Live Free!! Climbing Free!!

Live Free!! Climbing Free!!

自由でありたいけれど、自由になれない、クライマーの日々

今日は今シーズン最終決戦で帝王をトライ。アプローチは凍える寒さでしたが、無風快晴だったので、帝王岩は暖かい1日でした。


前回はアップで疲れてしまったので、今日は到着して体が冷える前に取り付く。ところが、取り付くどころか離陸ができず、いきなり行き詰まってしまった。真っ向勝負なムーブだと出だしからフルスロットルで体を固めなきゃなんですが、この一週間体のケアばっかしていたので、力を出力することを忘れていたらしい。

何度かやるうちに思い出して離陸はできたけど、やっぱり体が動かずあと50センチくらいの所でテンション。程度にもよるけど、アップは大事なんだと痛感しました。この便はムーブの確認だけしてエイドダウンした。

パートナーのビレイと昼寝を挟んで2便目をトライ。今度は先程の反省を生かして、準備体操をやりまくってから取り付く。

やっぱりアップ不足だったみたいで、明らかに1便目と動きが違い体が上がっていった。何とか落ちる前にキーホールドを掴み、傾斜の落ちた部分に体を無理矢理捩じ込む。被った部分では呼吸がまともにできず、酸欠になっていたので何度も叫んで持ち直した。

ここまで来ると絶対落ちたくないので、残りの数メートルを慎重に登って、絶対に落ちない棚に這い上がった。あまりにも疲れたので、暫くここでくたばってました。

最後に帝王岩の頂上まで慎重に登り、終了点にクリップ。写真は撮れなかったけど、その名に相応しい絶景が広がっていました。この天気と景色。そしてパートナーや家の都合など、全ての条件が揃った瞬間を掴むことができて良かった。

流石にこの1便で肩が終わったので、後はパートナーのビレイに徹する。最期は天気が良かったので、小ヤスリの花唄小路を登って終了。丁度日が暮れる瞬間を見られてラッキーでした。荷物まで戻った時には真っ暗で焦りましたが。





これは正面壁にいた友人より。

この秋はカーテンコールや帝王のおかげで、ワイド漬けの幸せな時間を過ごすことができました。
今日のような青空の下でも、深い森の中でも、自分の持てる力を全力で出しきったと心から思えるワイドが好きです。

帝王が登れたと言っても足先行で登れた訳じゃないから、今度はどんな登り方でも登れるように挑戦したいと思います。まだ見たことはないけど、ワイドは永遠の戦いですね。




今日は家の事情で重役出勤ボルダー。元々瑞牆に行こうと思っていたけど、道中の森の感じが今一なのと、昔登った課題や昔からやってる課題をやりたくなったので、小川山に変更した。

とりあえず上の駐車場の周りのボルダーをぐるっとまわったけど、3級までしか登れず。たまにしかボルダーやらないんじゃ登れる訳ないっすね。11月は近所の山しか行けなさそうなので、御嶽で鍛えなきゃな。

体幹はまだまだ平気だったけど、指や肩がやばかったので、日暮れ前には終了。最近体が壊れる方向に向かっている気がするので気をつけないとな。来週が今シーズンの花崗岩最終決戦になりそうなので、それまで体よ持ってくれー。












今日は帝王岩に行ってきました。

台風の雨のせいで末端壁他色々な岩が濡れまくっていたけど、さすがに帝王岩まで上がると乾いていました。

いきなり帝王をトライしたら死んじゃうので、少し下った所にある素敵な出会いをトライ。濡れていたことを差っ引いてもかぜひきより難しく感じました。悶絶系スクイーズチムニーだけど、これがアプローチ15分くらいの所にあったら人気ルートになったかも。

5.10aとは言っても結構疲れたので、休憩してから帝王のテラスまで上がる。

いくらオブザベしてもムーブの想像がつかず。試しにインバージョンをやろうとしたけど離陸すら出来ず。結局真っ向勝負で挑んでみることにしました。

やってみたら案外できるもので、カムはずらしまくり、テンションかけまくり、疲労困憊になりながらも何とかトップアウトはできた。傾斜の強い所を抜けたら終わりかと思っていたけど、全然そんなことはなかった。

2便目は既に疲れていて話にならなかったけど、ムーブを確認しながらトップアウト。フルボッコながらも希望を持てる気がしました。次にやるときは1便目に勝負をかけるようだな。

今の実力ではインバージョンは問題外だし、普通にやっても登れなかったけど、不思議なことに心は清々しい気分でした。全力を出しせるのがワイドの良い所なんだろうな。

大陸の風を感じるまでは至らなかったけど、瑞牆の風と岩を存分に感じられた一日でした。





『Climbing is Believing』とか『志士は溝壑に在るを忘れず』という言葉はロクスノを全部読んでる人なら目にしていると思う。こういう言葉を発信するクライマーには遠く足下に及ばないけど、自分が登れそうもない難しい課題や、山頂まで果てしなく遠い大きな山に向かう時は、いつも頭の中でそれを反芻してきた。

今回トライしたルートは、まさにそうしなければ闘えない威圧的な課題だ。夕方まで陽が差さないルンゼの奥でどっ被りのワイド。それがカーテンコールとコーラスラインだ。

コーラスライン(右のワイド)は去年発表前に登らせていただいた。今までに経験したことの無い形状と傾斜で、頭の先から爪先まで全身を使って頑張る好ルートでした。

今年はコロナやら子供の小1の壁(エルキャプよりでかく感じる…)にぶち当たり半年まともに岩を触れていなかったけど、今月はたまたま瑞牆に行ける休日ができ、更に幸運なことにワールドクラスのワイド好きな方々と一緒に登る機会を持つことができた。これが後々完登に繋がることになった。

トライ初日は本当に半年振りのワイドで岩も乾き切っておらず、我ながら無謀と言っていいトライだった。筋肉痛と関節痛になりに行ったようなもので、1便出した後は、登る前に着ていた服がきつくなったと感じるくらい全身パンプした。半年振りのまともなクライミングとしては劇薬過ぎた感もあったけど、眠っていた心身の目を覚ますには十分だった。

ある程度ムーブはできたので、下界に帰ってからは妄想を繰り返し続けた。思えば下界でムーブを妄想するのも久しぶりだった。半年前はこれが当たり前だったのに。

ただ、いくら妄想しても繋がらない箇所があって、どうせそこはグラウンドしないだろうから突っ込むという結論に達した。

週末の仕事と家族サービスを挟み、トライ2日目。この日は家の都合で早帰りしなければいけなかったけど、パートナーの方々に快く了承してもらい助かった。どのみち1便でボロボロになるのは目に見えているので、早く帰ることに抵抗はなかったけど(ビレイできなくてごめんなさい)。

前回から雨は降っていないようで、状態は良好。相変わらず取り付きのスラブとワイドの入り口は濡れていたけど、百聞は一登に如かずなので気にしない。

以下、備忘録なのでムーブに触れます。





作戦は出来るだけ高い所にカムを入れて、フィストでぶら下がれる所までは突っ込むことにした。とにかく物凄い傾斜(帝王くらいあるらしい)で上に行く程狭くなるので、チキンウイングは直ぐ使えなくなり、アームバーと使える凹みを使って真っ向勝負。

少し(実際はかなり)頑張ると持てるホールドが出てくるので、これを握り倒し、足はクラックにねじ込んだままフィストを決める。ハングの抜け口にカムを入れて後は突っ込むだけなのだけど、この乗っ越しが激悪で、いくらハングドックしても
妄想しても繋がらなかった。

あれこれ試すけど体が上がらず。しかし手はハンドジャムとガバを持っているので、ここで諦めたらクライマーとしてどうなんだと思い最後まで頑張った。幸い前回上手い人がやっていたムーブに近い動きをしたらこれが上手くいき、天井レイバックみたいなムーブで乗っ越すことができた。

この時点で息が上がり過ぎて吐きそうだった。上手く挟まれる所があったのでレストできたけど、暫くの間全然息が整わなかった。

これで終わりかと思いきや最後までダメ押しの被ったワイドがあって、体に力が入らず本当に落ちそうだった。途中のカムが外れていたので、落ちたら多分死ぬかもしれなかったし…。


やっとの思いで終了点に這い上がり完登。疲れすぎて下にいる仲間の声に応える余裕も無かった。文句無しに今まで登ったルートの中で一番全力を出したトライでした。


元々登れる状態の期間が短い上に、付き合ってくらる人も簡単に見つからないようなエリアなので、今回登れたことは本当に僥倖だったと思います。花崗岩登ってると年に1回くらい奇跡のように登れる日があるけど、今日はそういう日だったんだろうな。

そして、こういう厳しい場所にとびきり難しいワイドを開拓した初登者は本当に凄いと思います。自分は汗と染み出しで濡れた程度だったけど、初登者は本当に物凄い苔と泥と砂等々にまみれたんだろうな。

色々な要素が絡んで完登することが困難なルートは、努力だけでなく執念も必要になってくるけど、それは全て初登者の執念の上にあるものだと思います。この寒く暗いルンゼには、初登者の情熱や執念が感じられるルートがありました。

こんなに明るい時間に下山することは滅多に無いので、こういう瑞牆も新鮮でした。今年は下界で憂鬱な日々を過ごすことが多いけど、その気分が全て吹き飛ぶような1日でした。


本当は錫杖に行く予定だったけど、クライミングができる天気じゃなかったので、山登りに変更。行き先は、同じ北アでも随分行ってなかった槍ヶ岳でした。

それなりに長時間行動になると思ったので、朝の4時前に新穂高の駐車場を出発。明るくなるまではずっと雨だったけど、明るくなるに雨は止んできて、槍平に付く頃には晴れてくれました。

滝谷やべー。

それまでは暗かったのと雨だったので、一心不乱に歩いてたけど、景色が良いのに足を止めなかったら山の神様のバチが当たるので、槍平から先は景色を眺めつつ登りました。穂高や笠は見事でした。遠くは乗鞍や焼岳も望むことができました。



山の神様ありがとう!

槍の肩の小屋までが4時間10分ほど。軽く休んで槍の穂先を往復してきました。この天気でがら空きなのは、昨日今日悪天の中頑張ったご褒美ですかね、と、数少ない他の登山者も言ってました。




良く考えたらここに来るのは12年振り。前回は就職の直前でした。久々な筈でしたが山の佇まいに変わりは無く、いつもこの場所にいるような不思議な感覚を覚えました。瑞牆や小川山や二子みたいに、足繁く通っていた場所でそう感じるのと同じようなものなのかな。

帰りのことや変な渋滞に巻き込まれたくないので、そそくさと下山開始。肩の小屋まで着いたら、後はのんびり西鎌尾根からの槍平を、山を見ながらのんびり下山しました。千丈沢乗越では槍の西稜を穂高の峰々を心ゆくまで眺めてしまった。普段の縦走ではそこまでゆっくりしないけど、いつになくこの場所を離れ難かったです。

槍の西稜いいなー。


槍平から先はひたすら我慢比べといった感じでした。岩の転がった登山道が歩きにくく、下りの方が登りより時間がかかってしまった。やっぱり下り苦手だなー。

せめてもの報いに、白出沢からは林道を爆走。30分程で新穂高に到着し、下山完了しました。車~槍~車で、30キロ9時の山でした。明るいうちに帰還できて良かったです。

終わってみれば距離はあったけど、累積標高差は黒戸尾根程ではないし危険箇所も槍の穂先だけなので、思っていた程大変ではありませんでした。だいたいコースタイム15時間前後なら1日で歩けるようになってきたので、次は累積標高差3000mかコースタイム20時間前後のルートに挑戦したいと思います。





今日は3ヶ月振りに小川山でクライミング。北海道に住んでいる友人夫婦が来てくれたおかげで、何とか出かける許可が下りました。マジで感謝!

午前中は親指岩と最高ルーフの岩でリハビリ。小川山レイバックで親指岩のてっぺんに立っただけで生き返った気分でした。友人夫婦ともここに来られて良かった。


クレイジージャムは激混みだったので、最高ルーフの岩で笠間のピンキーをリードとトップロープで登る。登る感覚はそんなに変わっていないけど、プロテクションが下手くそかつヘタレになったと感じました。

因みに駐車場に戻る時にクジラ岩の近くを通ったら、誰もいませんでした。クレイジージャムが激混みて、クジラ岩がガラ空きって、凄い時代になったな。

午後からは職場の先輩や某開拓クライマーも交えて、屋根岩下部東面へ。厩戸の皇子をトライしてみた。

以前友人のビレイで行ったことがあって、とにかく悪そうなイメージしかなかったけど、本当にとことん悪くて楽しいルートでした。人工で何とか終了点まで登れたけど、これをリードは遠い未来の課題に思えました。安全性第三と言える根性が欲しい…。

パートナーが登った後にトップロープでギアの回収をさせてもらったけど、2~3箇所全くムーブができない場所があって、長い戦いになりそうです。何はともあれ、小川山の岩だけでなく、久々に会った友人夫婦にも癒された1日でした。


久々に瑞牆で遊ぶ機会が持てたけど、岩はびしょ濡れだったので、そういえばまだ登ってなかった不動沢の本流に行ってきました。

いつもの駐車場から入渓して、さっそく小滝が登場。怪我をしても野垂れ死ぬだけなので、自信が持てない所は全部巻いた。




こんな感じの小滝が続き、巻いてもすぐ水線に戻れるので、気楽に水遊びしたい人には丁度いいかも。



核心はカーテン状岩壁下のボルダーの連瀑で、ここは結構緊張した。

ここを越えると不動滝まで荒れに荒れた川原を歩く。台風の爪痕が凄まじい。

ここから先は急に渓相が変わって暗い沢を詰める。いくつか小滝はあったけど、下部の方が綺麗で面白かった。

摩天岩の少し先に朽ちた木こり小屋があって、ここで引き返す。半日遊ぶには丁度良い所でした。初心者連れて来ても楽しめそうです。

最近多摩川の淀んだ流れしか見てなかったけど、不動沢で心の淀みが洗い流されました。秋シーズンはもうちょっと来たいなー。
コロナとは関係無く最近の休日は午前中しか遊ぶ時間が無いのですが、今日はたまたま嫁が休みだったので山に行ってきました。

勿論晴れてれば岩に行ってるけど、岩は問題外の天気なので、行き先は甲斐駒へ。ここ数年雨の日ばっかなので、最後に晴れたのが何時なのか分からん…。

駐車場に到着時は勿論雨。そして天気とコロナのせいなのか、今まで見た中で一番ガラガラな駐車場でした。

樹林帯の中では雨は気にならなかったけど、七条小屋の手前辺りから雨風が強くなってきて、あまりの寒さに八合目の岩小屋でまったりしてしまった。また赤蜘蛛登り行きたいけど次はいつになることやら。

山頂は当然雨のなかだったけど、時折雲の切れ間から稜線を眺められたので、高い山に来た気分になれました。目標は4時間以内だったけど、ちょっとオーバーしてしまった。条件が良ければ次は行けるかな。




下りもずっと雨で標高が下がるほど不快な気温になっていったので、ガンガン下る。何度か足がつりそうになったてしまったけど、下りは今までで一番早かったかも。車~山頂~車で7時間切れたのも初めてでした。

4月からはクライミングをサボって走ってばっかいたのですが、平地のランでもそれなりに成果はあったのかな。あとは最近始めた赤ぼっこランもやればやる程強くなれるような気がするので、これからも継続していこうと思います。

あとは走りの大会も出たいけど、コロナで辞退せざるを得ない感じ。かくなる上は誰にも会わなそうな山を走りまくるってもんかな。


ぼちぼちジムが営業を再開し始めたので、今日は子連れで初飯能ベーキャン。

都内のジムがまだやってないので、平日で金曜の割には人が多いような気がしたけど、密には程遠い感じでした。まあ専門家じゃないので、どの程度が安全か分からんけど。

この2ヶ月は懸垂と保持力トレーニングは多少やってたけど、やっぱりクライミングの動作はそれと違うようで、体はびっくりする一方でした。どのみち遠くに行くのは自粛な感じだし、子供の学校が軌道に乗ってくれないとクライミングどころじゃないので、ゆっくり戻して行く予定です。

最近も暇すぎて色々なことに手をだしていたけど、ジムや近場の岩が登れる以上家にいる理由は無いからな。台所の鉄人を目指したいところではありますが、ぼちぼち本業に戻りたいと思います。

参考までにここ最近の成果。





駄目人間まっしぐら…。