菅野貴夫の野球電鉄

菅野貴夫の野球電鉄

俳優・菅野貴夫のブログです。

真面目な事はくだらなく、くだらない事を真面目に書いています。


テーマ:
椎間板ヘルニアの再発から2週間ほど。


ほぼ毎日のリハビリと療養(ゴロゴロしている)によって、痛みは全盛期の10%以下まで減ってきました。


全盛期は左臀部から足にかけての、激しくそして重い痛みと痺れで(椎間板ヘルニアは腰のあたりに原因がありますが、痛むのは腰自体ではなく片側の下肢です)頼みの痛み止めもあまり効かず、立つのも辛い・座るのは我慢・歩くのは苦行・走る?別の宇宙の話だろうといった有様で、ただひとつ「仰向けに寝て膝を少し曲げた状態」の時だけ痛みが和らぐので、その格好ができない場所へは行けませんでした。食事もしたくなかったけど、薬を飲むために我慢して食べていました。シャワーを浴びるのはリハビリに行く時に「この程度のことでみすぼらしくなるヤツだ」と思われたくない一心でした(病院の人たちは皆とても良い方々でそんな事は思わないでしょう)。トイレに行くたびにうめき声を上げていたのは僕です。少し回復してからバイト先で寝そべるためにヨガマットを買いました。元気になってから使うと逆に寝てしまいそうです。少しでも血行を良くしようとカイロを買いましたが、クソ暑いのと回復してきたので要らなくなりました(いちばん辛い時期を支えてくれてありがとう)。外出できないから家で動画や鉄道ブログをずっと見ていたら久しぶりに速度制限がかかったので、追加料金を払ってあげました。


つくづく、回復してよかった。6月になって制限が解除されてよかった。



さて、痛みが無くなると次に気になってくるのが、かばい続けた左足の違和感。

歩き方も一回忘れてしまいましたし、筋肉が落ちたというか、力の入れ方が分からない・脳からの信号がうまく筋肉に伝わっていない、という感覚です。
特に、膝を少し曲げた状態で踏ん張るという信号が太腿に伝わらず、ガクッとなってしまう。


そろそろこの辺を鍛えていい段階でしょ、ということで、今日は天気も良いし久しぶりに遠出をしようと。

とはいえ歩くのはまだ左右のバランスが悪く身体のほかの部分に余計な負荷がかかりそうなので、自転車がいいでしょう。

ちょうどグッタリしている時期に入手した有料地図アプリにトラック(軌跡)機能なるものが付いていたので、ぜひ使ってみましょう。


多摩湖サイクリングロードなる道をひたすら走り、とりあえずこんな所まで行ってみました。
向こうにうっすら見える白いものは西武のメットライフドームです。

狭山丘陵のアップダウンはなかなかキツかったですが、まあ想定内です。


南下して、多摩川を渡ります。

多摩川沿いのサイクリングロードを行けば平坦だし川下に向かうからラクな感じに帰れるでしょと思ったのですが。

河川敷は風が強いということを、すっかり忘れていました。
そして50kmを超えたあたりからペダルに力が入らなくなってきました。ていうか、いきなりこんなに走るつもりだったの?と空っぽの自問自答です。計画性がないからこうなる。


なんだかんだでピッタリ70km、最後の山場である国分寺崖線の駆け上りも自転車を降りることなく、どうにか帰って来ました。
右足に頼った部分も多かったですが、左足もがんばりました。
休む段階は終わって動かす段階へ。
社会的にも、いろいろ頑張っていかなと思います。

ちなみに途中の八王子にあるラーメン屋「しょうゆのおがわや」で豚骨醤油チャーシューメン大盛りを平らげたので、残念ながら体重は増えた状態で帰ってきました。今まで食べたなかで一番チャーシューが美味いと思ったので満足です。でも大盛りは余計だったかな…




テーマ:
すっかりご無沙汰しております。


もはや今月上旬の話ですが、、キコ  qui-co.「鉄とリボン」は2日間の短いステージ、無事に終演しました。

ご来場くださったお客様、スタッフや共演者、関係者の皆様、ありがとうございました。

デフォルトで演出部とキャストだけで28人という大所帯でしたが、個性溢れるなかでも一体感のある、素晴らしいチームでした。
2日間はもったいないというご意見も多くいただきましたが、全くその通りです。というかGWに2日だけじゃ観に行けないよという方々、すみませんでした。



こちらはオープ二ングや劇中で使った曲"うつくしいもの"です。出演したミュージシャン小野雄大くん(初舞台!)のユニット「うたたね」の曲ですね。
舞台ご覧になった方は、いろいろ思い出していただけるかと思います。
もちろん、この曲そのものがとても素敵なので、純粋に味わっていただけるとも思います。

またやりたいね。




さて私は今後の活動も決まってないわけですが、そのうちまた何かの拍子に石の下のダンゴムシのように出てくると思いますので、その時はよろしくお願いします。



現在最大のトピックは、14〜15年ぶりの椎間板ヘルニアの再発。

いやー来ちゃいました。今週の火曜あたりに違和感を感じて、あれよあれよと日常生活に支障をきたすほどの痛みへと成長。あわてて昔通ってた近所の整形外科へ駆け込みました(実際は歩くのが困難なのでゆっくり)。
とりあえず舞台期間中でなくてよかった。


前回は…遠い目で思い出してみると、1回目は大学生の時で、座薬の痛み止めをぶち込みながら野球をやっていました。朝は歩くのも困難なのに、座薬入れてしばらくすると痛みが全くなくなるので普通に激しく動きまわってました…いやー無茶してたもんですね。

2年くらい後にやってきた2度目はそこまで無茶はせず、当時所属していた野球のクラブチームの活動は休んでいましたね。てか野球のことばかりで、演劇はどうしていたんだろう。バラリロ時代かな?ダルカラによく出てた時代だったかな?

そういえば「鉄とリボン」を観にきてくれた堀奈津美さんに、懐かしいものを還してもらいました。
懐かしのバラリロガンガンベガス。20代の頃にやっていた、おもしろ団体です。

なっちゃんありがとう!写真はハマカワとの明大トリオ。




ともかく、昔の痛みをすっかり忘れてしまっていたので、ふつうの腰痛の時にやるようなストレッチなどをいろいろやってしまう大失策。かえって症状を加速させるのに役立った事は言うまでもありません。
腰痛をお持ちの方は原因によって対処方が全然違いますので、皆様もどうぞお気をつけください。


しばらくは安静に過ごします。


愚か者らしく、身体が普通に動くことのありがたみをこういう時ばかり感じます。



テーマ:

次回出演します、キコ/qui-co.「鉄とリボン」

のご案内です。


「ラット13」以来ちょうど2年ぶりの出演になります。キコは今まで何回か出演させてもらったり、旗揚げの「はなよめのまち」からけっこう観ていますが、今回はいちばんスケールが大きいかも知れません。

総勢21人のキャスト&ミュージシャンが生き生きと躍動します。


ソリッドな会話劇をベースに、歌とリズムと、詩と世界観で、観客のみなさんをぶっ飛んだ世界へお連れします。


ゴールデンウィークの2日間しかありませんが、これはすごい作品になると思います。ぜひぜひ観に、いや体感しに来てくださいませ!


ーーーーーー


春の海。暖かな島。地図に無い町「はなよめのまち」。

大きすぎる神社の隣には製紙工場がある。

誰かの庭に少女たちが集まり、この春一番の冒険を企てる。

土手を横道に逸れ、見返り柳を目印に五十間坂を下りると、

そこに遊郭はあった。

この町の特産品こそ『はなよめ』。


「アルカの祭」と呼ばれる祝祭。

その日のために『はなよめ』は育てられる。

少女たちは『はなよめ』に憧れる。死んでしまいそうなほど胸を焦がして憧れる。

わたしも『はなよめ』になりたいと願う。


これは、わたしの物語。


最後の日は、幻想のようでした。

裸足がどろ水を蹴り上げました。

乱視の視界が滲んだ向こうに捉えたものは、

誰もいない道に置かれたグランドピアノ。

ねえ。

わたしが弾かなくても勝手に鳴るから。

おもいだしてね。

わたしを。

うたうあなたのこえは。

だいすき。

さよなら、

アルカ。


会話劇のスリルと音楽生演奏のギグ!

総勢21名のキャストによる幸福のクラップアンドステップ!

先の読めないキレキレのストーリーテリング!

ふりそそぎ、結びつき、破裂する「ことば」のマジック!

そして立ち上るのは美しい遊郭世界。可愛い残酷世界。懐かしい生命世界。

現実の体のままご来場ください。浮世に宝物を探す冒険をしましょう。


さあ、幻想はどこにある?


キコ/qui-co.が贈るファンタジー音楽劇。


「鉄とリボン」

{C5BDDC34-D299-4B8F-9CE1-1979FD149168}


脚本/演出 小栗剛(キコ/qui-co.


場所

座・高円寺(座・高円寺2)

166-0002 杉並区高円寺北2-1-2


【アクセス】

道のり

http://za-koenji.jp/guide/

JR中央線 高円寺駅より徒歩5

土日祝日は快速電車が停車いたしませんので、ご注意下さい。


キャスト

佐藤健士(キコ/qui-co.)、東澤有香(キコ/qui-co.

藤原薫(十七戦地)、川上憲心(劇団風情)

菅野貴夫、柘植裕士

林愛子、家田三成

相馬有紀実(CES)、北川義彦(十七戦地)

岩崎あゆみ(劇団フェリーちゃん)、田中祐理子

伊井ひとみ、熊野ふみ

金澤卓哉、佐藤鈴奈


吉田能(あやめ十八番)、西村亮哉(LOW HIGH WHO?)

小野雄大(うたたね)、エリカ(BLASH


ハマカワフミエ


タイムテーブル

52日(水) 1900

53日(木) 12001700

開場は開演の30分前となります。


上演時間は2時間30分(途中休憩有り)を予定しております。


チケット

【一般】前売 3,000/当日 3,500

【中高生】前売/当日 1,500

中高生は要学生証提示

未就学児童は入場できません


予約チケットフォーム

http://ticket.corich.jp/apply/89805/010/


キコ qui-co. ホームページ

http://www.qui-co.net


お問い合わせ

info@qui-co.net





テーマ:
というわけで昨日、39歳になりました。

中身はともかく、ここまで生きてこられまして、ありがとうございます。

{E2013F25-C8C7-496B-B216-8870B8D26982}
キコ qui-co.「鉄とリボン」の稽古場でお祝いしていただきました。
なぜかケーキを挟んで佐藤タケシさんと契りを交わすような、妙な風景。
{7D444D79-CEEC-4BBF-930B-8EEF58497B7E}

稽古のほうは、今回21人+演出助手が6人という大所帯ですが、たいへん楽しくグッとくる場面も多い感じで進行しています。幻想的な世界観と現実世界が、どのようにリンクしていくのか。今ぼくらが感じでいるものを何倍にも精製して、お客さんにワクワクしてもらえるような作品をつくりあげて参ります。
詳細は次の記事で。



そしてブログでの挨拶がたいへん遅れてしまいましたが、JACROW 「焔〜ほむら〜」も無事に終演致しました。
もう2週間経ったのですね。

{2146021D-3B05-4B8B-A860-AA542CCDC304}
ご来場くださった皆様、関係者の皆様、ありがとうございました!

いつものJACROWはひとつのテーマに基づいてガツンとした作品をつくる事が多いのですが、今回はより面的な広がりというか、現代社会でいま起きている事を一人一人のお客さんに届けるような、見た目より重さがある作品になったんじゃないかと思います。伝わるのかな。何を言ってんの?って感じですか。
{22754510-4287-4ED8-BA53-C60DF6A50740}
(撮影:鈴木淳さん)


何より頼もしい共演者やスタッフさんのおかげで、たいへん楽しくやらせていただきました。
栃木弁に初挑戦して、終わっても訛りがちょっと抜けなかったりして、愛しいな、とか思ってたところですがまさか次のキコでも…



時間堂時代に稽古や本番に臨むうえで「リラックスして集中」という言葉を徹底的に叩き込んできたわけですが、人生においてもその意識は大事だなと思いましたので、そんな感じでしなやかにやって生きたいと思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。
{35E18932-288F-45EF-A724-6FBA05138DFA}




テーマ:
2月も終わり。


オリンピックで修造氏が韓国に行っていた影響もあり今年の寒波はウン十年ぶりの猛威だったようで、北陸や北日本が大変でしたね。
比べるのは全くおこがましいですがワタクシの家でもベランダの配管が破裂するという事態がありました。

(動画・音量注意)

厳密にはうちだけでなく、建物全体のベランダ配管の根元が破裂したようですが、ベランダ以上に逆サイドの道路側にダイナミックに噴出し、道行く人々がみな驚き怪訝な顔で避けて通っていました。 

その両サイドを右往左往しながらなんとか怪しいバルブを見つけ、びしょ濡れになりつつ止めることができた時には、自らを「パジャマを着たブルース・ウィリス」と静かに称えたものです。



翌日には業者の方が来てくれて事なきを得ましたが、いざという時に(いや、常々からか)ライフラインを守る仕事をして下さっている各種業者さんや自衛隊、そしてそこに嵌ってしまう被害者でありながら人々の生活を守る任務も背負っている運送業界の皆様にも、頭が下がる思いです。


続けて最近の日記です。


{8C24FED0-9482-436D-95FD-7EA015AB96ED}
2月はじめには、前にもお世話になった劇団だるめしあんの短編『ミラクル戦隊』リーディングに参加。

劇団のお膝元・向ヶ丘遊園にあるカフェバー masa2setsさんのイベント(写真の壁面をご覧のとおり、8割方音楽フェス)ということで告知もほとんどしませんでしたが、お芝居に馴染みのなかった方々にもいい時間を過ごしていただけたかなと思います。今年一発目の人前だったので緊張した演技は、だるめしあん看板女優の河南由良ちゃんに引っ張ってもらいました。
{7D5DB31D-E712-4751-A918-3734DDD91D3F}

それにしてもこの団体に出ると、マントとかセーラー服とか戦隊スーツとか、妙な格好ばかりさせられる。ありがとうございます。




そして久しぶりの一筆書き乗り鉄。
{9353CACF-79AB-4AFF-9404-86A0A933DCE0}

皆さんご存知のとおりJRの東京近郊区間(電車のドア上とかに貼ってある路線図の区間)は、経路が重複しない限り最短距離の運賃で乗れる、ってやつですね。

今回は吉祥寺→新宿220円で、
吉祥寺→(中央線・青梅線)→拝島→(八高線電車)→高麗川→(八高線ディーゼル)→高崎→(上越・両毛線)→小山→(湘南新宿ライン)→新宿

とやってきました。関東の鉄道マニアにはメジャーすぎる行程ですね。


そのなかで高崎駅のホームにて駅蕎麦を食らい両毛線に乗り換えるとき、乗り込んだ電車の中から別のホームに入ってくる懐かしい色の電車を見かけました。


この緑と橙色の電車は115系といって、
{4C6528D5-0EDB-4730-850A-E25A5D714C30}
国鉄時代からずっと走り続けていて、とうとうこの3月に関東から引退するわけです。


せっかくだから、もう30分待って乗ることにしました。


{FB497294-726B-4F0A-A909-9FAC0028D820}
僕みたいなマニアじゃなくても、懐かしいと思える車両じゃないでしょうか。
かつて東海道線で走っていた、ほとんど同じ見た目の113系(いわゆる湘南電車)はとっくに引退しましたね。
中央上部の方向幕が塞がれていて、少し侘しいです。最後まで「普通」と表示してもらいたかった。


記念の動画も撮ります。モーター音を残しておきたかったので。


(たいへん地味な動画ですのでご注意ください)



若干感傷的なことを書きましたが、115系は関東地区から撤退するだけで長野や西日本ではまだまだ現役ですので悪しからず。



{F861A1E6-2C16-4845-A2BC-5B996391BCB6}
大学時代の後輩で現在は画家の、澁谷瑠璃さんの個展へ。


なかなか絵を見に行くことはありませんが、彼女の絵はストーリー性を持っていることもあって、すごく面白かったです。
面白いというのも変な話ですが、絵柄から関係ない連想に飛躍しても「どんな見かたでも良いんですよ」と本人に言ってもらえたのも大きいです。

{0AEF2489-644B-4061-B692-4070982D0603}
買ってきた絵ハガキ。実際の油絵とは質感が違いますが、好きな一枚。
油絵というとゴッホの有名なやつみたいなザラザラした感じばかりイメージしてしまう素人ですが、繊細さに驚きました。ほんとに絵ハガキくらいの小さい作品もあって、ミニチュア好きの僕は「ホントにこのサイズで描いたの?」などと丸出しの質問をして興奮したりしていました。


絵といえば、初めてデッサンのモデルを経験。
朝から晩まで同じポーズ同じ目線で居るのはなかなかに厳しいもので(もちろんこまめに休憩時間はありますが)新しい精神状態を味わいました。ときどきニヤついていたはずです。



さて最近はJACROWの稽古も始まりました。
詳細は前回のブログに書きましたが、頼れるメンバースタッフの皆様とともに、良い作品をつくり上げたいと思います。個人的には珍しい負荷というか付加のある役なので、どこまでモノにできたか、そこも楽しみにして頂けたらと。


そしてJACROWの次はゴールデンウィークに
キコ qui-co.『鉄とリボン』
に出演します。
こちらも、後々お知らせさせていただきます。

2月までわりとのんびり暮らしてきて一気に2公演連続、ケガをしないよう駆け抜けていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。


{9D9536C2-4F30-4C93-993D-546359AD54BE}
残り少ない国鉄型に乗るとウットリするので、こんな写真も撮ってしまいます。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.