恐怖症【対人・閉所・高所・視線・男性etc】克服法

2011.02.10:姉妹サイトOPEN!


[恐怖症・トラウマ・PTSD克服60分チャレンジ ]UP!



2011.02.01:最新記事[恐怖症-崖っぷちから生還 ]UP!



Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2011-02-02 18:15:12

恐怖症克服-崖っぷちから生還-

テーマ:恐怖症治療法

負債総額7億3000万円で倒産した、


社員23名の中小企業社長だった私。


過酷な取立てに脅え、


電話恐怖、インターホン恐怖、外出恐怖、


そしてなぜか、あの恐怖症まで発症。



あと一歩で「向こう側の世界」に行くところだった私が


「こちら側」に戻ってくることができたワケは.................


催眠療法でした。



催眠現象が作り出す恐怖症


恐怖症は、100人いれば100種類の恐怖症があります。


対人恐怖症

男性(女性)恐怖症

高所恐怖症

閉所恐怖症

視線恐怖症

発汗恐怖症

赤面恐怖症...........


恐怖する対象の数だけ恐怖症は存在します。


ポイントは3つあります。


1.他人に対する恐怖(対人、男性、視線恐怖等の社会恐怖)


2.物事に対する恐怖(動物、高所、閉所恐怖等の単一恐怖)


3.特定状況に対する恐怖(エレベータ、混雑したデパート、満員電車等の広場恐怖)


あなたの幼少期のトラウマや精神的ダメージが


これら恐怖症の発症原因となります。



しかし、恐怖症とは


自分自身の脳が作り出した「催眠現象」


これが恐怖症の本質的な原因なのです。


あなたのトラウマやダメージは


その後の病的思い込み(恐怖症)発展への引金だったのです。


ですから、恐怖症克服のためには


催眠状態の脳に、改めて催眠術を施す必要があります。



適応障害


電話が鳴れば借金返済の催促と思い


インターフォンが鳴れば取り立て屋と思い


外出すれば、前から歩いてくる人間がみな取り立て屋に見える


もちろんそんなハズはありません。


でも勝手に、そして真剣に、


そう思ってしまうのです。


すべては自分の勝手な思い込みであり


自分で自分に催眠術をかけた結果でした。


軽いウツ病にもなっていたのかも知れません。



家族に半ば無理やり心療内科に連れて行かれ


そこで言われた病名が


適応障害


恐怖症ではなく、適応障害です。


ストレスにより、一般的な社会生活ができなくなるストレス障害です。


生死に関わる様な強大なストレスに限らず、家族関係や仕事のトラブルなどが


原因となって発症します。


ストレス量が私自身の処理能力を圧倒したことで心理的な機能不全に陥ったのです。


ですから治療も大事ですが、


原因となる状況の改善、私の場合は借金の整理が


適応障害改善のためには何よりも重要でした。



ついに恐怖症の魔の手が......


借金の整理がつき、


ヤレヤレ、これでストレス障害も改善か.........と、思ったとたんに


恐怖症の症状が出始めました。


それが、なんと高所恐怖症です。



首都高速を運転中に発症しました。



中央環状線葛飾ハープ橋


この付近は荒川の上空に高架橋が架かっています。


そこで、突然嵐のように恐怖感に襲われました。



ご存知の通り、高所恐怖症の所見は


めまい、吐き気、頭痛、震え、多汗などなど..........


全部まとめてやってきました。


もう1mも前へ進めません。


事故にはならなかったものの


渋滞を惹き起こし


挙句の果てにはパトカーを呼んで


一般道路まで降ろしてもらう始末でした。




以来日常生活にも支障を来たす日々に苦しみました。


心療内科の先生によれば


「適応障害がキッカケで幼児期の恐怖体験が目を覚ましたのではないか」


というようなお話でした。


薬も処方され、治療に通いました。


しかし、あの(と言っても、経験者にしか理解できないかもしれませんが)


恐怖感はなかなか拭えませんでした。


さらに、薬物依存の心配すら..................


催眠療法との出会い


そんな時に知人のススメで横浜催眠心理オフィスを知りました。


よく言われることですが、


催眠療法などというと、胡散臭い、インチキ、詐欺など


批判的意見もあります。


しかし、


自分が受ける療法を他人任せにせず学ぶべし!


合う合わないを自分の感性で見極めろ!


という先生の信条と、


催眠療法士として初の社会文化功労賞受賞という肩書を


信じて買ったのがコレです。


恐怖症【対人・閉所・高所・視線・男性etc】克服法

 1日4分自己催眠トレーニング

 脱!!恐怖症プログラム





私の症状には合っていたのでしょう。


どんどん快方に向かいました。


決して眠くなることもありません。


むしろ意識ははっきりしているのです。


ただ、なにしろ、気分がいい、先生の声がいい


それだけで、実践、継続していました。


そしてこのプログラムの良い点は


どんな種類の恐怖症にも万能である


ということです。



なぜなら、あなたの恐怖症の原因は「自己催眠」であり


この「自己催眠」をあなたが自分でかけ直すプログラムだからです。



その結果が...............

嫌われているのではないかと、ビクビクしなくなる


自信を持って人と話せるようになる


あなたが素晴らしい能力を持っていることに気づく


マイナス思考からプラス思考へ考え方が変わる


何をやるにせよ、結果が早く出るようになる


簡単で気持ちがいい


ストレス撃退にもつながる


イヤでも集中力がUPする


恐怖症の種類に関係なく改善効果が出る


催眠療法で隠れた才能や能力が発見できる


明日に希望を見出すことができるようになる



これは、恐怖症克服プログラムとして紹介していますが、


心の中に風が吹いている人


正体不明の不安に心がざわついている人


疲れている人にも実に効果的です。




1日4分自己催眠トレーニングで恐怖症を克服

要点をまとめます。


恐怖症はいつ、どこで発症するか、誰にもわからない。


そして、誰もが発症する可能性がある。


恐怖症には様々な種類があり、誰もがそのリスクを負っている。


恐怖症は自己催眠現象である。


自己催眠の呪縛を解くためには、新たに別の自己催眠をかける


そのためのツールがこれです。


恐怖症【対人・閉所・高所・視線・男性etc】克服法

 1日4分自己催眠トレーニング

 脱!!恐怖症プログラム






倒産、自己破産の果てに


適応障害、高所恐怖症を患った私が、


自己催眠プログラムで


もう一度人生をリセットして社会で再挑戦できるようになりました。


そして、何より嬉しいことは


毎日を落ち着いて暮せるようになったこと


まだ、収入も少なく、決して生活は安定していませんが


すべてを失くしてしまったと思っていた私に


このプログラムは


希望が残っていたことを気づかせてくれました。


どんなにツライことでも


生きていれば何とかなる


そう思えれば


明日は必ず明るくなると信じて


生きてみませんか?

























1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス