モコモコ・スベスベした冬用あったか布団カバーの注意点 | グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

「あなたに合ったより良い眠り」を届けるために。
静岡県三島市のウメナ寝具本店(国道136号線沿い)が発信するBLOGです。
店長でsleepdesigner(睡眠健康指導士)の杉本圭が睡眠と寝具の関係性を主に寝具販売の現場に立っている専門家ならではの情報を贈ります。


テーマ:
寒くなるとモコモコ、スベスベした毛布の様は肌触りの布団カバーが出回ります。





毛布の様な肌触りと聞くだけでとってもあったかそうな布団カバーなんですけど、くれぐれも素材に注意して下さい。


布団カバーの肌に触れる部分の素材がポリエステル等の化学繊維だと、寝ている間に布団ごと蹴飛ばす可能性があります。「綿」や「ウール」といった自然素材がちゃんと使われているかをチェックしましょう。





冬でも人は睡眠中に汗をかきます。寝具が汗にしっかり対応できないと、布団や掛けている寝具を蹴飛ばしますよ。


しかもその汗は深い睡眠中に集中します。汗を気持ち良くかけるかは熟睡感(グッスリ感)とも関係しますからね。熟睡感の無い人も注意してほしいですね。


モコモコあったかそう、触るとスベスベ気持ち良く感じるし、綿やウールを使ったタイプと比較すると半額以下の価格だったりするので、ついつい買って使いたくなっちゃいますけど、寝ている間に布団を蹴飛ばしてしまったら肝心の睡眠の質が落ちますから。


この時期に布団を蹴飛ばして睡眠の質を落とす事は風邪やインフルエンザなどに罹りやすくなります。発汗量の多いお子さんは特に注意してあげて下さいね。





ちなみに最初に紹介した写真の品は肌が触れる裏面がマイヤー織りで毛布の様になっていて、肌に触れる部分:綿100%の品です。日本製(西川リビング製)でお値段は税込10,800円です。





当店の冬用あったかカバーはもちろん自然素材にこだわって品揃えしていますよ!後、全て日本製です。昔、安価な中国製を扱った時期もありましたが、あまりに質が悪くてクレームが多かったのでやらなくなりました。


by sleepdesigner:圭(睡眠健康指導士・ダウンプロフェッサー)


■一緒に読んでほしいBLOG記事
当BLOG ⇒ 地域とリンク⇔(2018年10月16日)
『起きると毛布や掛布団が体に掛かっていない!』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2017年11月27日)
『寝具の良し悪しは目覚めた時の状態で決める』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2016年12月12日)
『風邪をひきやすいのは寝具が“ちゃんと”していないから…!?』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2016年4月25日)
『寝相の悪さはふとんの中のムレが原因かも…』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2015年11月20日)
『毛布の正しい使い方』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2015年10月13日)
『寒いはずなのに布団を蹴るのはなぜ?』

◆当店Webサイト(ホームページ) ⇒ 快適な睡眠を求めて『ウメナ寝具』


◆当店Facebook ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)
Facebook開設


≪店舗情報≫
住所:静岡県三島市梅名371-8(国道136号線沿い)
電話番号:055-977-2200
FAX:055-977-7756
E-Mail:info@umena.biz
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)※年末年始は臨時休業します。

★ウメナ寝具通信~2018秋号~発行しました。
メインテーマ「本当に寝る子は育つ!」

●ウメナ寝具通信を全て見たい方はこちら
当BLOG ⇒ ウメナ寝具通信(2018年9月6日)
『「ウメナ寝具通信~2018秋号~」発行しました』

sleepdesigner(ウメナ寝具店長)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス