ワンセルフカードの広場

ワンセルフカードの広場

ワンセルフカード認定トレーナーによるワンセルフカードを使ったセミナーや講座の情報広場です。

【様々なご縁でこの広場にやってきて下さったあなたへ】

$ワンセルフカードの広場

ワンセルフカードという、
30の言葉から成り立つカードの可能性を綴る情報ブログです。

えてしてセミナー会社が運営するサイトやブログは
自分たちの宣伝になりがちです。
とはいえ、霞を食べて生きて行くわけにもいかないのも現実です。
ですので告知の様相を完全に払拭することはできませんが
タイトルに「広場」と名付けたようにここを訪れた人が
「読んで心のヒントになった」
「カードの写真で気持ちが和んだ」
「カードセラピーって、怪しくないのね」
「~さんの誕生日プレゼントにしてみようかな」
「うちのサロンにもカードを飾ってみたい」

そんなことを思ってもらえる出し物が日々更新できたらと思っています。

元々このカードは私(中本雅子 )の
四半世紀に渡る研修、セミナー事業の中で感じたこと、
そしてもう一つは進行性乳がんでの入院日記に綴った
こんなふうに励ましてもらえたら」という思いがベースになっています。

退院当初は手作りで「マサコカード」と名付けて使っていたものを
沢山の方々の後押しと絵の作者、柴崎るり子 さんとの出会いにより、
2008年12月に今の形になりました。

$ワンセルフカードの広場

2012年4月からはこのカードを本格的に学ぶ
ワンセルフカード セラピスト認定講座もスタートしています。

この講座は「30の言葉で綴る心のレッスン」として
北海道から沖縄まで全国に広がっています。 

$ワンセルフカードの広場

2012年9月吉日
ワンセルフカード メイントレーナー 中本雅子


テーマ:

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

「リーダーたる者、美しい言葉を持とう」

 

そしてそれには

 

「メタファー(喩え、暗喩)力を身につけよう」

 

ということを先日の記事で書きました。→ こちら

 

メタファーのセンスを身につけることは

ジョブス氏やキング牧師らが

「人の心を動かしていった肝(きも)は何だったのか?」

ということに繋がっていく興味深い領域です。

 

 

こうしたメタファー力を持つことの重要性は

古くはアリストテレスの時代の

修辞学の中に存在しているものです。

 

そこで認定セラピスト以上が対象の勉強会

になりますが

下記を企画しましたので

(って、来年なのですが(#^.^#))

読み進めていただくと幸いです。

 

~~~~~★~~~~~


<フォローアップ講座『メタファー力をUP編』

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   比喩を使う力を鍛えてセラピーの幅を広げましょう
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


メタファーと言う言葉は聞いたことがありますか?

「たとえ」には「直喩」と「暗喩」があり、
特に後者の「暗喩」をメタファーと呼びますが

この力をつけることで
クライアントへのアプローチだけでなく

スピーチ力やリーダーシップに

ぐっと力が増します。

 

 

これはNLP(神経言語学/実践的な心理学)では

大きなメソッドとなるセンス

新年がスタートする月に学んでみませんか?

 

★日時:2019年1月30日(水) 13:00~17:00

 
★会場:新スペース(築地)
      日比谷線/築地駅より徒歩約5分
     (↑お申込みの方に詳細をお知らせします)


★対象:ワンセルフカード 認定セラピスト以上

★参加費:5,500円
     認定トレーナーは5,000円(当日持参)

 

★お申込みは→ こちら  

              ↑

 まだHPがUP出来ていませんので

 上記は問い合わせフォームが立ち上がりますので

 お手数ですが

 「1月30日(水)メタファー編参加希望」

 とIDを書いてお申込み下さい。

 

 

過去に開催の様子

  → こちら

  → こちら

 

 

その他のテーマのフォローアップ講座に

  ご興味ある方はリクエストくださいませ。

  他の7種は→ こちら

 

●もっと先のご案内

  (↑鬼に笑われそうですが(#^.^#))

 2019年3月6日(水)に

 春の特別勉強会(会食付き)を行います。

(写真は過去に開催の様子)

 

 

 これはこの時だけの限定テーマで開催。

 近日中にこちらに詳細を書きますので

 よかったら予定を入れておいてください。

 対象:認定セラピスト以上

 

 

【補記】メモ 

(1)キャンサーサバイバーとしての気づきを綴る

  ブログを12/3付で更新→ こちら

 

(2)12/1付でHP を更新


(3)認定トレーナーの開講日程 を11/27付で更新

 

(4)このブログとは別の内容で書いている

  個人ブログ → こちら

 


テーマ:

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

先日告知した

るり子さんのカレンダープレゼント→ こちら

は先ほど終了いたしました。

 

 

勇んで申し込んでくださった方々、

ありがとうございます。

申し込みそびれた方はごめんなさいね。

m(__)m

 

~~~~~★~~~~~

 

さてこのキャンペーンに際して

下記のようなお問い合わせを数通いただきました。

 

「まだ早いですが

 絶対に欲しいので今このメールではだめですか」

 (受付は11/27~でした)

「11/27は仕事でメールが出来ないので

 先にこのメールで申し込みたいのですが」

 

無情にも私の返答は「NO」。

 

 

それには3つの理由があります。

 

一つは公平性を期すため、

 

もう一つは出張前は多忙になるので

私の事務作業緩和のため。

 

そして3つめが重要な理由ですが

それはちょっと長くなるのと

私のポリシーというと大げさですが

大事にしていることなので下記に書きたいと思います。

 

お時間のある方だけお付き合いくださいね。

 

~~~~~★~~~~~

 

常日頃私がワンセルフで

密かに重点をおいているのは

「正直者がバカをみないコミュニティ(環境。組織)」。

 

例えば今回のカレンダープレゼントでしたら

11/27からと書きましたので中には

「11/27は忙しいけど

 朝少し早く起きてメール申し込みしよう」

「今日はまだ出来ないんだ。

 忘れないようにメモ、メモ」

として申し込んでくださった方もいたかもしれません。

 

 

実際に11/27に日付が変わった途端に

お申込みがぽつぽつと入りましたので

そうした人たちのエネルギーに

応えるようにしたいのです。

 

 

また私が主催する講座(研修)は

たとえ遅刻の連絡が入っても

時間通りにいらした方が一名でもいれば

遅れてくる方は待たずに

オンタイムでシビアに始めます。

 

 

それは間に合うように来てくださった方の

学習意欲に応えるようにしたいから。

 

定刻に着くように走ったり

朝食抜きでいらしたかもしれないのに

私が「遅れる人がいますので〇分を遅らせます」

と言ったらがっくりですよね。

 

 

先週の大阪の出張講座では

初日、二日目と遠方からいらっしゃる方や

季節の変わり目で体調を崩す方で

欠席や遅刻の連絡が相次ぎました。

 

 

主催のくみこさんは私に気を使って

当初オロオロなさいましたが

上記の話をしたら彼女の顔はしゃんとし、

軸が入ったようになりました。

(彼女のブログにも

 そんなことが書いてありますね→ こちら )

 

今の世の中、ちょっと何かをあきらめたり、

皮肉を言ったりしたいときに

「正直者がバカをみるのよ」

と口にする風潮がありますが

これこそがその集団をダメにする

隠れた大きな要因と思うのです。

 

もっと言えば

(大げさに聞こえるかもしれませんが)

それが社会を滅ぼし、国を崩壊させていきます。

 

 

だって一生懸命にやっても報われないんですから、

誠実にやったら損するんですから、

そんなんだったらいい加減でいいよ、

最低限の取り組み方でいいよね、

となっていきますから。

 

こんなことを強く思うようになったのは

今は成人した姪がかつて通っていた

都内にあるお嬢様学校K学園のシステムです。

 

 

姪が小学校の高学年くらいになって

夏休みになるとうちに遊びにやってきました。

その時に宿題も持って泊まりにきますが

一向に姪はやる気配がないのです。

 

私「ワカナ、宿題のドリル、やんないの?」

姪「自由研究だけやって、

 あとはつまらないからやらない」

私「新学期になって困るよ~」

姪「関係ないよ。

 やってもやらなくても

 なんも言われないんだから。

 だからやったほうがバカみたいなんだから」

私「・・・・(*_*)」

 

 

自分の子供でないから

学校のことで口出しは出来ませんが

内心は「アカン、こりゃ、アカン。

即刻やめさせるべきだわ、こないな学校!!」

(困ったときはなぜか変な関西弁口調になる私)

と思いました。

 

その学校は昔はそこそこお嬢様学校で

名をはせた学校で

弟夫婦は説明会でうまいこと言われ、

幼稚園からそこに入れてしまっていたのです。

 

(やがて私の思いが伝わったのか?、

 姪は高校からそこを飛び出しました。ホッ)

 

 

そんなあたりから

「正直者がバカをみる」が蔓延したら

この日本はつぶれるわ、

と思うようになったのです。

 

これは巨大ダムにほんのちょっと穴が出来て

チョロリチョロリと水がしみ出しているようなもの。

だから今すぐどうのこうのではないでしょう。

でも将来的にはダムは干からびます。

石油が取れたり面積が広い国は

豊富な雨水が

そのダムに降り注ぐかもしれませんが

この日本はそうではないのですから。

 

次の世代に有形無形の何を残していくか?

各方面で専門家が色んな事を言っています。

 

 

それぞれに意味があると思いますが

私は「正直者がちゃんと報われる環境」

そんなことを中高年になった私たちが

各フィールドで考えて

ささいなことでよいから実践していくことは

大切なことだと思っています。

 

結構これは曲げられないポリシーなので

たかだかカレンダーのプレゼントにも

こだわらせていただきました。

 

 

そして上述の大阪講座も3日目は

私の思いが届いたようで

遅刻なし、なんと10分前に

全員着席でした。

 

とはいえ遅刻も時には人間だもの、

あってよいと思います。

(#^.^#)

 

繰り返しますが強調したいのは

ちゃんと来た人が「定刻に来てよかった」、

「やっぱり早く行ったほうが得だわ」

と思ってもらう環境作りです。

 

 

ですので時々私は早めに来た人に

究極のレクチャーや

ミニ個人セッションをしたりしていますよ~!

(*^^)v

開始時に結構重要な小話をしたりしていますよ~!

 

みなさんもそれぞれの分野で

正直者がバカをみないルールや環境作りを

再考なさってみてはいかがでしょうか?

 

 

長い文章を最後まで読んでくださり

ありがとうございます。

 

【補記】メモ 

(1)11/1付でHP を更新


(2)認定トレーナーの開講日程 を11/27付で更新

 

(3)このブログとは別の内容で書いている

  個人ブログ → こちら

 

 


テーマ:

ワンセルフカード、メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

23日(金)から25日(日)まで

大阪にて出張講座を行ってきました。

 

 

(↑主催のエリアマネージャー、

 藤原久美子さん→ こちら 

 のご自宅サロンに飾られていたカードパネル、美しい~!)

 

今回開催した講座は3コマ。

 

連続で行う地方開催の勉強会は

日を追って徐々に深く濃くなるように

構成しますが今回ももちろんそうでした。

(*^^)v

 

どれも完結したものですが

連続して参加すると合宿セミナーのように

オープンマインドになったり、

ワンネスを味わったり。

 

 

内容は参加してのお楽しみですが

そのエッセンスは

2日目に行った「成功の三角形」

(ボブ・トラスク:著/VOICE社)の

本の中にある前書きの言葉に凝縮されます。

 

 

”私が出会った真理は、

 砂浜で見つけた宝石のようなもので・・・”

 


 

1989年創業したときは

ちょうど時代が昭和から平成になったところで

平成になった途端に元号の名前とは

裏腹にバブルが崩壊し、阪神大震災が起き、

その2か月後には地下鉄サリン事件が勃発し。。。

 

大きな事件が起きる中で、働き盛りの方々が

いろいろな形でワンセルフのドアを叩いて下さいました。

 

そんな中で創作してきたオリジナルレクチャーや

コミュニケーション実習は

私にとっては激動の平成という時代の

砂浜で発見したまさに輝くガラス玉のような存在です。

 

 

一つ一つを発見した時は

それがどんなふうに展開していくかは

よくわからないまま覚書ノートに書いたり、

今はパソコンの中に入れて

時間があくと「ああでもない、こうでもない」

と思案しまとめて行き、

実際にやって手応えのあるものが

29年経過した中で私の手の中に残っています。

 

 

そんな宝石の中で今回の大阪アネックス

(別館、別宅)のためにピックアップしたのは

 

★DAY1『トレーナー更新勉強会』

 ・ワンセルフ流サイクルワーク

  人生において春の次は夏だろうか?

 

 

 ・心の家のワーク

  心を仮に家だと喩えてみたら?

 

 

★DAY2『成功の三角形』

  米国の研修講師として草分け的存在の

  ボブ・トラスク氏の著書をベースに

  自己観察のためのアプローチ方法

 

 

★DAY3『インティマシー(親密感)とは』

  読書や通信教育では決して学ぶことの出来ない

  親密感(フレンドリー/仲良しとは異なる)

  について体感していく

  感受性を育てる体験型セミナー。

  (認定セラピスト以上が対象のフォローアップ講座)

 

 

写真から開催の様子の一端を

味わっていただけると嬉しいです。

 

また参加した方が書いて下さったブログも

臨場感が伝わります~!

 

★3コマ全て参加の

  的場かの代さん(認定トレーナー)

  → こちら

 

★主催の

 藤原くみこさん(エリアマネージャー)

 → こちら

 

くみこさんはご自宅サロンや貸会場手配や、

 

 

 

変動する参加者人数対応や

もぐもぐタイムのおやつ(#^.^#)、

 

 

お弁当(お弁当はご主人が運んでくださいました~!)、

ランチ会食、

 

 

さらに写真撮影等々、

沢山の心配りをしてくださいました。

本当にお疲れ様~!

 

 

今回の大阪は3月に続いて→ こちら

今年は2回の訪問となり、

まさにアネックスとなってきました。

 

とはいえ集客や準備、確認作業など、

主催のエリアマネージャーの

くみこさんの愛とふんばりがあってこそ!!

全てに感謝です。(左がくみこさん)

 

 

3日目を終えると

空は晩秋らしく美しくとっぷりと暮れていました。

後ろ髪ひかれながら八尾市をあとにしました。

 

 

また大阪に、

そして別のエリアにも来年は

繰り出していきたいと思っていますので

よろしくお願いいたします。

 

【補記】メモ 

(1)11/1付でHP を更新


(2)認定トレーナーの開講日程 を11/27付で更新

 

(3)このブログとは別の内容で書いている

  個人ブログ → こちら