いつも梅雨の時期に

手作りしているものがあります。

 

「新ショウガの甘酢漬け」

「らっきょう漬け」

「梅の酢漬け」

「梅の塩漬け」

「梅の甘露煮」

 

なんだか梅ばかりですね。。。

梅干しが苦手だったのですが、

青梅の甘露煮を一度作ってみたら、

梅の爽やかな甘酸っぱい香りが、

この梅雨の時期にぴったりで・・・

 

買ってきて袋を開けた瞬間や、

洗ったり、煮たり、漬けこんだりする瞬間にも

梅の爽やかな甘い香りがしてきて

じめっ~とした気分まで癒してくれます♪

食べても爽やかな酸味で満足です♪

 

 

この時期これらの材料を求め、いつもなら頻繁にスーパーに行くのですが、

ソーシャルディスタンスという事もあり、その他の事情も重なり・・・、

頻繁にはスーパーに行けなかったせいか、

梅が見あたりませんでした。「あれ?もしや・・・」

調べてみると、どうやら今年は梅が不作なようでした。

例年なら青梅が並んで少し経つと大きな完熟梅が並ぶのに

残念です。

小ぶりな青梅をなんとか購入することができました。

 

「梅の酢漬け」は実はサワードリンクとして飲む用です。

梅のサワードリンクを普通に作ると

梅とお酢と砂糖は同量になります。

梅1キロなら砂糖も1Kです。かなりの砂糖の量です。

糖分や塩分は摂り過ぎると体がむくみやすくなります。それに汗もべたつきます。

甘くなくても飲めるので、砂糖抜きの梅と酢だけで漬けこみます。

つまりは梅の酢漬けになります・・・

 

サワードリンクは、酢が酸っぱいせいもあるのでしょうが、

たくさん砂糖が入っています。飲んでみるとそう甘さは感じません。

自分で作ってみないとなかなか気づきませんよね。

それにしても大量の砂糖ば入っていることにびっくりしてしまいます。

上記のように飲んだ瞬間だけの事ではなく・・・・

ひと夏で全部飲んでしまえば、確実に用意した大量の砂糖が自分のお腹に入る訳です。

ちょっと考えてしまいます。

 

酸っぱいものは足すと酸味が少し和らぐという事のようです。

梅も酢も酸味のあるもの同士。足されるから酸味倍増!ではなくまろやかになるそうです。

完熟梅ならフルーティーでより酸味が抑えられます。

 

そうそう、青梅も追熟でやや完熟梅に近づくようです。

今年は青梅で作りましたが追熟が出来る事を覚えておこうと思います。

 

「梅の塩漬け」は梅を10%の塩で漬けこむだけです。

常温保存の梅干しよりも塩分控えめです。

塩分を控えても冷蔵庫保存で、一年経っても大丈夫でした。

購入した青梅の中からオレンジ色の実を選んで塩漬けを作りました。

以前、一年前にも別ブログで書いていますが・・・

干さないで塩を入れて漬けるだけなので梅がしっかりと残って

梅干しよりもフルーティーで、干していない分、果肉が残ってぷくぷくして梅感があります。

塩で漬けるだけですが梅から水分が出てくるので、その水分も料理に使えます。

梅の風味と塩味なので、色々な料理に使えます。

お肉や魚を炒めたり煮込んだりする時に、味付けに使うと梅風味でサッパリ味になり、

ドレッシングに使うと酸味と梅の風味で梅雨時期にはぴったりなサラダになります。

梅の果肉は、

御蕎麦や素麺にのせ、味噌や醤油、鰹節、などと合わせてキュウリやシソ、茗荷を添えると

食欲がなくてもサッパリといただけます。

汗をたくさんかいた時は塩分補給に、はちみつをかけてそのままいただいても!しょっぱすっぱいですが・・・

 

梅の甘露煮は、砂糖で煮るだけです。

青梅の場合は下茹でして悪を抜きます。

沸騰させないように(50℃で)3回くらい茹でこぼしてから砂糖で(シロップにして)煮ます。

出来上がって甘露煮は、

ゼリーに入れたりヨーグルトと一緒にいただいても美味しいです♪

もちろん、そのままでも♪

パンケーキに乗せたら和風パンケーキになります♪

この時期の気候に合って、さっぱりといただけるデザートです。

 

 

青い梅には少々の毒性があるようです。致死量にはならないようですが・・・

それでも、あくを抜かないと苦いですよ。

完熟梅なら下茹でなしでも美味しく仕上がります。

ただ、完熟梅は煮崩れやすいので普通は青梅で作るようです。

 

私は完熟梅で作ります(さっとゆででシロップで煮て)

以前青梅の甘露煮をつくったら美味しくて、

また食べたいと、梅を買いに行ったら

もう完熟梅しかなくて・・・

試しに完熟梅で作ってみたら美味しかったのです。

香りがより華やかでフルーティーで♪

(ただホントに煮崩れしやすいです)

今年も完熟梅で作りたかったです・・・

来年の楽しみにとっておくことにします♪

 

お砂糖はキビ糖を使用しまた。

お酢は樽で仕込まれたものを使いました。

 

これらは夏バテ防止になくてはならない・・・

いつの間にやら夏を乗り切る必須アイテムになっています。

そして楽しい夏支度です。

「お酢」のクエン酸で疲労回復、

健康の為に「らっきょ」でパンチを聞かせ

食欲増進に「生姜」や「梅」でアクセントをつけて

元気に過ごす為に、しっかりとご飯をいただく為の、お供です。

 

 

今年は、暖冬の影響で「梅」だけでなく、「杏」も不作という事でした。

「今年こそは」と、楽しみにしていた「あんずジャム」は作ることが出来ませんでした⤵

でも、一年かけ丹精込めた作物が不作だった農家さんを思えば・・・ですよね

来年期待します!

替わりに作った「プラムジャム」は、真っ赤なルビー色のキレイな色のジャムです。

雨ばかりでグレーがかった景色に、

明るい赤が、何だか元気が出そうです♪

あま酸っぱい酸味も、この梅雨の季節にはとてもぴったり合うフレーバーだと思います。

気分も少しスッキリします。

 

体づくりも仕事のうちです。

年々実感しています。ヒシヒシと・・・(^^;)

猛暑はこれからです。皆さんも自分なりの夏支度して、

元気に夏を乗り切って下さいね!

梅雨で湿度が高い毎日ですね。

この先梅雨が明けたらもっと暑くなるようですが、

夏バテしないように・・・

夏支度を進めています。

 

もう過ぎてしまいましたが・・・

GWに入る頃に窓拭きと網戸の掃除をします。

普段からピカピカと言われる方はいいのですが、

この時期、念入りにキレイにします。

窓から入る空気を少しでもいい空気にしたいので。

そして、夏の間中キレイに保たせます。

窓を開け、なるべく空調使用しないようにします。

 

 

体が夏に慣れるようにします。

たくさん汗をかいて、自分の汗で体を冷まして体温を下げられるように

訓練しておきます。

暑いと感じたら窓をあけ、風を入れ、扇風機の風なども使用し、

自分の汗で熱を冷ますようにして体温を下げるようにします。

これでだいぶ暑さに対しての抵抗力が違ってきます。

匂い対策もあるので、外出先では汗はすぐに拭きましょう!

そして、

もちろん、熱中症の危険もあるので無理はいけませんよ!

充分気をつけながら、自己責任で注意して行って下さいね!

 

冷たい飲み物は飲まないようにして、

温かい飲み物を飲んで汗をかくようにしましょう。

(とても暑い日に体がほてっているようなら冷えた飲み物で冷ますことは大事ですが、

そうでないようなら、冷たい飲み物は控えるようにしましょう。

冷たい飲み物は内臓を冷やし働きを低下させてしまうので消化作用に関わります。

消化が悪いと、エネルギーも作りだせなくなるので、夏バテになりやすくなると言えます。

 

こうしてたくさん汗をかいておくと、動いて汗をかいても、

風にあたっていると、すぐに汗がひくようになります。

汗が引いていくのが心地いいと思えるようになります。

体が徐々に暑さに慣れていくのを手伝ってあげると

夏バテしにくくなります。

 

暑いからと冷え冷えの中にいると、その状態を体が覚えて

外の暑さを異様に暑く感じてしまう体を自らが作ってしまいます。

 

それだけでなく、温度調節がしにくい体になってしまいます。

温度調節機能が働かなくてもいい状況の中で生活している訳ですから

機能が低下していく可能性があるのです。

特に、年齢を重ねていると体自体が省エネモードになっている為、

あっという間に調整が効かなくなり、すぐに暑がったり、寒がったりと

外気温に対して防御が効かなくなってしまいます。

 

温度調整が出来ないという事は、

少々の温度変化に対応できない為、

少し気温が下がっただけで風邪をひいてしまう事さえあります。

今の状態で、風邪は一番引きたくないですよね!!

 

そして、自律神経のバランスを崩す可能性もあります。

そうなると、運動がしたくても動けない状態になる可能性もあります。

 

そうならない為にも、

無理しないようにして、少しずつ今よりも体の機能を鍛えておくのが得策です。

「暑い」・・・「汗かくのがいや」と言わずに、頑張って運動したりと、

しっかり汗をかきましょう!!

 

自律神経系の患者さんにも、

汗をかくように指導しています。

体温調整など、バランスをとることが

自律神経の仕事です。

 

新型コロナウイルスの感染が広がり、

2月7日現在で、(NHKニュースによると)

中国で3万人が感染し、死者の数が600人を超えるという報道もあります。

 

抗生物質が発見されるまでは、

「感染症」こそが死亡の原因の第一位だった訳ですから

細菌やウイルスは元々人にとっての脅威であり、

そもそも、菌やウイルスは私達の周りに

たくさん存在し、共に生きてきました。

 

人間たちが、「強い薬」「万能な薬」をつくる事で、

菌やウイルスは更に強い菌へと、

生き残る為に進化させた結果、

ドンドン強い菌が作られていったという

皮肉な結果になったという事でしょうか。

 

マスクが足りないそうですが、

マスクで防御したり、まき散らさないようにすることも必要な事のように思いますが、

上記の事から、

もっと根本的に考えれば、

すべての人が感染し、死に至る訳ではなく、

症状が軽かったり、治ったりする人もいるのは

免疫力が強かったからではないでしょうか。

 

ウイルスに勝てる免疫を持っているから・・・

であるなら、

マスクを買いに奔走して、へとへとになって

具合悪くなるよりも、、

しっかりした体をつくる事です。

栄養バランスの良いものをしっかり食べ、

しっかり、眠る事!

ストレスを溜めずに、上手に解消させ、

気持ちよくhappyでいる事。

ではないでしょうか!

 

出来るかぎり、コミュニケーションをとり、

笑う事、誤解のないように意思をちゃんと伝える事、

互いに思いやる事、楽しい事を分かち合う事、

笑わすこと、歌う事、楽しいと感じる(しっかり味わう)事♪

楽しかったことは「楽しかった」と言葉に出してみたり、かみしめると

その楽しかったことは脳の中で倍増します♪

 

もう、お分かりですね!

ナチュラルキラー細胞!

病原菌を退治してくれる免疫細胞・・・

あなたの中でしっかり、正しく増えたナチュラルキラー細胞が

しっかりと働いてくれます。

 

正しい情報を得ることは大事ですが、

その情報により、不安をあおられるのであれば、それはいい反応とは言えません。

すぐにその情報を遮断し、楽しい気持ちを倍増させてくださいね!

 

暖かくなればウイルスは活動できないそうです、

頑張って乗り切りましょう(^O^)/

 

バランスのとれた食事、

ポリフェノールを摂る事がおすすめです。

日本茶、ゴボウ、黒豆などなど・・・