会計事務所応援 ブログ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

「このままでは拡大できない」

みなさん、こんにちは。

今年もまもなく残り1ヶ月となります。

世間的には昨年同様、
あまり明るい話題には恵まれない
一年で終わりそうですね。

会計事務所としても、
この数年はなかなか思い切った方針転換にまでは
踏み切れずにいた先生が多かった気がします。

私自身、弊社開催のセミナー参加をきっかけに
昨年は全国の81名、今年もこれまでに75名の税理士先生の
個別相談に対応させていただきましたが、

税理士先生が抱えている悩みは
ほぼ共通していて、

“本当は顧客拡大したいけど...できない事情がある”

ということ。

その一番の原因は受け皿の問題、
端的に言えば“人が足りない”ということ。


「お客様が増えなくて困る」と聞くと、
つい集客の不調を思い浮かべがちですが、

実際には、
お客様が増やせる見込こそ立っているものの、
受け入れるキャパが用意できないのです。

何とももったいない話だと思いませんか。

当然、職員としても色々と不満や不安は募ります。

 

ただ、お客様が増えてもいないのに、
給与だけは右肩上がりになるなどありえません。

「だったら、
 客単価を上げればいいのか」

と理屈上考えがちですが、

コロナ前でもなかなか上げられなかった客単価を、
この厳しい社会情勢で上げるというのは、
それほど簡単なことではありません。

ましてや新規契約ではなく、
既存顧客を対象とするものであれば
なおさらではないでしょうか。

つまり、

どんなに急成長を望まない事務所であったとしても、
顧客拡大のルートを自ら閉ざしてしまっては

事務所に未来がないのです。

「それなら、人に依存しない
 サービス運営の方法に変えればいいじゃないか」

と業務の自動処理やアウトソーシングに
注目が集まっています。

他業種における進化の過程を見る限り、

当然の動きかもしれません。


しかし、その変革のスピードは思いのほか
スローペースと言わざるをえません。

その原因として、
「入力やチェック業務が好きで、この仕事をしている」

「お客様の面倒ごとに、
 とことん付き合ってあげるのが私の得意分野」

と考えている層が、
職場の一定割合を占めていることが挙げられます。

このこと自体、
私は否定するつもりはありません。

しかし、そこで
採算がとれていないのであれば話は別です。

「お客様に対価を請求する」

「お客様自身に行っていただく」

「自動化やアウトソーシングでコスパ改善に努める」

「思い切ってサービスをやめてみる」

選択肢はいくつも用意されているはずですが、

残念ながら担当をしているスタッフが、
これらを自ら判断し対策を打つというのは
困難だと思います。

出来ていないからこそ、現状手一杯になり、
事務所全体としては
「これ以上顧客を拡大したら事務所が崩壊する」
という事態に陥っているのですから。

こういった状況は、
時間が解決してくれるわけではありません。

むしろ今後は、
インボイスや電帳法に伴う業務負荷で、
同じ客数を維持していたとしても
担当者一人当たりの仕事量は増えていき、
むしろ職場環境は悪化する可能性もあります。

顧客拡大活動をストップするのは、
あくまで一時しのぎであり、
決して解決策にはなりません。

負の遺産として積み上がり、
避けに避け続けていた事務所の『構造改革』こそ、
いま決断しなければならない最優先事項だと私は思います。

そこに切り込める存在は

所長先生ただ一人ではないでしょうか。

“もはや何から、どこから
 始めていいのかわからない...”

という先生は、ぜひ一度
ご相談いただければと思います。

 


にほんブログ村   税理士 ブログランキングへ   F2ブログランキング
良かったら、毎日1回クリックしてください。


 

 

 

“辞めない人材”という幻想

みなさん、こんにちは。

税理士先生から寄せられるご相談のなかに、
「人材に関する悩み」が
含まれていないことはまずありません。

どこも人が足りないのです。

単に頭数の問題ではありません。

「税務会計の知識経験がある人」

「コミュニケーション能力の高い人」

こういった人材が
一人でも多く入社してこないかと
みんな待ち望んでいるのです。

私たちも、
“在宅業務”という限定付きで、
人材のご紹介をしておりますので、

このような人材のご要望をいただくことも
珍しくないのですが、

不思議なことに、
冗談か本気か、こんな要望が
意外と多いことに気づかされます。

“辞めない人材が欲しい”


お聞きすると、

「人材会社に高い募集費用や紹介料を支払ったのに、
 半年もしないうちに退職された」

「未経験ということで、
 時間も手間もかけて一生懸命教育したのに、
 家庭の事情で繁忙期目前に辞められた」

「経験も保有資格も申し分ない人が来たと喜んでいたのに、
 わずか数週間で“仕事のやり方が合わない”と、
 出社しなくなってしまった」

こういった苦い思いを、
何度も経験されていることが
どうやら背景にあるようなのです。

ただ、入社する前から
“この人は辞めない人材”だと確信が持てることなど
本当にありえるのでしょうか。

そもそも、「入社したらすぐに退職しよう」と
心に決めている求職者などおそらく皆無だと思います。

つまり、入社前の段階では気が付かなかった、
当人にとって想定外のことが
その後起きたのが退職の要因であることは
ほぼ間違いないでしょう。

だからこそ退職という最終手段を取るのです。


実は、
“辞めない人材が欲しい”と要望される事務所の場合、

辞めてしまう理由が事務所側ではなく、
一方的に入社してくる人材側にあると
思い込んでいるケースが少なくありません。

そうなってしまう原因の一つとして、
入社試験時の事務所側からのアナウンス不足、
入社希望者へのヒアリング不足を疑う必要があります。

ただ、これだけではミスマッチを
減らすことはできますが、
完全に取り除くことは不可能です。

だからこそ、入社後についても、
所長先生、同僚からの教育指導が
欠かせないものになると私は思います。

経験の有無に関わらず、
テクニックだけでなく
事務所の方針を啓蒙するのも大切な教育の一つです。

また、単に「続けてもらうこと」を念頭においた
顔色をうかがうような姿勢ではなく、
「辞めてもこまらない環境」を意識させつつ
一定のルール下のもとに
当人のやりがいを見出してもらうという発想の転換です。

「辞めても困らない」というと、
何かドライな印象を持たれてしまいがちですが、
いざといったときに代わりが効かない環境だからこそ、
退職者が事務所の混乱を招くのです。


「だったら、おたくの事務所のスタッフは、

 誰でもこなせるようなレベルのところまでしか、
 お客様にサービスが提供できないのか。

 そんなことで本当にお客様は喜んでくれるのか」

以前に、とある税理士先生から
このようなご意見をいただいたことがありました。


所長先生ならともかく、
一スタッフの特殊能力に依存する前提の
サービスラインナップは属人化を加速させ、
 
そう遠くない将来事務所の首を絞める
結果を招くという事実は、
多くの税理士先生が
過去に経験されているのではないでしょうか。


突き詰めると、

“辞めない人材が欲しい”という訴えは、

心情としてわからないこともありませんが、

実は気づかないうちに
事務所の運営方法が
危機に瀕しているともいえるのです。
 
にほんブログ村   税理士 ブログランキングへ   F2ブログランキング
良かったら、毎日1回クリックしてください。

 


 

 

お客様に協力を求める効率化

みなさん、こんにちは。

先週末、
久々に回転寿司のお店で食事をしたのですが、

「これまでいたはずの案内係はおらず、
 自ら発券機に向かい
 出力される番号を頼りにテーブルへ誘導」

「レーンは回っておらず、
 注文パネルから各々オーダー」

「食事後、お皿を数えに来るスタッフはおらず、
 オーダーした種類や枚数から料金は自動カウントへ」

「店員さんとやり取りしたのは
 唯一レジのお会計のみ」

というほぼ
セルフガソリンスタンドのようなお店へと
変貌をとげていました。


旧来の寿司店の常識から脱却し
以降運営の効率化に磨きをかけている
回転寿司業界ですが、

■原価高騰による更なるコスト削減要求

■深刻化する人手不足

■コロナ感染症対策

どうやら、
これらが更なるサービス変貌の
要因となっていることは間違いなさそうです。


現状の価格やサービスを維持するために
内部努力も限界を迎えており、
お客様にもコスト削減策の一端を担ってもらうことで、
満足度を維持する戦略なのだと思います。


その点、同じ“サービス業”という
カテゴリーのなかで、

会計事務所業界は、
お客様に協力を仰ぐことのできる分野が
まだまだ残っているのではないでしょうか。

あるいは、業界の常識にメスを入れることで
改善できることが十分残されている気がします。


これまでは常識、
あるいは触れてはいけない分野として
見過ごされてきた領域、


■毎月時間、工数、燃料代をかけて
 お客様先を訪問しなければ
 コミュニケーションは成立しないのか

■原始資料の回収は、
 何度も電話で催促したり
 直接現物を取りにうかがわなければ、
 一方的に事務所の責任が問われることになるのか 

■せっかくプリントアウトして
 ファイリングまでしているのに
 お客様は未開封のままの
 紙資料など本当に意味があるのか

■いつも電話でやり取りしているせいで
 「社長がつかまらない」
 「事務所の担当者がつかまらない」
 と双方でストレスを感じている時間はムダではないのか

■「担当先のお客様だから」と言って、
 時間給の高いベテラン社員が、
 自ら単純な入力やチェック作業に
 時間を割いているのは非効率ではないのか

と突き詰めていくと、

まだまだ他業界に比べて、
本格的な効率化への仕組みが追い付いていないのです。

とくに、
『お客様に協力を求める効率化』について
圧倒的に後れを取っている気がしてなりません。

ここ最近、
開業5年未満の税理士先生とお話しすると、

「それは全て、お客様の責任でお願いしています」

「〇〇に協力してくれない経営者さんとは
 最初から契約しないことにしています」

と、責任範囲を明確したスタンスで
サービス提供している会計事務所様が
圧倒的に多いと気づかされます。

老舗の事務所でも、
新規契約先については、
業務分担や責任の範囲をこれまで以上に明確にして
サービス提供しているところが増えてきています。


単にお客様の数を増やすだけでなく、
お客様から協力していただける範囲を

少しずつでも増やしてゆく。

地味かもしれませんが

とても重要な取り組みだと思いませんか。
 

 


にほんブログ村   税理士 ブログランキングへ   F2ブログランキング
良かったら、毎日1回クリックしてください。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>