RMU公式ブログ

RMU公式ブログ

麻雀競技団体、RMU(リアル・マージャン・ユニット)の情報をお届けするブログです。他競技麻雀団体のトピックも随時更新。

こんにちはー。ブログではご無沙汰しております、増田です。

 

去年に引き続き新型コロナウイルス流行の影響で、様々なオープン大会が中止や延期になっています。。

 

いつも心苦しい報告が続く中、少しでもRMUを応援してくださる皆様に向けて、何かできないか、そういう思いでRMU祭り秋の陣を企画してみました。

 

ご報告が遅くなってすみません。

 

■RMU祭り秋の陣■

RMU注目選手とコロナ対応疲れの事務局員を集めたピックアップマッチ
RMU公式Aルール+自動配牌を採用

 

<1日目>10/2(土)11:00- 本戦~準決勝(生放送)
3回戦トーナメント(8名→4名)
 

出場者
白田みお(A級ライセンス、次期Aリーガー)
楢原和人(S級ライセンス、次期Aリーガー)
小沼翔(アスリート、EX風林火山オーディション3位)
中村浩三(A級ライセンス、度重なるスケジュール変更で疲弊している事務局長)
増田悠理(B級ライセンス、1か月しかB1リーガー名乗れなかった虚無事務局員)
西川舞(アスリート、小林さん推薦)
だてあずみ。(アスリート、レディースオープン優勝、宮田さん推薦)
西川亮祐(アスリート、カップ戦運営マン、村井さん/白戸さん推薦)

 

解説

藤中慎一郎

山下達也

成多嘉智


< 2日目>10/9(土)11:00- 決勝(生放送)
★準決勝

2回戦トーナメント(勝ち上がり4名+2日目シード者4名→2名)
シード者

松ヶ瀬隆弥(S級ライセンス、EX風林火山オーディション優勝、料理もプロ級Aリーガー)

谷井茂文(SS級ライセンス、家族大好きAリーガー)
阿部孝則(S級ライセンス、Aリーガー、サンリオ副代表)
藤中慎一郎(S級ライセンス、Aリーガー、ラーメン副代表)

★決勝

3回戦+新決勝方式
(勝ち上がり2名+シード者2名)

河野高志(現令昭位、S級ライセンス、ベビメタAリーガー)
多井隆晴(SSS級ライセンス、YoutuberAリーガー、代表)

 

解説

渡辺卓也

小川光

 

----------------------------------------------

お気づきでしょうか?そうなんです、例年より祭り参加者が少ないです😥

実はRMUの公式リーグ戦も延期している状況のため、今回の祭りは感染予防の観点からこういった内容になりました。

ご理解いただけると幸いです。

 

 

そして祭りといえば、そうです、今回もプレゼント企画あります。

多井代表のサイン入り本と出演者の色紙を準備します!

応募方法は放送にてお伝えしますね😎

 

※放送URLは作成次第追記いたします。

 

記事担当:増田悠理(Twitter:@msd84l)

皆さんこんにちは。A級ライセンスの宮田です。

このような状況の中、いかがお過ごしでしょうか。現在のRMUは、諸般の事情によりAリーグとB1リーグだけ開催が進んでいて、9/23(木・祝)にB1リーグの最終節を迎えます。

いつものように最終節の展望をお届けいたしますので、ご視聴の参考にしていただければと思います。

 

白田と楢原がAリーグに昇格して迎えた今期のB1リーグ、CL争いは首位小川と2位狩野がやや抜けた形に。

この2人は今の数字をキープすればCL進出できそうなので、ひとまずは3枠目争いが焦点となりそう。

そこは少し離れた3位の渡辺を追う4,5位の北島、湯澤が小川と同卓という組合せになっていて、数字的には渡辺の方が近いが、別卓は自力ではどうしようもできないので、2人としては直対の小川を追うつもりで打つ方がいいか。

100p前後の差なら追いつけることもあるし、何より下を気にする必要がないので目線は上に置いておきたい。

一方の3位渡辺、状況的には追われる立場でもあるが、現時点では間違いなく上(優勝)しか見ていないだろう。

以前から上しか見ないタイプではあるのだが、A級ライセンスとなって優勝すればAリーグ行きが確定するという状況になったことがさらに拍車をかけているように思う。他では残るプラス組の知念、藤井、鈴木が同卓。大勝できればCL進出の可能性があるが、大敗したら降級の危険性も残るスコアなので、大勝が見込めなくなったらおとなしくまとめて平穏に終わらせたいクチか。

一方の残留争いはというと、▲80台が4人いて、その真ん中に残留ボーダーが引かれている。

その下の2人も残留ボーダーから16~36pほどしか離れておらず、1トップで残留圏内に浮上できうる程度の差でしかない。

放送卓の1卓は、狩野を除けば残留圏だけどマイナスの3人と江澤という組合せ。江澤は最終戦抜け番なので、同卓の3人のうち、1人でも多く残留争いに引きずり込みたい。残る3人は、現状のスコアならだいたいは残留だろうが、残留ボーダーが近い筒井はちょっと沈んだだけで危ないので、できればプラスでまとめたい。

それ以外の卓は、

2卓…全体的にスコアが近いとはいえ、だからこそ最終戦抜け番の梁瀬はキツイ。

同卓でスコアが近いのが成多しかおらず、別卓でその前後スコアの人の中から最低3人はまくらないといけないとなると、ある程度まとまったスコアか展開の助けが必要になりそう。成多は筒井と似た感じで、まずは自身のスコアをまとめるのが優先か。

3卓…先に述べた大怪我は避けたい3人と、何としてもプラスして残留したい山下という構図。

山下としては卓内に当面の目標がいないので、まずは普段通り打って、出たスコアと全体の展開を見て以降の方針を決める感じか。

4卓…ボーダー直上の太田と直下の宮本、さらにその少し下の増田が直接対決、さらにもう1人は前述の渡辺という最大の激戦が予想される組合せ。

この3人の中で一番下だとだいたいアウトだろうけど、一番上になったからといって残留確定とは言い難いスコア。

この卓の展開が残留戦線を大きく左右しそうで、正直言って、今期の残留戦線の鍵を握っているのは、降級とは全く関係のない渡辺だと思っています。

 

 

最終節のご視聴、よろしくお願いします。

ニコ生
https://live.nicovideo.jp/watch/lv333626230
OPENREC
https://www.openrec.tv/live/em8xqgewjz2
YouTUbe(メンバー限定)
https://youtu.be/1LUEvAEIu0M
YouTube(無料1回戦)
https://youtu.be/xzXdij637OY

(文中敬称略 文責・宮田信弥)

皆さんこんにちは。A級ライセンスの宮田です。
自身のリーグ戦での不甲斐なさにどんよりしていたり、風林火山オーディションがあったりして原稿が遅れましたが、最終節展望のブログをお届けいたします。

B1


まず、卓組より先にスコアに注目してほしいのですが、節単位で3桁プラスのある白田、楢原、江澤の3人で3位までを占め、4位に唯一全節プラスを積み上げている嶋﨑が続くが、4位嶋﨑と5位宮本との差が100p近くあり、CL権のある3位までをこの4人で占める可能性はかなり高い。
まず、現在首位の白田と2位の楢原は、ともにA級ライセンスを所持しているので、優勝したらその時点でAリーグ入りとなる。

白田から見て楢原と江澤は約60p差、嶋﨑とは約100p差。

全員が追ってくる可能性は低いが、特に楢原と江澤は爆発力があるだけにその追撃をしのぎ切れるか。

2位の楢原は、リーグ戦の結果次第でS級ライセンスに到達し、そちらからAリーグへの道もあるが、それよりも早く決めることができるか。
江澤と嶋﨑は同卓で、上の2人次第ではあるが現時点ではこの2人で1枠を争う可能性が高い。

もちろん、3位以内に入ってCLを勝てばAリーグ昇格となるが、仮にCLで勝てなくてもより多くの選手ポイントを取ってA級ライセンスになればその後の昇格条件が緩和されるので、ここも3位争いではなくできればさらにその上を見たい。
宮本以下は自身が大勝するか上4人のうち2人が落ちてくればCL争いはできる。

4卓は楢原と6~8位の組合せなので、自力で1人引きずり落とすこともできる。

しかし、5位の宮本ですらCLボーダーより降級ボーダーの方が近い状況でどこまで迫れるか。
残留争いの方は、ポイント的に上位4人以外は誰もが巻き込まれる可能性がある。

前述の4卓の3人はその中で大きく負けた人が危ないくらいだが、それ以外の3つの卓はボーダー挟んで3,4人が同卓するため、そこの上下が残留争いに直結する事になる。

現在残留圏の選手や残留ボーダーの境界の知念や津田はもちろん、その下にいる2,3番目の野村や成多も、最終戦抜け番がマイナスとはいえ差は大きくないので、残留の可能性は十分にある。

離れた最下位の中村は苦しい位置だが、現選手最長となる17期連続残留の力を最後に示すことができるか。
 

2021前期令昭位戦B1リーグ第5節
【対局者】

1卓:成田嘉智、津田拳士、楢原和人、米田泰崇、野村祐三

2卓:小林隼人、梁瀬健太郎、白田みお、知念毅、渡辺卓也

【解説】

河野高志

谷井茂文

中西龍

【実況】

横田千遥

だてあずみ。

ニコ生
OPENREC
YouTube(メンバー限定)
YouTube(無料1回戦のみ)



C2

前年度から好成績を上げ続けている戸井田が、2位以下に100p以上の差をつけて首位快走。

ここは首位の2段階アップはないけど、このままの首位通過を目指すことでしょう。以下、渡邊、江原、田中辺りはボーダー下と100p前後差があるので、大きくマイナスしなければ昇級はできそう。
そこから下っていって現在の昇級ボーダーが野上の+50.6だが、そこから10p差以内に4人が続いていて、野上の上の七瀬も野上とほぼ横並びで、この辺りが混戦になりそう。ポイント的には▲20台の3人まではチャンスありか。
そこから下は残留争い。残留ボーダーより少し上の中村と真樹の間がやや開いていて、一番下の戸石は厳しいだろうが、真樹から下が▲110~▲130台に4人、▲180~▲200に3人で、ここから何人助かるか、という勝負になりそう。