misapple*diary
ホームページはこちら→「ミサップルテアトル
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-11-16

* コダマとバルト海 *

テーマ:ブログ

 

 

 

妹の陶芸展に行ってきました。

 

 


 

 

 

場所は118年の歴史を持つ日本橋高島屋さん。
 


クラシカルなエレベーターで7階へ。

 

 

 

 

タルト・タタンみたいなお鍋がお出迎え。

 

 

 

 

ころりと可愛い♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは妹のお気に入り。
彼女いわくガンダムのハロ似。

 


私にはもののけ姫の
コダマみたいにも見えます。

 

 

 

 

 

ころころとした精霊達が
会場で静かに佇んでいるよう。

 

 

 

 

西村百合
土鍋とうつわ展

 
11月13日(火)~11月19日(月)
10:30~19:30(最終日は17:00まで)

 
日本橋高島屋7階 和食器

 

 

 

 

お近くにお越しの際はぜひ
お立ち寄り下さい。

 

 







+




 

 

 


高島屋さんの後は
Galerie ÇA BONへ。

 

 

 

 

ポーランドの
Arkadiusz Wesolowski
(アルカディウス・ウェソロウスキー)さんの
個展を開催中。

 

 

 

 

控えめに言って最高でした!

 

 

 

 

 

カラフルな色使いながら
バルト海から吹く
ひんやりとした静寂な空気が漂います。
 

 

 

 

この絵が特に好き。

 

 

 

 

 

長身で知性あふれるアルカディウスと
155㎝へっぽこミサップルの
凸凹コンビ。

 

 

 

 

この少年は18歳のアルカディウス。
彼いわく「髪の毛がある。」

 


どう反応したらいいのか…。
難しい選択を迫られる私。

 

 

 

 

アルカディウスはすべての動物が大好き。
 

 

 

 

これは空を泳ぐクジラの親子のエッチング

 

 

 

 

相棒は
黒犬のKiryna(キラ)。

 

 

 

 

アフリカからの渡り鳥Koko(ココ)。

 

 

 

 

そして猫のgacisław。

 

 

 

 

作品の多くに犬が登場します。
 

 

 

 

愛するキラも沢山。

 

 

 

 






+

 

 

 

 

 

 

 

こちらは彼のホームページから。

 

 







+

 

 

 

 

 

 

アルカディウス・ウェソロウスキー個展

 


11月9日(金)〜11月30日(金)
月曜定休日

 


ギャラリー叉凡 (さぼん)

 


〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-15-16
渋谷橋Aビル1階

 

 

 


 

exhibition of Arkadiusz Wesolowski

9-30. November 2018.
open 12:00〜19:00
(Closed : Monday)

Galerie ÇA BON

1F Shibuyabashi-A Bldg,
1-15-16 Hiroo,

 

 







+

 



ふたつの個性異なる展覧会、
目に心に
とっても満足なお出かけでした。

 

 

 

 

 

ポーランドのお菓子もご馳走さま♪

 













+





 

 

 

 


 

2018-11-04

* 永福的夜晩 *

テーマ:ブログ

 

 

フィコ「え?EIFUKU NIGHT?なにそれー?」
 

 

 

 

私「それだよ、それ。
フィコが踏んづけているやつよ…」

 


フィコ「えー?」

 


…というわけで、そうなんです。

 


友人主催のライブイベントが
今月開催されます。

 


私はフライヤーのイラストを担当しました。

 

 

 

 

 

 

デザインはitten のNaoさん。

 

 

 

 


トレイラーは映像作家アニー。

 

 

グッズは Tailor男子ヒロシ君。

 


出演アーティストの出演交渉は
ケイティがそれぞれに担当し、

 


all友人madeなイベントとなりました。


豪華出演アーティストは以下の通り。

 

 

 

 

ヤマジカズヒデ (dip)

 

 

 

 

田渕ひさ子(exナンバーガール toddle)

 

 

 

 

沖野俊太郎(The Spark Band Set)

 

 

 

 

pygmy with bitter ends

 

 

 

 

そして主催で友人の
STUDY HARD!









+





STUDY HARD! presents
"EIFUKU NIGHT"
~永福的夜晩~

 


 <場所>西永福JAM
<日時>11月24日(土) 
<OPEN/START>17:45/18:15

 

 

 


チケットはこちらから→

 

 

 

 

 

 


STUDY HARD!
ケイティの旦那さんの
岡優太郎さん
生前にギターを弾いてたバンド。

 

 


優太郎さんは
ヤマジカズヒデさんの所属する
dip the flagの初代ボーカルであり、
バンド名の名付け親でもあります。

 

 


彼のゆかりの場所、西永福で
彼とケイティが大好きなバンドが集結した
とても貴重なライブです。

 

 


お時間がありましたら
ぜひいらしてくださいね♪














+





 

 

 

 

2018-11-04

* 元気な王女さま *

テーマ:ブログ

 

 

先日Galerie ÇA BONの可愛いスタッフ
トミーちゃんから私の友人
太田由香子嬢(サボンの社長兼絵描き)の
サプライズバースデーをするから来てください♡との
メッセージが♪

 


トミーちゃんの優しさに泣きながら
あわてて作ったのは1/8スケールの由香子ドール。

 

 

 

 

裏はサボンの繁栄を願ったメッセージを。


何にも知らない由香子嬢が
嘘の理由でサボンに呼びつけられ
鳩に豆鉄砲な
とっても良いリアクションをしてくれたところから
パーティが始まりました。

 

 

 

 

トミーちゃんと彼女のママが作ってくださった
可愛くて美味しい太巻き。

 

 

 

 

照明がが暗転したと思ったら
バースデーケーキがふたつ運ばれてきました!
同じ誕生月である私の妹、百合のぶんまで
準備してくれていたのです。

 

 

 

 

画家の小山田元子さんからは
二人のキャラクターにあわせたお花が。

 


由香子ドールも好評で
サプライズ大成功♪


由香子嬢が愛されているのが感じられて
本当に嬉しかった。

 


トミーちゃん、ママさん、皆さん本当にありがとう。
これからもどうぞ彼女をよろしくお願いします。

 

 

 

 






+

 

 

 


由香子嬢は生きるテンポも性格も私と間逆な
元気な王女さま。

 


私が地球を半周回るくらいの間に7週は回ってしまうし
彼女が通った跡は草木も生えない。
ジャングルで遭難しても
多分なんだかんだで生き残るだろう。

 


昔は「お嫁さんになってください」と殿方から
しょっちゅうプロポーズされる美少女。

 

 

今はふっくら、く○モンみたいな
以前とは違う可愛らしさ。

 


決して守りに入らず常に前だけみて突進していく様子は
ハラハラするけれど見ていて楽しい。

 


道を選ぶ基準は楽しいか楽しくないか。
悩んでる最中にだって彼女が私から聞きたいのは
慰めよりも面白いジョーク。

 


凹むことだってあるけれど楽しい目標が出来れば
すべて忘れる単純で豪快な性格。

 


もともと主体性も望みも何も持ち合わせない私が
絵描きになったのは
彼女がそうあることを望んだから。

 


あるんだかないんだか分からない
私なんかの才能を
ずっと今日に至るまで
あるんだと思い込んでくれている彼女のために、
ならばそうなろうと努力してきた私がいる。

 


今いる私の大切な人達は
彼女が引き合わせてくれたんだって思う。

 

 

 

 

お誕生日おめでとう、由香子王女。
生まれてきてくれてありがとうね。

 








+




 

 

 


Galerie ÇA BONの11月9日からの展示は
ポーランドの
Arkadiusz Wesolowski
(アルカディウス・ウェソロウスキー)さん。
 

 

 

 

 

 

賑やかな色使いだけれど
どこか静寂で独特なタッチ。

 

 


サボンのスタッフも開催を楽しみにしている
魅力的な作家さんです。

 



11/9〜11/30
open 12:00〜19:00 (Closed : Monday)

Galerie ÇA BON

1F Shibuyabashi-A Bldg, 1-15-16 Hiroo









+

 

 



そして今月もうひとつ、
今回一緒にお祝いしていただいた妹の個展が
日本橋高島屋で開催されます。

 

 

 

 

 

お喋りでもしていそうな可愛いカップさん達。


西村百合
土鍋とうつわ展

 
11月13日(火)~11月19日(月)
10:30~19:30(最終日は17:00まで)

 
日本橋高島屋7階 和食器



お近くにお越しの際はぜひ
お立ち寄り下さいね♪













+





 

 

 

 

2018-10-31

* Trick or Treat! *

テーマ:ブログ

 

 

 

 

にんにんと。

 

 

 













+





 

 

 

 

2018-10-23

* 猫が繋いでくれるもの *

テーマ:ブログ

 

 

先日、ひょんなご縁から
漫画「俺、つしま」の中の人、
おじいちゃん(※実際は女性なんですが)と
お会いできる機会がありました。

 


短い時間のお喋りだったけれど

 


びっくりするほどに壁がなく
歯に衣着せず
愛情が泉のように湧き出ているような方で

 


もともと私は漫画のファンなのですが
(作中の
つしま達がもっちりと可愛いのはもちろんのこと
おじいちゃんが好き好んで猫に翻弄される
愛らしくもユーモラスな姿は
我々猫ラヴァーの姿そのもので
ついつい笑ってしまうし泣けてしまいます。)

 


実際のおじいちゃんの抗えない魅力ときたら!

 


どうりで作品が面白いはずだ!

 


まだ読んでいない、という方は
ぜひ☆

 


おじいちゃんの
貴重な羊毛フェルト作品も拝見させていただきました。

 

 

 

 

つーさんとつーさん。

 

 

 

 

カメムシと岡本太郎氏。
(脚は可動式。)

 

 

 

 

犬(猫?)神佐清。

 


一体おじいちゃんの目には何が見えてるんだ?と
ここでも大きな驚きにつつまれた
個性的な作品群。


やっぱりおじいちゃんは
只者ではなかった!









+





 

 


そして猫の本をもう一冊ご紹介。

 

 

 

 

夢の猫本屋ができるまで

 


私と友人がたまに訪れる素敵な本屋さんが
その立ち上げからお店が開店するまでの
試行錯誤しながらの軌跡をたどる本。


そう説明すると
あんまり面白く思えないかもしれません。


けれど、勉強しようというモードで
この本を手にとった私には
面白いかそうじゃないか、なんて
大して問題ではありませんでした。

 

 

 

 

それまでに
このお店についての記事をいくつか読み、
店長の安村正也さんと何度か会話をし
お店にとても興味があったのです。


無理いって
レジでサインをしていただきました。
「メルカリで売る気じゃないでしょうね?」と
笑う安村さん。
「まさか。笑」と私。

 

 

 

 

サインをしてから
「私(安村さん)の腹黒さが隠れるスタンプを押しましょう。」と
可愛らしい判子を押してくれました。

 


私の経験上、
自分で「腹黒い」という人が腹黒かった試しはないのだけれど…

 


レジ横にいた長身でお髭の
若いサンタクロースかしら?って風貌の男性が
「ああ、隠れる、隠れる。」と
人懐っこい笑顔で合いの手を入れます。

 


カメラマンの新藤裕一さんです。

 


この本に新藤さんのことも記載されており
写真の多くを担当しているそう。

 


とても仲の良さそうなお二人。

 


「すごく簡単に読めちゃう本なんですよ。
2時間くらいでするっと!」と
まるで夏の日の素麺みたいな説明をする新藤さん。

 


勉強のつもりなのだから
そんなあっさり風味の本だと困るな、と内心思いながら
お礼を言ってお店を後にしました。

 

 

 

カフェスペースでくつろぐ友人と猫店員の鈴ちゃん。

 


さて、自宅に帰って本を読み始めたのだけれど
2時間くらいでするっとなはずが
ちっとも読みすすまない。

 


面白くないからではない。
1ページごとに心に刺さって
感情がざわつくからだ。

 


結果、仕事の合間での読書ではあるけれど
4日ほどかかっての読了。

 

 

 

目が大きくてフォトジェニック!

 

 

ちゃんとしたお仕事もあり
生活を営んでいくうえで
特に問題もなかったはずだったのに
本が好きで猫が好きで、というだけの理由で
作り上げた本屋さん、
キャッツミャウブックス。
 

 

 

カフェスペースでいただく
美味しいLOVE&Co.さんのコーヒー。

 

 

大型書店でも潰れてしまうようなこの時勢に
一日に多くて6万円ほどの売り上げの10%を
保護団体に寄付しながらの経営。

 

 

ここまで聞くと朴訥としたいわゆる良い人って
印象を受けるかもだけれど
安村さんはもうちょっと個性的。

 


わかり易い例として
ビブリオバトルの覇者という彼の経歴。

 


ビブリオバトルとは5分間で一冊の本を説明し
観客がどれだけその本を読みたくなるかを競うゲーム。

 

 

 

甘えん坊のさつきちゃん。

 

 

競技の名称こそ知らなかったけれど
私も以前から興味があって
その話を友人優太郎さんの生前に伝えたとき
「いいね!それ!」と
彼もとても興味をもったようでした。
私たちはその頃
どうやったら政治とか環境問題とかを
多くの人達に関心を持ってもらえるかっていう話ばかり
していたのです。
いかに面白おかしく物事を伝えるかっていうスキルは
立場や貧富の差など関係ない。
上手に喋ることとも違う。
きっと人々の心を一番動かすのは
本心からくる情熱。

おそらく安村さんは
自分のことを冷静で感情をコントロールできているって
思っていそうだけれど
多分そうじゃない。

腹黒いどころか馬鹿正直にすべての経費や売り上げを計上し
もてる頭脳をすべて使い奔走する安村さんの情熱は
周りを巻き込んでいく。

 

 

 

チョボ六と鈴ちゃん。

 

 

新藤さんのにこにこした顔が浮かぶ。
魅力的だけどちょっぴり危なげで
ほっておけない安村さんのまわりには
きっと新藤さんみたいな人がいっぱいいる。

 

 

 

 

 

でもそれでいいんだ。

 

 


つしま家のおじいちゃんもそうだけど
我々猫ラヴァーは
そういうやっかい事を
嬉しそうに抱え込む傍輩なんだから。

 



安村さん、私もお手伝いしますよ♪
 

 







Cat's Meow Books

 


東京都世田谷区若林1-16-15

14-22時/火曜定休

















+

 

 

 

2018-10-19

* とある夏の日に *

テーマ:ブログ

 

 

今からちょっとだけ前の
まだ暑い夏の日、
チクチク作ったこの子を

 

 

 

 

可愛い箱に入れてリボンをかけて
向かった友人ケイティ の家。
 

 

皆でボードゲーム会をする為
 

 

…というのはフェイクで
本当の目的はサプライズバースデー!

 

 

 

 

 

何も知らないケイティは私たちのために
沢山の美味しいご馳走を作ってくれてました。
(ごめんね!)

 


おっとりした彼女は
全然気づいてない様子。

 


シメシメ、うまくいきそう!と安心して
主旨をすっかり忘れ
普通にお食事会を楽しんでいたら

 


最年少ながらしっかり者のイケメンひろし君が
小声で促します。
「ミサップル、今じゃないの?」

 


おお、そうだ!
お誕生日といえば…!
そこで我にかえったボンクラな私。


慌てて別の部屋でひろし君とセッティング。

 


ワザとらしい理由をつけて
電気を消してくれたのは
ミュージシャンのスチュシマ君。


何も知らないケイティから
「何するのよ?」と
スチュシマ氏が顰蹙をかわれているなか

 

 

 

 

じゃーん!

 


ケーキ登場!
飛び跳ねて(可愛い)喜んでくれましたー!

 

 

 

 

大成功♪

 

 

 

 

謎の王冠を被らされ
罰ゲームのようなケイティ氏。

 

 

 

 

何の打ち合わせもしてなかったのに
皆が用意してきた沢山の贈り物。
それを愛しそうに積み上げて
ニコニコ写真を撮る様子に
泣きそうになったのはここだけの秘密。

 

 

 

 

ケイティがケーキまで作ってくれていたので
ダブルでケーキカットに。
なんという幸せな光景…!

 

 

 

 

しかも私が大好きな抹茶味!

すっごくすっごく美味しかった。
 

 

 

 

 

 

この日、えいたも親善大使役を頑張りました。
 

 

 

 

 

ケイティ、
お誕生日おめでとう☆

また来年ね♪













+





 

 

 

 

2018-10-12

* 白いお姫さま *

テーマ:ブログ

 

 

先日、
とびっきり可愛いお姫さまのいる素敵なお宅へ
お邪魔してきました。

 

 

 

 

はるか姫、こんばんはー☆

 

 

 

 

隣にいるのはお姫さまに手ぶらでは失礼と
チクチク作った小さなはるかちゃん。

 

 

 

 

こちらは写りこんでしまった
偽はるか(平民フィコ)♪

 

 

 

 

 

接触を試みるも姫に怒られるケイティ
(めっちゃ嬉しそう。)
と私。

 

 

 

 


愛想はふりまかないけど
爪をだしたり
隠れるわけじゃなく
絶妙な距離感が魅力のはるかちゃん。
ドライブや旅行が好きだったりと
猫っぽくない猫のお姫さま。

 

 

 

 

そんな彼女を愛してやまない
MEGUさんとタダシさんご夫婦が
私たちのために
ご馳走を沢山作ってくれました!

 

 

 

 

甲斐甲斐しくお手伝いをする麻衣さん

 

 

 

 

新進気鋭のアーティスト、るな

 

 

 

 

 

 

 

お喋りをしながらひょいっと
用意してくれる絶品料理の数々。

 

 

イタリアでタダシさんが選んだという
ワインも最高でした。

 

 

 

 

デザートは
fete cafeさんのケーキ♪


クリエイティブでお洒落で
優しくて気さくなお二人。

 

 

 


お話もすごく楽しくて
終電ギリギリまで
すっかり長居してしまいました。


MEGUさんタダシさん素敵な夜会をありがとうー☆








+




 

 

 

 

 

後日、MEGUさんからお写真が届きました。

 

 

 

 

 

姉妹みたいに仲良くしてくれてるー
嬉しい!


MEGUさんタダシさん、

はるかちゃん、

また遊んでね♪














+




 

 

 

2018-10-11

* あと少し *

テーマ:ブログ

 

 

 

スワンと百合の陶芸展、
好評につき
10/14(日) まで会期延長しております。

 

 


お近くにお越しの際は
ぜひお立ち寄りくださいね☆



Galerie ÇA BON

150-0012
Shibuyabashi A buiding 1F
1-15-16, Hiroo Shibuyaku Tokyo

open 12:00〜19:00













+





 

 

 

 

2018-09-13

* ゆりとすわん *

テーマ:ブログ

 

 

陶芸家の妹と

 

 

 

 

スペイン人の師匠スワン
2人展に行ってきました。

 

 

会場は恵比寿にある
GALERIE ÇA BON(ギャラリーサボン)。

 

 

 

 

 

自由で大らかなスワンのドローイング。

 

 

 

 

百合のユーモラスで愛らしい陶器のオブジェ。

 

 

 

 

中心で揺れる可憐なガラスのしずくは
ガラス作家、添田亜希子さんに依頼したもの。

 


「ココロ」を表現しているそう。

 


常に世界や人や物事の仕組みを忙しく熟考し
休まることはなさそうな賢い妹のなかにある
驚くほど綺麗で透明な核の部分を
垣間見たようで、
私は少し照れくさく
そして誇らしく思いました。

 

 

 

 

バレンシアで出会った二人が
長い年月を経て
こうやってまた遠い国で再会して
一緒に展覧会ができるなんて

素敵なサプライズ!

 

 

 


百合の作品のなかには
スワンのかけらがずっといたように思います。

 

 

 

 

そんな機会を作ってくれた
友人に心から感謝です…!

 

 

 

 

 

 






+




 

 


楽しいおもてなしと美味しいご飯が
なにより大好きなスワンと
百合、
友人のオーナー夫妻が
素敵な手作りパーティを開いてくれました。

 

 

 

 

主役のふたりがお出迎え。

 

 

 

 

ちゅっ♪
仲良しな師匠と教え子。

 

 

 

 

スワンシェフによる本格的な本場パエリヤ。
(パエリヤはバレンシア発祥のご馳走です。)
 

 

 

 

 

綺麗なオードブルはスワンとオーナーの合作。

 

 

 

 

 

可愛いにんじんのグラッセを添えた
fete cafeさんの
キャロットケーキ。
 

 


とっても楽しくて美味しいパーティでした。

 

 


ご馳走様ー♪








+

 

 

 

 

 

忙しいなか友人達も来てくれました。

 

 

 

 

サボンにくるとなぜかやっちゃう
ヤンキー座りでパシャリ。

 

 

 

 

飯田かずなさんから
可愛い赤いバッグに入ったワインをいただきました。

 


赤いふたりにぴったり!
(なんでわかったの?超能力?)

 


かずなさん、どうもありがとう♡

 

 

 

 

帰るとき、
スワン似の赤い子がお見送りしてくれました。


¡Nos vemos!

また来るね♪



 <GALERIE ÇA BON>ギャラリ―叉凡 (さぼん)

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-15-16 渋谷橋Aビル 1F
(駒沢通りと明治通りの交差点辺りです)

 

最寄駅 JR 恵比寿駅: 徒歩5分


 12:00~19:00
月曜定休

9月5日(水)〜9月30日(日)

 

 

Galerie ÇA BON


〒150-0012
Shibuyabashi A buiding 1F
1-15-16, Hiroo Shibuyaku Tokyo

open 12:00〜19:00

closed on Monday


5-30.Sept.2018

 

 

<追記> 

 

 

スワンと百合の陶芸展

好評につき

10/14(日) まで会期延長しております。

お近くにお越しの際は

ぜひお立ち寄りくださいませ☆

 

そして今開催中の

恵比寿文化祭2018でも

二人の作品が少しだけ見られます。

10月8日まで。

こちらもぜひ♪

 














+




 

 

 

 

2018-09-05

* 太陽と土 *

テーマ:ブログ

 

 

 

陶芸家の妹、西村百合と
師匠Xohan Viqueiraスワン・ヴィケイラ氏との2人展が
今日からはじまります。

 

 


場所は恵比寿にある
友人のギャラリー、GALERIE ÇA BON。

 

 

 

 

 

 

スワンは弟子との展覧会のために
スペインのバレンシアから来日してくれました。
 

 

 

 

 

 

 

百合のスペイン留学時代はこちらからどうぞ。→
 

 

 


長い時を経て
友人の粋なはからいで実現した
姉的にも胸アツなこの展覧会に
皆様、ぜひぜひお越し下さい。
 

 


 <GALERIE ÇA BON>ギャラリ―叉凡 (さぼん)

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-15-16 渋谷橋Aビル 1F
(駒沢通りと明治通りの交差点辺りです)

 

最寄駅 JR 恵比寿駅: 徒歩5分


 12:00~19:00
月曜定休

9月5日(水)〜9月30日(日)

 



Galerie ÇA BON

〒150-0012
Shibuyabashi A buiding 1F
1-15-16, Hiroo Shibuyaku Tokyo

open 12:00〜19:00

closed on Monday


5-30.Sept..2018

 

 













+




 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス