~ 双六小屋とテン場 わお~。逢いたかった花「クロユリ」です。ミヤマクロユリ/ユリ科この1株だけ、咲き残っていました。嬉しい~~。  テン場が近くなりました。リーダーさんはテント泊です。混み具合が気になりますね。双六池 双六小屋宿泊の手続きを終え2階の部屋へ。12畳ほどの広さ。単独の女性2名と私。3名でそれぞれお布団1枚使いゆったりでした。 荷物をかたずけ、外のベンチへ。テン場からリーダーさんが駆けつけました。お疲れ様でした~。乾杯!~明日の行程を相談です。明日は太郎平小屋までロングコースです。  双六小屋の夕食。天ぷらがおいしいです。完食。ごちそう様でした。 泡の酔いもあり、夕食後すぐ眠ってしまいました。 夜中、雨音で目覚めました。テン場大丈夫かな?明日のロングコース行けるかな? 続く。 続き・・・その④  ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      99
      10
      テーマ:
  • 12 Sep
    • 黒部五郎岳/日本百名山山バッチ百座目get☆②小池新道

      2017年8月17日~20日_____黒部五郎岳(くろべごろうだけ)_____ ルート1日目:新穂高センター~わさび平~鏡平~弓折分岐~双六小屋泊2日目:双六小屋~巻き道~三俣蓮華岳~黒部五郎岳~北ノ俣岳~太郎平小屋泊3日目:太郎平小屋~折立~富山駅~氷見(薬師岳、私は中止)4日目:氷見~輪島の朝市(予備日は観光とグルメ) ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆その①・・・東京竹橋~新穂高センター~笠新道分岐~わさび平 続きです。 1日目/8月17日(木)新穂高登山指導センターから歩き出し、「わさび平」に到着。ここで休憩。行動食を食べ、これからの登りに備えます。 では、出発~! ソバナ/キキョウ科 ノリウツギ/ユキノシタ科 気持ち良い青空です。山野草を眺めながらゆっくり登ります。 やがて、分岐。双六への案内。右の橋が分岐。奥丸山方面を分けます。 鏡平・小池新道入口へ進みます。沢沿いの道。 花の写真ヨツバヒヨドリ/キク科とヤマホタルブクロ/キキョウ科ヤマハハコ/キク科とウツボグサ/シソ科 あっ。残雪です。ガラ場に一輪。凛とした姿で咲いています。ニッコウキスゲ/ユリ科 ガラ場を登ります。小池新道はよく整備されています。 小池新道の案内。 日差しが暑くなってきました。木陰が涼しい~。 オタカラコウ/キク科 ヨツバヒヨドリ/キク科蝶「ヒメシジミ」 秩父沢出合にとうちゃこ~休憩ポイントです。木製橋を渡ると、たくさんの登山者が休憩していました。水場があります。 秩父沢を振り返りました。秩父沢の橋は7月上旬~10月中旬だけ。それ以外は外されている。私たちはここで休まず、進みます。だんだん急斜面。登りが辛くなってきました。ここも水場 センジュガンピ/ナデシコ科とウバユリ/ユリ科 ここはチボ岩。通過。 ミヤマキンポウゲ/キンポウゲ科とオオバミゾホオズキ/スミレ科 そして、イタドリヶ原 眺めが良いです。 前方に雪渓が見えてきました。 シシウドヶ原(2090m) ベンチがあり、休憩です。雪渓の手前にサンカヨウが咲いていました。サンカヨウ/メギ科 展望が良く、しばし休憩。標高が高くなりました。 休憩を終え、出発です。 花の写真ベニバナイチゴ/バラ科とキヌガサソウ/ユリ科ヤマブキショウマ/バラ科マルバダケブキ/キク科   ミヤマホツツジ/ツツジ科とハクサンフウロ/フウロソウ科エゾシオガマ/ゴマノハグサ科とオオレイジンソウ/キンポウゲ科 だいぶ登ってきました。熊のおどり場~~熊のおどり場 あと5分の案内。鏡平が近いです。 やっと・・・鏡池にとうちゃこ~~。鏡池残念ながら槍ヶ岳は雲の中。見えません。私たちはここには寄らずに、小屋へ向かいます。 鏡平山荘です。ふう~。鏡平山荘 2015年に双六岳登山の時、鏡平小屋に宿泊しました。その時は夕景と朝景色が最高でした。参考にどうぞ!過去ブログ2015年7月29日~87月31日【北アルプス/弓折岳・双六岳・三俣蓮華岳】 ここで昼食。11時40分。このあと双六小屋で宿泊です。もうひと頑張りします。 続きま~~す。 続き・・・その③双六小屋ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      93
      6
      テーマ:
  • 11 Sep
    • 黒部五郎岳/日本百名山山バッチ百座目get☆①

      2017年8月17日~20日_____黒部五郎岳(くろべごろうだけ)_____ プロローグ日本百名山完登したのは2014年10月石槌山・最高峰の天狗岳でした。3年前です。石槌山は2012年に山頂神社まで登っていましたが、最高峰の天狗岳には登らず。そこで、最高峰にこだわり登り直しました。  過去レポ:2014年10月26日【百名山/石槌山(天狗岳で百名山完登)】 百名山山バッチ収集は買い忘れたりして百座完登時に9座未収集でした。昨年、99座目の笠ヶ岳をget。時間があれば黒部五郎岳にも縦走したかったのですが、日程が取れず、やむなく14時間の日帰り山行でした。その時、来年は黒部五郎岳に同行してくださると約束していただきました。今年、念願叶って山熟達者さんに同行していただき、百座目山バッチgetできました。 山行途中で雷雨に遭遇したり、ブログ友さんとバッタリしたり、予備日でグルメと観光を楽しんだり、忘れられない山旅になりました。  ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆  1日目/8月17日(木)前日(16日)の夜、夜行高速バス”毎日あるぺん号”に乗るため、東京・竹橋に集合。バスは大型3列シート、トイレ付。22時30分発に乗車しました。このバスは上高地、平湯温泉経由でしたので満席です。毎日新聞社1階総合受付センターでチェック では、定刻通り出発です。早朝、上高地バスターミナルに到着。半数以上下車しました。 ここで私たちも下車したくなりました。槍・穂に行きた~~い。いや。いや。今回の目的は黒部の五郎さま~。ブレちゃいけません。  平湯温泉ここも思い出が多いです。乗鞍岳ご来光登山で何度も下車しました。 過去レポ2016年8月16日「乗鞍岳でご来光が残念ながら真っ白け~」2015年8月19日「乗鞍岳でご来光」2013年8月8日「乗鞍岳でご来光」この時が一番検索されています。2010年8月19日「乗鞍岳でご来光」  さらに先まで乗ります。新穂高第2ロープウェイ駐車場へ。新穂高登山指導センター前に6時過ぎ到着。トイレを済ませ、朝食を食べました。 ルート1日目:新穂高センター~わさび平~鏡平~弓折分岐~双六小屋泊2日目:双六小屋~巻き道~三俣蓮華岳~黒部五郎岳~北ノ俣岳~太郎平小屋泊3日目:太郎平小屋~折立~富山駅~氷見(薬師岳、私は中止)4日目:氷見~輪島の朝市(予備日は観光とグルメ)   登山届提出。 ここで登山届を提出した過去の山行を思い出しました。2年前、双六岳・三俣蓮華岳に登り、鷲羽岳の山バッジを三俣山荘へ買いに走りました。過去レポ2015年7月29日~7月31日 「北アルプス/弓折岳・双六岳・三俣蓮華岳」 2016年9月17日 「北アルプス/笠ヶ岳14時間日帰り山行」   6時30分、いよいよスタートです。 橋を渡り、舗装道路を進みます。途中、車止めゲートを通過。ピントぶれぶれ~。ねむい~。 おお~。青空~。目が覚めた~。  砂利道にアザミ。おはよ~う。  お助け風(風穴)。冷たい風が気持ち良いです。  たいくつな林道歩き。おしゃべりしないと長く感じます。一人じゃなくて良かった~。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。キャハッ いつもの場所に【オオヤマレンゲ】咲いていました~~。白花ではなく、肌色。終盤でした。2~3日前が良かったようです。オオヤマレンゲ/モクレン科(これは、一昨年双六に行く時撮りました)       笠新道登山口 昨年は笠ヶ岳にここから往復しました。過去レポ2016年9月17日 「北アルプス/笠ヶ岳14時間日帰り山行」     ツルアジサイ/ユキノシタ科  そして、わさび平にとうちゃこ~~。8時15分。 わさび平小屋 リンゴやトマトが冷えています。わさび平小屋の名物光景ですね。  気温19℃ここで休憩。行動食を食べました。トイレ休憩です。 続きま~~す。 続き・・・その②鏡平 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      106
      8
      テーマ:
  • 10 Sep
    • 白馬で花三昧!”ヒマラヤの青いケシ”と欲張って八方池へも♪⑤八方池(最終回)

      2017年8月2日_______白馬五竜高山植物園と八方池_____*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚その①・・・ムーンライト信州~信濃大町~神城~テレキャビンとおみ駅~アルプス平その②・・・アルプス平~植物園見学・ヒマラヤの青いケシなど花三昧その③・・・八方アルペンライン八方駅~兎平~黒菱平~八方池山荘前その④・・・八方池山荘前~八方山 続き・最終回です。  アルペンラインのリフトを乗り継ぎ、八方池山荘前で降りました。標高1.830mです。ここから八方尾根を歩き出しました。そして、「八方山」に到着。八方山(1.974m)石神井ケルン(八方山ケルン)と呼ばれます。。 さあ~先へ進みましょう。ここまで花図鑑は31種類でした。展望はダメですが花図鑑は続行です。32 モウセンゴケ/モウセンゴケ科 33 タカネナデシコ/ナデシコ科 34 ハクサンタイゲキ/トウダイグサ科 35 コバノトンボソウ/ラン科ホソバノキソチドリによく似ているが、距は細長く上向きに跳ね上がる。トンボの形に見える。 ↓と比べると違いますね。(ホソバノキソチドリとキソチドリ)  36 ハナニガナ/キク科 トイレの建物が見えてきました。トイレ休憩。 トイレ横の木道。帰りに通ります。八方池の案内。もうすぐですね。2つ目のケルンに着きました。第2ケルン「息(やすむ)ケルン」  37 ウメバチソウ/ユキノシタ科仮雄しべが12~22裂八方尾根ではコウメバチソウも多くみられるようです。違いは仮雄しべが7~11裂。  38 クモマミミナグサ/ナデシコ科  また、ケルンにとうちゃこ~。八方ケルン標高2.035m 39 オヤマソバ/タデ科40 キバナノカワラマツバ/アカネ科  絶景が見られる場所ですが、ガスッ、ガス。景色はダメですが、お花に集中します。 白馬連峰展望図。絶景ポイントです。残念!  41 ホソバツメクサ/ナデシコ科42 ハクサンチドリ/ラン科43 ミヤマカラマツ/キンポウゲ科 「八方池」へ向かいます。44 チングルマ/バラ科 うわ~。逢いたかった花「ユキワリソウ」です45 ユキワリソウ/サクラソウ科 ラブリーな花。ハート形の花びらが愛らしい。小さいのでピント合わせが難しい。46 イワイチョウ/ミツガシワ科残雪がありました。47 ムシトリスミレ/タヌキモ科食虫植物。スミレに似ているが別の種類です。48 タテヤマリンドウ/リンドウ科49 ニッコウキスゲ/ユリ科50 ウラジロヨウラク/ツツジ科八方池標高2.060m霧よ~どいて!~~。わぉ~。ガスが切れました。ガスが切れた瞬間。「第3ケルン」が水面に映りました。逆さ第3ケルン  過去に八方池を通過した山行を参考にどうぞ。過去レポ2014年7月27日「鹿島槍ヶ岳から八峰キレット越えて五竜岳」ロングコース縦走最後に。 2010年7月4日「八方尾根・7月の花」 八方池が凍っていた! 2008年5月1日~2日「北アルプス/唐松岳・残雪」雪景色です    飯森神社奥社(参拝) 祠の後ろでランチタイム眺めはありませんが、山で食べるとおいしいです。 ランチを終え、ぐるっと池を廻って帰ります。51 タカネマツムシソウ52 クガイソウ/ゴマノハグサ科53 ミヤマムラサキ/ムラサキ科54 ネバリノギラン/ユリ科55 ヒロハヘビノボラズ/メギ科黄色い花は終わっていました。56 タカネバラ/バラ科ピンクの花は終わり実になっていました。57 クモマスミレ/スミレ科黄色い花はありませんでした。葉が独特な暗緑色です。スミレの仲間で最も高所に咲く。58 イブキボウフウ/セリ科59 ミヤマクワガタ/ゴマノハグサ科 第3ケルンにとうちゃこ~第3ケルン・標高2.035m ここから往路を戻ります。60 ミヤマアキノキリンソウ/キク科61 クロトウヒレン/キク科 62 テガタチドリ/ラン科 63 ミヤマホツツジ/ツツジ科64 ヤマハハコ/キク科 八方尾根に咲く固有種です。65 ハッポウタカネセンブリ/リンドウ科 66 ハッポウウスユキソウ/キク科葉が細く斜め上向きにつくのが特徴67 ミネウスユキソウ/キク科包葉の幅が比較的広い68 ハッポウワレモコウ/バラ科カライトソウとワレモコウの自然雑種。雄しべが花から飛び出している 69 ハッポウアザミ/キク科紅紫色の花は長い枝の先に1個ずつ横~下向きに着つく。(写真は違うかも・・)  70 イワカガミ/イワウメ科71 ミヤマダイモンジソウ/ユキノシタ科白馬で花三昧な1日でした。 ご一緒していただいた山友さん、ありがとうございました。<m(__)m> この3冊で花名を調べました。  完。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      85
      6
      テーマ:
  • 09 Sep
    • 白馬で花三昧!”ヒマラヤの青いケシ”と欲張って八方池へも♪④八方尾根

      2017年8月2日_______白馬五竜高山植物園と八方池_____*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚その①・・・ムーンライト信州~信濃大町~神城~テレキャビンとおみ駅~アルプス平その②・・・アルプス平~植物園見学・ヒマラヤの青いケシなど花三昧その③・・・八方アルペンライン八方駅~兎平~黒菱平~八方池山荘前 続きです。 八方アルペンラインで八方池山荘前に到着。これから「八方尾根」を歩きます。ここは高山植物の宝庫。ハッポウを冠する花も多いです。八方池山荘前たくさんのハイカーがいます。トイレを済ませ出発です。予定では、八方池まで行き、往路を戻ります。 歩き始めて、すぐ、多くの花々に出会いました。花の図鑑作成です。1 オオコメツツジ/ツツジ科オオコメツツジに蝶「ヒメシジミ」 2 エゾシオガマ/ゴマノハグサ科 3 シロバナハナニガナ/キク科 4 シモツケソウ/バラ科 5 タテヤマウツボグサ/シソ科 6 ハクサンタイゲキ/トウダイグサ科 7 キンコウカ/ユリ科8 ヨツバシオガマ/ゴマノハグサ科9 ミヤマアズマギク/キク科10 イブキジャコウソウ/シソ科11 クルマユリ/ユリ科12 カライトソウ/バラ科13 イワシモツケ/バラ科蛇紋岩や石灰岩地の岩場に生育 14 シナノオトギリ/オトギリソウ科15 ヤマブキショウマ/バラ科葉がヤマブキに似た平行脈がある16 ノギラン/ユリ科17 タカネシュロソウ/ユリ科 18 カラマツソウ/キンポウゲ科 19 ワレモコウ/バラ科20 ハクサンボウフウ/セリ科 21 オオバギボウシ/ユリ科22 ホソバノキソチドリ/ラン科距の長さが1.5cmと長い。やや下向きに湾曲している。 23 キソチドリ/ラン科側花弁がバンザイしているように見える24 ミヤマコゴメグサ/ゴマノハグサ科25 ミヤマトウキ/セリ科26 ミヤマママコナ/ゴマノハグサ科27 オニアザミ/キク科蝶「ヒメジャノメ」28 ハクサンシャジン/キキョウ科振り返りました。木道の階段が長く伸びています。階段のお花畑29 オトギリソウ/オトギリソウ科 30 ヤマホタルブクロ/キキョウ科31 シロバナヤマホタルブクロ/キキョウ科自然界の生け花彩リが良いですね。  八方山(1974m)三角点タッチ!証拠写真、撮りました。 続きま~~す。 続き・・・その⑤最終回↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      81
      4
      テーマ:
  • 08 Sep
    • なう!黒斑山と高峰山

      きょうは黒斑山と高峰山✌ 高峰山は初めて登りました。 高峰神社                詳細は後日です。↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      96
      8
      テーマ:
  • 07 Sep
    • 白馬で花三昧!”ヒマラヤの青いケシ”と欲張って八方池へも♪③八方アルペンライン

      2017年8月2日_______白馬五竜高山植物園と八方池_____*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚その①・・・ムーンライト信州~信濃大町~神城~テレキャビンとおみ駅~アルプス平その②・・・アルプス平~植物園見学・ヒマラヤの青いケシなど花三昧 八方池 続きです。 「白馬五竜高山植物園」で念願の”ヒマラヤの青いケシ”とご対面~。他の花もたくさん咲いていました。高山植物園内で花三昧~~。このあと、リフトに乗り「地蔵ケルン」や「小遠見山」へハイキングもできたのですが、ここを移動して「八方尾根」を歩くことにしました。 「小遠見山」へは雪期に登っています。参考にどうぞ。過去レポ2014年3月29日「雪山・小遠見山と節分草群生地へ」  テレキャビンに乗り下りました。エスカルプラザに戻ると、タイミング良く”シャトルバス”がいました。切符はバスの中で購入。【白馬アルプス花三昧 1Day Free Ticket】シャトルバスに1日何度でも乗車できます。大人700円このバスに乗り、八方ゴンドラリフト乗り場へ向かいました。「八方駅」に到着。八方駅・チケット売り場八方アルペンライン:大人往復2900円。 八方ゴンドラリフト「アダム」に乗り「兎平」へ。約8分で兎平。「うさぎ平テラス」にはネイチャールームや高山植物や地質などの紹介があります。うさぎ平テラス 兎平は標高1.400m 素敵な空間です。のんびりしたいですね。次はグラートクワットリフトに乗ります。アルペンクワットリフト乗り場10時ちょうど。リフトに乗ります。  リフトの下はお花畑~~(下山時撮影)リフトに乗りながらお花見~~。足が届きそうなほどすれすれに通過。    約7分で黒菱平 こちらは黒菱リフト乗り場。駐車場があり、こちらから入山する登山者が多いです。私も過去にこちらから八方尾根を歩きました。  アルペンリフトを降りました。黒菱平は標高1.680m。鎌池湿原があり遊歩道を歩くことができます。私たちは八方池まで行きたいので、急ぎます。この先もリフトに乗ります。頂上行きリフトの案内。100mほど歩きます。鎌池湿原  ニッコウキスゲが出迎えてくれました。お花畑~~シナノタイゲキ/トウダイグサ科 最後のリフト「グラートクワッドリフト」展望はガスってしまい残念ですが、お花は楽しめます。    約5分でとうちゃこ~~グラートクワッドリフト乗り場八方池山荘前は登山者で賑わっていました。10時14分です。これから八方尾根を歩きます。 続きま~す。 続き・・・その④八方尾根↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。    

      105
      10
      テーマ:
  • 06 Sep
    • 白馬で花三昧!”ヒマラヤの青いケシ”と欲張って八方池へも♪②白馬五竜高山植物園

      2017年8月2日_______白馬五竜高山植物園と八方池_____*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚その①・・・ムーンライト信州~信濃大町~神城~テレキャビンとおみ駅~アルプス平 続きです。 テレキャビンに乗り、「白馬五竜アルプス平」に到着しました。ここは、五竜岳登山の遠見尾根への入口。そして、夏期は山野草園があります。冬期はスキー場です。私たちの目的はこの山野草園で「ヒマラヤの青いケシ」を見た~いです。広大なお花畑。色々な山野草が見られました。 _____青いケシ群生地_____ ヒマラヤの青いケシ/ケシ科メコノプシス・ナパウレンラス青い色はヒマラヤンブルーとも謂われます。メコノプシスとはケシに似たという意味だそうです。     ヒマラヤの青いケシは青以外の種類もあります。    クルマユリ    ヤナギラン  ヒオウギアヤメノハナショウブニッコウキスゲタカネナデシコ シナノナデシコ イブキジャコウソウオタカラコウハクサンフウロセンジュガンピ シモツケソウ  クガイソウオトギリソウカライトソウイワオウギアオノツガザクラヨツバヒヨドリイワショウブクロマメノキシロウマアサツキタテヤマウツボグサ   ヤマホタルブクロ  ノビネチドリタマガワホトトギス  コマクサエリアコマクサ/ケシ科 エーデルワイスエリアエーデルワイス/キク科  他にもたくさんの花が咲いていました。載せきれませんでした。ヒメシジミ五竜岳登山者を見送りながら、私たちは次の目的地「八方尾根・八方池」へ移動します。 続きま~~す。 続き・・・その③八方アルペンライン ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。   

      82
      10
      テーマ:
  • 05 Sep
    • なう!蓼科山

             蓼科山に登りました! 詳細は後日です。 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。  

      95
      8
      テーマ:
  • 04 Sep
    • 白馬で花三昧!”ヒマラヤの青いケシ”と欲張って八方池へも♪①

      2017年8月2日_______白馬五竜高山植物園と八方池_____ 数年前から、白馬五竜高山植物園の【ヒマラヤの青いケシ】を見たいと思い続けていました。なぜか出かけるチャンスが無く、花咲く季節は通り過ぎていきました。あの幻の花色「ヒマラヤンブルー」。私が大好きなカラーなんです。逢いたい!それが、今年、やっと叶いました。山友さんが同行してくれました。  8月2日(火)青春18きっぷを利用しました。前日(8月1日)の深夜に東京・新宿駅から夜行電車「ムーンライト信州」で白馬へ向かいました~。東京・新宿駅23時54分発「ムーンライト信州・白馬」に乗り込みました。23時54分と日付が変わるまで6分。別切符は次の停車駅八王子駅まで購入しました。。八王子駅を過ぎ、車掌さんに18きっぷに8月2日の印を押していただきました。もう、電車が7分遅ければ切符を別に買わずにすんだんですが・・・。憎い!山友さんは八王子駅で乗車。合流できました。 ムーンライトは座席指定です。座席指定券を事前に購入しました。この電車は人気があり、座席指定券はすぐに売り切れます。予定を早めに立てて、青春18きっぷと一緒に購入するのがベストですね。 早朝5時10分、「信濃大町駅」で下車。JR信濃大町駅 ここで下車して、洗面や朝食を済ませました。駅の待合室が便利です。駅前にはコンビニがありません。15分ほど離れた場所です。朝食は事前に用意した方が良いです。 そして、大糸線の始発に乗り換え「神城駅」へ行きます。大糸線。本数少ないです。爺ヶ岳や鹿島槍ヶ岳など「扇沢」への最寄り駅です。 大糸線、南小谷行き、6時11分に乗りました。  神城駅に6時45分とうちゃく~。ここは遠見尾根から登る、五竜岳登山口の最寄り駅です。 神城駅 神城駅前から、白馬五竜テレキャビン乗り場への送迎バスは、まだ時間が早かったのでありません。バスに乗らずに歩いて行くことにしました。6時45分です。この案内図を写メして歩きだしました。 道路脇に咲いていた花。 7時10分。エスカルプラザにとうちゃこ~~エスカル プラザ 冬はスキー場ですが、夏は花三昧。館内にはカモシカのはく製もあり、アルプス感が漂います。  散策マップで【ヒマラヤの青いケシ】がどこに咲いているか確認します。 五竜テレキャビンに乗ります。冬はゲレンデですが、夏はお花畑~。ここは「エスカルガーデン」     奥に、テレキャビン乗り場の建物。テレキャビン とおみ駅切符はここで購入します。 今咲いている花々の案内”ヒマラヤの青いケシ”初めての出合いにわくわくしちゃいます。散っていませんように。 テレキャビンの上り始発は7時30分。始発に乗ります。お天気はくもり、気温16℃テレキャビン「とおみ駅」は標高818mです。 テレキャビンに乗りました~  神城の町が見えています。駅から歩いてきた道を眺めます。たなびく雲が良い感じ~~。朝の清々しい景色です。 あらら~高度があがると、ガスって来ました。五竜アルプス山野草園は大丈夫でしょうか?  アルプス平にとうちゃこ~ 白馬五竜アルプス平 これから園内を散策。白馬で花三昧です。これから園内を散策します。  ヒマラヤの青いケシ、咲いていました~~長くなりましたので・・・・ちらり、「ヒマラヤの青いケシ」掲載です!ヒマラヤンブルー。自然界ではとても珍しい色彩です。          続きます! 続き・・・その② ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。   

      84
      16
      テーマ:
  • 03 Sep
    • 東北の山/霊峰・月山☆③最終回

      2017年7月29日~30日_____東北の山/月山_____ 7月29日(土)に鳥海山に登りました。湯ノ台口コースを往復です。雪渓を登り、七高山と新山へ。登山レポは____「こちら」。翌日の30日は月山へ。4年ぶりに東北の山/鳥海山と月山の2座に登りました。 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚その①・・・姥沢駐車場~姥沢登山口~牛首その②・・・牛首~延命地蔵~月山山頂神社 続き・最終回です。 姥沢から入山。途中、残雪をトラバースして分岐の牛首に。その後、延命地蔵に合掌して、山頂の月山神社に到着しました。月山神社本宮登拝料を収め、お札を頂きました。お祓いをしていただき、そのお札を水に浮かべました。そして、本宮に参拝です。参拝の後、社務所で御朱印を頂きました。 こちらは前日いただいた鳥海山の御朱印です。  参拝を終えて、神社前の広場で早めの昼食を食べました。 離れた場所にある三角点には行きません。4年前にタッチしましたのでその画像を掲載です。  過去レポ2013年10月6日「鳥海山と月山は錦の絨毯」4年前に撮った三角点です。ランチを終え、トイレを済ませて下山します。こちらがトイレの建物。 そして、月山頂上小屋があります。月山頂上小屋宿泊施設です。信者さんが多いようです。ちらり玄関を覗かせていただきました。 牛首まで往路を戻ります。ミヤマリンドウハクセンナズナ 牛首にとうちゃこ~~。牛首は分岐です。ここから姥ヶ岳・リフト駅方向へ進みます。こちらもまた高山植物が咲いていました。月山の花図鑑       ここも残雪。踏み抜かないように歩きます。 月山の花図鑑           八重のハクサンイチゲ     分岐「金姥」に到着。  金姥湯殿山神社方面を分けます。私たちは姥ヶ岳方面へ進みます。      二ッコウキスゲとキンコウカ        姥ヶ岳分岐。 すぐに「姥ヶ岳」とうちゃこ~姥ヶ岳(1.670m)山頂証拠写真、撮りました~~ 木道を少し進むと三角点がありました。三角点タッチ!ニッコウキスゲのお花畑特にお気に入りの1枚 そして、また雪渓を通過。見かけより急斜面。ロープが張られていますが最後まで見えません。ここは、安全を優先して、私だけ軽アイゼン装着。 雪渓通過中。ここの横の斜面ではボードをする若者。スキー場のようでした。 雪渓を無事に通過。 少し急いでリフト上駅にとうちゃこ~~。  リフトに乗り、姥沢登山口へ。このリフト、15分も乗るので、ここで速報をアップしました。 12時20分駐車場到着。姥沢駐車場。カメラのレンズが濡れていて滲んでしまいました。  日帰り温泉はこちら月山自然水の湯さっぱり~~  高速道路を走り帰路につきました。 昼食は道の駅で海鮮丼と生牡蠣。道の駅「あつみ」 帰路にタツノオトシゴのような雲。 Yさん、私のわがままを聞いていただき、ありがとうございました♪思い出の山行になりました!お天気が悪いのを承知で出かけましたが、大好きなたくさんの山野草をみることができました。  完 ↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      80
      8
      テーマ:
    • モンベルフェア!横浜です!

      モンベルフェアで横浜です。       登山靴・靴下を購入しました。↓ぽちっと押してください。ブログ更新の励みになります。

      57
      6
      テーマ:
AD

このブログの読者

読者数: 853

読者になる

テーマ

一覧を見る

クリックで救える命がある。

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。