本日から3日にわたり

お届けするお話は我ながら

『四十路中年、

犬の躾のストレスで

ちょっと、いや、かなり

変な方向に進んでいるかも』

みたいな内容でございますため

皆様生ぬるい眼差しで

お付き合いくださいませ

 

 

犬の態度はともかく

庭は現在お花がきれいですよ

 

 

我が家から車で

少し行ったところにある

アジア系食材点は

店主とおぼしき女性の態度が

非友好的であることで有名です。

 

私はただ

納豆を買いたいだけなのに

お店に入ると何故か睨まれる、

ため息をつかれる、

舌打ちをされる、

お釣りは投げられる。

 

半分怖いもの見たさ、

みたいな気持ちで

その後もちょくちょくお店を

覗きに行っていた私ですが

(Norizoさんの主成分は

野次馬根性で出来ています)、

店主さんの態度はまあ

他のお客にも基本は

あんな感じみたいです、どうも。

 

英語が苦手だから結果的に

ぶっきらぼうな感じに

なっちゃうのかな、と

好意的な解釈を

試みたこともあったのですが

どうも中国語を話せるお客には

さらに態度がその・・・

剣呑・・・いや、ほとんど

攻撃的・・・みたいな・・・?

 

(一部ではこのお店

『怖いおばちゃんの店』で

通っているという噂です)

 

レジの後ろで

大声で長電話をしていたり

ものすごく匂いの強い

店屋物を食べていたり、

あ、一度その店屋物が

近所の中華料理店から

『配達』された場面に

出くわしたことがあったんですが

配達係の娘さんをこの女性が

もう怒鳴る怒鳴る。

 

怒鳴るといえば

去年の夏くらいでしょうか、

店主の態度がこんななのに

お店のほうは軌道に乗ったのか

お店の『お手伝い』みたいな感じで

若い、そうですね、20歳に

なったかならないか、くらいでしょうか、

それくらいのやはり中華系の

男の子が一人

雇われるようになった様子で。

 

それはいいんですけど

店主の女性(中年)が

この男の子のことを

もう何でしょう、『犬のように』を

通り越して、ほとんど

『家畜のように』扱うんですよ。

 

指示は常に怒鳴り声、

男の子が何を言っても

何を尋ねても返答はいつも

顔をしかめて

「ああー?」みたいな・・・

 

男の子も男の子で

この店主女性に何か弱みでも

握られているのか、

というくらいに常に気弱で、

ちょっと高めな背を

いつも丸めるようにして

か細い声で店主のご機嫌を

損ねないようにびくびくしながら

「ハイ、ハイ(小声)」みたいな。

 

私が納豆を買いにお店に行くと、

棚の整理をしていた男の子が

虐げられた子犬のような

怖気づいてはいるけれども

それでも人に対する信頼は

失っていません、みたいな目つきで

「いらっしゃいませ(細声)」

 

「納豆ありますか?」

 

「あ、納豆ですか、今調べて・・・」

 

するとレジのほうから

勢いよく飛んでくる罵声。

 

中国語なので内容は

よくわからないのですがたぶん

「余計なことしなくていいよ!

棚の整理を先に済ませな!」

みたいなことなのではないかと。

 

びくっと動きを止めて

足元を見つめてしまった男の子に

「大丈夫大丈夫、納豆は

自分で探すから大丈夫」

 

「・・・すみません(涙声)」

 

これ、労働局か何かに

密告を入れるべき事態なのかしら、

でも男の子は

ビクビクしてはいるけれど

血色は良いし、

ゴハンあるいはお金は

しっかり貰えているということよね、

でもまあ良き市民として

一応今後もこのお店の動向には

気を付けておこう

(ゲスな覗き趣味を糊塗する

美しい煙幕、わかりますね)、と

そんなことを

思っていたのでございますが。

 

この冬。

 

前置きとして、このお店の女性店主は

(まあその、私も他の方の容姿に

あれこれ口を出せるような風采の

人間ではない訳でございますが)

一言で形容すると『昔の香港映画に

出てくる怒りんぼおばちゃん』みたいな

ファッションを好む方でして、つまり

ノーメイクすっぴん(眉も整えていない)、

髪はひっつめ(後れ毛多数)、

体型太目(すみません)、そこにいつも

黒のTシャツと黒のトレパン、もしくは

短パンをはいて、足元は運動靴

(『スポーツシューズ』感のない運動靴、

といえばおわかりいただけますか)。

 

その日も納豆を求めて

お店に足を踏み入れた私に

おばちゃんは積み重ねられた

段ボールの向こうから軽い一睨み。

 

まあこれがこの人の

挨拶代わりだからな、と

「おはよーございまーす。

今日も納豆を探しに来ました」

 

「・・・ふんっ」

 

その鼻息をこちらの脳内で

「おはようございます、

いらっしゃいませ、

毎度ありがとうございます」

と楽観的に変換しつつ

冷凍庫の中から納豆を取出し

レジのところに持って行くと。

 

おばちゃんはいつものように

ノーメイク・ひっつめ髪・

黒の上下・運動靴、そこまでは

いい、そこまでは問題ない、

しかしこの日のおばちゃんは

何故かその上、腰回りに

ピンクのチュチュスカート

巻きつけていたのです。

 

 

 

 

その瞬間、

私の脳内のビートたけしが

「ババア、どうした」

と真顔で呟いたのでございます。

 

続く。

 

 

ご存知のように

『ババア』なんて単語は

私の日常使用語彙に

含まれていないんですよ

 

でもそんな言葉が

咄嗟に漏れ出るほどに

あの光景の

衝撃は強かったのです

 

中華食材の香りの立ちこめる

狭く薄暗い整理の

行き届いていない店内、

そこにいる不機嫌そうな

黒づくめの太目の中年女性、

そこにチュチュスカート

 

しかもピンク

 

なのにお釣りは投げてくる

 

・・・そのお店、癖になりそう

と思ってしまった人は私と同類

 

そうか・・・同類か・・・と

肩を落としてしまっているあなたも

セーフ!異類だ!と

胸をなでおろしてしまったあなたも

お帰りの前に1クリックを

人気ブログランキングへ

 

 

歩行訓練中における厳しさから

近頃すっかり私に対して

反抗的な態度を取っている

我が家の

盲導犬候補生アーシー(仮名)。

 

あのねえ、それもこれもね、

すべてはお前の為なんじゃ!

 

お前のことを

どうでもいいと思っていたら

私だってここまで必死に

リードの引きに対応しないわ!

 

・・・という叫びをぐっとこらえて

今日も必死に外歩き。

 

で、その後私は庭で

園芸作業に従事したのですが

そんな私を窓越しに

恨みがましい目つきで睨む黄色雌犬。

 

 

まあ気持ちはわかるんです、

あれでしょ?

 

どうして私が自分(犬)のことを

一緒に前庭に

連れ出してくれないのかって

そういうことを尋ねたいわけでしょう?

 

それはね、お前が昨日、

私が冬からこっち

大事に大事に育ててきた

ロベリアの鉢を温室で見つけて

「ねえねえー!

見て見て、連獅子ごっこ―!」

とかやって遊んだからだよ・・・!

 

まあでも犬をあまり

ひがませてもいけないので

適当なところで仕事を切り上げ

家の中に戻ったら、

アーシー、居間の中央で

私にお尻を向けてフテ寝、

というかタヌキ寝入り。

 

普段だったら尻尾を振って

私に駆け寄ってくるところ

頑としてその姿勢を崩さずに

必死にこっちを

無視してきている、という・・・

 

その背後で少し片付け物をしても

耳を微かに動かすだけで

「えー、私、アナタの事に

気が付いていませんからー!」

という態度を固持するその維持に

私も少しほだされて

ここはこっちから折れて出るか、と

「アーシー、君もさあ」

と話しかけたところ、アーシー、

その声をきっかけに

すっくと立ち上がると

無言のまま憤然と台所へ直進。

 

・・・あー・・・、腹を立てると

こういう態度を取る人っているよね・・・!

 

しかし残念、台所には

アーシーが時間を潰せるような

おもちゃや道具は何もなく、

仕方ないのでアーシー、

しばらくすると口をクチャクチャ言わせて

(つまり何かを『噛んでいる』フリをして)

顎を上げ挑戦的な態度で再登場。

 

お前は昭和の時代の不良娘か。

 

反抗期の娘さんを持つ

全国のお母様たち、お疲れ様です!

という気持ちになっている私です。

 

 

ちなみにね、口の中には

何も入っていませんでしたよ、勿論

 

でもそんなことされちゃうと

こっちとしては犬の口の中を一度

覗かざるを得ないでしょ?当然

 

で、犬は口をこじ開けられながら

「バッカじゃなーい、何も

入っていないのにバッカじゃなーい」

みたいな目つきで

こっちを眺めて楽しめる、という・・・

 

本当に13歳くらいの

愚かな人間の娘を

育てているような

気持になってきましたよ

 

・・・でも私はこの娘が好きだ、うん

 

Norizoさんはやはり醜女の深情け

の1クリックを

人気ブログランキングへ

 

ヘッドカラーの装着を

かたくなに拒否する

我が家の盲導犬

候補生アーシー(仮名)。

 

で、色々ございまして、

指導員と相談の上、

これからしばらくは

ヘッドカラーなしで

歩行訓練をすることになりました。

 

 

 

 

・・・弱音を吐いていいですか?

 

ヘッドカラーの軛(きびき)から

放たれた(つまりヘッドカラーなしで

歩行訓練に出かけた)アーシー、

明らかに以前より

『引き』が強くなっています・・・!

 

しかしここで

人間側が負けてはいけない。

 

術後の痛みのコントロールと同じことで

『引き』は小さいうちから対処、

つまりこれくらい

リードを引っ張られても

まあ特に気にならないかな、みたいな

軽い引っ張りであっても

その微かな引きを左手に感じた瞬間

「ノー!」と鋭く言って

犬を左足の横に引き戻し、

つまりあれです、訓練内容的に

ふりだしのふりだしに戻る、みたいな・・・

 

そんなわけでヘッドカラーの

装着を中止して以来の私は

歩行訓練において

相当厳しいのであります。

 

45分間の訓練を終えると

精も根も尽き果てた、みたいな

気持ちになっていることが多く、

見るに見かねたわが夫(英国人)が

私がへたり込んでいる間に

犬の遊び相手を

務めてくれたりしているんですけど、

結果、アーシーったら

すっかりパパっ娘に。

 

 

 

 

ソファや食卓に我々が腰を下ろす時

これまでは私と夫の中間地点に

座り込んで満足していたアーシー嬢、

ここ数日間は

明らかに『夫寄り』の位置に

蹲ることが増えておりまして

「親の心子知らずとはこのことだ。

こっちは左手にマメを作って

顔で笑って心で泣いて日々の指導に

あたっているというのに、何だこれは」

 

「絵にかいたような

『お父さん子(ダディズ・ガール、

Daddy's Girl)』ですね」

 

 

いい感じに煮詰まっている

私と犬でございます。

 

 

『ヘッドカラーなしで歩行を』という

決定をもう少し早めに

出してほしかった気持ちも

素直なところ

私の心にはあるんですけど、

でも本当、こういうのは

訓練士さん(つまり協会側)も

判断に迷うところなんだろうな、

ということもよくわかりまして

 

なお結局『ヘッドカラー、なし』の

最終決定に至った要因というのは

「アーシーが何があっても

ヘッドカラーを装着させなくなった」

という身も蓋もない現実でございます

 

いやーもう、鼻を地面から

梃でも持ち上げなくなっちゃって

 

しばらくは私と夫で

飴を鞭を使い分けるというか

・・・尋問・洗脳手法でよく聞く

拷問係と救済係、みたいな・・・?

 

Norizoさん、なんか発想が

危ない方向に歪んでいますよ

の1クリックを

人気ブログランキングへ

 

我が家の

盲導犬候補生アーシー(仮名)、

私の虎の子スイートピーを

またも嗜虐対象に選定。

 

私も同じ前庭に

いたにもかかわらず、

草むしりのためちょっと犬と花に

背中を向けた隙を突かれて

気がつけば

花鉢(プラスチック製)は

犬の新しい

歯がため兼分銅おもちゃと化し

(噛み締めては振り回して

その感触と重さの

変化を楽しむ、みたいな)

そして花は・・・

 

花は・・・!

 

応急処置を

施す余地さえない有様に・・・!

 

(花自体は噛まれていないのですが

何度も何度も地面に叩きつけられたため

葉っぱも根っこもぐちゃぐちゃに)

 

私はアーシーのことが可愛い、

間違いなくこの犬のことを愛している、

大事だし大切にしたい、が、

今の素直な心の叫びとしては

「この馬鹿犬めが!」みたいな!

 

  /アーハン?\

 

みたいな!

 

ちょっと部屋の隅で丸まってきます。

 

 

メガトロン様も・・・

 

 

 

 

大変だったと思うんだ・・・

の1クリックを

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

皆さんこんにちは、

私は本日ちょっと

落ち込んでおります。

 

我が家の盲導犬

候補生アーシー(仮名)の態度が

近頃とみによろしくないことは

すでにお伝え済みかと思いますが

まあその原因の一つと考えられる

『想像妊娠』には現在

医療的対応がなされておりまして

もう一つの要因であるヘッドカラーは

・・・盲導犬協会が『使いましょう』と

言うのならば私は今後も

このカラーを使い続ける所存で、

しかしホルモン治療には時間がかかり

そしてヘッドカラーに犬が慣れるのも

一朝一夕の話ではなく、結果、

アーシー、荒ぶることこの上なし。

 

 

しかし1日45分間の歩行訓練は

パピーウォーカーの義務でして、

家に残してきた子犬

(注:想像上の存在)を心配し

鼻に巻きつくヘッドカラーに

これ以上ない嫌悪を示すアーシーさん、

歩かない、飛び跳ねる、

飛び出す、引っ張るの波状攻撃。

 

 

 

 

そんな犬と必死に

格闘しておりましたら

通りすがりの女性が

「そんな引っ張り癖のある犬、

連れて歩いちゃ

危ないんじゃありません」

 

「ええ、今、

そこらへんの問題を

矯正中なんです」

 

「ヘッドカラーじゃなく、

もっと違うタイプの

訓練具を使えばいいのに」

 

「この子が私の犬だったら

そういうことも出来るんですが、

私は一介のパピーウォーカーで、

つまりこの子は私の子ではなく

盲導犬協会の子でして、

訓練方法は協会が決めるんです」

 

「でもアナタ、協会の言う通りに

躾なんて絶対してらっしゃらないでしょ」

 

・・・えっ。

 

相手の奥様の顔を見ると

彼女は目に軽蔑の念を

いっぱいに湛えていて、

ああ、なるほど、我が家の

アーシーはすくすく育って

現在体重29キロの見事な大犬、

そりゃ普通に躾をしていたら

『引っ張り癖』の問題なんて

もう数か月前に

解消しているべきお年頃。

 

そうかあ、傍から見ると私は

大事な預かり物の盲導犬候補生を

正しく育成せず駄目にした

劣等パピーウォーカーに見えるのかあ!

 

いやでも奥さん、うちのアーシーは

想像妊娠が始まる前、そして

ヘッドカラーを着けだす前の時点では

それなりにちゃんと歩けていてですね!

 

ただそこからより高みを

目指そうとして現在ドツボに

ハマっちゃっているっていうか!

 

・・・それにしても私、ここまで

直接的に誰かから

悪意っていうか敵意・軽蔑を

ぶつけられたの、久しぶり・・・!

 

なお私が言い訳を口に出す前に

こちらの奥様は肩で風を切って

「正しいことを言ってやったわ!」的

満足感に満ちてその場を立ち去られ、

まああちら様がそれで幸せなら

それはそれでいいことなのかも

しれないんですけど、ああ、でもなあ!

 

以上、私の凹み理由でございました。

 

この話を聞いたわが夫(英国人)は

「でもその人は、君と盲導犬協会が

どれだけ本気でアーシーの育成に

取り組んでいるか

知らないわけですから」

 

「まあそれはそうなんだが、

こういうのは結果がすべてな

ところもあるだろ?」

 

何が辛いって、私、あの奥様が

そういう考えに至った理由が

わからないでもないんですよね。

 

駄目な態度の犬を見かけたら

それは飼い主が悪いって

周囲は思って当然というか。

 

その悪い態度が健康上の理由や

訓練課程における一時的な後退である、

みたいなことには第三者は

なかなか思い至れないというか。

 

かくいう私も月に一度の合同訓練で

時々見かける態度のよろしくない

盲導犬候補生のことを

「ああ、あれはパピーウォーカーが

甘やかし過ぎちゃった結果だな」

とか普通に心の中で思っていましたもの。

 

でも今思えばああいう犬たちは

ちょうど今のアーシーと同じくらいの年頃、

いわゆる『犬の思春期』つまり『反抗期』に

直面していたであろう時期であった!

 

つまり本日の経験から私が学ぶべきは

人のふり見てわがふり直せの精神!

 

でもこういうのって対象が犬だけではなく

子供とか他の事でも起こり得る事態ですよね。

 

お子さんが音に対して過敏過ぎて

普通に外出すると音に負けて

動けなくなってしまうので

防音用イヤーマフをつけて外出して

レストランか何かに入ったら

それを音楽鑑賞用のヘッドフォンと

勘違いした善意の人々から

「出先で音楽ばかり聞かせてどうする、

レストランでは会話することを

子供のうちから学ばせないと駄目だ、

出来ないならレストランに

連れてきちゃ駄目だ」と説教された、とか。

 

 

 

 

ショッピングモールの通路で

泣き叫ぶ子供を大人が叱るのではなく

優しくなだめるのを見て周囲は

「そういう時ガツンといかないから

子供がそんな態度を取り続けるんだ」

とかブツブツ言っていたけれど、

実はその子は数か月前に

火災で家と家族を亡くしていて、

その時その喪失感が

フラッシュバックしていた、とか。

 

人は瞬間的には物事の

表層しか見ることが出来ない。

 

気を付けていきたい

ものでございます。

 

まあでもそんなわけで

本日私は割と暗い海の底に

沈みこんでいる気分です。

 

ぶくぶく。

 

 

お帰りの前に1クリック

いただけますと

私もクラゲのように

水面を目指せるような、ええ

人気ブログランキングへ