Red×Skyblue

Red×Skyblue

自称・マイペースで天然系♀のブログ。

競馬など、いろいろな話題を書いています。


※コメントは内容によって削除する場合があります。なお、トラックバックは受け付けてません。

JRAアニバーサリーの一環で中京競馬場の乗馬センターが1時間だけ一般公開されたので、見学に行ってきました。

中京競馬場の乗馬センターは馬場内遊園地のお隣にあります。
途中に階段がないため、ベビーカーや車椅子でもアクセスできるのは初耳でした。

外に繋がれていた仲馬(なかま)たちから。
誘導馬隊白組所属のウインプレミアム。
お顔の向かって右側に傷があるのがチャームポイントです。
繋がれたまま寝かかったりしていたようですが、見学に来ていた人達の話し声などで目が覚めたみたいです。

ちびっこ隊所属のサスケ。
この仔とは初対面だったのですが、職員さんによると、普段は馬場内ポニーリンクでのポニー馬車試乗会を担当しているそうです。
(馬場内遊園地に行く機会がほぼないのでアセアセ

ちびっこ隊所属のあんず。
今年の夏の中京開催でお出迎えデビューした仔です。


ちびっこ隊所属のローズ。
これまでペアを組んでいた、かぶとが引退したので、3回中京開催からはあんずとペアを組んでいます。
この2頭はポニーよりも小さい、ミニチュアホースです。

練習馬場にいた仲馬たち。
誘導馬隊黒組所属・タガノアザガル。
競走馬時代にここ中京競馬場で行われたファルコンステークスで優勝しています。
触ってもおとなしくしていて、堂々としていました。

誘導馬隊黒組所属・サンレイデューク。
3回中京開催あたりで誘導デビューをしたと思われます。
一緒にいたタガノアザガルとともに、たまにイラつくことがあったようで、職員さんの指示で馬場を少し歩かせ、落ち着かせていました。
 
馬房にいたけど、繋ぎ場側に顔を出していた仲馬たちもいました。
誘導馬隊所属・ブライトジェム。
クロフネ産駒とは思えない派手な馬体をしています。

誘導馬隊白組所属・エピックジャーニー。
目印はお鼻のところの逆さ十字架でしょうか?

馬房にいた仲馬たち。
誘導馬隊黒組所属・ムスカテール。
競走馬時代は目黒記念で優勝しています。

誘導馬隊キャプテン兼白組リーダーのツルマルケン。
誘導馬隊メンバーの中で唯一、リニューアル前から活動をしています。

誘導馬隊白組所属・スリーマーゴーン。
なんかお隣が気になるようでした。

13時すぎにローズガーデンへ馬車試乗の整理券配布の列へ。

暑かったので水筒を持っていったのは正解でした。
(🏨の製氷機の氷を水筒へ入れて、途中で買ったペットボトルのお茶を移し替えていた)

整理券配布は13時20分からで、無事にゲット。

馬車試乗のお手伝いをしてくれた🐴はカンクン。
品種は忘れましたが、サラブレッドではないことは確かです。(^_^;)\('_' )ヲイ

馬車試乗のあとは再び、競馬場内探検へ。

イーストホール2階にもウオッカ像がありました。(⊙_⊙)

スミマセン、このアングル好きなものでアセアセ

イーストホール中央付近にはディープインパクト像もありました。


ディープインパクト像はスタンド内の献花、記帳台のところにもありました。

S指定席へ戻る途中、場内モニターで新潟ジャンプSを観戦。
落馬、馬体故障による競走中止馬が出なくて、ホッとしました。ε-(´∀`;)ホッ

S指定席帰還後は座席のモニターでレースを見たりしていました。

馬券は小倉メインの釜山港へ帰れステークスだけ当たりました。

3場メインが済んだ後、荷物をまとめて退場準備へ。

芝コースとダートコースのゴール板。


ホースプレビューで記念撮影。

イラストレーターのおがわじゅりさんデザインのシャッターを発見。

シンザン先生とミホノブルボンのイラストはまさにイメージそのものでした。



※その1はこちら

昨日は名古屋に帰る新幹線前が19時30分頃だったので、開催はしていませんが、東京競馬場に行ってきました。

泊まっていた🏨が新橋だったので、東海道線で川崎まで行って、南武線で府中本町まで行こうかと思いましたが、時間がかかりそうなので、品川で山手線に乗り換えて、京王線で府中競馬正門前まで行くルートに変更しました。

品川到着後、山手線への乗換途中に見つけたコインロッカーにキャリーバッグと花束を預けました。

京王線は調布と東府中で乗り換えて、府中競馬正門前に到着したのは11時20分頃。

パークウインズ時にS指定席の1テーブルを一人で使えるキャンペーンを行っているようで、1500円払って購入しました。

入場後、ローズガーデンへ向かったのですが、既に体験乗馬の受付は終了していました。(´;ω;`)

終了時間後、職員さんのご好意でお手伝いをしてくれた馬たちとのふれあいタイムを行ってくれました。

ネコパンチ。
日経賞を人気薄で逃げ切って、波乱を起こしました。

タールタン。
誘導馬になる訓練中のようで、頭絡に🔰がついています。

イーストフォンテン。
触っても動じることがなく、ものすごく大人しい馬でした。

この後はメモリアルスタンド5階にあるS指定席へ。
荷物を置いて、競馬場内探検のスタートです。

メモリアルスタンドのターフィーショップには大きなアーモンドアイのぬいぐるみなどが展示されていました。



競馬博物館でディープインパクトとキングカメハメハの献花台に手を合わせてきたり……。
(記帳はしてきてません)

パドックやウオッカ像の前で記念撮影をしたリしました。



金曜、土曜と毎年恒例となっている関東遠征に行ってきました。

今年もJR東海ツアーズのぷらっとフリープラン関東を利用させていただきました。
🏨は昨年は品川シーサイドでしたが、今年は新橋にしました。

行きの🚄の座席はなんと、昨年と全く同じ位置びっくり

駅によっては停車時の座席の位置が駅名看板のすぐ近くになりました。





東京に到着後、東海道線で新橋へ。

お昼はここへ。
辿り着くまでに道に迷ったのは内緒ですアセアセ


🏨到着後、荷物を置いて川崎へ。

川崎到着後、雨が本降りになってきたため、駅前の商店街で傘を買いました。

その後、無料バスで川崎競馬場へ。

競馬場到着後、集合場所を指定されていたにもかかわらず迷子に😅
(1号スタンドだと思っていた場所が実は2号スタンドだった)

仲間と雑談したり、写真を撮ったりして過ごしました。








メインレースの「第72回   秦野たばこ祭記念」の表彰式はウイナーズサークルで見ていたのですが、表彰式終了後にミニサイズのカツマルくん人形と花束を両方とももらうことができましたびっくり

最終レース後、徒歩で川崎駅へ向かい、駅前の某居酒屋さんで二次会。

一部の参加メンバーの電車の時間の関係で23時頃にはお開きに。

川崎競馬場であまり飲めないのに飲んでしまい、心配した仲間が新橋の🏨の近くまで送り届けてくれました。
最終レース後、芝コース開放が行われました。

中京の場合はとにかく並べば入れますという感じなので、入場待ちの列に行ったのですが……。

入場待ちの列は東入場門とパノラマカーを通り過ぎたところまで伸びていましたガーン

ただ、列の進みが早いので、それからあまり並ばずに芝コースに入ることができました。

これは2200m戦のスタート位置付近で見た車ですが……、何でしょうね?

内ラチにうまたせを乗せてみたり……。

ダートコースには馬場をならす車(スタート台を乗せる車かも?)と散水車が停まっていました。


そういえば、今年は芝コース内にゲートが設置されていませんでした。

これは芝コースのゴール板。
多くの人がスマホカメラで写真を撮っていました。
また、ここは記念撮影スポットになっていたようです。

終了時間ギリギリまで多くの人が芝コースに残っていたようで、スタッフさんが拡声器で「そろそろ終了ですので、退場をお願いします」と呼びかけていました。

……すみません、遊んじゃいましたタラー

昨日で夏の中京競馬も開催終了となりました。

最終日の昨日は入場無料となるフリーパスの日に加えて、年に1回の芝コース開放。
さらにメインレース・中京記念のスポンサーが世界のTOYOTAとあって、高級車の展示もありました。

今年、展示されていた高級車は……。
白色のMIRAI

赤色のランドクルーザー

青色のクラウンでした。

以前は優勝馬の馬主さんへTOYOTAの高級車が賞品として贈られていて、表彰式前にウイナーズサークルから馬場内へ乱入走行していくのがお約束となっていましたアセアセ

馬場開放の日にはメイショウドトウのぬいぐるみを連れてきていたのですが、今年は連れてきませんでした。

その理由が……。

代わりに大井競馬場のマスコットである、うまたせのぬいぐるみを連れてきました。
これ、ある意味でテロだったかもしれませんね😅

その後はサイレンススズカ広場でラーメンを食べたり……。

中京競馬場のマスコットキャラクターのペガスターと遊んだりしてました。


中京記念はなんと赤い帽子の3枠に入った馬同士で決着びっくり
赤いランドクルーザーはレースのサインだったのでしょうか……。←そんなことはありません

中京記念の表彰式プレゼンターは俳優の高橋英樹さんと娘でフリーアナウンサーの高橋真麻さんが務めました。
お二方は最終レース後にウイナーズサークルで行われたトークショーにも登場されたようです。

馬場開放については別の記事にて。
この3日間開催中、中京競馬場では「のりものフェスタ」が行われていました。

ショベルカーや馬運車などの他に、初日の27日はパトカーと白バイ、昨日はランボルギーニとマクラーレン、今日はフォーミュラーカーも展示されていて、家族連れで賑わっていたようです。

馬運車の中には誰でも入ることが出来て、写真撮影もOKでしたニコニコ




ショベルカーなどはなりきり衣装が用意されていたようです。
といっても、ヘルメットと保護用ベストでしたが😅


フォーミュラーカーでは小学生以下の子供がレーシングスーツを着て、コクピットに座ることも出来たようです。



馬場内遊園地では高所作業車に乗って、上から中京競馬場を見るというのもやっていたようですが、そちらには行くのを忘れてしまいましたタラー
高知競馬では初めてとなる、冠レースを行いました。

高知競馬の協賛レースは協賛者名は「○○協賛」、レース名は「○○特別」でともに10文字以内という規定があります。
(例:「27年度3年1組協賛 同窓会開催特別」)

申込書は高知競馬の公式サイトからダウンロードできますが、送付前に高知県競馬組合へ📞して、日程の確保をする必要があります。
(レース希望日の30日前までに)
希望日に開催できるかどうかの返事はすぐにしてもらえ、申込書はあるかどうかも聞かれます。
公式サイトの協賛レースについてのページはわかりにくい場所にあるので、送付してもらうのもありかと💧

レースは当日のメインレースと最終レース(ここは「一発逆転ファイナルレース」で固定されているため)以外ならどこでも指定可能かと思います。
私は希望のレース番号がなかったので、空いてるところならどこでもいいというようなことを申込書に記載したら、第3レースに編成されました。

今回は現地入りできず、さらに東海地区では高知競馬の馬券はネット投票でしか購入できないという。(´⌒`。)
仕方ないのでレースは自宅のPCからライブ中継で見届けることに。

※画像は高知競馬ライブ中継よりお借りしました

高知競馬のパドック中継はおめかしした🐴(女の子なのでシルクハット等がピンクになっています)がドラを鳴らすのですが、音に驚いて目が回るアニメでスタートします。
最初、高知競馬のマスコットのま子ちゃんかな…と思いましたが、違うようです。



昨年7月に騎手を引退し、その後、所属厩舎の兄弟子にあたる、佐原秀泰騎手とゴールインした、下村(佐原)瑠衣ちゃんが誘導馬に騎乗しています。
おめでたのため、3月から産休に入るそうです。
(彼女がTwitterで報告していました)




馬券発売締切後、実況担当アナウンサーの橋口浩二さんが協賛レースのタイトルとメッセージを紹介してくれます。
このメッセージは10分も掛からずに考えましたが、これに橋口アナがどういう反応を取ってくれたかは高知競馬のライブ中継でどうぞ。
(YouTubeで「高知競馬」と検索すると、開催各日のライブ中継が見れます)

ちなみに橋口アナは高知競馬で使用されているファンファーレを作られた方でもあります。

協賛レースを行うと、ゲート上のLED部分でレース名とそれに合ったイラストを表示してくれるサービスもあります。
(今回は誕生日なので、🎂がありますネ)

ファンファーレが流れて、「安田ろろ誕生日特別」の発走となりました。


レースは出走9頭がすべて牝馬という、ある意味で奇跡となりましたが、2番人気のダマデノーチェが1着、1番人気のシャトークロエが2着という堅い結果で決着しました。

ここ数年は平日開催のため、見に行くことができなかった、名古屋グランプリ。

2500mとダートグレード競走では最長距離を誇ります。

 

名古屋競馬ではダートグレード競走時にマルカセンリョウが誘導馬を務めています。

競走馬時代は名古屋競馬に所属していました。

(通常開催時には誘導馬はいません)


名古屋グランプリの出走馬たちを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場内のレース映像に表示されるシャチウマくんもクリスマスバージョンになっていました。

(この写真は12/20に撮影したものですタラー

 

名古屋競馬の公式サイトでは発表されていませんでしたが、シャチウマくんの登場もありました。

 

ジャマにならない場所でレース観戦。

 

名古屋グランプリを勝ったのはチュウワウィザードでした。

 

表彰式に乱入参加するため、ウイナーズサークルへ移動したいものの、ファンの山。

スタッフさんが通路を空けてほしいとお願いしながら、誘導していました。

11月23日。
笠松競馬場では場内で畜産フェアが行われていて、豚の丸焼きや温泉卵などがもらえる整理券が先着順で配られていました。
(あまり興味がなかったので私はもらっていません)

一方で第3レースから最終の第10レースまではすべて個人や企業の協賛レースとなっていました。

各レースの勝ち馬をダイジェストで紹介します。(^_^;)\('_' )ヲイ
(第3レースは笠松競馬場到着前のため、写真はありません)

第4レース「陽奈望14歳おめでとう記念
キクノデア(ピンク帽)

第5レース「吉田勝利笠松競馬来場30周年
ハーリーバーリー

第6レース「第27回岐阜信用金庫杯
ピネローロ

第7レース「まねき馬倶楽部in笠松競馬場
タイキビルダー

第8レース「日刊スポーツ・極ウマくん賞
ヒロノオウカン
※鞍上の藤原幹生騎手はこのレースで地方競馬通算800勝を達成しました

第9レース「第33回畜産フェア特別
キングリーフィスト(黄色帽)

第10レース「OKB大垣共立銀行手のひら杯
モスアゲート(オレンジ帽)