ROCK AND READのブログ

~最新号のご案内~

▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎

発売中!!

『ROCK AND READ 103』

¥1,430

Amazon.co.jp

ROCK AND READ 103/シンコーミュージック



▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎
『ROCK AND READ 103』
2022年10月19日(水)発売

ROCK AND READ 103

cover
lynch.

live report
LUNA SEA
DIR EN GREY
D’ERLANGER
ヤガミ・トール
Damian Hamada’s Creature
kein

interview
ゼノン石川和尚/聖飢魔II
千秋×SORA/DEZERT
猟牙/RAZOR
眞呼/deadman
武瑠
cali≠gari
アリス九號.
PENICILLIN

▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎▪︎



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

RR104取材レポートその1(デーモン閣下/聖飢魔II)

魔暦24(2022)年12月23日(金)、つまりクリスマスイブイブの金曜日に発売となる『ROCK AND READ 104』。

 

今回の表紙巻頭は、本誌初! 聖飢魔IIのデーモン閣下です!

 

今からちょうど40年前、悪魔教を布教すべく、魔暦紀元前17(1982)年に結成され、地球征服完了につき、魔暦元(1999)年12月31日23時59分59秒に解散した聖飢魔II。

 

同教団創設者のダミアン浜田殿下(現・陛下)の意志を継ぎ2代目チェアマンになったデーモン閣下が、ついに本誌初降臨です!

 

閣下の、世を忍ぶ仮の少年時代から、延長を重ね、足かけ4年にもわたることになった地球デビュー35周年を記念する期間限定再延長再集結までの日々を大総括していただきました。

 

9月に発布された23年ぶりの新譜大教典『BLOODIEST』で聖飢魔IIにハマった方も、これを機に、ぜひ信者に仲間入りを!

 

また、今回は、聖飢魔IIのことを今回の再集結で好きになった新規信者たちや、V系バンド好きのバンギャたちのために、聖飢魔IIの地球征服の軌跡をコンパクトに振り返った「悪魔史」入門もお届け!

 

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

OWARAI AND READ 004取材レポートその8(GAG)

いよいよ明日、11月30日発売!

『OWARAI AND READ 004』取材レポートのトリは、GAG!

 

SJさんは、身長177cm、体重49kgの超ガリガリな体型を活かし、水原希子さんや中島美嘉さんなどスタイリッシュな女性に扮するネタも持っています。とにかく楽しいことがやりたいとお笑い芸人を目指しながらも、高校卒業からNSCに入るまでにあった2年の空白のことや、SJに改名した理由、ひろゆきさんと仲が悪かった時代のことも話してくれた、ぶっちゃけロングインタビューです!

 

GAGのネタを書いている福井俊太郎さんは、GAGの最年長であり、そもそもトリオをやりたかったのも福井さんです。勝つことが嫌で、ダサ坊と一緒に遊ぶことに理想郷を見出し、大学卒業後に一度就職しますが、勝たなければいけない社会に嫌気がさし、どうせ勝たなければいけないなら興味のあるお笑いをやろうと決意。そんな福井さんがキングオブコントで“勝つ”ことに目覚めるまでのストーリー!

 

そして、GAGに最後に加わったひろゆきさん。ほかの2人とは違い、生粋の大阪人ゆえ、当初はお笑いに対して自信とプライドにあふれていたそうです。それが原因で、坂本さんとのコンビは解散し、GAGも解散寸前になることも…。しかし今は、自分が変であることを自覚し、GAGの一員として謙虚にお笑いと対峙しています。そこに至るまでのひろゆきさんストーリーを追いました。

 

明日の発売を、どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

OWARAI AND READ 004取材レポートその7(エルフ)

祝! THE W 2022決勝進出!

 

明後日、11月30日(水)発売となる『OWARAI AND READ 004』には、エルフの生い立ち1.2卍(万字)インタビューを掲載!

 

「ハピネ〜ス!」「ハッシュタ〜グ!」のキラーワードと、底抜けの明るさが特徴のギャル、荒川さんは、もともとはピン芸人を目指していたそうですが、NSCではるさんに声をかけられて、コンビを組むことに。

当初は漫才が好きゆえにギャルを封印していましたが、自分の中にあったギャル性を全開で解放するようになったことで、どーんと火がつきました。そんな荒川さんの生い立ちを追いつつ、お笑いに対する本音に迫りました!

 

いっぽう、ギャルの荒川さんとは対照的に、ボーイッシュでクールなはるさん。

はるさんから荒川さんに声をかけて結成されたエルフではツッコミ担当ですが、劇場ライブのコーナー企画などでMCを務める機会も増え、先輩から「変な奴」とツッコまれることも多いということです。

存在感の強い荒川さんの相方として、はるさんはどういうスタンスでお笑いに臨んでいるのでしょうか。その生い立ちから紐解きました。

 

明後日発売の『OWARAI AND READ 004』、どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>