発達でこぼこ相談室 ー脳科学を味方につけた発達障害&グレーの子育てー
  • 17Jan
    • 発達障害&グレーゾーンの幼児の『行きしぶり』を感情の成長のきっかけにしよう!

      私は、癇癪持ちだったり、園への行きしぶりを「泣く」という形で表現するお子さんにとても期待しているのですなぜなら、彼ら、彼女らはとても豊かな感受性の持ち主だから「行きしぶり」のきっかけや要因は、その子によって異なります。でも、「普通に」園に通えている子に比べて、たくさんのことを感じているからこそ、「行きしぶり」や癇癪が起こっているのです。子供達が発してくれている成長のサインをしっかりとキャッチして、成長のきっかけに変えてあげられるママになってください心から応援しています昨日再配布した電子書籍で書いているのは、「行きしぶり」を止める方法として書いています。理由は、目の前の困りごとをなんとかしない限り、そのさきの、「我が子を伸ばそう!」という前向きなモチベーションをふるい起こすことが難しいことを私が一番わかっているからですだからこそ、少しでも早く、「また今日も朝ぐずるのかな・・・」という不安を払拭して、感受性豊かなお子さんの長所に気づき、伸ばすお母さんの心の余裕を取り戻して欲しいと思っています電子書籍後半に書いた3つの魔法のテクニックをぜひ、実践してみてください。そして、お子さんの情緒豊かな成長を叶えるための作戦会議を一緒にしましょう個別相談でお待ちしています▼電子書籍のダウンロードはこちら▼https://www.agentmail.jp/form/ht/14530/1/?brg0117/お子さんのぐずりを止め、感情の育ちを支えるプランをお渡しします。▼個別相談の詳細はこちら▼https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?brg0117あなたのことを応援していますよ今日も、素敵な1日になりますように「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【無料の個別相談の詳細はこちら】https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?blg【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーションマスタートレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      NEW!

      テーマ:
  • 16Jan
    • 電子書籍あげちゃいます♪ 朝の行きしぶり対策 ~発達障害&グレーゾーン~

      女の子向け特別個別相談は満席となりました!満席となったんですが・・・個別相談にいらっしゃる方や、毎日発信しているメルマガへのご感想で、男の子なんですけど、癇癪ぐずり、行きしぶりに困ってます!!個別相談が満席なら、電子書籍だけでも欲しいです。ってか、電子書籍、欲しいです!!!というお声をたくさんいただきましたいやいや、出し惜しみしている訳ではないですから一人でも多くの朝の行きしぶりに悩むママのために心を込めて作った電子書籍ですから、欲しいという人がおられるなら、もちろん差し上げますと、いうことで、本日から、22日まで、前回リリースして大変好評だった、朝の行きしぶり対策の電子書籍を一部リニューアルして、もう一度プレゼントすることにいたします〜<保存版!> 朝グズらない子になる 魔法の声かけ ベスト3 〜その「行きしぶり」  2週間で治せます!!〜▼無料小冊子プレゼント♪▼▼ダウンロードはこちらから▼https://www.agentmail.jp/form/ht/14530/1/?brg0116電子書籍をダウンロードしてくださった方向けの個別相談会もご用意していますから、そちらはぜひ、男の子のママもどうぞ今夜から実践できるテクニックもありますから、ぜひ、今読んで、明日の朝に備えてくださいね一人でも多くの方にこの書籍がお役に立てますようにでは「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【無料の個別相談の詳細はこちら】https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?blg【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーションマスタートレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      NEW!

      7
      テーマ:
  • 15Jan
    • ~発達障害&グレーゾーン~ 2年間「行きしぶり」を貫いた女の子の話【本日相談会募集締め切りです】

      女の子のための行きしぶり対策特別個別相談会を実施しています。応募多数により、このテーマの個別相談の募集は本日をもって終了します。お申込み忘れのないようにお願いしますね================「幼稚園行きたくない!」が再発した女の子が笑顔で登園し感情のコントロールを身につける!ママの声かけホームレッスン<新学期特別プレゼントつき!>================▼席を確保する▼https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/「放っておけば いつかは慣れる。」お子さんの「幼稚園行きたくない」についてそんな風に自分を励ましていませんかまたは、先生や、ご主人や周りの人にそんな風に言われていませんかもちろん、そういうこともあるかもしれません。でも、私は、そんな気持ちにはなれないんです。理由は、一筋縄でいかない登園しぶりをカウンセラー時代にたくさん見てきたからです...その中でも忘れられない、Aちゃんのお話を今日はします。2年保育の幼稚園でしたが、入園から、卒園まで2年間、毎朝泣く!を貫いたAちゃんです。その子のお母さんとは、毎月カウンセリングの時間をとってお話ししてきたにも関わらず、です。その頃の私には、心理学の知識しかなかった。だから、「お子さんの心を満たしてあげて」「不安な要素を取り除いてあげて」「お母さんの不安が影響することも あるから、全部話して、 一人で抱えないで」そんなことしかしてあげられませんでした。心理学の力は微力です。推測することはできても、それが確かかどうか、科学的な根拠が弱いのが心理学です。2年間登園しぶりを貫いたAちゃんは、はっきりとした診断がつくほどではありませんでしたが、うっすらと発達の凸凹のある女の子でした。女の子同士のごっこ遊びにははいりません。いつも警戒心をまとったようなお顔で、みんなの遊ぶ様子を遠巻きに見ていました。声をかけても、会話できる関係になるまで、とても時間がかかります。下を向いてしまうか、スッとどこかへ行ってしまうか。毎月、カウンセラーとして通い、声をかけ続けていくと、ある日突然、ものすごく懐いて離れなくなりました。適度な距離感が苦手で、言葉で気持ちをうまく伝えられないため、私の手を引っ張って、自分の遊びに誘う仕草がとても印象的でした。頭はいいお子さんです。心を開いて会話できるようになると、こんなことを話してくれました。「なんでみんなと 縄跳びしなくちゃいけないんだろう? 一人でとんだほうが 楽しいのに。」彼女のその言葉を聞いた時、なるほどなーと思いました。クラスメイトはとても優しくて気の利く子たちが多く、一人でぼんやりしているAちゃんを、みんな積極的に誘ってくれるのです。先生たちも、なんとかAちゃんが「皆と楽しく」遊べるよう一生懸命誘います。その関わりが、Aちゃんには理解できなかったようなのですこう行った小さな「ズレ」が小さなAちゃんに積もっていって、「幼稚園やだな・・・」に繋がっていたのだと思います。あの時、私が発達科学コミュニケーションの知識とノウハウを持っていたら、どうしたらいいのか?を脳の発達をベースに考えることができていたら、Aちゃんの中に2年間も積もらせてしまった「幼稚園=嫌な記憶」を食い止めることができたのに。毎月通ってきてくれたお母さんの想いに答えてあげることができたのに。そんな気持ちが今も心の片隅に残り続けています...今はもう、2年生になったAちゃん。どうしているでしょうか・・・。今の私には、科学的に「行きしぶり」を消していく方法をママに手渡すことができますあなたにそれをお伝えしたいと心から思っています\本日締め切り!/================「幼稚園行きたくない!」が再発した女の子が笑顔で登園し感情のコントロールを身につける!ママの声かけホームレッスン<新学期特別プレゼントつき!>================【特別プレゼント】大好評だった期間限定のプレゼント電子書籍『朝ぐずらない子になる 魔法の声かけベスト3 保存版』個別相談お申し込みの方全員へプレゼントいたします!読んですぐ実践できるスキルが満載です。ぜひ、ゲットしてくださいね♪【個別相談の3つの特典】・お子様の発達チェック・ママのスキルアップ・チェック・行きしぶりが2週間で消える!? ママの声かけマスタープラン*お子さんの特性によっては、 効果の出方に差が見られます。【費用・時間】・1月より、下記の通り、 料金の改定を行います。 30,000円→45,000円 ただし、 先着10名さま限定 初回相談に限り無料に致します。・所要時間は、約90分です。(時間に余裕をもってお申し込みください) 【場所】・ZOOM(無料通信ビデオ通話)*ご自宅にいながら相談できます^^*設定はご自身でお願いします。 設定方法はご案内いたします。 簡単な設定ですので、 初めてでもご安心ください^^【日程】下記のリンクより、予約可能な日程をお選びいただけます。▼個別相談の詳細▼https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/もう、日曜日の夜が、連休明けの朝が、憂鬱になる毎日を卒業してくださいね全力で応援します「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【無料の個別相談の詳細はこちら】https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?blg【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーションマスタートレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      1
      テーマ:
    • 【募集は本日までです!】「幼稚園行きたくない・・・」と毎朝泣く女の子のための個別相談会

      個別相談の枠が残り3枠となりました!連休にも関わらず、お子さんのことを真剣に悩み、考え、思っているママたちの愛に心打たれております^^まだ申し込んでいない方は今日中に席を確保してくださいね!▼個別相談の申し込みはコチラ▼https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/================「幼稚園行きたくない!」が再発した女の子が笑顔で登園し感情のコントロールを身につける!ママの声かけホームレッスン<新学期特別プレゼントつき!>================今回の個別相談は女の子のための特別個別相談会です。理由は、女の子の行きしぶりは放っておくと長引きやすいから!!メルマガで何度もお伝えしているように、女の子は男の子に比べ、良くも悪くも、環境に適応する力が強いです子供を産み育てる、という性の強さなのかもしれませんでも、その強さがあだになるのが、園生活。発達の凸凹がうっすらでもあると、本人にとって適応するのが大変な環境が幼稚園・保育園には溢れています。園は大人が少ないです。お家に入れば、自分一人に対して、お母さん一人。兄弟がいたとしても、目も手も、園にいるよりも何倍も丁寧にかけてもらえます。下手に、空気の読めてしまう子、言葉で表現するのが苦手な子は、助けてほしいその時に、先生に言えない・・・ということが知らずに積もっていきやすい環境です。園には音も色も刺激がたくさん。カラフルな掲示物や楽しい音楽が、苦痛な子どもって案外多いのです。園では、してはいけない、しなくてはいけない、ルールがたくさんもちろん、集団で生活することはとても大切な力ですが、幼児はまだまだ年齢的に「個」が発達する時期。「みんなと一緒」「ねばならぬ」が苦痛になるお子さん、意外と多いんです・・・ちなみに我が家の次女が登園しぶりをしていた頃のことを振り返って、最近こんなことを教えてくれました。「だってね、幼稚園だと、 おトイレ行かなきゃ いけないもん。」トイレに行く時間まで、自分の意思では決められない!というのが我が家の次女の主張でした。今聞くと、笑い話のような理由です。もちろん、それ以外にもたくさんの要因が重なり合って、「幼稚園行きたくない」に繋がっていたのだと思います。でも、幼い子にとって大人がなんとも思わない小さなことが負担になっていることって、とても多いのだな、と次女に教えてもらいました。小さな体で頑張っている、お子さんの一番の理解者でいてあげてくださいなぜ、行き渋っているのか?よりも、どうしたら、心に積もった嫌な記憶が少しでも軽くなり、楽しく朝を迎えさせてあげられるかを一緒に考えませんか個別相談でお待ちしております\残り3枠です/================「幼稚園行きたくない!」が再発した女の子が笑顔で登園し感情のコントロールを身につける!ママの声かけホームレッスン<新学期特別プレゼントつき!>================【特別プレゼント】大好評だった期間限定のプレゼント電子書籍『朝ぐずらない子になる 魔法の声かけベスト3 保存版』個別相談お申し込みの方全員へプレゼントいたします!読んですぐ実践できるスキルが満載です。ぜひ、ゲットしてくださいね♪【個別相談の3つの特典】・お子様の発達チェック・ママのスキルアップ・チェック・行きしぶりが2週間で消える!? ママの声かけマスタープラン*お子さんの特性によっては、 効果の出方に差が見られます。【費用・時間】・1月より、下記の通り、 料金の改定を行います。 30,000円→45,000円 ただし、 先着10名さま限定 初回相談に限り無料に致します。・所要時間は、約90分です。(時間に余裕をもってお申し込みください) 【場所】・ZOOM(無料通信ビデオ通話)*ご自宅にいながら相談できます^^*設定はご自身でお願いします。 設定方法はご案内いたします。 簡単な設定ですので、 初めてでもご安心ください^^【日程】下記のリンクより、予約可能な日程をお選びいただけます。▼個別相談の詳細▼https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/早く、お子さんを笑顔で「行ってらっしゃい」と送り出す毎日を手に入れてくださいね全力で応援します「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【無料の個別相談の詳細はこちら】https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?blg【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーションマスタートレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      2
      テーマ:
  • 14Jan
    • 発達障害&グレーゾーンの幼児の行きしぶり対策 〜【事例】お母さんの大変身で娘の癇癪が消えたNさん

      娘の癇癪や行きしぶりについてはとても不安がある。でも、本当に石澤に相談したら、発達科学コミュニケーションを実践したら良くなるんだろうか?そんな風にお感じの方もきっとたくさんおられますね今日は、お嬢さんの癇癪や、行きしぶりに悩んだ末、個別相談に飛び込んで来られたNさんのお話を紹介したいと思いますぜひ、参考になさってください。Nさんがご相談にいらっしゃったのは昨年の6月ごろ。お嬢さんは小学校の1年生でした。つまり、つい数ヶ月前までは保育園の年長さんだった、そんなタイミングでご相談にいらっしゃいました。「慣れない小学校スタートで 家族全員が疲れてしまっています」これが、Nさんが個別相談の際におっしゃったとても印象的な言葉でした。メルマガでお伝えしている通り、女の子は、たとえ発達の特性があったとしてもなんとか適応できてしまったり、少しくらいのしんどさをなんとかやり過ごせてしまうことが良くあります。Nさんのお嬢さんもそんな女の子でした。言葉で自分の気持ちを表現することがとても苦手で、学校では頑張って適応しようと一日過ごしていました。その反動がお家で癇癪という形で噴出する。本人もお母さんも疲弊して、ストレスのスパイラル状態から抜け出せなくなっている時にご相談にいらっしゃったのです。そんなNさんが、4ヶ月かけて、発達科学コミュニケーションをマスターし、修了式の際に寄せてくださったご感想をご紹介します。===========おかげさまで、娘の癇癪がなくなり、穏やかに過ごす時間が増えました。たまにグズグスすることもありますが、その時間がぐっと短くなり、切り替えが早くなったように思います。勉強にも積極的に取り組み、たくさんある宿題もがんばってやっています。私自身が、褒めることがとても苦手でしたが、おかげさまでスムーズに褒められるようになってきました。以前より、冷静に自己分析できるようになった気がします。巻き込まれず俯瞰で状況を見る、信じて待つことができるようになってきました。発コミュを始める前は、子どもを肯定すること、子どものありのままを受け入れることができず、また褒め方がわからず、とにかくきちんと育てなければと必死でした。発コミュを学んだことにより、外野の意見に惑わされることなく、子どもだけを見て、子どもに合わせた対応ができるようになりました。どのテクニックも役立ち、子どもにイライラすることが減りました。これからは、本人がやりたいと思ったことに対する集中力、創造力をもっと伸ばしていけたらと思います。発コミュを活用しながら、あきらめずに最後までやり遂げる力、持続力もつけていけたらなと思っています。===============個別相談にいらっしゃった時の疲れ果てた様子は卒業時のNさんからはみじんも感じられず、お嬢さんのもともと持っている能力の高さをどうやって伸ばしてあげようか?そんなワクワクでNさんの表情がキラキラしていたのが忘れられませんNさんは卒業から数ヶ月後、なんと、今度は自分の経験を伝える側になりたい!とトレーナー養成講座へのステップアップをしてくださっています目の前の困りごとが解消しないうちは、お子さんの良いところを伸ばそうとか、将来に役立つ「今」を過ごしてあげようとか、そんな余裕がないのは当然なんです。でも、子供は「今」を生きています。この「今」を積み重ねて大人になっていきます。だからこそ、早く困りごとから抜け出して、ポジティブに親子の時間を使っていけるよう、サポートしたいのです。あなたにも、Nさんのような喜びを早く味わってほしいです個別相談でお待ちしています現在募集中の個別相談はコチラ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼\残り3枠です/================「幼稚園行きたくない!」が再発した女の子が笑顔で登園し感情のコントロールを身につける!ママの声かけホームレッスン<新学期特別プレゼントつき!>================【特別プレゼント】大好評だった期間限定のプレゼント電子書籍『朝ぐずらない子になる 魔法の声かけベスト3 保存版』個別相談お申し込みの方全員へプレゼントいたします!読んですぐ実践できるスキルが満載です。ぜひ、ゲットしてくださいね♪【個別相談の3つの特典】・お子様の発達チェック・ママのスキルアップ・チェック・行きしぶりが2週間で消える!? ママの声かけマスタープラン【費用・時間】・1月より、下記の通り、 料金の改定を行います。 30,000円→45,000円 ただし、 先着10名さま限定 初回相談に限り無料に致します。・所要時間は、約90分です。(時間に余裕をもってお申し込みください) 【場所】・ZOOM(無料通信ビデオ通話)*ご自宅にいながら相談できます^^*設定はご自身でお願いします。 設定方法はご案内いたします。 簡単な設定ですので、 初めてでもご安心ください^^【日程】下記のリンクより、予約可能な日程をお選びいただけます。▼個別相談の詳細▼https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/早く、お子さんを笑顔で「行ってらっしゃい」と送り出す毎日を手に入れてくださいね^^全力で応援します!「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【無料の個別相談の詳細はこちら】https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?blg【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーションマスタートレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      4
      テーマ:
  • 13Jan
    • 女の子の「行きしぶり」がお母さんにとって辛い理由【女の子向け特別個別相談会実施中】

      今日は脳ではなく、心理学のお話をします。幼稚園のカウンセラー時代、朝のぐずりや行きしぶりは、友達関係、集団行動、進学、などの相談に並ぶほど相談件数の多い悩みでした。そして、比率として、他の悩みに比べて、ぐずりや行きしぶりは女の子に多く見られました。相談を受けている側の感触としては、女の子に行きしぶりが多い、というよりも女の子の感情の起伏に耐えられないお母さんが多い、という要因があるように感じていました。子供はみんなお母さんのお腹の中から生まれてきます。いわば、一心同体だった状態から、誕生をきっかけに、別々の個体に別れていくイメージです。この時、心の発達も最初は一心同体でスタートします。だから、幼児とお母さんの感情って不思議なほどシンクロします。子供が泣くと、お母さんの心は強く揺さぶられるし、子供が傷ついていると自分のことのように胸が苦しくなる。悲しいのは自分なのか、子供なのか?わからなくなるくらいシンクロする感じ、きっとママなら皆、共感していただけるのではないでしょうかこれが、特に女の子の場合、同性という事もありお母さんとの情緒的な結びつきがとても強いのです。だから、目の前で泣かれると、お母さんの心がしんどくなる。さらに、そのお母さん側のしんどさが子供に伝染して行きしぶりやぐずりが強まる・・・という悪循環のスパイラルに陥りやすいのです。しんどくなっていませんか?苦しくなっていませんか?週末になるとちょっとホッとするのではないですか?また月曜日が来るのが憂鬱ではないですか?その気持ちが、全部お子さんに伝染しているとしたらどうでしょうか?早めに断ち切って、お子さんの笑顔の登園をしっかりサポートしてあげましょう個別相談でお待ちしています。お母さんであるあなたの決心が最初の一歩です\残り7枠/================「幼稚園行きたくない!」が再発した女の子が笑顔で登園し感情のコントロールを身につける!ママの声かけホームレッスン<新学期特別プレゼントつき!>================【特別プレゼント】大好評だった期間限定のプレゼント電子書籍『朝ぐずらない子になる 魔法の声かけベスト3 保存版』個別相談お申し込みの方全員へプレゼントいたします!読んですぐ実践できるスキルが満載です。ぜひ、ゲットしてくださいね♪【個別相談の3つの特典】・お子様の発達チェック・ママのスキルアップ・チェック・行きしぶりが2週間で消える!? ママの声かけマスタープラン【費用・時間】・1月より、下記の通り、 料金の改定を行います。 30,000円→45,000円 ただし、 先着10名さま限定 初回相談に限り無料に致します。・所要時間は、約90分です。(時間に余裕をもってお申し込みください) 【場所】・ZOOM(無料通信ビデオ通話)*ご自宅にいながら相談できます^^*設定はご自身でお願いします。 設定方法はご案内いたします。 簡単な設定ですので、 初めてでもご安心ください^^【日程】下記のリンクより、予約可能な日程をお選びいただけます。▼個別相談の詳細▼https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?brg0113早く、お子さんを笑顔で「行ってらっしゃい」と送り出す毎日を手に入れてくださいね全力で応援します「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【無料の個別相談の詳細はこちら】https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?blg【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーションマスタートレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      3
      テーマ:
  • 12Jan
    • 【募集開始】「幼稚園行きたくない・・・」と毎朝泣く女の子のための個別相談会

      お待たせしました!!女の子向けの特別個別相談募集開始いたします!今回の個別相談は、応募者全員に新学期特別プレゼントを差し上げるキャンペーンを行います個別相談で方針を立てて、プレゼントの書籍でその日から使える子育てテクを活用してくださいね================「幼稚園行きたくない!」が再発した女の子が笑顔で登園し感情のコントロールを身につける!ママの声かけホームレッスン<新学期特別プレゼントつき!>================先着10名さまを無料でご招待いたします♪が、ごめんなさい!!メルマガで先行募集をしているので、現在無料枠は残り7枠です!【特別プレゼント】大好評だった期間限定のプレゼント電子書籍『朝ぐずらない子になる 魔法の声かけベスト3 保存版』個別相談お申し込みの方全員へプレゼントいたします!【個別相談の3つの特典】・お子様の発達チェック・ママのスキルアップ・チェック・行きしぶりが2週間で消える!? ママの声かけマスタープラン*お子さんの特性によっては、 効果の出方に差が見られます。【費用・時間】・1月より、下記の通り、 料金の改定を行います。 30,000円→45,000円 ただし、 先着10名さま限定 初回相談に限り無料に致します。 *残り7枠です。・所要時間は、約90分です。(時間に余裕をもってお申し込みください) 【場所】・ZOOM(無料通信ビデオ通話)*ご自宅にいながら相談できます^^*設定はご自身でお願いします。 設定方法はご案内いたします。 簡単な設定ですので、 初めてでもご安心ください^^【日程】「申し込み詳細」に飛ぶとご希望の日時を選択できます。【注意事項】必ずお読みください。※1:個別相談は保護者の方と行います。お子様のいらっしゃらない、集中できる環境が確保できる日時をお選びください。※2:万が一、ご希望の日程に添えない場合は、こちらから再度ご相談させていただく場合がございます。※3:日程をお送りする際にお届けする、「事前ワーク」に、期限内に必ずご回答ください。期限内にご回答がない場合、ご予約をキャンセルさせて頂く場合があります。▼お申し込み詳細▼https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?brg1012何度でも言いますが、女の子の行きしぶりは放っておいてはいけません。ようやく本人が出せたSOSである可能性が高いからです。幼稚園の先生は、「とにかく、抱えてでも 園まで連れてきてください」とおっしゃるかもしれません。ママは、こんなに泣くなら行かせない方がいいのではないか・・・と悩みます。どちらも正解のようで、どちらも脳への正しいアプローチができていない対応です。お子さんによっては、休ませないほうがいい場合もあります。お子さんによっては、少し休ませて、充電してあげたが方がいい場合もあります。でも、これらの対応は、一時的なしのぎにはなっても、根本的な解決にはなりません。ベースとなる、「ネガティブな記憶」の処理をお手伝いしてあげない限り、お子さん自身の力で、ネガティブな状況を切り抜ける感情のコントロールの力は育っていきません。だからこそ、知って欲しいのです。ママの声かけで行きしぶりを改善させるだけでなく、同時に本人の情緒の発達と、感情のコントロールの力を育てる子育てに切り替えるプランを個別相談でお話ししていきますねぜひ、会いにきてください▼お申し込みフォーム▼https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?brg0112あなたとお話しできることを楽しみにしています「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【無料の個別相談の詳細はこちら】https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?blg【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーションマスタートレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      2
      テーマ:
  • 11Jan
    • 【発達障害&グレーゾーンの登園しぶり】女の子の行きしぶりを放っておいてはいけない理由

      今日は、特に女の子の行きしぶりに焦点を絞ってお話しします。結論からお話しすると、女の子の行きしぶりは放っておいてはいけません昨日もお話しした通り、「幼稚園に行きたくない…」の根っこには幼稚園と結びついているネガティブな記憶があることが多いです男の子も、女の子も、同様に、園では集団生活が求められます。それを楽しい、と思うことと、ちょっとしんどいな、と思うことの間に「性差」はそんなに関係ありません。ただし、「発達の凸凹」はダイレクトに関係しますもともと、集団で活動することが苦手な子賑やかな環境が苦手な子決められた通りに活動するのが窮屈な子言葉の指示をしっかり聞いて、集団から遅れないようにするのに必死な子・・・こういった要素は、幼稚園では一様に求められるけれど、発達の特性があるお子さんは苦手なことが多いです。問題は、苦手だけど、対処できてしまうか、否かというところにあります。一般的に、発達障害やそれに付随した発達の凸凹は男の子に多くみられます。大まかに言うと男:女=3:1くらいの割合で性差が存在します。加えて、うっすらとした特性しか持っていない(つまりパステルゾーンの)女の子の場合、その特性自体が目立たない、と言うことが起こりやすいのです幼児期の場合は、発達の特性が気づかれるかどうかは、主に周囲の大人の気づき、もっと言えば周囲の大人が困るかどうか?で決まります。男の子の場合は、特性自体が目立ちやすいため、対人トラブルに繋がりやすかったり、うっかりミスが起こって大人が困るため、より低年齢で発達の凸凹に気づいてもらえるケースが多いのです。(特性がでやすい分、 怒られ体験が積み重なりやすい と言う点は 男の子も早めに対応が 必要になります)一方、女の子は、なんとか適応できてしまったり、我慢できてしまったりします。すると、周囲の大人が本人が困っていることに気づけない、と言うことが起こりやすいのです全ての行きしぶりの原因がこういった園での過剰適応にあるとは言いませんが、頑張って、頑張った結果、しんどくなってしまい、「幼稚園行きたくない・・・」が本人のSOSとして現れてきている可能性があるのです...ここで無理に園に行かせようとしたり、「大丈夫、行ったら楽しいよ!」と気持ちをそらしてみてもなんの解決にもならないことがお分りいただけたと思います。では、女の子の行きしぶりにはどんなアプローチが必要なのか?キーは、「幼稚園」にくっついたネガティブな記憶にどうアプローチするか?ですただし、あなたのお子さんに特性があるのか、ないのか?あるとしたら、どの特性によって幼稚園がしんどくなっているのか?をしっかりと分析した方が、闇雲にアプローチするよりも解決が早いですなんども言うように、繰り返された記憶はどんどん強固になっていくので、回り道しないで、お子さんの特性にあったアプローチをして欲しいと思っています。と、言うことで、1月後半、女の子の行きしぶりに特化した個別相談会を実施します!!しかも、特別プレゼント付き♪^^詳細は、明日の告知をお待ちくださいね♪\明日募集開始!/================「幼稚園行きたくない!」が再発した女の子が笑顔で登園し気持ちのコントロールを身につける!ママの声かけホームレッスン<新学期特別プレゼントつき!>================先着10名さまを無料でご招待いたします♪【特別プレゼント】大好評だった期間限定のプレゼント電子書籍『朝ぐずらない子になる 魔法の声かけベスト3 保存版』個別相談お申し込みの方全員へプレゼントいたします!【個別相談の3つの特典】・お子様の発達チェック・ママのスキルアップ・チェック・行きしぶりが2週間で消える!? ママの声かけマスタープラン*お子さんの特性によっては、 効果の出方に差が見られます。【費用・時間】・1月より、下記の通り、 料金の改定を行います。 30,000円→45,000円 ただし、 先着10名さま限定 初回相談に限り無料に致します。・所要時間は、約90分です。(時間に余裕をもってお申し込みください) 【場所】・ZOOM(無料通信ビデオ通話)*ご自宅にいながら相談できます^^*設定はご自身でお願いします。 設定方法はご案内いたします。 簡単な設定ですので、 初めてでもご安心ください^^【日程】16日(水)9時16日(水)13時23日(水)13時24日(木)13時25日(金)9時25日(金)11時30日(水)9時30日(水)11時30日(水)13時31日(木)9時31日(木)11時*今まさに、 行きしぶりが起こっているという 緊急性の高い方は、 お子さんの「脳のクセ」になる前に 早めの日程を抑えてくださいね!明日の募集をお待ちください^^「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【無料の個別相談の詳細はこちら】https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?blg【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーションマスタートレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      2
      テーマ:
  • 10Jan
    • 発達障害&グレーゾーンの幼児の「行きしぶり」はなぜ起こるのか?ヒントは記憶の特性にあり!?

      今回は、「なぜ、行きしぶりは起こるのか?」について、「記憶の特性」という切り口でお話ししたいと思います人間は、大人も子供も、もともとネガティブな記憶を蓄積しやすい記憶特性を持っています。これは、自分の身を守るための本能的な機能の一つです。加えて、「行きしぶり」を繰り返す子供の脳内では、「幼稚園へ通う」=「嫌なこと」というネガティブな記憶が繰り返し積み重なっていきます。繰り返されると、強化される、というのが記憶のシンプルなメカニズムですし、何よりも、幼児の脳は毎日繰り返される行動が「脳のクセ」として強く残りやすい発達期にあるのですここに、さらに発達の凸凹があったり、普段から「ちょっと育てにくいな」と感じる子供ほど、ネガティブな記憶を優先的に記憶の中に収納してしまいやすいという特性を持っていることが多いです。つまり、この「幼稚園に通う」ことにくっついているネガティブな記憶が「行きたくないな・・・」に繋がっている場合がとても多いというわけです。特に、女の子の行きしぶりの場合、男の子に比べて、放っておいてはいけない理由が、背景に隠れている場合があります。次回は、その辺りについて話を進めていきますね!「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【無料の個別相談の詳細はこちら】https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?blg【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーションマスタートレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      7
      テーマ:
    • 【発達障害&グレーゾーンの登園しぶり】 また、始まっていませんか?

      新学期が始まりましたね!あなたお子さんはどんな様子で園に向かっていますか?私が毎日発行しているメルマガにこんな感想を寄せてくださった方がおられます。=======娘は昨日の夜から「保育所いきたくない。。。」それは私もわかるーと思いながら、聞いていました。昔の私なら怒っていたでしょうが、「遅刻してもいいや」と娘の気持ちに付き合ったらいつもより早く仕事場に着きました。この年末年始も娘を怒ることなく過ごしています。すごいぞ!私(笑)============メールを拝見し、思わず私も、えらいぞ!Aさん!!ってガッツポーズしちゃいました(笑)Aさんは私のメルマガをいつも熱心に読んでくださり、発コミュも一生懸命学んでくださっています。1月からは、発コミュ講座も受講してくださる予定です。きっとお嬢さんの「行きたくない」を聞いて、ずきん、と胸が傷んだはずです。でも、心めげないで、対応してあげようという気持ちがあるだけで、お子さんの様子って変わってくるものなんです。とはいえ、この対応でいいのかな?この行きしぶり、いつまで続くのかな?どうしていつもこうなっちゃうのかな・・・?と見通しやテクニック、根拠がわからないのはとても不安ですよね。その答えが、発達科学コミュニケーションの中には揃っていますから、きっとAさんは今よりももっと子育てに自信を持ってお嬢さんの良い力を伸ばしていかれるだろうなって信じていますAさんと私の交流のスタートは私の発行するメルマガです。Aさんがメルマガの感想を返信してくださり、私も彼女の返信を楽しみにする、そんな関係からおつきあいがスタートしています人の縁って、どこにあるかわかりませんね^^あなたも、もしお子さんがまさに✔今日幼稚園に行きたがらなかった。✔嫌なドキドキで 朝の時間が憂鬱。✔子供が園に行くと 正直ホッとする。✔いつになったら 他の子のように笑顔で 登園できるようになるんだろう?✔本当は園で嫌なことがあるのかな?✔情緒不安定なのは 私の愛情不足だから?こんな状況があったら、遠慮なくメールくださいね!メルマガに登録しておいていただけると私からのメールが毎日あなたの元へ届きます▼メルマガ登録はこちら▼https://www.agentmail.jp/form/ht/12980/1/?brg190110今日からしばらく、女の子の「幼稚園行きたくない」についてテーマを絞って書いていきたいと思いますあなたのお役に立てますように!「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【無料の個別相談の詳細はこちら】https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?blg【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーションマスタートレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      4
      テーマ:
  • 30Dec
    • 【予告あり!】発達障害の幼児の行動の先にある「脳」に想いを馳せると、子育てが何倍も楽しくなる♪

      幼児の遊びにはその子の脳の発達に密接な関係があります。砂遊びが好きな子お人形遊びが好きな子お絵かきが好きな子絵本が好きな子お水遊びが好きな子ブロックをひたすら組み立てる子電車をひたすら走らせる子・・・「脳」という視点で見たときに子どものその遊びは、全て「必要だから」行われているのです。砂遊びに夢中になる子はその手に触れる皮膚の感覚刺激が脳の発達に必要なのかもしれません。頭に思い描いたものを形として再現していく脳がぐんぐん発達している最中なのかもしれません。大人からは想像もつかないような世界が子どもの頭の中には広がっている可能性があるのです。我が家の娘たちが本日、ひたすらハマった遊びはコレ。30分くらい、ひたすらに滑り台を滑っておりました。歓声をあげて、それはそれは、楽しそうに(笑)ただ待っているだけだと「寒いな〜」「早く帰りたいな〜」なんて気持ちが湧いてきてしまいますが、お、なんか楽しそう。それ、脳の何を刺激してるんだ??という視点でお子さんの遊びを観察すると違った楽しさが見つけられますニコニコと自分たちの遊びを見守ってくれるお母さんがいたらお子さんも嬉しくて、一石三鳥くらいのお得感がありますね(笑)オタクっぽいですか?(笑)騙されたと思って、ちょっとやって見てください♪小さな行動一つ一つにも意味があると思うと、子どもの小さな変化が愛おしく感じられますよ^^さてさて、ブログの更新がなかなかコンスタントにできておりませんが、メルマガにて、告知した通り、明日、大晦日の21時から、2019年最初の個別相談の予約を開始いたします!発コミュ人気がじわじわと広まりつつあり、なかなか相談の予約が取れないとたくさんの方にご迷惑をおかけしてしまっています。。。メルマガで先行告知をしますので、ブログでの募集は1月になってからになってしまうかもしれません。1月のスタートを子育ての悩みから卒業する!ことから始めたい方はぜひ、メルマガからの申し込みをされてくださいね!!2019年から価格改正をする予定ですので、ぜひ、無料枠を確保していただくことをお勧めいたします(笑)無料でも、有料でも相談の質は変わりませんので(笑)気になっている方は、ぜひ、メルマガに登録しておいてください▼メルマガ登録はこちらから▼https://www.agentmail.jp/form/ht/12980/1/?brg181230では、今年も残すところあと1日ちょっと。悔いのないよう、全力で過ごしましょう!!「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【無料の個別相談の詳細はこちら】https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?blg【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーションマスタートレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      9
      テーマ:
  • 24Dec
    • 発達障害・グレーゾーンの幼児の行動を分析すると解決策が見えてくる!【前回の答え合わせ】

      前回の記事で出した例題はやってみましたか?次のような状況があった時、どんな対策が練れそうでしょうか?テレビをぼんやり見ていて朝の支度をちっともやらない。その状況で、お母さんがテレビを消して「お支度しないなら、 テレビは見せません!」と言いました。お子さんは、泣きながらテレビをつけてと癇癪を起こしました。子供の行動を分析するときに、状況行動結果と言う3つに分解して捉えると理解がしやすくなります。上の例題は、日常の中では一連の流れで起こっているように見えますし、お母さんとしては、「ちっとも支度をしない」と、「癇癪を起こした」ことをなんとかしたいとお考えになるはずですね。今、上に挙げた二つは、実は、子供の「行動」に当たります。この「行動」をやめさせたいとき、それがどんな「状況」で起こっていて行動の「結果」、なにが起こっているのかを分析することができると対策が練りやすい、と言う寸法です。この場合、癇癪の引き金になっていることはなんだと思いますか?そう。お母さんの「テレビを消した」行為と「テレビは見せません」と言う 声かけにありそうですね。では、この行為をしなくても良くなるにはどうしたらいいでしょうか?はい。本人が支度をしっかりすればいいという事になります。では、「支度ができる」という行動が引き出せるように状況を整えてあげれば良さそうです。なぜ、この子は支度ができないのでしょうか?理由は一つではないかもしれません。あなたのお子さんに置き換えて考えてみてください。・テレビが付いていて 気もそぞろだから・「お支度」という 大きな指示では 何をしたらいいのか わからないから・支度をすべき時間であるという ことを理解していないから・一人で全ての支度を 完了することが難しいから・・・可能性はたくさん考えられた方がいいですねここまで考えられたら、あとは対策を練ればいいわけです。「テレビがついている」ことが原因なら、テレビをつける前に支度を始められるような仕掛けがあるといいでしょう。支度をするタイミングを夜にしてしまうとか、ご褒美を用意して、支度自体が本人にとって楽しいものにしてしまうとか、他にも色々と工夫ができそうです指示出しの仕方の問題なら、本人がわかるように具体的に指示をしてあげれば解決できそうです。コップを持っておいで。お箸を持っておいで。カバンに入れてみよう。ハンカチとティッシュを出しておいで。ポケットに入れてみよう!お子さんがわかる指示を出してあげれば解決しそうです。こんな風に、なぜ、その行動が起きているのか?という事にお母さんが着目できると対策が練れ、叱ったり、脅したりしなくてもお子さんが行動できるようになります。テレビを消したり、叱ったりする事で癇癪が起こっているなら、こういったいくつかの対策で、癇癪自体を防ぐことができますし、お母さんもイライラしなくて済むので一石二鳥ですねいつも同じような負のスパイラルが起こってしまっている場合は、子供の「行動」をまず見つけ、それがなぜ起こっているのか?「状況」と「結果」を分析してみる癖をつけるとスパイラルから抜け出せる道が見えることが多いですぜひ、あなたのお子さんに置き換えて、やってみてくださいでは!「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【無料の個別相談の詳細はこちら】https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?blg【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーションマスタートレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      11
      テーマ:
  • 22Dec
    • 癇癪を起こさせないという対応も幼児はありです〜発達障害・グレーゾーンの癇癪ぐずり対応〜

      昨日もお伝えした通り、幼児の癇癪は、まだ未熟な脳が処理しきれなくなったところでドカンと起こることが多いです。そして、幼児期の癇癪は、脳のクセとして残りやすい特性を持っています。こらえきれず爆発した癇癪が毎日のように繰り返されることによっていつしか脳内に定着していくのです。だから!幼児の場合は、癇癪自体を起こさせない、という対策もあり!なんです。お子さんの癇癪パターンをよく観察して見ましょう。どんな時に気持ちが爆発してしまいますか?ちょっと冷静に観察して、記録をとってみるのもいいかもしれません。うちの子、こういう時に癇癪が起こるな。と分析できたら、次に、癇癪の後に、どんなことが起こっているか分析してみましょう。あなたはお子さんの癇癪の時、どんな風に接することが多いですか?その結果、お子さんの癇癪はどうなっていきますか?もしも、観察してみて、いつも同じような繰り返しが起こっているのなら、同じようにならないような工夫をすればいいのです。冒頭でも書いた通り、幼い子の場合は、癇癪を起こしてしまってから自分で対処することはできませんから、起こらない対策をします。少し例題で考えて見ましょう。例えば、テレビをぼんやり見ていて朝の支度をちっともやらない。その状況で、お母さんがテレビを消して「お支度しないなら、 テレビは見せません!」と言いました。お子さんは、泣きながらテレビをつけてと癇癪を起こしました。こんな事が起きていたら、どんな風に対策が練れそうですか?ちょっとご自身で考えてみてくださいね。次回、その答え合せをします「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【個別相談のご予約はこちら】https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?blg【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーションマスタートレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      9
      テーマ:
  • 21Dec
    • 発達障害・グレーゾーンの幼児の癇癪に、大人が巻き込まれるとどうなるのか?

      前回の記事では、特に社会性の弱さ+癇癪タイプのお子さんには、「子供の感情に 巻き込まれない テクニック」が必須ですよ〜というお話をしました。では、反対に、お子さんとの距離感がうまく取れず、子供の感情の爆発に大人が巻き込まれていった時どんなことが起こるか、お話していきます。特に、幼い場合自分の中に巻き起こっているネガティブな感情を自分ではどうすることもできず、感情を爆発させる形で癇癪が起こります。脳はとてもシンプルな働きをしていて、脳内に入っていた情報を処理して、出していく、つまり、インプットして、処理してアウトプットするというシンプルなメカニズムで動いています。処理のステップで未消化になってしまった情報が自分の中にとどめておけなくなった時に噴出している、というのが幼児の癇癪の多くの原理です。(なんども言いますが、 そうではないパターンも もちろんあります。)つまり、お子さん自身ではもうどうにも太刀打ちできないそんな状況なわけです。そこに、大人が巻き込まれていったら。お子さんにとっては、ただでさえ苦しい状況にお母さんのネガティブ感情まで上乗せして飛んでくるのでもう、ギブアップ。泣き止みなさい!!言葉で言いなさい!!泣いてもダメです!!そんな風に、お母さんのイライラまで飛んできたら、お子さん、パンクしてしまいますよね。でも、最初のうちは、お母さんも「そうか、苦しいんだね〜 処理しきれないんだね〜」と見てあげることができても延々と泣かれたり、グズられたり、叩かれたり、暴言を吐かれ続けていくうちに、プチン。お母さんの気持ちをコントロールできなくなる瞬間がやってきます。お母さんだって人間だもの。いつ終わるかわからない癇癪にいつも穏やかに接することは至難の技です。だからこそ、そんな時に対応できるテクニックを身につけて欲しいと思うのです。今日午前中、ちょうどその「距離を取る」発コミュのテクニックをお教えする講座がありました。そこでお話するのは、「そうは言っても、ママも人間だもの、 仕方ないわよね〜」という話ではありません。子供の脳の発達を考えた時、お母さんが感情的に対応してしまうことでどんなことが起こるのか?子供の「行動」を鍵にして理論をお伝えした上で、子供の感情に巻き込まれない方法をお教えしていきます。今日、あなたに一つお伝えしたいことがあります。子供が癇癪を起こしている時に「スルーする」というやり方をどこかで学び、実践するときの注意事項です。聞きかじったスルーはお子さんの行動を悪化させる可能性がありますので、ぜひ、肝に命じてください。スルーしたら必ず◯◯をセットにしないといけません。その◯◯とは・・・ズバリ、「褒める」です。何をどんな風に褒めるのか?なぜ褒めるのか?は、発コミュの講座でたっぷりお教えしますので、興味のある方はぜひご連絡くださいね講座を受けるためのやり方をお伝えいたします^^では!「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【個別相談のご予約はこちら】https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?blg【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーショントレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      2
      テーマ:
    • 発達障害の幼児の社会性 プラス癇癪持ちは、コミュニケーションにコツが必要です!

      前回の記事までで、「素直さ」の伸ばし方の3つのステップを解説してきました。基本的に、この3つのステップを丁寧に踏むことで、少しずつ、お子さんの自信を回復させ、親子のコミュニケーションをポジティブに変え、行動力を引き出しながら成功体験を積ませ、結果として、人の話をスッと理解してスッと行動に移せる「素直さ」を身につけていくことができます。ただし、やり方に注意が必要な発達のタイプのお子さんがいます。それは、社会性の弱さをもともと持っていて、かつ、癇癪持ちのお子さん。あなたのお子さんがこのタイプだった場合は、一筋縄では行きませんのでできれば誰か専門家に相談しながらお子さんの特性に合わせたやり方をしっかりと方針立てて欲しいのですなぜかというと、2つの理由があります。一つめは、この社会性+癇癪のタイプはお母さんのイライラをもっとも刺激するタイプだからです。こだわりが強かったり、相手の状況おかまいなしだったり、自分のルールからズレることを極端に嫌いますから、こちらの思った通りにお子さんを動かすことがとても大変です。さらに、気に入らないことがあると「癇癪」という爆発させるやり方で感情をぶつけてきますから、地雷を踏まないようにとこちらがとても神経を使うからです。さらに、もう一つの理由は、このタイプのお子さんの記憶の特性にあります。ほとんどの社会性+癇癪タイプのお子さんは、ネガティブな記憶を優先的に、処理しやすいという特性を持っています。楽しいこともいっぱいあったはずなのに、ネガティブな記憶ばかりを持ち続けやすいので、余計癇癪の火種になってしまうことが多いのです。社会性+癇癪タイプのお子さんには、ブログで紹介してきた3つのステップに加えて、「子供の感情に巻き込まれないスキル」が必要になります。個別相談にいらした方や、私が開講する発コミュ講座の生徒さんにはこのテクニックについてもお話するのですが、発コミュの中でももっとも高度で難しいテクニックであり、また、やり方を間違えるとお子さんの状態が悪化することも多々ありますので、オーダメイドでアドバイスできないブログでお伝えするのはちょっとためらいます。また、同じ癇癪でも、「騒げばお母さんは いうことを聞いてくれる」という誤学習がベースにあるものと本人が、自分の中に沸き起こっているネガティブな感情に圧倒されてしまって起こっている癇癪では対応が全く異なりますから、ぜひ、お子さんの発達の特性をしっかりと相談でき、対応を相談できる専門家の元へアドバイスを聴きに行きましょう心配な方は、ブログ末尾にあるメールに直接ご連絡くださっても構いません^^現在個別相談は満席ですので、すぐにお話を伺うことは難しいのですが、一人で抱えて悩む方をお一人でも減らしたいというのが私の願いです次回は、子供の感情に巻き込まれてしまうとお子さんの脳の発達にはどんな影響があるのかについてお話を進めて行きます。お楽しみに!「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【個別相談のご予約はこちら】https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?blg【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーショントレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      2
      テーマ:
  • 12Dec
    • 発達障害の幼児の「素直さ」を引き出すために最も重要なステップとは?

      今日お話しするのは、お子さんの「素直さ」を伸ばしていくために最も重要なステップです。電子書籍の中にも書きました。そのステップの名前は「ビルディングメモリ」記憶を作り上げる、という意味の脳科学の用語です。まず、お子さんとの会話をスムーズにスタートさせ、しっかりと発達に合わせた指示出しで行動を引き出したら、それを成功体験としてお子さんの脳にしっかりと収納してあげる。このいい記憶の収納作業をビルディングメモリというのです。やることはいたってシンプル。上手にできたね。頑張ったね。うまくいったね。と、お子さんの行動に対してポジティブな意味づけをして、会話を終了してください。ただしここでポイントになるのは、お子さんが幼かったり、発達の特性を持っていたりすると、必ずしも、成功で終わらない!ということが起きてきます。ここが、発コミュの腕の見せ所になりますどんな状況でも、お母さんとの会話はいつもいい記憶!という成功体験で会話を終了させてあげることが、お子さんの中にたくさんのいい記憶を創りあげ、脳を発達させるためにはとても重要なステップになるんです。褒められた子は自信を持ちます。自信を持った子は、人の言葉に素直に耳を傾けられるようになります。素直に耳を傾けられる子はその後、行動に移すことができます。結果として、さらに、脳の発達が加速していきます。この好循環を、まずはお母さんとのコミュニケーションの中で作っていきたいのです。ポジティブに会話をはじめ、褒めて終わる。やることはいたってシンプルです。これから冬やすみに突入します。ぜひ、意識しながらお子さんに接して見てくださいねもしも、この段階で、うちの子、褒めるところないんです・・・褒めても嬉しそうじゃないんです・・褒めたくても叱ることが多くて・・・と思った方は、個別の処方箋が必要ですから遠慮なくご連絡くださいね!下記の連絡先まで、ぜひどうぞ「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーショントレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      17
      テーマ:
  • 11Dec
    • 発達障害の幼児の「行動力」を引き出す方法とは?

      少し更新が空いてしまいました。さて、前回の続きをお話しします。ポジティブアテンションでお子さんとの会話をスムーズにスタートさせることに成功したら、次にやって欲しいのはお母さんの声かけでお子さんの行動力を引き出すことです。発達科学コミュニケーション二つ目のステップ、シンプルディレクションとはズバリ、子供が動ける声かけ!です✨電子書籍でお伝えした通り、子供の脳は行動することで発達します。ダウンロード期間過ぎてますが、電子書籍がないと話がわからないと思うのでこっそりこちらからどうぞ(笑)ダウンロードはこちらから行動や、コミュニケーションで脳へ届けられた刺激がそのままお子さんの脳の栄養になるからです。だからこそ、お母さんの言葉を聞いてスッと動ける、という「素直さ」の回路を作りたいというわけ。でも、この時、ちょっと待ってください。お子さんがお母さんの言葉を聞いて、スッと行動に移せないとしたら、そもそも、疑って欲しいのです。その声かけ、ちゃんとお子さんは理解できていますか?理解する脳と行動したり考えたりする脳は別の場所にあります。理解する脳が反応しないとその奥の処理に情報が進んでいきません。つまり、わかる言葉でわかるように声をかけることがお子さんの素直さを引き出し、行動を引き出すために必須になるのです。例えば、お片づけしなさーいお風呂入りなさーいご飯だよーお着替えしなさーい・・・この声かけでお子さんがスッと指示に従えていないとすればその指示の出し方に問題があるかもしれません!!お子さんがイマイチ指示にしたがってくれない!何度言っても動かない!というとき、ぜひ試してみていただきたいことがあります。それは、指示を分解する!ということ。とてもシンプルですが、実はこれ、意識していないととっても難しいです。特に、よくおしゃべりできるお子さんは、ついつい、大人の理解度でざっくりと大きな指示を出してしまいがち。でも、子供の言語の脳はまだまだ未発達です。喋れていることと、理解できることの間にギャップがあるのが幼児の発達です。これに加えて、曖昧な表現を理解することが苦手な特性が合わさっていると、「片付けなさい」の一言では、お母さんが一体何を要求しているのかを理解することが難しいのです。だから、本人がわかるまで、指示を分解して欲しいのです。「このクマさんを元に戻そうね」「トランプはここに入れようね」「積み木はこの箱に入れてね」「絵本を集めてね」こんな風に、お子さんがスッと行動できるところまで指示を分解するのです。これ、シンプルですが、素直に動ける子供に育てる秘訣です!ぜひ、今日から試して見てください追伸:近々、私の仕事をサポートしてくれる秘書の募集をしたいと考えています。メルマガ読者さまに先行でご案内(もしかしたらメルマガだけかも・・・)するので、興味のある方は、ぜひ今のうちにメルマガにご登録くださいね!「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーショントレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      5
      テーマ:
  • 06Dec
    • 発達障害の子の療育効果を高める最初の一歩!ポジティブアテンションで「素直さ」を伸ばそう!

      こんにちは!発達障害やグレーゾーンの幼児が「支援」を受ける、というと真っ先に思い浮かぶのが公的機関による「療育」ですね今では、お金を出せば、たくさんの民間の機関がバリエーションに富んだ療育が受けられるサービスも行なっています。ただし!外の素晴らしいサービスを探す前に、絶対にやっておいたほうがいいことがあるんです。今日も電子書籍を手元に置いて記事を読み進めてくださいね!どっかいっちゃった!まだ読んでない!という方は、こちらからダウンロードできます^^https://www.agentmail.jp/form/ht/13003/1/?brg181206電子書籍にもチラッとだけ書いた、では、どうやって「素直さ」を伸ばすのか?その3つのステップについて今日からお話してきますね!ただし!ここでお話できるのは一般的なやり方です。あなたのお子さんのことを書いているわけではありません。発達障害があろうとなかろうと、このステップにそってコミュニケーションを充実させていけば必ずその子なりのペースで「素直さ」が伸ばせることはたくさんの発コミュ体験者の方が証明してくださっています。だけれども、私が知っているのは、私の講座で学び、私のオーダーメイドのアドバイスを受けながら実践された方の記録だけです。自己流にやられている方のことは当然ながら、私の元には情報が届きませんので、ブログ通りにやればうまく行く!とは確証できません。もしも、どうしても早くお子さんの良さを伸ばしてあげたい小学校入学に間に合わせたい!という方は、個別相談にきてくださいね!では、本題に入ります「素直さ」を伸ばすためにやってほしいファーストステップ。それは、ポジティブアテンションです。何それ〜??難しそう!!そう思われますか?英語になってるとちょっと難しそうに聞こえますね(笑)でも中身はとてもシンプルなのでご安心を。ポジティブアテンションとは、お子さんとの会話のスタートを必ず、「ポジティブ」に始めてね!!というステップです。例えば、怒った顔で、怖い声で「ねえ鈴木さん・・・」と話しかけられるのと、笑顔で、明るいトーンで「鈴木さ〜ん♪」と話しかけられるの、あなたはどちらの話を聞きたいですか?答えは明白ですね(笑)私だったら、最初の感じで話しかけられたら聞こえないふりして逃げちゃうかも?!(笑)なんて冗談は置いておいて。この反応の違いは、実は脳の反応だということ、ご存知でしたか?大人の脳も、最初に入ってきた情報が自分にとってネガティブかポジティブか、でその後の情報の質をジャッジします。自分にとってネガティブ!ジャッジとなった情報はしっかりと脳の中に届きません。この特性は子供の場合、もっと顕著です。例に挙げたのはとてもわかりやすいネガティブアテンションですが、実はこの、会話の最初で失敗しちゃってるお母さん、多いんですよ〜!!例えば、子供に対して怒ってなくても忙しくて、イライラした状態のままお子さんに話しかけたり眉間に皺の寄ったまま会話がスタートしたり台所から、リビングにいるお子さんに大きな声で指示を出したり・・・これ、子供の脳ではネガティブジャッジが降りてしまう可能性大の関わり方なんです。特に、言葉の中身よりも、視覚的な情報に左右されやすいASD(自閉スペクトラム症)タイプのお子さんや、まだまだ発達的に言語の脳が育っていない8歳以前のお子さん(特に男の子!)は眉間にシワが寄っているだけで「なんかお母さん怒ってる!?」と届いてしまいます。これでは、この後の指示出しがいくら上手でもお子さんの脳のシャッターが降りてしまっているので、お母さんの言葉がうまく伝わっていきません。「素直さ」とは相手の言葉を聞いて理解し、それを行動に移す力でした。素直さを引き出すための大前提として、きちんとこちらの言葉がお子さんの脳に届くことが大切ですよね?!だからこそ、お子さんと話すときはポジティブに!これが必須のファーストステップです!ぜひ今日から意識してみてくださいね♪「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーショントレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      10
      テーマ:
  • 05Dec
    • 発達障害の子供の発達を促す!お金では買えない、最高のクリスマスプレゼントをお子さんに!

      電子書籍はもうダウンロードしましたか?今日からは、電子書籍を読まれた前提でお話を進めていきますので、まだ読んでいない方はぜひダウンロードしてください。▼こちらから▼https://www.agentmail.jp/form/ht/13003/1/?brg181205さて、今回のメインテーマでもある「素直さ」これって、脳科学的に見たらどんな力なんでしょうそんな視点で解説を加えていきます。なぜ、入学準備としてこの力を伸ばすのか、理解していただけるようお話ししていきますね!電子書籍にも書いた通り、この「素直さ」とは性格的な素直さのことではありません。人の言葉や指示を聞いてすっと反応して行動に移す力のことをこのチェックリストでは見ています。これは脳の発達をダイレクトに促してくためにとても大切な力になります。発達途上の子供達が新しいことができるようになったり、新しい力を身につけた時脳の中では、新しいネットワークが作られています。要は、脳が育っているから、表に見える「できること」が増えるのです。そして、この脳の成長にもっとも大切なのが、「行動する」という刺激になります。頭で考えたり、本や動画で見ているだけでは、子供はいつまでたってもできるようになりません。理由は、行動していないから。でも、お母さんに手伝ってもらったり、一つずつ声かけで導いてもらったとしても、自分で「動いた」情報が脳への栄養となり、その部分の脳が発達して行くのです。つまり、どんな手を使ってでも行動させたもん勝ち!!ということなんです。この時にキーになるのが、相手の言葉を素直に受け取り、すっと動ける、「素直さ」の力になるわけです。お母さんとの間でしっかりとこの素直さを引き伸ばしてもらったお子さんは、次第に他の人の言葉でもスッと動けるようになっていきます。反対にいうと、お母さんとの間でできない子は人によって指示に従えたり、従えなかったり、状況や環境によってできたりできなかったりということが起こります。本人としても、これでは「うまくできなかった」という経験として積み上がりますし、叱られる体験にも繋がりやすい。脳に「行動」の刺激が入らないばかりか、叱責体験などのネガティブな情報として蓄積されやすいというわけなんです。だからこそ!!今のうちに、しっかりとブレない素直さをお母さんの手で授けてあげてほしいというわけ。あっという間に12月に突入してしまいました。12月は、冬休みや年末年始など、お子さんと密着して過ごす時間がたっぷりとあります。これはチャンスなんです!!この機会に、「素直さ」を引き出す褒め方と、行動力を引き出す、子供に合わせた指示の出し方をお母さんにマスターしてほしいと思います先日個別相談にいらっしゃったママとはなんとクリスマスの日にこの最初の発コミュ講座をすることにしましたこれは何よりも大きなお子さんへのクリスマスプレゼントですね!!どんなに素敵なプレゼントを買って与えるより、一生に関わる脳力をお母さんの手でプレゼントする、その最初の一歩をクリスマスに。なんて素敵なんでしょう!!私も今から楽しみです✨あなたにもモノではない、お金でも買えないそんな一生物のクリスマスプレゼントをお子さんにプレゼントするそんな粋なお母さんになってほしいです興味のある方は、ぜひ直接ご連絡くださいね!「ブログを見ました」と一言添えていただけると嬉しいです!メールはこちら▼kazukoishizawa84@gmail.comフェイスブックはこちら▼https://www.facebook.com/kazuko.ishizawa*フェイスブックの場合は メッセージがないと 基本的に友達承認できませんので、 一言添えてくださいね!「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーショントレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      3
      テーマ:
  • 25Nov
    • 連休の過ごし方でわかる、入学準備の必要性〜発達障害&グレーゾーンの入学準備〜

      3連休最終日ですね!どんなお休みをお過ごしですか?実はこの3連休のお子さんとあなたの過ごし方に入学準備のヒントが隠れているんです!!え?連休と入学??どう関連するの??と思われますよね。電子書籍に書かせていただいた入学に必要なたった一つの力は実はお母さんとのコミュニケーションによって育まれる力です。まだ電子書籍を読まれていない方は、一旦ブログをこのままにして、読んでから続きをご覧くださいね!▼電子書籍ダウンロード▼https://www.agentmail.jp/form/ht/13003/1/?brg181125入学までに身につけておきたいスキルはたくさんあります。チェックリストの中にもたくさんの項目が並んでいましたね。でも、このスキルを身につけさせるために、そのベースとして、必要となるたった一つの力が素直さなのです。電子書籍で「素直さ」の項目に要チェックがついた方、さらに、この連休で、お子さんが一度でも癇癪を起こした!という方、このダブルで当てはまる方はもしかすると緊急対応が必要かもしれません。なぜなら、親子のコミュニケーションがスムーズに行っていない可能性が高いから!癇癪を起こしている間は、お子さんとしても苦しい時間です。自分一人では処理できない感情の高まりや不快感を爆発させるから癇癪は起こるのです。それに対して、お母さんが正しい癇癪への対応を知らずに叱ったり、畳み掛けたり、疲れて放置してしまったり・・・という関わりをしていくと脳内の癇癪ルートはどんどん強くなります。お母さんも人間ですから、癇癪を起こしている子に優しく接し続けることは至難の技ですね。すると、また、怒りたくないのに怒ってしまう。癇癪がヒートアップする。・・・の負のスパイラルに陥りやすくなってしまいます。この状態では、子供が自信を無くしやすいループにはまってしまいます。お母さんも苦しいです。そして自信をなくした子は決して素直にはなれません。どうせ僕なんて。どうせ私なんて・・・。もしも、小学校1、2年生までにこんな言葉がお子さんから聞こえてきた場合は、自信喪失にはちょっと年齢的に早すぎます。できるだけ早く、本人を負のスパイラルから救い出してあげる力をお母さんが身につけてあげることがとても大切です。連休の3日で親子のバトルが!という状態なら、この先、冬休みに入り、もっと長い時間お子さんと一緒に過ごす期間でどれだけの自信喪失につながるか・・・逆に、今、負のスパイラルを断ち切って親子のコミュニケーションをスムーズにする方法をお母さんが身につけたら・・・あなたはどちらの冬休みを過ごされたいですか?やる気のあるママには発コミュの全てを伝授するホームプログラムもご提供できるかもしれません。詳しくは、きちんとお顔を合わせて、お母さんの考えや思いをお聞きして、お誘いするか決めていきますから、ぜひ、まずは個別相談にきてくださいね^^▼個別相談のお申し込みはこちら▼https://www.agentmail.jp/form/ht/12983/1/?mm181125明日からは、電子書籍に書いた発コミュの3つのステップについて少し詳しく解説していきます!こんなこと聞いてみたい、教えて欲しい!という内容がありましたら、ぜひ、メッセージくださいね〜♪では、素敵な休日をお過ごしください〜♪「育てにくい子」「発達が気になる子」の子育てについて脳科学・心理学・教育学の視点から無料で学べます。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓1日1分!「発コミュ」メールレッスン「育てにくい子」の未来が変わる!ママの一言で幼児の脳を育てる魔法のコミュニケーション▶︎メルマガ登録はこちら!【お問合せ先】kazukoishizawa84@gmail.com親子のコミュニケーションをスムースにして癇癪・ぐずりに悩むママが子育てに自信を持つ!発達科学コミュニケーショントレーナー石澤かずこ(臨床心理士)

      16
      テーマ:
topbanner




プロフィール

石澤かずこ(発達科学コミュニケーショントレーナー)

性別:
女性
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
親子のコミュニケーションをスムースにして子どもの発達を加速する! 「発達科学コミュニケーション トレ...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス