時差から

回復してまいりました。

 

日中の眠気が取れ

・・・食べたら食べただけ

体が大きくなるようになり・・・

 

車椅子は押してないとはいえ

スコットランドに戻ってからも

毎日犬の散歩と庭掃除は

欠かしていないと思うんですが

まあともかく体が

時差に負けていた時は

私は食べても

重くはならなかったんです。

 

理屈はよく

わからないんですけど。

 

それをいいことに

午前のおやつにちょくちょく

某日清のカップヌードル

(販売地域:英国)を

食べていたのは私です。

 

 

年末にこちらの

某大手スーパーの棚で

これを発見した時の

私の驚きと喜びを

皆様にもお伝えしたい。

 

私は実はそんなに普段

カップ麺を食べる人間では

ないんでございますが

今後もこの日清のパッケージを

一般スーパーで目にしたく

(在留邦人の微妙な心理)

草の根購買促進運動として

定価で複数個を購入したのです。

 

年明けの一時帰国終了後、

いい感じに里心が付いた今!

 

満を持していただきました!

 

・・・味は基本的に

日本のカップヌードル

(シーフード味)と

同じだとは思うんですが

・・・私の気のせいでしょうか、

これ、かやくに

シイタケが入っていません?

 

かなり存在を主張していません?

 

尾形さんとか宇佐美さんは

食べられない気がする・・・

 

 

 

 

 

(この二人は椎茸嫌い)

 

 

日本のカップヌードル

シーフードにもシイタケって

入っていましたっけ・・・?

 

 

 

 

まあ味は文句なく

ザ・ニッシン・

カップヌードルで

美味しいんですけど、

でも私はカップヌードルを

食べるたびに思うんですが

・・・これ、大人は

1個じゃ満腹しませんよね?

 

今回はおやつとして食べたから

「あと2時間後に昼ごはん」と

自分を納得というか

我慢させることが出来ましたが

これを『一食』として数えるのは

私には難しい・・・

 

そうだ、だから私は

普段カップヌードルを

あんまり食べなかったんだ・・・

 

ちなみにこちらの

カップヌードルは

容量75グラム、

裏面のカロリー表示が

『100グラム当たり

90キロカロリー』と

なっていて一瞬

「え、何それすごく

低カロリー、ほとんど

ゼロカロリーじゃない?」

と思ってしまったんですが

このカロリー表示の

『100グラム』は

『お湯を入れた後の

100グラム』の話だそうで

・・・ここは素直に

カップヌードル

1個当たりのカロリー数を

載せておいたほうが

よくないですかね・・・?

 

指示通りにお湯を入れると

総量350グラムになるそうです。

 

なお原材料一覧には

『シイタケ』の文字はなし。

 

・・・望郷の念がもたらした

私の幻味だったのでしょうか?

 

どなたか確認してください。

 

 

というわけで

英国滞在組の皆様、

日清のカップヌードル、

英国スーパー最大手

『テスコ』で

現在購入可能ですよ!

 

(調べたら『ASDA』や

モリソンズ』でも

買えるみたい!)

 

ちゃんとバリエーションもあって

『チキン照り焼き』味とかも

仲良く一緒に売られています!

 

・・・チキン照り焼き味?

の1クリックを


ヨーロッパランキング

時差ボケ解消には運動だ!

・・・とこれは

脳筋思考ですかね?

 

(脳筋:脳みそ筋肉の略)

 

ともあれ数週間の間

不義理をしてしまった

わが愛犬アーシー

(黄色大犬)との

関係再構築のためにも

スコットランドに

戻って以来せっせと散歩に

出ている私なんですが。

 

今回の日本への一時帰国中

私は毎日毎日飽きもせず

母(イメージ武将:豊臣秀吉)の

車椅子を押して

2時間3時間と外を

歩き回っていたじゃないですか。

 

ですから犬との外歩きなんて

車椅子を押さなくて済む分

楽勝、くらいに

考えていたんですが。

 

膝が・・・

 

驚くほど疲れてしまって・・・!

 

  /アンタ衰えた・・・?\

 

東京で車椅子を押して

ウロウロしていた時と

明らかに違う筋肉が

使われている感じなんです。

 

よく考えたら

私とアーシーの散歩道は

起伏が激しいし

基本未舗装、

東京だったら転倒者が

続出するくらいには

凍りついているのが

日常だものなあ・・・

 

しかしやはり膝というのは

歩行運動の起点なんですね。

 

膝以外にも

車椅子を押している時に

集中的に使った筋肉が

突然お役御免になって

驚いているというか。

 

膝と足首と腰と

あと上半身の

首とか肩とか腕とかが

「あの、すみませーん!

自分たちもここにいまーす!」

と叫んでいるような・・・

 

彼らの存在に報いるためにも

庭仕事を再開しました。

 

やはり筋肉は使ってこそ華。

 

とりあえずまずは

落ち葉掃除からでございます。

 

 

・・・ええ、秋の落ち葉が

残っている庭なんです・・・

の1クリックを


ヨーロッパランキング

外観こそ荒れ果てている

我が家ではございますが

内観はまあそれなりというか

(タバコ臭は気になりますが)

今回は私が日本に帰っている間

夫(英国人)が掃除を

かなり頑張った様子なんですよ。

 

私の帰宅日の前日・

前々日に集中的に

頑張った説もあるんですが。

 

台所などもかなりきれいで。

 

ただ・・・

 

作業台の片隅をふと見ると

こんなものが

存在を主張していて・・・

 

 

「ちょっと待て、これは何だ」

 

「バナナですよ」

 

 

 

 

「バナナというかもう

これはほとんど

『元バナナ』じゃないか?

こうなる前に食べておけよ」

 

「でもそれ、君のバナナですよ」

 

・・・つまりこの

かつてのバナナは

私が日本にいる間に

夫が購入したものではなく

12月中旬、下手すれば上旬、

私がコロナに感染する前に

スーパーで買ったものという・・・

 

「2か月物の

ビンテージじゃないか!」

 

「物価高の昨今ですけどね、

それは流石に捨てても

どこからも文句は

出ないと思いますよ」

 

うーん、確かによそから

文句は出ないと思いますけど

私は個人的な信条に基づき

ここですっぱりと

別れの道は選べない・・・

 

ちなみにこの元バナナ、

持ち上げたら反対側に

見事にカビも生えていて

「・・・妻ちゃん!英国は今

医療逼迫が深刻化しています、

良き市民としてここは

勇気を持って

ポイするべきです!」

 

まあ食べたんですけど。

 

己の中の良き市民たる心得を

吝嗇傾向が打ち消した感じ?

 

カビはホラ、

皮を剥いたら中までは

浸食しておりませんでしたし。

 

味はですね、まず

食感が非常に

ねっとりしておりまして、

それで肝心の風味は

こう・・・

 

熟成を通り越して

もはやお酒みたいな・・・

 

その一方で甘みは

薄くなっている、という・・・

 

お腹は特に壊れませんでした。

 

よい大人は

真似をしないでください。

 

 

子供も真似してはいけません

の1クリックを


ヨーロッパランキング

一時帰国から

スコットランドに戻り

久々に見る我が家は・・・

 

荒れておりました・・・!

 

いや英国の田舎基準だと

これもアリではあるんですけど。

 

(英国田園在住者に

膝をついて謝れ)

 

ほら、年末年始、私は

日本は東京の

小奇麗なお宅ばかり

目にしていたので。

 

小奇麗っていうか

東京の戸建てって

まずこう・・・

 

こざっぱり

しておりますでしょ?

 

そこと比較するに

我が家はなんか

おどろおどろしいというか・・・

 

具体的には白壁が黒ずみ

黒い屋根に苔が

積もっているところとか・・・

 

納屋が見事に

半壊しているところとか・・・

 

私道の柵の一部が完全に

腐れ落ちているところとか・・・

 

なお私の不在の間に

このスコットランドの

自宅の屋根が

落ちるのではないかという

不安が東京滞在中の

私の胸には

常にあったのですが

(何が怖いって

この不安に根拠がない

わけじゃない点ですよ)、

皆様安心してください、

屋根は落ちてはいませんでした!

 

代わりに外壁がちょっと

崩壊していましたけどね!

 

仕方ないんです、

形あるものが崩れるのは

世の必然、世界の

壁という壁はいつか

落ちるために存在するのです!

 

(可哀そうにNorizoさんは

ちょっと危ない境地の

悟りに入っている)

 

あと・・・あとですね、

我が家ってこんなに・・・

 

煙草臭かったですっけ?

 

この家は前の所有者が

ヘビースモカーを超えた

チェーンスモーカーで、

我々が引っ越してきた当初の

第一の緊急対応事案は

家に沁みついた煙草の

ニオイ落としだったのですが

・・・あの頃何度も壁や

天井を洗い、ペンキを塗り替え、

このたびはとうとう

カーペットの張替えも完了し

拙宅を訪れる知人友人も

「もう煙草臭くはないよ」

って言ってくれていたから

油断していたんですけど

・・・やっぱり臭うよ!

 

この家は!

 

それに庭もですね(以下略)。

 

時差ボケを言い訳に

しばらく現実逃避したい

今日この頃の私です。

 

 

 

正直もうどこから

手を付けていいのかわからない

 

・・・近年まれに見る

言葉のかけようがない

オチですみません

 

今時山賊だって

もう少し見た目のいい

おうちに住んでいると思う

 

・・・言葉もありません

の1クリックを


ヨーロッパランキング

雨模様の

スコットランドから

こんにちは。

 

東京の青空が

恋しいとか懐かしいとか

そんな野暮なことは

申しませんが

湿度90パーセント超え

余裕のこの地において

何故私の顔面は

東京にいた頃より

乾いているので

ございましょうか。

 

そして肌身は乾くのに

洗濯物は

室内干し一択という

この矛盾というか

悲哀というか

・・・だって!

 

外は!

 

雨なんです!

 

「おかしい、おかしいよ。

東京でだってここまでは

私は干上がらなかった。

東京は年明け連続で

湿度20パーセント台とか

笑えない数字を

叩きだしていたのに」

 

かさつく頬と眼を

気遣いながら嘆いていたら

夫(英国人)が

さも当然という顔で

「それは屋外湿度の話でしょ?

君のご実家は冬に

加湿器を入れていますよね?

スコットランドの我が家は

そういうのがありませんから。

むしろ寒さと湿気対策で

目指せストーブ最大出力ですから」

 

ああ・・・

 

確かにねえ・・・

 

さっき室内湿度計を見たら

我が家の居間の湿度は

40パーセントでした。

 

 

 

 

・・・それは洗濯ものも

家の中で干されながらも

よく乾いてくれるはずだ!

 

時差ボケはまだ続いています。

 

 

 

つまり気を抜くと眠い

 

冬の眠気が

好きなあなたも

つらいアナタも

お帰りの前に1クリックを


ヨーロッパランキング