10年使用したマニフレックスの「メッシュ・ウィング」 | グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

「あなたに合ったより良い眠り」を届けるために。
静岡県三島市のウメナ寝具本店(国道136号線沿い)が発信するBLOGです。
店長でsleepdesigner(睡眠健康指導士)の杉本圭が睡眠と寝具の関係性を主に寝具販売の現場に立っている専門家ならではの情報を贈ります。

先月ですが、2006年に当店でマニフレックスの三つ折マットレスタイプ「メッシュ・ウィング」をご購入頂いた私と遠縁のお客様が10年後のメッシュ・ウィングを持ち込んでくれました。


10年メッシュウィング1


見た目、形は変わってませんね。


10年メッシュウィング2


耐久性の無い商品だと10年も使えばお尻の部分が凹んでしまいますが、流石はマニフレックス、こちらは大丈夫です。


10年メッシュウィング3


マニフレックスのメッシュ・ウィングなら購入後10年以内に芯材の著しい形状変化があれば保証の対象となり、新品と交換が可能です。こちらの状態では保証の対象にはなりません。


10年メッシュウィング4


ただし、畳んで持ち運ぶ際に使う「取っ手」は壊れていました。


10年メッシュウィング5


ちなみに、この取っ手の破損は保証の対象外です。


10年メッシュウィング6


後、側生地の繋ぎ目部分がほつれていました。


10年メッシュウィング7


こちらも側生地の破損なので保証の対象外になります。


ちなみにメッシュ・ウィングは写真の色、ミッドブルー色のみですが取り換え用の側生地もございます。


そして一番不安だった芯材のカビですが、下の写真をご覧ください。


10年メッシュウィング8


三つ折タイプなので、マットレスが3枚に分かれますが、全て裏側がカビていました。


10年メッシュウィング9


ここまでヒドイ状態は初めてでしたね。ずっと前にカビが発生していたのだと思います。


持ち込んで頂いたお客様はライフスタイルが変化するなどの理由で別の寝具を使うとのことでした。


その為、丸洗いの依頼は頂きませんでしたが、これだけのカビがどこまで落ちるか興味があったので、そのまま譲ってもらい実験として洗ってみました。


残念ながら通常の丸洗いではキレイにならず、再度特殊な洗剤を使って洗ってみたらこの通りです。


10年メッシュウィング10


洗剤がシミとなり、これはこれで悲惨な状態に…。


結論、マニフレックスのカビは長年放置したらダメってことが分かりました。


もちろん、そもそもカビを発生させない様に使うことが一番なので、除湿シートを使ったり、室内で風を通すなど、マットレスを乾燥させるメンテナンスを大事にしましょう。


■丸洗いに関して詳しくはこちらを
当店Webサイト(お手入れ)
『丁寧なふとん・寝具の丸洗い』


■マニフレックスについてはこちら
当店Webサイト(こだわり寝具)
『元祖高反発マットレス「マニフレックス」』


当店Webサイト(お客様の声)
『マニフレックス製品の評価・感想』



■一緒に読んでほしいBLOG記事
当BLOG ⇒ ウメナ寝具のこだわり(2015年5月29日)
『丁寧なふとんの丸洗い(クリーニング)』

当BLOG ⇒お店の日常(2017年5月14日)
マニフレックスの『クリーニング(水洗い・乾燥)』(静岡県東部伊豆地域限定)

当BLOG ⇒ お店の日常(2018年3月8日)
マニフレックスの枕も水で「丸洗い」しています

当BLOG ⇒ お店の日常(2016年6月21日)
マニフレックスの「イタリアンフトンⅡ」の、その後…

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2019年2月19日)
『最近、高反発マットレスが増えすぎて良く分からない人へ』

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2019年2月12日)
『マニフレックスを試さずに高反発寝具が語れない理由』


by sleepdesigner:圭(睡眠健康指導士・ダウンプロフェッサー)




◆当店Webサイト(ホームページ) ⇒ 快適な睡眠を求めて『ウメナ寝具』


◆当店Facebook ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)
Facebook開設

◆当店Instagram ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)


≪店舗情報≫
住所:静岡県三島市梅名371-8(国道136号線沿い)
電話番号:055-977-2200
FAX:055-977-7756
E-Mail:info@umena.biz
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)※年末年始は臨時休業します。