ワンセルフカードの広場

ワンセルフカードの広場

ワンセルフカード認定トレーナーによるワンセルフカードを使ったセミナーや講座の情報広場です。

【様々なご縁でこの広場にやってきて下さったあなたへ】

$ワンセルフカードの広場

ワンセルフカードという、
30の言葉から成り立つカードの可能性を綴る情報ブログです。

えてしてセミナー会社が運営するサイトやブログは
自分たちの宣伝になりがちです。
とはいえ、霞を食べて生きて行くわけにもいかないのも現実です。
ですので告知の様相を完全に払拭することはできませんが
タイトルに「広場」と名付けたようにここを訪れた人が
「読んで心のヒントになった」
「カードの写真で気持ちが和んだ」
「カードセラピーって、怪しくないのね」
「~さんの誕生日プレゼントにしてみようかな」
「うちのサロンにもカードを飾ってみたい」

そんなことを思ってもらえる出し物が日々更新できたらと思っています。

元々このカードは私(中本雅子 )の
四半世紀に渡る研修、セミナー事業の中で感じたこと、
そしてもう一つは進行性乳がんでの入院日記に綴った
こんなふうに励ましてもらえたら」という思いがベースになっています。

退院当初は手作りで「マサコカード」と名付けて使っていたものを
沢山の方々の後押しと絵の作者、柴崎るり子 さんとの出会いにより、
2008年12月に今の形になりました。

$ワンセルフカードの広場

2012年4月からはこのカードを本格的に学ぶ
ワンセルフカード セラピスト認定講座もスタートしています。

この講座は「30の言葉で綴る心のレッスン」として
北海道から沖縄まで全国に広がっています。 

$ワンセルフカードの広場

2012年9月吉日
ワンセルフカード メイントレーナー 中本雅子

ワンセルフカードの開発者、
マサコ(中本雅子)です。

 

今月の時間の速さといったら、
尋常じゃない!、と思いませんか?

びっくり

 

あっという間に2月が地味に終わりそう、

と思っていたら

近所の花屋の前で

ミモザのチラシが目に入りました。

 

お店に入って聞いたら

ミモザでスワッグを作って

それを柳の枝のリースに止め付ける、

というワークショップが

花屋の横のカフェであるそう。

 

ムクムクと創作意欲が湧き、

尚且つ残席1とお聞きしたので、

その場で速攻申し込み。

走る人

 

 

しかし冷静に考えると

相当に不器用な私・・・。

当日は悪戦苦闘でした。

(苦笑)

 

これ、格闘中の私のテーブル。

えーん

 

 

詳しくは個人ブログに。

→ こちら

 

とはいえ最終的には

なんとか格好がつき、

2月の最後の日曜を締めくくる

よい時間を過ごせました。

ホッ。。。

照れ

 

 

~~~~~~★~~~~~~

 

全国の認定トレーナーによる

認定講座、上級認定講座、

トレーナー講座の最新開講日程を

2/26付でアップいたしました。

(2024年3月,4月分)

 

 

 

    
※登録トレーナーは
 都市部に集中していますが、
 クローズド開催のトレーナーも
 いますので
 参加をご検討で
 日程やエリアが合わない方は

 お問い合わせを→ こちら

 

 殆どの講師がオンライン対応可能。


 

※開発者プロフィール

 

(認定講座の詳細はこの日記の下のほうに)

 

~~~~~~★~~~~~~

 

人はついつい盛り、そして大音量に

 


谷川俊太郎さんが

最近の対談の中で、

詩っていうのは、
盛らないの、ぜんぜん。
 

盛ると品が悪くなって、
詩じゃなくなっちゃうことが多いの。

 

言葉が足りないほうがいいって、
芭蕉もそんなことを

言ってたんじゃないかな。


と仰っていたのが心に残りました。

 

 

※谷川さんの対談の全文は→ こちら

 

普通はついtoo much、too many、

になってしまうんですよね。

ショボーン

 

 

例えば私だったら講師として、

「ちゃんと説明しないと」、

「わかっているかな」、

「ここ、大事だから」とか。

 

このブログも毎回長々書いております。

反省。。。


「盛らないこと」って、
ほんと勇気が要ることです。

 

 

詩人の心、詩人の領域

 

企業研修ではある程度、

複数回の説明や確認が必要と思いますが

セラピー(ヒーリング+カウンセリング)

の現場では谷川俊太郎さんが仰るところの

詩の領域が大切と思います。

 

それは、
投げかけて、
何か話してくれるのを待つ。

問いかけて、
何かあふれ出るのを待つ。

質問して、

何か気づくのを待つ。

 

こうしたやり取りがベースになるよう、

ワンセルフカードは

言葉、メッセージをそぎ落とし、

その後、絵や色を決めて

2008年に誕生しました。

 

 

※絵はヒーリングアーティスト、

 るりこさんにお願いしました。

 → こちら

 

 

※ワンセルフカードとは

『30の励ましメッセージ』

 → こちら

 

このカードで様々なセラピーや

セミナーの促進が出来るよう、

意図して構築したのが認定講座です。

 

★ワンセルフカードセラピスト認定講座とは

 30の言葉で読み解く心のレッスン

 概要→ こちら

 


 

認定講座制度はスタートして12年。

 

    
※ワンセルフカードは

 どなたでも購入可能ですが

 → こちら

 認定講座に参加し、

 その後のフォローアップ講座

(自由参加)や

 上級講座に参加していくことで

 上記のことがより促進するように

 構成されてています。


 

以下は毎月末に書いている

認定講座の説明です。

 

~~~~~~★~~~~~~

 

 

 ワンセルフカードセラピスト認定講座

 

 カード開発者の30年以上の
 研修講師経験からの

 コミュニケーション学習と、

 がん宣告からの人生のヒントを

 30枚のカードに凝縮させています。

 

 

 カードを通して
 自己観察と未来の展望を

 サポートする方法を学びます。

 

★対象
 20歳以上の心身ともに

 健康な方ならどなたでも

 

★参加費、時間等
 1stステップの講座は15,000円
   (税込/認定書、ID発行を含みます)

 

 

 (↑オールカラーのテキスト、

   お名前とID入りの飾れる認定書付き)

 

 5時間の完結型

 (オンラインの場合は分割開催もあり)

 

※講座詳細および上級への

  ステップアップ等は→ こちら

 

ご案内は以上です。

 

~~~~~~~★~~~~~~~

 

 

 余談:『ふてほど~』観てますか?

 

 

今週は金曜には3月に突入ですね。

 

 

ということは
寒さもあと少し(のはず?)、

そして花粉が本格的に飛びますね。

 

ですから、頑張っていきまつしょ~!。

 

あっ、こういうのも、

いまどきは不適切になる?

えー

 

金曜夜の

クドカンワールドさく裂の

『不適切にもほどがある』。

 

昭和30年代生まれとしては

懐かしさを楽しみつつ、

令和のお約束事に関しては

「ほぉ~」と感心しながら、観ております、

はい。

ニコニコ

 

 

今日も最後まで読んで下さり、

ありがとうございます。

 

【補記】メモ 

(1)ワンセルフカード購入の方へ

   ポストカードの
   プレゼントのキャンペーン

   今週木曜、2/29まで

   詳細は→こちら

 

(2)2/1付でHP を更新

   

(3)認定トレーナーの開講日程 
   2/26付で更新

  

(4)このブログとは
   別内容の個人ブログ→ こちら

 

 

ワンセルフカードの開発者、
マサコ(中本雅子)です。

 

 

火曜の昼間が23,7度、
今日は私の住んでいる

東京の北の端っこは3度で

昼前はみぞれでした。

傘

 

寒いのは2月だから仕方ないけど、

気温の急降下と雨が続くのは

どうにかしてほしい~!

えーん

 

 

四季が崩れているから、

「ある意味で菜種梅雨」と、
ある天気予報士が・・・。

びっくりですね。

びっくり

 

皆様のエリアはどんな感じですか?

 

~~~~~~★~~~~~~

 

 

片栗粉!

 

 

バレンタインの頃になってしまいますが

昼過ぎにテレビをつけたら

料理研究家の山本ゆりさんが、

簡単に出来るガトーショコラを

紹介していました。

 

 

といっても私はお菓子は作らない

(作れない?苦笑)のですが

この方の醸し出す雰囲気が好きなので

しばし観ることにしました。

 

 

興味深かったのは

最後の仕上げの飾りは

粉砂糖でなく片栗粉を振りかけていたこと。

 

 

番組メインのDAIGOさんも

「えっ!」と驚いてましたが、

彼女はさらっと
「粉砂糖かけたって、

 そんな甘くなるわけじゃないし、

 見かけだけのことだから

 私は片栗粉で代用してる」
とおっしゃっていました。

 

 

そこで思うことがあったので、

今日はそれを書きたいと思います。

 

ところで今日のブログに貼った

数々の写真は主に20年以上前の私。

若いわね~。

色んな所で話したなぁ。

照れ

 

 

ではお時間あれば

お付き合いくださいませ。

 

~~~~~~★~~~~~~

 

 ハッタリかましていた30代から30数年

 

 

私が運営しているワンセルフに、

特に秋葉原にオフィスがあった時代は

博識ある方も多くいらっしゃいました。

すごい学歴の方もいっぱいいらっしゃいました。

 

 

だから創業当時の30歳の私は
オタオタ
しましたが
それでは講師業は務まらないので

張り子の虎のように

突っ張ってました。

(これは今思えばお恥ずかしい限り・・・)

ショボーン

 

 

でも続けながら体得したことは
学んだ知識や仕入れた情報の披露よりも、

その人自身が行動して得た経験から

発せられる言葉や技量が

大事なのでは?、ということ。

 

 

だから始めたばかりの今が一番大変。

 

 

だけど続けていくしかないのだ、
ということ。

 

 

そして30数年の時が流れ、今に至ります。

 

 

 

実体験から出来たもの、出た言葉が一番響く

 

 

このブログに何度も書いているので、

熱心な読者の方には耳にタコでしょうが、

(↑すみません!)

ワンセルフカードや、

それにまつわるセラピーや勉強会は

私の30数年の講師経験と

20数年前の進行性乳がん体験を元に

出来上がっています。

 

 

※ワンセルフカードとは

『30の励ましメッセージ』

 → こちら

 

 

 

ですので

「粉砂糖じゃなくても、片栗粉で十分!」

と話していた山本ゆりさんからは、
実際に「片栗粉、かけてみよう!」

ひらめいた研究心

実行する時の「いけるかな・・?」

というドキドキ

そして最後に「やった~!」

という達成感
という一連の流れが

自分の講座やセラピーを作る時と

オーバーラップしてしまいました。

(今、丁度、試行錯誤中なので:汗)

 

だから15分の軽い料理番組なのに
最後には思わず「お~!」
と拍手を送りたくなりました。

飛び出すハート

 

~~~~~~★~~~~~~

 

山本ゆりさんのことは

数年前にご自身のアメブロで知りました。

→ こちら

 

 

当初はブログでの大阪弁の

ざっくりした

話し言葉の文体から、

豪傑なおばさんと思っていたので、

可愛らしく自然体な姿
テレビで初めて拝見した時は

そのギャップに驚きました。

 

彼女のブログはいつでも
ランキング上位ですが

ご本人が仰っるところによれば

「コメント欄は放置状態やけど、

 めっちゃ平和で。
 読者さん、いい人ばっかりで、

 恵まれてます~」とのこと。

波動共鳴ね。

 

時々見ては息抜きしてます。

 

 

でも一番好きなのは
お料理レシピではなく
色々な家の洗濯機の話。

 

 

気持ちがクサクサした日の真夜中、

読んでほっこりしてます。

そう、何度か読んでます。

ニコニコ

 

(↓ある方に師走に頂いたチョコ。

  焼酎入りなのでアルコール好きとしては

  たまらん~!)

 



今日も最後まで読んで下さり、
ありがとうございます。

 

【補記】メモ 

(1)6/15,16(土日)に
   愛知(長久手市)で出張講座。

 

   詳細が決まり次第、
   こちらのブログと

   主催の山田康予さんのHPにて。

   → こちら

 

(2)2/1付でHP を更新

   

(3)認定トレーナーの開講日程 
   1/26付で更新

  

(4)このブログとは
   別内容の個人ブログ→ こちら

 

 

ワンセルフカードの開発者、
マサコ(中本雅子)です。

 

 

GDP(国内総生産)がドイツに抜かれ、
4位になったという報道を目にすると

戦後の高度経済成長や

バブル経済を体験した人間としては

複雑な思いです。

 

 

 

 経済が全てではないけれど、、、

 

 

人口が多いアメリカや中国は

仕方ないにしても

人口が日本の三分の二の

ドイツが三位に入ったのですから。

 

とはいえこのところの

日本の政治、企業、芸能界、

震災対応、難民対策等の

正気を失っているような出来事の

オンパレードを見ると、

当然と言えば当然とも言えますが。

 

 

大事なことはこの現実を

私達一人一人が「作っている」

と自覚するところからですね。

 

ところで個人ブログに書いたのですが

→ こちら と こちら

ドイツに長年精通している友人が

今年に入り二回も

手作りのドイツパンを送ってくれました。

パン

 

 

彼女は旅行はもとより、

長期滞在もしているので

お宅はドイツ製品と

生の情報に溢れています。

ドイツ

 

そんなこんなで

「ドイツ」で検索をしていたら

元ドイツ連邦大統領のスピーチを見つけ、

思うことがありましたので

今日はそのことを。

 

 

よろしければお付き合いくださいませ。

 

~~~~~~★~~~~~~

 

 

 おざなりでない言葉で話すドイツの政治家

 

 

クリスティアン・ヴルフ氏という、

(1959年生まれ)
ドイツ連邦共和国の

政治家のスピーチは表現力豊かで、

「差し控えさせて~」「検討します」

「善処します」という

がっかりな言葉が多い

日本の政治家とは異なる

自分の言葉で話す人の勢いを感じました。

 

 

彼は2010年に第10代連邦大統領を

建国以来最年少で就任したようです。

 

とはいえ彼は(彼も?)

汚職が発覚しおよそ2年で辞任するのですが

(収賄に関しては3年後に無罪が確定)

あえてご紹介します。

 

汚職があってものうのうとしている

この国の政治家と違って

疑いがあったらキューキューに

詰め寄られる国は

ある意味で素晴らしいと思うので。

 

民主主義は去るときに鐘は鳴らない
 

民主主義は突然消えてしまうものなのだ。


私たちはすでに
民主主義国家の死を目撃している。

 

私たちは皆、

民主主義をただ享受するだけでなく

民主的に投票し、

身を挺して意見を述べ、

知識や意見を提供し、

民主主義を自分たちで

形成していく必要があるのだ。



 

政治のことはほんと無知な私でして、

この人の存在も初めて知りました。

 

ですのでヴルフ氏が唱える

「民主主義」への警鐘を

私は主に「幸せ」に変換して、

受け留めました。

 

 

 

それぞれのキーワード変換で解釈しては?

 

 

つまり下記のように意訳。

 

    
「自分が幸せに過ごしたいなら、
 幸せを享受することに
 専心するのではなく、

 身を挺して、
 幸せでいられる場所を、
 自分で形成していく必要があるのだ。

 
ヴルフ氏側近に怒られるかもですが

(苦笑)

「幸せを享受することに

 専心するのではなく」

という部分が

ワンセルフカードの「幸」と

深いところで

共鳴し合っていると思ったのです。

 

 

※ワンセルフカードとは

 『30の励ましメッセージ』

 → こちら


 


 

このスピーチの
「民主主義」の部分は

「平和」とか

「家族団らん」とか

「快適な生活」に変換して、

受け留めることもできる
名スピーチと思いました。

 

 

二度のがん宣告を受けた身としては

「健康」と読み替えるのもよいのでは?、

とも思っています。

 

みなさんもそれぞれの
キーワードに
変換して

噛みしめて頂くと幸いです。

 

~~~~~~★~~~~~~

 

こちらは眩しい日差しで

季節外れの暖かい週末でした。

 

 

数日前に出した
亡き叔母の力作のお雛様も

心なしかこの暖かさで

和んでいらっしゃるような。

ニコニコ

 

 

今週もお互いに心地よい時間、

よい日々を形成していきましょうね。

 

 

今日も最後まで読んで下さり、

ありがとうございます。

 

【補記】メモ 

(1)少し先ですが

   6/15,16(土日)に
   愛知(長久手市)の

   出張講座が決定。

 

   詳細が決まり次第、
   こちらのブログと

   主催の山田康予さんのHPにて。

   → こちら

 

   愛知講座は10数年に渡り

   企画して頂いてます。
 

   ご紹介したスピーチのように

   「無くなる時には警鐘は鳴らない」

   という思いを持って、

   主催の方と来て下さる方々の

   熱意に応えたいと思ってます!

 

(2)2/1付でHP を更新

   

(3)認定トレーナーの開講日程 
   1/26付で更新

  

(4)このブログとは
   別内容の個人ブログ→ こちら