ワンセルフカードの広場

ワンセルフカードの広場

ワンセルフカード認定トレーナーによるワンセルフカードを使ったセミナーや講座の情報広場です。

【様々なご縁でこの広場にやってきて下さったあなたへ】

$ワンセルフカードの広場

ワンセルフカードという、
30の言葉から成り立つカードの可能性を綴る情報ブログです。

えてしてセミナー会社が運営するサイトやブログは
自分たちの宣伝になりがちです。
とはいえ、霞を食べて生きて行くわけにもいかないのも現実です。
ですので告知の様相を完全に払拭することはできませんが
タイトルに「広場」と名付けたようにここを訪れた人が
「読んで心のヒントになった」
「カードの写真で気持ちが和んだ」
「カードセラピーって、怪しくないのね」
「~さんの誕生日プレゼントにしてみようかな」
「うちのサロンにもカードを飾ってみたい」

そんなことを思ってもらえる出し物が日々更新できたらと思っています。

元々このカードは私(中本雅子 )の
四半世紀に渡る研修、セミナー事業の中で感じたこと、
そしてもう一つは進行性乳がんでの入院日記に綴った
こんなふうに励ましてもらえたら」という思いがベースになっています。

退院当初は手作りで「マサコカード」と名付けて使っていたものを
沢山の方々の後押しと絵の作者、柴崎るり子 さんとの出会いにより、
2008年12月に今の形になりました。

$ワンセルフカードの広場

2012年4月からはこのカードを本格的に学ぶ
ワンセルフカード セラピスト認定講座もスタートしています。

この講座は「30の言葉で綴る心のレッスン」として
北海道から沖縄まで全国に広がっています。 

$ワンセルフカードの広場

2012年9月吉日
ワンセルフカード メイントレーナー 中本雅子

 

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

腰痛と睡魔でノロノロしている間に

各地の認定セラピストやトレーナーが

カードセラピーや講座を開催してくれています。

m(__)m

 

 

数日前にオンラインで

ワンセルフカードセラピスト認定講座に

参加した方のブログを拝見したら

心和むものがありましたのでご紹介。

 

 

おかげさまで私の腰痛も睡魔もほぼ回復。

(途中経過を個人ブログに書きましたが

 → こちら 

 今はもっと良好也(^^)/)

 

心配してくださった方々、ありがとうございます。

 

~~~~~★~~~~~

 

さてズームで数日前に

認定講座を開催した講師は

エリアマネージャー、石井由美さん。

→ こちら

 

 

思えば彼女からズーム開講の

可能性のメールを頂いて

まだ一年ちょっとですが

随分昔のように感じます。

→ こちら

 

(↓4月は由美さん(右)と中華ランチこちら

 

 

そんな由美さん開催の認定講座に

参加したのは(冒頭のブログの)

長野県在住の寺嶋陽子さん。

こちら

 

寺嶋さんのブログ

(冒頭リンク部分)を拝見したら、

前から気にはなっていたけど

「学ぶ」というところまでは

行きつかなかったワンセルフカード
それがアクシデントと思うような出来事から

認定講座に参加する流れになったようです。

 

(彼女のブログは「受講」となってますが

 私はあえて「参加」という言葉をここでは使用。

 ※その理由は→ こちら

 

 

つくづく思ったのは

「こういうことって案外

 自分で決められるようだけど、

 実はそうでもなくて

 まるで時間の神様の采配が

 かちりと合ったときに

 『申込→参加』という流れになる

ということ。

 

(↓『神』というカードもあるワンセルフカード。

  下の絵はそんな神様の手を意識して

  昔描いたパステル画)

 

 

でもそれには日頃から時間の神様が

自分の周りには潜んでいることを

意識して生活していることが条件となります。

 

 

そして寺嶋さんのブログを読んで

もう一つ思ったことは

先月私はこちらのブログに

認定講座を

「入っていくと中庭が広がっているような」

というたとえで表現しましたが

→ こちら 

まさにそんなようだった様子が

伝わってきて嬉しくなりました。

 

この前は「中庭」と書きましたが

今日は「何もいないと思った池を

覗いたら生き物が棲んでいた」

とも言えるなと思う私。

(^^)/

 

 

というのは今月8日が母の命日でして、

墓参りに行った際に寺の片隅にあった

淀んだ水が入った甕の中を

何気なく覗いたら

メダカがいっぱい泳いでいたので

(#^.^#)

 

 

つまり期待していなかった場所を

覗き込んだら

心が揺れ動くような。

 

それはまさに

自分が大きな広がりの中に

生きていることを見つける

嬉しい驚き。

 

 

さて来週から公開する

新カードセラピー

「ライフ・フォーミュラ」

そんな嬉しい心の動きを意識して

考案しました。

→ こちら

 

オンライン上での資料も

レジメもほぼ完成!!

開催が楽しみでなりません!

 

あいにくUPした日程はすべて満席、

(リクエスト頂いた日程もUP前に満席)

7月下旬から8月にかけての

開催日程のリクエストを受付中ですので

ご遠慮なく。

→ こちら

 

 

東京もついに梅雨入りしましたが

時々顔を出す太陽の光を浴びて

ビタミンDを作りまくり、

体内時計も整えまくって

元気に過ごしましょうね~!

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

【補記】メモ 

(1)6/1付でHP を更新

   

(2)認定トレーナーの開講日程 を5/27付で更新

  

(3)このブログとは別の内容で書いている

  個人ブログ → こちら  

 

 

 

 

 

 

 

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

加齢と共に年に1,2度、

腰痛に襲われます。

数日前からこれがやってきていて

多くの日常作業が遅延しています。

(;'∀')

 

 

また今回は強烈な眠気も襲ってきて

超スローペースな生活をしています。

(-_-;)

 

今日も本調子ではないですが

毎月1日に配信のメルマガ

今月号は珍しく(苦笑)

数通の感想を頂き

嬉しくなったので

このことをもう少し

書いてみたくなりました。

 

 

ご興味ある方は読み進めてくださいませ。

 

※メルマガ

 『ONEパラダイム』

 

 毎月1日の朝におよそ250文字の

 「一つの視点を投げかける」を

 コンセプトに配信。

 

 「一分で読める!」

 を意識して書いてます。

 (^^)/

 

 購読したい方は→ こちら(無料)

 

 バックナンバーはありませんが

 その月だけはHPトップで

 読むこともできますので

 未読の方は→ こちら

 

~~~~~★~~~~~

 

今月のメルマガに書いたのは

「インティマシー・コーディネーター」。

 

こういう職業があることを

最近のラジオ番組で知りました。

 

※インティマシーとは

 一言で訳せる日本語がないのですが

 あえて言うと「親密感」

 とはいえ「フレンドリー」の

 仲良しとは異なるセンス。

 

 

これは2017年からアメリカで出現し

今やハリウッドでは

一般的になりつつある

撮影現場での仕事だそうで、

手掛けることは映画やドラマで

身体を露出するシーンやラブシーン等での

役者の心のケア

 

 

ロサンゼルスには

このインティマシー・コーディネーターを

育成機関もあるそうですが

日本ではまだまだ周知されていませんが

やっと今春水原希子さんが

自ら出演するドラマで

彼らの採用を提案したことで、

この職種に注目が集まり始めています。

 

 

世界でこの仕事をするための

トレーニングを受けた人はまだ40人で

その中の2名が日本人女性。

 

その2名のうちの一人、

西山ももこさんが

先月ラジオ出演されていたのでした。

→ こちら

 

彼女は

「現場でリーダーシップを取るのは

 あくまで監督

 私達インティマシー・コーディネーターは

 俳優の境界線と同意を確認し

 NOを委縮せずに言える環境を作ること

 最終的にそれは真実味のある

 良質なものを作っていくことに繋がる」

と語っていました。

 

 

彼女が語る

「リーダーシップは取らない、

しかしやりがいがあって

その場に欠かせない仕事」

というのが私が注目した点。

 

それは愛のカードのサブメッセージと

深いところで

繋がっているように感じたから。

 

 

愛のカードのサブメッセージには

二つのキーワードを入れてます。

 

一つは

「競争をしない」

もう一つは

「そのものと長く一緒にいる」。

 

 

これを極めるのは

「言うは易し、やるは難し」ですね。

(-_-;)

 


 

さて頂いたメルマガの感想メールの中に

「職人の人生から

 中年になって転職して

 今は建築現場の監督をしています。

 その中で単に

 リーダーシップを取ろうとすると

 うまくいかないのです。

 でも今日のメルマガにあるように

 依頼主さんと各メーカーの言い分に

 寄り添っていくと

 まとめていくことができています」

というものがありました。

 

 

これを書いてくれたのは

当時20代前半だった

昔の卒業生のO君。

彼が30年の時を経て

今や五十路を越えていることに

感無量です。

(#^.^#)

 

「寄り添う」ことは

今改めて大事なキーワード、

と痛感しています。

 

 

そして「愛」のカードは

今の私は

何度も噛みしめたいカードです。

 

 

※過去に「寄り添い」に関して

 別の観点で下記の記事を書いてます。

 → こちら

 

 ↑

 6年前に載せた上記ブログ内の

 画像は有名写真家のもので

 貴重だったようで

 これに興味を持った

 統合失調症の家族を

 サポートする団体の代表の

 見知らぬおじさまから

 問い合わせ電話を

 頂いたこともありました。

 (^^)/

 

 

最後まで読んでくださり

ありがとうございます。

 

梅雨を飛び越して

ひどく暑い日々ですが

よき毎日を心に描いて進みましょう。

 

 

キリキリしてると

ほんと体調崩しちゃいますからね。

 

【補記】メモ 

(1)6/1付でHP を更新

   

(2)認定トレーナーの開講日程 を5/27付で更新

  

(3)このブログとは別の内容で書いている

  個人ブログ → こちら  

 

 

 

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

「必要とされないってことは

 悲しいことね・・・」

 

これは先月のある日曜の夕方に

何気なくつけたテレビの中で

女優さんが呟いていたセリフ。

 

 

これが今も妙に心に残っています。

 

このドラマは

調べてみると再放送で「定年女子」

→ こちら

 

ため息交じりに言っていたのは

草刈民代さん扮する元CA幹部。

 

主なストーリーは55歳を迎えた

仲良し4人組女性の人生模様で

定年を目前にしてキャリアを重ねた

CAの彼女は溌溂と働いていましたが

突如リストラされた様子。

(途中からみたので詳細は?)

 

でも親が遺してくれたのか、

本人の稼ぎで築いたのか、

素晴らしいお屋敷で一人静かに

趣味の習字をしながら

冒頭に書いたようにぼやいてました。

 

まさにマズローの欲求5段階説の

ひな形のような展開ですね。

 

※マズローの欲求5段階説とは

 → こちら

 

 

このセリフが気になるということは

「自分の投影だわ」と苦笑しながら

出張の用意をしました。


「出張?!」と眉をひそめる方も

いらっしゃるかな?

 

ハイ!、先週末、

愛知出張に行ってました。

→ こちら

 

 

先月の大阪出張は延期しましたが

愛知は長久手市という

緑多き丘陵地帯なのと、

公立会議室が普通に開いているのと、

県内で熱心に学びたい方が

少人数ですがいて下さるので予定通りに。

 

 

でも実現の主な要因は

主催のやっちゃん、

つまりエリアマネージャーの

山田康予さん→ こちら 

のご尽力の賜物でした。

 

 

折に触れやっちゃんは

私のことを紹介する際に

「私は講座の中身というより、

 中本雅子という人に

 興味があったんです」と言います。

 

4月のズームでの9周年の集い

→ こちら 

の中でもやっちゃんは

「中本雅子という人物に

 興味があってぇ、、、」、

そんなシェアをしてました。

 

彼女のこの表現を聴く度に

私はいつも思うんです

 

「人が、

 少なくとも私が

 人生に求めているものって、

 何だろう?」と。

 

お金?、成功?、

長寿?、リア充?etc・・・。

 

 

私は30歳になった時に

深く考えずに独立してしまった

夢見る夢子(?)だからか、

正直それらのことが

よくわかりません。

 

ただやっちゃんをはじめとした

参加者や卒業生の暖かく、

時に熱い言葉や声を

人生に求めてきたように思います。

 

そしてこれからも

そうした声を

ただただ胸のポケットに

大切に閉まって

進んでいこうと思っています。

 

 

そんな彼女に波動共鳴して、

今回も熱意ある方々が

集合した2日間、
3コマの愛知での
勉強会でした。

(#^.^#)

 

大分前の募集開始から楽しみにしていた方、

家族と折り合いをつけて駆けつけた方、

土壇場で都合をつけて申し込んだ方、等など。

(^^)/

 

 

なんと初日の夜はやっちゃんは

ご自宅の庭で手慣れた様子で

バーベキュー懇親会という展開でした。

 

 

 

 

柔軟性溢れるリーダーシップに脱帽。

 

 

 

 

愛知の皆様、ありがとうございました。

 

 

帰りの新幹線はアルコール禁止なのが

呑み助としてはちと辛かったですが

(-_-;)

すいてましたのでゆっくりできました。

 

しかし自宅までの都内の電車は

20代30代の人達で激混みでした。

 

 

もはやこの国は危険なのか?、

危険じゃないのか?、

すごく危険なのか?、

そこそこ危険なのか?。

 

一人一人の心のフィルターを通して

様々に映っているのでは?

 

 

だからそれぞれの考えで

「できることを粛々と」ですね。

 

 

とにかく有意義な6月になりますように。

 

 

最後まで読んでくださり

ありがとうございました。

 

【補記】メモ 

1)毎月1日配信の一言メルマガ

  『ONEパラダイム』の読者登録は→ こちら

  バックナンバーはないので読み逃した方は

  今月号のみHPトップで読めます→ こちら

 

  ↑今月号は新しい職種に見る時代の流れを書いてます。

 

(2)6/1付でHP を更新

   

(3)認定トレーナーの開講日程 を5/27付で更新

  

(4)このブログとは別の内容で書いている

  個人ブログ → こちら