冬用のあったかカバーは綿素材を選びましょう | グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

「あなたに合ったより良い眠り」を届けるために。
静岡県三島市のウメナ寝具本店(国道136号線沿い)が発信するBLOGです。
店長でsleepdesigner(睡眠健康指導士)の杉本圭が睡眠と寝具の関係性を主に寝具販売の現場に立っている専門家ならではの情報を贈ります。

掛ふとんのカバーを探しにいらっしゃった方や、羽毛布団の購入ついでに一緒にカバーも欲しいという方へ、綿のカバーを提案すると「綿はヒンヤリするから嫌なんです。」っておっしゃる方がいます。


「それじゃ、こんな肌触りのカバーはどうですか?」と下の写真の生地の様なカバーを提案すると、「これならイイ」と、おっしゃって頂けます。




でも、このカバー、「綿」なんです。「これが綿なの?」ってまずビックリされます。


綿のカバーと聞いて下の写真の生地の様なカバーをイメージする方はまだまだ多いですね。




綿は原材料の名称なので、綿を使って「どんな生地のカバーに加工するか」で肌触りは180度変わります。


綿パイル、綿フラノ、綿ボア、そんな名称(生地)のカバーは綿でも寒い時期にピッタリの毛布の様なカバーなんですよ。


ただ、この綿を使った暖かなカバーですが、価格を見てまたビックリされます。




当店の場合は日本製にこだわっている事もあるのですが、羽毛布団などに使えるシングルサイズ(正確にはSLサイズ)で8,000円位からです。今、素材も何も選ばなければ布団カバーは1,000円以下で買える事もありますからね。高く感じてしまうでしょうね。


「もっと安いは無いの?」って必ず聞かれますが、ただ安くしようと思うと綿素材を諦めるか、日本製を諦めるかになります。


まず、綿素材を諦めるのは論外で、もし綿よりも安価な化繊にしたら、そのカバーを付けた布団は寝ている間に蹴飛ばす可能性が非常に高まるのです。寒い季節に布団を蹴飛ばしたら睡眠の質が下がるのは明白ですよね。だから化繊は扱いたくないんです。


それに肌にも良くないですしね。


この冬用のカバーの素材については昨年もBLOGで取り上げました。良かったらこちらも。




触った瞬間とか、掛けた瞬間の感覚だけでカバーを含め寝具を選ぶと睡眠の質を落とす事に繋がるかもしれませんよ。


それに化繊は静電気が起きやすく、空気中のホコリを吸い寄せますしね。


後、このタイプの化繊のカバーは特に洗濯によってマイクロプラスチックを生む可能性が高いんです。マイクロプラスチックが世界的な問題になっているのはご存知ですよね?




日本製を諦める事については、現在このタイプのカバーで中国製(コストダウンを目的とした海外製)はほとんどが化繊になってしまったので、そもそも綿を使った中国製が市場にあまり出回りません。それから過去に扱った際に不良品が多く出て対応が大変だったので、扱うリスクが高いと判断したんです。


もし予算を抑えたい場合はカバーではなく「綿毛布」を使うか、綿毛布の代わりに綿の「タオルケット」を使うのもアリですよ。綿毛布なら掛ふとんの内側に使ってOKなので。




タオルケットは夏物だと思っている方、当店は冬でもタオルケットを置いていますよ。




冬用のカバーや毛布に関する質問はもちろん、睡眠や寝具に関する相談は電話やメールでも受け付けていますので、お気軽にどうぞ。

【電話番号】055-977-2200(営業時間内にお願いします。)

【E-Mail】info@umena.biz(48時間以内の返信を心掛けています。)

■当店Webサイト(私たちの想い)
『ウメナ寝具本店が届けたいのは寝具ではなく「良い眠り」』



もちろん、ご来店もお待ちしてます。


@sleepdesigner 杉本圭(ウメナ寝具本店店長・睡眠健康指導士・ダウンプロフェッサー)


【2019年10月の最もアクセス数の多かった記事】

やはりこの記事が1位に!2位に4倍近い差を付ける圧倒的なアクセス数です。
●当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2015年10月13日)
『寒いはずなのに布団を蹴るのなぜ?』



■一緒に読んでほしいBLOG記事
当BLOG ⇒ お店の日常(2019年4月29日)
『汗を吸う寝具と汗を吸わない寝具、どちらを使いたいですか?』

当BLOG ⇒ 地域とリンク⇔(2018年10月16日)
『起きると毛布や掛布団が体に掛かっていない!』

当BLOG ⇒ 寝具のなるほど活用術(2017年1月16日)
『綿のタオルケットを綿毛布として使う』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2017年11月27日)
『寝具の良し悪しは目覚めた時の状態で決める』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2016年12月12日)
『風邪をひきやすいのは寝具が“ちゃんと”していないから…!?』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2016年4月25日)
『寝相の悪さはふとんの中のムレが原因かも…』

当BLOG ⇒ 快眠コラム(2013年10月22日)
『毛布比較論後編 ~天然素材系~』

当BLOG ⇒ 快眠コラム(2013年10月18日)
『毛布比較論前編 ~化学繊維系~』


◆当店Webサイト(ホームページ) ⇒ 快適な睡眠を求めて『ウメナ寝具』


◆当店Facebook ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)
Facebook開設

◆当店Instagram ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)


■ウメナ寝具本店のもう一つの顔『三島のタオル屋さん』
タオルがいっぱいコレクション


≪店舗情報≫
住所:静岡県三島市梅名371-8(国道136号線沿い)
電話番号:055-977-2200
FAX:055-977-7756
E-Mail:info@umena.biz
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)※年末年始は臨時休業します。

■ウメナ寝具本店に寄せられた『お客様の声』
お客様から頂いたお便りやアンケートを掲載してあります


★使わない羽毛製品の無料回収を行っています!
【Green Down Project】


●詳しくはこちら
当Webサイト ⇒ お手入れ『不要な羽毛ふとん(羽毛製品)は無料回収します!』

★ウメナ寝具通信~2019秋号~発行しました。
メインテーマ【睡眠の質を上げる「正しい光の浴び方」】


●ウメナ寝具通信を全て見たい方はこちら
当BLOG ⇒ ウメナ寝具通信(2019年9月12日)
『「ウメナ寝具通信~2019秋号~」発行しました』

★ウメナ寝具本店の『アプリ』がスタートしました!
【初回ダウンロード特典「500円クーポン」】


●アプリに関して詳しくはこちら
当BLOG ⇒ お知らせ(2019年9月22日)
『ウメナ寝具本店の『アプリ』がスタートしました!』