ニート株式会社のレンタルニート

ニート株式会社のレンタルニート

NEET株式会社の事業、有り余る時間でみなさまと一緒に遊ぶレンタルニートです。

7月18日

 

埼玉への帰りはフェリーで青森に渡ってから新幹線で行こうというところだったが、うっかりフェリーの乗船券予約を忘れていたので函館でもう1泊することとなった。

 

北海道神宮で引いたおみくじにも「旅行:急ぐな」というようなことが書いてあったのでゆっくり行くことにする。

 

 

どうせ予定はない。

余計な出費はあるかもしれないけど。

(ありがたいことに追加の移動費や宿泊費はもらっている)

 

 

函館でもう1日増えたので、どこかでもらった旅行パンフレットの中から観光プランを決める。

 

明日は船で津軽海峡を渡るわけだが、青函連絡船記念館「摩周丸」の展示が良さそうだと思ったので行くことにした。

 

 

函館駅の近場なのでアクセスがいい。

 

シンカリオンに「発音ミク」として出てくる初音ミクがお気に入りの場所。

 

 

 

 

 

入場料500円。

 

今はもう使われていない船が停まってて、それ自体が博物館になっている。

 

 

日曜だったはずだけど空いていて、なんか入口の事務所あたりにも結構古さを感じられる。

 

次の予定が決まってない中でゆっくり見るのにはちょうどよさそうだ。

 

受付を済ませて船に乗る。

 

 

 

「青函連絡船」ってのは昔国鉄の時代に運行してた船の名前だという。

今民間で運行している船は津軽海峡フェリーとか、青函フェリー。

 

1988年まで使われていたとか。

自分の生まれた頃だ。

 

 

キャビンに入ってみて一瞬で雰囲気が伝わってきた。

あー、これはいい。

 

部屋に入るとスピーカーから音声が自動再生され、当時の船内アナウンスが聞こえてくる。しかも運行時に実際に録音したものらしく、後ろの方で子どもたちが騒いでるような声が一緒に聞こえてくる。

 

この演出はすばらしかった。

 

 

 

 

 

 

 

模型好きとしてはやっぱり船体模型の展示には着目してしまう。

 

 

 

当時使われていたらしい、昔の特急列車とかバスみたいな感じの座席が展示してあった。自由に座れる。

 

 

 

 

制服の展示。

 

 

 

 

展望サロン。

船の後部にあたる。

 

コーヒーとかのメニュー表もあったんだけど、係員は誰もいなかったのでコロナで過疎ってからはやってないのかもしれない。

 

運行当時もカフェスペースか何かになってたんだろうか?

 

 

 

 

船長服が数種類展示されてて、自由に着れるらしいので着た。

 

 

 

なかなか様になっているでしょう。

 

仕事してる風を装えるのでちょくちょくワイシャツを着るんだけど、こういうときに合わせやすい。

 

 

 

その他、機関室のような場所の展示。

 

 

一番気に入ったのは、以下通信室とか操舵室の展示である。

当時使われていたらしい様々な計器とか通信機とかの設備がそのまま展示されていた。

 

 

 

すごい!これは本物だ!

モールス信号発信機は押してみると本当に音が鳴った。

 

 

 

なんかこう、子供が喜びそうな感じだけど、

本物の展示なのでメカ好きの大人にとってもとても楽しめます。

 

 

続いて操舵室。

 

 

 

 

 

このあたりもギミックが凝ってて、レバー入れ替えるとブザー音が鳴ったり、インターフォンには通信室の座席との通話機能が本当に備わっていた。

 

 

その他船室や甲板など。

 

 

 

 

摩周丸は素晴らしい展示だった。

 

もはや博物館としても使い古された感じだけど、船体や設備がそのまま展示されているところがとても気に入った。

 

 

沖縄とかで戦争関連の資料館行って暗い気分になるよりもずっと楽しめるのでよい。

 

こういう系統の観光あったらまたしたい。

 

 

 

 

昼は前日に続き「ラッキーピエロ」で食べた。

とても美味しかったので気に入ったんだ。

 

 

今度は一番人気の「チャイニーズチキンバーガー」。

甘辛の濃い味でおいしい。

 

まだ試してないメニューもあるのでいずれまた行きたい。

 

 

 

この日もまたとても暑く、午後は大して歩き回る気にならなかった。駅前で時間をつぶし、早めにホテルへ行き終了。

 

 

 

夜もまたセイコーマートの惣菜。

 

ほかのコンビニだと200円以上クラスでわざわざ買う気にならないような、卵焼きとかごぼうサラダなんかが安いのでよい。

 

今回の旅で何度セイコーマートに行ったかわからない。

 

 

 

7月19日

 

埼玉までの帰りの日。

 

青森に渡ってから1泊の線もあったが、フェリー予約忘れた都合により今日は移動だけになる見込み。

 

 

津軽海峡フェリーの昼の便に乗るため、港に移動する。

 

港は函館駅と五稜郭駅の中間地点ぐらいの位置だし、フェリー乗り場行きのバスは出港時間に対しやや間に合わないぐらいの時刻だ。

 

 

 

 

観光ガイドにはタクシーが推奨されていたが、

誰が1人でタクシーなど乗るか!もったいない!ということで五稜郭駅まで移動してから3kmほど歩くことにした。

 

 

 

今日もまた暑い。

北海道に1週間ほどいたけど毎日快晴のような状態だった。

 

 

フェリー乗り場をよく確認してきたつもりだったのだが・・・

 

なんだか殺風景で様子が予想と違う。

 

 

建物内の受付前まで行き時刻表を確認してみると、自分が乗るはずの便は表示されていない。

 

やっぱりなんかおかしい。

 

よく確認してみると・・・

ここは青函フェリーだ。

 

 

自分が乗るのは津軽海峡フェリー。

 

もしそれがあったとしても乗り場は互いに近いものだと思ってたけど、実際はここからさらに3kmぐらい離れた場所なのであった。

 

 

 

 

これはやばい!

新幹線の予約もしてもらっていたので、乗り遅れるわけにはいかない。

 

ついにホントにタクシーの出番かと思われたが、一応余裕を持って到着するつもりでいたので、走れば間に合いそうな距離ではあった。

 

 

迷っている暇はない、行こう。

 

 

 

そんなわけで青函フェリーターミナルから津軽海峡フェリーターミナルへの3kmぐらいの区間を必死に走ったのでした。

 

汗だくになった。

 

 

途中、ラッキーピエロの店舗がフェリー乗り場近くにもあった。

 

津軽海峡フェリーの乗り場は近くにラッキーピエロのある方。

覚えておきましょう。

 

 

おみくじに「急ぐな」とは書かれていたものの、最後に罠が仕掛けられていたようだ。

 

 

 

なんとかたどり着き乗船手続きを済ます。

 

フェリーなんて乗ったことない。

念のため早めに着ける時間で予定を立てておいたおかげで助かった。

 

 

 

そして乗船。

 

「せっかく函館まで行くなら帰りでフェリーにも乗ろう」と思ってした選択だったが達成される。

 

前日、摩周丸にも行っていたので、ちょうど実際の船旅もしてみたくなったところだった。

 

 

 

 

楽しみにしていたフェリー。

これもまた、船内は結構広いので探検しがいがある。

 

 

乗船券はスタンダード席。いわゆる二等船室的なやつで自由に出入りする空間だが、あまり混んでないので空きを選べば1人で使えた。

 

同じようなスタンダード部屋が通路脇にいくつも並んでいるが、家族優先部屋とか女性専用部屋もあったと思う。

 

 

乗船時間は3時間40分。

料金3000円ほど。

 

 

距離は短く、寝る場所の確保には及ばないので一番安いやつで問題ない。

 

ただ、どうせならもうちょい払って専用エリアに行けるビューシートを取ってみるのも面白かったかも。

 

 

 

出向前に各種設備を見て回る。

 

 

飲み物も買ったが、暑い中走ったのであっという間に飲み干した。

 

 

 

 

窓から外が見えるんで、だいたいの時間は廊下のこのスペースで過ごした。

 

船の揺れに関してはほとんどなかった。

窓から目を話した間に、気づいたらもう港を離れつつあった。

 

 

 

 

食事スペースでは弁当や冷凍食品が自販機で売っており、

横にある電子レンジで温めて食べられるようになってた。

 

 

 

 

たまに見かけるカップ麺の自販機もあったのでそちらを利用。

海の上だからやっぱりシーフードかな。

 

 

船旅もいつもと違う気分でいいものだ。

そのうち大洗から苫小牧まで出てる距離の長いフェリーにも乗ってみたい。

 

 

 

結局いくらか客室内で寝っ転がり、

そろそろ飽きてきたなーというころに青森に到着。

 

 

 

 

青森には2年前に旅行同行レンタルで来ていた。

 

青森駅すぐ近くの港のあたりに着くものとばかり思ってたけど、フェリーターミナルは今度もまた青森駅と新青森駅の中間地点ぐらいの場所だったようだ。

 

 

 

このあと新幹線に乗るので目指すは新青森駅。

 

まぁやっぱり歩きかな。

 

 

5kmぐらいまでの歩きは荷物持った旅行中でもよくあることだ。

 

北海道では見る機会がなかったが、新青森駅近くにはラベンダーがたくさん咲いている場所があった。

 

 

 

そして新青森駅に到着。

前回の東北旅行では経由しただけだ。

 

新幹線に乗る機会もまたほとんどないので楽しみ。

 

 

依頼者からお土産の購入を頼まれたので買っておく。

 

 

その他、青森の滞在時間がほとんどなかったので、代わりにりんご関連の食べ物や飲み物を買ってから新幹線に乗った。

 

 

 

 

「シンカリオン」を見てから新幹線に興味が出たんだけど、主人公機でもあるE5系に乗るのがまず初めてだ。

 

確か、全席が指定席なのが「はやぶさ」だっけ。

 

 

思えば、今回は飛行機で新千歳に行き、バスで函館まで移動し、フェリーで青森まで行った後に新幹線で大宮まで帰ることになった。

 

いろんな乗り物を楽しむ旅となった。

なんなら旅行中レンタル自転車でも割と長距離を移動した。

 

 

自由な時間(と、出資される金)があればいろんな旅ができるもんだ。

 

 

せっかくなので車内では1人りんごパーティーをした。

ペットボトルのりんごジュースは他でも見かけることあるけど、おいしい。

 

「王林」がより甘さがあっていい感じ。

 

「青森といえばりんご」ってイメージあるけど、実際行ってみるとホントにそうだ。どこ行っても土産物としてりんごが強く押し出されてるし、いろんなロゴにもりんごのデザインが使われてる。

 

 

 

 

せっかくなので車内でまだ見てなかったシンカリオンの劇場版を見た。

 

ストーリーは新幹線で北海道に行く話であり、昨日まさに行ったばかりの摩周丸も出てきた。このタイミングで見るのになんとふさわしい。

 

 

 

 

なお、繰り返すがこの帰りの新幹線もまた依頼者が競馬で当てたことによって急きょ旅費が追加で出たような形だった。

 

 

競馬に感謝。

これからも「運」が大事であると考えていこう。

 

 

 

大宮に到着し、競馬の当たりで行く北海道旅行は終了。

 

 

出張先に呼ばれるという形で突然出かけることになったけど、なんとも刺激的な旅だった。

 

 

 

フットワーク軽く突然の外出にも対応します!

レンタルニート。

 

 

無茶なスケジュールの呼び出しもお寄せください。

 

【レンタルニートを利用するには】

 

・LINE

・twitter

・メール

いずれかの方法で連絡ください。


友だち追加数

 

twitter:

 

メールでの連絡は

【dsq2165@gmail.com】まで。


→レンタルニート(仲陽介)予定表

7月17日

 

札幌から函館へ移動して一泊。

今日は函館観光をする。

 

今日もまたいい天気。

北海道はずっと晴れてる。

 

 

遠くに見える函館山は夜景スポットとして人気らしいので夜に行くことにした。

 

ロープウェイがあるようだけど、ハイキングコースを登って登山するのもさほど大変ではなさそうなので歩きでいこう。

 

夕方から登山開始するぐらいでちょうどよさそうだ。

 

 

 

ひとまず今朝もまたセイコーマートで買い物をして朝食。

「ソフトカツゲン」は北海道名物らしいとなんとなく知ってたので飲んだ。

 

 

 

夕方から登山をするとして日中どうしようか迷ったが、

函館競馬場に行く案がニコ生で出てたのでやっぱり行くことにした。

 

どうせ指定席限定だから入場はできないけど、路面電車で15分も移動すれば着くぐらいの距離。

 

今回は競馬のおかげで発生した北海道旅行なので、聖地巡礼として競馬場にお参りをしておこう。

 

 

松風町から路面電車で移動し、競馬場前で降りた。

 

 

 

 

外観は見れたが、やっぱり事前予約ないと建物内に入場もできないとのこと。

 

 

 

外からガラス越しに馬は見れたので、しょうがないからお馬さんの写真をいくつか撮って終了。

 

 

料金払って乗ってきたのに、そのまま路面電車で引き返すのももったいないと思ったので3kmぐらいだろうか、歩いて戻ることにした。

 

 

 

 

昼食。

 

函館では「ラッキーピエロ」というハンバーガーのローカルチェーンがあるらしいと聞いたのでそこに決定。

 

これもニコ生のコメントによる情報からだ。

 

函館市内に何店舗もあるらしい。

 

 

 

外観が派手!

 

なんか、昔のアダルト系を多く扱うレンタルビデオ店みたいな雰囲気。

 

 

 

 

内装は洋風で、古い洋楽もかかってたので地元埼玉ローカルの「るーぱん」を思い出す。

 

 

さて、飲食店をオススメされたところで大して興味を持たないこともある自分だが、ハンバーガーが好きなので今回については素直にオススメに従ってやってきた。

 

 

ラッキーチーズバーガーを注文。

 

 

うまいっ!

 

分厚い肉とドロドロに溶けたチーズで、ガッツリハンバーガーを食べている満足感が得られた。

 

これはとても気に入った。

メニューを見るとカレーとかもやってるみたいだ。

 

各店舗のスタンプラリーもやってるとのこと。

マニアックな企画だなぁ。

 

 

競馬の話の続きだが、

「せっかくだから馬券買おう!」という意見があったので、実は一応ネット投票の登録を路面電車に乗りながらしておいたのだ。

 

 

 

「JRAダイレクト」のカード決済利用だと1000円以上からの決済らしい。

とりあえず100円ずつ買って、1000円になるまでネット投票してみた。

 

次のレース直前だったので、一番人気らしい馬と、名前が気に入った馬、その他2~5番人気ぐらいまでの馬を組み合わせて馬単で11通り買った。

 

「馬単」ってのは1着と2着になる馬を着順通り予想するやつだ。1-2とか、5-3とか。

 

 

しばらくあとで結果を確認したのだが、これがなんと的中。

 

払い戻し3100円で、差し引き+2000円のチョイ当たり。

 

やったぞ!

旅行中の食事代にはなるな。

 

 

こういうので調子に乗って大失敗する例はよくあるので、出たプラスで続けて買うのはやめよう。たまに1000円だけ賭ける程度ならしたい。

 

 

 

 

そのあとは夜に函館山の頂上に着けるよう、寄り道して時間をつぶしながら移動した。

 

 

登山道はいくつかあるみたいだけど、函館公園と函館八幡宮に寄る都合上ちょうどよかったので、奥の方から回り込むルートにした。

 

 

 

函館公園には「こどものくに」があった。

遊園地みたいなのが結構古い設備のようだけどまだしっかり動いている。

 

 

 

続いて函館八幡宮。

競馬をはじめとしてさらなる運気上昇のためパワースポットからパワーをもらっていこう。登山前の安全祈願も兼ねて。

 

 

 

ここからもう少し歩いた先に、「碧血碑」というのがあった。

 

 

 

「旧幕府軍の墓」ということらしい。

これもきのう五稜郭で見た箱館戦争関連か。

 

るろうに剣心の北海道編にも出てくる場所だとか。

 

 

 

 

で、この碧血碑の階段登った右側がそのまま登山道入口になってたのだが

 

 

思ったよりだいぶ草木が生い茂っていて険しい道だった。

 

通常ルートよりも回り道っぽいからさっさと登ろう。

16:30ごろ、登山開始。

 

 

 

 

 

旧登山道ルートがメインの登山道らしいので、そこへの合流を目指す。

 

結局その道に合流するまで他の登山客と誰とも出会わなかった。

 

過疎ルートだからこりゃあ暗くなってからでは危ない。

さっさと抜けておいてよかった。

 

 

ついこの前沖縄で登山したときにまさに密林っぽい植物がいろいろあったけど、北海道は北海道で関東の山ともやや植物の種類が違うような気がする。

 

 

 

 

 

 

17:40ごろ、頂上のロープウェイ発着所にたどり着く。

 

前半は険しかったけど、まぁ1時間ちょっとの登山なのでたいした難易度じゃない。

 

 

 

夜景がキレイというけど、今の段階でも市街地の様子がよく見えるので景色がいい。

 

 

キレイに夜景を見るには20:00ぐらいまで待つ必要があるという。

とりあえず今日は登山以外にもだいぶ歩いて疲れたので、ベンチでずっと休憩した。

 

日が落ちてきたのですでに涼しい。

 

 

 

20:00ごろ、

完全に日が落ちて、街の明かりが見えるようになった。

 

 

 

見事な夜景だ。

 

だけどそのお手軽さからか、いうほどの感動じゃなかった。

 

暗くなる前にいったん展望台の上も見てきたとき、夜景をバッチリ見れるスポットを確保するべく観光客が大勢待機してた。

 

ここまではロープウェイで来れるわけだけど、なーんかそういう他の人もみんなやってて簡単にできてしまう観光だとあまり特別さが感じられないような気がした。

 

 

それは待ち時間が長すぎて疲れたからか。1人でいるからか。

 

周囲に観光客がたくさんいることで、どこかやっぱり自分なりの楽しみ方とは違う気がしているのかもしれない。

 

 

夜景を背景にスマホでビデオ通話をしているらしい中国人男性がいたが、遠くにいる人にその感動を共有する、そうした楽しみ方については大いに共感した。

 

 

帰りはロープウェイで下った。

今度はあっという間。

(混んでるので乗り込むまでの待ち時間は長い)

 

 

 

函館から一人旅になっているので予定は自由に決める。

 

今回帰りはフェリーで青森に渡り、そこから高速バスで埼玉まで帰ろうかと思っていたのだが、(旅行中に)依頼者がなんとまた競馬で1万円ちょい当たったというので新幹線に乗せてくれるという。

 

新青森からは新幹線で帰る豪華な旅となった。

 

 

 

明日には埼玉に帰ろうかと思っていたけど、

うっかりフェリーの予約を忘れていた。

 

ネット予約では2日前までしかダメだったので、結局函館でさらにもう1泊してから帰ることになった。

 

 

 

 

ホテルの宿泊室に戻り、今日もまたセイコーマートで買った惣菜で夕飯。

焼きうどんとか、パスタとかの麺類も結構充実している。

 

 

 

 

 

 

その5に続く

 

【レンタルニートを利用するには】

 

・LINE

・twitter

・メール

いずれかの方法で連絡ください。


友だち追加数

 

twitter:

 

メールでの連絡は

【dsq2165@gmail.com】まで。


→レンタルニート(仲陽介)予定表

7月16日

 

札幌を出て函館に向かう。

今日も天気がいい。

 

午前10時ぐらいですでに結構気温が高くなってきていた。

 

大通公園付近はオリンピックのマラソンコースになる予定なので、その会場づくりで一部立入禁止になっていたようだ。

 

 

本日金曜日。

 

昨日の時点で依頼者はどうやら仕事が早めに終わる見込みということだったので、あるいは週末自分の後を追って函館に行くかもという話をしていたのだが・・・

 

 

 

なんと急きょ仕事が入り、今日中に大阪に向かわなければならなくなったという。

 

 

週末遊ぶ予定がパーになり、うなだれる様子。

競馬で運を使い果たしてしまったのだろうか・・・

 

なんか諸々の事情により飛行機で直接関空へ行きたいところ、いったん東京に寄らないといけないので飛行機で東京行ってからそのあと新幹線に乗って大阪へ向かうらしい。

 

なんともハードスケジュールだ。

 

 

 

これから函館行ってその分私が遊んできますので。

 

忙しい人に代わって旅行代行も可能なレンタルニートです。

(旅行代行というジャンルはホントに開拓したいのでなにか要望あれば連絡ください)


 

 

どちらにせよ今日から一足先に単独で函館に向かう予定だった。

 

ひとまずバス乗り場の場所を確認してから、売店でお土産や昼食を買い出発時間を待つ。

 

 

 

それでは行ってきます、お仕事がんばってください、と

依頼者とはここで別れた。

 

 

函館までのバスは所要時間5時間ぐらい。

特急列車とかもあるけどバス移動のほうが安く済む。

 

まぁ北海道なら移動中の景色を楽しめそうな気がするので丁度いいだろう。

 

午前11時ぐらいに出発。

 

昼食には売店で買った「うにめし」のおにぎりなどを食べた。

 

 

昼便で5時間移動なんで寝て過ごすほどの長時間移動ではない。

 

景色眺めつつスマホで調べ物しつつ観光プラン練ったり、

twitter見たりしながら過ごせばあっという間だった。

 

 

途中の休憩で寄った有珠山SA。

やっぱり天気がいいので景色がよく見える。

 

北海道の地名はいくらか知ってても位置関係がまだあまりよくわかっていない。

有珠山は洞爺湖のあたりか。

 

 

この先、長万部を過ぎたあたりはより海岸線沿いを走る区間が長く、海が見える景色もとてもよかった。

 

 

八雲町とか森町あたりの景色はとても気に入った。

遠くに見える山は北海道駒ヶ岳のようだ。

 

 

15:40ごろ、新函館北斗駅に到着。

 

 

函館駅行きのバスなんだけど、

どうせなら北海道新幹線の駅である新函館北斗に行ってみたかったので途中下車した。

 

残りの区間は在来線でたぶん30分ぐらいかな。

 

 

twitterのフォロワーから教えてもらったんだけど、新函館北斗駅には「北斗の拳」のケンシロウの像があった。北斗つながり。

 

 

あともうひとつは「ずーしーほっきー」。

ポストに変なキャラクターがいると教えてもらったんだが、思った以上に変なキャラクターだった。

 

 

 

旅行に行くとtwitterでそれぞれの地方住まいのフォロワーがいろんな反応してくれるのが嬉しい。

 

 

 

函館方面の発車時刻が迫ってたがせっかくなのでなにか北海道新幹線グッズを買おうと思い、急いでクリアファイルを買った。

 

 

 

 

 

 

つぎは五稜郭駅で降り、五稜郭に行くことにした。

ここは函館駅の一個手前。

 

 

駅からはまた結構距離がある。

3kmあるので歩きで30分ぐらいか。

 

まぁバスもあるだろうけど3kmぐらいだったらいつも歩くかな。

ポケモンGOのタマゴ孵化の促進にもなってよい。

 

 

五稜郭はすぐとなりに資料館みたいなのを兼ねた五稜郭タワーがある。

空港の管制塔みたいだ。

 

 

 

昨日の事前学習で五稜郭というのは土方歳三ゆかりの地だということがわかったのだが・・・

 

 

 

 

 

2mぐらいの立像もあるし、キャラクターもいるし、

思った以上に土方歳三推しの強い観光地だった。

 

土方や新選組グッズのお土産もたくさんある。

 

 

今日もまた暑い中歩いたので疲れた。

 

休憩を兼ねてエレベーターでタワーの展望室に登った。

入場料が900円。

 

 

天気がいいおかげでガラス越しでも鮮明な写真が撮れる。

 

なるほど、とりあえず現地を観光するつもりで来たけど、タワー登ってこないとこの上から見た五稜星のきれいな形は見えないな。

 

 

教科書かなんかで知ってたのでここは大昔の古墳みたいな場所なのかと思ってたけど、成り立ちはどうやら幕末の「奉行所」というものらしい。

 

 

歴史がとても苦手なのでよく理解してなかったが、軍事拠点のようなものだろうか。

 

 

 

売店で買って食べた「新選組ソフトミックス」。

これはよいカラーリング。暑いのでちょうどよかった。

 

 

続いて五稜郭の内部へ。

ここは橋を渡って堀の先に自由に行くことができるみたい。

 

 

 

 

中心にあるのが奉行所の建物で、今はこれもまた資料館みたいなものとして公開されているらしい。

 

有料で入れるみたいだけど、着いたときが午後6時ごろでちょうど閉館時間だった。

 

 

 

 

その後、路線バスで函館駅まで移動。

 

 

 

今日の宿はここから近く。

このあたりは路面電車が走ってるようだ。

 

 

 

 

塩ラーメン食べようと思ってたので、屋台村みたいな大門横丁というところで食べた。

 

 

この夕食で思ったのは、せっかくこういう屋台みたいなところに来るなら1人でなく誰かと一緒に酒でも飲んでゆっくり滞在したほうが楽しそうだなということ。

 

単独行動になってみて思ったけど、

1人だと観光プランの発想もどこか限られてくる。

 

味はよかったのだが、さっさと食べてさっさと出てしまった。

 

 

やはりこういう話題や思い出は誰かと共有したほうがより楽しめる。

 

 

自分は1人行動が結構好きなタイプなんだけど、

この函館行きは特に固定の目的に強くこだわりたい時でもなかったので、なんかもっとこう余計なことをして楽しみたいなと思ったりした。

 



 

宿につき、またすぐ近くにセイコーマートがあったので買い物をしてから、ニコ生をした。

 

 

 

さて、翌日は函館競馬が開かれるとのこと。

競馬場はここから近場だが、今回は予約の指定席限定で、それ以外は入場できないという。

 

とりあえず函館山への登山かな?

と予定を考えつつ3日目終了。

 

 

 

その4へ続く

 

 

【レンタルニートを利用するには】

 

・LINE

・twitter

・メール

いずれかの方法で連絡ください。


友だち追加数

 

twitter:

 

メールでの連絡は

【dsq2165@gmail.com】まで。


→レンタルニート(仲陽介)予定表

7月15日

 

急きょ北海道にやってきて2日目。

 

依頼者はまだ仕事が残っているのでこのあと自分は基本的に自由行動をし、明日の金曜日以降の週末は都合が良ければ行動を共にするということになった。

 

ひとまず札幌の大通公園前のホテルに2連泊する。

 

 

昨日セイコーマートで買っておいた「ようかんパン」で朝食。

響きがAAの「ようかんマン」みたい。

 

甘いものが好きなので沖縄でも甘い菓子パンを食べたが、結局北海道でも同じようなことをしているな。

 

 

今日は再び自転車のレンタルをし、北海道神宮に行くことにした。

 

 

旅先で神社に行くのはいつもやってることだけど、今回は競馬の当たりのおかげで北海道にやってきた。

 

運によって機会を得たと言っていい。

 

 

ここはパワースポットに行くことで、さらなる運気上昇を狙っていきたいところ。

 

 

札幌はとても天気がよい。

 

涼しそうだから夏に北海道に来てみたいと前から思ってたのだが、それ以外にも北海道は梅雨の影響を受けづらいという。

 

関東は梅雨明けするかどうかという時期だったのでこれには大きな違いを感じた。

(結局滞在した1週間ぐらいの間、毎日雲が少なく晴れの日が続いた)

 

 

 

 

利用するレンタル自転車は「ポロクル」。

「ハローサイクリング」の方は使ったことあったが、札幌周辺には無いようなのでこちらにした。

 

 

 

とりあえず自転車を出発させる。

 

旅先でのいつもの楽しみ方として、まずは近場のハローワーク札幌に行った。

 

 

ハローワークは日本全国にある記念撮影スポット。

 

石垣島では日本最南端のハロワに行ったので、そのうち稚内で日本最北端のハロワにも行きたい。

 

今回の旅の候補地にもなるだろうかと一瞬思ったけど、どちらかというとそれは普通に日本最北端の宗谷岬とかを訪ねる旅のついでになるだろう。

 

 

今回は函館方面を候補に考えている。

明日には高速バスで移動することになるだろうか。

 

 

続いて目的の北海道神宮へ。

 

3kmほどのサイクリング。

 

北海道といっても近年の夏はとても暑くなるらしい。

 

30度を超えてくる気温で、日差しはあって暑いことは暑いのだが、湿気がそんなにないせいか沖縄で自転車こいで移動するのよりは楽だった。

 

汗だくになりシャツがべったり肌にくっつくほどにはならない。

日陰で休憩しながら進めば涼むことはできる。

 

 

だけど、雲がまったくない晴天なおかげで日が遮られるタイミングが全然ない。これは日焼けしそうだな。

 

 

 

 

北海道神宮は円山公園というところにくっついている。

涼しげな雰囲気。

 

 

 

 

 

 

 

わざわざ遠い土地の大きな神社に行くことでなんらかのご利益があることだろう。

 

レンタルニートの商売繁盛祈願、そして今回依頼者の競馬が当たって北海道に来る機会を得たことから、様々な運を引き寄せるべくお祈りをしていった。

 

 

 

1日自転車を使うとしたらまだだいぶ時間がある。

 

 

暑いのでなにか涼しげな場所に行きたい。

 

次は候補地としてもう一つ考えていた、野幌森林公園に行くことにした。

 

「野幌」の読みは「のっぽろ」。

 

「JR森林公園駅」もあるらしい。

 

東武東上線ユーザーとしては森林公園には行ってみたい。

 

 

 

結局のところ宿に対して北海道神宮と野幌森林公園は真逆の方向なので、東西に行ったり来たりすることになった。

 


目的地までは15kmほどある。

午後3時ぐらいからの出発なんでちょっと時間が遅いかもしれない。

 

まぁ沖縄でも同じぐらいの距離を往復したし、電動アシスト自転車だからいけるだろう。

 

そんな軽い気持ちで出発。

旅はそうやって無茶があったほうが面白い。

 

 

札幌駅周辺はやはり市街地であり、車通りの多い区間を抜けるのには結構時間がかかった。

 

田舎の方でなくとも、北海道らしい真っ直ぐ続く道路がたくさんある。

 

 

こうなってくると日陰が少ないので、なんだかんだで直射日光を浴びて暑く、体力を消耗した。

 

涼しいかなーと思ってたけど、北海道をなめていたようだ。

 

 

北海道の飲み物、「リボンナポリン」を飲んで休憩。

絵はかわいいが意外と炭酸は強めな気がする。

 

 

 

16時過ぎ、やっと野幌森林公園にたどり着く。

 

 

 

入口から続く通路の奥の方にはかなり高い塔が見えた。

 

 

これは北海道百年記念塔というものらしい。

 

比較対象になるものが写ってないが写真の通路は奥行きがだいぶあり、塔の高さはかなり高い。

(100メートルあるらしい)

 

昔は展望室にも入れたが、今はもう老朽化で立入禁止になり、取り壊しが決まっているのだとか。

 

なんだかSFっぽい感じの独特なデザインなので取り壊しちゃうならちょっともったいない気もする。

 

無機質な感じがディストピア系っぽくもある。

妨害電波出てそう。

 

広場の真ん中にあるモニュメントということで長崎の平和公園を思い出すが、こちらはあんまり平和の象徴というような感じではないな。

 

北海道の開拓の歴史を象徴するものっぽいので、技術力の象徴なのかもしれない。

 

 

 

地図アプリでみた感じでは野幌森林公園はかなり広い。

調べによれば東上線の方の武蔵丘陵森林公園の7倍くらいの面積がある。

 

(ヒグマの出没情報も結構出てるらしい)

 

 

 

帰りのことを考えるとあまり時間なさそうだったので、

百年記念塔よりもやや南側にある「開拓の村」という施設の入口付近だけ見て戻った。

 

 

 

 

 

 

 

 

あと行っておきたかったのがJR森林公園駅。

 

 

東武東上線森林公園駅と同じで森林公園自体とはちょっと離れた位置にあり、駅前の雰囲気も似たような感じだった。

 

結局、森林公園自体は時間が足りなかったのでまたゆっくり行きたい。

 

 

 

結構疲れたが、また自転車で1時間ちょっとかけて札幌駅周辺まで戻る。

 

 

依頼者と連絡を取り、夕食は沖縄でも食べた「やっぱりステーキ」にすることにした。

 

本場の沖縄で食べたやつが北海道にもあるからってわざわざ行く感じが面白い。2週間前にも食べた。

 

 

待ち合わせする時間の間、また依頼者は競馬やってたみたい。

ちょくちょく数千円~1万円クラスの当たりが出てて、自分の北海道行きが決定してから今日までにも収支はプラスになってるみたいだ。

 

やはり運は必要。

 

 

運を引き寄せ、レンタルニート的な超展開を今後も拾っていきたい。

 

 

 

その3に続く

 

 

 

【レンタルニートを利用するには】

 

・LINE

・twitter

・メール

いずれかの方法で連絡ください。


友だち追加数

 

twitter:

 

メールでの連絡は

【dsq2165@gmail.com】まで。


→レンタルニート(仲陽介)予定表

6月後半に沖縄旅行に同行しましたが、利用者さんがその後仕事の出張で北海道に滞在していたらしく、「競馬当たったら札幌まで呼びます(笑)」なんてことを言ってました。

 

それがなんとホントに当たったらしい。

320倍ぐらいの馬券を的中させて3万円ちょっと儲かったので旅費とレンタル代に当てるとのこと。

 

急きょ現地まで呼ばれたのでした。

 

 

 

「まさか旅費の足しになるレベルでそんな簡単に当たるわけないだろう」とあまり本気にしてなかったのだけど、こんなこともあるものなんですね。

 

 

とても面白い展開になったものだ。

 

こちらには時間がたくさんあるので、金さえ出ればだいたいの問題は解決可能です。

 

このように沖縄旅行に行ってから2週間しか経ってないのに続いて北海道まで呼び出すというような長距離移動の利用も歓迎です。

 

 

なお、連絡を受け3日後の出発となった。

 

 

7月14日

 

地元を出発し、成田空港から新千歳空港へ向かう。

 

1週間の沖縄旅行を終え、一息ついたなーと思ってたところで再び遠くまでの旅行。

 

なんだか仕事で忙しい人気分を味わえてとても楽しい。

プラモデル製作代行の依頼品の作業を急ピッチで進め、それを終わらせてから出発した。

 

 

北海道行くことになったので沖縄で買った服を着ていったら面白そうだなと思い、「かりゆし」を着ていった。

 

 

成田空港へ到着。

 

今回、現地への呼び出しなので初めて1人で飛行機に乗って旅行する体験をした。

 

「ジェットスターは第3ターミナルだから行き方を確認して!」

「乗り遅れるなよ!」

 

と依頼者から念を押す連絡を何度も受けながらの出発。

 

確かにLCCの搭乗口のある第3ターミナルは空港第2ビル駅からはちょっと遠いので、余裕を持って移動する必要がある。
 

 

旅行同行で成田空港は何度か利用したので一応ここらへんの構造に見覚えはあった。

まぁ今の時代、ネットで調べておけば何とでも調べがつくだろう。

 

 

搭乗券発券や荷物預けを早めに済ませ、第3ターミナル内で昼食を食べた。

 

 

なお依頼者いわく、「第3ターミナルはまずい店ばっかりしかないから第2で食べてから移動するのがオススメ」とのこと。

 

確かに選択肢はちょっと少ないみたい。

 

 

 

 

それでは保安検査なども済ませ出発待機。

 

このとき搭乗口前でいわゆる「マスク拒否おじさん」的な人が係員と揉めていた。

 

「しかし、マスクを強制することは出来ませんよね?」

とかなんとかいうやり取りを何度も。

 

たまにニュースで聞くような面倒な人はホントにいるもんだなと思った。

 

 

飛行機乗ってから

「マスク着用が守られずトラブルに発展した際、場合によっては急な行き先変更の可能性もございます。必ず着用をお願いいたします。」

など念を押すようなアナウンスがあったので、もしかしたらマスク拒否おじさんはその後同じ便に乗っていたのかもしれない。

 

 

 

 

16時過ぎごろ、

2時間足らずで新千歳空港へ到着。

 

迎えてくれた依頼者と合流し、

いやー面白いことになりましたねと話しながら札幌へ移動する。

 

今回は出張先に会いに行ったという形だ。

 

 

 

2016年末ぐらいにも同じ方からの利用で北海道に来たので、北海道は約5年ぶりである。

 

北海道は広いしまだ大して回れてないからまた来たいなと思ってたんだ。

 

 

夏の北海道は涼しいかな?と思ってたが

電車で札幌に着いてから移動してみると、この日の夕方はもう半袖では寒いぐらいだった。

 

 

空調の効いた駅ビルから屋外へ出てみても涼しい空気感が全く変わらず、これはあまり他で体験できない感覚だなと思った。

 

夏場、屋外に出たときに湿気のあるムワッとした空気を全身に浴びる感覚。あれがない。

 

 

 

しばらく緊急事態宣言でお店もあまりやってなかったが、このときようやくいったん解除されて札幌ではお店で飲めるようになったばかり。

 

レンタルニートでは利用において居酒屋に行くことは結構あるけど、

やっぱり最近そういう機会は極端に減っている。

 

 

 

 

お店に着き、

お互いに「お仕事お疲れ様です」と乾杯。

 

 

北海道の食事は何をとってもおいしい。

 

居酒屋のつまみメニューでも、ジャガイモやトウモロコシが他で食べるのよりも甘みが強かったりでこれは一味違うなというのがわかる。

 

 

 

 

そして北海道といえばセイコーマート。

 

 

いつも通りホテルの宿泊室でデザートなど食べながらニコ生をした。

「山わさびラーメン」がオススメだという。

 

その他惣菜シリーズや菓子パンなんかもいろいろあるので何種類も試したい。

 

 

 

急に呼ばれても対応できるレンタルニートでありたいので、

予定になかった北海道旅行編がいきなり始まりとても楽しんでいる気がする。

 

 

 

 

その2に続く

 

 

 

【レンタルニートを利用するには】

 

・LINE

・twitter

・メール

いずれかの方法で連絡ください。


友だち追加数

 

twitter:

 

メールでの連絡は

【dsq2165@gmail.com】まで。


→レンタルニート(仲陽介)予定表