☆30代 初めての一人暮らし☆

☆30代 初めての一人暮らし☆

2012年初夏、
30代の私が人生で初めての一人暮らしを始めました。
一人暮らしを決めたいきさつや、始まるまで、現在の生活など、ゆっくりペースで書きためて行きたいです。

一人暮らしをこれから始める全ての年代のかたに、少しでも参考になれば、大変嬉しく思います☆彡


テーマ:

こんばんは☆

ゴールデンウイークの、今日は風の強い1日でしたね。

 

 

2012年からこちらで一人暮らしのブログを書き始め、6年も経過しようとしています。

以前から思っていた新しいブログの作成の1歩目がようやく進みましたあせあせ

 

新しいブログはSeesaaブログにて作りました。

まだ編集の仕方や、色んな機能が良く判らなくて、

自己紹介文も書いていないまま、1つ記事を書きました。

お時間あります時にもし良かったら見に来てくださるととても嬉しいです。

 

☆30代 初めての一人暮らし☆

このブログには思い出がいっぱいで淋しい気持ちもあります。

でも決して辞めるわけではなくて、

40才になりまして…、入れ物(タイトル)を新しくしなければと思ってのことでした。

 

アメブロのこのブログもこのまま見れるようにしておきますので、

初めて一人暮らしをする、様々な年齢の方が見て下さったら嬉しいなぁと今でも願っています。

 

新しいブログは、

こちらの続きとして同じ雰囲気で書いて行きたいと思っています。

まだ1つしか文章がありませんが、

少しずつプロフィールも書いたり、一人暮らしの最近の様子も今度書きますね。

 

新しいタイトルで検索しても、

(やってみたら)新しい私のブログに辿り着くのが難しそうだったので、

リンクを貼ります↓↓

☆シジュウカラも きのこみち☆

 

 

ご挨拶をすると、淋しさが増しますが…、

こちらで更新する事が無くなりますので、きちんと書きます。

 

読んでいて下さったかたへ、

とっても嬉しかったです。

本当にありがとうございました☆

 

世田谷きのこ

 


テーマ:

こんばんは☆

春分の日を目前にした3/18から休暇を取り、両親の暮らす団地を訪ねて来ました。

 

静かで暖かな散歩道が広がっていました。

桜のつぼみ今にも開きそう↓

 

地面から緑の草が伸びてきて、足元はふかふか柔らかでした↑

 

団地の両親の家に着くと、母が緑茶を淹れてくれた。

おやつはおはぎを買ってきましたが、お茶のほうが大きく写った、小さなおはぎあせ

 

3/19に父方の茨城県にお墓まいりに行くことになっていたので、

玄関にはバケツで水揚げ中の洋風の仏花が綺麗でした。

お供えに大きなおはぎがお皿に乗っていて、両親は先ほどおはぎを食べたんですってたらーっ

おやつかぶってしまったたらーっ

 

母が冷凍庫から、姉がホワイトデーのお返しに送ってくれたという豚まんを見せてくれて私は大喜び!

 

↑1回しか食べたことの無い551の豚まん。

付属のからしを付けて食べるようにと姉より。

肉まんにからしなんて付たこと無いですが、滞在中の大きな楽しみになりました。

姉の夫に毎年チョコを贈ってくれていた母に感謝キラキラ

(私はチョコあげていませんあせ

 

 

夕方の散歩は今回父とふたりで出掛けました。

母は家政の仕事疲れがあって、無理せず夕食作って待っているとの事。

父とふたりだと会話があまり弾まないので、静かな散歩になります。

でものんびり歩いて、普段の疲れをリフレッシュ出来ますスマイル

 

ソメイヨシノではない桜がチラホラ咲いていました。

公園では子どもたちが半袖で元気に遊んでいたり、地区の会館ではお料理教室と囲碁の会が隣同士の部屋で行われているのが窓から見えました。

みなさん、春を楽しんでいますね。

 

↑毎年つくしを見て喜ぶ私なので、父がつくしの広がる斜面を教えてくれた。

まだ出てきたばかりで小さいけど、私にとっては子どもの頃から滅多に見たことないつくしなので可愛いなぁと感じます(^~^)

 

紫の花、綺麗だなぁと撮っていたら父がサフランと言った。

野鳥の名前も花や木々の名前も父はよく知っているなぁとびっくりします。

花なんて全く好きそうに見えないのに、そこがまた面白い一面な気がします。

公園に咲く大ぶりの白い花をモクレン?と私が言うと、コブシだと教えてくれました。

なかなか植物の見た目と名前を覚えるのは難しい、似たものがいっぱいありますものね。

 

 

野生のしいたけを取りに行こうと向かう途中、段差の上の道の緑から猫の鳴き声がした。

地域猫があちこちに居るので、この辺にも居るのかなと思い、

少し戻って緑を見つめると、ポーンとふとっちょの猫が飛び出し、目の前に降ってきた。

 

「あれっ!はらまきちゃん!!」

ちょうど腹巻をしているような模様なので私が勝手に名付けた名前。

散歩道にいることが多く、見かけたら必ず触っていました。

地域のかたが可愛がっているのでふっくら太りとてもひとなつこい猫さん。

 

花粉よけにマスクをしていた私ですが、

私をどこからか見つけて追いかけてきてくれたみたい。

猫はどうやって人を見分けるのでしょうか??

時々しか会えないのに、私の事見つけてあいさつに来てくれたと思うとジーンと嬉しかった。

 

先を歩いて居た父を呼んだけど私の声が届かず、しいたけ目指してズンズン行ってしまった。

はらまきちゃんが居るよと教えるため、父の携帯に電話すると自宅で留守番の母が出た。。。

私の父は携帯を携帯しない人でありますたらーっ

 

 

しいたけは日陰で湿っぽい環境が好きみたい。

横たわった木の目立たない所から、しいたけが生えている。

私も最近しいたけ狩りが特技となり始め、見つけることが出来るようになった。

 

↑まだ小さくてかわいそうな気もするのですが、

顔も知らないけど、しいたけの奪い合いをしているライバルが父には居るそうで、

「採っちまえ採っちまえ」

というので採りました。

小さなしいたけ6個ほど採れたので、帰って母に手渡すと箱に入れてベランダに干していました。

 

 

夕食は豚のスペアリブと菜の花の天ぷら、いちごもありました。

菜の花は今まで苦味があまり好きではなかったけど、

揚げるとカリッとしてくせがなく、とてもおいしく食べる事が出来ました。

次の日のお墓まいりに備えて、22時に私も就寝しました。

 

 

3/19のお墓まいりは、本当にお参りをしてとんぼ返りです。

予報よりずっとお天気がよく1日持ってくれたのでとても嬉しかった。

懐かしい茨城の空気、のどかな景色。

ご先祖様に手を合わせると気持ちもすっきりしました。

今年は高速道路を降りてから茨城県を私が運転しました。

知らない地でも同乗者が居れば不安なく乗れるようになって来た。

 

私が運転する事で、父は懐かしい景色を見る事が出来たようです。

春がすみのつくば山、父の通った小学校の横も通りました。

父の小学校は割と古いままできっと当時と雰囲気は一緒なのではないかなと思いました。

少しはお役に立てたかなぁ??

私は運転これからも、油断しないで頑張ろうと思います。

 

帰り道は守谷のパーキングでお昼を食べたり、友人や会社にお土産を買いました。

お好み焼き、ステーキ、うどん、そば、ラーメン。。。

食券を買うスタイルで他にもおいしそうな物たくさんありましたが、

平日のパーキングには長距離のドライバーさんみたいなかたが多く食べていました。

ざっと見た所、一番人気はラーメンのお店のようです。

ズズズズーっとラーメンをすすっている人がほどんどでしたらーめん

 

私も両親もおそばにしました。

私はきつねにしようと思って間違えてたぬき食券を買ったらしい(←アホウ)

お揚げでないのが出てきてびっくり、でもおそばなら何でもいい◎

 

父は麺類とにかく早食いです。

大盛りなのにあっという間に食べ、

食器を返却に向かっている先がラーメン屋だったので、慌てて私が道案内に飛び出したのでした(^_^;)

 

団地に戻ってくると、おやつに憧れの豚まんをあたためました。

 

姉においしかったよーとメールをするととても喜んでくれました。

551の豚まんは、付属のからしも手作りとパンフレットに書かれており穴があくほど熟読しました。

他商品の餃子やアイスキャンデーもあるらしくとってもおいしそう。

余計な添加物を加えない、とっても素敵な豚まんである事が判りました。

姉によると、シュウマイもからしと良く合いとってもおいしいんですって。

姉は和歌山県のデパ地下にある店舗で蒸したてを買って食べるらしいです。イイナァ食べてない肉まん

 

 

夕食をおいしく食べるため19日夕方も父と散歩に行きました。

桜のつぼみも大きいですが、桃の花のつぼみも真っ赤で開花が楽しみ。

あと1週間後位が桜や桃の見頃なのだと思います。

なんとか花見だけでもまた来れないかなぁとぼんやり考えながら歩いていました。

木々の先端を狙ってとまる鳥が居て、モズだと思いました。

 

↑あまり綺麗に撮れなかったけど、確かにモズ。

私は前にも写真撮った事ありますが、父は団地に来てから実物のモズを見たのは初めてだそう。

「おまえよく見つけたなぁ。」

モズまで距離も結構あったので、自然博士な父にほめられちょっと嬉しかった私でした。

夕食はポークソテー、軽くソース風に焼いたトマトのせて食べおいしかったです。

 

帰る日の今日は、

朝からひんやり冷たい雨。

母は仕事に朝早くから出かけてしまったので、午前も午後も車の運転をして過ごしました。

雨の日はミラーの見え方が悪く、それが怖かったです。

でもスーパーの立体駐車場でもスイスイ行く事が出来るようになり、午後は全く知らない地域までドライブに行きました。

 

自分が運転するようになってから、

これまで興味のあまりなかった車の車種などにも関心が向くようになりましたし、

運転マナーの良い人に心から感謝したり、車によって行動範囲がぐんと広がるのをようやく実感しています。

いつかお盆や正月にみんなが集まった時、特に普段は酒を飲まない私が運転手としてバリバリ活躍できるようになるのが今一番の目標です。

 

 

…お正月に記事を書いてから随分とご無沙汰してしまいました。

ブログを引っ越す、引っ越すといいながら、なかなかせずに引っ越しサギみたいになっていてゴメンナサイあせあせ

 

次回あたりで新しいブログの場所で、

今と同じく続きを書いていけたらと思っています。

引っ越し先をこのブログに書きますので、本当に間ばかりあってすみませんでした。

一人暮らしの様子も今後また書いて行けたらと思います。

 

いよいよ桜の季節。

綺麗な桜が皆様にも癒しになりますように。

 

…それでは、またです♪

↓押してくださると幸せに思います☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村


テーマ:

こんにちは☆

年末から実家で過ごしています。
12月30日の朝、
楽しみな気持ちで早朝の電車に乗りました。
仕事帰りにまっすぐ両親の暮らす団地に行くのです。
姉夫婦も和歌山県から来ていて、3日まで泊まります。
 
私も同じく3日まで泊まる為、大きめのバッグを持っていました。
電車の車内には大荷物だったり、お土産の銘菓の袋を持った人もたくさん居た。
早朝の電車なのにみんなお洒落をしているようで、年末がやって来たなぁと私も団地行きが更に楽しみになりました。
 
仕事を終えて団地に到着したのは21時。
母におおよその到着時間を伝えていたけど、予定より遅めに到着しました。
家で待っててね、と言ったのにバス停で待っていてくれた母。
優しいなぁとじーんとしました。
 
姉夫婦は友人達と会うそうで不在。
母がゆっくりお風呂に入っている間、私は夕食を食べました。
腹ペコだったのでおいしかったです↓↓

IMG_20180101_084519546.jpg

 
大晦日の朝、
朝食を済ませると私は、前掛けエプロンをしてそば作りの助手になった。
茨城県出身の父の地元では、年越しそばを手作りする風習があったようです。
 
昔は祖父がそば打ちして、その後は祖母、
現在は私の父がいとこの分も含めそば作りをしてくれます。
私はいつか、何代目だかになりたいなぁと内心思い助手として手伝っておりますが、
今年も粉はかりと、出来たそばを台所まで運ぶのが主な仕事。
父が煙草吸っている間などにそば工房の様子を撮りました。
工房と言っても実はここは風呂場です。

IMG_20180101_085857060.jpg

 
↑浴槽のふたを閉めて、新聞敷いただけ。
でも粉も下に気兼ねなくはたいたり出来て使いやすそうな即席のそば工房です。

IMG_20180101_090148276.jpg

 
↑私の粉はかりセット。
そば打ちの見学もしましたが、まことに暇なので初売りのチラシを熟読し、ゴボウ茶を飲んでおりました茶
父と母はそば作りが始まると、両者必ずピリピリし出すので、空気を読みつつ場を和らげるのは助手の最大の任務でございます。

IMG_20180101_204843711.jpg

 
↑面白そうだなぁ、そば作り。
↓そばを切り始める頃、ぐらぐら湯を沸かします。

IMG_20180101_204951144.jpg

 
↑大きな鍋はそば茹で用。
隣りの鍋は母が鶏ガラからたっぷりそばつゆ作りました。

IMG_20180101_205304719.jpg

 
やがて姉夫婦が起きてきたので再会を喜び、
茶の間でごはん食べてもらう為、イカさしやトロロ、ほうれん草のお味噌汁などを私が運びました。
 
 
全てのそばが切り終わり、
母とそばを茹でて、いとこ用に箱に詰めました。
大鍋類は新聞紙を敷いて、ベランダで乾かした。
ベランダに出ると外はひどく寒かったけど、小雨程度しか降らず雪はさほど舞いませんでした。

IMG_20180101_205901861.jpg

 
↑12:30 お昼は出来たてのそばと、そば湯につゆを混ぜて飲みました。
お腹すいていたのでおいしかった◎
姉夫婦は朝食後間もないのに、そばもペロッと平らげました。
 
13時過ぎ、世田谷区に住むいとこにそばを配達に出掛けた。
今年は私が運転出来るかなぁと密かに考えて居ましたが、
「年末は普段乗らないやつが変な運転したりすっからよー、おまえ今日は運転いいよな。」
と父が言った。
「うん。」
と言ったけど、私が運転するかもと楽しみにしていたのでがっかり。
 
どんよりと曇り寒い道のりを、そばを積んで出発した。
私は景色を見るのが好きだから、
河原をマラソンする人、食材を持ち帰る大晦日の町の人など眺めていました。
 
いとこの家の近く、
小さなお蕎麦屋さんは、年越しそば販売で大行列!
「これは儲かるね!」
と父と車内でしゃべり笑っていると、売り子の男の子も私たちに気付き嬉しそうに笑いました。
あぁ、この辺りは高校の通学路でもあったから懐かしいなぁ。
 
いとこの家で呼び鈴を押しました。
父は勝手にドアを開け突入して行った。
「邪魔するよ。」
と言いながら(笑)
 
部屋はとても暖かかった。
昔からいとこの家は寒がりで、ハワイのように暖かいのです。
ポカポカのいとこの家の暖かさも懐かしい。
 
おじしかおらず、
いとこが40度の高熱を出して、10分ほど前におばと病院に行ったそうだ。
おじはイスをすすめてくれて、私はよそのおうちでお茶を頂くのが大好きだから、座りたかったけど、
「帰るのも大変だからもう行くよ、また邪魔するよ。」
と父は言い、帰る事になりました。
 
私のひとり暮らしの家にも寄ってもらった。
姉がくれたインコのカレンダー、ドレッシング、お茶を置いて、
ワンピースを1枚持ち出し、アロエに水をあげて車に戻りました。
 
車に若葉マーク🔰が貼られていて、
「結構すいてっからよー、おまえ運転しろよ。」
と言われ、嬉しいけど道のりも遠く大きな道路ばかりなので緊張しました。
 
父が早めに先の進路や道幅などの形状を伝えてくれたので、落ち着いて運転出来、
何と初めて自分の部屋から団地の駐車場まで運転しました。
時間は1時間程。
駐車も1度できちっと入り、大晦日に達成感のあった嬉しいドライブでした。

IMG_20180102_074347458.jpg

 
大晦日の夕飯はカニとおそば。
私は夕飯の席でも大型スーパーのチラシを眺めていました。
チラシに載っている、
元旦からの食品福袋や詰め放題のイベントが行きたいのに仕事なので残念だったのです。
 
姉が代わりに行ってくれると言い、
「奥さまどれがいいのよ?」
と面白く言ったので、おかずのレトルトパウチ詰め放題をお願いしました。
(これで心置きなく仕事に行ける…)
と嬉しかった。
 
 
翌日は仕事先でも、お姉ちゃん詰め放題もうしたかな、とワクワク。
夜帰宅すると、姉も姉の夫もニコニコして待っていた。
私はおさしみでごはんを食べながら話を聞いた。
詰め放題の袋は小さくてびっくりしたのだそう。
「でも結果を喜んでくれるといいな。」
と言い私の帰宅時間も遅かったので、
「まずはごはん食べなよ。」
とまだ見せてくれない。
 
途中まで食べたところで、
「見たい見たい!」
とお願いすると持って来てくれて、レトルトパウチがいーっぱい!!
「この小さな袋でこんなに?1回で?」
とびっくりして聞いた(右端が袋)↓↓

IMG_20180102_075800978.jpg

 
「す、凄い!!でもちょっとドロボーみたいもんすたー
と笑うとみんなもゲタゲタ笑って、出来事を教えてくれました。
姉がせっせと詰めていると、側に居た女性が、
「この袋ね、結構伸びるから引っ張りながら詰めるといいですよ。」
と教えてくれて姉は、
「妹がこれがやりたかったけど仕事で、私が代わりに来たんですよ。」
と言い、
「妹さん喜びますね。」
なんて話したそうです。
詰め終わると、
更に見知らぬ年輩女性が姉の所に近づいて来て、
「まだまだ!!」
と真顔で姉に詰め寄り、
「もっと押し込んで挿すのよ!はい!はい!」
と掛け声を掛けながら、勝手に5、6個ほどねじ込んでくれたそう。
「手で押さえてレジに行きなさい。あたしもさっきこれで買ったから!絶対に大丈夫だから!」
と教えてくれたそうです。
結局レジの所で崩れちゃったそうですが、姉の夫も、
「見逃して下さいー。」
とお願いしてくれて、
レジのかたも優しく、おとがめなしで購入出来たという事でした。
レジに持っていった詰め放題は、巨大な扇状だったと言う伝説です。
 
話を聞いてとても楽しかった!
私もその様子が見たかったなぁ。
姉はその後パジャマの福袋を買い、スーパーの大サービスの品々に大変満足したそうで来年もまた行きたいと行っていました。
 
私も楽しい詰め放題のプロのご婦人に会いたかったな(^^)
私は今日3日はお休みなので早速大型スーパーを見に行ったりもしました。
皆さまも、どうぞ元気で楽しい2018年になりますように。
 
…それでは、またです♪
↓押してくださると幸せに思います☆
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村


テーマ:

こんばんは☆

休暇を利用して両親の暮らす団地に遊びに行ってきました。

本当は今週末に行く予定を立てているのですが、

母が郵便で福引券を送ってくれたのですキラキラ

福引、9回も出来るんですって!

私は福引が大、大、大好き(*^o^*)

福引も兼ねて急遽遊びに行ってきました。

 

出発の12/10、

冷蔵庫にしんなりし始めたパクチーがあったので、

余りもののネギを刻み軽く炒めて、刻んだパクチーと一緒に卵で包んでパクチーオムレツを作りました。

 

味付けはナンプラー。

しっかり食べて、防寒対策もして家を出ました。

日曜日なのに電車はとても空いていて、

私は先頭車両の運転士さん間近の席に座る事が出来ました。

 

先頭車両、とっても楽しかった。

だんだん駅が近づいて見えて来るのも楽しいですし、電車とすれ違う時もいつもより迫力満点。

先頭で見ていると、実は進路は直進ではなくカーブ続きなんだなぁと初めて気づきました。

トンネルに入る前に山の上の紅葉も見えたし、運転士さんの安全確認の生の声も聞きながらほのぼの乗っていました。

 

団地の最寄駅に着くと、福引会場にまっしぐら。

結構混んでいて随分並びましたが苦になりません。

それどころか、人の福引でもハラハラしながら玉が出るのを見つめていた。

 

結構頻繁に商品券など出ていて、心底うらやましかった。

でも金券が当たったりしても、みんな結構クールで落ち着いている。

もし私なら、わぁ!嬉しい、やったぁ!と大喜びするだろうなぁ…( ´艸`)

 

いよいよ私の番。

何と縁起良く、最初の1玉目から赤い玉が出てベルがなった。

これは嬉しい、あと8回もあるから何が当たるかワクワクと回せば回すほど…、

以降、出るわ出るわの白い玉。

あぁ、あの瞬間はとても恐ろしい。

昨年もこんな感じだったのですが、白玉続きは悲しいなぁ。

赤い玉は末の賞でお掃除シートをもらい、あとはティッシュです。

お掃除シートももちろん嬉しい事なのですが、

かなり熱意を持って商品券を狙っていたので、燃え尽き症候群のように疲れてしまった。

 

お昼にサンドイッチを食べ、その後散歩しながら団地に向かいます。

おいしいツナエビサンドを食べたらまた元気が出ました。

団地のあたりの紅葉はもうほとんど散ってしまって残念。

私の住む地域よりずっと寒いので紅葉も早いみたいです。

 

↑葉はもうパサパサしていて、風や雨の日に落ちるだけなのでしょう。

でも足元に広がる枯葉のじゅうたんは柔らかく、長い影の伸びる秋色の道は心がとても休まりました↓↓

 

まわりに誰も居ないけど、じっと立っているとカサカサ、ボトンと音がする。

絶え間なく葉が落ち続け、木の実も落ちてくる。

静かだけど秋の色んな音がしていました。

 

団地に着くと、台所に白菜が洗ってたっぷり用意してあった。

今日の夕飯はお鍋ですって!

昔から冬はお鍋率が高かった私の家。

お鍋ゆっくり食べるの楽しみだなぁ。

 

買ってきたかぼちゃのおまんじゅうでおやつを食べました。

この時期は夕暮れが早いので、その後すぐ散歩に出掛けました。

寒かったので、散歩のあとのお風呂がとっても幸せ。

普段ユニットバスなので、何度も入れる浴槽のお湯がとても嬉しい。

久しぶりにのんびりお風呂に入った気がしました。

 

夕飯のお鍋、それから唐揚げもありました!

お鍋は部屋も暖まるようでこたつが暑く感じました。

 

私は0時に寝ましたが、

それまでこたつで本を読んだり、チラシを見たりしていました。

父は喘息なのにタバコも吸うので、昔から夜中によく咳こみます。

隣りで寝ている母を起こさないように咳をこらえるあまり、今度はおならが出るという現象に、私は茶の間で笑い転げました。

 

日付が変わった頃、私も3帖の狭い部屋で布団に入りました。

実家の布団はとても暖かくぐっすり眠れました。

 

朝ごはんの鮭、網目模様が付いておいしそう。

朝食後車の運転の練習に行きました。

雲ひとつない快晴、秋色の景色、

最近ようやく運転が少しは身に付いてきたと思えるようになって来ました。

 

母は今回仕事に出掛ける事になってしまったそう。

母は家政の仕事をしていますが、先方のかたが風邪をひかれ急遽来て欲しいとのお願いなのだそうです。

 

お昼は父とお鍋の残り汁でおじやを作って食べました。

父はおじやにもちを入れるのが大好物なので、魚焼きグリルで焼きました。

野菜、肉、魚の良い出汁で色んな味のするおいしいおじやでした。

 

お昼の後、帰る前に父とふたりで散歩に行きました。

母が居ないと会話もほぼ弾まないけど…、天気が良く暖かくて清々しい散歩道でした。

メタセコイヤも葉が落ちて、魚の骨みたいだ↓

 

 

日が暮れる頃に、一人暮らしの私の部屋に帰ってきました。

忙しい中、手作り唐揚げなどお土産にもたせてくれた母、

根気良く運転を教えるために毎度付き合ってくれる父にもとても感謝しています。

 

私の部屋からは暗くなる前の富士山が見えていました。

夕飯用に小鍋になみなみと味噌汁を作ったら、うっかり吹きこぼしてしまい、

福引の景品お掃除シートのお世話になった私でした。

 

 

※最近一人暮らしよりも、実家などの話が多くごめんなさい。

そしてブログを引っ越す予定は変わらずあるのですが、今年の年末年始の話くらいまでこちらで書けたらいいなと思っています。

新しいブログが決まった時にもお知らせしますね。

 

…それでは、またです♪

↓押してくださると幸せに思います☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村


テーマ:

11/5 日曜日の事、

私は午前中に東京農業大学の収穫祭に行ってきました。

今年初めてミツバチ研究会の長い列に並び、百花ハチミツを5合というサイズで買えました。

IMG_20171110_173528745.jpg

 

部屋に戻りさっそくスプーンでひとさじ食べてみると花の香りがしてとてもおいしいハチミツだった。

模擬店の食べ物はイノシシ汁を食べてみた(↑画像右)

今後もなかなか食べる機会がないでしょうから、むかしばなしなどで憧れのイノシシ汁を食べられて嬉しかったです。

 

 

11/5というこの日は私の連休の始まりで、嬉しくてたまらなかった。

午後からは両親の暮らす団地に向かいました。

団地の最寄駅、桜並木の下を歩くと一面秋色の景色が広がっていた。

桜の紅葉とっても綺麗(↓画像左)

足元も秋色の葉っぱのじゅうたんでした。(↓画像右)

 

団地に着くと、何ともうこたつが出ていて、

父が幸せそうにこたつにあたりテレビを見ていました。

両親とも元気で良かった。

母が部屋やトイレなどあちこち掃除したばかりのようで、綺麗でとても気持ちが良かった。

 

↑↑夕方散歩に行きました。

日の傾きがとても早い。

翌日11/6からは両親と母方の山形の祖母の家に行くことになっていました。

夕食を早めに済ませ、この日は早めに就寝しました。

 

 

11/6 青空で行楽日和。

9:30車で山形に向けて出発しました。

道路は混んでおらず、順調に車は走ります。

途中高速の直前のコンビニでおやつなど買いました。

それまで楽しい気持ちでわくわくしていた私、ここで顔面蒼白な気分になりました…。

何と…、

寒さ対策用に持って来ていたコートを、団地に置き忘れてきてしまったのです。

山形でかぶろうと、買ったばかりの可愛い帽子も一緒に掛けて置いてきた…。

ガーン、ガーン……あせ

 

戻れない事もない距離ですが、父は時計を見ながらここまでは順調だとか高速に何分頃乗るなどと見通しをたてている。

コートを忘れたとは言いにくく、そして天気も良さそうでコート無しでもきっと大丈夫なので言わないことにしました。

都内はさほど寒くない中わざわざ持ってきたので、団地の部屋の壁にディスプレイのように掛けてあるコートと帽子の事を思うと果てしなくがっかりしてしまった。

 

「他にお菓子とかいらないの?」

コンビニで母に話しかけられても、

「うん、何にもいらないよ…。」

かなり気持ちが上の空だった。

 

高速道路、北に向かう程紅葉が進み山々の景色がとても綺麗でした。

那須高原のサービスエリアで昼食を食べました。

父はカツ丼、私と母はシンプルなネギのお蕎麦にしました↓↓

IMG_20171110_173456133.jpg

 

私は外で売られているフランクフルトも食べたい為、あっさりしたメニューにしたのです。

この時にはコートを忘れたという阿呆な報告を両親に済ませており、気分もすっかり元気に戻っていました。

念願通り車の助手席で景色を見ながらフランクフルトを食べました。

 

↑福島に入ると、あちこちの果樹園に赤く実ったりんごの木が眩しくとてもおいしそうでした◎

この日祖母の家には15:30に到着しました。

祖母は普段施設で暮らしているので、祖母の家の古い柱時計は止まっていました。

母が外出していたので、私がねじを巻こうと思った。

ねじが鍵のように柱時計のガラスの中に収まっていたけど、どう巻くのかさっぱり分からない。

父に聞いてみると、

4と8の隣の穴にねじを差し込み、どちらも内巻きに巻く↓

 

↑時刻を手で合わせながら、定時になる毎にボーンと時間の数鳴り終わるのを待つ。

その繰り返しで時間合わせが出来ます。

時刻とボーンと鳴る数が相違して困りましたが、出っ張っている棒を押すと直るなど父が操作方法を知っていてびっくりしました。

昔子供の頃、茨城の実家に柱時計があったんですって。

 

山形は昼間はさほど寒くないのですが、朝晩とても冷え込みました。

母が貸してくれたニットの上着や、祖母の家にあったジャンパーなど借りて過ごしました。

朝晩はこたつと石油ストーブでホッとする暖かさになります。

 

祖母の家の布団は、昼間の間に干したりしていた訳ではないので寒いよと母が言い、

電気毛布をすすめてくれましたが、私は布団に入ってしまえば寒くないと思い借りませんでした。

所が、寝ようと思い布団に体を伸ばすと…、

(ひーっげっそり

まるでろうかに横たわったかのように冷たいあせ

さ・む・い!

 

↑母が低反発まくらだと貸してくれた可愛いまくら。

寒すぎて反発せず、ただのコチコチまくらだった(笑)

そんな訳で、初日の夜は寒くて寝つきが悪かったり何度か目が覚めたりしました。

 

8:00を告げる柱時計のボーン、ボーンと八つ鳴る音で目が覚めると、

台所では両親が朝食を食べていました。

私が寝ていたのは仏間で、仏壇の真ん前に布団を敷いて寝ていました。

 

本当は朝食前にお線香で手をあわせるのが祖母宅のしきたりです。

朝食はお供えしてありましたが、まだお線香は焚いていなかったみたい。

「ごめん、私がなかなか起きてこないからお線香まだだったんだね。」

と私が言うと、

母はそんなにキチキチ決まりはないから別に食後でもいいのよと言ってくれ、

「仏壇のところのぞいたら、あなたが真下で寝てるからその頭上にお線香上げるのも変だなと思って。」

と言うので、絵づらを想像したら面白くて私は笑いが止まらなくなりました。

IMG_20171110_173430217.jpg

 

↑↑朝食の片付けが終わる頃には、台所の石油ストーブからやかんの湯がホカホカしてきます。

こういうストーブって懐かしい冬のいいにおい。

母によると、こうしてやかんで加湿したり鍋物を置いておくことも出来るんですって。

いいなぁ、いつもお湯が沸くなんて。

今回水筒を持ってきていましたので、

毎朝このストーブやかんの湯で、水筒にごぼう茶を入れて外出時の飲み物にするのが楽しみでした。

おいしかったなぁ。

 

祖母の暮らす施設には毎日行きました。

母は洗濯済みの物や、日用品など届けたりもしていました。

祖母は私を見ると、とても久しぶりだと喜んでくれ、

手を取り合って喜んでいるところを母が写真撮ってくれましたスマイル

 

私の着てきた上着の色が地味だと祖母が言ったので母が笑いました。

母から借りた上着なのですが、私っぽくないとすぐ判るみたい。

祖母はとてもおしゃれな人で、服や食器など色や柄や形など好みの物を所持していました。

96歳の祖母、

ちょっと疲れやすくなっていて、認知症も少し進んできましたが私も祖母のように暮らしを大切にする人間になりたいなぁと思っています。

お料理も好きだったという祖母、ミキサー、パンのトースター、温泉卵メーカー、氷かき…、色んな物持っています。

お皿も和、洋、可愛い物がいっぱい。

 

↑(左)圧力鍋でしょうか。年代物ですが、祖母の家にあると古さを感じません。

(右)台所は収納があちこちにたくさんあり、箱も大切にとってある食器や電化製品が多いです。

少しずつ買い揃えて大切にしていたのだろうなぁ。

↓使い込まれた小さな鍋、高い物ではなさそうだけど、内に水位の目盛付きでとても使いやすかった。

 

2日目の夕方、両親と一緒に上杉城史苑まで散歩がてらお土産を見に行きました。

私は会社の人やお友達に。

母も仕事先の人に。

父もお土産を買いたいと言っており、

同じ団地のかたで時々釣りに出掛け、釣れた新鮮な魚を分けてくださるおうちがあるそうなんです( ´艸`)

素敵なご近所付き合いだなぁとほのぼのしました。

父はお土産セレクトがわからないそうで、母がラスクを選び買っていました。

↓暮れかかった景色の綺麗な紅葉と光のオレンジはいつまでも見ていたいほど綺麗でした。

 

 

 

山形滞在中は、スーパーへの行き来や祖母の施設への運転私の役割でした。

脇見したいほど綺麗な自然の中を走るのはとても楽しかった。

 

それ以外で出掛けたい時には、祖母の古い自転車を借りました。

かなり古い形だけど、物置にしまってあり割と綺麗。

パンクではないのですが、後輪のタイヤの空気が抜けやすくてしょっちゅう空気入れでスカスカ空気入れてから出掛けていました。

自転車があるととても便利。

 

自転車のおかげでたくさん綺麗な景色が見れました。

↓すすきのふわふわした様子はとても素敵。

 

↑干し柿をしているおうちがとても多く、のれんみたいに可愛かった。

父は食べ頃のをみると、かーっとか言って食べたそうで干し柿も柿も好きみたいです。

赤い木は楓だけではなく、これはたぶんナナカマド。

↓葉も真っ赤に紅葉していますが、赤い実もまた綺麗ですねぇ。

 

山形での食事は、

出来合いの物買ったり、あとは寄せ鍋をしたりもしました。

 

そうそう、収穫祭で両親におみやげにかった巨大しいたけ、

山形に持ってきて網焼きにして食べました◎

 

滞在中同じスーパーで買い物をして、

シールを集めたら、定価の半額で商品と交換出来るキャンペーンでフードカッターと交換できました。

 

↑こういうの欲しかったんです、本当に嬉しかった。

旅の思い出もあるし、山形でポイント貯めて買ったのも楽しい記憶になりそう。

新しいキッチン用品、祖母みたいに私も大切にします。

山形のスーパーは試食が大きくて、父とびっくりしました。

お惣菜も大変おいしかったです。

 

楽しかった連休、終わってしまいました。

でもこんなにリラックスして過ごした日々は久しぶり。

山形にいる間に大きな虹を2回も見ました。

祖母の施設からの帰り道の私が運転中と、東京に帰る高速道路で助手席から見た2回です。

大きな虹を間近に見たのは初めてでびっくりしました。

 

運転中、サイドミラーに虹が見え、

見たい見たいとわめくと、停車して見て来いと言われ写真に撮ることが出来ました。

 

綺麗な自然を満喫出来た素敵な旅になりました。

↓高速からの帰りの景色は、山の様子はこんな色でした。

 

【また来とごやぇ】ちょっと言ってみて、と母に発音してもらい、楽しい言葉だと大いに笑ったのでした。

 

 

…それでは、またです♪

↓押してくださると幸せに思います☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村


テーマ:

こんばんは☆

大暴れの台風の残していった風がようやくおさまって静かになりました。

とても幸いな事に私は今日お休みで、朝方のひどい荒れの時間帯も室内に居る事が出来ました。

 

…今年の秋は梅雨以上に雨続きで困った天気ですね。

1週間以上も日々ずっと雨がジャンジャン降るので、気分的にも元気が無くなった所でした。

私は風邪はひきませんでしたが、体調を崩している人も多いみたい。

 

乾燥機を持っていないので、何よりも洗濯物に困る日々でした。

湿度が高くて部屋干しでも全く乾かないので、1日以上干していてもまだ少し湿り気があるような気がします。

するともう次の洗濯便がやって来て、干す場所も追いつかず、ロフトの階段にもタオルやハンガーが並びました。

それでもいつまでも乾かずうんざり。

 

ジムに行ったりすると更に洗濯物は増え…、

諦めてコインランドリーでゴーっと乾かしてくればいいんでしょうけど、私はむきになり自力でなんとか乾かそうと試行錯誤の日々。

タオル類が足りなくなって来て困ったので、アイロンゴリゴリ掛けてバスタオルなど乾かした事があります(笑)

湯気に包まれながら何度も何度もタオルにアイロンを当てる。

時間は掛かりますが、だんだん乾いてくれます。

でも…、

タオルはふわふわではなく、ぺったんこでシャキーンとなりました。

 

タオルはアイロン、

パジャマやシャツなんかはアイロン+ドライヤーで乾かしました。

 

その後も続く雨と乾きが悪い洗濯物に悩み続け、

第2の作戦、作戦Bとしては…↓↓

IMG_20171023_204349947.jpg

 

サーキュレーターを真上に向けて乾かす作戦!

たくさん干すのですぐには乾きませんが、これで相当助かりました。

なるべく洗濯物に近づける為、バケツの上に本を乗せ、そこにサーキュレーター設置しました。

首振りでまんべんなく風を動かす。

寝る時はいつも4時間タイマーにして、よろしくお願いしますと言い残し、私は眠っておりました。

 

毎日雨は音をたててしっかりと降りました。

雨もたまになら決して嫌いではないけれど、ここ数日は雨の国の住人になった気分。

人は時々太陽の光を浴びないと、気持ちも沈んでしまうものなんですねあせ

ってか、本当に部屋にもキノコが生えそうなしっとり感でした。

 

今朝台風が去るとすぐに太陽が出てきた。

嬉しくて、窓や収納の戸棚も開けて空気の入れ替えをしました。

見事に晴れたのに、ものすごい風が吹き荒れています。

(外干ししたい、布団も陽に当てたいー!)

と、悔しい気持ちがしました。

 

洗濯物の他にもうひとつ心配していたのは、母が10/10にくれた小さなアロエの鉢の事。

もらってからずっと雨続きで全然日差しを浴びていない。

風が心配で外には出せなかったけど、窓から差し込む光に当ててあげる事が出来ました。

 

↑なんだか嬉しそうに見える…!

ヨカッタ、ヨカッタ(*^o^*)

これまで悪天候でほぼ光合成をさせてあげられていなかったけど、少し大きくなったように思えます。

私は光の向きを追いかけて、

アロエにサンサンと日差しが降り注ぐように、室内で鉢をあちこち移動させて過ごしました。

 

午後もしつこい強風だけが残り、布団もふっとぶほどでしたが、

そろそろキノコが生えそうな気がする寝具やマット類もどうしても干したくて、慎重に固定して気になっていた物みんな外干しました。

 

風で物干しざおが動き、2回も落下した。

固定してもどうしても動いてしまうから、定期的に物干しざおのずれを点検しました。

物干しざおのパトロール、アロエを持って部屋中走りまわり…、

アホウなようですが、どうにか貴重な日差しを使いたくて大忙しでした。

 

本当は午後晴れたら出掛けたかったけど、結局のんびり家にいることに。

買い物にも行かなかったので、

お弁当のおかずも何か作らないといけないし、ある物で食事をどうしようかなぁと考えを巡らせました。

かぼちゃがあったので、夕食にかぼちゃのコロッケを作ることに。

パン粉やたまねぎ、ひき肉もないのだけど、そういうのは工夫してなんとかしてみようと思いました。

 

①耐熱ボウルに切ったかぼちゃを入れて、お水を数滴たらし、ラップをしてレンジで4分半くらい加熱します。

 

②かぼちゃを木べらでつぶし、

たまねぎ→長ネギみじん切り

ひき肉→自家製サラダチキンをさき、おいしい汁ごと使用

代用の2つも加え手でよくこねる。

軽く塩、胡椒を振りコロッケの形に整える。

 

③小麦粉→溶き卵→パン粉の順につけてあとは揚げるだけ♪

 

キテレツ大百科のお料理行進曲が脳内でリピートし、楽しい気分になりました。

本当にあの歌の通りにするとコロッケが出来ますね。

私はかぼちゃのコロッケだけど。

パン粉がないので、お麩を砕いてパン粉がわりにしました。

 

恐ろしいことに、油もほとんどなくて、

わざとミニフライパンでぎゅうぎゅう詰めにして揚げ焼きにしました。

出来ました♪

夕飯にも食べましたが、明日のお弁当にも詰めましたよ↓↓

 

溶き卵の残りはネギと一緒にフライパンで焼いて、すきまを彩ってくれました。

キャベツーはどうしたー♪

キャベツよりも先に食べたかった、しなび気味のサラダほうれん草が、コロッケの下敷きになっています。

明日のお弁当が楽しみだなぁ。

 

 

お昼ごはんの時にも何を食べようか、何もなくて考えたのですが、

今日はこの【こんぶまんま】というのが大活躍してくれました。

 

とろろ昆布をはじめ、北海道の色んな昆布が超細切りになって入っています。

ごはんのおかずに困った時用に買ってあったのですが、汁物にも最適と書かれていたのを思い出し、お昼のうどんに使ってみました。

 

これまでお肉やお魚などたんぱく質主役がいないと、野菜だけではおいしい味が出ないかと思っていました。

所が、びっくりする位おいしいうどんが出来たのです。

 

↑お昼にしたうどんは、

野菜は白菜少々、長ネギ青い所、ダイコンとダイコンの葉を刻んで少々入れただけ。

【こんぶまんま】をひとつまみと、粉末いわし粉、パックの鰹節1袋。

味が薄っぺらいのではないかと心配で日本のだし逹をたっぷり入れて煮込んだのですが、

本当においしいうどんが出来ました。

普段私が作ったことのないような、旨味たっぷりな味。

たまごを落とし、岩のりのせて食べました。

お出汁のいい香りに癒され、熱々おいしいうどん。

お肉などなくても、日本のだしはこんなにおいしくなるんだなと感激。

 

いつも味噌汁など、いわしの粉末をだしにしていた私。

鰹節や昆布をもっと食事に取り入れてみたいと思うようになりました。

全く外出しなかった、台風の1日。

洗濯物などは気持ち良く乾き、おまけに日本の旨味に感動するという学びがあったのでした。

 

今気づいたのですが、もう少し寒くなればヒーター出すので、

これからの冬季はヒーターが洗濯物の仕上げ乾かしの強い味方になってくれそうです◎

 

…それでは、またです♪

↓押してくださると幸せに思います☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村


テーマ:

こんばんは☆

10/8〜10/10まで両親の暮らす団地に遊びに行ってきました。

晴天で暑い位の気温でしたが、

にぎやかな鈴虫、薄い雲、日暮れも早くなりすっかり秋ですね。

たくさん食べてもすぐおなかがすく私、これも秋だからなのかも知れません。

 

団地に向かう木々の道、

前日の雨で土がぬかるんでいる所があり滑りそうになりました。

草刈りなど手入れしてある道だけど、やたら蜘蛛の巣がたくさん掛かっていて、

緑のシマシマの蜘蛛が、目線の高さになわばりを張っていたので歩くのが結構怖かった。

クモというより、スパイダーと呼ぶ方が似合うみたい。

ハロウィンのスパイダーに見た目もぴったりでした。

IMG_20171010_184302127.jpg

 

この道の向こうから、80代くらいのおじいさんが歩いてきた。

この木々の道で人に出会ったのが初めてだったので、私はとてもびっくりしたけど、

山歩きのような格好をしたおじいさんだったので決して怖くはなかった。

 

おじいさんに道の中央を歩いてもらい、私が傾斜道によける。

すれ違って少し歩いて、

土の斜面が滑るので、おじいさんすっ転んだりしないだろうかと心配になって私の来た道を振り返った。

おじいさんはこつぜんと居なくなっていて、随分足の速いおじいさんだと感じつつ、もしくはゴーストかとも思いましたが…、もちろんそんな事はありません。

しっかり山歩きのような格好で、ゆるやかな山道や色んな所歩いているのだと思います。

シャキッとして健康そうで、とても良い事だなぁとほのぼのしました。

 

団地に着くと、両親は日曜日の午後をリラックスして過ごしている所でした。

玄関にはどんぐり、栗、小さなかぼちゃが飾ってあり可愛かった。

おやつはサーターアンダギーを買ってみました。

大きくておなかがいっぱいになった。

 

おやつを食べながら、夕飯はなぁにとお楽しみの質問をしてみました。

おでんを作ってあるとの事キラキラ

父はおでんが食べたかったので、母が仕事の日に材料だけ買って、母に作ってくれと頼んだそう。

でも一番大好きながんもどきを買い忘れてしまい、もう一度スーパーに向かったそうです。

具材がぎっしり入ってとてもおいしかった。

おでんってコンビニでもたくさんの具材があり迷いますから、色んなもの入れることが出来て、それぞれ食べるのが楽しみ。

 

はんぺん、ちくわぶ、いかまき、さつまあげ、がんもどき、ごぼう巻き、こんにゃく、たこ、たまご、だいこん、こんぶ、ちくわ。

私の家では他にもいつもウインナーとか鳥手羽元、大きめに切ったにんじん、まるごとのじゃがいもなんかも入れます。

 

今回は入っていなかったけど、ぎんなんや、もち巾着が入ることも。

土鍋にぎっしり入った具材は味がしみておいしかった。

だいこんやたまごは軽く焦げているのがあって、

「かわいそうに、やけどしたみたいだね。」

と母と言いながら食べました。

 

↑鶏つくねが鍋に入りきらず入れられなかったそうで、

母がこんな風に焼いておかずにしてくれました。

 

父はおでんを食べながら、

「余った汁はおじやにしてくれな、おれ一日食ってもいいや。」

と言っており、父はおじやが大好きです。

 

10/10が父の誕生日なので、

おでんの夜に少し早めのプレゼントを渡しました。

何も要らないといつも言う父。

どうしてもくれるなら酒がいいと言っていたそうなので、白鶴の大吟醸の小さい瓶のを持ってきました。

それから、酒は飲むと消えてしまうので、

秋口にぴったりな洗える薄手のニットのカットソーをあげました。

色は真っ白、編み目が可愛く私はお店でひと目で気に入ったのですが、

【編み目が可愛い】服を…、父が気に入るかどうか心配でしたたらーっ

 

「ったくよー、いらねーっつってんのによー。」

と毎度そういう事を言います。

プレゼントしたのにやや怒られ(笑)

ラッピング外しただけで、中の透明袋は開けようともしないので、

私と母で開けて可愛い可愛いと、母と二人で騒いで笑いました。

 

母も父の服が増え、おしゃれな服なので嬉しいと言ってくれた。

よかった、よかった◎

でも今回の服、とても気に入ったみたいで父は嬉しそうだった。

そして、たばこポケットも付いているんだよと言うとますます嬉しそうなのでした。

 

10/9は残念ながら朝起きた時からずっと頭が痛く、1日中頭痛に悩まされた日でした。

頭痛薬を飲みましたが、この日は効かなかった。

仕事の日ではなくて良かったと思えるほどひどい痛み。

波があって時々良くなり、またひどく痛くなったりしました。

 

いつも団地に来ると車の運転練習をさせてもらっています。

無理をしないで頭痛のひどい時は横になり、良くなった時に運転練習に行く事が出来ました。

 

運転の練習後、丁度おやつの時間頃になると父が、

「お前ちょっとよー、そこんとこ曲がってよー、たい焼き屋に行ってくれ。」

という事で笑ってしまった。

私の父はまんじゅうとか、たい焼き、どら焼きなどあんこのお菓子が大好き。

私も一緒にお店までメニューを見に行こうと思ったら、

「すぐ戻るから待ってろ。」

と車を降り、スタスタとたい焼き屋さんに一目散に向かって行った。

 

普段は買ってきてくれと頼む事が多い父。

自ら率先してたい焼き屋に行く父の後ろ姿はとても笑えました。

夕方の光が黄金色で、車の中から町の様子を見ていると平和でほのぼのして素敵な町でした。

父は甘味商店をウロウロし、やがて戻ってきました。

なんと残念たい焼き屋さんはお休みで、大判焼き屋さんはやっていたとの事。

 

団地に戻り、早速おやつ。

「どっちもおんなじようなもんよ。」

と母は言いました。

実は母、たい焼きとか大判焼きはそんなに好きではないのですが、

この日は甘さも丁度良くてこんがりしておいしいとペロリと食べてくれました。

父なんか、2個買えばいいのにと思うくらいガブリ、ペロリと約ふたくちで完食でした。

 

10/10父の誕生日の朝は、

母がお赤飯を炊いてくれて、芋煮とお赤飯の素敵な朝食でした。

 

私の頭痛もすっかり消え、体調が良くて嬉しかった。

爽やかに晴れ渡り、眩しいほど明るいベランダで、母がアロエの剪定をしていました。

切った部分も捨てずに洗ってラップに包み冷凍してとっておくとの事。

キダチアロエは、平屋に住んでいた以前の家の頃から私の実家にはいつでもありました。

団地のベランダでも、引き続き育てていたのは知らなかった。

 

昔やけどに巻いてもらったりしたけど、

アロエ何にするのかと聞くと、万能常備薬なのだと言います。

母は胃痛がする時に食べるとすぐ良くなるのだとか。

 

最近私は時々胃が痛い事があるので、剪定ででた切り身アロエをわけてもらった。

「アロエ育ててみたら?すぐ根をはるし簡単に育つわよ。」

との事で、大喜びでもらう事にしました。

アロエの小さな赤ちゃんの部分を寄せ集めて母が私にくれた。

水はほとんどあげなくて良い、寒さに弱いので寒い時は部屋になど教えてくれました。

 

通常は中の果肉の部分を食べるそうなのですが、

母はなんと、まるごと食べてしまうそうです…!!

とげもそのままと言っていたのですが、かなり上級編だと思うのでみなさま食べる場合は果肉にしてくださいネ…あせ

 

小さなアロエの赤ちゃんを数本もらって帰る予定だった私。

家に帰って植木鉢に植えてみようと思っていました。

でも母は、私が帰る時間までに↓↓

 

小さくて可愛いアロエ鉢を作ってくれていました。

下には水はけのために小石をしいてくれて、帰る時間までベランダで太陽に当たっていました。

母のそういう優しさにいつもじーんとします。

綺麗に可愛いアロエ鉢作ってくれてありがとう。

大切に育て、使います。

アロエの事、色々調べてみよう、

そして良い情報は、母にも教えてあげたいな。

 

 

鉢と別に、母がラップに包んでもたせてくれたアロエの剪定、

私も食べてみようとカットしてみました。

包丁でとげの部分を細く切り取り、手で皮をはがして、スプーンでこそげとりました◎

IMG_20171010_205839549.jpg

 

冷やしておいたものの汁をなめてみると、うっすら苦いもんすたー

果肉をかじってみると、コリコリして苦みはあまりなし。

汁気とともに果肉はヨーグルトに入れ、ブルーベリーソースをたっぷり入れて食べました。

おいしい◎

この方法なら、アロエの食感もあり苦みも気にせず食べれそうです。

 

「トゲなんて全然痛くないのよ。」

と母は言いましたが、やっぱり不慣れだとだいぶ痛いみたいだ。。。

まるごと食べると言った母に、妖怪みたいと先ほど笑ったりして悪かったけど、

まるごとは青臭くて難しそうだなぁ。。。

 

アロエは食べると肌にもとてもいいそうで、

私の母はとても肌が綺麗です。

もしかしたら、長年アロエと暮らし続けたアロエ効果かも知れませんネ。

 

…最後に、

今回散歩もちゃんと行きました。

写真はたくさんはないのですが、

 

↑(左)葉に隠れて、手の届く位置の柿は人に取られず残っている物もありました。

マリオのスーパーキノコみたいな真っ赤なキノコ(右)

時々見かける地域猫ちゃん↓↓

 

気高い白猫ちゃんなので、おーいと呼びかけるとツーンと横向きになりました。

ベンチからたれたしっぽが可愛いと母が言っていました。

 

今日の午後は私の運転で、大きなホームセンターに行きました。

私も母もホームセンターが大好き。

だけど父はしばらくすると車に戻ってしまい、こんなに楽しいのに何で見ないんだろうねと母と不思議がりました。

母は冬用の敷きパッドを購入していました。

 

私は小さな可愛い蝿帳が欲しかったのですが、

季節も終わりいい物がありませんでした。

 

お弁当用の新しいお箸、耐熱ボウル、スライサー↑↑

この3つを買いました。

どれも欲しかった物、とっても嬉しい。

 

団地で気持ちも安らぎ、元気を充電して帰って来ました。

来月また遊びに行く頃は、紅葉がとっても綺麗だと思います。

その時また紹介しますね。

 

…それでは、またです♪

↓押してくださると幸せに思います☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村


テーマ:

こんばんは☆

日が随分と短くなりました。

朝晩涼しくなったので、慌てて小さめの毛布を天日に干して、布団の足元に置いておく事にしました。

まもなく10月、すっかり秋になってきたようです。

 

 

私は昨日から2連休をのんびりと過ごしました。

9/28は朝夕ひどい土砂降り。

9/29はまぶしい程の快晴でした。

 

ひどい降りの天気にお休みというのも幸せなものだと思います。

濃いミルクティーなど淹れて、のんびり飲みながら本を読んだり、録画しておいた番組を見たり。

 

気付けばあっという間に午後になり、

随分リラックスして過ごせたものの、こんな日は時間が経つにつれてどんどん出掛けるのが嫌になります。

 

連休初日なのだから、時間や明日の予定を気にせず心ゆくまで外出するつもりでした。

しかし…、

目覚めた直後からグータラモードでそのまま午後に差し掛かると、

【たまにはどこにも行かなくていいんじゃない】

グータラ者の私の声が頭の中で聞こえます。

しかし食材を買ってこないと納豆すらないので、

せめて食材は買いに行き、その後ゆっくり調理でもしつつのんびりもしたらいいのではないかと脳内会議では可決されました。

 

午後さっさと買い物に行けばいいのに、

そこからがまた長かった。

何を作ろうか、自分の料理ノートを見たり、

切り抜きのレシピを見たり。

 

身支度した後も、今度は急に部屋を掃除してから出掛けようと思い立ったり、こんな日は本当にきまぐれ。

ようやく自転車をこいでスーパーに向かったのは16時の事でしたたらーっ

なんだかとてつもなく勿体無い休日のようでもありますが、

疲れていたのも確かなので、たくさん寝て頭痛も治り、前日まで止まらなかったあくびもおさまりました。

 

私が住まいの建物から自転車を発進させたのと同時に、ポツポツと雨が降ってきました。

くもりの予報の空は黒い雲がいっぱい。

道行く人は傘を開き始め、急に本格的な雨が降ってきたので近くのスーパーに自転車をとめ避難しました。

雨宿りしている人もたくさん居ました。

 

私が行こうとしていたいつものスーパーはこの位置からまだ遠い。

雨を逃れて避難したスーパーは高級なので、珍しいはちみつや紅茶を探したい時などしか利用した事ありません。

雨がやむまで店内を散策しましたが、げっそりする程高い。。。

(何でスーパー○○の方を利用しないんだろう…?)

カゴにぎっしり食材を詰める周りのお客様を見て、羨ましいような、あっちの方ならずっと安いのにと思ったりしていました。

 

 

雨の様子を見に行くと、アホみたいに降っておりもう絶対にやみそうにない。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

(暇だったのに、何でもっと早くスーパーに行かなかったのだ)

(何で私はこんなに雨女なのだ)

グータラで雨女な私に悲しみが様々に押し寄せてきた。

 

どうせこの雨の中を自転車で帰るのなら、いつものお得なスーパーまで頑張って行こうかと思ったのだけど、

もの凄い雨で、冷房の中すっかり冷えてきてしまっていて風邪をひきそうなので無茶はしない事にした。

 

私はこの日どうしても、山形芋煮が作りたかった。

毎年母が作ってくれるのが大好きで、自分で作るのは初めて。

芋煮の材料だけサッとこの高級スーパーで買おうと思ったのだけど、本当に何もかもネギだって超高くてブランドネギが並んでいるので本当に私には無理だと思った(ノ_-。)

 

正面の位置に、

もう一軒スーパーがあります。

そこも高いので、私はいつも見切り野菜ばかり買ってお世話になってるスーパーだけど、

そちらのほうが幾分は安いので自転車でそこまで移動し、第二高級スーパーで食材を買いました。

何とかこれなら買えると思いました。

 

少しでも安いスーパーまで移動し、根性で買って帰った芋煮の材料。

カゴに入れると雨が掛かるので、食材は全部小さなリュックの中に詰め込み、ネギが半分飛び出た状態のリュックを背負い自転車で帰ってきました。

 

川に落ちた人みたいにずぶぬれだったけど、着替えて髪もドライヤーで乾かしたら、

また休みの楽しい気持ちに戻りました◎

 

【山形芋煮】約4人分

・里芋 500g

・牛肉薄切り(バラ肉がおすすめ) 400g

・こんにゃく白(あく抜き不要のが便利)1枚

・長ネギ 2本

・まいたけ 1パック

 

・しょうゆ 大さじ3

・水 4カップ

・砂糖 大さじ1

・酒 大さじ2

・みりん 大さじ2

 

①さといも皮をむく。

むいた後は洗わず細かい毛汚れが付く時は拭き取る(おいしさのポイント)

 

②こんにゃくは手でちぎり、ビニール袋に入れ分量外で砂糖を適量入れよく揉み込む。

出てきた水は捨てて良い。(臭み抜け、味もしみこみやすくなる)

 

③ねぎは大きめに斜め切り、まいたけは食べやすくさく、牛肉も食べやすく切っておく。

 

④鍋に青色で示した5つと、こんにゃく、さといもを入れ、

さといもがしっかり柔らかくなるまで火を通す。

 

⑤ねぎ、まいたけも加え火が通ったら、牛肉を加えさらに煮込んで出来上がり☆

 

※アクは各所で適宜すくって下さいネ※

 

 

↑↑このレシピは、母の芋煮レシピではなく、先日山形でスーパーにあったレシピをもらってきました。

私の作った画像はあまりおいしそうに見えないのですがあせ

 

でも本当においしかった。

私は一人暮らしなので、量を調節して作りましたが、まいたけや砂糖はもう少し入れてもおいしかったなと思います。

 

芋煮はちょっと甘めに作るのがおいしいので、好みでレシピより砂糖やみりん多目にしてもいいと思います。

高級スーパーで、牛肉が高くて140gしか入れなかった私。

でもきっと河原でみんなでする芋煮だって、野菜お芋たっぷりでお肉は少なめではないかと勝手に思いつつ肉少なめで作りましたが、ちゃんと美味しかった◎

 

牛肉のあまりの高さに豚肉にしようかと思いましたが、牛肉を貫きました…。

仙台のかたは豚で味噌味で芋煮すると聞いたことありますが、

山形は牛肉、しょうゆ味、白こんにゃくで芋煮作るそうです(*^o^*)

でもどちらもおいしそう。

 

私が作ったものでもおいしくて、2回もおかわりして食べました。

毎年、母が作ったのを大事に食べるけど、

自分でたっぷり作ったので、おかわり自由・無制限がとても嬉しかった。

 

来週あたりまた作ってみよう!

芋煮さらに大、大、大好きになり、

皆様にも作り方お知らせできたらと書きました。

秋の味覚がいっぱいなので、ぜひ食べてみてくださいね。

突如書くことにして、今回文字ばかりですみません。

 

…それでは、またです♪

↓押してくださると幸せに思います☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村


テーマ:

こんばんは☆

9/17~19まで暦と少しずらした連休を楽しみました。
 
9/17は両親の暮らす団地に遊びに行きました。
団地に向かうまでの間、たくさんの秋祭り会場を見掛けた。
実は私の近所もお祭りをしていて、立ち寄るのを楽しみにしていましたが、台風の影響でひどい雨が降っていて残念ですが諦めるつもりでした。
 
団地へ向かうため出掛ける直前、
雨の中おみこしがにぎやかにやって来て、私の住む建物の前で止まった。
たくさんの人の掛け声や拍手が私の部屋に聞こえて、私はとてもよい気分になってから連休の旅に出発する事が出来ました。
 
雨風がひどく、楽しみにしている団地周辺の散歩は出来なかった。
お彼岸のおはぎをおやつに持って行きました。
夕飯は手巻き寿司だった。
好きなもの巻いて食べると楽しくおいしいキラキラ
 
団地に1泊して翌日、9/18敬老の日。
私は両親にくっついて山形まで車で連れて行ってもらいました。
台風の影響で途中雨が降ったり、
 
↑こんなオムレツ型の大きな低い雲にも出会った。
お昼には祖母の家に到着しました。
 
私の祖母は96才。
認知症があり今は施設で暮らしています。
今回は施設の催しで祖母が不在で会えませんでしたが、
母と施設を訪ねて、寝具や座布団のカバーなどを秋冬用に取り替え、こたつの準備もしました。
祖母の部屋は可愛い秋冬仕様の部屋になりましたよ。
 
スーパーに行ったり施設の行き帰りなど私が運転を担当しました。
秋の黄金色の草木や夕方の光が綺麗で、
慣れない土地の運転は緊張もしますが、山形が好きなので楽しかった。
 
食事はスーパーのお惣菜やお弁当をたくさん利用しました。
安くておいしそうな物が並ぶので、選ぶのも楽しい!
 
(画像左)9/18のお昼ごはんに私が選んだピザは、大きくて迫力があり両親に笑われた。
母は焼きそば、父は和風の炊き込みご飯の入ったお弁当を食べていました。
(画像右)芋煮は夕食に買いました。
季節的にも芋煮会の時期なので、夕飯は両親もみんなこの芋煮を食べました◎
 
夜になるとあたりはとても静か。
柱時計のカチコチ時を刻む音と、畑から鈴虫のリーンと言う音色だけが聞こえていました。
 
↑↑茶の間の戸棚に同じおせんべいがたくさん入っている…。
祖母の家の畑に水をやったり、日用品の買い足しなど、
【母の2番目の妹】の私のおばが、毎日のように立ち寄りしてくれています。
忙がしいこのおばは祖母の家に来てもゆっくり出来ませんが、
用事を片付けた後、短時間だけ休憩しお茶でおやつ食べて行くそうで、大好きなおせんべいがこのまがりせんべいなのだそうです。
 
私の母はおばがいつも忙がしい中、祖母宅に寄ってくれるお礼に3つほどまがりせんべいを買い棚に入れておいたら、
買ってもらったら悪いと思ったのか、おばは自分で更にまがりせんべいを買い足し戸棚がいっぱいになっているのだそうです。
 
なんて面白い姉妹なんだろうと、その話を聞いて私はゲタゲタ笑いました。
まがりせんべいひとすじなんて、本当においしいんだろうなぁ。
母がひとつ持って行きなさい、とすすめてくれたけど、ぜひおばが楽しみに食べてほしいのでもらいませんでしたスマイル
 
夕食後、私は茶の間で祖母の古い雑誌を眺めていました。
【きょうの料理】と【暮しの手帖】
 
きょうの料理は、14年前の号だから料理研究家のかたの写真が若い!
祖母が折ってあるページは、作ったり楽しかったページなんだなとほのぼのして眺めました。
 
母は22時過ぎに寝ましたが、眠る前に、
祖母の家での昔の暮らしの様子を教えてくれました。
角の部屋はあとから増設した部屋である事は私も知っていましたが、
現在の台所は昔はこども部屋で、風呂と台所は別な位置だった事を教えてもらいびっくり。
大規模なリフォームを昔々したそうなのです。
母の指さす方向に昔あったものを想像すると、昔の部屋が見えてくるような気がした。
 
テレビの無い時代の娯楽はラジオだったので、
茶の間の天井付近に台を取り付け、大きなラジオを皆で聞きながら団らんしたり、食事をしたそうです。
 
↑この位置にラジオの台を設置したそうで、釘のあとが今もあります。
ラジオドラマなど楽しくて、家族みんな楽しみに聴いていたんですって。
 
 
玄関入ってすぐの所に、本がぎっしり詰まった本棚があります。
母の一家はみんな割と本が好きで、でもこれらは主に祖父が集めたものが多いそう↓↓
IMG_20170919_171922880.jpg
 
「帰りの新幹線で読む本借りていい?」
私だけ9/19に電車でひと足先に帰宅の予定なのです。
「どうぞ好きなだけ持って行って。」
母が快諾してくれました。
 
色んなジャンルの本がある!
図書館みたいだし、祖父たちの好きだった本私も読んでみたいとワクワクした。
 
あやとり、折り紙の本もあり、
セキセイインコの飼いかたの本もあります。
私が子どもの頃、祖母の家にはぴよちゃんという名の黄色いセキセイインコが居ました。
「ぴよちゃん」
と自分の名をおしゃべり出来たし、祖父のハナかむ音をまねする面白いインコでした。
懐かしい!
 
カタカナ語辞典もあって、
私も持っているので、私は亡くなったじいちゃんと気が合うなぁと思い嬉しかった。
 
それから、
ブームの頃買ったのか、宜保愛子さんの心霊の本もあったYO‼
(こ…怖い!これだけは借りたくないっ)
 
棚には本と一緒に古い置物や野球のサインボールも並べてあった。
祖父は野球が好きだったんですって↓
 
母もたまにこの本棚から本を借りるそうです。
私の母は歴史が大好き。
母は数年前に、祖父の本棚からふと借りた伊達政宗が面白くて歴史が大好きになったそうだ↓
IMG_20170919_171804135.jpg
 
以前は歴史に興味はなかったとの事。
凄いなあ。
私も伊達政宗にしようかと思ってしまう。
私は少しは歴史の知識を入れなければと思うくらい、歴史に弱い。。。
「伊達政宗はもっと年とってから読んだほうがいいわ。」
と母が言った。
 
母にとっては伊達政宗は衝撃を受けた本なので、
「でもね、伊達政宗読むとそんじょそこらの小説はつまらなく感じるわよ。」
と言うのです。
「えぇっ、じゃあ…、何とか頑張って伊達政宗を読もうかなぁ…。」
そう私が言うと、
「うーん、でもなんかあなたっぽくないセレクトだわね。」
と、母より。
 
ガーン(+_+)
でも確かにそうだなぁ。
無理せずちゃんと自分が読みたいもの探そう。
そうして取り出した3冊↓↓
 
日本むかしばなし集の単行本は、私が生まれるより古い発行のもの。
ガラスのうさぎは戦争で家族を失う実話だそうです。
カバーのかかった本は、続おばあさんの知恵袋
挿し絵も版画で可愛くて語り口も素敵!
早く読んでみたい、自分にぴったりの本が見つかりました。
 
「面白そうなの見つけたわね。」
母がそんな風に言ってくれたのが嬉しかった。
母もおばあさんの知恵袋を読みたいとの事で、面白かったら次お母さん読んでねと約束したので、母に本を引き継ぐのも楽しみです。
 
私は寝る前に外に出てみた。
星が本当に綺麗で、私はメガネをコンタクトよりも弱めに作っているのですが、
メガネで見ても星団のような星のかたまりがあるのもはっきり判るのです。
とても綺麗でしばらくクルクル回りながら、360度空を見ていました。
その夜はとても気持ちよく眠れました。
 
9/19朝、
今朝もさわやかな秋晴れで、炊飯器がごはんが炊けたと鳴っている音で目が覚めました。
祖母の台所は古いけれど、光がよく入り明るいので朝はとてもキラキラしています。
母がトントンとまな板で調理し、朝ごはんの支度をしてくれていました。
 
まがりせんべい大好きなおばが、母になすだと書いて母に置いていってくれた食べ物は、
開けてみるとなんと松茸でした!
 
おじはまつたけを採りに秋になると山に行く事があります。
そのまつたけで母がまつたけごはんを作ってくれたので、私は炊飯器の音で目が覚めたのです。
 
おいしかった、シャキシャキしていました。
朝食後、縁側から見える畑に出て、持って帰る野菜を朝のうちに収穫しました。
トマトの側で、虫除けに植えてあるバジルのさわやかな香りがしました。
 
 
午前中はお墓参りに行きました。
山形で食べる今回最後のお昼ごはんは、鍋焼きうどんにしました。
父は海苔巻き寿司、母は手巻きずしを買っていました。
 
お昼のあと、父と散歩に出かけました。
 
 
夕方の新幹線で私だけお先に帰ってきました。
山形の旅、とっても楽しかった。
今回は懐かしい本などから、楽しい話が聞けたり、亡くなった祖父の事を知る事が出来ました。
また祖母の家に行ける機会も楽しみにしていようと思います。
 
最後に…、
祖父のものか、けん玉も見つけたんです。
 
けん玉で遊んだ事はないのですが、ちょっとやってみたら…、
一番簡単な、コトンと乗せる技が5分位でできるようになり、母と大いに盛り上がりました。
けん玉、今外国のかたにも人気があるそうですね。
置いてきましたが、けん玉またやってみたくなっている私なのでした。
 
 
…それでは、またです♪
↓押してくださると幸せに思います☆
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村


テーマ:

こんばんは☆

9/3から9/5夕方まで両親の暮らす団地に遊びに行ってきました。
出発の日は天気も良く、
電車で見る景色、散歩しながら向かう道のりの事を思うだけで全てが楽しみでした。
 
洗濯物は出発前にすっかり乾いてくれた。
取り込んで、ベランダから見上げた空はすっかり秋空↓↓

IMG_20170904_220359987.jpg

 
駅に向かう道のり、日差しがまぶしく暑かったけど風が強くてスーッと涼しい。
秋と夏が共存している季節です。
セミもないているけど、曲がり角の向こう、遠くのほうから聞こえてきます。
セミにも遅く生まれたのんびり屋がいるのだ。

IMG_20170904_221430844.jpg

 
↑お昼ごはんはサブウェイで食べました。
季節のメニューのアメリカンポークリブというのを食べました。
トッピングにツナをのせてもらった。
(ツナサンドと迷ったから)
ツナと合うか心配だったけどおいしかった。
サブウェイってとてもおいしい◎
 
団地の最寄り駅はセミがにぎやかに元気にないていました。
だけどやっぱり秋の空だ。

IMG_20170904_222438878.jpg

 
トンボが群れになり芝生を越えていきました。
黒いアゲハチョウがひらひら舞って、写真を取りたかったけど森の中に消えてしまった。
また会えるかも、と思ったけどそれからもう会えなかった。
代わりに私に寄ってきたのは、ずんぐりと大きなオレンジ色のハチ!!
怖くて払いのけたかったけど、恐怖に耐えてじっとしていたら離れて行きました。
ヨカッタ。。。

IMG_20170904_223148408.jpg

 

IMG_20170904_223213049.jpg

 
↑帽子をかぶったどんぐり、たくさん落ちていた。
まだ緑色の、可愛い秋の実。
 
両親は変わりなく元気で何より嬉しい。
おやつは、先ほどのサブウェイでクッキーを持ち帰りにしてもらいました。
大きなクッキーはしっとり柔らか、マカダミアナッツが入っていておいしかった◎

IMG_20170904_223827767.jpg

 
夕飯は母がカルビ肉を焼いてくれました。
私は今回、自分で作ったサラダチキンをおみやげにもって来たのですが、母がミニサラダの中に使ってくれました↓

IMG_20170904_224445566.jpg

 
今回の団地訪問も、いつものように運転の練習をしたり、散歩をしたりして過ごしました。
今回特に楽しかった事は、
【リサイクルショップ】に連れて行ったもらった事です。
 
「あなたの好きそうなお店を見つけたから明日行ってみる?」
両親もまだ行った事ないそうなのですが、服、インテリア用品、本、スポーツ用品などさまざまにそろうリサイクルショップを見つけたのだそうで、母が提案してくれました。
私はもちろん、行きたいと大喜び。
 
9/4お昼前に車で両親と行ってきました。
広い広い店内を各自それぞれ自由に見て、40分後に待ち合わせすることになりました。
意外にも父も楽しそうに店内見ていたので、ホッと一安心◎
 
母は普段読む文庫本、部屋に飾る額縁、古着も見てみたいと楽しみな様子でしたスマイル
私は色々見たくてぐるっとひととおり回りました。
楽しくて40分はあっという間、時間になったので集合しました。
私と母はもう少し続きをゆっくりみたいという考え。
しかし父はもういいとの事たらーっ
 
一旦お昼ごはんを食べてから、戻ってもう少し見る事に決まりました。
付近のファミリーレストランに行ってみると、駐車場から混雑が伺えてやめる事に。
他にどこかごはんのお店はと検討していると、
「よし、わしがご馳走してやろう」
と父が言い、回転寿司に連れて行ってくれましたキラキラ
たまに機嫌の良い時、わしとか言う父なのです。

IMG_20170905_153834811.jpg

 
魚が何より大好きな父が、マグロ丼ランチを3つ注文してくれました。
父は大盛りをガーっと食べて、
「オレは車に居る。」
と、早々に出ていきました。
 
父は茶碗蒸しとフルーツを、全く手を付けず残して行ったので私が食べました。
茶碗蒸し大好き。
母には粉茶のおかわりをつぎ、茶碗蒸し2個目を食べつつ母とおしゃべりしていたら盛り上がり、駐車場の父をかなり待たせてしまった。
背もたれ倒して昼寝していた父。
「どっか行ったのかと思ったよ。」
と待ちくたびれた様子で言いました。
 
リサイクルショップに戻り、今度は1時間半自由行動に決まりました。
父は演歌の中古CDコーナーなど見てる様子。
 
洋服コーナーに行ってみると母とばったり会い、
母は試着室を楽しそうに活用していたので、私はとても嬉しかった。
 
私は昔から、姉と姉の親友のおさがりもたくさんもらって着ていたので、
お古の服は一度にたくさん可愛い服が手に入るというトキメキが今でも心にしみついています。
古着が今でも身近なもので、持っているほとんどの服が古着。
下北沢とか、リサイクルショップの古着も大好きです。
 
そんな私を見て、母は前々から古着に興味を持っていたのですが、
なかなか古着屋さんに行ってみる事はなかったようです。
 
母はきっと古着コーナーをパッと見て買うか買わないかどちらかかな、と思っていたら、
あれもこれも着てみようという感じで、色んな色味の秋向けパンツ(ズボン)を試着していたのです。
初古着はとても気に入ったみたいで、
パンツを2本と薄くてさらっと着れるセーターを1枚買っていました。
 
私も自分の古着を見ていたら、父がやってきて、
「オレは駐車場に居るから。」
と言い残し背を向け去っていった。
(あぁ、お父さんはあまり楽しくなかったか…)
あと1時間位時間があります。
「CDは買わないの?」
聞いてみたけど首を振り去っていってしまった。
残念だけど、母が今回喜んでくれているし私もまだまだ見たいので父には待っていてもらう事にしました。
 
私は古着ではワンピースを一枚選びました。
500円だったので、母が一緒に会計してくれました。
お母さん、ありがとう!!
母はその後も、部屋に飾る一目惚れした額縁が見つかったと購入していてとても楽しかった様子でした。
私はもうひとつ、素敵なカトラリーを買いました↓↓
IMG_20170905_172906991.jpg
 
団地に戻ってからも、何度も箱を開けてはにんまりしてしまう可愛いフォーク。
小さな姫フォークなんですけど、見た目に心奪われました。
表面は24金加工で、飾り部分はスワロフスキーと書かれています。
1本はごく小さなサビのような跡がありますが、片方は綺麗なまま。
800円だったんですよ、とても素敵。
 
父はこのフォークを見て、
「そんなもんどーすんだよ。」
と団地でゲタゲタ笑っていましたが…ヽ(`Д´)ノ
母はこのフォークの美しさ、価値を判ってくれて昨晩しげしげとふたりで眺めました。
付属の書には、
【最高のインテリアに】
と書かれていますが、私はこれでケーキや果物が食べたい。
綺麗なほうの1本は箱に入れてとっておき…、
いつかお客様が来た時に、一緒にケーキを食べるのだ、むふふふ。
※お客様は私の部屋に滅多に来ません※
 
 
あっという間の3日間、とても楽しかったです。
散歩でみた木々の紅葉は少しずつ進んでいます。
イチョウはわずかに黄色くなってぎんなんが実り、あとは熟すのを待つばかり。
楓も少し赤くなっている↓↓
IMG_20170905_193453830.jpgIMG_20170905_172824477.jpg
 
母にいつも大感謝のごはん↑↑
2日目のごはんは大好きな母の手作りあんかけ焼きそばだった。
 
父には今回も運転の練習で合計6時間くらいつきあってもらいました。
あえて夕暮れ時に運転に行ったのですが、
「日が暮れる前が一番見にくいんだよ。」
と本当に10回くらい口をすっぱくして忠告されました。
確かに、教習所でもそんな風に教わりました。
バックミラーの後続車のライトも慣れないと見にくいものですね。
また少しずつ身になっているといいです。
 
私は買ったばかりのワンピースを、今日早速着て過ごしました。
父は古着が嫌いなので、昔からあまり私の古着好きに理解がなく(笑)ノーコメントでしたが、
「もとからあなたの服みたいね!」
そんな風に言ってくれる母と昨日は古着散策が出来て嬉しかったなぁ。
 
「新しい服が増えると嬉しいわね。」
母は買った3枚の古着を、団地に帰ってそんな風に言いました。
そうそう、そうなんです!!
だからこそ、私も今日早速着てしまった(*^o^*)
(お古だけれど)買った人には、新しい服なのですよね、母の発言も面白い。
父は二度と行きたくないと言っていましたが、是非また連れて行って欲しい、私と母なのでありました。
今後雨でお散歩に行けない日には、迷わずここで掘り出し物を探したいなぁ。
 
私はもともと好きだったリサイクルショップが更に好きになりました。
今度の休みには、私の行ける範囲でリサイクルショップや古着屋さんを訪ねてみたいです。
 
朝晩すっかり涼しくなりました。
食欲の秋がやってきますね、
皆様も夏疲れを癒しつつ、たくさん食べて元気に過ごせますように…☆
 
…それでは、またです♪
↓押してくださると幸せに思います☆
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.