治験9コース目に突入

テーマ:

いよいよ治験も後半戦で9コース目に突入する。

5コース目から8コース目までは、下痢とか、お尻の穴の痛さに苦労していましたが、ビオフェルミンや痔の軟膏などのお薬で

悪心だけの吐き気止めだけでなくQOLを向上させるべく過ごしている。

 

来月の末には治験のコースが終わり、その後は定期的な健診に移行するのであるが、どの程度体に散らばっていると思われるがん細胞の芽を摘めているのか?。

これからの経過観察が重要になってくるのだろう。

体重の減少もあり、どのように体重を減らさずに過ごすかも重点課題。

体重減少すると体力もおちるので結果的に倦怠感、食欲不振にもつながるので、残すところの治験はあと4コースなので、頑張りたい。

AD

術後治験6コース目に・・・

テーマ:

術後治験 78日(6コース目)に突入。。

 

副作用については、もう傾向が見えてきて、治験薬を飲み始めが金曜日夕方なので

だいたい月曜日、火曜日、水曜日あたりに強い副作用(現状は 下痢、涙目、倦怠感)が強く出る、特に倦怠感は何をするにも体が重く感じられることもあり、夕飯後にぐったりしてしまうことが多い。

 

あと最近では、後期ダンピング症状と思われる、食事後2~3時間後に血糖値が下がる傾向があり、ちょうど朝ごはんを食べると昼前とかなり眠気が襲ってきて、一旦昼休みに居眠りしてしまうと、昼休み終わりまで寝てしまって、お昼の時間が無くなることもたまにある。

 

こうした事態になっても、事前に何か食べるもの(カロリーメイトとかパン等)購入しておくことで、糖分の補給やカロリーの補給でしのいでいるのだがなか体重増加にはつながっていない。

 

何故か血糖値が低いのかが分かったかというと、隔週で治験継続可否の為に血液検査をしているのだが、健診が午後一だと、朝ごはんを食べて、2時間後ぐらいに病院に行って先に血液検査をするので、ちょうどその時間帯にい水化物を糖質に変えるためのインシュリンが大量にでることで血糖値が低くなるいわゆる、胃を全摘出した人にありがちが後期ダンピング症状に陥っているケースがここ2回ほど血液検査で出会たことによって判明。。

 

確かに頭がぼーっとしているときに飴とか糖分を補給するとすっきりするのはその影響が大きいいのかとおもっている。

やっと 6コース目も終盤にきて、治験期間もあと半分になった。副作用もつらいが従来の標準治療だと1年間の補助剤(TS-1)なので、多少副作用が強いのかもしれないが半年で終わるので頑張りたい。

 

 

AD

5コース目

テーマ:

しばらくブログが滞っていたので、久しぶりに書いてみる。

 

術前治験は4コースやったが、今週で5コースが終了、来週からは6コース目にはいりやっと半分が終わる形になる。

 

術前にも4コースをしているので、その間の副作用もま~術後でも同じような感じで過ごせてはいるが、やはり体重の減少が体に響いて、かなり倦怠感が強くでるかんじがしています。

 

健診時の血液検査では治験に影響のある検査結果はでませんが、血糖値が引く場合があって術後に言われた後期ダンピング症状がでて、血糖値が下がることで、頭がぼーっとしたり、
眠くなったりなどの症状も治験の副作用ではないが体調の変化として出てきている。

 

あと 手の指先や足の指先、はてはお尻のあたりまで、色素沈着というか皮膚がどす黒くなってきている。あらかじめ言われている副作用ではあるが、やはり裸になって体重も減少し(かなりガリガリ君)指先、足指、お尻のあたりがどす黒いと結構ブッキーな感じです。

 

女性ならそうした副作用も外見上や肌に関するトラブル的に見えるから

いやだろうな~って思ってしまいます。
幸い私の肌を見る人は限定(家族)されているのでその点は気にしていませんがもう少し筋肉をつけたいとホエイプロティンなども間食(水分補給も兼ねて)していますが、なかなかそのまま体重増加や筋肉増強にはつながらず、たぶん根気よく継続していかないとけないんだろうと感じています。

 

痩せると、椅子に座るディスクワークが中心なのですがお尻も痛くなるんですよね。。

お尻の肉がなくて、触接お尻の骨とか尾てい骨が椅子に体重とそもに掛るんで。。w

 

術後の3コース目

テーマ:

術後の TAS-118 投与3コース目の投薬休止期間。

多少過ごしやすく、倦怠感も投薬中よりは軽減されてきたとおもった、先週の金曜日には

すでに、テレビやニュースでも報道されたとおり小林麻央さんの訃報

が飛び混んできた。

おなじ #ガンサバイバー としてはショッキングな出来事である。 彼女のブログを拝見して同じような病気で戦っている方が元気づけられたり、あるいはその訃報に接して落胆している人もたくさんいると思います。

ご冥福お祈り申し上げます。

 

私は、彼女のブログを拝見して、ガンが彼女の人生のすべてではないという考え方に非常に共感を覚えます。私自身もこうして、胃癌の治験に関する治療や副作用に関する自分の思ったことや、状況を書いてはいますが、それは、私の同じような治療を受けられる方が多少の知識というか、自分の経験知を共有することで、役立てて頂けるかな?

と思って書いています。

 

もちろん副作用や考え方が同じ訳にならないと思っていますが、それでも多少役立てていただけることを願ってという気持ちからです。

 

また

このブログは当面は治験に関する情報の共有ということで更新をしていく予定ですが、治験が終了後は私の日常や、出来事も更新するつもりです。ただそちらの方はとぢらかというと

FACEBOOKに書いてるのが多いので、使い分けしています。。

で 3コースの投薬期間は終了し、今週は休みになっていますが、副作用的には

術前の抗がん剤治療と同様に指先(手足)の色素沈着が目立ってきました。これ自体は痛み等はないのですが、特に女性は気になる副作用の一つではないかと思っています。

 

あとは、胃がないのにも関わらず、げっぷというかむかつきが出るときが多少あります。

それと体重の減少・・・・・・かなり落ちてきました。

結構食べてはいるのですがたぶん総カロリーが足りないのかな?

術前体重が65kg 現在 55kg~54kg なので11kgぐらい減っています。ただ毎日体重計には乗って測ってはいるのですがその都度の体重に一喜一憂していると逆に気が滅入るので

これからはあまり体重の増減を気にしない様にしようかとも思案中。測るけど気にしない・・・

できるかな~?w