パソコンの匠,パソコン自作,PCパーツ,改造,グラボ,液晶モニター,Mac,ノートパソコン,ボカロ,フリーソフト,スマホ,タブレット紹介ブログ
  • 05May
    • ガッツリ機材を買い揃えて最高の環境でDTMをはじめよう!の画像

      ガッツリ機材を買い揃えて最高の環境でDTMをはじめよう!

      ガッツリ機材を買い揃えて最高の環境でDTMをはじめよう!インターネット上では何でもかんでも無料で手に入る昨今ですが、DTMを本気でやるなら最高の環境を構築するために、多少の出費は必要不可欠です。■まずはDAWソフトウェアパソコンは既に持っている前提で、初心者でも扱いやすいDAWソフトウェアをご紹介。パソコンのスペックは製品の推奨スペックをチェックしてください。DAWはCPUパワーとメインメモリが重要。少し余裕を持ったスペックの方がいいでしょう。DAWソフトウェアとは、様々な音色の音源と打ち込み用のシーケンサー、エフェクターやミキサーなどがすべて入っている総合的な音楽制作環境を提供するPC向けソフトウェア。「CUBASE」や「ACID Music Studio」といったソフトが有名ですが、個人的にこだわりたいのが「スコアエディター」。譜面に音符を置いて打ち込める機能です。これがあるのと無いのとでは、曲作りのスピードと難易度が全然違います。「CUBASE」にはそのスコアエディターが搭載されているので、本格的にやりたい方にかなりオススメですが、さらに鼻歌を音符に置き換えてくれる「シングtoスコア」という超便利機能を搭載した初心者向けのDAWソフトがあります。それが「Singer Song Writer」。古いDTMerにはお馴染みのソフト。鼻歌でなくとも、思いついたメロディーを自分で歌って打ち込みが出来ます。耳コピで音を音符に置き換えられる人には不要ですが、そういった能力が無い人にはとっても便利。今回の記事では、DAWソフトは「CUBASE」と「Singer Song Writer」をオススメします。●Singer Song Writer Lite 9 ガイドブック付き●Steinberg スタインバーグ DAWソフトウェア CUBASE ELEMENTS 9 通常版 CUBASE EL /Rちなみに、ボカロ曲を作りたい人は、ボカロソフトに簡易的なDAWソフトが付属するものがありますので、最初はそれで始めてみるといいと思います。●ボーカロイド■USB MIDIキーボードスコアエディターなら、マウスでポチポチと音を置いて曲作りをすることも出来ますが、コードを鳴らして感覚を掴んだり、メロディラインを作る時にはやっぱりキーボードがあると作業がはかどります。PCにUSBで接続出来るMIDIキーボードを一台買っておきましょう。老舗のKORGの製品がオススメです。DAWで入力機器として使用するだけなので、それほど多機能である必要はありません。キー数も25鍵で十分だと思いますが、作曲する時のデスクの大きさに合わせて購入しましょう。●MIDIキーボード■MTRがあると重宝します歌や楽器の音をレコーディングする場合、DAWに直接録音出来るUSB接続のオーディオインターフェイスを購入してもいいんですが、デスクトップPCの場合には持ち運びが出来ませんし、そのためにノートパソコンを買うのも高くつきます。スタジオやカラオケボックスなどでレコーディングをするなら、最新のデジタルMTR(マルチトラックレコーダー)が一台あると重宝します。こちらも老舗のZOOMのモデルがオススメ。●MTR■念のためオーディオインターフェイスもパソコンに繋いで外の音をレコーディングするための接続機器がオーディオインターフェイス。マイクやギターなどを繋いでDAWに直接録音出来ます。ご自宅で音を出しても問題無い環境だったり、ノートパソコンとセットでスタジオに持ち込むためのツールです。●オーディオインターフェイス■歌を撮るならマイクも必須自分や誰かの歌声をレコーディングするなら、マイクも必要です。色んな種類がありますが、単一指向性のコンデンサーマイクで問題ありません。スタンドは、レコーディング環境に合わせてお好みで。●マイクとりあえずこれだけあれば、作曲からアレンジ、歌撮りまでバッチリ。自分に合ったDAWソフトウェアを探すのに苦労したり、使いこなすまで大変ですが、それさえ乗り越えれば誰でも音楽制作を楽しめます。いい曲が出来るかどうかは……また別のお話。↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 19Mar
    • なんとなく今欲しいオススメ・パソコン周辺機器まとめの画像

      なんとなく今欲しいオススメ・パソコン周辺機器まとめ

      なんとなく今欲しいオススメ・パソコン周辺機器まとめなんとなく、本当になんとなく欲しい。そんなパソコンの周辺機器をご紹介。■そろそろパソコンのバックアップを取りたいなあ特に何がどうってことは無いんですが、春だし?なんとなくパソコンのバックアップを取りたい。内蔵HDDやメインドライブ(SSD)のバックアップにミラーリング出来る内蔵HDD、それとデータだけ移せる外付けHDD。これで万全。容量は3TBくらいがちょうど良さげ。●内蔵HDD●外付けHDD■デスクトップパソコンにBluetoothアダプタ付けて音楽を再生したいこれまたなんとなく、使っているデスクトップパソコンにBluetoothのUSBアダプタを付けて、Bluetoothスピーカーとか、Bluetoothイヤホンで音楽を聴きたい。マウスやキーボードを無線化するのもいいし、近頃はプリンターへの出力もBluetoothで出来るらしいので、何かと便利。●Bluetooth USBアダプタ●Bluetooth スピーカー●Bluetooth イヤホン■スマホを新調したい話題のHuawei(ファーウェイ)のスマホが今一番のベストバイですかね。性能もいいし、安い。非常にコスパ高し。「Huawei P9 lite」か今話題の「nova」あたりが良さそうです。●Huawei スマホなんとなく最近やる気がわきませぬ。今日はこんな感じで。次回の記事にご期待ください。(´・ω・`)↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 25Feb
    • プロが選ぶ!新入学の大学生にオススメなノートパソコンの画像

      プロが選ぶ!新入学の大学生にオススメなノートパソコン

      プロが選ぶ!新入学の大学生にオススメなノートパソコンこの季節になると、「どんなノートパソコンを買ったらいい?」と聞かれることが増えます。新入社員は会社からパソコンが支給されますが、この春大学生になる新入生は自分でノートパソコンを買う必要があるためです。ただ一口に大学生と言っても、文系で論文が書ければいいパソコンなのか、建築学科でCADを使ったり、PhotoshopやIllustratorを使うのか、はたまたパソコンでゲームもやりたいなんて要望もあったりと、三者三様。このブログで口を酸っぱくして言っていますが、パソコン選びで重要なのは「予算」と「用途」。重量級3DゲームもVRも何でも出来るハイスペックで激安のノートパソコンなんて、この世に存在しません。安ければ安いなり、本格的にゲームをやりたいならPS4などのコンシューマ機やゲーミングデスクトップPCを選ぶべきです。という訳で本日は、用途を想定したオススメのノートパソコンをご紹介しようと思います。■ノートパソコン選びの基本上記の通り、ノートパソコンの性能というのは値段次第です。PCゲームが遊べるような専用GPUを搭載したモデルは大きく重いので、高額なだけでなく持ち運びにも苦労するでしょう。最新のインテルCPUの内蔵GPU「HDグラフィックス」はかなり進歩していますので、PhotoshopやIllustrator、3D CADくらいなら(製品や使用法にもよりますが)基本的には楽々動きます。つまり、余程の理由が無い限り専用GPU搭載パソコンは必要ありません。ノートパソコンで重い3Dゲームを遊びたい、もしくは3DCGや映像のエンコードなどを扱う場合のみ、どんなソフトウェアを使うのか、そのソフトウェアの推奨環境は何なのかしっかりと下調べをして、必要なスペックを見極めましょう。■文章作成だけならマウスのノートパソコンがコスパ最強!苦学生でとにかく安くて持ち運びやすいノートパソコンが欲しいなら、マウスコンピューターのノートパソコンがオススメです。スペックは当然安いなりですが、日常的に必要になる程度の最低限のスペックは十分満たしていますので、軽作業なら不便を感じることは無いでしょう。この価格でこのスペックなら、ビジネス用途としても十分です。メインマシンとしてデスクトップパソコンがあるなら、サブ機としても大活躍することでしょう。SSDやメモリの搭載量、Microsoft Officeのあり/なしを選べます。個人的にはメモリ8GBのSSD240GBで、オフィスありのモデルがオススメ。まあオフィスは無料の「LibreOffice」や「OpenOffice」でもいいんですが、やっぱりMicrosoft Officeが不具合が少なくて信頼出来ます。●mouse ノートパソコン MB-B502E Windows 10/Celeron N3160/15.6インチ/4GBメモリ/240GB SSD■ゲームや動画編集に最適な超ハイスペックノートパソコンフルスペックのGeforce GTX 1050Tiを搭載したDellのゲーミング・ノートパソコン。Office非搭載で約13万円と若干高額ですが、本来20万円以上するゲーミングモデルと比べたらコスパ最強でオススメです。4コア/8スレッドのCore i7-7700HQに、メモリは8GB。大抵の用途においてメモリは8GBあれば十分です。残念ながらSSDではありませんが、8GBのキャッシュ用SSDを内蔵したハイブリッドHDDが採用されていますので、速度もそれほど気にならないでしょう。ワガママを言えば、USB3.1相当のThunderboltポートが欲しいですね。その辺の必要性は用途によります。基本は家に据え置きで、時々頑張って持って行くという使い方になるのかな? やっぱりゲーミングPCなので重そうです。(本体2.6Kg)自力で増設出来るような人は、メモリの増設やM.2 SSDを後付することも可能なようです。●Dell ゲーミングノートパソコン Inspiron 7567 ブラック 17Q41/Windows10/15.6インチFHD非光沢/8GB/1TB+8GB/GTX1050Ti■とにかくスタイリッシュなノートパソコンが欲しい人はコレ!マウスのノートパソコンは値段なりで安っぽい。ゲーミングはゴツくて重い。なので、スタイリッシュなノートパソコンが欲しい! という方には、こちらの「LG gram」がオススメ。超カッコイイ。スタイリッシュと言えば、Appleの「Mac Book Pro」が至高ですし、BootCampでWindowsをインストールすることも可能ですが、こちらの方が安くて軽いです。それにBootCampはパソコン初心者の方には少し難しいかも。英語キーボードなので、やはり若干上級者向けではありますし、ゲーミングでは無いのでゲームも出来ません。しかし軽くてスタイリッシュ。お金に余裕があるのなら、スペックのバランスも良くて本当にオススメです。●LG ノートパソコン Gram 15Z960-G(White)/980g/15.6インチ/Windows 10 Home 64bit/USB Type-C搭載/英語キーボード作業効率なども考えて、今日は15.6インチのノートパソコンをオススメしてみました。この3台から選べば間違いありません。大まかなポイントとして・必要に合わせたCPU・メモリは最低8GB・ストレージはSSDかハイブリッドHDD・14インチ以下のノートパソコンは画面が小さくて不便・スペックなりに軽量・ゲーミングならGTX1050以上のGPU搭載・DVD/Blu-rayドライブは外付けでいいという感じで選べば間違いありません。自分にとって何が必要なのか、他で代用出来るものは切り捨てて考えるなど、ノートパソコンはよく考えて購入しましょう。↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 13Feb
    • 誰でもライターとして参加出来るブログメディア「ソニートニュース」の画像

      誰でもライターとして参加出来るブログメディア「ソニートニュース」

      誰でもライターとして参加出来るブログメディア「ソニートニュース」ふとネットサーフィン(死語)をしていたら、面白いサイトを発見したのでご紹介します。「ブログメディア」と言えば「ギガジン」や「ギズモード」など、当サイトでも自作パソコンパーツや最新IT機器の情報収集でお世話になっています。そんなブログメディアのライターに誰でもなれるWEBサービス。それが「ソニートニュース」。世界的なCMSの「ワードプレス」を使って作られているそうで、なかなか良く出来たサイトです。記事の内容も素人が集まって書いているにしてはクオリティが高くて驚きました。特に制限がないらしく、マンガを描いてる人やコラムやレビューを書いている人など、ライター一人一人の個性が感じられます。軽くいくつかの記事を読みましたが、自転車で日本一周した人の体験談や独特な4コマ漫画、コンビニカップ麺の新製品レビューなど、多彩な記事が楽しめます。このブログみたいに一人でブログを書いてると更新が滞ったり、面倒になりがちですが、大勢で一つのブログに記事を投稿するならその心配はなさそうです。さらに自分の書いた記事に広告を貼れるらしく、もしサイトが有名になったら記事を寄稿するだけでかなり稼げるようになるかもしれません。面白い企画だと感銘を受けました。参加してみようかな?さらに言うと、このブログ(パソコンの匠)のように、どこかの会社(Ameba)が提供しているブログサービスでは、検索流入で獲得出来るアクセスに限界があります。このブログも3年近く運営していますが、ある時を境にアクセスアップに限界が来てしまいました。その点、ソニートニュースは独自ドメインを取得していて、書いた記事は必ずトップページに表示されるため、SEO的な限界は無さそうです。それこそサイトの評価次第で一つの記事が特定キーワードで検索結果のトップに表示される可能性もあります。自分で一からブログを構築するのは大変ですし、SEOやアクセスアップも個人では限界があります。お小遣い稼ぎや有名になりたいなど、何か目的を持ってブログをやるなら、こういった場所を利用してみるのも一つの手です。本気で参加するかどうか迷います。面白いこと考えるな~。●ソニートニュース|みんなで作るブログメディア↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 21Jan
    • 【妄想パソコン】Intel Kaby Lakeで組むコスパ最強2017年最新ゲーミング・パソコンの画像

      【妄想パソコン】Intel Kaby Lakeで組むコスパ最強2017年最新ゲーミング・パソコン

      【妄想パソコン】Intel Kaby Lakeで組むコスパ最強2017年最新ゲーミング・パソコン2017年の新年一発目の記事は、話題の新CPU「Intel Kaby Lake」で組むコスパ最強のゲーミング・パソコン。最新CPUを軸に去年発売された高性能省電力のNVIDIAグラフィックボードなどを積んで、コスパ最強のマシンを組みたいと思います。(妄想です)■CPUはCore i5の無印で十分現実問題として、業務用の3DCGや8K映像などを扱わないなら実はそれ程CPUパワーというのは必要ありません。デスクトップ向けCore i7を導入するのは、例えば「10時間掛かるエンコードを6時間に短縮したい」といった場合。業務では効率に影響するので必要があれば導入するというレベルのもので、一般人がCore i7を使っても持て余すだけです。オーバークロックも、素人がやるのは単にパソコンを不安定にして寿命を縮めるだけ。ですので、IntelのCPUを選ぶならCore i5の無印以下がオススメ。3DゲームやVRを楽しむレベルならCore i3でもいいくらいです。コスパを考ると「Core i5 7500」辺りがいいでしょう。●Core i5■マザーボードはMSIをチョイス次にチップセットの新しくなったソケットLGA1151対応マザーボードを選びましょう。チップセットは、「Z270」「H270」「B250」の三種類があります。マザーボードを選ぶ時には、メーカーを決め打ちする選び方がオススメ。今回はゲーミング・モデルや独自機能が充実している優良メーカーMSIで選んでみました。MSIの最近のマザーボードは、オーディオ面からLANチップに至るまでかなりこだわって作り込まれているので、どの機種を選んでも他社製品とは一味違ったクオリティを楽しめます。M.2 SSD向けソケット搭載で「H270」チップセット搭載の1万円台のモデルがオススメです。●MSI Z270●MSI H270●MSI B250■メモリはDDR4の16GB最新のチップセットでは、やっと価格が落ち着いた最新のDDR4メモリを選びましょう。8GBくらいでも十分ですが、16GBを積むと安心です。個人的にはヒートシンク付きのものがオススメ。CFD販売のモデルが白いヒートシンク搭載なので、MSIの白いマザーボードに合わせるとカッコイイかも。●DDR4メモリ■メインストレージは256GB SSD超高速なM.2 SSDをオススメしようかと思っていたんですが、PCIe接続の高速モデルはまだ高く、ほとんどがSATA3接続のようです。だったらSATA接続の2.5インチモデルでいいじゃんって思います。容量はサブにHDDを積むなら256GBあたりで十分かと。●SSD■サブストレージに大容量HDDサブで搭載するならHDDでも速度はそれほど気になりません。大容量で安いものを選びましょう。WDのAmazon限定3TBモデルなんてお買い得。●内蔵HDD■VRを楽しむためにグラボはGTX1060の6GBモデルVRはとにかくグラボのビデオメモリの量が大事。今選ぶならGTX1060の6GB搭載モデルがコスパ最強です。ただ3Dゲームを楽しみたいだけなら、クロシコのGTX1050(無印)2GBモデルで十分。その辺は将来性を考えつつお財布とご相談を。●GTX1060●GTX1050今日は何と言うかIntel Kaby Lakeをメインにご紹介したかったので、電源ユニットとPCケースは省きます。搭載するグラフィックボードの消費電力や長さに合わせて選びましょう。旧モデルと大差がないようですが、最新のCPUとチップセットで新しいパソコンを組むにはいいタイミングです。新年心新たに新しいパソコンと一年を過ごしてみてはいかがでしょうか。↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 23Dec
    • クリスマスに欲しいもの Amebaブログ Xmasプレゼントの画像

      クリスマスに欲しいもの Amebaブログ Xmasプレゼント

      クリスマスに欲しいもの Amebaブログ XmasプレゼントSIMフリースマホ「Huawei P9」が欲しいです!カラーは問いません。今使っているスマホが古くなったので、心の底からめっちゃ欲しい。ライカのダブルレンズで写真を撮りたい。もし当選したら、「開封の儀」をブログにアップしようと思います。お値段もスマホとしては手頃なので、ぜひとも宜しくお願い致します。あなたの欲しいプレゼントは・・・?▼欲しいものをブログに書くと本当にもらえるあなたも欲しいものをお願いしよう

    • ボーナスで買いたいコスパ最高のオススメ家電!の画像

      ボーナスで買いたいコスパ最高のオススメ家電!

      ボーナスで買いたいコスパ最高のオススメ家電!冬のボーナスが出た方や自分へのクリスマスプレゼントに、コスパ最高のオススメ家電はいかがでしょう?中国製品のクオリティが上がり、様々な電化製品が安く高性能になっています。「欲しい時が買い時」ですが、コスパの良い製品を買うなら今が最適のタイミングです。SIMフリースマホが欲しい方にオススメしたいHuaweiの「P9」。5.2インチのフルHDディスプレイ、申し分ないオクタコアのCPUパワーに、何とライカレンズを採用した高性能なデュアルレンズカメラを搭載。RAM(メモリ)3GBにROM(ストレージ)32GBとバランス良く、Android 6.0 Lollipop搭載で長く使い倒せます。上位機種のHuawei「Mate9」と比べると約2万円も安いので、コスパ最高。Huawei「P9」は、かなりハイクオリティにバランスの取れたSIMフリースマホです。お金に余裕のある方は、ハイエンドの「Mate9」もオススメ。Huaweiはスマホだけでなく、タブレットもいい製品が揃っています。●Huawei スマホ・タブレット発売当初よりかなり安くなったロボット掃除機「ルンバ」。こちらは廉価版の「iRobot ロボット掃除機 ルンバ 622 ホワイト」。3万円ちょっとで話題のロボット掃除機を入手出来ます。ワンルームの一人暮らしなら不要ですが、広いフローリングの居間があるご家庭なら効果を実感出来るはず。夜中寝ている間や昼間誰もいない時間に設定しておけば、勝手に掃除をしてくれます。ルンバを導入すると、Gが出なくなるなんて噂も。他にも安いロボット掃除機が色々なメーカーから発売されていますので、お財布と相談して導入を検討してみてはいかがでしょう。●ロボット掃除機毎朝のひげ剃り、ホントに面倒くさい。男なら皆さん共感してくれると思います。電動シェーバーはそれぞれ好みがあると思いますが、コスパで言うとこちらの「パナソニック ラムダッシュ」が最高です。僕もこのシリーズを長年愛用しています。何と言っても安いのに良く作られていて、良く剃れる。朝バタバタとする時に、ひげ剃りは出来るだけササッと終わらせたいものです。ちなみにウチの父親はブラウン派。「ひげ剃りはひげ剃り専門の会社がいい」とのこと。IZUMIという会社の製品が激安ですが、クオリティが心配なのでパナソニックかブラウン辺りをオススメします。●シェーバー4Kアップコンバート(超解像技術)が特徴のブルーレイHDDレコーダー「パナソニック DIGA DMR-BRW510」。2チューナー500GBで4万円以下と、とってもコスパのいい製品です。キレイな画質で録画して、お金に余裕があったら4Kテレビで超高解像度を楽しんではいかがでしょう。他に、ソニーの製品も魅力的です。個人的にシャープ製はオススメしません。●ブルーレイHDDレコーダー時々忘れそうになりますが、このブログは「パソコンの匠」です。という訳で、コスパ最強のノートパソコンをご紹介。今話題のマウスコンピューター製のノートパソコン。SSD標準搭載でとっても快適。また出て来ますが、ウチの父親もコレを使ってます。マウスはiiyamaを買収したので、中身は信頼のiiyama製というのもポイント。液晶がフルHDではなく1366×768解像度のHDですが、使ってみるとそんなに気になりません。本体も薄くて軽いので、持ち運びにも最適。そして何と言っても破格に安い。このクオリティで4万円は安過ぎです。Amazonからの購入でもオプションで、CPUのランクやメモリとストレージ容量、Microsoft Office搭載の有無を選べます。大学生や仕事で持ち運ぶノートパソコンならこのくらいで十分です。ゲームがしたいなら、ゲーミングデスクトップを自分で組みましょう。多少高くてもいいからカッコイイパソコンが欲しいという方は、こちらをどうぞ。韓国の大手家電メーカーLGが本気を出して開発した、超スタイリッシュなノートパソコン「LG gram」。フルHDのIPS液晶で、モバイルノートとしてはスペックも十分。性能価格比では若干高い気もしますが、何と言ってもカッコイイ。ベゼル(モニターの枠)が細くてマグネシウム合金を採用した本体も驚くほど薄く、980gと超軽量。スタイリッシュを追求したいビジネスマンに最適です。英語キーボードのみなので、パソコン初心者にはオススメしません。初心者の方は、先にご紹介したマウスのノートパソコンや、日本語キーボードの製品を買いましょう。●ノートパソコン例のAppleのiPhone向けイヤホンを落としてなくしそうな方にオススメな、Bluetoothの無線イヤホン。高音質で通話用のハンズフリーマイクまで内蔵されています。デザインもスタイリッシュで、イズキャンセリング搭載など機能面も十分。防水&防汗で、ジョギング中や入浴中の音楽鑑賞に最適。最近のイヤホンは安くて高性能な製品が多いので、たまに買い換えると幸せな気分になれます。●イヤホンさてさて、ボーナス爆買いやクリスマスプレゼントに最適なコスパの高い良品をご紹介させていただきました。欲しい物がいっぱいで、Amazonの欲しい物リストが全然減りません。年末ジャンボ宝くじに期待をしつつ、お仕事頑張りましょう。↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 19Nov
    • デジ絵を描くのに最適!ワコム以外のコスパのいい液晶ペンタブレット(液タブ)の画像

      デジ絵を描くのに最適!ワコム以外のコスパのいい液晶ペンタブレット(液タブ)

      デジ絵を描くのに最適!ワコム以外のコスパのいい液晶ペンタブレット(液タブ)パソコンでデジ絵を描くのに便利なペンタブレットや液タブで、一番有名なのは「ワコム」というメーカーの製品。一昔前は市場を独占していると言っていいくらいワコム一強でした。しかし、スマホなどと同じく今では中国などの新興国のメーカーが安くて優良な製品を発売していて、ワコムの牙城を崩しつつあります。さらにワコムの製品は説明書が分かりづらかったり、頻繁に故障したりとあまり評判もよろしくなく、一社独占の名残りか値段もかなり高額に設定されています。ワコムはポピュラーなメーカーですし、イラスト系の人気ソフトウェアとの親和性や反応速度、液晶のカラーマネジメントなど強みもあるようですが、コスパとしてはオススメ出来ません。そこで、値段も安く性能もいいワコム以外のメーカーの液晶ペンタブレットを選ぶのも一つの手です。HUIONというメーカーの液晶タブレットで、19インチと液タブの中ではかなり大型のモデル。画面が大きいので、大きなイラストを気持ち良く描けそう。adobeのPhotoshop、Illustratorはもちろんコーレルペインター、オートデスクスケッチブック、マンガスタジオ、クリップスタジオなど様々なソフトに対応しています。モニターの色に若干問題があるようなので、別のカラーマネジメントされた液晶モニターにミラーリングして色味を随時確認する必要がありそう。まあ、趣味でマンガやイラストを描く分には問題ないでしょう。同じくHUIONのさらに大型な21.5インチサイズのフルHD液晶ペンタブレット。このサイズと解像度で7万円台は非常にお買い得。大画面で思いっ切り絵を描きたい人には最高の製品です。こちらはUgeeというメーカーの19インチ液晶ペンタブレット。ペンスタンドや交換用のペン先、2本のペンなどが付属するのでとってもコスパのいい商品です。HDMI端子が無かったり、本体が分厚いなど気になる点もありますが、値段とサイズを考えれば相当コスパのいい液タブだと思います。10.1インチと上記の製品と比べると小型ながら3万円でお釣りが来るという激安液晶ペンタブレット「Parblo Coast10」。ただ安いなりに問題も多く、特にドライバ周りやUSB接続ポートに工夫が必要なようです。パソコンにあまり詳しくない方にはオススメしません。ワコムも含め、他にも様々なメーカーから様々なサイズの液晶ペンタブレットが販売されています。画面が大きい方が描き心地が良いと思いますが、その辺は予算と相談を。●液晶ペンタブレットデジ絵を描くならペンタブよりも液タブがオススメです。コスパの良い自分に合った製品を購入してクリエイティブな作業を楽しんでください。↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 18Nov
    • モンスト プレイ日誌 ブログ ガチャ限定 星6 スーパーレア 運極の画像

      モンスト プレイ日誌 ブログ ガチャ限定 星6 スーパーレア 運極

      モンスト プレイ日誌 ブログ ガチャ限定 星6 スーパーレア 運極前回7月に書いたモンスト記事から約4ヶ月。モンスト3周年の記念ガチャや星6確定ガチャなどのお陰で、ガッツリ使えるキャラが増えました。待望のダルタニャンが、3周年記念ガチャで大当たり!今はちょうど「幽遊白書コラボ」の真っ最中で、戸愚呂弟の運極を狙って楽しく遊んでいます。ガチャは蔵馬か飛影が欲しかったんですが、幽助が当たり残念賞。まあ悪くないキャラなので、使い所はありそうです。この数ヶ月でかなり増えたガチャ限定星6モンスター一覧はこちら。■火属性◎アグナムート◎プロメテウス◎ベートーヴェン◎ブラフマー◎坂本龍馬◎曹操◎アトス◎張飛◎オシリス◎オシリス◎スパイダーマン龍馬が獣神化でかなり強化されたのと、マベツムコラボから大当たりのスパイダーマンが仲間入り。火の貫通ADW+AWは汎用性が高く、遅延SSもいい感じ。確定ガチャでオシリスが被った時は泣きたくなりました。僕のデッキは相変わらず火属性が充実しています。■水属性◎関羽◎ラプンツェル◎アヌビス◎MDTエッジアーマー◎MDTスカイアーマー◎アテナ◎シリウス◎ダルタニャン◎浦飯幽助3周年記念ガチャで待望のダルタニャンをゲット! 地味に使えるシリウスも加入。ちょうど昨日、幽遊白書コラボで主人公浦飯幽助をゲット。AGB+魔族キラーはなかなか良さそう。■木属性◎ガリバー◎おりょう◎ヴァルキリー◎アポロX◎アポロX(ハロウィンVer)◎マーリン◎茨木童子かなり強いと話題の茨木童子ちゃんをゲット。さらにハロウィンガチャでアポロXのハロウィンVerが被りました。上手いこと遊撃特級の実を付けられたので、多少差別化して使っています。強キャラは被っても編隊を組めるので、まあ悪くないかも。■光属性◎ロイゼ◎メカゴジラ&機龍隊隊員アスカ◎アーサー◎アーサー◎三蔵法師◎マッドイノベーター(チヨ)◎ベルゼブブ◎モンストブライト◎カヲル&シンジこの4ヶ月、光属性は一体も引けませんでした。ただ、ゴジエヴァコラボでアスカが神化。さらに素材が入手出来て水属性のAGBが増えたので、ついでにシンジも神化させました。新しいキャラを引けなかったものの、多少は変化したという感じ。ベルゼブブあたり獣神化してくれないかなあ。■闇属性◎オセロー◎ロキ◎アリス◎猿飛佐助◎マッドハッター長いこと不遇だった闇属性には、猿飛佐助とマッドハッターが加入。どちらも超絶適正があって、汎用性はイマイチなものの悪くない性能のモンスターです。星6の使えるキャラは結構増えましたが、龍馬以来ことごとく獣神化に恵まれていません。ゲーム開始からトータルで1万円程度は課金していますが、クシナダくらいならソロでクリア出来るレベルにキャラが集まっているので満足しています。書庫のソロプレイ解放で、運極もガンガン増えていますので、あと数体で念願のハクアが手に入りそう。クエストはどうしてもクリア出来ないので、運極ボーナス狙いです。非課金でも気軽に十二分に楽しめるモンスターストライク。ヒマな時間のヒマつぶしにみなさんも遊んでみてはいかがでしょうか。↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 10Nov
    • ゾンビ対策……災害対策にとっても便利なサバイバル・アイテム特集!の画像

      ゾンビ対策……災害対策にとっても便利なサバイバル・アイテム特集!

      ゾンビ対策……災害対策にとっても便利なサバイバル・アイテム特集!パンデミック……自然災害というのは、いつどこで起きるか予想が出来ません。ウォーキング・デッ……遠い国や地方で起こった場合、まるで架空のドラマのように考えがちですが、いつ自分の身にその危険が迫ってくるか分かりません。そんな「いざ」という時に備えて日頃から準備を怠らないことが大切です。目の前にゾンビが……災害による危険が迫った時、政府やアンブレラ社はハッキリ言ってアテになりません。「自分の身は自分で守る」という準備の出来ている人が、映画では大抵生き残り最後らへんで死にます。特に都会に住む人は、交通機関の麻痺によって行動範囲が極端に制限されます。「ショッピングモール(新宿タカシマヤ)最強説」というものがありますが、そこに移動するまでに数々のゾンビ……危険があるため、まずは自宅や職場付近でいつ何が起きてもいいように準備をしておきましょう。今日はそんな「いざ」という時に役立つアイテムをご紹介したいと思います。まず一発目は「マグライト」。ハリウッド映画などで警察官や警備員が腰からサッと抜く取っ手が長いライト。あれがマグライトです。拳銃を持った右手首の下に左手で逆手に持ったマグライトを構えるのが基本になります。「いざ」という時が夜や日光が遮られた古い洋館だった場合、明かりの確保が最重要課題になります。マグライトは非常に丈夫ですので、あたりを照らす以外にも鈍器の代わりとしても役に立ちます。基本的には「FBI!FBI!」と叫びながら辺りを照らし、ゾンビが……暴漢が襲って来た時には柄の部分で相手を殴りつけます。相手が錯乱した民間人の場合には、手加減をしましょう。ご紹介したものが一番オススメですが、小型のものからさらに柄が長いものまで多数の種類が発売されています。●マグライト次にご紹介するのは「タクティカルベスト」。本場のものは防弾防刃ですが、これはレプリカなのでちょっとポケットの多い便利なベストという感じ。こちらの商品はオマケで「SWATワッペン」と許諾の怪しい「アンブレラワッペン」が付属しますので、掃討作戦の際に「味方だよ!」という合図を送る用にいいかもしれません。そもそも日本では拳銃で撃たれる危険が少ないため、防刃ベストが主流ですが一応防弾ベストも販売しているようです。流れ弾に当たる危険を感じている方は、ご購入を検討してみてはいかがでしょうか。●防弾ベスト個人の拳銃所持が認められていない日本で、拳銃に替わる武器として流通している通称「バールのようなもの」。ご覧の通り、どう見ても「命を刈り取る形」をしています。アメトーークの「ゾンビ芸人」で、渡部さんが「対ゾンビの最強アイテム」としてオススメしていました。逃走経路のドアのこじ開けから、武器としての本来の使い方まで幅広い応用が可能な武器です。オマケとして、バールのような使い方も可能です。●バール今度はまともに、防犯ブザーのご紹介を。防犯ブザーは道端で襲われた時に鳴らすというのが基本ですが、災害時にどこかへ閉じ込められた際、近場の人や救助隊に生存を知らせる用途にも使えます。しかし「ヤツら」は、音に反応して近づいてくる場合があります。その時は、自分の逃げる方向と逆の場所に設置し、敵の注意を引くということにも使えます。どんなものも応用次第で様々な使い方が可能なのです。●防犯ブザーゾンビパニック……災害時、意外と食料の確保は何とかなると個人的には思っています。田舎には畑がありますし、都会にはコンビニがたくさんあります。非常食セットなども販売されていますが、長くても5年ほどしか持たないので、まあ買っておいて損は無いんですが、何よりもまず一番最初に確保したいのが「飲料水」です。人は水さえ飲んでおけば一週間程度は生きていられます。インフラが崩壊した緊急時、水場の無い地域で深刻になるのが水不足の問題。その中でも人が飲める「飲料水」の確保は非常に困難です。そのため、ミネラルウォーターの買い置きはもちろんのこと、サバイバル向けの浄水器などがあると非常に助かるはずです。●浄水ストローアメリカの新しい大統領があのトランプ氏に決まり、ワールド・ウォーZの危険もはらんだ現代。いつ何時パンデミックによるゾンビ危機に直面してもいいように、日頃から準備を怠らず災害時に役に立つアイテムを用意しておきましょう。↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 09Nov
    • 今パソコンを自作するならIN WINのPCケースがオススメ!GTXモデル 強化ガラス製の画像

      今パソコンを自作するならIN WINのPCケースがオススメ!GTXモデル 強化ガラス製

      今パソコンを自作するならIN WINのPCケースがオススメ!GTXモデル 強化ガラス製パソコンを自作する際に、僕が個人的に一番悩むのがPCケース。パソコン自作パーツの中で一番目にすることが多く、部屋のインテリアの一つという側面もあり、さらに一度作ったら交換するのがとっても面倒臭い代物。自作する度に悩みます。という訳でパソコンを自作しようと思ったら、まずPCケースから決めてしまいましょう。ATX対応ケースなら大抵のマザボは入りますし、搭載出来るCPUクーラーのサイズが事前に分かれば選ぶのも楽になります。その他にも中に収めるパーツの位置や数やサイズがいっぺんに決まるので、組む前に一通りのイメージがPCケースを選ぶことで決まります。数あるPCケースメーカーの中で、今僕が一番オススメしたいのは「IN WIN」。新たに発売されたアルミ筺体・強化ガラス製サイドパネル使用の「805シリーズ」や、NVIDIAと提携したGTXグラフィックボード搭載のゲーミング・パソコンに最適な「303 NVIDIA EDITION」など、カッコイイケースが揃っています。ゲーミングというとゴツいイメージがありますが、IN WINの製品はスッキリとスマートで中身のパーツが映えるケースが多いので、インテリアとしても最高です。発売されている製品の中には最新のUSB3.1 Type-C フロントI/Oコネクタ搭載のモデルもあり、機能面でも最高品質です。今日の記事のタイトル画像にもなっている「303 NVIDIA EDITION」。NVIDIAのマークと黒+緑の配色がカッコイイPCケースです。今、GTX10シリーズのグラフィックボード搭載パソコンを自作するなら、ぜひ使ってみたい製品。ゲーミング・パソコンでこそ映えるデザインだと思います。両側面と前面に強化ガラスを採用した「805シリーズ」。こちらのモデルは前面のIOパネルにUSB3.1 Type-Cポートを搭載。中のパーツがよく見える仕様で、LEDファンなどを使って輝かせたくなるPCケースです。前面も側面もスマートでスタイリッシュ。とにかくカッコイイパソコンを組みたい時にどうぞ。白いパソコンが組みたい! という人にはこちらを。「NVIDIA EDITION」と同じ「303シリーズ」のPCケースです。いっそ内蔵パーツも白で統一して、真っ白なパソコンを自作してみるのも楽しそう。ぶっちゃけ連邦の白い悪魔は、「3倍速い」と噂の赤いアイツより強いッス。ここでちょっと変わり種をご紹介。「IN WIN PCケース D-Frame mini Black Mini-ITX」です。ご覧の通り無骨でスカッスカの骨組みみたいなPCケース。ファンの騒音に対する遮音性は皆無ですが、Mini-ITXなので低発熱・低消費電力なエコPCに最適。とまあ色々ご紹介しましたが、個人的には「805シリーズ」が一番オススメです。何と言ってもカッコイイ。PCケースを選ぶポイントはこれに尽きます。横から丸見えなので、中身のパーツもデザインにこだわって最高の一台を組みたくなる至高のPCケースです。これから新たにパソコンを自作しようと思っている方は、まずはPCケースから選んでみてはいかがでしょうか。↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 04Nov
    • 超コスパ性能のGTX1050と1050Tiが登場!ベストバイな価格と性能で買い換えるなら今!の画像

      超コスパ性能のGTX1050と1050Tiが登場!ベストバイな価格と性能で買い換えるなら今!

      超コスパ性能のGTX1050と1050Tiが登場!ベストバイな価格と性能で買い換えるなら今!実売価格1万5千円~2万円と、ライトな3Dゲーマーが一番ハマる価格帯のグラボ「GTX1050」と「GTX1050Ti」が発売されました。ただ、GTX1060以上のモデルが超高性能に進化したので過剰に期待していましたが、実質的な性能は前モデルのGTX960とほぼ同等。それでもピーク時の消費電力がGTX950より低いなどワッパも非常に良く、価格性能比で言えば今一番買いたいグラフィックボードです。GTX500番台や600番台のエントリーモデルを今でも使っているユーザーは、この機会に買い換えるときっと幸せになれます。Amazonで購入出来るもので一番安いのは、やはりクロシコ(玄人志向)のGTX1050 2GBモデル。実売価格は約1万5千円と、超お買い得。グラフィックメモリ2GBは旧モデル並に少ないですが、一般的な3Dゲームを遊ぶだけなら問題ありません。MODなどをガシガシ追加して遊んだり、4K解像度で出力したい場合にはメモリ4GB版を選んだ方がいいかも。こちらはMSIのモデルで「GTX1050Ti」のメモリ4GB。約2万円とクロシコのGTX1050よりはお高いですが、予算に余裕があればコチラの方がオススメです。他にも各社から様々なオリジナルファンモデルが発売されていますので、お好きなものをどうぞ。実質的に「GTX1050」と「GTX1050Ti」に大きな性能差はありません。OCモデルとリファレンス程度の差なので、デザインやメモリ搭載量、値段で決めれば良いと思います。●GeForce GTX1050グラボに3万円出せるゲーマーの方なら、圧倒的にGTX1060の方が超高性能でオススメです。もし予算に余裕があればほとんどのゲームを最高設定でグリグリ動かせるGTX1060を選びましょう。今流行りのVRゲームにも対応しています。ちなみに、VRや4Kは同じゲームでもメモリ使用量が爆発的に増えるので、それらを遊びたい方は、出来るだけグラフィックメモリが大きいモデルを購入しましょう。●GeForce GTX1060個人的に、今使ってるグラボが何だか調子悪いのと電気代の節約にもなるので、GTX1050超欲しい。でも欲しいものや必要な出費があり過ぎて、グラボに回すお金が……ナッシング。来年初頭くらいには買い換えられるかな?↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 30Oct
    • 省エネ・省スペースなパソコンが欲しい人のためのベアボーンPC「ZOTAC ZBOX」が超優秀!の画像

      省エネ・省スペースなパソコンが欲しい人のためのベアボーンPC「ZOTAC ZBOX」が超優秀!

      省エネ・省スペースなパソコンが欲しい人のためのベアボーンPC「ZOTAC ZBOX」が超優秀!「ベアボーン」や「ベアボーンキット」というのは、「半完成」のパソコン。基本的にはOS、メモリ、ストレージ(HDDやSSD)を自分で選んで追加する小型のデスクトップパソコンです。「選べる」というのはなかなか良くて、メモリの容量やストレージを予算や用途に合わせてカスタマイズ出来るので、自分に合ったパソコンが手軽に作れてしまいます。その中でも本日ご紹介の「ZOTAC ZBOX」は、省エネCPU搭載モデルからPCゲームに最適なグラフィックボードを搭載した高性能モデルまで、幅広いラインナップでニーズをカバーしており、価格もお手頃なので「一から自作するのは面倒だし、フルタワーのパソコンは邪魔」という方にピッタリ。「ZOTAC ZBOX」は、大抵どのモデルも無線LANやBluetoothが標準搭載されているので、ワイヤレス・キーボードやマウスも使えますし、ネット回線の配線いらずで、好きな場所に設置出来ます。なので、テレビ用PCという使い方にも最適。ZOTAC ZBOX EN970デュアルコアのCore i5-5200UとGeForce GTX960を搭載したお手頃なゲーミング仕様のベアボーンPC。M.2 SATA 6.0Gb/sスロットを装備しているので、超高速なM.2 SSDをストレージとして搭載出来る上に、データドライブとして別途内蔵HDDやSSDも追加出来ます。Adobeソフトを使ったクリエイティブな用途から軽めのゲームまで快適に使えるスペックです。ZOTAC ZBOX EN1070こちらはクアッドコアのデスクトップ向けCore i5-6400Tと、GeForce GTX1070搭載の高性能ゲーミング・モデル。ほとんどの重量級PCゲームの最高設定が楽々動作するでしょう。小型PCとは思えない、ほぼ完璧なクオリティのゲーミング・パソコンだと思います。コレ欲しいなあ。グラボ非搭載でもっとお手頃なモデルもたくさん出ていますので、予算と用途と照らし合わせて自分に最適な一台を選びましょう。●ZOTAC ZBOX上記した通り、ベアボーンは「半完成」ですのでM.2 SSDやSSD、HDD、メモリ、OSなどを購入して追加する必要があります。OSは今買うならWindows10がオススメ。用途によっては無料のLinuxディストリビューションでもいいんですけどね。メモリはDDR3なのかDDR4なのか、買うモデルによって違うのでちゃんと確認をしてから購入しましょう。M.2 SSDもスロットの速度とSSD本体の対応速度を合わせると性能を十分に引き出せます。●Windows10●PCメモリ●M.2 SSD●内蔵HDD個人的には、Windows10 Home 64bit、DDR4メモリ 8GB、M.2 SSD 256GB、HDD2~3TBという構成がオススメです。サブストレージなら、HDDで速度的にも騒音的にもSSDと大差ありません。省エネ・省スペースでとっても優秀な「ZOTAC ZBOX」。自分好みの小型デスクトップパソコンが欲しい方にはとってもオススメです。↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 28Oct
    • Windows10 対応 これだけは入れておきたい便利な 有料 PCソフト オススメの画像

      Windows10 対応 これだけは入れておきたい便利な 有料 PCソフト オススメ

      Windows10 対応 これだけは入れておきたい便利な 有料 PCソフト オススメ最近は高性能なフリーソフトが増えたため、有料のPCソフトを買う機会が減ってきました。しかし、オフィス系ソフト一つとってみても、フリーソフトと有料ソフトでは細かい部分の作りや出来ることが違います。そんなソフトウェアの有料版とフリーソフトの違いや、選ぶべきオススメのPCソフトをご紹介したいと思います。■オフィス系ソフトはやっぱり「Microsoft Office」が最強オフィス系のフリーソフトで有名なのは「OpenOffice」と「LibreOffice」。どちらもフリーソフトとは思えないほど良く出来たソフトウェアです。僕自身、時々小説のようなものをLibreOfficeで書くのですが、元々が日本向けに作られたソフトで無いためか、縦書きの行数文字数設定がどうやっても上手く出来ず、公募向けのデータを作るために泣く泣くMicrosoft Officeを購入しました。真っ当な企業は大抵業務用のデータ作成にMicrosoft Officeを採用していますので、データをやり取りする時にズレを生じさせないために、同じソフトを使うことが必要になる場合があります。Microsoft Officeにまったく不具合が無いという訳ではありませんが、少なくとも互換品のフリーソフトよりはそういった不具合やズレが少ないのは事実です。ですので、お金に余裕があってオフィス系ソフトを使う必要のある仕事や趣味を持っている方は、Microsoft Officeこそ最高のオフィス系PCソフトです。学生の方も就職後のために純正のMicrosoft Officeに慣れておくのは後々役に立ちます。●Microsoft Office■優秀なウイルス対策ソフトでパソコン・スマホを守ろうパソコンやスマホが高性能で便利になるにつれ、ウイルスやマルウェアによる実害も増しています。最近ではスマホやノートパソコンのカメラで盗撮されたり、キーロガーを仕込まれてネットバンキングや様々なサービスのパスワードが盗まれたり、エロ画像が表示されて消えなくなったり、エロ動画にFacebookのいいね!を強制的にさせられたり……などのマルウェア被害の報告が増えているそうです。Windows10に標準搭載されているWindows Defenderは非常に優秀ですし、各種無料のウイルス対策ソフトも優秀です。しかし、有料版の方が当然高機能であらゆる被害から守ってくれるのは言うまでもないでしょう。怪しいサイトを見る機会の多い人ほど有料版の高性能なウイルス対策ソフトを導入すべきです。パソコンを守るというのは当然ですが、スマホも同時にカバーしてくれるウイルス対策ソフトもあります。僕個人の評価ですが、「ノートン」「カスペルスキー」「マカフィー」あたりが有能でオススメです。全方位の防御力なら「ノートン」が最強なんじゃないでしょうか。一部では「ノートン先生」と呼ばれる程です。●ノートン●ウイルス対策ソフト■クレカ無しでも使える!デザインならAdobe CC Photoshop Illustrator他の記事で詳しく紹介しているため、今回は「お絵かき(イラスト)」と「DTM・DAW・ボカロ」向けのソフトウェアはご紹介しませんが、「デザイン」はまた別物。印刷会社や出版社へデータを送るなど仕事としてデザインをする場合は、Adobeのソフトウェアは未だに必須です。他にもWEBデザインなどを将来的に仕事にしようと思っている方は、フリーソフトではなくAdobeのPhotoshopとIllustratorが使えるというのは基本中の基本です。「Dreamweaver」や「InDesign」も使えると様々な場面で役立ちます。趣味でデザインをする場合にも他のソフトの追随を許さない高性能さと扱いやすさを持ったソフトですので、使い方を覚えるだけでも有益でしょう。昔はソフト一つで何十万円もしていましたが、今はクレジットカード決済で月額で最新版を使うことが出来るようになりました。そして、期間限定でAdobeのソフトを使いたいという方には、Amazonで期間限定の使用コードを購入することが出来ます。Adobe CCの全ソフトを一年間使い放題で学生・教員向けパッケージが約2万円。Photoshop+Lightroomの一年間プランが約1万円となっています。Adobe CCには使わないソフトも結構あるので、必要なソフトだけに絞ってより安いプランの「ダウンロードコード」を選びましょう。●Adobe Creative Cloud長々と書いた割にたった3つのソフトしか紹介していませんが、この3つで必要なことはだいたい済みます。というか僕が使っている有料ソフトはこのくらいだったりします。業務や趣味によって必要な有料ソフトはそれぞれ違うと思いますので、用途に合った必要な機能を備えたソフトウェアを選びましょう。フリーソフトもいいですが、将来を見据えて使うソフトを選ぶということも大切です。シェアが大きい優秀なソフト、この機会にぜひ導入してみてください。きっと後で感謝しますよ。(by 名探偵モンク)↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 04Oct
    • Windows10で「更新して再起動」と「更新してシャットダウン」が消えない問題の解決方法の画像

      Windows10で「更新して再起動」と「更新してシャットダウン」が消えない問題の解決方法

      Windows10で「更新して再起動」と「更新してシャットダウン」が消えない問題の解決方法ここしばらく、Windows10の電源ボタンに「更新してシャットダウン」と「更新して再起動」が何度やっても出っぱなしで、起動や再起動も若干遅くなった気がしたり、スリープ中に勝手に復帰したりと、怪しい挙動が気になっていました。ただパソコン自体は普通に使えるし特段不便がなかったので放置してたんですが、今さっき意を決して原因を調べてみました。すると、今年の夏ごろにリリースされた「Windows 10 Anniversary Update」というアップデートが適用されていませんでした。てっきり最近のOSは自動でアプデするもんだと思っていたんですが、今回の「Windows 10 Anniversary Update」は、手動でアップデートをしてあげなくてはいけないようです。もしかしたらマシンによっては自動でアプデされているかも知れません。という訳で、スタートメニューの「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windows Update」と遷移して、「詳細情報」というリンクをクリック。するとAnniversary Updateに関するウインドウが開くので、そこからマイクロソフトのページに飛んで「Anniversary Updateを入手する」をクリック&ダウンロード。ダウンロードが終わったら、あとはインストールするだけ。アップデートにはSSDでも結構な時間が掛かりましたので、お暇な時にやりましょう。これで「Windows 10 Anniversary Update」は完了。「更新してシャットダウン」や「更新して再起動」が出なくなりましたし、スリープ時に勝手に復帰していた症状も治まりました。OSを最新に保つというのは非常に大切ですが、今回の大型アップデートはいくつかの不具合があるそうです。・Anniversary Updateインストール後、パーティションが失われる・一部のパソコンでWindowsがフリーズしてしまう現象ウチのマシンは問題なくアップデート出来ましたが、不具合の出るマシンもあるようで原因究明中だそうです。ただ一点、マイクロソフト公式のソリティアの挙動がカックカクになってしまいました。何で? まだ使い始めたばかりなので、他にも不具合的なものが出てくるかもしれません。HAWKENちゃんと動くかな?各種バグや不具合についてはマイクロソフトさんに頑張ってもらうとして、とりあえず目の前の問題は解決したので良しとします。同じ症状でお悩みの方は、参考まで。※追記:ゲームの音声なんかも高音が強調されたような不具合があったので、NVIDIAのドライバーを更新したらスッキリ直りました。グラフィック系のドライバーもAnniversary Updateに合わせて新しいものが配布されています。↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 30Sep
    • 番号そのままスマホ代を安く!ドコモ・auからの乗り換えに最適な格安SIM mineo(マイネオ)の画像

      番号そのままスマホ代を安く!ドコモ・auからの乗り換えに最適な格安SIM mineo(マイネオ)

      番号そのままスマホ代を安く!ドコモ・auからの乗り換えに最適な格安SIM mineo(マイネオ)スマホの通信費を安くするために、今流行りの「格安SIM」への乗り換えはいかがでしょう? サブ機のiPadやタブレットなどを出先で遊ぶ用にも使えます。僕も現在は、「OCNモバイルONE+OCN光(固定回線)」という組み合わせで、月額約5千円でスマホと家の光回線を運用しています。詳しくは「OCNのSIMフリーMVNO回線とプロバイダー+光ネット固定回線でスマホ代・ネット代を賢く節約!」をお読みください。今でも十分安い格安SIMのスマホ代ですが、先日総務省が回線貸与の料金を下げるようドコモなどの大手キャリアに要請したので、格安SIMの利用料が今後さらに安くなる可能性があります。本日は、とにかく安さがウリの格安SIMの中でも大人気の「mineo(マイネオ)」をご紹介。番号を引き継ぐMNPなど、ちょっと面倒な乗り換え方を丁寧にご説明してみたいと思います。■docomo・auからの乗り換えに最適mineo(マイネオ)では、ドコモとauのスマホがそのまま使えます。新たに機種を購入する必要ナシ!もし新しい機種が欲しい場合には、「端末セット」を選ぶことも出来ます。別途ご自分でSIMフリースマホを購入するなら、個人的にはつい先日発売になった「ZenFone 3」がオススメ。■mineo(マイネオ)は今なら月額800円引き!ただでさえ安い格安SIMですが、mineo(マイネオ)は今なら半年間(6ヶ月間)データ通信料分の800円が値引きされます。つまり基本料金(通話料以外)が半年間、月額800円くらいになります。■格安SIMに乗り換える時に準備することまず今お使いの端末がmineo(マイネオ)に対応しているか、リンク先のページで確認してください。最新機種は掲載されていない場合がありますが、ドコモ・auに対応した機種なら大抵は問題ありません。◯ドコモの機種チェック◯auの機種チェック次に本人名義のクレジットカードのご用意を。クレジットカード会社のマークが付いたデビットカードでも使えるようです。顔写真付きの本人確認書類(免許証やマイナンバーカードなど)の写真をスマホで撮った画像も必要。一番面倒なのが携帯電話番号を引き継ぐMNP予約番号。僕もここで手間取りました。これは、今契約しているドコモ・auに問い合わせて「MNP予約番号」というものを発行してもらう必要があります。やり方は会社ごとに異なるので、ドコモ・auに問い合わせましょう。この予約番号にはだいたい一週間くらいの期限があって、その期限内に乗り換え先と契約しないといけません。ここまでの準備が整ったら、後はネットで申し込みをするだけ。後日家にSIMカードが届くので、スマホに差し込めばmineo(マイネオ)が使えるようになります。月額いくらくらいになるのかなど、詳しくは下記のサイトをご覧ください。●あなたのスマホのままで使える!mineoドコモ・auなどの大手キャリアは解約金が高いので、端末代金を払い切り2年縛りの更新時期に乗り換えをするのがオススメ。端末は分割セットで購入するよりも自分で選んでSIMフリースマホを購入した方が、安くて高性能な製品を選べます。色々と気をつけるポイントはありますが、格安SIMは毎月のランニングコストを抑えるのに最適。驚くほど安くなるので、オススメです。余談ですが、ドコモの「dTV」を使っている方は、別途クレジットカードで契約することでドコモユーザーでなくても利用出来ます。この際、NETFLIXやHuluに乗り換えるのも作品のラインナップが変わっていいと思います。●動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題メールはGmailで十分ですし、それほど通話をしないなら格安SIMが絶対オススメ。手続きはちょっと面倒ですが、この機会にmineo(マイネオ)に乗り換えてみてはいかがでしょう?●あなたのスマホのままで使える!mineo家の光ネット回線とセットで安くしたい場合には、OCNがオススメです。さすがのNTT系列という感じで、電話対応で丁寧に案内してくれました。●“OCN モバイル ONE”と“OCN 光”同時利用で『OCN 光モバイル割』も!!↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 26Sep
    • 2016年最新版 パソコンの匠オススメのノートパソコンと周辺機器 ノートパソコンの選び方の画像

      2016年最新版 パソコンの匠オススメのノートパソコンと周辺機器 ノートパソコンの選び方

      2016年最新版 パソコンの匠オススメのノートパソコンと周辺機器 ノートパソコンの選び方何となく新しいノートパソコンが欲しくなってきたので、今日はこんな記事。念願のロト7が当ってお金に糸目を付けずに買い物が出来るなら、ノートパソコンは「Apple MacBook Pro」の15インチモデル、その中でもAMD Radeon R9 M370X搭載のフルカスタマイズに、BootCampで「Windows10」をMacOSとデュアルブートするのが至高です。もしくは世界最強のノートパソコン「RazerBlade」も最高。ただしゲーミングモデルなので、発熱やバッテリーの持ちはイマイチ。しかもかなり高額なので、気軽に買える代物ではありません。という訳で、コスパを念頭に置きつつ使い勝手の良い手頃なノートパソコンを「パソコンの匠推薦」ということでご紹介してみたいと思います。韓国の大手家電メーカーLGが作った超軽量なノートパソコン「LG gram」。15.6インチのノートパソコンとしては大きな画面ながら、980gという世界最軽量を実現。ノートパソコンは持ち運びが前提のため、その重量は非常に大切。ここまで軽いならストレス無く持ち運びが可能です。OSはWindows10 Home 64ビット、画面解像度はフルHD(1920×1080)、CPUはIntel Core i5-6200U(2.3GHzの2コア4スレッド)、グラフィックはIntel HD Graphics 520、メモリは8GB、ストレージは256GBのSSDと、ノートパソコンとして理想的なスペック。動作もストレスフリーで、ビジネスシーンにピッタリ。日本版は発売されていないため、キーボードが英語のモデルになるのでパソコンに慣れていない方はご注意を。実勢価格の約13万円はこのスペックなら納得です。デザインもシンプル&スタイリッシュで、日本メーカーに見習って欲しいクオリティに仕上がっています。ジサカー御用達の台湾メーカーASUSのノートパソコン「ASUS ZenBook UX303UB」。13.3インチと上記の「LG gram」より若干小さめで、頻繁に持ち歩くならコチラの方が良さそう。OSはWindows10 Home 64ビット、画面解像度はフルHD、CPUはIntel Core i5-6200U(2.3GHzの2コア4スレッド)、メモリ8GB、ストレージはSSDの128GB。非常にバランスの取れたスペックです。何とGPUに「NVIDIA GeForce 940M」を搭載しているので、軽めの3Dゲームなら遊べてしまうマシンパワーを持っています。ヘアライン加工が施された天板に薄い本体と、デザイン性もグッド。「LG gram」と比較して、専用グラボ搭載ながら実勢価格が約10万円とお買い得。本体サイズの違いはお好みで。ゲームや動画編集など重たい作業をノートパソコンでもやりたい方は、こちらがオススメ。同じくASUSの「ASUS ノートブック N552VX」。ノートパソコンながら、デスクトップPCに近いスペックを実現しています。Windows10 Home 64ビット、15.6インチ、フルHDというところまでは「LG gram」と一緒。ただしこちらは専用GPUに「NVIDIA GeForce GTX950M」を搭載。さらにCPUがクアッドコアのCore i7-6700HQ(2.6GHzの4コア8スレッド)で、処理能力が格段に違います。メモリ16GBでSSDの容量は256GB。メモリが多いので重い作業も楽々こなせそう。CPUとグラフィックチップがノートパソコンとしてはハイパワーなので、バッテリーの持ちが唯一気になるところ。まあ、アイドル中の消費電力はあまり変わらないでしょう。他のモデルと違い、この製品は何とBDXL対応ブルーレイディスクドライブ付き。外付けドライブを買う必要がありません。実勢価格は約17万円と高めですが、このスペックならむしろ安いと思います。デスクトップPCが不要になるレベルの性能なので、出先でも家でも、ビジネスでもプライベートでもとことん使い倒せます。ただしオフィス系ソフトは付属しませんので、フリーのOpenOfficeやLibreOfficeをインストールするか、別途「Microsoft Office」を購入しましょう。とことん安くて仕事に使える手頃なノートパソコンが欲しいという方はコチラ。日本のBTOパソコンメーカー「マウスコンピューター」の「mouse ノートパソコン MB-B501E」。15.6インチで画面解像度は1366×768、重量2.2kg。Windows10、メモリ4GB、ストレージは120GBのSSD。CPUはCeleron N3160 (4コア4スレッド/1.6GHz)。グラフィックはIntel HD Graphics 400。上でご紹介したものよりスペックとしては見劣りするものの、ビジネスシーンの用途なら特に問題のないレベルの性能です。実勢価格は破格の約4万3千円。妥当な使えるスペックで、とにかく安い。マウスコンピューターはiiyamaを買収したので、中身の製造は信頼のiiyamaモデル。学生や新社会人など、オフィス系の作業が中心のユーザーには非常にオススメです。この製品はメモリの搭載量やSSDの容量、さらにMicrosoft Office搭載の有無を選べるようです。なんて親切な。お好みでカスタマイズモデルを購入するのがいいでしょう。今日ご紹介したノートパソコンのほとんどのモデルは、DVDなどの光学ドライブが付いていません。なので、ソフトのインストールやCD/DVDを焼きたい方は、別途外付け 光学ドライブのご購入を。手頃な激安モデルから、若干高めなゲーミングモデルまで、当ブログ「パソコンの匠推奨」のノートパソコンはこんな感じ。本当だったらノートパソコン一つプロデュースしてみたいですね。ポイントは最低限必要な処理能力とメモリを備え、ストレージがSSDなこと。SSDだとパソコン使用中の体感速度やストレスが格段に違います。HDDと比べ故障もしにくいので、持ち運ぶノートパソコンには最高の相棒です。スマートなデザインや軽さもノートパソコンに求めるものの一つ。仕事に趣味に新しいノートパソコンが欲しいという方は、参考までにどうぞ。↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 21Sep
    • 4K解像度に対応したPS4 ProやNEW PS4などプレイステーションの新製品が続々登場!の画像

      4K解像度に対応したPS4 ProやNEW PS4などプレイステーションの新製品が続々登場!

      4K解像度に対応したPS4 ProやNEW PS4などプレイステーションの新製品が続々登場!新価格と新デザインで安くなった「NEW PS4」やCPU+GPUの処理能力向上で4K解像度出力に対応した「PS4 PRO」などが発表されました。さらに驚異的な没入感が味わえると話題の「PSVR」や人気ソフトの続編などが発売ラッシュとあって、PlayStationが新たなステージを迎えそうな勢いです。お金持ちの方は、冬のボーナスで4KテレビとPS4 PRO、そしてPSVRを買い揃えれば、最先端のゲーム体験が味わえます。ああ、欲しい。ロト7がキャリーオーバー中なので、万が一当たったら部屋ごと買い揃える予定です。これぞ皮算用。まずは4Kテレビが欲しいところですが、PlayStationで遊ぶことを前提とするならSONY製品が一番相性が良さそうです。3D非対応で、4K解像度のテレビ機能だけが欲しいならコチラのモデルがとってもお買い得。4K高画質プロセッサー「X1」搭載の43V型で約12万円也。最新にして最高クラスのモデルが欲しい方はコチラ。3D対応の55V型4K液晶テレビ。外付けHDDでの録画機能も備え、サウンドにもこだわったSONYの逸品です。コチラはSONY純正のテレビ録画用外付けHDD。Blu-rayやDVDも見たい録画したいという場合には、ブルーレイHDDレコーダーがオススメ。コチラもSONY製なので、SONYのテレビに最適です。容量1TBで2チューナーモデル。お待ちかねの新型PS4。値段が安くなりスタイルがスリムアップしたようです。処理能力の劇的な向上で4K解像度出力に対応した「PS4 Pro」。1TBのモデルで約5万5千円と通常のモデルより若干高額ですが、4Kテレビを買える方なら気にならないレベル。ゲームの解像度が上がるだけでなく、HDRによって精細且つコントラストがビビッドな映像になるらしいです。2016年11月10日発売予定なので、今は予約注文のみ可能です。通常のPS4と実際どれほど違うのか、発売されてから購入を検討してもいいでしょう。話題のPSVR。4Kにこだわらないなら、新型PS4+PSVRで遊ぶのも一つの手です。VRは大迫力の映像を楽しめるそうなので、実際にどこかの店舗で体験してみてはいかがでしょう。売れ行き好調で品薄なようなので、適正価格で買いたい方は少し待った方がいいかも。話題沸騰のファイナルファンタジー最新作「ファイナルファンタジー XV」。2016年11月29日発売予定です。アイテムコードの特典付きなので、予約で購入した方がいいかも。大人気の和製RPGペルソナの最新作「ペルソナ5」は、既に販売中です。他にも色々な新作ソフトが目白押しなので、新たな楽しみが増えるPlayStationで秋の夜長を楽しみましょう。↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 15Sep
    • モンスト用のサブ機が欲しい!ソシャゲが遊べるコスパ最強のAndroidタブレットの画像

      モンスト用のサブ機が欲しい!ソシャゲが遊べるコスパ最強のAndroidタブレット

      モンスト用のサブ機が欲しい!ソシャゲが遊べるコスパ最強のAndroidタブレット結構長いことハマっているソーシャルゲーム「モンスト」ですが、最近のアップデートで「追憶の書庫」というコンテンツが追加されました。これは、ご近所マルチプレイでのみ特定の降臨クエストがいつでも遊べるというもの。このアップデートで、運極が格段に作りやすくなりました。でも、ご近所でマルチプレイをしようと思っても、誰も入ってきてくれません。他にもマルチプレイ専用クエストなどが実装されていますが、こちらも雑魚クエストに協力してくれる善良な人を見つけるのは一苦労。他のスマホゲームでも同じだと思いますが、マルチプレイ前提のコンテンツを一人でフルに楽しむなら、メインのスマホ以外に「サブ機」となるスマホやタブレットがあると劇的に攻略が進みます。モンストで言えば、リセマラで持っていないガチャ限定の強キャラをサブ機でゲットして、さらにメイン機との協力プレイでサクサクランク上げが出来るので、メイン・サブ両方ともにメリットがあり、スマホ一台だけで遊ぶより何倍もゲームを楽しめるようになります。Androidタブレットなら、ゲームに限らずYouTubeやNETFLIX、Huluの視聴や電子書籍の読書、思い出の写真や動画をスマホより大きな画面で楽しんだりと、パソコンやスマホとは違った手軽で丁度いいサイズ感のタブレットならではの楽しみ方が可能です。ああ、欲しい。大容量microSDカードと一緒に買ってしまいそう。今買うなら防水にこだわらなければ、最新とは言わないまでもAndroid5.1搭載の10インチクラスの中国製タブレットが安くて性能もそこそこで、コスパ最強のお買い得です。今買うならイチオシの中華Androidタブレット。OSはAndroid 5.1 Lollipop搭載で、CPUはARM Cortex-A7 オクタ(8)コア。10.6型ワイド液晶。基本をしっかり抑えつつ何と1万円台で買えるコスパ最強のタブレットです。メモリ(RAM)が若干少なめな1GBという点と、画面サイズがフルHDではない1366x768解像度が安いなりというところ。ストレージ要領は16GB。32GBまでのmicroSDカードに対応。デュアルカメラでリア5.0MP、フロント2.0MP、他にBluetooth、Mini HDMI、Wi-Fi、標準USB、Micro USBなどを装備。値段なりの性能ではありますが、余計なソフトも入っておらず安くてそこそこ使えるAndroidタブレットという意味では最強の製品。非常にオススメですし、近日中に買ってしまうと思います。Amazonレビューでも結構好評で、メイン販路のアメリカではポピュラーな製品なんだとか。爆発する危険も無さそうです。もっと安いの無いの?という方にはコチラ。同じ「Dragon Touch」の下位製品。かなり古いAndroid 4.4 KitKatなので、ゲームやアプリ側の対応がギリギリ。メモリ512MBのストレージ8GB。ハッキリ言って数年でゴミと化す気がしますが、何と破格の6千円。安い。色々と割り切って本当にゲームのサブ機の使い捨てくらいの気持ちで購入するなら、まあ選択の余地はあるのかも。ただしメモリが512MBは相当ヤバイので、最悪ゲームが動かない可能性もあります。グラブルとか無理でしょう。CPUも1.3GHzのクアッドコアなので、パワーもありません。3DCGを使ったゲームも動かない公算が高いです。う~ん。安いのはこの上なく安いけど、ほぼほぼゴミです。フルHD(1920x1200ドット)の美麗なIPS液晶の高性能モデルが欲しい方はコチラ。今とっても勢いのある「Huawei(ファーウェイ)」の10インチAndroidタブレットです。Android 5.1でCPUはオクタコア。メモリ2GBのストレージ16GB。800万画素のリアカメラ搭載。このスペックなら大抵のアプリやゲームは動きます。CPUがQualcommのSnapdragon 615なので、パワーも十分。どこにも記載が見つからないのですが、microSDカードスロットは付いているようです。対応する上限容量は不明。購入を検討される方は、ディープに調べてみてください。他にもASUSの「ZenPad」など、色々な種類のAndroidタブレットが販売されています。安かろう悪かろうな中華製もゴロゴロ転がっていますので、予算と用途に注意してコスパのいい買い物をしましょう。●Androidタブレット↓ブログランキングにご協力お願い致します。 

  • 12Aug
    • ジサカー的最新ガジェット、自作パーツ、VRなど今欲しい物リスト一覧の画像

      ジサカー的最新ガジェット、自作パーツ、VRなど今欲しい物リスト一覧

      ジサカー的最新ガジェット、自作パーツ、VRなど今欲しい物リスト一覧クリスマスでも誕生日でもありませんが(というかそんな歳でも無いんですが)、何となく今欲しい物をリストアップしてご紹介してみようと思います。夏のボーナスで何を買おうか迷っている方は、参考にどうぞ。いつか書いた「もしもロト7が当たったら」と違い、今回は現実的且つコスパ重視でアイテムを選んでみました。■SIMフリーの最新スマホ今使っているスマホがだいぶ時代遅れになって来ているので、最新に近いAndroid OS搭載機で、最新のCPU・GPUの低価格モデルが欲しいと思っています。今は台湾・中国製品が高性能ながら低価格で人気。●Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-GOLD(ゴールド) 【日本正規代理店品】 VNS-L22-GOLD中華製の中でも高性能且つ低価格で人気のメーカー「Huawei(ファーウェイ)」の「HUAWEI P9 lite」。Android 6.0 Marshmallow搭載でオクタコアCPU、容量3000mAhのバッテリーが魅力。メモリ2GBが物足りない気もしますが、約3万円の価格を見ると妥当なスペックです。5.2インチのフルHD液晶も丁度いい大きさで、同じ価格帯のスマホでは頭一つ抜きん出ています。他に「ASUS ZenFone3」や「Xiaomi(シャオミ) Mi5」など、まだ日本で正式販売されていませんが、並行輸入品の優良スマホが販売されています。技適マークが無いなど問題はあるものの、最近の中華製スマホは安くて高性能な製品が多いです。●SIMフリー ASUS ZenFone 3 ZE520KL 3GB 32GB ブラック-Black 4G LTE (5.2inch/Full HD/Android 6.0/Qualcomm Snapdragon 625/2.0Ghz)ブラック 海外正規品 [並行輸入品]●Xiaomi シャオミ Mi5 32GB 3GB RAM [並行輸入品]■最新コスパ最強グラボGTX1060パソコンでゲームをすることが多いので、本当ならパソコン一台丸ごと新調したいところですが、そんな予算は無いのでグラボだけ最新のものに載せ替えを考えています。低消費電力で「GTX980」相当の実力を持った最新にしてコスパ最強のグラボ「NVIDIA GTX1060」が、今一番手の届きそうな優良製品。現行の大抵のPCゲームを快適に遊べるので、これを買ったらしばらく交換の必要が無くなります。●GTX1060■PlayStation VR新しもの好きなので、話題の「プレイステーションVR」をチョイス。やはり値段がネックで、気軽に買えるものではありません。廉価版が出るまで待った方が良さそう。お金に余裕のある方は、この機会に圧倒的な没入感を体感出来る「VR」の世界を楽しんでみてはいかがでしょう?●PlayStation VR PlayStation Camera同梱版新型が間もなく出ると噂なので、今買うのはタイミングが悪いかもしれませんが、PS4を持って居ない方は、VRを楽しむために本体も一緒に購入しましょう。●PlayStation 4PCゲーム派の方は、遂に「Oculus Rift(オキュラスリフト)」が製品化されましたので、こちらの購入を検討してみてはいかがでしょう?●Oculus Rift cv1 製品版 2016 オキュラス リフト (Oculus Rift cv1 製品版) [並行輸入品]■Androidタブレット最近、モンストというスマホゲームにハマっており、そのためのサブ機、そしてHulu(フールー)で寝ながらドラマや映画を楽しむために、wifi接続で使えるAndroidタブレットがとっても欲しいです。こちらもスマホと同様、中華製が種類が豊富で低価格。出来ればAndroid5.0以上でメモリ2GBのオクタコア、1万円台の製品が欲しいところ。●Androidタブレットとまあ欲しい物は尽きませんので、今日はこの辺で。ボーナスの出た方は、貯蓄に回すのも良し、投資してみるのも良しですが、少しは自分の趣味で欲しい物をコスパ良く買った方が精神衛生的に快適です。何を買うか考える時間も幸せなので、ぜひご検討を。↓ブログランキングにご協力お願い致します。