1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年10月13日(金)

衝動買いしちまったよ

テーマ:バリ島ー可愛いもの
今日は、クロボカンにある、いきつけの家具屋さんへ。
お店の机が、オープン目前にして足りないっ!って事に気がつきまして、急遽やってきました。
私たちが頼んだシリーズで、ちょうどいいサイズのが、1個だけ残ってて、ひと安心!
{90C858F3-BD28-4A94-823D-06C356B47097}
 

ここの猫ちゃんが、あまりに可愛い❤️

 
{4A3181D9-7219-4168-9E8E-473D351AC625}
なんて綺麗な猫!ウチは今犬しか飼ってないけど、本当は猫が飼いたくて仕方ないの。
実家にいた頃はずっと猫がいたから、やっぱりあの、ツンデレ風味が恋しくて。
 
猫にひとしきり癒されて、机のフィニッシングをちょっと待つ間に、ご近所さん巡り。
 
近場で家具を見ていたら、こんなお皿屋さんを発見。
{8CE51E4D-214A-475A-BA39-5A1DE34D686E}
アンティーク風?モロッコ風?うさぎモチーフとかはピーターラビット風?
バリの普通のお店じゃ到底見かけないような、いわゆる「KAWAII」絵柄のお皿がずらり!
 
{4C54BD34-F9EA-4300-9AF4-B5D43C488E49}
どれも可愛くてほんと欲しくなっちゃって。
 
{26BA5A7E-7F91-4DA1-B0FA-420A595E6ADB}
エスプレッソカップサイズのやつ。こんなんあったら、ウチの女子たちが喜び勇むやつやん〜〜。
 
{9ED38864-9EE1-4A75-8771-15B9BCEF8643}
ピーコック模様のオリエンタルな、何かを入れるためのもの。
砂糖とか?コーヒーとか?
しかし、ここバリでこんな陶器の入れ物にお砂糖を入れようものなれば、速攻で蟻が来るのだ。
 
{E8131132-2ACC-44CE-A5B9-4585876C1204}
アンティークっぽい棚の中にも、マグカップやらがいっぱい!
 
{EEBB1B99-B014-4C1B-9A04-C94D63DCF1CB}
全く予定してなかったんだけど、どのお皿も大体が500円以下くらい。
そうなると気も大きくなるってもんですよ。
子供達が喜びそうだなぁなんて思っちゃって、思わず衝動買いしちゃったわ。
ラーメンを食べるための丼サイズと、お魚のモチーフが可愛かったやつとか。
ちょっとラブリーな食卓になりそうで、嬉しい!
 
 
久々のクロボカンは収穫盛りだくさんでとっても楽しかった〜!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年10月10日(火)

昼下がりのデンパサール

テーマ:Simplog
投稿写真

昼下がりのデンパサール。

今日はデビの白雪姫のチュールドレスの材料を探しにデンパサールへ。たまに来ると、「あぁ、アジアの片隅って感じだわ」って再認識。

#デンパサール #アジアの片隅


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月17日(日)

キャッサバからプラスチック袋!BIO-CASSAVA BAG

テーマ:ママの独り言

{0475C87E-0BDA-4D55-ADA1-C2BFD17FBF20}

昨日買った、このレモンバームを入れてもらった袋!

下矢印

{001B32DF-D797-440E-B0F6-1B4EF862CF16}

I AM NOT PLASTICって書いてある。

最近、この素材の袋でもらうことが増えたんですよ。

AVANIというデンパサールの会社が作っている、エコビニール袋。

手触りが、スムースで柔らかいから、ちょっと高級感。

キャッサバからできてるんだって。

そういえば、先日行ったPODチョコレートでいただいたのも、この素材だった。

 

今バリ島は、プラスチック袋を使うのやめようキャンペーンやってるし、

スーパーとかも、自分の買い物バッグを持っていくことが多いから、

私はレジ袋をほとんど使わなくなったけど、やっぱりローカルはレジ袋大好きだもんね。

200ルピア(日本円で2円)だし、バッグ持っていくより、ビニール使っちゃえって人がまだ多い。

だからこういう自然に戻る素材で、「使っても自然に優しいビニール袋」を使おうとする流れは、バリの人にも簡単で、参加しやすくて、効果があると思いました。

 

これまで使ってきたものを諦めるんじゃなくて、技術力で便利な生活を手放さずに、自然に優しく変わっていく、それってこれから発展途上国が成長していく時にすごく大事なことだって、思います。

うん、いい流れだなって思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月16日(土)

本の虫目指して

テーマ:子供たちの多言語学習
日本の小学校には、図書館があって、司書の先生がいて、読書週間があったり、とにかく本を読むということがナチュラルに子供の日常に入ってくるのかな。

子供たちが通っているインターはとても小さな学校なので、日本ほどのちゃんとした図書館はないけど、担任の先生がおすすめの本などを教えてくれます。

うちみたいに、自宅に誰も英語を喋るネイティヴがいない家庭の子にとって、読書はボキャブラリーを増やす意味でも、英文の言い回しになれる意味でも、とっても重要。
でも、興味のない本を読めと言ったところで、意味はないと思うので、毎日のreadingの課題はやって欲しいけど、純粋な意味での読書を強要するのは、違うな、と思っていました。
ユキは今の担任の先生に出会って、先生が貸してくれた、The 78-storey treehouse っていう本を凄く気に入って、
「先生に借りた本の続きがあるから、買って欲しい!」と、母感涙のお願いをしてきたわけです。
じゃぁ、借りた本を全部読んで、もっと読みたかったら、買おうね。と約束していて、今朝。
「読み終わったよ!続きを買って!」とのご報告。

というわけで、早速本屋さんへ。今年8月に出版された新しい本みたいなので、バリ島の本屋にあるか心配だったけど、あったあった!
{B002046D-0CAE-43D7-A72F-2F9106731B1B}

読みたかった本を見つけて満足気!

{2AB3B95B-DF1F-4761-9C51-F0A8B1871104}
急いで帰宅して本の虫と化しております。

そういえば私も昔、小学校の先生が大事に本棚にしまっていた、ミヒャエルエンデの「はてしない物語」をこっそり貸してもらって、貪るように読んだことを思い出しました。
エンジと緑の、文字色が変わると世界が変わるいう斬新な本に、時間を忘れて読み続けたのを、今なお鮮明に覚えています。

キッカケはきっと本当に小さな事だけど、本を通じて知る世界の入り口へ立った娘に、良いタイミングで良い本を紹介していけたらと思うのです。
知識を得るだけでなく、様々な人間の感情や知らない世界の生活、とありとあらゆる疑似体験が出来る読書。子にも親にも、オススメです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月16日(土)

土曜日のオーガニックマーケット★オーガニック志向のバリ

テーマ:バリ島ーサヌール情報
毎週日曜日の朝開かれる、カフェバトゥジンバーのサンデーマーケットはとっても有名ですが、昨日は土曜日。バイクで通りすがりに、カフェバトゥジンバーの向かい側に、なにやらマーケット風なテントを発見。
 
{A5E65BB3-36D2-4E88-84DE-131DE534A03B}
Sanur Goes Organicって書いてあるわよ?
ということで、娘たちと一緒に覗いてみました。
 
始まったばかりなのか?あまりお店は出てない感じでしたが、オーガニックの野菜や、果物、ナッツ類、蜂蜜など、健康志向の人にはオススメな感じのお店が出してました。

 

{6F4ABE74-B72C-464F-8BC4-9BCDA4873A1F}
その中で見つけた、これ!13年バリに住んでるけど、初めて見たフルーツ。

 

その名も、「ブア・サルジュ

インドネシア語で、雪の結晶雪の果物雪の結晶という意味です。

{588B2D77-AC88-43E4-816C-3B0536C52977}
お兄さんが、「チョバ(お試し)しなよ?」
って、勧めてくれるので、食べてみました。
皮をむくと、真っ白で、ベルベットみたいな実が入っています。
{6BF84BF1-7EBD-4F8C-8789-216A5D7F1D9C}
 
味は、砂糖みたいな、酸味のない、甘いお砂糖味。
食感は、「綿」アセアセ
美味しくないわけじゃないんだけど、好きではないかな。

でも、長い間バリにいても知らなかったフルーツ。

これはみんなに見せたい!!と思ってひと束だけ買ってみました。

うちのゲストハウスのスタッフに見せても、全員「なにこれ!!!」って知らなかったし、帰宅して旦那に見せても「うわーこれなに?」って知らない様子でした。勝ったぜ!?

 

image

横の方で売っていた、レモンバームの苗も買ってきました。

これはプランターで育てて、お茶とかにしようかな?

良い使い方を知ってる方がいたら是非教えてください。

 

この、オーガニックマーケット、土曜日に毎週やるみたい。
来週も、何か面白い果物とか苗がないか、見に行ってみよう。
{5AD800FC-0D56-4E1F-A003-437196813340}

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月10日(日)

ジャングルの中でチョコレート作り!

テーマ:子供と一緒にやってみよう
小学4年生(日本の学年だと3年生)のユキは、将来ショコラティエになりたいっていう夢があって、家でもよくおかし作りをしています。
そんなショコラティエ希望の彼女が前々から行きたかった、チョコレート工場に見学&体験に行ってきました。

サヌールから車で出発して、約一時間で、こんなジャングルっぽい森の中に到着!

{A288D986-2356-4C8A-9B30-F05EA5881C48}
 

 

ウェルカムドリンク?の冷たいチョコレートドリンクをいただいて、早速見学に行きます。
{D640B103-8C31-49BD-98E5-122CFAB558E0}
上に乗ってる白いのは、ホワイトチョコレート。むせそうになったし(笑)
↑オシャレ飲み物が似合わない我が家族。。。

 

 

{15E031C8-2C22-400A-87D4-1163A48B780F}
スタッフのお姉さんの案内で、まずはチョコレートの木を見せてもらいました。
実がね、直接木からニョキッと生えてる!
花が咲いて、ありさんがその花を食べて、受粉して、実ができてから熟すまで5ヶ月もかかるんだって。

 

 

{2FEBF2B7-6289-4B2B-9D36-4A7710FA5637}
カカオには二種類あって、この二種類をブレンドして作っているんだとか。

 

 

{6277758B-CD1D-480A-8706-FB41E79197D3}
熟した実は、そのまま食べても美味しい。
甘酸っぱくて、ナタデココとマンゴスチンを足して2で割ったような味。
タネはその辺にポーンと放り投げておくと、また木が生えてくるらしく、ポーンって放っておきました。

 

 

{B19B5F3B-02D5-4E15-B39B-3A0D914BDE7E}
収穫したカカオの実は、中の部分だけとって、箱の中で5日間発酵させるそう。
ただ、実を入れておいてあるだけって感じでしたわ。

 

 

{DCEA6F07-767E-44AF-A535-38B779E42A9A}
発酵が終わったら、周りの部分を洗って種だけにして、天日に干すそうです。

 

 

{8DB104AF-1F43-4870-AB8C-DBF6C29DC304}
生の状態だと紫色の種(左側)が、発酵を終えると黒くなるんだって(右)

 

 

{A6906EA1-BDB0-4C64-AC5D-710DD3458AE6}
綺麗な豆だけを選別して、こんな状態になります。これを、機械でローストして、粉砕して、カカオニブにするそうです。
そのあと、挽いて、砂糖やカカオのオイルなど配合したのち、コンチングマシンの過程などを見せてもらいました。もう、見た目はめっちゃチョコ!

 

 
そしてユキが一番見たかった光景、テンパリング
{6F4DFCFF-42C5-469E-8AF2-4D1D2668D889}
壁越しですけど、ジーーーーッと温度が下がるまで見続けました。
だって、ユキが、ずっと本物を見て見たかったテンパリングです。
テレビや漫画で見たことあるけど、ショコラティエの技術が詰まった見せ場ですもんね、それに、
失恋ショコラティエでも、夢色パティシエールでも、イケメンがテンパリングするんですよ(笑)
チョコレートとイケメンは罪!

 

さて、テンパリングを見せてもらったら、チョコレート作り体験です。

{0E1D52BB-BF21-4650-9B8F-E9CBDCB64640}

と言っても型に流し込んで、トッピングをつけるって感じですが、

小学生&幼稚園児の女の子には十分楽しめる内容です。

私も便乗して作ったし。

楽しかったし(笑)

 

 

{9B5B19F9-F2B5-4016-B1AD-306499DF0D71}
出来上がったチョコレートが冷える間は、施設の中でゆっくり。
エレファントライドとかできる会社と一緒になってるみたいで、
ぞうさんもたくさんいるし、サンベアー(ヒグマ?)もいて、動物園気分も楽しめます。

 

 

{57288B25-1D8F-41DF-868B-2D1181B56C83}
作ったチョコレートはお持ち帰り用です。
チョコレートについていろいろ勉強できたし、テンパリングも観れてご満悦だったユキ。
サヌールからササっといけるし、子連れの観光される人にもオススメかなって思いました!
 
↓参考にどうぞ〜。
 

http://podbali.com/tour/pod-origin.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月04日(月)

バリ的、家族の時間

テーマ:バリ島ー日々の風景
日本で家族っていうと、さっと頭に浮かぶのは同じ屋根の下で生活している人々のことを思い浮かべますが、バリの人々は、多分、家族っていう定義がとても広くて、親戚一同も家族って呼んで、近しい関係を保って生活しています。
 
今日は、水曜日のお祭りに向けて、親戚一同の奥様たちが集まって、お供え作りをしています。
 
{D5229272-05BF-4D91-9949-0B0FB7A4CEB7}
朝も早よから(笑)こういう上矢印お供えをひたすらひたすら作ります。
 
{C61386B9-B107-4468-8A9A-563A82F5EB6F}
大体は、椰子の葉っぱでひたすらお供えのパーツを作っていく班上矢印と、
そのパーツを組み合わせて、お供えのセットを作っていく班と、に分かれます。
 
もちろん私は、作られたお供えのパーツや果物などを組み立てていく班です!
一つ見本を作ってもらえれば私でもできるからね!

 

{E4E97ECB-81E5-442C-A6D6-427716AF9ED8}
プロっぽいお供えパーツ。
(パーツとか呼んじゃってる自体、私のなんちゃってバリ嫁度が露呈してますな)

 

 

 

お昼頃にはみんなでご飯。

今日はサヌール名物?海藻のおかずでした。

{D3E8487C-8625-4073-957F-3DC54ABF7563}
お皿とかないので、カルタスミニャッっていう(直訳は油紙)コーティングされた紙をお皿代わりに。

 

 

お祭りとか、とにかく何かあると、いつもこの奥様集団で集まっているので、気心も知れていて、さらにお祭りの準備という大義名分にも恵まれ、非常に楽しい時間を過ごして参りました。
結婚当初は家族が多くて大変だなと思ったけど、このバリ的な家族の皆さんと過ごす時間は、私の大事な癒しのひと時です。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月03日(日)

息子よ。。。#Siriで遊ぶ

テーマ:Simplog
2017年09月03日(日)

ユキが大好きなグラノーラ

テーマ:レシピ付ー手作りレシピ
日本に帰省していた間、ユキはフルグラの大ファンになりました。
(↑カルビーさんのウェブサイトからスクショさせてもらいました)
これ、軽い食感で美味しいんですね。
 
バリでは、こういうグラノラは売ってなくて、オーツがベースの硬めのやつ。
市販のグラノラはスパイスの味がしたり、硬すぎたりで、子供達に買ってあげたこともなく。
 
去年、パパのカフェをオープンした際に、グラノラのメニューも作っていたので、作れるっちゃ作れるんだけど、バリみたいな硬めのグラノラは好きじゃないかなと思って、家では作ってあげたことはなかったの。
 
ところが、先日、お友達のNちゃんより、「これもう食べないからニコ」ってドライフルーツをいただき、カフェのスタッフが、「いつもと違うオーツを仕入れてしまったガーン」と1キロのオーツをくれたのです。
日本でユキがフルグラ好きだった事を思い出して、それならひらめき電球、とグラノラを作ってみることに。
 

オーツは中火で、フライパンで炒って、ココナツシュガーとオリーブオイルなどで作ったシロップを絡めて、さらに炒っていくと、こんな風にキャラメル色のオーツになります。

{3543E1ED-1C68-4CD6-8CEF-7EF74E1A73FB}
これが、グラノーラのベース。これに、好きなナッツやドライフルーツを入れて、混ぜると

 

{B0D7EFD3-27CD-4235-A094-B2C7548F0EF7}
こんな感じのグラノラになるわけです。
 
ベース250gに対して、追加材料(ナッツや、ドライフルーツ)を120gほど入れると、上の写真くらいの塩梅になります。
ナッツは混ぜる前にそれぞれ炒るかローストしてあるものを使ってください。
 
今回は、いただいたドライフルーツ、サンフラワーシード、パンプキンシード、アーモンド、レーズン、ココナツフレークを合計120g入れました。
 
さて、出来上がったママグラ(え?ママが作ったグラノラのことよ)
「ユキコレメチャスキーーーラブ」って言いながら、今日は朝も昼もおやつも、ヨーグルトにかけて食べてくれてるやーん。
 
母嬉しいーーービックリマークつーか、1年も家で作らなかった理由。。。好きなら作ってやればよかったよ。。。
 
というわけで、お家で作ってみてくださいね!
グラノーラベースのレシピ
(材料)
☆オーツ麦  250g 
   imageこういうやつ。
★油分 大さじ2(種類はなんでもいい。うちはエクストラライトのオリーブオイル使います)
★お砂糖 大さじ4から5(好みで)
★水 大さじ2
★バニラエッセンス 少し
 
1)オーツ麦をフライパンで炒る。中火で焦げないようにゆっくり。炒る間は休まず混ぜると焦げないよ
2)かき混ぜるヘラがサラっと乾いた感触になったら、一旦バットなどに開けます。
3)フライパンに★の材料を全部入れて、ブクブクするまで火にかけます。
4)一旦火を止めて、置いておいたオーツを入れて均等になるまで混ぜる。
5)もう一度火をつけて、中火で炒る。これも、混ぜていると、フッとヘラがサラサラの感覚に変わるまで水分を飛ばす気持ちで。
 
これでベースの出来上がりですよ。
これに、好きなナッツやドライフルーツを120g入れると出来上がりです。
 
照れお砂糖は、なんでもいいと思われます。うちは茶色いココナツシュガーを使ってます。ハチミツとか、メープルシロップで作る場合は、水は入れないでいいです。
目シロップと絡めた後、オーツが乾ききる前に、抹茶とか、ココアパウダーとか、シナモンとか入れたりして、フレーバーグラノラにもできます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年09月03日(日)

季節感が。。。

テーマ:Simplog
投稿写真

独特のセンスをお持ちの末っ子デビと、我が家のコメディアン、ユキさん


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。