梅田大阪駅前店・データ復旧クイックマン修理実績公開

梅田大阪駅前店・データ復旧クイックマン修理実績公開

梅田大阪駅前店の公式ブログです。
お客様満足度追及しています!今日も元気に営業中!大阪心斎橋のデータ復旧クイックマンの復旧事例、パソコン修理レポートを投稿しています。


テーマ:

機種:ノートパソコン
HDDメーカー:WesternDigital
HDD型番:WD3200LPVX
容量:320GB
障害状態:誤フォーマット(論理障害)
復旧日数:1日
価格:【定額】¥39,800

※オプション料金別

[ご相談内容]

ノートパソコンの内蔵ドライブをパーティション分割して運用していました。ユーザーが誤ってデータ用ドライブのパーティションをフォーマットしてしまい、保存されていたファイルが全て消えてしまいました。市販の復旧ソフトを使ってみましたところ結果が芳しくなく、ほとんどファイル名が無い状態でしか復元できない状態でした。できればファイル名も含めて復旧をお願いします。

[対応内容]

ノートパソコン内蔵HDDの一部パーティションのみのデータ復旧です。
データドライブとしてパーティションを作成し、Windowsのマイドキュメントなどの頻繁に使用するディレクトリが全てそのパーティションに入っているということでお預かりしました。主にOfficeで作成した書類が保存されているとのことで、ご自分での復旧では限界があるとの事でお持込いただきました。
作業日数には余裕をいただけるとのことでしたので複数パターンの解析を実施し、その中からファイル名等ディレクトリ情報が最も良い形で得られた復旧データのリストをご確認いただき、後日に納品となりました。

データ復旧ソフトは無料のものから有料のものまで幾種類も存在し、同じ障害ドライブをスキャンしたとしても得られる結果はそれぞれ違ったものとなります。復旧できるファイル数がちがったり、今回のケースのようにファイル名が一方では全く得られず、もう一方では一部ファイル名が復元できたりといった形です。
ご自分でフリーソフトなどを使って復旧作業を実施した結果が思った形でなくても諦めてしまわず、無料で診断をしてくれる復旧業者に問い合わせることをお勧めいたします。

復旧ソフトを使用して思った形でデータが出なかったHDDからでもクイックマンならより良い復旧結果が得られる可能性はあります!! まずはフリーダイヤルまたはメールよりご相談ください。

データ復旧クイックマン 心斎橋本店●
大阪市中央区南船場2丁目12-10 ダイゼンビル4F
https://www.quickman-pc.com/
データ復旧クイックマン 梅田大阪駅前店●
大阪市北区梅田1丁目2-2 大阪駅前第2ビル 3F 304号室
https://www.quickman-pc.com/

テーマ:

機器:MicroSDカード
メーカー:TOSHIBA
型番:SD-C512
容量:512MB
障害状態:誤消去
復旧日数:即日
価格:【定額】¥9,800

※オプション料金別

[ご相談内容]

デジカメを子供が遊びで触っているうちに何か操作をしたらしく、撮りためた写真データが全て無くなっていました。2枚ほど写真を撮ってみたところ撮影・保存はできているようなので、SDカードが壊れているのではないようです。データ復旧をおねがいします。

[対応内容]

デジタルカメラでお使いだったMicroSDカード(SD-C512)からのデータ復旧です。
お忙しいとのことで申込用紙の記入と障害発生状況をお聞きしたうえでSDカードをお預かりいたしました。容量が512MBと小さく物理的な障害もないおかげで解析作業に時間はかかりませんでした。
データ消失後にためしに2枚ほど撮影をされたということで、直近の撮影写真が何枚か復旧できない状態でしたが、その他の写真についてほぼ全てのデータを納品することができ、大変ご満足いただけました。

データの記録媒体には単純にファイルデータが書き込まれている部分とは別に、保存されているファイル群の目次のような役割をする部分があります。デジタルカメラやパソコンでファイルを削除またはフォーマットすると、通常はその目次の部分のみが書き換わり、表示上ではデータが消えてしまったように見えるものの記録面にファイルデータそのものは残っている場合があるため、データの復旧が可能となるのです。
つまり逆の言い方をすれば記録面に対して別データを上書きするような処理をしてしまえば復旧はできなくなるということで、一部のデジタルカメラでは機器上で消去を実行すると自動的にそういった完全消去を行う場合があります。
今回のケースでは幸い完全消去は行われておらずデータの復旧が可能でしたが、機器によっては復旧できないこともあります。復旧業者に見てもらう場合は無料診断が可能なところを選ぶのが良いでしょう。

デジタルカメラで誤って削除してしまった写真データでもクイックマンならデータ復旧できる可能性はあります!! まずはフリーダイヤルまたはメールよりご相談ください。

データ復旧クイックマン 心斎橋本店●
大阪市中央区南船場2丁目12-10 ダイゼンビル4F
https://www.quickman-pc.com/
データ復旧クイックマン 梅田大阪駅前店●
大阪市北区梅田1丁目2-2 大阪駅前第2ビル 3F 304号室
https://www.quickman-pc.com/

テーマ:

メーカー:IO-DATA
型番:HDL-F300
HDDメーカー:Maxtor
HDD型番:6L300RO
容量:300GB
障害状態:電源がOFF不可、データアクセス不可
復旧日数:約1日
価格:【定額】¥49,800

※オプション料金別

[ご相談内容]

いつも使っているLANDISKの電源がいつの間にか落ちていました。改めて電源を入れてみたところランプも点灯して一見いつもどおり起動したように見えたのですが、データを読み込むことができず電源を切ることもできない状態でした。仕事上どうしても必要なエクセルファイルが入っています。復旧をお願いします。

[対応内容]

2007年に生産終了しているLANDISKからのデータ復旧です。
まずはお持込頂いたケースから中のHDD(Maxtorの6L300RO)を取出し診断致しました。中に入っていたのは旧い接続規格であるIDEが使われているHDDです。元の転送速度と劣化も相まって通常に比べてかなりデータ読取に時間が必要なものの、幸いな事に中のデータを確認すること自体は可能な状態でした。HDDに大きな故障が無いことから、電源に不具合が発生した際にケース側の基盤または回路上に故障が発生した可能性が考えられます。
元HDDへの負担を最小限にするため複製を作成し、必要なデータ確保・動作確認をしたうえで納品となりました。

HDDのデータ転送速度は製品の持つ読取・書込性能によって差がありますが、加えてデータ復旧の現場では障害HDDの劣化具合に大きく左右されることになります。磁気ヘッドの動きが遅くなっていたり、読込性能が落ちている事でエラーが頻発したりといった障害は、データ読込に通常の何倍もの時間を必要とする事もあります。
HDDの寿命はおおよそ3~5年ほどとされています。長く使用しているHDDのデータ読書きが遅くなっているように感じられるなら、HDDの性能が落ちてきているのかもしれません。致命的な故障が起こってしまう前にバックアップを取ることをお勧めいたします。

IDE接続のHDDが入っているLANDISKからでもクイックマンならデータ復旧できる可能性はあります!! まずはフリーダイヤルまたはメールよりご相談ください。

データ復旧クイックマン 心斎橋本店●
大阪市中央区南船場2丁目12-10 ダイゼンビル4F
https://www.quickman-pc.com/
データ復旧クイックマン 梅田大阪駅前店●
大阪市北区梅田1丁目2-2 大阪駅前第2ビル 3F 304号室
https://www.quickman-pc.com/

メーカー:Apple Mac Pro
HDDメーカー:Western Digital
HDD型番:WD6400AAKS
容量:640GB
障害状態:誤消去
復旧日数:約1日
価格:【定額】¥39,800

※オプション料金別

[ご相談内容]

MacProに保存していた大事なデータを誤って削除してしまいました。主にIllustratorによる保存ファイルでai・eps・pdfといったファイルが絶対に必要なファイルです。できるだけ急ぎでデータが必要ですので、なんとかお願いします。

[対応内容]

Apple社MacBookProの誤消去案件になります。
誤消去が発生した当日にお問合せを頂きました。その時点で該当パソコンにてIllustratorを利用しておられたので、状況の悪化を防ぐため直ちにパソコン使用を中止するようお願いし、対象のHDDをお持込頂きました。お持込頂いたHDD(WD6400AAKS) 内の必要ファイルの種類や保存場所を確認したうえでお預かりいたしました。
解析の結果、残念ながらディレクトリ名やファイル名の情報は失われていたものの数千ファイルのデータを復旧することができました。念のため、お客様にデータの一部を確認していただき、御申告頂いていた幾種類かの拡張子のファイル群を納品させていただきました。

なんらかのファイルを誤って消去してしまっても、その後に書き込みが行われていなければ復旧の可能性は比較的高い状態を保たれます。逆に何かのファイルを書き込んでしまうと復旧したい削除データが存在するエリアが上書きされてしまい復旧できなくなることもあります。特にパソコンやスマートフォンは起動しているだけで常にファイルの読書きがバックグラウンドで発生してしまいますので注意が必要です。
ファイルを誤って削除してしまったとき、なんとか回復できないかと対象機器を使って試行錯誤した結果が致命傷になってしまう事もあります。復旧対象の機器はすぐに使用を中止し、専門の復旧業者に相談することをお勧めいたします。

誤ってファイルを削除してしまったMACからでもクイックマンならデータ復旧できる可能性はあります!! まずはフリーダイヤルまたはメールよりご相談ください。

データ復旧クイックマン 心斎橋本店●
大阪市中央区南船場2丁目12-10 ダイゼンビル4F
https://www.quickman-pc.com/
データ復旧クイックマン 梅田大阪駅前店●
大阪市北区梅田1丁目2-2 大阪駅前第2ビル 3F 304号室
https://www.quickman-pc.com/

テーマ:

媒体:MicroSDカード
容量:32GB
障害状態:フォーマット要求
復旧日数:即日
価格:【定額】¥29,800

[ご相談内容]

カメラで使っているSDカードの中身が見られなくなってしまいました。アダプタを使ってパソコンに繋ぐと「フォーマットしてください」といったような表示が出てデータは見られない状態です。
子供の運動会の写真や動画が入っています。大事なデータなので、なんとかデータの復旧をお願いします。

[対応内容]

デジタルカメラで撮影した写真と動画の復旧です。カメラから取り外したMicroSDカードをパソコンに接続したところ、フォーマットするように促すポップアップウィンドウが表示され、何度か接続しなおしても同じ状態だということでした。
症状としてはファイルやフォルダの情報が読めなくなっている状態です。まずは診断として、お預かりしたMicroSDカードに対してソフトウェア上の解析をごく短時間・断片的に実施し、ファイル構成が取得できることを確認致しました。お客様にデータアクセスが可能であることをお伝えして解析作業を続行、ほぼ100%に近い形でデータを取り出すことができました。

SDカードをフォーマットするというのは取り付けられた機器上で使用できる状態に初期化するという事です。その性質上、中に保存されているファイルやフォルダは全てクリアされて、機器にとっての初期状態に再構成しまいます。使用者からすれば実質、全てのデータを消去したのと同じで、データ復旧としても誤消去と同じ扱いになります。 ただしフォーマットする方法によっては状況が大きく変わってくる場合があります。一部のカメラでフォーマットを実施してしまった場合、データを復旧できないよう特別な消去処理を自動で実施する事があります。そうなるとデータの痕跡含めてクリアされてしまいますので、誤ってフォーマットしないようご注意ください。

フォーマットしてくださいと表示されたデジカメのMicroSDカードからでもクイックマンならデータ復旧できる可能性はあります!! まずはフリーダイヤルまたはメールよりご相談ください。

データ復旧クイックマン 心斎橋本店●
大阪市中央区南船場2丁目12-10 ダイゼンビル4F
https://www.quickman-pc.com/
データ復旧クイックマン 梅田大阪駅前店●
大阪市北区梅田1丁目2-2 大阪駅前第2ビル 3F 304号室
https://www.quickman-pc.com/