ワンセルフカードの広場

ワンセルフカードの広場

ワンセルフカード認定トレーナーによるワンセルフカードを使ったセミナーや講座の情報広場です。

【様々なご縁でこの広場にやってきて下さったあなたへ】

$ワンセルフカードの広場

ワンセルフカードという、
30の言葉から成り立つカードの可能性を綴る情報ブログです。

えてしてセミナー会社が運営するサイトやブログは
自分たちの宣伝になりがちです。
とはいえ、霞を食べて生きて行くわけにもいかないのも現実です。
ですので告知の様相を完全に払拭することはできませんが
タイトルに「広場」と名付けたようにここを訪れた人が
「読んで心のヒントになった」
「カードの写真で気持ちが和んだ」
「カードセラピーって、怪しくないのね」
「~さんの誕生日プレゼントにしてみようかな」
「うちのサロンにもカードを飾ってみたい」

そんなことを思ってもらえる出し物が日々更新できたらと思っています。

元々このカードは私(中本雅子 )の
四半世紀に渡る研修、セミナー事業の中で感じたこと、
そしてもう一つは進行性乳がんでの入院日記に綴った
こんなふうに励ましてもらえたら」という思いがベースになっています。

退院当初は手作りで「マサコカード」と名付けて使っていたものを
沢山の方々の後押しと絵の作者、柴崎るり子 さんとの出会いにより、
2008年12月に今の形になりました。

$ワンセルフカードの広場

2012年4月からはこのカードを本格的に学ぶ
ワンセルフカード セラピスト認定講座もスタートしています。

この講座は「30の言葉で綴る心のレッスン」として
北海道から沖縄まで全国に広がっています。 

$ワンセルフカードの広場

2012年9月吉日
ワンセルフカード メイントレーナー 中本雅子

ワンセルフカード、

メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

台風接近が二週続けてとなりましたが

いかがお過ごしですか?

 

 

東京は夜中はすごく降りましたが

心配したほどでなく

昼過ぎに雨もやみました。

 

昨日は個人ブログに

「ブラックマサコ」について書き、

→ こちら

 

先ほど裏ブログに

「善意に殺される」という
こちら

どちらもシニカルな内容を書きました。
 

ご興味ある方は
読んでいただけると幸いです。

 

~~~~~~★~~~~~~

 

さてこちらのブログは

口直し的にホワイトマサコ(?)で。

 

 

 

フェイスブックさんが
「5年前の今日のあなたは

 こんなこと、書いてましたよ」

と教えてくれたブログが
今の私にまたまたぴったりで

己のメッセージに励まされたのでご紹介。

(^^)/

 

それは長々とした日記の下のほうに

引用したリチャード・バックの文章。

 

「リチャード・バック」

と聞いても?な世代も多くなったかな?
 

今からおよそ半世紀前に出た

「かもめのジョナサン」は

70年代の大人達には鮮烈だったようで、

当時の私から見たら

「本なんて読むの?」

(おっと失礼。若気の至り・・・(-_-;))

と思えたボイラーマンをしていた
近所のおじさんが
回覧板を持ってきたついでに

熱心にこの本を母に勧めたことは

印象的な出来事でした。

 

 

そしてそれと同時に私の周りに

やってきたのが精神世界ブーム。

(今や死語となりつつある言葉ね)

 

口コミで評判の白人の来日講演会や

セミナーに出ると

引用されていたのが彼の著作でした。

 

その中でも頻繁に

登場したのが

上記のブログに書いた「イリュージョン」

村上龍氏の翻訳は

流れる詩のようで

一気に読んだことが懐かしいです。

 

内容はオンボロ複葉機に乗った

色々なことで迷う救世主の話。

 

 

単純なポジティブ思考が闊歩していた

70年代にはそれは新鮮でした。


そんな神がアメリカの空と草原で出会う

奇跡と冒険の物語で、

随所に出てくる

「救世主入門テキスト」のメッセージは

20代の私にとってはバイブルに感じました。

 

 

上記、ブログの引用の一部を再度、

ここにも。

 

”だいたいは、

 どこもかしこも閉まっていると、

 絶望的になっちゃうんだよ。

 

 

 だけど、

 あっちこっち叩いているうちに、

 どこかのドアがポンと開くと思うんだね。

 

(↓下記は随分前に描いた

  扉モチーフの私のパステル画。

  でもレッスンでは使わずお蔵入りに)

 

 

今、私は化学療法の副作用で

調子の悪い時は低体温と微熱、

吐き気と下痢、

味覚障害と口内炎、
電池切れしたように襲ってくる

倦怠感と睡魔で

どのドアも閉まっているように感じる時が

多々あるのです。

 

 

だからこの文章は

「今の私のために語ってくれている~!」

と感じてしまい、
今日のリブログとなりました。

 

 

上記の続きのリチャード氏の

メッセージは冒頭にリンクした
私の5年前の日記で。

(^^)/

 

そしてこの本を読んでみたい方は

残念、、、、

絶版のようですが

アマゾンで配送料を入れると

およそ1,600円では手に入るようです。

 

 

そういえば古代ギリシャの哲学者、

プラトンも言ってますね。

 

 

”人は苦悩を通じてしか、清められない”

 

(今の私をカードで表すと。。。↓)


 

確かに楽なことや楽しいことは、
忘れて行くことが早いです。

そうしたことについて

人は考え込むことがなく、

「ラッキー!」で終わらせてしまいがち。

 

肉体的にも精神的にも

ドアが閉まっているように感じる、

今の私はまさに清められているのかも?

(#^.^#)

 

 

私のように袋小路にいるような方に

今日の文章が役に立つと幸いです。

 

今日も最後まで読んで下さり

ありがとうございました。

 

 

【補記】メモ 

(1)裏ブログのような

  がんに関する気づきや発見を不定期に綴る

  「がんから教わるワンショットセラピー」を

   先ほど更新→ こちら

 

(2)9/1付でHP を更新

   

(3)認定トレーナーの開講日程 を8/28付で更新

  

(4)このブログとは別の内容で書いている

  個人ブログ → こちら  

 

 

 

 

 

ワンセルフカード、

メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

私の仕事をしていく上での

ささやかだけど、

実は強固(?)なこだわりは

「先生」でなく、

「さん」で呼んでもらうこと。

 

 

その理由は何度か書いてきてますが

それを映画にして見せてくれているのが

『英国王のスピーチ』。

 

今晩、BSPで21時から放映よ~!

→ こちら

 

 

吃音に悩まされたイギリス王ジョージ6世と、

その治療にあたったオーストラリア出身の

民間言語療法士の友情を史実を基に描いた作品。

 

 

国王を敬称をつけずに呼ぶセラピスト、

「ドクター」の称号を持たない

セラピストを認めない国王との葛藤は

最終的には双方の望む結果に結実していきます。

 

過去の私のアメブロでの紹介日記です。

 

 

個人ブログでも何度も書いてます。

 

 

 

そして

 

 

 


その他、私が「マサコさん」と呼んでもらいたい理由。

 

 

~~~~~~★~~~~~~

 

勿論「さん」で呼び合うことが

強制ではないけれど、

予定調和の中で

「まぁ、先生と呼んでおけば問題ないだろう」

という部分に新しい風を入れたくて

33年続けてきたワンセルフ・ルールです。

(^^)/

 

”自立している者同士が繋がっている”

 

これが私の目指すコミュニティです。

 

そして敬老の日に

まだシニアではないけれど

治療の副作用で体調不良の私は

色々な方に暖かい言葉をかけて頂いて

思うことは

 

”繋がりながら自立する”

 

もありだなということ。

(#^.^#)

 

では台風が近づいている地域の皆様、

どうぞお気をつけて。

 

こちらは朝はなぜか晴れていて

不思議な雲も出ていましたが

 

 

さっきから猛然と降ってきて、

落ち着かないですが

静かに家で過ごしましょう。

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

 

【補記】メモ 

(1)9/1付でHP を更新

   

(2)認定トレーナーの開講日程 を8/28付で更新

  

(3)このブログとは別の内容で書いている

  個人ブログ → こちら  

 

 

 

 

 

 

 

ワンセルフカード、

メイントレーナーのマサコ(中本雅子)です。

 

一昨日の金曜日は二回目の

化学療法でした。

 

 

個人ブログに書いたように

こちら

第一クールでわかったことは

22年前の入院での点滴と違って

「独り身の還暦過ぎての

 通院での抗がん剤は結構しんどいぞ」ということ。

 

だから先週はずっと

そわそわしてました。

 

 

そんな中、アメブロさんが

「こんな記事を書いてましたよ」

と9年前の9月の記事を教えてくれ

自分の文章に、

そして『選』のカードのコンセプト

改めて関心しておりました。

(苦笑)

 

『選』という言葉に

多くの人は「二者択一」を思い浮かべますが

(例「やるか」「やらないか」)、

「いやいや、人生で遭遇する選択は

案外違うよ」ということが

このカードの言いたいことです。

 

 

今回の私の化学療法もしかり、

3連休に襲ってきている

台風14号との付き合い方もしかり。

 

 

これについては

私のカードのフォローアップ講座や

カフェ形式のセミナーで

しつこいほど繰り返し述べてますが

まだ聞いたことがない方は

よかったらクリックして読んでみて下さいませ。

 

~~~~~~★~~~~~~

 

今日のリブログに付随するように、

先週になりますが

テレビをザッピングしていたら

どの局か忘れてしまったのですが

天気予報に続いて

あるドキュメンタリーの

短い予告が流れたのです。


それは小児病棟に入院している少女が、
「引き受けたくないことを、

 引き受けなきゃいけないことがある。

 でも、

 それが生きるってことじゃないですか・・・」
と語っていて、ドキッとしました。

 

 

10代前半に見える幼い面差しの

少女の口から出た言葉でした。

 

ワンセルフカードの『選』を

一歩進めた覚悟に

頭をコツンと叩かれた気がしました。



 

ところで私のほうの今回の

点滴投与の翌日、

つまり昨日は早くも

軽い吐き気と低体温が出てきました。

 

ですので大分へたり気味でしたが

台風に備えて

2日分の野菜等の買い物のために

近所ですが頑張って出かけました。

 

歩くと息切れがするし、

慣れない安物のかつらは

どんどん頭からせりあがってきて

(-_-;)

店先のガラスに映る我が姿は

往年の小森のおばちゃま。。。。

(;^_^A

(って、このおばちゃま、

 知らない世代ももう多いかな)

 

でもこの少女の言葉と

『選』のカードを心に浮かべながら

歩きました。

 

 

ですから今日も明日も

引きこもり生活ができます。

楽ちん、楽ちん。

(^^)/

 

余談になりますが

下記は金曜日に午後からの

点滴が始まる前にフェイスブックの

ストーリーズにUPしたはずなのに

何故かできなかった画像。

 

 

春に買った

おフランス製の((#^.^#))

スニーカーをやっとおろしたので。

→ こちら

 

そしたら

 

”大切なのは足跡でなく、

 足、そのもの”

 

という、

いつかどこかで聞いた言葉を

思い出したんでUPしたかったのよね。

(#^.^#)

 

さてさて大型台風が夕刻には

九州南部に上陸するとの予報が出されました。

 


 

どうぞ皆様、安全第一にお過ごし下さい。

被害が最小限でありますように。

 

【補記】メモ 

(1)9/1付でHP を更新

   

(2)認定トレーナーの開講日程 を8/28付で更新

  

(3)このブログとは別の内容で書いている

  個人ブログ → こちら