ニート株式会社のレンタルニート

ニート株式会社のレンタルニート

NEET株式会社の事業、有り余る時間でみなさまと一緒に遊ぶレンタルニートです。

 

ファイナルファンタジー10にて高難易度ミニゲームとして有名な「とれとれチョコボ」

 

なんとも操作性の悪いチョコボを操り、カモメを避け、風船を回収しながら上位のスコアを目指すというゲームです。

 

このミニゲームの「0秒」達成は主人公ティーダの最強武器を得るためのキーアイテム入手に必須なので、発売当時から多くのプレイヤーがその鬼畜難易度に苦しんだといいます。

 

 

以前、「雷避け200回」の方でプレイ代行依頼を受け対応しましたが、

今回はとれとれチョコボのプレイ代行を受け付けました。

 

今回まったくの未経験からこのミニゲームを繰り返しプレイすることでクリアのコツを習得しましたので、ゲームプレイ代行として対応を開始します。

 

FF10「とれとれチョコボ」0秒 プレイ代行

料金:5000円で対応します。

 

(別途、交通費等の経費。)

 

 

・実際の利用履歴

 

 

HDリマスター版の発売以降、様々な媒体でプレイ可能になったFF10。

まずはスマホ版のプレイを頼まれ、完全初見プレイで5時間かかりなんとか達成しました。

 

自宅環境で練習してから臨むつもりだったのが、早いところクリアしたくてしょうがなかったとのことで、連絡を受けた日のうちに対応。

 

なんという無茶振りだと思ったけど、やればできるものです。

 

 

・プレイ環境による難易度の違い

 

 

後日、自宅のSteam版(PC版)環境で改めてプレイしてみるとあっさり成功。

 

これはどうやらゲームハードや周辺機器によるプレイ環境の違いによるものだと思われます。

 

スマホ版はいわゆるクラウドゲーミングであり、スマホ本体にはゲームデータ全てが保存されているわけではありません。

 

常にWi-Fi通信しながらゲームが進行するため大きなラグが発生することがあり、スムーズに動いているように見えるときにも入出力の遅延が発生している可能性が高い。

 

PC版とのレスポンスの違いを感じました。

 

 

 

 

Switch版の場合

 

 

後日同じ方からニンテンドーSwitch版のプレイも頼まれプレイ代行。

 

今度はスマホ版よりはマシだけど、HDMIでの画面出力とワイヤレスコントローラーの併用により、これもまたわずかに遅延が発生しているのではないかという気がしました。

 

(SwitchをTV出力するとレスポンスがわずかに悪くなる件はモンハンライズで経験済み)

 

結局携帯機モードで手元の画面を使ってプレイし、0秒を達成しました。

 

 

 

・ご自宅へ訪問でのプレイ代行も可能です

 

 

実績ができたおかげで遠方の方からも続く依頼を受け、大阪へ出張してお宅でのプレイ代行も受け付けました。

 

料金に加え高速バス等、往復分の交通費が支給されれば遠くまで出かけることも可能です。(埼玉県川越市から出発。)

 

 

なおこのときは「雷避け200回」の方も合わせて対応しました。

その他、その場で追加依頼を受け「蝶探し」「チョコボレース宝箱5箱開け」にも挑戦しましたがいずれも成功。

 

こちらの依頼者様はPS4版でのトロフィーの実績解除がご要望とのことで、ゲーム本編でのレアアイテム取得以外にもこだわりがあるようでした。

 

いわゆる「トロコン」ですね。

こうしたトロコン支援の依頼にも対応可能です。

 

 

 

便利屋にもできなかった仕事

 

ところでこれら実際の依頼者様はどちらも一般的な便利屋業者に既に相談していたそうです。

 

1人は「できると確約はできないし、必要時間もわからないのでいくらかかるかわからない」と言われ、1人は実際に利用して1時間で8000円かかったけど結局達成できなかったという経緯だったそうな。

 

「正直、呼んでもクリアできないかもしれないな」

 

という不信感すら持ちつつあったとのこと。

 

 

FF10の「とれとれチョコボ」に関しては完全にコツもつかんできたので、こちらでは容易にプレイ代行が可能です。

 

 

その他、FF10以外にも新たにゲーム代行依頼があれば

有り余る時間を使い1から練習する準備があります。

 

あるいは通常のレンタルニートとして、1人では気力が保たない高難易度ゲームのプレイを横で見守ることも可能です。

 

昔友達の家に集まって1人用ゲームを横でお菓子食べたり、漫画読みながら見守ったような感覚で付き合います。

 

 

 

様々なゲーム代行依頼をどうぞ。

 

 

【レンタルニートを利用するには】

 

・LINE

・twitter

・メール

いずれかの方法で連絡ください。


友だち追加数

 

twitter:

 

メールでの連絡は

【dsq2165@gmail.com】まで。


→レンタルニート(仲陽介)予定表

 

関連記事:

 

 

 

 

 

制作代行依頼品

EXモデル アーガマと一緒に製作したアルビオンです。

 

アーガマ編はこちら。

 

 

 

 

 

まずは組み立て。

 


・素組み状態

 

リヤエンジン横に付いた4枚の翼が特徴的なアルビオン。

 

アーガマとも一緒に作った印象としては、

全体的にやや平べったく横に広い感じがします。

 

 

・サイドデッキ ディテールの作り直し

 

左右のメガ粒子砲の基部であるサイドデッキ部分ですが、

この部分の合わせ目消しは2面にまたがる六角形のディテールがたいへん邪魔で、ヤスリがけで平らな面が出しづらい問題がありました。

 

そこで上面のディテール部分についてはゴッソリ削り取り、合わせ目消しを終えてから新たに六角形を造形し直すことに。

 

写真右がすべて削り取った状態。

左が作り直した後。

 

六角形の厚みが増し、エッジが立ったおかげでややディテールが強調されて復活しました。

 

 

 

 

六角形の半分を作り直すにあたり、

サイズに合わせた台形パーツをプラ板から切り出して貼り付け。

 

なんとも細かい作業です。

3mm四方ぐらいの台形パーツを片方7個、計14個同じパーツを作りました。

 

思いついてから「この作業が本当に俺にできるのか?」という葛藤を経て実行に移すには時間を要した。

 

けどこうした発想が実際に形になったときには達成感がありますね。

 

 

 

・中央ユニット メカ部分塗装のマスキング

 

EXモデルのパーツ分けはそこまで細かくありません。

 

本体裏のメカ部分を塗り分けるに際し、曲線的なマスキングを施すためマスキングテープをコンパスカッターでカットして使用。

 

 

 

「径はだいたいこのくらいかな・・・」

と考えてカットしたらさらに余計な部分を切って使用。

 

「曲げ」が可能な曲線マスキングテープなんかもありますが、ちょっと使ったことないので使い勝手がわからないですね。

あるもので対処しよう。

 

 

・砲身パーツの金属パーツへの置き換え

 

アルビオン4枚の翼、根元に付いた砲台の砲身は極細になっています。

これをエナメル塗料で塗っていたのだが、寒いときに塗料の乾燥を待ちつつストーブで暖を取っていたときのこと。

 

 

乾燥を早めるのを兼ねて塗装面をストーブの温風に当てたら砲身が熱で収縮してしまったのでした。

 

このくらい離せば大丈夫だろー、と思っていた油断。

 

4箇所中1箇所だけがわずかに太く短くなり、造形的に浮く形になってしまった・・・

 

 

 

対処するため真鍮パイプを使った砲身の造形にチャレンジ。

 

艦船模型のプラ製砲台パーツや金属パーツも候補を探したのですが、サイズ的に丁度いいものがなかった。

 

2種類の太さの違う真鍮パイプを組み合わせて造形します。

 

上の写真では細い方が外形0.5mmになっているが、

結局細すぎと感じたため0.6mm径を使用した。

 

(なお、組み合わせに際し太い方の内径が足りなくなったため0.7mmピンバイスで拡張。真鍮パーツの切削だけど意外といけた)

 

出来上がった砲身パーツがこれ。

2連装の砲身パーツを4箇所、計8本を作りました。

 

砲台に取り付けて塗装までしてみると・・・

 

 

 

これがなかなか馴染む。

円筒形のフチにエッジも立ち、元パーツには無かった砲口の穴も正確に空けられています。

 

砲台基部の穴あけ深さにも影響されるため、左右の長さ調整がちょっと難しかったが上手くいった。

 

 

 

完成図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

艦橋の窓を極細マスキングテープ貼って塗り分けるのもなかなか大変でした。

やはり付属モビルスーツまでしっかり塗装するとスケール感が出ます。

 

 

 

アーガマの記事でも書きましたが

1/1700モビルスーツの塗装はかなり集中力のいる作業でした。

 

 

 

普通のガンプラとは違った技術が必要になってくるEXモデルの艦船シリーズ。

 

工具や材料も新たに買うきっかけになり、

新たな技術を習得したという実感があります。

 

 

スケールものの艦船模型の製作などにも活かせるでしょう。

 

成長を感じるEXモデル、アーガマ&アルビオンの製作でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【レンタルニートを利用するには】

 

・LINE

・twitter

・メール

いずれかの方法で連絡ください。


友だち追加数

 

twitter:

 

メールでの連絡は

【dsq2165@gmail.com】まで。


→レンタルニート(仲陽介)予定表

 

製作代行依頼品

EXモデル1/1700アーガマです。

 

去年もEXモデルではミネルバの製作をやりました。

 

おかげさまでそのときに書いたブログ記事が検索にヒットし、今回の依頼に至ったとのこと。

 

 

自分もこうした初めて作るキットの製作の場合はネットでレビュー記事などの情報をよく調べるんですが、こうしたHGとかMGでないマイナーなキットは塗装までしっかり仕上げてある製作記を探して手法を得るのが結構大変だったりします。

 

ならばここは自分で記録しておくべきだ。

 

 

・素組み状態

 

 

EXモデルは全く色分けがなされていない白一色なので、お手軽でない上級者向けモデルといえます。

 

塗装の際にパーツ分割も大雑把であるため、

いかにマスキングで丁寧に塗り分けるかが重要になるでしょう。

 

 

・困った点

 

左右あるリヤエンジンのユニットは、ノズルのメタルパーツを差し込むと妙な隙間が空くようです。

 

合わせ目消しで接着するとメタルパーツが入らなくなる可能性が高いので上端のみ先に接着し、ノズル周りはくさび形に隙間を空けたまま瞬間接着剤で埋めて対処しました。

 

 

これで後ハメ可能に。

 

 

・マスキングについて

 

その他、今回の塗装では凹み部分のマスキング材としてダイソーで買った樹脂粘土を使用してみました。

(今回使ったのは写真右側の「のび~るねんど」)

 

戦車模型の迷彩塗装なんかにも使われるらしい。

練り消しが近所で手に入らなかったんで代用として円形部分のマスキングに使ってみたところ・・・

 

どうやら上手くいったようです。

 

食いつきがよすぎて塗装面に張り付いてしまう懸念もあったが、今回は離型剤のような物は無しでも影響はありませんでした。

 

乾燥時にわずかに肉やせが発生しているか。

 

ダイソー製品なら手に入りやすいので今後しばらく使っていこうと思います。

 

 

 

・付属ミニフィギュア塗装

 

艦載機である1/1700モビルスーツたち。

(ガンダム試作1号機、2号機は同時製作したアルビオンの物)

 

こんなのを塗り分けるのは大変です。

 

まずは竹串の先を適度に切って平らな面を作り、

足裏など、瞬間接着剤で点付けして固定してから作業します。

 

まだ確たる有効な方法を身に着けた気がしないけど、基本的にはメインの色をラッカーでエアブラシ塗装した上で、残りはエナメル塗料を極細の筆を使って塗っていく方法。

 

卓上照明などでしっかり明かりを当てることが大事です。

この作業は目が本当に疲れる。

 

1個目のリック・ディアスは上手くできたけど後半は疲れてきて塗りムラやはみ出しが増えていったのがわかった。

 

集中力を要する作業です。そんな長く続きません。

一気に長時間作業でやらない方がいいと思われます。

 

エナメル塗料のはみ出し部分拭き取りには「フィニッシュマスター」を使用。ミスなく塗るなんて無理なのでこれで拭き取りましょう。

 

 

必要な色をつけていけば、ディテールが多少いびつな塗りになったとしても特徴は出るもんです。

 

 

繰り返しますがこんなのを手作業でミスなく完璧に塗るなんてことは不可能なので、ある程度の妥協は必要かと思います。

 

 

ツヤ消しまで済ませた完成図がこちら。

うむ、なかなかしっかり再現できている。

 

ただ、やっぱりとても疲れる作業ですのでゆっくりやりましょう。

 

 

 

それではアーガマ全体の完成図です。

 

 

 

 

 

 

 

 

サイドのメガ粒子砲展開は差し替えにより再現。

 

 

 

特徴的な回転する居住ブロックも、アームの差し替えにより再現。

 

 

モビルスーツをカタパルトデッキに並べてみるとよりスケール感が出る。

 

 

 

同時製作したアルビオンと並べて。

 

アーガマのカラーは青みがかったような、緑がかったような寒色系ホワイトのイメージだったのでそこに注意して塗装しました。

 

こういう系統の色はホワイトにミディアムブルーを混ぜるとうまい具合に馴染みます。

 

 

 

なかなか難しいEXモデルですが、製作代行を通して新たな手法を取り入れていってみると技術力の向上を感じました。

 

 

 

 

 

レンタルニートでたまに発生する、急に連絡を受けてその日のうちに泊まりで遠方まで出かけたシリーズ。

 

2021年10月、サンライズ特急に乗って香川へ出かけたときの記録です。

 

 

10月17日

 

午後7時半ごろ。

 

いつものように自宅でニコ生をしながらプラモデル製作をしていると、旅行好きなリピーターの方からLINEで連絡がきた。

(なおこの人は沖縄や北海道に同行した人の知り合いだけど別人である)

 

「今日から明日1日、弾丸旅行に同行できますか?」

 

 

来たか・・・

 

8月にも別の人から同様に、「旅行の連絡を受けて即出発」案件があったため、こういう可能性をいつも想定はしています。

 

最近ではもう着替えその他、旅行の荷物を短時間で用意するスキルを身につけた。

 

合流方法を決めたら早々に準備をして出発。

 

午後9時頃に大宮駅で待ち合わせをした。

 

川越の自宅にいる状況で、連絡から約1時間半後にすぐ大宮駅に到着。我ながらさすがのフットワークです。

 

 

しかも日曜夜の呼び出しへの対応。

普通の職業を持った人にはなかなかできないことだ。

 

行き先の相談をあまり詳細にする連絡する時間もなかったので、このときどこへ旅行するのかもよく聞かないまま自宅を出発した。

 

 

沖縄旅行で、「初日の行き先は那覇ではありません」とだけ聞いて出発し、空港についてから石垣島行きが発表されたときもあった。

 

泊まりは確定しているのにどこに連れて行かれるのかわかっていない。

「電波少年」や「水曜どうでしょう」的なノリを感じつつ、なんだか依頼者はだいぶ無茶なこと言ってるなとも感じる。

 

無茶に対応できる人間だと知ってもらえているのかもしれません。

 

 

 

待ち合わせするとすぐに移動することに。

改札へ向かいつつ行き先発表。

 

「ちょっと時間がないんで歩きながら説明しますね。これ乗車券です。なんと今回はサンライズ瀬戸で高松へ行きます!」

 

 

サンライズ?サンライズって・・・寝台車?

高松って四国?

 

このとき渡されたのが特急券とか帰りの分とか複数枚組みだったのですぐには状況を把握できず。

 

 

しかし何かとても貴重な体験をしているらしいことは理解できた。

大宮駅滞在10分ぐらいでそのまま出発。ワクワクしてきたぞ。

 

 

しかもまず東京駅に向かうのに新幹線に乗るらしい。

サンライズ特急の発車時間を考えると在来線では間に合わないとか。

 

大宮-東京間の新幹線乗車とはなんと贅沢な。

こうして突如弾丸旅行が始まったのでした。

 

 

 

東京駅につくと乗り換え時間が4分ぐらいしかないらしいので走って乗り換えをした。

 

今にして思えば本格的に無茶なスケジュールだ。

こっちが待ち合わせにあとちょっと遅れたらどうする気だったんだろう。

 

(鉄道好きの依頼者によれば、新幹線に乗って先回りをし、サンライズに追いつく方法は無くはないらしい)

 

 

 

そして走りながら乗り込んだサンライズ瀬戸。

 

 

寝台列車なんて初めてだ。

現代では日本の寝台列車はだいたい廃止になってて、今ではもうサンライズしかないらしいということをなんとなく知ってた程度の予備知識。

 

 

依頼者によれば予約を取ること自体が結構難しいとのこと。

 

今回の旅行は他にも候補があった中、連絡から待ち合わせまでのこの短時間に行き先が決定したらしい。

販売状況をチェックしてみるとまだ乗車券は売り切れてなかったので急きょ高松行きを決定したのだという。

 

 

 

 

サンライズ特急に乗車してまずやるべきことはシャワーカードの購入らしい。

シャワー室の設備はあるが数に限りがあり、売り切れ率は極めて高いとのこと。

 

 

 

そして個室寝台。

等級でいうところの「シングル」だそうな。

 

一番安い個室の「ソロ」よりもわずかに広い。

 

 

レンタルニートによって得た初めての体験。

非日常感たっぷりのワクワクする旅だ。

 

 

部屋の扉は自由に設定できるパスコードロック式。

依頼者に使用方法を教わった。

 

その他、サンライズ特急に関するいろんな案内を受ける。

 

 

 

車窓からの風景も楽しめるラウンジ。

買っておいてもらったお菓子を食べながら、今回の旅について話し込んだ。

 

時間なかったけど酒も買っておけばよかったなぁ。

 

 

依頼者は今回、元々レンタルとして旅行同行に呼ぶつもりで川越に来ていたのだという。

 

で、会う前に「ちょっとパチンコ打つか~」と川越のパチンコ店で打っていると大当たりを出し、旅の予算が元々の倍になったらしい。

 

それもあって奮発して急きょサンライズ特急に乗ることにしたのだと。

 

7月の競馬で当たった人に呼ばれて北海道行った件といい、やはり運の影響力がでかいレンタルニートです。

 

 

度々こういう「なにかが起こる」ことがあるので運は大事であると信じて、よく神社にお参りもしています。

 

何らかの運によって大儲けした方からの連絡をお待ちしています。

 

 

 

せっかくの機会なので設備をしっかり体験しておこう。

買っておいたシャワーカードでシャワー室を利用する。

 

 

 

計6分間お湯が出てシャワーが使えるという仕組みらしい。

(お湯を止めている間はカウントも止まる)

 

揺れる列車の中でシャワーを浴びるというのは珍しい体験だった。

手すりにつかまりながら浴びた。

 

 

 

午前2時ぐらい、やっと個室で就寝。

 

辺りはすでに暗いけど、ビル群のシルエットや月がよく見えてなんとも揺れが心地よかった。(窓のサンシェードは下ろせる)

 

 

 

翌朝、日の出と同時刻に瀬戸大橋の通過を見ましょうとのことだったので6時半ごろに起きる。

 

 

サンライズ瀬戸の見どころらしく、他の乗客もラウンジに集まってきた。

 

 

 

急に出かけることになったがとてもよい旅だ。

 

2日目は「香川でうどん」ってことにはなってるが、

昨日からの依頼者の楽しそうな様子からも、どちらかというとこのサンライズ瀬戸がメインインベントだろう。

 

おかげさまで新たな鉄道旅の体験ができました。

 

 

 

午前7時半ごろ、名残惜しいがサンライズ瀬戸を降りる。

高松に着いたらそのまま琴平線で花園駅まで移動し、香川のうどんを食べに行った。

 

 

 

 

 

「うどんバカ一代」。

開店する時間帯に着こうって話かと思ったら、朝からやってるらしい。

 

 

朝8時からいただく讃岐うどん。

「中盛り」でもボリュームがすごく、300円ぐらいのかけうどんでお腹いっぱいになった。やや太麺のうどんだ。

 

(このあと夜まで食事が必要なくなった)

 

 

 

その後高松周辺で観光をして、帰り。

 

 

東海道新幹線の運休で新大阪まで移動するが足止めをくらい、結局その日のうちに帰るつもりだった依頼者と一緒に大阪一泊となりました。

 

 

自分は元々1人でゆっくり数日かけて帰る案もあったが、おかげさまで前回大阪来たときに時間がなく体験できなかったお好み焼きやたこ焼きを食べることができた。

 

 

交通機関の運休とか、旅にはこうしたトラブルがつきものです。

そんな場合にも時間に追われていない僕は柔軟に対応し、ゆっくり付き合います。

 

 

 

 

忙しい立場だと対応できないような、様々な急な呼び出しにも対応!

 

衝動的に出かけたくなったときにもお気軽に連絡ください。

 

 

【レンタルニートを利用するには】

 

・LINE

・twitter

・メール

いずれかの方法で連絡ください。


友だち追加数

 

twitter:

 

メールでの連絡は

【dsq2165@gmail.com】まで。


→レンタルニート(仲陽介)予定表

10月5日

 

札幌で一泊し、自由行動で小樽へ。

今日を終えたら明日はもう帰りだ。

 

札幌駅北口周辺は工事をしていた。

 

7月には新函館北斗駅にも行ったが、北海道新幹線の札幌延伸のための工事がすでに進みつつあるらしい。

 

2030年度開業とのことなのでずいぶん先の話。

 

 

 

札幌を出て小樽方面へ。

 

札幌から小樽はそう遠くなく、45分ほどで着くらしい。

この日は1日フルに使えるわけだが、いつも旅先で自由時間ができたときの行動として

 

・温泉に行く

・神社に行く

 

という考えある。

 

 

温泉ならやっぱ登別かな?

と思ったが、日帰りは無理ではないが結構遠いし交通費もかかるのでやめた。登別方面は今回のフリーパスのエリア外だ。

 

 

 

 

ほどなくして小樽に到着。

前日までの長距離移動に比べれば全然近い。

 

 

 

 

駅前にはアーケード街があるみたいだ。

おみくじマニアなので、ここで見かけたおみくじを引いてみた。

 

 

 

運勢吉。

 

向いてる仕事: ブライダルプランナー

異世界の自分: スライム使い

前前前世: イトミミズ

 

かなりテキトーなことが書いてあるけど、こういう具体性のあるおみくじは好き。

 

神社でおみくじを引くのも好きなんだけど、格式張ったおみくじってだいたい「よろし」「あせるな」「初心忘るべからず」みたいな抽象的なことが書いてあるばかりで全然参考にならないことも多い。

 

っていうか「慎め」に該当するアドバイスばっかりで守り入りすぎ。

 

デタラメでもいいからある程度具体的な事が書いてあってほしい。

そうすれば偶然それに関係ある場面に立ったときに多少意識するきっかけになるのでよい。

 

 

 

 

 

そして見どころである小樽運河にやってきた。

ここは駅から徒歩10分圏内ぐらい。

 

 

 

 

古い倉庫のような建物があって写真に映える。

 

小樽に来たら安くてもいいので寿司が食べたいと思っていた。

駅を降りたあと買っておいたスーパーのパック寿司をここで食べることにする。

 

 

ニコ生しながら小樽運河の景色を背景にいただく。

税込み700円超えクラス。自分としてはやや奮発した。

 

スーパーで見て思ったけどさすが小樽で、パック寿司は大きさやネタのバリエーションがいろいろ選べるぐらいには置いてあった。

 

実際やっぱり網走で食べたスーパーのパック寿司よりおいしい。

(むこうはもっと安いやつだったが)

 

 

イクラがあんまり好きではなかったんだけど、正直ここでの写真映えのためにわざとイクラ入りのやつを選んだのだが、これがおいしい。

 

生臭さがなくてちょっとイメージが変わった。

 

 

 

 

旅先での習慣として、その後駅近くの神社へ。

ちょっと高台にあるところだ。

 

どこに行くときも、とにかくレンタルニートの「商売繁盛祈願」ということにしてお参りをし、運気を高めていく。

 

依頼者の競馬が当たって旅行に招待されたときもあるので、周囲の人々の勝負運もついでに祈願する。

 

なにごとも運が大事。

 

 

 

さらに、小樽名物だという「ぱんじゅう」を食べる。

 

 

重量自体もそうだけど、こりゃちょっと腹に重いなぁ。

甘いもの好きの自分ですらそう感じたので、残りはほとんどホテルまで持ち帰ることになった。

 

 

 

一応、小樽周辺に温泉もあるようだったので歩いて向かうが、まあまあの距離を歩く途中に雨が降り出したのでやめて、早めに札幌へ戻ることにした。

 

今日は最後の夜ということで、札幌で仕事を終えた依頼者と合流して店で飲むことになっていた。

 

ということで小樽編は終了。

 

 

 

 

小樽は明治~大正ぐらいのような雰囲気の建築物がたくさんある。

 

蔵や、瓦屋根の建物や、石造りの洋風の建物が入り混じっていて、このあたりの景観は自分の地元の川越とも似ている気がする。

 

 

 

 

 

18時前には札幌に到着。

 

 

依頼者と合流し、お仕事お疲れさまでしたということで7月にも行った居酒屋の系列店に行った。

 

 

 

料理がなんでもおいしい。

とうきびの天ぷらなんか特に。

 

このとき1時間制の飲み放題だったので、

相手に合わせ早いペースで飲みすぎてしまった。

 

オススメされてついつい飲み過ぎちゃう。

 

 

結果的にフラフラになった。

飲み放題1時間制は元を取ろうとして早いペースで飲んでしまうので危険です。

 

 

 

 

 

最後に泊まったすすきののアパホテルは、ラブホテルを改装した感じのところだった。

 

 

 

部屋の構造が普通と違うし、設備も完全にラブホ風。

バス・トイレ別で風呂場が広いのはよい。

 

ただ通常と違う部屋の構成から、部屋入ったときカードキーを収めておくあのホルダーの位置も違ってて、うっかりインキーしてオートロックで締め出された。

 

 

依頼者と一緒にいったん荷物をおいて飲みに行くときにこれが起こったので「何やってんのw」って笑われてたんだけど・・・

 

実は酔ってたせいか帰ってきて深夜にも2度目の同じミスをしていたのだった。

 

おかげで2回もフロントを呼ぶことに。

1回目と2回目のフロント係が違う人だったので気まずさは軽減された。

 

 

 

飲み放題1時間制はついペースが早くなりがちなので危険です。

気をつけましょう。

 

 

 

 

10月6日

 

夕方の飛行機で帰る。

 

 

出張の多い仕事の依頼者はこのあとこのまま福岡に向かうそうなので、札幌のどこかの地下越駅でお見送りをした。

 

日本全国いろんなところを飛びまわってますね。

仕事と遊びの都合を上手くすり合わせて楽しんでいるお方だと思います。

 

 

 

 

その後、たまたま同じく北海道から東京に帰る知り合いがtwitterを見てたそうなので連絡を取り合い、新千歳空港のラウンジでお茶してから帰った。

 

 

 

今回も初めて行くいろんな場所を楽しむレンタルニートでした。

連日泊まりでの利用も歓迎です。

 

その他「今度こんな利用は対応可能ですか?」と相談するために試しに呼び出してもらってもOKです。

 

様々な趣味や遊び、お出かけに付き合います。

 

 

 

【レンタルニートを利用するには】

 

・LINE

・twitter

・メール

いずれかの方法で連絡ください。


友だち追加数

 

twitter:

 

メールでの連絡は

【dsq2165@gmail.com】まで。


→レンタルニート(仲陽介)予定表