英語版漫画

『風の谷のナウシカ』を

読んでいた夫(英国人)が

ページを閉じるなり笑顔で

「クシャナ姫が目覚めました!」

 

 

 

 

・・・ほら、私がうっかり

「クシャナ姫はお可哀そう」とか

言っちゃったものだから

夫は殿下の身に

何かが起きるのではと

ずっと心配していたらしく。

 

まあその後実際に何かは起きて

そこから姫の

ご起床場面になるわけですが

「あの姫君は低血圧とは

ご無縁の素晴らしい

寝覚めの良さをお持ちだろう」

 

「・・・本当に強い姫君ですよね」

 

さてそんな強い姫君に

作中で求婚した

土鬼(ドルク)皇兄

ナムリス君ですが

あの人冷静に考えて

お年頃は若く見積もって

103歳とかそこらへんですよね?

 

・・・こういうのも

年の差婚って

呼んでいいんでしょうか?

 

ところでナムリス皇兄の

お名前の英語綴りは

『Namulith』で

・・・名前に『th』が

つくなんて生意気だ!

 

わが夫はそんなナムリス君が

巨神兵の光で細切れにされつつ

「Hee Hee すげえ・・・!」って

笑っている場面が非常に

印象に残っているそうです。

 

私はその後のナムリス皇兄の

ご婚約者であるクシャナ殿下が

仮にも未来の花婿殿の

襟首というか喉首を掴んで

粗雑に相手を取り扱う場面が

好きであったりいたします。

 

話変わって英語版では

王蟲の三人称が

『He』だったり

『She』だったりするんですよ。

 

私はこれが意外で・・・

 

なんとなく自分の中で

王蟲は無性だろう、みたいな

意識があったようで。

 

でもそうか、子供の王蟲が

存在するんだから・・・

 

で、物語中盤で

ナウシカが『見覚えがある』とする

大きな王蟲、私はあの王蟲は

性別をあえて与えるなら

雄だと思っていたんですけど

この王蟲は『She』だそうです。

 

いや本当に意外なんですけど。

 

で、それと逆なのが

ケチャさんが身の回りの

お世話をしていた『僧正さま』、

私はあの人をどうやら

『尼さん』、つまり

女性と認識していたようで

英語版で改めて『He』と

言われると驚いた、みたいな。

 

あと私が自分で自分に

驚いたのが・・・私、この漫画の

日本語版のセリフを

かなり暗記しているみたいで・・・

 

だから時々悪気なく

誤訳に気づいちゃうというか・・・

 

クシャナ殿下の最後のセリフ

「私は王にはならぬ、

すでに新しい王を持っている」が

英語版だと『待っている

(I already await a new king)』に

なっている気がするんですが

・・・これはいいの?これで。

 

他にはたとえばナウシカの

「私行きます、チククをよろしく

(チククの面倒を見てください)」が

「私はチククの面倒を

見に行きます(I am going 

totake care of Chikuku.)」に

なっているとか。

 

校正で何故これが

見落とされてしまったのだろう・・・

 

きっと校正者のオタク度が

足りなかったのだな・・・

 

でも英語版、面白いです。

 

おすすめです。

 

 

クシャナさんのほうは

日本語版を読んでいない

英語版読者はそのまま流せても

(『誰を待っているんだろう』

みたいに、でも新しい王を

『すでに持っている』と

『すでに待っている』は

実はかなり意味が異なるような)

チククのほうは真面目な読者は

「えっそう言って何故

チククを置いて

飛んで行っちゃうの?」と

思ってしまう可能性アリなので

直したほうがいいような気が

 

私の前に結構な数の人が

同じ点に気づいたと思うのですが

・・・これ、誰に『要訂正』の

連絡を入れるべきなんですかね

 

なおわが夫は真面目な顔で

「映画ではあの大きな蟲の名前は

『王蟲(オーム)』でしたが

漫画では『オムリ』なんですね」

 

・・・フォントの関係でね、

『OHMU』の『U』が

『LI』に見えちゃって

いたっていうね・・・

 

お帰りの前に1クリックを


ヨーロッパランキング

日本が世界に誇る名著

宮崎駿『風の谷のナウシカ』漫画版を

未読の方にはネタバレに

なってしまうかもしれないのですが・・・

 

 

 

 

いやネタバレってことはないか・・・

 

いやいやバレちゃうか?

 

ともかく現在『ナウシカ』を

漫画版で読んでいらっしゃる方は

本日ここで回れ右か

読み終わってからご再訪ください。

 

さて、漫画版『ナウシカ』の中で

トルメキアのクシャナ殿下が

出征前に実母の元を

訪れる場面がありまして、

そこを読み終わると読者は

もう以前とは同じ目で

殿下のことを眺められない心境に

なるのでございますが、

ふと気が付くと先日

わが夫(英国人)が

ちょうどそのページを

開いているところでして。

 

(夫は現在英語版で

漫画『ナウシカ』を

読んでいるところ)

 

 

 

 

で、その時のわが背の君の

表情がもう『僕は今、悲劇を

目の当たりにしています』的な・・・

 

これはしばらく放っておこう、と

夫のことはそのままにして

別のことをやっていたら

本を閉じた夫がやって来て

「あの粘菌、怖いですねえ」

 

「ああ、あの爆発的に増えるやつな」

 

「飛行船を下から狙っていた場面は

読んでいて本当にぞくっとしました」

 

そしてしばらく宮崎駿の

想像力と造形力について

語り合ったところで

(飛行船にせよ蟲にせよ

世の中に実際には存在しない

デザインであるのに

読者はそれを見ると本能的に

『あ、こういう乗り物・生き物は

動くとしたらこういう動きを

するだろうな』と納得してしまう

この圧倒的な説得力よ、みたいな)

「ところでクシャナ殿下は

お可哀そうだろう」

 

「・・・えっ?」

 

「えっ?粘菌登場のところまで

読んでいるんだし

さっき該当ページを開いていたし

君は当然クシャナさんの

あの場面も読んだろう?」

 

「・・・待ってください、

クシャナ姫が可哀そう?

彼女まさか

死んじゃうんですかっ?」

 

わが夫はいい具合に

登場人物に感情移入しながら

『ナウシカ』を

読み進めている模様です。

 

クロトワ参謀についての

わが夫の人物評は

「あの子は『悪い子

(バッドボーイ)』ですね」

 

「でも君、ああいう奴、好きだろ」

 

「クロトワ君は憎めないでしょ」

 

しかし夫と晴れて

『風の谷のナウシカ』について

語り合える日が来るとは・・・

 

ありがとう英語版!

 

装丁も本当に美しくていいぞ!

 

クリスマスのプレゼントに

強く推したい一冊(英語版だと

豪華装丁で2冊一組)です。

 

 

洋書というのは読むのに

勇気がいるものでございますが

(え?いりますよね?え?)

『ナウシカ』はね、たぶん

原作を日本語で読んだ方は

ある程度勘というか記憶を頼りに

読み進めて行けると思うんですよね

 

で、これは外国語で読書をした

経験のある方は皆様

同意してくださるかと思うんですが

ああいう異国語で書かれた本も

結局は日本語で書かれた本と同じで

ある程度読み進めると

あらびっくりそれなりに

『読めるようになる』んですよ

 

要はその『ある程度』に達するまで

ページを繰り続けられるか、なんですが

その点『ナウシカ』は宮崎駿の

驚異の作画力で先に先にと

進んで行くことが出来る!

 

・・・たぶん

 

こればっかりは本との

相性もありますし

断言はできないんですよねー

 

最後の最後にいきなり

突き放すのは止めてください

の1クリックを


ヨーロッパランキング

人生で初めて読む『漫画本』が

宮崎駿著『風の谷の

ナウシカ』英語版であった

わが夫(英国人)の困惑ぶり

(コマを追う順序が

ピンとこないらしい)を見て

漫画大国出身である私としては

そこに早期教育の

重要性を見出したわけです。

 

あ、適当なこと

言っているだけです。

 

まあそういう意義も含め

(意訳『それを言い訳とし』)

私は去年のクリスマスに

某甥っ子(英国人)に英語版

『ポケットモンスターSpecial』を

実験的にプレゼントしてみたのです。

 

 

 

 

前回降誕祭は

コロナ禍まっただ中だったので

プレゼントを手渡しすることは出来ず、

包みを開けた時の

甥っ子の反応などは

知る由もなかったのですが、

その後甥っ子の周囲の人から

言われたのは

「あの子、本の内容より何より

『本を右から読むこと』に

ものすごく興奮していたよ」

 

そう、英語版漫画『ポケモン』も

英語版漫画『ナウシカ』と同じく

ページを左右反転させることなしに

セリフだけ縦書きの物を

横書きに直しているデザインで、

これが甥っ子には非常に

面白いことだったらしいです。

 

でもそうか、あの本の

『面白い点』は

甥っ子にとってそこであったか、

なるほどなるほど、と

納得しておりましたら

その後甥っ子の親御さん

(わが義妹)から

「あの・・・うちの子、あの本を

なんか何度も何度も読み返して

ほとんど手から離さないんだけど

あれって大丈夫なの・・・?」

 

大丈夫大丈夫、

むしろそれは『漫画』と

正しい接触を果たした証!と

私は心の底から思うのですが、

どうでしょう。

 

そういえばこの間義妹家族が

我が家に遊びに来た時も

甥っ子の大事な『おもちゃバッグ』の

一番上には『ポケットモンスター

Special』が入っていました。

 

貸してもらって読んだんですけど

子供向けということもあって

英訳セリフがとてもわかりやすく

・・・全国の保護者の皆さん!

 

これ、お子様の英語教材として

割と使える予感がしますよ!

 

(Norizosさんは本気で

日本の若年層の英語教育を

後押ししようとしているのではなく

あくまでそれをきっかけに

漫画文化を社会に

浸透させていこうという腹)

 

(まあでも日本ではすでに

そこらへん完全に

浸透済みですかね?)

 

あとやはり子供向け漫画は

コマ割りがわかりやすいので

漫画初心者には

入門書として最適!

 

今後も年頃のお子様には

こちらで漫画『ポケットモンスター

Special』(英語版)を

配って歩こうと決意している

謎の漫画おばさん

それが私なのでございます。

 

 

ちなみに漫画『ポケモン』

・・・滅茶苦茶良作ですよ、これ

 

子供向けではあるんですが

それを理由に

一切手抜きをしていない感じ

 

私は本や舞台の感想を述べる時に

『ウェルメイド』って言葉はあまり

使いたくないほうなんですが

これはまさにウェルメイド

 

構成がいいから出来も

よくなって当たり前、みたいな

 

そりゃ世界中でベストセラーですよ

 

あくまで子供向けではあるので

いい年をした大人が

興奮のあまり震えが

止まらず!まではなかなか

いかないかとは思うんですが

この良書を世に出してくれた

作家・編集・出版社よありがとう、

という気持ちにはなる、きっと

 

なお義妹は夏くらいまで

「うちの息子は最近

ポケモンにばかり熱中して」と

少し恨み節を口にしていたものの

最近はそこらへん吹っ切れたのか

「クリスマスには何か

ポケモン関係のプレゼントを

私からも用意しようと思って」

 

・・・あれ?

 

私、英国に新たな

ポケモントレーナーを

生み出しちゃった?

 

ポケモンの面白さを

すでにご存じのアナタも

まだ手は出していないあなたも

お帰りの前に1クリックを


ヨーロッパランキング

さて12月ということで

英国の皆様には

クリスマスの贈り物準備に

忙しい日々がやってまいりました。

 

まあ今年は物流が

色々厳しいという話なので

多くの方はすでに

プレゼント手配を

済ませたかとは思いますが。

 

かくいう私もある程度は

物品注文を完了済みなのですが

・・・思った以上に商品到着に

時間がかかっております、が、

これ、私の記憶が確かならば

去年もこんな感じだったような・・・?

 

あの時は合言葉が

「仕方ない、コロナだから」

だったんですよね。

 

ともあれ私は去年

わが夫(英国人)に漫画

『風の谷のナウシカ』英語版を

クリスマスプレゼントとして

贈りまして。

 

 

 

夫(映画は視聴済)は喜びました、

喜んでくれました、

本を本棚の特等席

(目の高さに入るところ)に

入れてくれました、が、しかし

・・・どうもページを

開いている素振りがなく・・・

 

何だよ!

 

図書購入前に私は君に

「これ、読んでみたいか」って

ちゃんと確認したぞ!

 

その時君は

「すごく面白そうです」って

言ったじゃないか!

 

でもこういうのは周囲が

「早く読め」とか

言っちゃうと興ざめなので・・・

 

本は読む時期というのが

それぞれあるものだから・・・!

 

(読書好きならわかる

この心情の機微)

 

そして月日は流れてこの年末。

 

夫は突然『風の谷のナウシカ』を

手に持って居間に登場。

 

しばらくページを繰った後に

「妻ちゃん、一応尋ねますが」

 

「何かね、何でも訊いてくれ」

 

「これって右から読むんですか

それとも左から読むんですか?」

 

・・・そこからか・・・

 

まあ日本語(縦書き)と

英語(横書き)では

勝手も違うしな、と

「右からです」

 

「そうですよね、僕も

そう思っていました、

念のための質問でした」

 

そしてしばらくしてから

今度は夫は本当に困惑した声で

「妻ちゃん、ページの中で

区分け(コマ)が

縦横いくつもある場合、

これはどういう順序で

読めばいいんですか・・・?」

 

そうか、そうだよなあ、

『漫画の読み方』に

慣れていないと

それはわからないよなあ・・・!

 

人生で初めて読む漫画本が

『ナウシカ』は上級過ぎたか・・・?

 

ただ私の指導が良かったのか

わが夫の理解力が優れていたのか

その後わが背の君は案外あっさり

『コマをたどる順番』を理解し

現在『ナウシカ』読書を進めています。

 

最初の30ページほどを

読み終わった夫の感想:

「これ・・・思った以上に

設定が『ダーク』ですね・・・?」

 

なお漫画『ナウシカ』英語版は

かなり忠実に

英訳がなされていて

原語(つまり日本語)

原作派(私)も安心!

 

 

 

 

・・・というか私は思った以上に

原作版のセリフを

暗記していたみたいで

なんなら同時通訳可能状態です。

 

これも一種の

『好きこそものの上手なれ』

でございましょうか。

 

 

ナウシカは映画派なあなたも

漫画派なアナタも

お帰りの前に1クリックを


ヨーロッパランキング

2021年ももう師走。

 

一年の締めくくりに

月の初めは

縁起のいい話で迎えたい。

 

日本では時差でもう

12月2日ですけど!

 

(うちのブログは

いつもこんな感じ)

 

というわけで!

 

我が家の天井に

開いていた例の穴

 

 

・・・ふさがりました!

 

 

正直来年の春くらいまで

この穴はわが頭上に

存在するんだろうな

くらいに構えていたので

これは嬉しい驚きです。

 

ちなみに修繕・修復は

わが夫(英国人)が

ひとりで完了させました。

 

・・・一般住宅の天井に

穴を開けてその奥にある

水道管の水漏れを直して

天井の穴をふさいで

そこにペンキを塗って

元通りにする・・・って

私が出来ないだけで

実は世間では

『ほんの嗜(たしな)み』みたいな

技術だったりするんですか?

 

なんか非常にお気軽な感じで

床に埃避け(ダストシート)を敷いて

足場を組んで

工具片手にごそごそやって

はい出来上がり、

だったんですけど・・・

 

 

「こういう作業は計画と

準備が八割を占めるんです」

とは夫の言葉でございます。

 

私は自分が不器用なので

器用な人のことは

素直に尊敬する癖があるのですが

・・・これはもう『手先が器用』の

域を超えた話のような気も・・・

 

なお我が家の名犬アーシーは

『高所で工事中の人間の足元に

近寄ってはいけない』ということを

誰に教えられるともなく理解していて

夫の作業中は床のほこりよけの

隅っこに待機の姿勢を取っていました。

 

 

月初めなので!

 

こう、縁起のいいことっていうか

願望も含めたナニを

書いているので許してください。

 

だってもう12月なんですもの!

 

 

DIYがお手の物のあなたも

自分は・・・不器用

ですから・・・!なアナタも

お帰りの前に1クリックを


ヨーロッパランキング