自己肯定感を大切に☆新潟市の幼児教室パロンテアンファンのブログ
  • 21Jan
    • 育休中のママヘの画像

      育休中のママヘ

      【育休中のママへ✨】職種や職場環境などによっては3年間の育児休暇をとられる方もいらっしゃると思いますが、1年間の育児休暇をとって1歳で職場復帰こういったママも多いのではないでしょうか?仕事復帰までの1年間長いようで短い❗短いようで短い‼️⁉️そう、振り返ると、あっという間に過ぎてしまうこの1年間お世話して、あやして、絵本読んで、たまにママ友とお茶して子どもたちを遊ばせてもちろんそれでもいいのですが、だけどやっぱりもったいない😲‼️脳科学・心理学の分野で、0歳の一日は、一生のうちでも一番濃厚だといわれています。0歳の赤ちゃんに、一日一回『ある刺激』を繰り返すのと、そうでないのとでは、1年後に次のようなちがいが出ることがあります。刺激ナシ→どうぞができない刺激アリ→どうぞと渡すことができるそしてそれだけではありません❗0歳の赤ちゃんのパパママが、脳育を学ぶことで、お子さんの能力を最大限に引き出すことができる『スペシャルパパママ』になって、お子さんの気持ちを的確にくみ取って対応できる能力が身についていくのです😆✨✨仕事復帰でお子さんと過ごす時間が短くなるからこそ‼️身につけたい能力ですね✨パロンで一緒に脳育学びませんか?体験レッスン実施中❤️写真をご覧ください😊✋#0歳#脳育#新潟市幼児教室#新潟市ベビーマッサージ#新潟市療育教室#ママカウンセリング#パロンテアンファン

  • 19Jan
    • いい子だね~。は自分軸に影響する!?の画像

      いい子だね~。は自分軸に影響する!?

      【いい子だね~。は自分軸に影響する!?】『いい子だね〜』『おりこうさんだね〜』よく聞くほめ言葉ですが、この言葉、実は使いようによってはお子さんの『自分軸』に影響するって、ご存知ですか?ママカウンセリングに訪れる子育てで悩むお母さんの中には次のような方がたくさんいらっしゃいます。『また怒ってしまった。いいお母さんになれない。。。』セッションの中で自己分析をすることがありますが、こういったお悩みをお持ちの方に共通している項目が『子どものころ、親の気に入るふるまいをするといい子だね~と褒められ、親の気に入らないふるまいをすると怒られたり諭されたりした』という経験を持っていること。『ほめて育てる』という言葉がある時から注目されていますが、その真髄を理解しないままただ『褒める』だけでは、子どもの自分軸を奪ってしまいかねないのですね。それは、『叱らない育児』もしかり。その真髄を理解しないままただ『叱らない』だけでは、子どもの『知性や理性』は適切に育たないのですね。さて文頭の『いい子だね~』『おりこうさんだね〜』は使いようによってはお子さんの自分軸に影響すると書きました。その『使いよう』とはその言葉を発している親自身の『自分軸』があるかないか?ということなんです。親自身に自分軸があり、信念のもとまっすぐに伝えているほめ言葉であるのか親自身の自分軸がなく、本当の自分以外の何かに引っ張られて伝えているほめ言葉なのかこの辺が関わってくるんですね。あなたのほめ言葉はいかがですか?何か立ち止まって自分を見つけるキッカケになれば幸いです。あなたの自分軸は?個人セッション『解決型ママカウンセリング』は↓ママカウンセリングコース - パロン・テ・アンファンオンラインサロン 子育てのイライラ、パパへのイライラなどを解消する欧米型解決カウンセリングコース。ママの自分軸発見にも繋がります。対面でもオンラインでも対応可能です。 parentetenfan.memberpay.jp自分軸がしっかりする幼児教室体験レッスンはパロン体験レッスン1回 | tol笑う幼児教室パロン・テ・アンファンの体験レッスンを一回お受けいただけます。0歳親子クラス☆金曜日10:15~11:051歳親子クラス☆木曜日10:3...【笑う幼児教室パロン・テ・アンファン】 | toltol-app.jp

  • 17Jan
    • ”★オンライン講座*2/19(土)開催//受容するってどうやって?』”の画像

      リブログ記事”★オンライン講座*2/19(土)開催//受容するってどうやって?』”

      不登校支援団体サニースマイルさん主催のオンライン講座の講師をさせていただきます。お子さんの不登校や行きしぶり発達凸凹よく『受け入れろ』と言うけど、受容って、なかなか難しい。。子どもと笑顔でいたいのに。。そんなあなたにピッタリの講座です。詳しくはサニースマイルさんのブログをご覧ください↓↓↓

  • 14Jan
    • 集中しなさいと言う前にの画像

      集中しなさいと言う前に

      【視覚認知トレーニングって?】子どもの脳育に関わる大切な能力のひとつに『視覚』があります。視力と視覚認知力はちがいます。視力は右とか左とか、ただ見える力。視覚認知力は、目から入った情報を正しく認知する力。ここの能力を育てることで、思考力や集中力など『目』とは関係ないと思われている能力が発達していきます。集中しなさいよく考えなさいと言う前に、ここの刺激をしてあげることが大切なのですが、意外と知られていません。『うちの子集中力がなくて。。』と心配されている方は、一度パロンの視覚認知トレーニングを体験してみられてくださいね😊✋お問い合わせは写真のQRコードまたはプロフィールHPお問い合わせより承ります。#視覚認知トレーニング#集中力#思考力#新潟市幼児教室#小学生の習い事

  • 11Jan
    • 自己肯定感MAXの子どもたちの画像

      自己肯定感MAXの子どもたち

      【自己肯定感MAX‼️の子どもたち】自己肯定感について、いろんな論説がありますが、パロンの考える子どもの自己肯定感って高めるものじゃなくて、むしろキープするもの。まあわかりやすく『自己肯定感の育て方』『自己肯定感の高め方』なんて表現をすることも多いので、自己肯定感は育てるもの高めるものととらえる人が多いのも事実ですが、本当は、私たち人間は(いや動物も)オギャーとこの世に生まれたその時には自己肯定感MAX❗❗を持ち合わせているんですよねそこからいろんな刺激を受けてきて、その刺激の中にある『ありのままを否定される刺激』の一つ一つがMAXから少しずつ少しずつじわりじわりと下がっていき、その数が多ければ多いほどその衝撃が大きければ大きいほどいわゆる『自己肯定感の低い人』といった人格が形成されていくのです。だから、我々大人は『子どものMAXな自己肯定感を下げないように・損ねないように』接していく必要があります。だけど、ここで陥りやすいワナがあります‼️それは『子どもを尊重しすぎてワガママに育ててしまうこと』十数年前から『叱らない育児』というものが流行り出しました。それは、子どもの可能性を信じてのびのびと育てるといった考えで、その方法には大変重要なポイントがいくつか含まれるのですが、そこをすっ飛ばしてただ叱らないただのびのびとさせる育児のワナにハマり、その先には『親をなめきった殿様タイプの子ども』のご機嫌をとる親や主導権を完全に握ったしつけのいきとどいていない子どもやしてもらって当たり前といった『感謝の足りない子ども』やいつの間にか『共依存関係』が形成されている親子などのちに改善に時間のかかる親子関係につながるケースも少なくありません。ですので、子どもの自己肯定感を損ねない子育ては、ある程度の理論を理解した上で行うことが大切です。パロンでは、そのポイントをちょいちょいとお伝えしているので、通ううちにいつの間にか子どもの自己肯定感を損ねない子育てが身についていくお母さん達が多いと感じます。最短で自己肯定感を損ねない子育てが学べる方法は↓↓↓お問い合わせはHPでも受け付けます笑う幼児教室 パロン・テ・アンファンwww.warau-parent.com

  • 06Jan
    • お子さんが席を立ったらラッキー☆新年レッスンスタートの画像

      お子さんが席を立ったらラッキー☆新年レッスンスタート

      笑う幼児教室パロン・テ・アンファン本日は新年の初レッスンでしたパロンの脳育親子クラスでは、発達段階『探求期』真っ只中のお子さんのお母さんに机でカリキュラムどおりに取り組まなくても良い重要な理由をお伝えすることを大事にしていますまだ通室歴が数回の方や体験レッスンで初めての方は、『せっかく幼児教室につれてきているんだから、きちんと取り組ませなきゃ』と必死なお母さんが少なくありません。そんな大人の常識は、パロンになれてくるとだいーぶ消えてなくなり、むしろ探求するお子さんの気持ちがハッキリと見える(感じ取れる)ようになってくるので、せっせと忙しく離席するお子さんに実にあたたかい眼差しが向けられるようになっていくのです実はそこにパロンが子育てママたちにお伝えしたい真髄が込められているので、レッスン中にお子さんが席を立ったらラッキーととらえてくださいね今年も楽しく伸びやかにいきましょうイベント、体験レッスンなどは下記↓

  • 04Jan
    • 【あいさつしない子の心理と親ができること】の画像

      【あいさつしない子の心理と親ができること】

      【あいさつしない子の心理と親ができること】『うちの子あいさつできなくて。。。』お母さんからよく寄せられるご相談のひとつです。しかも、言葉を話し始めた乳幼児期の頃からしばらくは、かわいらしくごあいさつできていたはずなのに、成長の途中で、ほとんど(または一切)あいさつをしなくなってしまったという子も少なくありません。特に、発達凸凹のお子さんに多い傾向があります。それぞれのお子さんによって、あいさつをしない理由は様々ですが、以下のような理由があげられます。《あいさつをしない理由》・感覚が鋭敏がゆえに防衛本能が働き、よく知らない人にあいさつすることに抵抗を感じている。・同上の理由でよく知らない人から注目をあびたくない。・いつもと違う状況下であいさつをするのは、普段どおりのルーティンであいさつするようにスムーズに対応できない。・あいさつをする必要性を感じない。・あいさつしたことでいい思いを得たことがない。・あいさつをすることが大事なのは知っていつつも親の前であいさつする姿を見られたくない。・『あいさつ上手だね~』などと子ども扱いされるのが嫌だ。では、どうしたらあいさつできるようになるのか?あいさつしない理由がその子によって様々なように、あいさつできるように親ができることも、ひとつのマニュアルなどはありませんが、一例として以下のようなものがあげられます。《あいさつできるように親ができること》・日頃から『あいさつされるとうれしい。あいさつされないと悲しい。』ということを伝え続ける。※基本ですがコレが通用しない子も多い・事前に『おばさんと会った時に、おばさんのお顔がこっちに向いたらコンニチハ。って言うお約束ね。』などとどのタイミングで言うか伝えておく。※ただ『あいさつしようね』だけではタイミングがつかめない子もいる・事前に『自分からコンニチハ。が言えたら帰りにアイス買ってあげるね。』※アイスのためにあいさつするという脳回路が形成されないように、実際にあいさつ直後にきちんと褒めるテクニックも必須・賢い系の発達凸凹の子にはあいさつの歴史やあいさつをする意味を論理的に説明する。そして一番大切なのは、『いつか心の成長と、その子のタイミングで、あいさつするようになる』ことを心から信じてあげて、あとはゆったりゆっくりと『待つ』こと。※『まだ言えない。まだ言えないと心で感じながらの待つ』ではないいかがでしたか?お子さんの性格や特性に合わせて参考になさってみてくださいね。1月の体験レッスン、イベントは↓体験レッスン詳細・お申し込みパロン体験レッスン1回 | tol笑う幼児教室パロン・テ・アンファンの体験レッスンを一回お受けいただけます。0歳親子クラス☆金曜日10:15~11:051歳親子クラス☆木曜日10:3...【笑う幼児教室パロン・テ・アンファン】 | toltol-app.jpパロン・テ・アンファンHP笑う幼児教室 パロン・テ・アンファンwarau-parent.com

  • 03Jan
    • コラム掲載の画像

      コラム掲載

      【子育て中パパにイライラ😣】産前はあんなに大好きだったはずの夫に産後はイライラ!ムキー!についてコラム書きました😄子育て情報誌はっぴーママ掲載どうぞお近くの公民館、児童館、幼稚園、保育園、などに設置のはっぴーママをお手にとってご覧下さい🙇✨#産後クライシス#産後の夫婦仲#脳科学#新潟市幼児教室#新潟市ベビーマッサージ#新潟市療育教室#パロンテアンファン#はっぴーママ

  • 01Jan
    • 新年のごあいさつとイベント告知の画像

      新年のごあいさつとイベント告知

      あけましておめでとうございます🎍本年もよろしくお願いいたします🙇✨今年もたくさん笑ってたくさん学んでたくさん成長をよろこびましょう❤️素敵なお正月をお過ごしください😊✨🎍●パロンのレッスン開始は1/6木通常通りお待ちしております。●新年の脳育ベビマ1回目の開催は1/26水お申込みフォームは写真をご覧くださいhttps://tol-app.jp/s/parentetenfan/eelm4w●新年の体験レッスンは写真をご覧くださいお申し込みフォームはhttps://tol-app.jp/s/parentetenfan/aeuf9aパロン体験レッスン1回 | tolパロンの体験レッスンを一回お受けいただけます。【笑う幼児教室パロン・テ・アンファン】 | toltol-app.jp●お問い合わせはHPお問い合わせフォームからお願いいたしますhttps://www.warau-parent.com/笑う幼児教室 パロン・テ・アンファンwww.warau-parent.com

  • 31Dec
    • 年末のごあいさつとお知らせの画像

      年末のごあいさつとお知らせ

      【年末のごあいさつとお知らせYouTube】いよいよ令和3年もあと数時間となりました。今年も教室の内外で、いっぱいの笑顔をいただきました。たくさんのご縁もいただきました。今年1年関わってくださった全ての方に厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。来年も、自分の経験と学びと気づきを、必要な人に、お届けできるよう楽しく伸びやかに活動をしてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。You Tubeアップしました。https://youtu.be/xBj9e0j7YDU年末のごあいさつとお知らせ年末のごあいさつとお知らせ1年間ご視聴ありがとうございました。来年からのお知らせもございますのでどうぞ最後までご覧ください。よいお年をお迎えください。パロン・テ・アンファン育児相談チャンネルです。多くのお母さんたちから寄せられる子育てのお悩みにお答えいたします。過去に育児ノイローゼを経験した立場で。そして、脳科学、心理学などを学び、幼児教...youtu.be#年末のごあいさつ#笑顔をありがとう#新潟市幼児教室#新潟市ベビーマッサージ#新潟市療育教室#パロンテアンファン

  • 30Dec
    • 全クラス終了〜✨の画像

      全クラス終了〜✨

      【今日で全クラス本年のレッスン終了】パロン・テ・アンファン本日で全クラス本年のレッスンが終了いたしました✨べべクラスでは締めくくりにパパママの1年間の褒め合いワークと時空超えワーク(!?)も💕本年はありがとうございました来年もどうぞよろしくお願いいたします良いお年をお迎えください🙇✨✨※明日、パロンのYou Tubeでごあいさつとお知らせもございます。どうぞご覧ください✨#今年最後のレッスン#パロンテアンファン#新潟市幼児教室#新潟市ベビーマッサージ#新潟市療育教室#新潟市子どもの習い事#良いお年を

  • 28Dec
    • 年の瀬に笑ってゆるしてくださいの画像

      年の瀬に笑ってゆるしてください

      【年の瀬に、笑ってゆるしてください😆💨】昨日は教室の大掃除。娘たちが手伝ってくれてなんとか半分くらい片付いたところです(さあ、年内に終わるか⁉️😓😓😓)教材の整理もしていたのでお掃除がなかなか終わらない。。そんな中、次女があることに気が付きました。。。ソレは。。。写真をご覧いただき、気づいた方はどうぞコメント欄にご記入くださいね😆✨❗さて1月の体験レッスン日程は↓↓↓お申し込みはパロン体験レッスン1回 | tolパロンの体験レッスンを一回お受けいただけます。【笑う幼児教室パロン・テ・アンファン】 | toltol-app.jp#教材づくり#知育教材#大掃除#新潟市幼児教室#新潟市ベビーマッサージ#新潟市子どもの習い事#パロンテアンファン

  • 27Dec
    • 教室大掃除の画像

      教室大掃除

      【パロン今年の最終レッスンは12/30木】もう年内レッスンが終わったクラスもありますが、すべてのクラスのレッスンも残すところあと少し✨最後までどうぞよろしくお願いいたします🙇✨今日は教室大掃除で休講です✋娘らに手伝ってもらってせっせと片付けています✨もちろん途中で掃除機をマイクにして熱唱したり😆お遊びもまじえながらですが。。😅💨写真は年少クラス❤️楽器を使ったり、右手を使ったりで、じっくり思考することで脳育につながります✨1月の体験レッスン日程は写真をご覧ください。お問い合わせはQRコードparentetenfan@gmail.com09022558600#大掃除#パロンテアンファン#新潟市幼児教室

  • 25Dec
    • 幼児虐待と向き合うの画像

      幼児虐待と向き合う

      【メリークリスマス】この時期、こどもたちは目を輝かせて『サンタさんに○○もらうんだよ』『もうサンタさん来たよ』『うちにも来たよ』『幼稚園にサンタさん来た』とお話してくれます。少しディープな話になりますが、先日、社会問題のひとつである幼児虐待をテーマとした実話を元にした映画『189』を観に行きました。こんなに大事なテーマなのに、関心を持つ人が少ないのか、映画の告知が広まっていないのか、なんと映画館にひとりぼっちということに驚きました。映画の内容は、みていてとてもつらいもので、途中でもだえるように必死にみました。正直とてもつらかったですが、、、これは映画のタイトル通り、いち早く(189)国民全体で向き合う問題だと思いました。残念ながら映画は終わってしまいましたが、(イオンシネマ)これを観た人同士でこの問題について話し合ったり、ひとりひとりに何ができるのか考え行動したりする必要性を感じました。今、私は私にできることをやっていますが草の根ほどの微力だと感じることも多々あります。皆さんも、幼児虐待の現状について、まずは知り、そして何ができるか考えてみませんか?すべてのこどもたちにとって笑顔のクリスマスになりますように✨#189#クリスマス#幼児虐待#新潟市幼児教室#新潟市子育て#パロンテアンファン

  • 23Dec
    • 体を使ってさんすうあそびの画像

      体を使ってさんすうあそび

      【体を使ってさんすうあそび🎵】さんすうっていうと、お勉強。のイメージが強いですね💡幼児にさんすうなんて必要ない?ハイ!『お勉強』としてのさんすうは必要ないです💨だけど、『あそび』は子どもの育ちにとって必要です🎵さんすうだって、与え方ひとつで『あそび』に変わっちゃいます😍エンピツ持たせてさんすうのお勉強を嫌がったっていいんです❗もちろんそれが楽しく感じている子にはさせてあげればいいし、そうじゃない子は他の切り口でさんすうの世界と出会わせてあげれば、いつか自分のタイミングでそれを使ってやってみたい気持ちがわいてきます✨それには与える側(大人)の受容的なマインドと、ちょっとしたテクニックも必要です。パロンのレッスンでは、楽しく🎵軽く🎵テンポよく🎵のさんすうカリキュラムも取り入れています😊1月の体験レッスン日程は写真をご覧ください🙇✨お申し込みはもしくはプロフィールのHPからお願いいたします。#さんすうあそび#数あそび#新潟市幼児教室#新潟市ベビーマッサージ#パロンテアンファン#新潟市子どもの習い事

  • 19Dec
    • じゃんけんの理解までの道のりの画像

      じゃんけんの理解までの道のり

      『最初はグーじゃんけんポン』じゃんけんは、いろいろなことを公平に決める時に便利なもののひとつですね。この『じゃんけん』ですが、ルールを理解するまでがなかなか大変ルールを理解できる前のあるある↓↓↓・相手のマネするだけ・同じものしか出さない・1の指などグーチョキパー以外を出す・何も出さないでキョトン・あとだしグーにはパーが勝つんだよパーにはチョキが。。。などの教え方ではなかなか理解できない子どもたちどうして何回言ってもわからないのか?それは、『じゃんけん理解までに必要な能力』のどこかでつまずいているからです。なので、大事なのは、『どこでつまずいているのか?』気づいてあげることなんですざっくりと5つの発達をみてあげます↓↓↓①手指の発達→グーチョキパーの形が作れる②視覚の発達→相手の手指の形を把握する③聴覚の発達→ポン、と同時に手を出せる④概念の発達→『勝つ負ける』『どちらが強い』『石・はさみ・紙』の意味や性質がわかる⑤社会性の発達→人との関わり方がわかるそして、つまずいている部分に気づいたら、そのポイントを、お子さんの発達段階に合わせた方法でインプットしていけばいいのです。チョキの指ができないのであれば、指への触覚刺激や指を使ったあそびをたくさん提供したり、ポン、で出せないのであれば、リトミックあそびでストップの練習につなげたり、勝つ負けるがわからないのであれば、紙相撲あそびで体感させたり、石、はさみなどの性質がわからないのであれば、実物で演じてあげたり、その他諸々、様々なあそびを通して、じゃんけんの理解につながっていくので、いくら何回じゃんけんだけでおしえても、わからないんですパロンのクラスアンファンでは、レッスンの前に毎回じゃんけんを取り入れていますさて、1月の体験レッスン日程を更新いたしました↓↓ぜひ脳育を体験くださいねパロン体験レッスン1回 | tolパロンの体験レッスンを一回お受けいただけます。【笑う幼児教室パロン・テ・アンファン】 | toltol-app.jp

  • 18Dec
    • 見たい!知りたい!をつぶさないでの画像

      見たい!知りたい!をつぶさないで

      【見たい!知りたい!をつぶさないで】新潟市は今朝、うっすらと雪が積もりました。皆さんのところはいかがでしょうか?さて、写真は、1歳クラス。1歳さんは、とにかく刺激を求めて本能のおもむくままに動き回る発達段階です。見たい!知りたい!と、目を輝かせます。そして、何度も何度も同じ刺激を繰り返すことで脳回路ができていき、また新たな刺激を求めていき、それを繰り返します。それが、大人にとっては少々迷惑な行為だったりするので、この頃からママたちの口ぐせは、『ダメダメ』『ばっちい(汚い)よ』『バツ〜』などになりがち。何度言っても同じ行為を繰り返すので、ウンザリ😣といったママも。ところがその行為こそが、子どもが生きていく上で必要な学びを得るための行動だったりするので、無下に排除ばかりしていると、能力の育ちを阻害してしまいかねないんです。かといって、ゴミ箱のものを出したり、靴を家の中に入れたり、植木鉢を倒したり、窓ガラスに積み木をガンガンと打ち付けたり、そのまま放置はできないですよね?そんな時にどうしたらいいか?それは。。。パロン秘伝『ワン・ツー・スリー法』がオススメですワンストップツーストップ上手スリー環境変化と新たな刺激この時期のお子さんに『壊れるからダメだよ』とか『あぶないから登らないで』とか『ばっちいばっちい、触らないよ~』とか言葉による説明は、全く響きませんイメージとしては、例えばわたしたち大人が、知らない外国語で『µµ∆∆¶¶…‡†№№§§>‰‰℉√√√µµだよ』のような感じに言われたとしても、『何言ってるのかさっぱりワカラナイ。』ですよね。子どもたちにはそんなふうに聞こえています。じゃあどうしたら伝わるか?答えは簡単『言葉』じゃなくて『音』と『表情』で伝えればいいのです知りたい、見たいというモチベーションで行動をおこしているまさにその瞬間に①『ストップ』そして、人は褒められねば育ちませんね(山本五十六)②『ストップ上手』そして、乳幼児期のお子さんは、気持ちの切り替え能力が未発達ですので、同じ場所にそのままいては、先ほど駆られた『知りたい!学びたい』衝動は、また起きること必至ですですので、③場所を瞬時に移動(環境変化)させ、さらに次の興味へつながるような新たな刺激を与えることで、執着を手放してくれます。←コレ、大人も大事ですね実際タイミングや音の出し方などにコツがあるのですが、コレはパロンの教室で惜しみなく披露しておりますので、気になる方はどうぞ体験レッスンをパロン体験レッスン1回 | tolパロンの体験レッスンを一回お受けいただけます。【笑う幼児教室パロン・テ・アンファン】 | toltol-app.jpパロン脳育ベビーマッサージ | tol赤ちゃんとの日常がより有意義になる脳育レッスン付きのベビーマッサージ。カウンセラーによる子育て相談付きで安心。【笑う幼児教室パロン・テ・アンファン】 | toltol-app.jp

  • 17Dec
    • 脳育のゴールはどこ?※傷つきやすい人は見ないでくださいの画像

      脳育のゴールはどこ?※傷つきやすい人は見ないでください

      【脳育のゴールはどこ?】※注意※心理学の観点から脳育を分析しています。受け取り方によっては落ち込む場合がありますので、傷つきやすい人は見ないでください。赤ちゃんからの脳育が大事。でも、ゴールはどこ?意外と知らないで、脳育を始める方も多いのではないでしょうか?脳の発達については以前にも書きましたが、今回は『親』に焦点をあてて書いてみましたまず、脳育に興味を持たれて、それぞれのタイミングで、それぞれの方法で、お子さんの発達段階に合った脳育遊びなどを取り入れているかと思います。このスタートの時点で、実は大きく3つの『親のモチベーション』に分けられます。①子どものために。というモチベーション②自分のために。というモチベーション③なんとなく。とりあえず。というモチベーションそして、この①と②は、さらにそれぞれ2つに分けられます。①-1 親のアダルトチルドレンが関わった子どものために。というモチベーション①-2 理性的、論理的思考をベースとした母性、父性のある子どものために。というモチベーション②-1 親のアダルトチルドレンが関わった自分のために。というモチベーション②-2 自由奔放で子どもの心で自分のために。というモチベーション心理学的な観点でいえば、このうち望ましいのは①-2と②-2だといえるでしょう。なぜかというと、この2つは、子どもの脳にとって大変良しとされている『恐怖』や『不安』のないまっすぐな愛情からくる親のモチベーションだからです。逆にいえば、①-1と②-1は、何らかの形で潜在意識に刻まれた『親の恐怖と不安』が含まれたモチベーションなので、脳育にとって最適な状態とは言い難いと考えられます。どんなに子どものためにとがんばっても、自分を満たそうとがんばっても、この『恐怖』と『不安』から解放されないうちは、子どもの『絶対的自己肯定感』には繋がりにくく、場合によってはその『恐怖』と『不安』を子どもの将来に伝授してしまうことも少なくありません。しかし、この『恐怖』と『不安』は、親自身の責任ではなく、世代間連鎖により、親祖先から受け継がれたものであることが多いので、誰のせいでもないのです。では、どうしたらいいか?それは、今、それに気づいた時点で、それを手放すこと。『子どものためにと思っていたけど、その裏側には、過去の自分を癒やすため。という潜在意識が働いていたかも。』『自分のためにと思っていたけど、その裏側には、過去に得られなかった承認欲求を満たすため。という潜在意識が働いていたかも。』このような気づきがあったならば、できるだけ早く、手放すことこそが、結果、子どもの自己肯定感を守りつつ、子どもの脳をよくすることにつながっていきます。③の場合は、その先に①か②がわいてくることもありますので、それぞれを頭に入れておくといいですね。そんな『手放し』の方法は、世の中にたくさんあると思いますが、パロンのカウンセリング(オフライン、オンライン)でもそのお手伝いをしておりますので、良かったらお声がけくださいね。赤ちゃんからの発達心理にもからめた現役幼児教室講師によるカウンセリングが受けられます。カウンセリングお問い合わせ、お申し込みは↓解決型カウンセリング1回分 - パロン・テ・アンファンオンラインサロンパロンの解決型カウンセリングのお試し1回分現在のお悩みを優しくお聞きし、心のメンテナンスを行います。60分3850円parentetenfan.memberpay.jpさて、写真は小学生クラス。卒業まであと3ヶ月となりました。脳の土台完成まで精一杯お手伝いさせていただきますその他クラスの体験レッスン↓お問い合わせはhttps://warau-parent.com/お問い合わせフォーム

  • 14Dec
    • あそび方より○○○の画像

      あそび方より○○○

      【あそび方より○○○】乳幼児期のあそびが大事。でも、どう大事なの?実は、あそびの内容やあそび方を知ることよりも、もっと大事なことがあります。それは、、、①あそびの意味を『おとなが』知っていることそして②どういうモチベーションで『おとなが』あそびを与えるのか①あそびの意味を『おとなが』知っていること例えば『いないいないばあ』あそび。昔から赤ちゃんをあやす、誰もが知っている代表的なあそびですが、多くの人が、『赤ちゃんを笑わせるため』に行っています。そうすると、赤ちゃんが笑ってくれればいいのですが、赤ちゃんがちっとも笑ってくれなかったら、『笑ってくれない』『笑わない』『まだ笑えない』ととらえがちです。『うちの子あまり笑わないんです』と仰る新米ママさんも実際たくさんいらっしゃいます。ところが『いないいないばあ』あそびの目的は、笑わせることではなく、赤ちゃんの『記憶力』と『情緒』を育てることだと知っていたらどうでしょうか?もし『いないいないばあ』とあやしたときに、赤ちゃんがピクリとも笑わなかったとしても、『ワーキングメモリー(記憶力の土台となる働き)を育てる刺激を与えることができた』と、とらえ、与えた側(おとな)も充実感をあじわうことができるし、与えられた側(赤ちゃん)にも刺激を得ることができるうえに、目の前にいるおとな(大抵はママ)の感じているプラスの感情をキャッチし、安心感に包まれます。※コレ大事!これが②モチベーションで『おとなが』あそびを与えるのかにもつながってくるのですねこのように、いないいないばあだけでなく、身の回りの様々な遊びの中に、実は脳育にとって重要な意味が隠されているので、それを知った上であそびを与えられると、将来子どもたちが本当の意味でのびのびと暮らしていけるための脳が育っていきます。さて、残りわずかとなりましたが、そんな脳育のコツが学べるパロン・テ・アンファンの体験レッスン日程は↓↓↓

  • 10Dec
    • 対話と脳育と自己肯定感の画像

      対話と脳育と自己肯定感

      【対話と脳育と自己肯定感】親子で『対話』してますか?『会話』はしてるけど、『対話』はしてないかも。という方が多いのではないでしょうか?『会話』は日常の中で行われている何気ないやり取りや、お互いに話を進めていくこと。『対話』は『会話』よりもお互いが向き合って、意味のあることについて意見を交換したりとコミュニケーションを深める手段。では、子どもとの『対話』って、何歳ごろからどんなふうにすればいいの?答えは発達段階によって異なります。子どもの発達をしっかり理解したうえで行えば、なんと0歳からでも『対話』ができちゃうんですそして、『対話』によって自己肯定感があがるということもいわれています。そんなに大切な『対話』も、パロンのレッスンには『脳育』とミックスして含まれております。写真は年少さんクラスでの対話風景です残り少なくなりましたが、12月の体験レッスン日程は↓0歳 金曜日10:15~11:051歳 木曜日10:30~11:202歳 月曜日11:20~12:103歳 月曜日10:15~11:05年少 月曜日15:15~16:05火曜日15:00~15:50年中 月曜日16:15~17:05金曜日15:10~16:00年長 木曜日17:20~18:10小学生・発達凸凹クラスはお問い合わせくださいDMまたはparentetenfan@gmail.com09022558600#笑いの効能#対話の効果#脳育#新潟市幼児教室#新潟幼児教室#パロンテアンファン#子どもの習い事#新潟子どもの習い事