我が家の新人子犬アーシー(仮名)は

盲導犬候補生、ということで

育成方法は英国盲導犬協会

The Guide Dogs for Blind Association)が

指示する通りに実践している私です。

 

基本的には普通に子犬を可愛がり

躾けるのと同じ感覚で問題ない様子なのですが

『将来盲導犬になった時に混乱しない』ことを

あらかじめ人間側が配慮しておくことが肝心というか。

 

たとえば私はどうせ犬を飼うならば

朝の露に濡れる草原の中を

犬とともに高笑いしながら駆け抜ける、

みたいなことをしたくてしたくて

たまらなかったのですが

(脳内イメージとしては昭和の時代の

良い子のアニメ風にものすごく

健康的かつ微笑ましい感じなんですけど

 

日本版DVDは品切れなのかしら

こちらは台湾版ですって:

 

 

実際にそういうことを私がして

写真を撮られたらタイトルは

『狂人と犬』みたいになるだろうな、と)

 

 

 

 

というか私が『犬と一緒にすること』で

一番好きなのは『一緒に走ること』と言っても

過言ではないくらいだったのですが、

盲導犬協会の担当者いわく

我々の犬とは一緒に走らないでください」

 

 

犬が単独で、あるいは他の犬と

そこらを走り回るのは問題ない、が、

リードをつけた状態で犬と人が一緒に走る、

それは駄目なのだそうでございます。

 

つまり将来盲導犬になった時に犬が

その『オーナー』と道を歩いている時に

「・・・今日は何か気分がいいから

ちょっと走ってみようかな?」とか突然

思いついてしまっては危険だから、という。

 

「人と一緒に走ってもいい」と思っている犬の

思考を「走っちゃ駄目」に矯正するよりも

「人と一緒に走るとか思いもつかない」状態に

最初から犬を育て上げていこう、という。

 

あと私が驚いたのは盲導犬候補の犬とは

ボールを使って遊ぶのも駄目なんですって。

 

 

 

 

ボールをおもちゃとして

認識させたくないんですって。

 

「盲導犬として道を歩いている時に

目の前をボールが横切って、その瞬間に

犬が『おもちゃだ!』となって

集中が途切れるリスクをなくしたいんです」

 

なるほど。

 

「ただそれ、道を歩いていてそんなに

ボールがそこらに転がっているものですかね」

 

「・・・転がっていますよ、Norizoさん。

今もなおこの国のいたるところで

子供たちはボールを使って遊んでいます」

 

 

 

 

さすがフットボール・カントリー

 

さてしかしこういうことを聞くと

盲導犬候補生の子犬は

ずいぶん制限を受けた不憫な生活を

送っているように感じられるかもしれませんが、

安心してください、世の中ボール以外にも

犬の興味を引くおもちゃは

たくさん存在している模様です。

 

逆に『普通の犬ならせんでもいいけど

将来盲導犬になることを考えて』

犬にさせなくてはいけないこともあり、

そのひとつが『街中での散歩』。

 

私はね、犬の散歩は家の周囲、

川辺とか森の中とか公園の遊歩道とか

そういうところでやればいい、と

最初のうちは思っていたんですよ。

 

我が家は田舎にあるでしょう?

 

都会からわざわざ車でここらへんまできて

愛犬に散歩をさせている人とか

週末なんか実際たくさんいるんですよ!

 

犬にとっては理想的な

環境かと思っていたんですよ!

 

「・・・まあ理想的は理想的ですけど、

時にはここら辺で散歩を

してくれても問題ないんですけど、

そうですね、週に5回は街に出て、

歩道のあるところを犬と歩いてください」

 

「歩道のある所?」

 

「そうです。『人と歩くときは歩道を歩く』という

基本を早いうちから犬に教えたいんです。

ここらへん、歩道がないでしょう?」

 

「・・・そうですね、田舎ですから・・・

車道も車線が区切られていませんし・・・」

 

「週に5回、街中を歩いて、歩道と車に慣らして、

スーパーなどにも犬を連れて入って、

あ、あと、カフェでお茶を飲んだりもしてください」

 

はあっ?カフェで?お茶?」

 

「そうです。人間が『他のことをしている』時に

その足元で静かにしていること、を

犬に経験させたいんです。Norizoさんは

どんなカフェによく行かれますか?」

 

どんなカフェもこんなカフェも

そもそもカフェなんて場所には

滅多に行かない生活ですよ・・・

 

『ひきこもり』の自称は伊達じゃないんでごんす。

 

 

 

そんなわけで犬が登場して以来

わが生活において何が変わったって

私のライフスタイル

劇的に変わったのでございます。

 

そりゃ私も疲れます

 

しかしこれは

嬉しい疲労なのでございます。

 

 

街中に出るためには当然

車に犬を乗せなくてはならない

 

犬が車酔いしちゃったらどうしよう、と

気をもんでいた私でありますが

アーシーはドライブが好きというか上手で

第一回目から車内で静かに腹這いになって

居眠りをしてくれる優等生でした

 

現在はケージを車の荷物入れに収納して

そこに『犬の場所』にしていて、

犬がもう少し大きくなったら

ケージなしで移動するようになるとのこと

(『安全柵』のようなものは当然設置する)

 

盲導犬は多くの場合『助手席で

人間の脚の間に座る』ものらしいので

その座り方も時々練習すべし、とのこと

 

おかげさまで現在わが愛車は

犬の毛とカオリに満ち溢れています

 

走行距離はチマチマ増えちゃうし

毎日の外出は億劫だし

もう面倒でたまりませんよ

 

・・・Norizoさん、にやけていますよ

の1クリックを

人気ブログランキングへ

 

 

紹介します

テーマ:

2晩続けてよく寝たら

なんとか気力が回復しました。

 

そんなわけで紹介します。

 

この夏我が家に登場したこちらの犬。

 

 

性別は雌、年頃は生後12週、

父犬がゴールデン・レトリバーで

母犬がラブラドール・レトリバー、

名前はアーシー(仮名)。

 

この子は将来盲導犬になる予定の子犬で、

私は『パピー・ウォーカー』として約1年間

この子と生活を共にすることになっています。

 

私が『パピー・ウォーカー』になる

選択をした理由はいくつかあるのですが、

うん安心して、もうすっかり後悔している。

 

いや、この子と暮らしていることに

後悔は全くないのです、そこは本音で本当に。

 

大変ですけど!

 

衝撃的なまでに私のお気楽

ひきこもり生活は変化を遂げましたけど!

 

後悔っていうのはですね・・・その、ほら、

1年後に絶対に私はこの子に

お別れを言わなくちゃならない、という・・・

 

(この子は1年間いわゆる『家庭生活』を

我が家で体験した後に

満を持して訓練学校に入るのです)

 

気をつけてはいたんですよ、

あんまりこの子を

愛しすぎないように、というその点は。

 

でもほら、私は『醜女の深情け』を

体現したような人間でございましょう?

 

 

 

 

(言い換えると所有欲が強い

 

ところがね・・・

 

言い聞かせてはいたんですけどね・・・

 

馬鹿馬鹿馬鹿!自分の馬鹿!

 

・・・でもパピー・ウォーカーにならなかったら

この子、アーシーには私は

こうして出会えなかったわけだしなあ・・・

 

アーシーが我が家に来るのが決まる前、

盲導犬協会

The Guide Dogs for Blind Association

の係の人が

「犬の性別などに希望はありますか」

と訊ねてきて、でもそこはマナーとして

「いえいえ、そんな特には」とか

答えてしまうのが和をもって

尊しとなす極東の国出身者の建前

 

本音の部分では私には希望がありました、

性別はなるべくなら雄でえ~、

毛色はちょっと黒っぽくてえ~、

毛足もちょっと長い方がいいかなあ~、みたいな。

 

犬のことになるとちょっと

馬鹿っぽくなる人間ですみません。

 

それが結局数日後にいただいた連絡で

『我が家に来る子犬』として知らされた情報が

「えー、性別は雌です」

「あら、女の子ですか」

「毛色は黄色です」

「おや、暖色ですか」

「毛足は短毛です」

「まあ、毛が短いんですか」

「・・・その子でいいですか?」

「あ、ええ、もちろん。名前は?」

「名前はアーシー(仮名)です」

 

そうか、やって来る子は雄ではなく

黒毛でもなく、ましてや長毛でもなく

雌で黄色で短毛か・・・

 

名前はアーシー・・・

 

ふうん・・・

 

次の瞬間、私は何故かもう心の底から素直に

「その子に決まって嬉しいです。

私は会う前からその子が好きです」

 

その言葉に嘘はなく、

私は出会う前からこの犬のことが好きで、

出会ってからもこの犬のことが好きで、

たぶん1年後にお別れを言っても

その後もずっとこの犬のことを

愛し続けるのだと思います。

 

今後1年間、わがブログを通して

皆様もどうかアーシーの成長に

お付き合いくださいませ。

 

 

うん、だからつまりね、

皆様もあんまりこの子犬のことを

愛しすぎないほうがいいと思うんですよね

 

ほら、ボブの時のことを思い返すとね・・・

 

こういうのって情が移れば移るだけ

別れの時が辛くなるからさ・・・

 

・・・もう遅いですよねー(悪い笑顔)

 

                /にやり\

 

知っているんだ、今日のこの

非常に写りのいいアーシーの写真で

皆様の心はもうメロメロじゃろ!

 

1年後、ともに嘆こう!

 

この子の旅立ちを、祝意とともに!

 

お前、自分一人で喪失感に

耐えきれる自信がなかったから

もろとも巻き込む作戦に出たろ!

の1クリックを

人気ブログランキングへ

 

眠りは大事だ本当に

テーマ:

人は犬を飼うと健康になる

・・・そんな事を言った奴は誰だあッ!

と思わず天に向かって叫びたいほどに

犬との生活に体力を奪われている

北国のひきこもりとは私のこと。

 

 

犬の世話は基本的に私がすべてやる、

ということで犬との生活を開始した我々でしたが

昨日はとうとう体力の限界が来た上に

気力もなくなってしまったので

夕食が終わるなりわが夫(英国人)に

「すまんが犬の寝支度を頼めないか」

 

「・・・寝支度って何をすればいいんですか」

 

「犬を外に連れ出して膀胱を空にさせて、

室内に戻して全身を撫でながら褒めて、

首輪を取って檻に入れて、最後に

檻の上にタオルをかけておやすみなさい」

 

「それくらいのことは僕もできますけど

またどうしてわざわざそんな依頼を?」

 

「今日あたり自分がちゃんと寝ておかないと

危険領域が近づいている自覚があるんだ。

何も聞かず今日は寝かせてくれたまえ」

 

「・・・わかりました、ついでにゴハンの

後片付けも僕がしておきますよ」

 

ありがとう、夫よ、君は良き伴侶だ。

 

で、翌日。

 

久々にぐっすり長時間寝たにもかかわらず

まだ眠気が少し残っている辺りが怖いな、と

洗顔をしておりましたら夫がやって来て

「一応報告しますけど、犬の世話、

ちゃんとやっておきましたよ」

 

「ありがとう。本当に助かったよ」

 

「犬を寝かしつけた後に寝室に行って

君にその旨報告しようとしたんですけどね。

夜の9時半に熟睡している君の姿、

僕は結婚して初めて見た気がしますよ。

君、相当疲れていたんですね、もしかして」

 

ええ・・・

 

何かしら、犬が来て以来

自分の時間がまったくないわけじゃないんですけど、

やはりどうしても生活が犬第一になってしまって

そのしわ寄せが色々なところに及んで

最終的には睡眠という

根幹までが削られてしまった、みたいな。

 

子犬でこれなんですから

新生児を迎えたご家庭とか

色々本当に大変だと思います。

 

世話をされる側の健康も大事ですけど

世話をする側が不健康になったら

それは共倒れコースでございますからね!

 

皆様どうかお気をつけて。

 

私は今日も早寝の予定です。

 

 

精神力が睡眠不足を凌駕する、は

短期戦ならあり得るかもしれませんけど

長期戦では自滅戦略でございますから

 

いやしかし寝ないと駄目ですね、人間は

 

愛があれば大丈夫何とかなる、にも

限界というものは存在いたしますので

皆様どうかお気をつけて、はい

 

昨日はよく寝たそちらのあなたも

今日は早寝のこちらのあなたも

お帰りの前に1クリックを

人気ブログランキングへ

 

ニオイと愛

テーマ:

犬から漂う犬ニオイを

「もう『悪臭』として感知できない」と

とんでもないことを

告白してきたわが夫(英国人)。

 

それは君、もうかなり危ない領域だぞ!と

とりあえず犬用シャンプーを購入。

 

(詳しくは昨日の記事をお読みください)

 

使用は獣医さんの許可を

得てからのことにするとして

「しかし久々に恐怖に震える思いをしたぜ。

あれを超える衝撃発言はしばらく

耳にできないだろうな、良くも悪くも」

 

そう言った私に

問題発言の主である夫が

「それがねえ、どうも

状況がまた変わったんですよ」

 

「おや、時間を空けたらまた

犬のニオイが気になるようになったか」

 

「うーん・・・あのねえ、

今、犬のニオイがするでしょう?

当初はこれを『嫌なニオイ』と思っていたのが

その後『嫌じゃないニオイ』と思うように

なってしまったのが怖い、という話だったでしょう?」

 

「うむ」

 

「僕ね、その段階を通り過ぎたみたいで・・・

今、僕はこの犬のニオイを嗅ぐと

『好きな物のニオイ』って感じちゃうんです」

 

「・・・は?『好きな物のニオイ』ってそれは

つまり『好きなニオイ』ってことか?」

 

「どうも僕は自分が思っていた以上に

この犬のことを好きになっていたみたいですね。

この犬のニオイを嗅ぐと『僕の好きな犬が

近くにいる』みたいに気分が上向きになるんです。

だから『好きなニオイ』というより・・・これは、

そう、『嬉しいニオイ』みたいな・・・?」

 

 

夫、まずい、それはまずいよ!

 

君の渡ろうとしているその橋は

そんな迂闊に渡っていい橋ではない!

 

後戻りの方法を模索している我々です。

 

 

駄目だ、その橋は多分一方通行だ

の1クリックを

人気ブログランキングへ

 

そんなわけで我が家には

犬がいて、それは犬ですから

犬のようなニオイがするわけです。

 

 

我が家の勝手口のわきに

ケージを置いてそこが彼女の寝場所。

 

そのケージを中心点として半円状に

日々勢力を増していくそのニオイ・・・!

 

「ニオイの壁がありますよね。

目では見えないんだけど鼻で見える壁が。

ああ、本当に犬ってにおいますよね」

 

ぶつぶつ言う夫(英国人)を尻目に

せめてもの対策を、と掃除機をかけると

なんかもう腰が抜けるくらいの毛が

吸い込み口に絡みついて

・・・短毛種でこれってことは

長毛種の犬を室内で飼っているお宅って

本当にお掃除どうなさっているのっ?

 

嫌味とか何でもなく

本気の本気でどうしているのっ?

 

ともあれ犬ニオイは日に日に強さを増し、

犬ニオイを苦手とする夫は

毎日そのことになんのかんの言い。

 

最近は勝手口のある家事室の隣の部屋、

つまり台所の入り口を開けた瞬間に

「あっ犬がいるな」って香りが

鼻をつくようになりまして

「そろそろ犬用シャンプーを

用意した方がいいかなあ」

 

夫のためをも思ってそう言った私に

しかし当の本人である夫が

「別に急がなくてもいいんじゃないですか」

 

「何だ、君は私に犬のニオイ対策を

早いところ取って欲しかったんじゃないのか」

 

「うーん・・・これ、ちょっと怖いこと

告白になるかもしれないんですけど、

聞いてもらえますか」

 

「何?怖い話?大好物だ、聞くよ」

 

 

百物語 (新潮文庫) 百物語 (新潮文庫)
961円
Amazon

 

 

「僕ね、この日ごとに強くなっていく

犬のニオイに本当に

辛い思いをしてきたんですけど」

 

「うん」

 

「今朝の時点から

ニオイが気にならなくなりました

 

「・・・とうとう鼻が詰まっちゃった、ということ?」

 

「いいえ。ニオイはわかるんです。

でもそれを脳が『悪臭』と感知しなくなったんです。

だからもう『嫌なニオイ』じゃないんです、これ」

 

「・・・明日、街で犬用シャンプーを買おう」

 

「いや、だから急いでくれなくても・・・」

 

「駄目だ、明日絶対にシャンプーを買おう!

我々は今、相当に危ない淵に立っているぞ!」

 

ワクチン接種が済み次第

ゴシゴシ犬を洗う予定の私です。

 

 

犬、恐るべし

 

・・・いや、恐るべきは

この場合夫のほうか?

 

犬ニオイがお好きなあなたも

苦手なあなたも

の1クリックを

人気ブログランキングへ