RMU公式ブログ

麻雀競技団体、RMU(リアル・マージャン・ユニット)の情報をお届けするブログです。他競技麻雀団体のトピックも随時更新。


テーマ:

8月18日、麻雀団体日本一決定戦に臨む岡澤和洋プロ、江澤陽一プロにインタビュー。初戦に参加した選手の戦いぶりやその結果を受けて、いまのお二人の胸中を語ってもらいました。聞き手は引き続き小林景悟が担当です。

電話をする前に、「どのように、何を聞いたらいいか?」について悩みました。ほんの数分ですがじっくり考えてしまい、なかなか手が通話ボタンを押せない。準備から携わっているとはいえこの戦いでは所詮自分は外野。何かを相手に考えさせて負担になるのはイヤだし、現状のスコアであれこれ言えることもない。

いつも通り話をして、何か引き出せたら、という結論に至ってインタビュー開始。


◆江澤陽一プロ「いいときにどれだけ叩けるか」




ーーーお疲れ様です。江澤さん、初戦を見てましたか?


「見ましたよ、全部見てました。」


ーーー率直に、どんな感想ですか?


「負けたときのへこみようが半端ないっていうのは、多井さんを見てて思いました。放送対局であんな多井さん見たことないです。絶対に負けられないというのは改めて思いましたね。それでもまあ、始まったばかりですし、これから必ず勝つと思ってますけど」


ーーー今回、これまで対戦したことのな相手もいるとは思いますが、そのあたりは?


「確かにそうですが、やることはいつもと同じで、自分の麻雀をやる。悪いときは我慢して、いいときにどれだけ叩けるか。マイペースでやれてるときが一番いいときなので、そういうチャンスをつかめるように」


ーーー江澤さんはいつもマイペースに見えるんですが(笑)やりにくい相手とかいるんですか?


「自分なりの間を置いたり、気合いを全面に出してくる人はやりにくいです。威圧感があるタイプというか…。淡々と打っている人が相手のほうが、こっちもマイペースでじっくりやれるかなっていうのはありますね。今回のメンツを見ても、やっぱり威圧感のある相手はいますよ」


ーーー特に注目している選手はいますか?


「連盟の前田さん。連盟時代から『この人は強い』と思ってみてたけど、今回もやっぱり強いですね。まあそれでも今回は、相手がどうこうより、とにかく自分らしく打てることが大事。会場の雰囲気にのまれないようにしたい、っていうのはありますね。初めてやるところだし、そこでのまれちゃって麻雀に影響は出るのは嫌だなと」


ーーーマイペースで叩きまくる江澤さんを期待してます! 


「ありがとうございます。頑張ってきます」



◆岡澤和洋プロ「団体の歴史を見るような思いです」




ーーー岡澤さん、初日が終わりました。試合はリアルタイムでご覧になっていましたか?

「そうですね、家で全部見ましたよ。なんかこう、プロ野球を見るような感じでしたね。細かいことよりとにかく、純粋に応援というか、頑張れ、とね」

ーーー確かに、内容は大事ですが、それ以上に今日その瞬間を期待してしまうというか、僕も仲間と一緒に観戦していて、がむしゃらに応援するような雰囲気はありましたね。

「内容としてはまあ、普通では起こりえないことが起こりましたね。地和でマクられて、その次は倍満でマクられて…。フリーで打っていてもあそこまでの逆転の連続なんて見たことないですよ。本当に麻雀は何が起こるかわからない」


ーーー見ていて、率直にどのような思いになりましたか?


これまでのRMUの歴史を思うような、そんな試合展開でした。最初から、困難なことの連発だったじゃないですか。最初はうまくいかなくても、なんとかここまでやってきた。メディアに出るようになり、ファンも少しずつ…。これまでラクしてこれたわけじゃない。小林さんもそうは思いませんか?」


ーーー(逆に質問されてしまった…)そうですね。確かにラクじゃない道のりではあったと思います。


※ここからしばらく団体設立からの苦労話。書けないことばかり…!


「RMUは決してラクではない道のりでここまできた。今回の戦いも、そういうことです。最初はこういう結果ですが、これから必ずチャンスがある。まだまだ始まったばかりです」


ーーー今回は団体戦ということで、個人戦である通常とは違うわけですが、そのあたりに対してどう思っていますか?


「私はね、いつも団体戦なんですよ」


ーーーと、いいますと?


「いつも長崎から、博多やら東京やら、RMU長崎のみんなで遠征するでしょう? そうなるともう、誰かがいい成績を残して欲しい、勝ち上がった人はみんなで応援したい。みんなで出ているタイトル戦、少しでもいいタイトル戦にしたい。自分が途中で負けていても、他の誰かに迷惑がかかるような、スコアを壊すようなことはできない。そう思うと、いつも団体戦です。参加した仲間みんなが少しでもいい内容を残して、少しでも勝ち上がれるように、そう思ってみんなで戦っている。そういう思いがあるから、私にとって競技麻雀は、個人競技ですが、いつも団体戦です」


ーーーRMUクラウンでも、博多の大会(山笠杯など)でも、長崎の人が好成績を残すのはそういうところもあるんでしょうね。


「今回は、みんながプラスしようとするのではなく、誰かがダメならダメなりにマイナスを少なくまとめる。自分だけで麻雀をやっているのではないことを、いつも意識していれば、必ず勝負になると思っています。これまでやってきたことをそのままやればいい。RMUとして競技麻雀に向かうということはそういうことです」


ーーーありがとうございました。まずは初戦、頑張ってください。


〜〜〜


江澤さんに話を聞いて、この人にも苦手なタイプがいるのか、と。いつも飄々と打ち、機を見てはアガリ倒す、そんなイメージの江澤さんですが、意外な一面を聞いた気がしました。岡澤さんからは、さすが長崎を率いる代表としてのコメントを聞くことができました、個人競技であるが、いつも団体戦。その日の戦いをいいものにするために、どんな一打もおろそかにしない、そんな思いが伝わってきたインタビューでした。お二人と、また共に出場する松ヶ瀬隆弥プロ、岸部智彦プロの戦いぶりに、ぜひご期待ください! (松ヶ瀬隆弥プロ、岸部智彦プロは試合後にお話を伺う予定です)










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

麻雀プロ団体日本一決定戦1日目を終えた選手へインタビュー。今回は谷井茂文プロにお話を聞きました。



ーーーお疲れさまでした。まずは初日を終えての感想など聞かせてください。

「そうですね、緊張はまったくしませんでした。とにかく、『楽しかった』です。」

ーーー楽しかったですか? そういう感想は他の選手からはなかったので、ちょっと意外です(笑)

「いや、ほんとに楽しかったですよ。いつもと違う会場で、打つ相手がみんなトッププロで、最後まで楽しいなと思いながら麻雀を打ってました」

ーーー麻雀の内容としては、どうでしたか?

「内容としては、うーん(少し考えて)小さなミス、ミスと呼べるかわからないところの細かいところの選択で、悪いところがあればすぐに誰かにとがめられてしまう。トッププロばかりと戦う場での厳しさみたいのは感じました。自分なりには大きなミスはなく、小さい、細かいミスと呼べないものみたいなところを、周りがしっかり攻めて来るというか…。序盤の手順、それとリーチ判断も。周りが強いとミスが許されないので…。」

ーーー打っていて、印象に残っているライバル団体の選手はいました?

「前田さん(即答で! プロ連盟・前田直哉プロ)。前田さんはどっしり構えていて、ピンチのときとかあったと思うんだけど、そういうのを表情に出さないで、どっしり打ってたのが印象に残りました」

ーーーチーム戦ということで、いつもとの違いみたいなのは意識してましたか?

「ちょうどいまやっているオリンピックのチーム戦、体操のチーム戦みたいな。誰かに厳しい、苦しいときがあるなら、俺がやる! というのはありましたね。多井さんがああいう形で、もう本当にあり得ないような逆転負けがあって、じゃあ俺が叩けるところはちゃんと叩きにいかないとというか。実際にそれを見て、3戦目に自分は叩けて大きなトップが取れたし。いつもとの違い、チーム戦の戦い方は意識しますね。ただ、それでバランスや打ち方が変わるということはないです。あくまで意識の上、という程度です」

ーーー前田さんは本当に強かったですね。

「ちょっと通路で話をしたときに、『RMUリーグ見てますよ』って言ってたんだよね」

ーーーそうなんですか! さすが、研究してらっしゃるんですね…。まだ対抗戦は始まったばかりですが、これからの戦い方について何かあれば教えてください。

「そうだなあ…。まだ自分の試合は4分の1、全体では8分の1しか終わってないわけだからね。スコアを気にするのは早い。次の試合も楽しめると思うので、しっかり自分の麻雀を打てば結果はついてくると思ってます。多井さんがこのままマイナスをするわけがないと信じてるし、河野さんもプラスだったし、阿部さんも今日は苦しかったけど、必ず巻き返してくれる。先は長いからね…」

ーーーありがとうございました!



〜〜〜

開口一番に、「楽しかった」と話す谷井プロに著者は少し驚いたというか、気持ちの余裕があって臨めたんだな、という印象でした。普段から目先の結果ではなく、内容や過程を大切にしている谷井プロらしい言葉でもあったと思います。いつもRMUリーグで見せてくれるような、圧巻ともいえる親番での爆発、猛連荘を、この大一番でも期待しましょう!

(文責・聞き手 小林景悟)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

麻雀プロ団体日本一決定戦第一節を+21、1とプラスでまとめた河野高志プロ。試合後の簡易インタビューです。


ーーーお疲れさまでした。初戦を終えて、この戦いをどのように感じていますか。

「何よりも最初に、この素晴らしい大会を運営してくださる各社、関係者の皆様に感謝です。スタジオに入って、こんな対局の環境を作ってくれたことに本当に嬉しく思いました」

ーーー試合を振り返って、いかがでしたか。

「自分の着順は2421。一の矢は打てたが二の矢は打てなかった。最後まで苦しい展開が続いていたよ。ただ、連盟を辞めて十年経つが進化を感じた。このメンツでも、一回こっきりの戦いではわからないが、長期で戦えば十分に戦える、勝てると思ったよ

ーーー個人戦ではなく、対抗戦ということで、特に意識したことはありましたか?

「麻雀は個人競技だから、自分がちゃんとやればそれでいいと思っていたよ。でも戦いながら感じたことは、この対抗戦という場だからこそ、自分+アルファの力がとても大事じゃないかと思ったね。自分だけで戦っていたら気持ちが切れてしまいそうなところでも踏ん張れたり……。この大会に出たいと思っていても出られない仲間のこともあるし。そういうことを考えていれば、最後までもっといい戦いができると思うよ」

ーーーありがとうございました。次も頑張ってください!


〜〜〜


いつも通り軽く話している河野プロでしたが、その言葉の端々から、この勝負にかける思いと「勝てる」という言葉の自信を感じることができました。河野プロの次の戦いを、ぜひご期待ください! (聞き手 文責:小林景悟)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)