バンクーバー・シアトル・ポートランド出張シリーズ、第3弾。最後はポートランドです。3年半ぶりのポートランドでは、前回はまだ出来てなかったフードホール「Pine Street Market(パインストリートマーケット)」の中にある、「BYH Burger(ブレスユアハート バーガー)」に立寄ってきました。

 

 

場所はダウンタウンの外れ、どちらかと言うとチャイナタウンになるのかな。古いビルをフードホールにリノベーションしているようです。

 

 

ポートランドの人気店の新業態が出店していて、こちらの「BYH Burger」はTasty Nの新業態みたいです。3年半前に来た時には「Tasty n Alder」でディナーを楽しみましたっけ。

 

 

早速ハンバーガーのご紹介。こちらは看板メニューの「BYHバーガー $6.95」です。「Small Fries $2.50」も一緒に。

 

 

このハンバーガー、一言で言うと大正解。ビーフパティもバンズも柔らかめの食感で、さらにそこに合わさるチェダーチーズも含めて一体感が素晴らしいんです。パティは決してチョップにこだわっていると言うことでもないんですが、この飾らなさがたまらないんですよ。

 

 

パティとバンズと言うよりも、肉とパンがひとつになるってこういうことなんだと思わせてくれますよ。ピクルスも良いアクセントになっています。セットのフレンチフライもSmallにしたのに結構盛り盛りで、なかなか満足度の高いハンバーガー&ポテトでした。

 

 

そしてももちろんビールも。ポートランドと言えばビアギークの街と言われるほど、クラフトビールが充実しています。こちらはBreakside Breweryの「Toro Red $6.00」。ハンバーガーとの相性抜群。じっくりと飲むタイプのビールではあるものの、良い意味でハンバーガーを胃に流し込むという表現も似合うビールでした。

 

 

こちらのフードホールは夜でも結構なお客さんの入りよう。〆には「WIZBANGBAR」のソフトクリームをペロリ。こちらも人気アイスクリーム店「Salt&Straw」の新業態。もう間違いない味ですよ。濃厚でありながらしつこくない、これぞ〆にピッタリなソフトクリームです。

 

 

そんなこんなで6泊8日の長いようで短い出張を終え、帰国の途につくのでした~。

 

 

---------- BYH Burgers -----------

 

■住所:Pine Street Market, 126 SW 2nd Ave, Portland, OR 97204 アメリカ合衆国

■TEL:+1 503-719-4221

■HP:https://www.byhpdx.com/

■食事日:18.5.14

バンクーバー・シアトル・ポートランド出張シリーズ、第2弾。バンクーバーに続いてはシアトルのハンバーガーのご紹介です。今回立寄ったのは「Skillet Regrade(スキレット・リグレード)」。

 

 

場所はレノラ・ストリートと6thアベニューの角で、1月にオープンして話題になっているAmazon Goのすぐ近く、再開発ビルっぽい建物の1F。ファサードを広く開放したオープンな造りで、テラス席も充実しています。

 

 

店に入るとレジでオーダー&会計をして、好きな席で待つシステム。ドリンクを飲みながらハンバーガーが焼けるのを待ちます。こちらは「Gosling ジンジャービール」。ビールとありますけど、中身は炭酸ジュース。外は明るいですが、時間は19時過ぎ。にもかかわらず、お客さんが他に1人しかいないから、ちょっと怪しいなぁとこの時点でチラリと思ったんですけどねぇ。

 

 

ハンバーガーはこちら。「The Burger $15」です。バスケットに入ったハンバーガーがチラリと顔を見せ、その隣にはサラダがてんこ盛り。

 

 

ハンバーガーは丸みを帯びたフォルムのビーフパティ。結構においが強くクセのあるブルーチーズがたっぷりのパティに絡みます。そこに合わさるのはベーコンジャム。最近、吉祥寺のファッツ(Fatz's)でも食べましたね。このベーコンジャムは確かに旨いんですけど、どうもパティとブルーチーズ、ベーコンジャム、そしてバンズの一体感がないんですよねぇ。

 

 

そのバンズはてかてかで、軽めのタイプ。この店自体は著名シェフのSkillet氏による3店舗目らしいんですが、他はハンバーガーの店ではないんですよね。ちょっとハンバーガーはどうでしょ。個人的にはこの日の体調がイマイチだったことも影響しているかも知れませんけど。多分、シェフだとかレシピだとかじゃなく、それを運営するにあたって、上手くできてないのが原因だと思いますけどね。

 

 

サラダは盛り盛り。胃に負担のかかる食事が何日か続いていたので、野菜をたっぷり摂取できるのは有難い限り。しっかりと頂きました。

 

 

そんな訳で、Amazon Goのついでに寄り道してみるのは有りなのかも無しなのかも。判断はお任せしますね。ちなみに、同じブロック内に「Great State Burger」という店もあったので、そっちにしておけば良かったかなぁ、とちょっと後悔...

 

 

---------- Skillet Regrade ----------

 

■住所:2050 6th Ave, Seattle, WA 98121 アメリカ合衆国

■TEL:+1 206-512-2002

■HP:https://www.skilletfood.com/restaurant/regrade/

■食事日:18.5.13

バンクーバー・シアトル・ポートランドへの出張ついでに食べてきたハンバーガーをご紹介。それぞれの街で2泊ずつとタイトな日程だったので、1つの街に1つずつしかハンバーガーは食べていませんが、まずはバンクーバーのハンバーガーから。

 

 

カナダの西海岸にあるバンクーバーは札幌よりも高緯度にあるので、この時期の夜は長め。それでいて温暖です。そんなバンクーバーの中心、ロブソン通りの角地にある「レッドロビングルメバーガーズ(Red Robin Gourmet Burgers)」は、カナダ西海岸を中心に一部アメリカにも店舗を持つローカルチェーン店です。

 

 

店内はイメージ通りのアメリカンダイナー風、というか正確にはカナディアンダイナーかな。入口には地元のアイスホッケーチーム、バンクーバー・カナックスのユニフォームも飾られていました。

 

 

まずはお疲れビールに「スタンレーパーク(SLV SP 1897) 6.49カナダドル」。18年8月現在で1カナダドル=約85円なので¥650円ぐらいですかね。バンクーバーはクラフトビールも充実していて、地元のブルワリーのビールがこちらのお店でも頂けました。この前日夜に食べたレストラン(Forage)では、飲み比べセットなんかもあって、みんなビールが好きなんだなぁ、と実感しました。

 

 

ハンバーガーはこちら。「ベーコンチーズバーガー 12.49カナダドル」。溢れ出るチーズや大きなポテトに食欲がそそられるビジュアルですねぇ。

 

 

良い意味でダイナーど真ん中で、豪快に肉を食らいつくというハンバーガー。しっかり目に焼かれたビーフパティに軽めのバンズ、そしてクリスピーベーコン。選べるチーズは、スタッフがオススメしてくれたチェダーチーズにしてみました。

 

 

特にビーフパティと前述のチェダーチーズの組合せで、グイグイと引っ張っていくイメージ。個人的なイメージですけど、こういうタイプのハンバーガーって途中でちょっと味に飽きがくることも多いんですけど、ここは不思議と全くそんなこともなく。休むことなく食べ続けていってしまいます。案外、カットレタスやトマトの量があるのも影響しているのかも知れませんね。

 

 

ポテトもボリューム満点。トマトケチャップも合いますが、この店だけのオリジナルシーズニングとの相性が抜群。魔法の粉のような妙な美味しさがありましたね~。

 

 

金曜の夜ということもあってか、店は大行列でした。一度出直して20時半のタイミングでようやく店に入ることができました。食べ終わって22時前にはようやく外も暗くなっていて。お客さんも若い人からシニアまで幅広く、ダイナーが街に、そして夜にも根付いていることを実感しました。いいな、バンクーバー。またゆっくり訪れたい街です。

 

 

------- Red Robin Gourmet Burgers -------

 

■住所:803 Thurlow St, Vancouver, BC V6E 1W1 カナダ

■TEL:+1 604-662-8288

■HP:https://www.redrobin.com

■食事日:18.5.11

みなとみらいはランドマークプラザにある「バビーズ(Bubby's)」。言わずと知れたNYに本店を構えるレストラン。ハンバーガーがこちらのお店の看板メニューのひとつです。

 

 

以前はJR桜木町駅の高架下に店がありましたよね。そこがリニューアルするタイミングだったか記憶は曖昧ですが、エリア内でランドマークプラザに移転してきたんだっと思います。

 

 

ハンバーガーをオーダーすると¥200プラスしてドリンクをセットにできます。こちらは「オーガニックコーヒー」で、ランチタイムはお替り自由。味はもちろん良いんですが、何より可愛いマグカップに目を魅かれますねぇ。

 

 

ハンバーガーはこちら。「ブルーチーズバーガー ¥1,700」です。ウリは何といっても200gとボリューム満点のビーフパティ。USビーフだったかな。NY本店のレシピにそって作っているそう。選べる焼き加減はオススメのミディアムにしてみました。それでも中は赤身が残る程度で、表面はしっかり目のメリハリの効いた焼き加減です。

 

 

そんなビーフパティを包み込むかのようなブルーチーズ。思ったよりも全然クセがありません。パティとの相性はなかなか。野菜はレタス、トマト、レッドオニオン。丸みを帯びたパティも含めて、結構高さがあるハンバーガーなので、ひと口で全ての具材を食べるのは至難の業。と言うことで、見た目のインパクトに比べると、もうちょっと味の個性が欲しいというのが正直なところかなぁ。

 

 

こちらは「アボカドチキンサンド ¥900」。ハンバーガーに比べるとお値段的にもリーズナブル。写真にはぼんやりとしか写っていませんが、付け合わせのコールスローサラダがなかなか好みでした。

 

 

子供向けにはキッズメニューも充実しています。こちらは「キッズチーズホットドッグ ¥880」です。子供向けと言っても、大人が食べても充分なほどのボリューム。この他、ハンバーガーにサンドイッチ、パンケーキも揃っています。

 

 

周辺にはコスモワールドなど、エンターテイメント施設も充実しているので、そのついでにNY気分を味わうのはどうでしょう。

 

 

------- Bubby's ランドマークプラザ店 -------

 

■住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1

■TEL:045-681-0306

■HP:http://www.restaurant-mrs.com/wp/restaurant_bubby

■食事日:18.3.28

大宮での仕事といったら、やっぱり立寄りたくなるハンバーガー屋。ということで、この日は「グレイトエスケイプ(GREAT ESCAPE)」へ。言わずと知れた大宮アルディージャのファンが集う店でもあります。

 

 

前に伺ったのは2015年の11月だったから、約2年半ぶりとご無沙汰しちゃいました。場所は、JR大宮駅を出て、丸井やダイエーの入るDOMビルを抜けた先(ざっくり)、駅からのんびり歩いても5分ぐらいでしょうか。

 

 

早速ハンバーガーのご紹介です。こちらは「モザレラミートソースバーガー ¥1,458」。モッツァレラじゃあないですよ、モザレラですよ。

 

 

クラウンバンズをずらしてみると、ビーフパティの上にたっぷりのミートソース。それを包み込むようなモッツァレラチーズがチラリ。この組合せは鉄板ですよね。きっと日本人が大好きな組合せ。肉肉しいパティよりも何よりも、このミートソースが前面に出てきます。それと程よい辛さも感じられます。

 

 

バンズは峰屋。相変わらずのふっかふかさ。野菜はレタスにトマト、オニオンにレリッシュ。案外、野菜がしっかりと摂取できるハンバーガーなんですね。ミートソースの個性はかなり強いですが、それ以外は極めてベーシックでバランスのいいハンバーガーです。

 

 

ランチタイムはポテトにコールスローサラダ、そして平日はドリンクもセットに。こちらは「ブレンドコーヒー」。大宮のコーヒー問屋「豆図鑑」「シティローストブレンドさいたま」の豆を使っているそう。香りが豊かで美味しいです。周りに目をやると、昼間っからハンバーガーにかぶりつくシニアの姿もチラホラ。地元に店が馴染んでいる感じがしますね。今度は2年半ぶりと言わず、もっと近い時期に食べにいかなきゃなぁ。

 

 

--------- GREAT ESCAPE ----------

 

■住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-389 第17松ビル1F

■TEL:048-729-5487

■HP:-

■食事日:18.4.18