こんにちは、志緒村亜希子です。



不満でいっぱい、文句で過ごすのか


与えられた環境の中で

どう楽しくベストを過ごせるのか。




いろんな場面で当てはまるな〜




我ながらいいこと書いてるので

過去記事をリブログします。






一人で頑張る=閉ざす ではなく


ゲームのように

軽やかに


「自分で頑張れること」を

改めて引き受けてみたことで

 

「世界は優しい」を

ものすごく痛感させられる。

 













この投稿をInstagramで見る

【世界中がこんなニュースで溢れたら】 子どもが悲しい思いをしたり 傷ついたりするようなニュースが続き 胸がえぐれたある日のこと。 「悲しいニュースが多いよね。 それよりもさ、テレビで楽しいニュースをやればいいのにね。 じゃぶじゃぶ池が始まりました〜! とか たくさんのテントウムシが羽化して 森に帰って行きました、とかさ・・・」 そう何気なく子ラッコに話すと 楽しいニュースのたとえが たくさん湧いてきたようで 大喜利みたいになった。 以来、 「ママ、もっと楽しいニュースがいいよね」と ときどき思い出して ひとり大喜利をしてくれる。 ・カモの赤ちゃんが10羽産まれました〜! ・カブトムシがロボットになりました〜! などなどなど… 子どもは楽しいことが大好き。 彼らの発想や感性って本当にすごいなぁ このお写真、部屋着で失礼!(笑) #自分の光に照らされる #暮らしセラピー #暮らしを愛でる #日常がステージ #幸せ #心を震わせて生きる #整える暮らし  #happy #5yearsold #lifewithakid #自分の光に照らされる #こころ震わせて生きる #毎日を愛でる #愛でリスト #心の化学反応 #いまここが天国になる暮らし方 #幸せになる #世界は優しい #日常がステージ #心地よいくらし #自信がないまま夢を叶えてもいい #ダメダメなままの自分を大好きになっていい #自分を好きになりたい #自分磨き #音声配信 #ラッコチャンネル #ポッドキャスト #RAKKOCHANNEL

志緒村 亜希子 (しおむらあきこ)(@happygolucky.rakkoakko)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

【秋山さんの絶品鰹節】  築地場外市場の秋山商店さんに やっと、やっと買いに行けました。  自粛前に我が家の在庫がなくなり ずっとロスに陥ってました。  出汁パックなどで凌いできましたが やっぱりやっぱり ここのが美味しい〜💕  店頭で腹側と背側を ひとつずつ選んで その場で削ったものを ブレンドしてもらいます。  子ラッコがなかなか ご飯を食べてくれない時も お味噌汁だけは平らげるのは お出汁の美味しさを 覚えたからかな、と勝手に思っています。  お味噌汁さえ食べてくれれば大丈夫 と思えるのも 秋山さんの鰹節のおかげ。   削りたてはほんとにいい香り〜💕 しばらく幸せが続きます。   その向かいにある 寿屋さんの昆布もおすすめです。   築地場外市場は 毎週水曜日が定休日なので お気をつけて。     ■ポッドキャスト番組やってます♪ 志緒村亜希子のRAKKO CHANNEL プロフ欄より    #5歳男児 #楽しい子育て #毎日が宝物 #家事 #おうちしごと #お出汁 #お味噌汁 #鰹節 #秋山商店 #築地場外市場 #築地  #自分の光に照らされて生きていく #夢を叶える #なりたい私になる  #引き寄せの法則 #自分の光に照らされる #暮らしセラピー #暮らしを愛でる #日常がステージ #幸せ #心を震わせて生きる #整える暮らし  #世界は優しい #奇跡 #生きる力 #信じる力 #happy #followme

志緒村 亜希子 (しおむらあきこ)(@happygolucky.rakkoakko)がシェアした投稿 -

こんにちは、志緒村亜希子です。
 
 
 
ルーティンがものっすごく苦手です。
 
毎日、決まった時間に決まったことをやるとか、
毎日、同じ時間に同じ場所へ出向くことなど
意味も分からず、すごく重苦しい気持ちになります。
 
しかもそれが、学校や職場、社会通念など
他者によって決められたルールに従う場合は特に
得体の知れない抵抗感と重苦しさを感じてきた
 
ってことに最近気付きました。
 
 
まったくもって、本当に社会不適合者ですわ。
 
 
だから、
中3のある日、ひょんなことからずる休みを覚えた時
嘘をついている罪悪感もありながらも
心底ホッとする感じを覚えています。
 
余談ですが、ズル休みが母にバレて皿が円盤のように飛んできてめっちゃ怖かった(笑)
 
 
最近になってやっと分かってきたことなのですが
わたしは【逃げ道がないとやっていけない人】。
 
 
会社勤めをしていた頃、
たまにある外出の仕事があるのが楽しみだった。

車のディーラーでは、お客様のご自宅への納車や、取引店へ用事に出かけたり、
 
財団に務めていた頃は、各国の大使館へビザ申請に出くのも楽しかった。
 
 
今思えば、20代前半で2年海外に行っていたのもその1つでした。
 
 
 
決められたルールの中でいかに自分らしく楽しみながらやっていく秘訣は
自分に逃げ道を用意することです。
 
すると、同じテンション上がらないことでも
違う角度から見ることができ、楽しめる幅が広がります。
結果、趣味も仕事も「気づいたらこんなに続いた」という風になるんです。
 
 
カレーライスに、チーズやスパイスなど
あれこれちょい足ししながら最後まで楽しく完食するようなイメージ。
 
 
 
今の生活で言うと、
ときどきこんな私でも
「子育て×主婦×仕事、本当によくやっているね」と
褒めていただくことがあるのですが
 
それは私にとって頑張っていることではなく、
子育て、主婦業、仕事、3つそれぞれがお互いうまく逃げ道になっているから
この私でも続いているのだと気付いたのです。
 
うまくは回っていないかもしれないし
いつも大変だー大変だーと走り回ってはいますが(笑)
この3つが絶妙にいいバランスで私の生活を構成しています。
 
わたしの場合、どこか一点集中だと心のバランスが崩れ
今以上にうまく回っていなかった可能性があります。
 
 
もしもあなたが今の生活や、仕事などに息苦しさを感じているとしたら
自分なりの逃げ道を作ってみてはいかがでしょう?
 
もしくは、実はもう逃げ道があった、ということに
気づいてちょっとラクになるかもしれません。
 
 
するとそれはもはや「逃げ道」ではなく
いまの生活を大切にするための大切なスパイスであることにも
気付けると思います。
 
 
だからもう「逃げている」という罪悪感は消え、
日々の充実感を今以上に得られるようになりますよ!
 
 
 
image
 

 

 

■ポッドキャスト番組やってます♪
志緒村亜希子のRAKKO CHANNEL
〜40代で自信がないままママになった話〜
番組を聴くには
maciPhone: https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1447849381
Google PlayAndroid: https://castbox.fm/va/1892094
googleGoogle: http://bit.ly/rakko-podcast

 

 

スマイル番組へのご感想、今後取り上げて欲しいテーマなどはLINE@か、こちらからどうぞ!

→ https://ws.formzu.net/fgen/S11183297/

 

視聴方法が分からない方、番組コンセプトはこちら
※ 毎週月曜日配信です
image