学童保育指導員が小学低学年の子どものこと教えます

学童保育指導員が小学低学年の子どものこと教えます

学童保育18年のベテラン指導員が小学生低学年の子どものことを全部教えます。子どもが成長して、少しずつ親から離れていく時期。親の悩みや不安、そして学童保育指導員の悩みを解決しますよー。

こんにちは、18年生ベテラン学童保育支援員さとさんです。

 
 
今日は島根県の事業の一環で、意見交流会をしました。テーマは「不適切保育報道への不安はないですか?

 

 

ちなみに虐待の定義はコチラに。

 

 

話した内容をここであげることはできないので、ここではさとさんが思う不安・危惧を書きます。

 

※あくまで虐待はダメだという前提で話をすすめます。

 

 育児ママの不安と同じ

 

虐待防止法ができ、通告しなきゃいけない法律ができた。

 

 

(児童虐待に係る通告)

第六条 児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに、これを市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所又は児童委員を介して市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所に通告しなければならない。

 

 

その際に、子どもを守るための文章ではあるが、ママを追い詰める文章にもなった。
 
虐待をしているとみられるんじゃないか?
 
よりクローズドな子育てを助長する一因にもなりかねない。
 
それと同じ状況が、保育所・児童クラブにも起きるのではないか?
 
結果起きるのが、保育士・児童クラブ支援員になる人がいなくなる。
 
そんな、予想できる未来以上に加速して現実になっていく危惧を持っている。
 

 叱ると怒ると虐待

 

小学生が遊び、集団で様々なコミュケーションを取る。その際に、支援員は様々な介入をすることになる。

 

それは一緒に遊ぶことから、説得、寄り添い、注意、叱る、怒る…

 

その中で、「叱る・怒る」の違いでも、普段から悩むことが多いのに、そこに「虐待」というワードまで加算される。

 

そして、一番気になっているところが、報道がされていくことで行政が「虐待はダメ」という1面だけを切り取って、保育園や児童クラブに???がたくさんつきそうな通告をしてくることが怖い。

 

保育現場の現状の改善が起きて、そのうえでの虐待防止を取り組む流れなら現場は安心だ。

 

 

児童クラブも40人近くの子どもを3人で見る場所も多い。

 

そして、支援員の高齢化も進んでいる。

 

さとさんに相談を受ける場合で、子どもからの暴力に苦しむパターンもある。

 

軍隊のような生活の在り方に、辟易しているという相談もある。

 

楽しく遊んでいる児童クラブがある一方で、壮絶な生活をしている児童クラブもある。

 

それは支援員の資質という枠ではどうにも抱えられない問題として、浮き彫りになっているんだ。

 
だから、支援員は何もせず、児童クラブを開けて、最低限生活ができるレベルで場所を整え、子どもたちの遊びに介入することなく、手を後ろに組んで一見ニコニコしながら子どもを見張る。
 
問題が起きないように。
 
問題が起きないように。
 
しかし、それではよりコミュケーション能力の高い小学生と渡り合えるわけではない。
 
支援員と小学生の関係が悪化した先に、児童クラブが荒れたり、厳しすぎる生活の在り方をするところも出てきてしまう。
 
新聞には不適切保育を自治体が把握したきっかけは、内部告発とある。
 
現場で見かねて、誰にも相談できず、自治体に連絡をしているのだろうか。でも、追い詰められている子どものことを考えると、せざるを得ない。
 
正直、こうやって書いているだけで、お腹のあたりが重い。
 

こういう児童クラブの動画が出回ったこともあった。

 

 

 

 立ち止って考える

 

さとさんは「子どもと遊ぼう!」って、毎回毎回言っているけどね。

 

そりゃ、子どもとのコミュケーションが深まれば、叱る場面もたくさん出てくる。

 

そして、怒ってしまうこともある。

 

若い頃は、私自身が子どものようになってしまって、けんかをしているようなこともやってしまっていた。

 

それくらい小学生は子どもだけど、大人なんだよね。

 

この児童クラブの動画は、完全に一方的に子どもを追い詰めている。

 

保護者から見れば、そこまでやる必要あるって思う。

 

さとさんも思う。

 

だけど、本当に「叱る」「怒る」「虐待」の線引きを明確にしながら、子どもとのコミュケーションを取ることの難解さを知っている。

 

じゃ、どうしたらいい?

 

そういうケースが起きたら、一人で抱え込まずに同僚に話して自分の対応はこれでよかったのだろうか?と立ち止って考えることが大切。

 

そうやって、日々の経験を職場の全体の学びとして昇華させる。

 

反省すべきことがあれば、反省し改善する。でも、子どもに対して腹の立つ気持ちをなしにする必要はないんだよ。

 

自分の心の声を聴き、それを人に話して受け止めてもらうことで、辛い気持ちは少しずつ小さくなる。

 

もし、今、虐待のラインが曖昧になって、子どもにやってしまっている支援員さんがこれを見たら、立ち止まってほしい。

 
そして、子どもたちと楽しく過ごすことのできる児童クラブって、どうやって作っていくのかをスタッフで話し合ってほしい。
 
 

みょん・さと

こころのコーチング講座スケジュール

◉上級 (自分のこころのコーチング講座)

2023年 2月 4・5日 土日開催

◉中級 (家族のこころのコーチング講座)

2023年 7月 1・2日 土日開催

◉初級 (子どものこころのコーチング講座)

2023年 12月 3・4日 土日開催

いずれも東京にて開催予定

※上級はさとさんはアシスタント。


ZOOMの使い方(スマホ・PC)

NEW新メルマガ「不登校の解決の真実」

 

【シーズン4会員42人】
【シーズン3会員43人】
不登校の先にあるもの体験ツアー
【32名ツアー会員】
続不登校の正解は「どれ⁉」
【19御礼
学校へ行けない僕と6人のガイド
【54名満席御礼】
不登校正解は「どれ⁉」
【20名満員御礼】
普通って、何だ⁉
【18名御礼】

 

 
 

こんにちは、18年生ベテラン学童保育支援員さとさんです。

 

 

児童クラブ・学童保育の支援員のためのオンラインサロンを4月1日からスタートします。

 

目指すところ。

 

 

一人一人が児童クラブで信頼される支援員になる

 

サロンのゴールはこれ。

 

子どもが笑顔に

 

オンラインサロンでは、この3つをします。

 

1.さとさんのライブ(週1)

2.オンラインオフ会(月1)

3.みんなでお悩み解決掲示板

 

毎週、さとさんの児童クラブ18年の経験からのライブ配信をします。失敗経験から今に至るまでの経験を伝えます。

 

ZOOMを利用して、オンラインでのオフ会をもやります。

 

支援員さんのお悩みをシェアして、皆で考える掲示板も用意します。

 

子どもとの関係、職場の人間関係、おもしろい遊び、ゲーム、道具などなど、色々シェアしたいね。

 

4月1日からスタートします。

 

 

学童保育・児童クラブ支援員のオンラインサロン

 

月額1,000円(税込)

 

募集は3月1日よりスタート

 

 

それまで、ちょっと準備。

 

facebookか?Instagramか?

 

そんなところから、考えます。

 

そして、子どもと遊んで、同僚からも信頼される支援員を増やそう。

 

 

 

みょん・さと

こころのコーチング講座スケジュール

◉上級 (自分のこころのコーチング講座)

2023年 2月 4・5日 土日開催

◉中級 (家族のこころのコーチング講座)

2023年 7月 1・2日 土日開催

◉初級 (子どものこころのコーチング講座)

2023年 12月 3・4日 土日開催

いずれも東京にて開催予定

※上級はさとさんはアシスタント。


ZOOMの使い方(スマホ・PC)

NEW新メルマガ「不登校の解決の真実」

 

【シーズン4会員42人】
【シーズン3会員43人】
不登校の先にあるもの体験ツアー
【32名ツアー会員】
続不登校の正解は「どれ⁉」
【19御礼
学校へ行けない僕と6人のガイド
【54名満席御礼】
不登校正解は「どれ⁉」
【20名満員御礼】
普通って、何だ⁉
【18名御礼】

 

 
 

こんにちは、親のためのオンラインサロン「不登校の先にあるもの」主宰さとさんこと高島です。

 

ある不登校のグループに、「不登校の子 心に傷」という見出しのついた新聞をシェアしている投稿があった。

 

 

 

確かに、子どもの心に傷を負わせたくないという気持ちはとてもよく分かります。

 

だけど、児童クラブで18年子どもたちを見ていると思うんです。

 

 

心に傷を負わずに大人になる子どもなんていない

 

言ってみれば、ケガをしない子どもはいないのと同じくらい。

 

体のケガは、治療すればほとんど治る。

 

それと一緒で、心の傷も小さいものから大きいものでも、しっかり対応していればやがてその傷も治る。

 

その時に必要なのは、医者ではなく「大人の聞く力」なんだよ。

 

たいていのケガも、水で洗ってそのままにするか、消毒して絆創膏貼れば治る。

 

心の傷も、子どもの話を聞いて、子どもの心に安心感を与えていけば、自然と治る。

 

 聞く力を身につける講座

 

 
 

みょん・さと

こころのコーチング講座スケジュール

◉上級 (自分のこころのコーチング講座)

2023年 2月 4・5日 土日開催

◉中級 (家族のこころのコーチング講座)

2023年 7月 1・2日 土日開催

◉初級 (子どものこころのコーチング講座)

2023年 12月 3・4日 土日開催

いずれも東京にて開催予定

※上級はさとさんはアシスタント。


ZOOMの使い方(スマホ・PC)

NEW新メルマガ「不登校の解決の真実」

 

【シーズン4会員42人】
【シーズン3会員43人】
不登校の先にあるもの体験ツアー
【32名ツアー会員】
続不登校の正解は「どれ⁉」
【19御礼
学校へ行けない僕と6人のガイド
【54名満席御礼】
不登校正解は「どれ⁉」
【20名満員御礼】
普通って、何だ⁉
【18名御礼】

 

 
 

こんにちは、18年生ベテラン学童保育支援員さとさんです。

 

子どもを育ててやろうなんて思って、いつも正解を教えていると、考えることのできないダメな大人になりますよー。

 

 

いつも正解を教えるということは、失敗をさせないようにして育てるということ。

 

成功して得るのは慢心。

 

失敗を経験しないと、自信はつかない。

 

 

この差はとても大きい。

 

何を失敗と捉えるかで、色々考えや見方はあると思う。

 

だけど、過度に心配して、失敗をさせないようにして、正解ばかり教えているとどうなるか?

 

考えない大人

 

が生まれます。

 

見張ると見守るの違いにも表れてるよ。

 

 

トラブル対応のところ。

 

起きる前に注意していると、考えない大人になります。

 

どうします?そのまま、社会に出ていったら。

 

大きすぎる子どもに、まだ正解を示しますか?

 

学童保育支援員は、子どもを育てるという視点より、そのままの子どもを受け入れることをベースに関わると、子どもはぐんぐん伸びます。

 

みょん・さと

こころのコーチング講座スケジュール

◉上級 (自分のこころのコーチング講座)

2023年 2月 4・5日 土日開催

◉中級 (家族のこころのコーチング講座)

2023年 7月 1・2日 土日開催

◉初級 (子どものこころのコーチング講座)

2023年 12月 3・4日 土日開催

いずれも東京にて開催予定

※上級はさとさんはアシスタント。


ZOOMの使い方(スマホ・PC)

NEW新メルマガ「不登校の解決の真実」

 

【シーズン4会員42人】
【シーズン3会員43人】
不登校の先にあるもの体験ツアー
【32名ツアー会員】
続不登校の正解は「どれ⁉」
【19御礼
学校へ行けない僕と6人のガイド
【54名満席御礼】
不登校正解は「どれ⁉」
【20名満員御礼】
普通って、何だ⁉
【18名御礼】

 

 
 

こんにちは、18年生ベテラン学童保育支援員さとさんです。

 

 

子どもに自信をつけさせるのは、親もできます。

 

そして、もちろん児童クラブ支援員も。

 

だけど、自信をつけさせようと思って、やってはいけないことがある。

 

成功させる

 

自信をつけさせようとして、成功をさせると自信はつかない。

 

代わりについてしまうのは

 

慢心

 

下のグラフは18年間の児童クラブでの確信です。

 

 

自信がつくときは、間違いなくこの順番で進む。

 

 

失敗をする。

 

それを乗り越えようと、色々と頑張る。

 

だけど、苦しいし辛い。

 

その時、友だちや大人に背中を押してもらう。

 

そこから上向きになって、楽しいがやってくる。

 

その頂点を友だちや大人に認めてもらったり、同じ気持ちを共有する。

 

その先に、自信がつきます。

 

 

例えば、一輪車を乗れるようになるとします。

 

 

一輪車って、難しいんだよね。

 

どうやっても、乗れない時期がある。(失敗スタート)

 

でも、友だちは乗れる。

 

だから、頑張る。

 

でも、悔しかったり、悲しかったりする。

 

その気持ちを抱えながら、一緒に乗りたい。

 

だから、毎日毎日。

 

そして、ちょっと乗れた。

 

その時、さとさんは言う。

 

「お!乗れたじゃん!!これで、乗れるようになるよ!」(承認)

 

すると、友だちも応援する。

 

そして、のれる距離が日に日に伸びる。

 

気づけば、一緒に乗りまわしている一輪車。(楽しい)

 

友だちと手を繋いで載っている。(自身)

 

 

大人が「失敗」をさせまいとして、「成功」に導いてしまうと本当の失敗が来るよ。

 

失敗を乗り越えて、初めて自信がやってくる。

 

失敗を回避すると、自信は遠のく。

 

みょん・さと

こころのコーチング講座スケジュール

◉上級 (自分のこころのコーチング講座)

2023年 2月 4・5日 土日開催

◉中級 (家族のこころのコーチング講座)

2023年 7月 1・2日 土日開催

◉初級 (子どものこころのコーチング講座)

2023年 12月 3・4日 土日開催

いずれも東京にて開催予定

※上級はさとさんはアシスタント。


ZOOMの使い方(スマホ・PC)

NEW新メルマガ「不登校の解決の真実」

 

【シーズン4会員42人】
【シーズン3会員43人】
不登校の先にあるもの体験ツアー
【32名ツアー会員】
続不登校の正解は「どれ⁉」
【19御礼
学校へ行けない僕と6人のガイド
【54名満席御礼】
不登校正解は「どれ⁉」
【20名満員御礼】
普通って、何だ⁉
【18名御礼】