Mayu's doll

Mayu's doll

球体関節人形の制作&活動、日々のささやき




─少女たちの、甘酸っぱい誘惑。


Doll & Photo & Written by Mayu






テーマ:




   しかも、今も変わらず文章から滲み出る艶っぽさ…






実は、このところ──

環境も心境も、
大きく変わりまして……

更新が、想うように出来ずにおりました。



ブログから、
そろそろ撤退しようかしら?

などと想っていた矢先。
(何故に、このタイミングで?)

お懐かしい方々から、
メッセージがふわり、はらりと舞い込む。



頂いた文面から
何かを感じ取って下っているのが……

すぅっと、伝わってきて。

(表題は、そのお言葉のひとつ……(苦笑)



何だか、
嬉しくて、こそばゆいの。

うふふ。。











http://www.mayudoll.com/doll78.htm










公開し、
一方的に悦んでいるだけの日記だとしたら、

それは、
ただの露出狂に過ぎなく……ん?(笑)



読んで下さる方、
お言葉をかけて下さる方……

ゆえに
私は生き長らえているのですね。

ん~ 大変有難いことです。。



さらには、こうして、
小ネタとして更新する私なのでした

うふふ。。









追伸:コメント欄は
   固く閉じておりますが……

   す、すみません。。
 
   メッセージは
   ゆ~んわりと開けておりますよ









にほんブログ村

  ↑ ブログをサボりがちではありますが(苦笑)
    「ブログ村」ポチの応援、大変嬉しいです!





テーマ:





  その女性は、
  ふと、茶目っ気のある表情を作ったかと想うと

  彼に向って目をつぶり、唇を突き出してみせた。

  キスのまねごとだった。


          『感傷的な午後の珈琲』小池真理子氏









エッセイ集ではあるけれど……

久しぶりに
本へ触れることが出来た。

ビジネス書や
仕事に関する資料は、別として。




見るでも読むでもなく、「触れる」行為。

言葉から伝ってくる
息遣いや体温、肌ざわりを慈しむ……

それなのと
つくづく感じた私なのでした










Mayu's doll -No.55 Rui(ルイ)

Mayu's doll -No.55 Rui(ルイ)










冒頭は、曾孫ほど年の離れた介護士へ
甘える女性──


そこに、大人の女の媚はなく。

94歳の彼女は、
大好きな兄や父に甘える少女にしか見えなかった、
と著者は、言う。






 「人生の苦悩や悲しみ、切なさ、
 さびしさを絶叫するかのように周囲に垂れ流すのではなく、

 もっと格好よく受け止めて、
 自分の中で処理したいと願っていた。

 そうできるようになるためには、
 若さや少女性は何よりも邪魔だったのだ」







その言葉に、私も著しく共感!(苦笑)


しかしながら。

自分の中には、若いころと同じ少女が一人、
棲んでいることも認めている。





おしゃれをし、紅色に染めた唇を突き出して、
10代の若い男(介護士)に、キスをせがむおばあちゃん……

なあんて、素敵じゃないかしら。


戌年さんへバトンタッチした酉年の私ですが、
将来の目標はそのあたり、ね?

うふふ。。












にほんブログ村

  ↑ ブログをサボりがちではありますが(苦笑)
    「ブログ村」ポチの応援、大変嬉しいです!










テーマ:


















新しい春の幕開けですね

あなたは
いかがお過ごしでしょうか?



あぁ、ご挨拶が……

かなり、
出遅れてしまいましたけれど。

え、毎度のこと?(苦笑)



どうぞ、お健やかで。

あなたの笑顔が
咲き綻ぶ一年でありますように──





             2018.1.3  
             少女人形作家 摩有













にほんブログ村

  ↑ 「ブログ村」ポチの応援、大変嬉しいです!


テーマ:





煌びやかなクリスマスが終わると、
何故か、ほぅっと。。


しかしながら。

巷の気忙しさに
さやっと、お正月も終わってほしいわ~

などと想う、この天邪鬼さ(苦笑)


す、すみません……








ところで、先日
ある会の撮影係として、お邪魔致しました。


私の腕は、まだまだですが……

会の模様が素晴らし過ぎたので、
お写真、小出しにしちゃおうかしら?


まずは、こちら。











筑前琵琶:平野多美恵氏










私事で恐縮ですが……

笑み崩れる
お顔も大好きな反面。

たとえ、お顔が見えずとも、
静かに物語ってくるような後ろ姿も好ましく。



さらには、着物姿──

んもう、
色香なうなじですもの、ね?

うふふ。。











このような打ち合わせシーンも撮影させて頂けて、
なぁんて、美味しいの(笑)












にほんブログ村

  ↑ 「ブログ村」ポチの応援、大変嬉しいです!









  Blood Moon──
 
  サフラン酒に漬け込まれた
  オレンジジュース

  そこへ
  血に見立てた赤いワインを滴らせる


  そして……
  
  ちいさな気泡の上には
  金箔たちが、はらはらと散らされて












Blood Moon










小川未明作『砂漠の町とサフラン酒』

夏目漱石作『夢十夜(第一夜)』


このふたつの
物語の共通点をあげるとしたら……?

美しくも、
儚き女の死──

でしょうか、私にとって。






一作目と二作目の間に
館主から、振る舞われたカクテル『Blood Moon 』


金箔の華やぎと
ふわりと、溶けるような儚い甘さ。

そして、
女の情念と言うべき、ほろ苦さの余韻──


そのなかで聴くHirokoさんの朗読は、
五感を震わされるような佳き会となりました。










Hiroko
リハーサル中のHirokoさん。
影絵のようなショットが、これまた幻想的で♡










そうそう、
オファーを頂いた襦袢姿の橡(つるばみ)ですが……
http://www.mayudoll.com/doll64.htm

ちょこん、と
こちらに、座らせて頂きました。


見つけ出せました?

うふふ。。










小さな美酒館─The Gentle










2017年12月2日(土)
『小さな美酒館──The Gentle 』にて行われた

朗読とカクテルと人形の初コラボレーション
(などと勝手に命名 (苦笑)

お陰様で、無事に終了致しました。




アミューズとお酒を味わいながら……

お客様参加型の
今までにない佳き朗読会でした。


カウンター席
8つほどの小さな隠れ家的BARですが。

あなたも次回、
宜しければいらして下さいな。。













にほんブログ村


  ↑ 「ブログ村」ポチの応援、大変嬉しいです!







テーマ:






  「百年、私の墓の傍に坐って待っていて下さい。
  きっと逢いに来ますから」


  自分はただ待っていると答えた。

  すると、
  黒い眸のなかに鮮に見えた自分の姿が、
  ぼうっと崩れて来た。


  静かな水が動いて写る影を乱したように、
  流れ出したと思ったら、女の眼がぱちりと閉じた。

  長い睫の間から涙が頬へ垂れた。


  ――もう死んでいた。




             (夏目漱石作 『夢十夜(第一夜)』より)












風邪っぴきで、スタートが遅れ。

久しぶりのお針子による衣装制作も
遅れに遅れ。


あわわと進めていますが
ブログ告知に手が回らない……

嗚呼! 何という体たらく(苦笑)






12月2日(土)午後6時開演。

ざくり、
と、一週間前を切ってしまいましたが……

池袋にある
隠れ家BAR『小さな美酒館』さんにて
朗読家の方とコラボレーションを行います!


物語に合わせたカクテル、アミューズ等、
粋なマスターから振る舞われますよ~

ちなみに
前回のご様子は、こちら。
https://ameblo.jp/mayudoll/entry-12316343328.html








アミューズ








今回、お声をかけて下さったのは
朗読家、櫛部妙有先生のお弟子さんでもある
Hirokoさん。


妙有先生とは、
10年ほどのお付き合いになりますが……

お弟子さんとのコラボレーションは、初体験!
(皆さ~ん、遠慮せずにリクエストしてください♡)


と申しましても。

既に、デビューされていますので
ひとり立ちされたプロの朗読家さんです。






劇団四季、JAL
と華やかな経歴のある彼女ですが。

たおやかさの裏側に
努力家という強さと熱さに……

とくと魅了されている、私なのでした。




当日は、
カウンター内にもお邪魔致しまして……

かりそめ写真家を担わせて頂きます~(苦笑)

















追伸

既に満席とお聴きしておりますが、
私のお席をお譲りしますので……

ご興味のある方は、ご連絡下さいな







にほんブログ村

  ↑ 「ブログ村」ポチの応援、大変嬉しいです!







テーマ:





12月2日(土)
イベント記事をあげなきゃ(汗)

などと想いつつ。


むぎゅっと
このタイトルに胸を掴まれて。

なるほど
アリス好きの謎が解けたわ~

















私も月の星座が、魚座なのです。

表面に出やすい
太陽の星座ではなく。

裏側、内面性を表す月──


日頃、秘め事にされている分。

とろ~りと
濃厚なはず、ね?(笑)



ところで、あなたは何座?



















追伸:ちなみに来月。

ヤフーオークションへ
我がアリスちゃんを出品致します!
http://www.mayudoll.com/doll74.htm

宣言してしまえば
私も逃げられまい……(苦笑)









にほんブログ村

  ↑ 「ブログ村」ポチの応援、大変嬉しいです!






テーマ:





先日のチャリティイベント──

実は、前日から
悪寒と喉の痛みに蝕まれておりました。


気合で治す予定が
無事、終了した安堵で……

けふけふ、と咳き込むようになり、
もはや、立派な風邪っぴきに。

ここ数年、
風邪とは無縁でしたのに……ちぇ(笑)






いえいえ。
ご報告が遅くなりまして、相すみません。

45名の方がいらっしゃいまして
おひとり千円の参加費にて、計4万5千円。

特定非営利活動法人『BONDプロジェクト』さんへ
全て寄付させて頂きました。
http://bondproject.jp/

どうも有難うございました。





ところで
先日のイベントから、帰る道すがら……

さらなるオファーを頂戴しました!


風邪引いて地固まる……ん?

それなら
ど~んと風邪を頂いちゃいましょうか(苦笑)
















        







12月2日のイベントに
Mayu's dollを展示させて頂きます。
(詳細は後ほど)

イメージに合わせて、
襦袢なんぞ、拵えようと想っていたりして。



長い黒髪、
透き通るほどの白い頬に、紅い唇──

つつっと、首を前に出して……

思わず
男が、接吻したくなるような、ね?

うふふ。。


さぁ、文学的男目線でゆきますよ~











にほんブログ村

  ↑ 「ブログ村」ポチの応援、大変嬉しいです!












テーマ:






Mayu's Doll No.75「真赭(まそほ)」
Mayu's doll No.75 「真赭(まそほ)」








約80体ほど、
制作した人形たちの中で……

赤い瞳を授かった娘は、他にいたでしょうか。


物語のなかで炎に巻かれる──

その様を表現するには
強い赤が、どうしても必要だったのです。

この娘の名は、真赭色から頂きまして、
「真赭(まそほ)」です。
(ススキを表わす言葉で、秋の季語でもあるそうです)





2015年7月 衎芸館さんでの
音、言葉、人形のコラボイベントから……

がらり、と会場と物語を変えまして。


此度、
彼女が、どのような空気感を醸し出してくれるのか?

期待している私なのでした










古民家『けやきの森の季楽堂』さんが、今回の会場。
※セッティング後の風景(他に、屋根裏部屋もあり)






前回の懇親会の様子も、上げさせて頂きました(2017.7)








今回は、奥田敏夫さんの追悼朗読会であり、

『BONDプロジェクト』さんへの
チャリティでもあります。
https://ameblo.jp/mayudoll/entry-12322888720.html

私の他、
琵琶奏者の塩高和之さんも駆けつけて下さいます!





二年前のコラボイベントにて──

三日間もの間、妙有先生の朗読と
塩高さんの琵琶の音を吸っていた真赭。


「あ、表情が変わった……」
と驚かれた方は、少なくありませんでした。

何より、生み落としたこの私が(苦笑)



今回は様々な人たちが
様々な想いを抱いて、集うことでしょう










【追悼朗読会&BONDプロジェクト(チャリティ)】

2017年11月5日(日)
◆朗読会 14:30~
宮沢賢治作『雁の童子』
◆懇親会 15:30~
『BONDプロジェクト』ご協力
※参加費千円は、BONDプロジェクトさんへ寄付
http://bondproject.jp/

『けやきの森の季楽堂』
練馬区早宮3-41-13 / TEL 03-3992-7022
http://kirakudow.jp/

◆お申込みは、こちら
お名前とお電話番号をお願い致します。







追伸:
此度、モノクロームのお写真を掲載致しましたが、
赤い瞳を、どうぞ覗き込みに来てください。

……え、戦略的?(苦笑)












にほんブログ村

  ↑ 「ブログ村」ポチの応援、大変嬉しいです!



テーマ:






  助けてほしいんじゃない。

  アタシの存在に気づいてほしいだけ……

  ここにいてもいいって、生きていてもいいって、

  言ってもらいたかったの。




             10代20代の生きづらさを抱える
             女の子のための女性による支援。
   
             特定非営利活動法人 『BONDプロジェクト』         
             http://bondproject.jp/











急遽、飛び込んできた
人形出演のオファーでした。

もちろん、
敬愛する方からでしたので……

内容も分からないまま、即快諾(苦笑)




お手紙を拝見して
今回のオファーが、チャリティであることに
驚きと、少々の戸惑いを覚えました。

およそ、私には無縁と想っていたので。


しかしながら、
朗読家 櫛部妙有先生のお手紙を拝見して……

すぅっと、私の胸に入って参りました。



さらに、サイトへアクセスして
そこから、飛び込んできた女の子たちの言葉!

真っ赤な涙が滲み、
か細い悲鳴のようなものを感じて

もう、胸が苦しくて。
 










Mayu's doll -No.55 Rui(ルイ)
Mayu's doll -No.55 Rui(ルイ)










「大人って、ズルい! 本当に、ズルい!」


二か月ほど前でしょうか……

もう、どうにも、
感情を抑えられなくなって。

小動物のように
からだを震わせながら、泣きじゃくりました。


そう自分が、48にもなる
オトナであることを棚に上げて(苦笑)


全てを吐き出したはずなのに。

その後、
ふつっと、私の顔から笑顔が消えました。







        †







10代、20代だけでなく。

30代、40代……そして、50代以上の方でも、
生きづらさを感じられているのかも

そのように、想ってしまう私もいます。


朗読好きな方も、人形好きな方も
また、人形が苦手な方も……

もし、宜しければ
あなたも、いらっしゃいませんか?


……あ、笑顔は
お陰様で回復しております(苦笑)










◆2017年11月5日(日)
 朗読会 14:30~
 懇親会 15:30~
 
「けやきの森の季楽堂」さんにて
(東京都練馬区)

 詳細はのちほど。









追伸:朗読会と懇親会の二部構成です。

『BOND』の女の子たちが
お菓子や軽食を拵えてくれます。

皆様から頂く参加費千円は、寄付致します。








にほんブログ村

  ↑ 「ブログ村」ポチの応援、大変嬉しいです!



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス