昨日で 先月までの治験の終了から一か月経ての健診が終了した。前回のCTスキャンでも転移等は見られなかったことと、血液検査でも特に大きな問題点は発見されたなかったということで、今後は4か月毎の経過観察期に移行することになった。

これでひとまずは術後の経過も良好ということで、今後は体力の回復と体重をいかに戻すかにかかってくる。

手術前癌が発覚した時には69kgぐらいあった体重であったが健康診断で癌が発見された以降お酒をを飲むの控えたおかげで65kgまで体重が減少しました。(かなりアルコールでカロリーを接収して
いたのだと自覚しましたw)。

その後手術後1月で60kgまで減少、さらに手術後3か月で55kgまで減少、術後5か月で48kgまで体重が減少し、できるだけ
50kg代を維持しようと努めまして、おかげ様で現在治験終了後1か月で53kgまで体重が戻ってきました。

やはり治験薬(TAS-118)の副作用もあり、倦怠感や食欲不振、悪心、下痢などの影響で体重を維持するのは結構体験な感じではありますが、やはり治験終了後は徐々に食事量や体調も
戻ってきており、現在はQOL維持のための投薬もすべて止めていても日常生活に特にこまることが無いぐらいで過ごせる状態になってきています。

胃がない分大量はに食べ物が入らないでの、たぶん60kgぐらいまで戻ることはないと思いますが、現在よりあと2~3kgぐらい時間をかけて体重を増やせればと考えています。

(あまり太りすぎても、体重減少のためにきれなくなったスーツの代わりにやせ型のスーツも購入したので、これでまた体重が増えてスーツが着れなくなくなるぐらいうれしい変化があるといいのですが。。ww)

その昔、かなり若い頃ですが、20歳代の頃は貧乏していて食べるものもまともに食べてなかった次期もあり、結構痩せていて55kgぐらいの体重でしたのでその当時ぐらいまでにはなんとか戻せればいいな~と楽観的に考えています。

読者の皆様は、体重が減るってどこが一番影響がでるかご存知ですか?
まずは、顔(ほほの肉が削られて、顔がほそくなります。またその結果顔の皺も目立ってきます。)次に、足(特に太ももあたりの筋肉がおちます)とお尻の肉(太ももと合わせてお尻の筋肉がかなり落ちます)こでがどのような影響を及ぼすかというと、私のようにオフィスワークが中心で仕事をしていますと椅子に座っている時間が長いので、お尻が痛くなりなります。


汚い話ですが、肛門とお尻の筋肉の凸凹がないので、椅子に座ると肛門が直接椅子にふれるので、うっ血しやすくなり、痔になりやすくなります。

私も治験中にはお尻の穴が直接椅子に触れることがあり、座布団なしでは椅子に座ることが出来ないぐらいに痔の症状に悩まされ、座薬と軟膏を処方して頂きました。

 

よく妊婦さんがお子さんを生んだ後に使う座布団(ドーナッツ型)を使ってしばらくはケアをしていました。w

いま現在は特に肛門に門田は問題はありませんw

 

これからは四半期ごとの通院経過観察になり、術後5年経過した時に転移がなかったならば寛解ということになります。


ですので、今回沢山のお見舞いいただきましたので、治験終了を一つの区切りとして、そのお返しをしないといけませんね。

(忘れないように)



 

今日でTAS-118の治験12コース(約半年)が終了した。

短いようでもあり、長かった感じもする。

 

血液検査では問題のある所見はなく、CTスキャンでも他の臓器への転移は認められないということで、現時点で一応問題なく治験も終了したということでした。

 

治験中は気分がわるくなったり、食欲不振、色素沈着、下痢、倦怠感などから自分でも自覚できる副作用(あらかじめ副作用については説明も受け理解していたが)もあったが、多少仕事にも支障はきたしたりたたが、何とか乗り切った感があります。

 

次は1月後に再検診、その後は4か月ごとに検診する予定だそうです。

そのあいだ(術後5年)間は定期的に検診はするのですが、ほかの臓器に転移とかないかを経過をみながら観察することになります。

 

治験薬による抗がん剤の副作用もこれでなくなると思うので、これからは体力の回復と体重の増加、運動などをしてかなり落ちた体重(体脂肪や筋肉量)を増やすべく食事や運動も心がけて過ごしたいと考えています。

 

運動も体力と相談して再開したり、別なこと(趣味など)も含めて快適な生活を送れるような生活習慣にもどれればいいな~と考えています。

 

まだまだ 癌サバイバーとして生活はこれかも続くのですが、一旦は少し落ち着き、今後はよりQOLの向上と健康的な生活と体力、体重を術後の1か月ぐらいの状態の時ぐらいに戻す努力をする所存!!!

 

 

さあ! いよいよ治験が最終コーナー12コース目になろうとしている、ここまで10コース、から11コースまでは目立った大きな治験を中止するような副作用は出ていない。

 

相変わらず 手足の指先の色素沈着

治験薬を飲んだ後に 数日すると下痢、投薬を辞めた後も次回健診の2日前ぐらいから下痢のパターンは変わらず。

QOL向上のために下痢止めやビオフェルミン錠を飲んでいますが、下痢すると体重もへり、お尻の穴も痛くなる。

(これはお尻の肉がないのでずーっと座っての作業がしにくいということもあり、かつ痔の傾向もあるので座薬と軟膏を処方していただきました。)

 

また、体重減少で栄養がうまく取れていないこともあり、経口栄養剤を処方していただいたのですが、

これがまたすご~~~~~~く甘いんです。

ま~あと1コースで治験も終わるので、結果がどうなるかのか?
今後の定期健診次第ですね。。

 

前回手術前に2か月間(4コース)を術前治療した時は、胃ガンの範囲の縮小や、外部リンパ節の縮小が認められたそうなので多少は効果があったはず。なので、今回の12コースで取り切れなかった部分の細胞が、縮小もしくは無くなって転移がないことが

確認できれば当面は様子見ということで定期的な健診になるので減った体重もすこしは元に戻ることを期待したい。

 

頭の毛も痩せた影響で頭皮の皮が薄くなって毛がぬけるのがはやいような気もしていますし、現実的に髪の毛がうすくなりつつあります。orz

 

 

 

治験9コース目に突入

テーマ:

いよいよ治験も後半戦で9コース目に突入する。

5コース目から8コース目までは、下痢とか、お尻の穴の痛さに苦労していましたが、ビオフェルミンや痔の軟膏などのお薬で

悪心だけの吐き気止めだけでなくQOLを向上させるべく過ごしている。

 

来月の末には治験のコースが終わり、その後は定期的な健診に移行するのであるが、どの程度体に散らばっていると思われるがん細胞の芽を摘めているのか?。

これからの経過観察が重要になってくるのだろう。

体重の減少もあり、どのように体重を減らさずに過ごすかも重点課題。

体重減少すると体力もおちるので結果的に倦怠感、食欲不振にもつながるので、残すところの治験はあと4コースなので、頑張りたい。