福岡市中央区天神・久留米のギター教室・ウクレレ教室「Sifaka音楽教室」

福岡市中央区天神・久留米のギター教室・ウクレレ教室「Sifaka音楽教室」

初心者にはわかりやすく、経験者にはもっと楽しい福岡市・久留米市のギター教室・ウクレレ教室。市山哲也のブログ

ジャカジャ~~ン♪

 

天神と久留米のギターとウクレレ教室「Sifaka音楽教室」

講師の市山です。

 

もう春ですね~。

春になると新しい趣味を始める人が多いです。

何にしようかな~?って迷ってるあなた!

絶対にギターかウクレレにしなさい!楽しいから!

 

宅録をしてて、ギターのチューニングは完璧にしてるのに~

音程が合わない!!

 

楽器屋さんに調整に出して完璧になってるのに~

音程が合わない!

 

なんて事ないですか?

僕はこれでかなり悩んでいた事があります。

何回やっても上手くいかないんですよ。

もうね無駄な時間が積み重なっていく!

無駄な時間の積立ニーサか!

 

まあ、原因があるんですよね。

それは、ギターが原因ではなくて他の楽器が原因です!

オケに問題があるんですよね。

 

で、どこからチェックするか?

 

それは、まずは打ち込みのコードの音だけをバックに演奏してみます。

ピアノの音とかでOKです。

 

多分、ここで合うと思います。

 

で、この打ち込みをバックに演奏します。

 

演奏ができたら、ここから原因になってる楽器を洗い出します。

 

例えば、エレピ、ベース、シンセ、ギターの構成であれば

エレピとシンセだけにしてみます。

これは、打ち込みバックの演奏が合っていれば問題ないはずです。

 

一番の原因になっているパターンが多いのがベースです。

次にオケをベースだけにしてみましょう。

合えばOKです。

 

合わなければ、ベースのチューニングをして録音しなおします。

低音はすこし狂ってるだけで、メロをかなりの音痴にしてしまいます。

強く押さえすぎたり、強く弾きすぎると音程が上がるので注意しましょう。

 

そして、最後にギターです。

ギターの場合はほんのすこし高いかな~って感じになる場合があります。

オケに混ぜると目立たないんですが、なんかおかしい?ってなるので

めんどくさがらずにしっかりやり直します。

 

さて、どうでしょうか?

ここまでやったらしっかり音程が合っていると思います。

 

もし、ギターの音程が合わない場合はオケを疑って見てください。

 

 

 

ジャカジャ~~ン♪

 

天神と久留米のギターとウクレレ教室「Sifaka音楽教室」

講師の市山です。

 

今日、26日プロ野球が開幕しましたね。

KBCラジオ ホークスナイターのダイジェストの曲を

僕の楽曲「ファイヤーボール」が使われていて、ホークスが勝った時だけ流れます。

高揚感のあるカッコイイ曲ですのでぜひ聴いてくださ~い!

いっぱい聴いて欲しいので、ホークスは勝ってくださ~い!

140連勝してください!

 

ジャカジャ~~ン♪

 

天神と久留米のギターとウクレレ教室「Sifaka音楽教室」

講師の市山です。

 

もう春ですね~。

暖かくなって過ごしやすくなりました。

練習もしやすくなりました。

練習しましょうね~!練習だ~!

 

ギターを弾くときにはピックを使いますが

このピックでかなり音が変わります。

なので、沢山の形や硬さがラインナップされています。

 

僕の場合は「なんでもいい」派だったんです。

ピックで音が変わる?弾きやすい?

ピックなんか関係ねえ!

ベロンベロンに柔いのじゃなけりゃ、なんでもいいぜ!

腕でカバーだ!

な~んて威勢のいいことを言っておりましたが…大きな間違いです。

 

ピックの硬さや素材での音色変化はテクニックや気合?気持ち?熱量?(笑)

ではどうにもならないです。

 

↓僕のピックです。

なんかいっぱいありますね…いい加減に選んで使ってました。

 

そんな僕の考えを変えたピックです。

ジムダンロップのFLOWです。

厚さがあってとても硬い(1.5mm)です。

全くしなりません。

 

硬くてしならないピックを使うと軽く弾いても音量が出ます。

メロディーを弾く場合は、エッジの効いた中にまろやかさというか丸い音で

フレーズのスムーズさが必要です。

フロントPUを使うのもアリなんですが、リアPUで明るくて丸い音が欲しい場合が問題

だったんですよね~。

スムーズなフレーズと丸い音は脱力した状態で軽くタッチするように弾くのがコツです。

が、ミディアムの硬さや厚さが薄いピックで軽くタッチするように弾くと音量が出ないんですよ~!困った~。

かなりの脱力状態でピッキングしても音量を確保しないといけないんです。

 

で、いろんなピックを探した結果、やっと見つけました!

ダンロップのFLOW。

厚さと硬さと弦離れがいいデザイン!

 

いろいろ試行錯誤していたんですが、ピック一つで全部解決しました。

 

今では使い分けもしています。

メロディーラインやリフのフレーズはこのピックを使って、コードのアルペジオやストロークは

ミディアムのおにぎり型を使うようにしました。

アコギのストロークであまり抑揚をつけたくない場合はとても柔らかいピックが良かったですね。

 

たかがピックですが、こんなに重要な物なのでイマイチ音がね~って方は

ピックも変えてみて下さい。

もしかしたら、すぐに問題解決するかもしれませんよ~。

 

ジャンジャン♪

 

 

 

 

ジャカジャ~~ン♪

 

天神と久留米のギターとウクレレ教室「Sifaka音楽教室」

講師の市山です。

 

練習してますか?

練習してない?

 

さあ、さあ、今から練習しましょうね~!

 

ギターを上達させるには基礎の楽曲集をやったり

スケール練習をやったりですが、その他に「フィジカルトレーニング」

が必要なんですよ~!

 

手を動かしているのは「筋肉」です。

この筋肉を鍛えないと手が動くようにならないんです。

その方法なんですが、超簡単です。

 

↓この動画に合わせて連続して一分間トレーニングをしてみてください。

今回は一番動かない「薬指」のトレーニングです。

 

やったら腕と手がパンパンになると思いますが頑張りましょう!

まずは一週間!

少しづつ指が動くようになります。

 

ジャカジャ~~ン♪

 

天神と久留米のギターとウクレレ教室「Sifaka音楽教室」

講師の市山です。

 

練習してますか~?

練習しましょうね~!

とにかく練習なんですよ~!

 

練習だ~!

 

で、今回は練習ネタ。

指が動くようになる為の練習です。

 

最初は指は動きません!!

誰でもそうです。

ただ楽器を弾いてても高速で動くようにはならないんですよ~!

 

動くようになる為にはトレーニングが必要なんですよね~。

指の筋力と運動神経を鍛えていかないといけません。

 

動画の1分間のフィジカルトレーニングでかなり動くようになります。

まずは一週間続けてみてください。

たった1分間?

楽勝じゃない!?と思ってる事でしょう。

やってみましょう!

腕がパンパンになりますからね~。

それではこちらでどうぞ♪

動画が1分間ですので一緒にやって見てください。

1分間でできる!ギターフィジカルトレーニング!

 

慣れてきたら3分間に挑戦です!