頑張る→ゆるむへ 生き方を変えたキャリアコンサルタントの思いつくまま日記

頑張る→ゆるむへ 生き方を変えたキャリアコンサルタントの思いつくまま日記

生涯キャリアのコンサルタントとして
組織風土改善に関するご相談・提案業務、企業研修
専門性を高めるコンテンツのトレーナーとして
人生を豊かに生きやすくする、知らないよりも絶対知っておいたほうがいい各種コンテンツが使えるようになる養成講座を開催しています。


テーマ:

『妄想が楽しい!』

 

縄文ってたくさんの切り口があるけれど

 

 

私の

学びの一つは

 

聞いてびっくり(?)

 

「ホツマツタヱ」という文書です。

 

 

 

 研究者のお一人

 

今村聰夫先生の毎月の勉強会は

 

社会派イラストレーター

 

牛嶋浩美さんとのご縁で出会ったものなのだけれど

 

 

 

今村先生の手にかかると

 

なかなか解読しにくい

 

ヲシテ文字で書かれた文書も

 

 

壮大な叙情詩のような

 

宇宙の交響曲のような

 

それでいて

 

ワクワクして

 

囲炉裏端で無邪気に話しの続きをねだりたくなるような

 

 

 

そんな気持ちになってしまうのです。

 

 

 

そんな学びの場を作り出してくれるのは

 

今村先生の本を出版してくれた

 

かざひの文庫の磐崎さん

 

 

 

この人だから集まる

 

 

 

って

 

 

 

あると思いませんか?

 

 

 

そんな不思議な魅力がある磐崎さんに私も

 

 

ノックアウトされてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

そんな

 

 

素敵な人が揃った

 

 

居心地がいい場だからこそ

 

 

 

私は安心していられます。

 

 

 

飾らないでいられると

 

 

 

妄想の羽が自由に伸ばせます。

 

 

 

そしてそんな思いついた妄想を

 

 

 

楽しい懇親の時間に話しちゃうのも

 

 

 わたしには楽しい時間なんです♪

 



 

 先日は8アヤを読み進めていたのですが、、、

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カチカチの心と頭が原因です! 

ゆるむワークで 

みんなを自然に笑顔にしてしまいます♪

 

鏡のように向き合えるから

「無理しないのに劇的効果!」

未来楽舎

学びコンシェルジュの平山淑子です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 『(注意!)ここからは妄想です♪許しちゃう人だけ読み進めてください!』(笑)

 

 

 

妄想は

 

 

漠然と

 

 

「こうなんじゃないかなぁ〜」って

 

 

思っていたことが

 

 

何かで結びついた時に

 

 

 

どかーんと広がるんですよね〜

 

 

 

そんな快感が大好き!な私です。

 

 

 

8アヤの解説を伺いながら

 

 

妄想したことは

 

 

もちろん

 

 

今村先生の発言からでした。

 

 

 

『アメノミオヤカミ』は

 

根源的な神さまで

 

 

すべての神のもとになっている。

 

 

 

 

アラブに伝わればアラーになり

 

 

イスラエルに伝わればヤハエなり

 

 

それぞれの土地の神さまに解釈されて

 

 

もともとは

 

 

ただ「在る」だったはずの神様に

 

 

教義ができるようになっていった、、、

 

 

のではないか(笑)

 

なんてお話。

 

 

 

ここで

 

 

 

宗教論争するつもりは

 

 

まったくなくて

 

 

 

 

でも

 

 

考えたいのは(妄想なんだけど)

 

 

 

そもそも根元的な神様の場合は

 

 

 

ただ

 

 

 

在る

 

 

 

人は

 

 

 

ただ

 

 

 

タマを磨く

 

 

 

 

ことで天上に行ける

 

 

 

 

タマを磨くために

 

 

 

 

地球に来る

 

 

 

タマはもとからあるもので

 

 

ただ「磨く」ために来る

 

 

 

そのヒトを見守るかのような存在だった神様が

 

 

 

 

なぜ?

 

 

それぞれの土地の神さまになることで

 

 

 

 

自分たちの神様として『在る』ことに固執して

 

 

例えば

 

 

これを守らなくてはいけないというルール(教義とかね)があって

 

 

 

例えば

 

 

他の神を否定するようなことを言うのか?

 

 

 

 

というようなことも素朴に感じるわけで

 

 

 

私が考えたのは

 

 

 

だとしたら

 

 

そもそも

 

 

 

絶対的な

 

 

アメノミオヤカミの存在が

 

 

そばに『ない』から

 

 

失うことを恐れて

 

『在る』ことに固執すること

 

 

 

というイメージが出てきました。

 

 

「ない」と思うから

 

 

相手から奪う

 

 

もしくは

 

 

 

相手を否定して自らの存在を確認する

 

 

行為をとることも

 

 

 

 

いわば

 

 

 

自然な流れであって

 

 

 

 

 

 

 

逆に言えば

 

 

 

日本では

 

 

 

『在る』ことが

 

 

 

当たり前過ぎて

 

 

 

『在る』ことを無防備に

 

 

伝えることが

 

 

 

ないと思っている人の

 

 

感情を傷つけて

 

 

 

危険だからこそ

 

 

 

『神がそこに在ること』が

 

自然に感じられた時代そのもの

 

(これこそ縄文ね♪)を

 

 

隠すために

 

 

 

文書をほとんどの人が読めないヲシテで書いて

 

 

 

古事記や日本書記で

 

 

 

神の系統をうまく隠した文書は

 

 

 

他の国の人でも読めるような形で普及させた

 

 

 

なんて壮大なことを

 

 

妄想してみると

 

 

 

もしかしたら

 

 

隠した時代は

 

 

 

まだできなかった

 

 

 

世界的な大きな調和が

 

 

 

 

ようやくできる時代に

 

 

なってきた

 

 

 

ヒトとして『磨かれた』タマを

 

 

持つ人が出てきたからこそ

 

 

世界的に

 

 

人類のルーツやアイデンティティに関心が高まり

 

 

縄文時代が

 

 

注目されてきて

 

 

そして

 

 

そのわかる人の元へ

 

 

 

ホツマツタヱと出会う必然が

 

 

 

きたのかもしれない。。。。

 

 

 

 

 

 

こんな風に

 

 

 

妄想は

 

つながっていくのでありました。

 

 

 

私が

 

 

ホツマツタヱが好きな理由の一つが

 

 

研究者の方同士

 

 

ご自身の解釈を

 

 

それぞれ主張されながらも

 

 

互いに否定しない関係であると

 

 

いうことでもあるから。。。

 

 

 

8アヤは

 

 

ハタレを討伐する章ではあるのだけれど

 

 

 

討伐の仕方が

 

 

ハタレが夢中になって食べちゃう

 

 

食べ物を撒くなど

 

 

 

なんとも可愛らしいやり方で

 

 

殺さずに

 

 

ケモノに捕らわれたタマを

 

 

救う道を選んでいる

 

 

 

 

 

そもそも

 

 

 

 

遮光器土偶のしゃこうちゃんの役割を

 

 

 

妄想した時に

 

 

 

動物の一種であったヒトが

 

 

 

しゃこうちゃんのような

 

 

 

認められたいすばらしい存在に出会うことで

 

 

 

ヒトとして『考える』を手に入れて

 

 

 

ヒトになったから

 

 

 

ヒトとして在ることがないと

 

 

 

いつでも

 

 

動物のひとつに戻ってしまうから

 

 

動物のような我の欲を押しつけるような

 

 

ハラスメントが起きるんだ〜

 

 

 

 

なんて

 

 

 

 

妄想した時がありましたが

 

 

 

 

それを

 

 

 

ハタレになった状態といえば

 

 

 

イメージピッタリで

 

 

 

 

わたしの妄想を

 

 

 

 

さらに強化させることにも

 

 

 

 

なったわけ。

 

 

 

 

ここまでよく読んでくれましたね〜

 

 

 



 

 

 

では今日のしつもん♪

「なんでも自由に考えていいとしたら、どんなことを妄想する?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは

 

続きはまたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

平山淑子主宰の未来楽舎の講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/work.work.markets.yoshibee/

 

 

月のリズムmotherコラボ「well up」の動画はこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UCWV1CttvVNYAR6jvfaU0MSA

 

 

 

 笑い文字の関東地方での講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/waraimoji.kanto/

 

 

 

笑い文字の全国の講座はこちら♪

 

http://waraimoji.com/schedule

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


テーマ:

『ゆるむワークを始めてみると!』

 

 

社会はイラストレーター

 

牛嶋浩美さんのコンテンツを使ってワークができる

 

浩美ませんか隊no.2でもある私が

 

企画して行う


「ゆるみませんか?」のワークショップでは

 

 

「Becouse you are Special」の絵本と

 

その絵本からできた

 

うちゅうからの質問カードや

 

変わっていいよ!ができるワークのコンテンツ

 

 

そして、縄文の時代には使われていたというヲシテ文字をデザイン化した

 

 

「ことはカード」などを使って

 

 

ワークを進めています。

 

 

 

ゆるむワークなので

 

 

ワーク自体もゆるゆるなのですが

 

 

ゆるゆるしてみると気づくことがいっぱい出てきたりするのですよね♪

 

 

 

例えば、、、

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カチカチの心と頭が原因です! 

ゆるむワークで 

みんなを自然に笑顔にしてしまいます♪

人見知りでもできてしまう

「無理しないから劇的効果!」

未来楽舎

学びコンシェルジュの平山淑子です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「場を大事に選んでいます♪」

 

 

ワークをするときに

 

 

誰が、誰と、も大切なのだけれど

 

 

近くに自然を感じられる「場」を選びます。

 

 

手つかずの荒ぶる大自然は

 

 

「感じる」を忘れてしまっている人には

 

自然を感じすぎて

 

 

自分を感じるのを忘れてしまうから

 

 

丁寧に手入れされている芝生とか

 


植木屋さんが愛情込めたお庭とか

 

 

人の愛情と自然が共存している場所を

 

 

どうやら選んでいるようです。

 



 

以前、浩美さんが

 

『自然には直線はない』とおっしゃったことがあって

 

確かに

 

竹のようにまっすぐに伸びているように見えるものでも

 

やっぱりどこか温かみのある線になっていて

 

 

浩美さんが描く絵も

 

手書きの暖かさや柔らかさを感じるからこそ

 

触れることでゆるむのだろうけれど

 

 

 

自然が自然のままでいるよりも

 

 

例えば

 

 

人が道を作るように

 

 

ただ、歩いても道のようなものはできるけれど

 

 

「きれいな道」と感じる

 

 

 

人が「いいな」と感じる線は

 

 

どこか整っていて

 

 

秩序を感じたりするから

 

 

 

ただ、「自然」があるよりも

 

 

人の手のかかった「自然」の方が

 

 

「安心」して緩めるのだと感じるし

 

 

その「手のかかり方」に

 

 

心地よさを感じて選んでいるのではないかしら。

 

 

 

「手のかかり方」が

 

 

例えるなら「愛」という表現になるのかもしれません。

 

 

その場に来る人は誰かわからないけれど

 

 

心地よく過ごしてもらおうという「愛」

 

 

 

 

だとしたら

 




 

縄文土器に表現された

 

「線」て、なんだろう?と妄想は尽きないのです。

 

 

夏に上野公園で開催された「縄文展」も

 

入場に並ばなくてはいけないほど賑わっていました。

 

 

これだけの人が縄文から何を受け取ろうとしているのか?

 

 

面白いですね。

 

 

 

ヲシテ文字で書かれたという文書の一つ

 

「ホツマツタヱ」は

 

 

縄文の時代に生きていた

 

 

天皇家の先祖につながる神代の話、

 

 

天照神のお話などが生き生きと描写されています。





 

 

本当の文書かどうか?などは歴史学者の人たちには重大な関心事かもしれませんが

 

 

私にはそれはどうでもよくて

 

 

目の前のものから

 

 

「私が何を感じて何を受け取るか?」

 

 

何ですよね。

 

 

たとえ

 

伺った話が

 

嘘の作られた話だとしても

 

 

その話を聞きながら

 

 

私が感じていること、考えていることは

 

 

「私自身がその刺激から感じていることであり、考えていること」に

 

 

間違いはないからです。

 

 

 

私自身の芯を持つ

 

 

これって

 

ゆるんでみるとわかること

 

 

それって

 

人が自然な状態でいることなのかもしれませんね

 

 

 

 

 

自然と人間が

 

 

互いに良いと思える生き方

 

 

もしかしたらそんなことも教えてくれているのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

では今日のしつもん♪

「あなたが感じたことは何ですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは

 

続きはまたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

平山淑子主宰の未来楽舎の講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/work.work.markets.yoshibee/

 

 

月のリズムmotherコラボ「well up」の動画はこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UCWV1CttvVNYAR6jvfaU0MSA

 

 

 

 笑い文字の関東地方での講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/waraimoji.kanto/

 

 

 

笑い文字の全国の講座はこちら♪

 

http://waraimoji.com/schedule

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


テーマ:

マンダラエンディングノートと縄文♪』

 

 

最初は、遮光器土偶に共感して

 

そうしたら

 

私の周りでも

 

 

縄文だよね〜という仲間が出始めて

 

 

それでも単に自分の趣味的な位置づけかと思っていたら

 

 

縄文について知れば知るほど

 

 

私が他に惹かれて関わっていたコンテンツとの共通点が見えてきて、、、




 

 

今回は

 

 

マンダラエンディングノートと縄文について

 

 

勝手に私なりのワオ!と感激した共通点を紐解いてみます♪

 

 

それはね、、、

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カチカチの心と頭が原因です! 

ゆるむワークで 

みんなを自然に笑顔にしてしまいます♪

人見知りでもできてしまう

「無理しないから劇的効果!」

未来楽舎

学びコンシェルジュの平山淑子です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

縄文にハマる人々』なんてドキュメンタリー映画が上映されるというので

 

 

炎天下の渋谷まで見に行ったら

 

 

 

私の萌えポイントを発見!

 

 

 

『縄文にハマっている人って、自分の「縄文」の解釈を大切にしている!』

 

 

 

これ!

 

 

 

誰も1万年続いた縄文時代を生きていないから

 

 

 

残された断片から推測していくしかないことを知っていて

 

 

 

事実がわからないから

 

 

 

断片からイメージした

 

 

 

『自分が感じた縄文』が大事で




縄文ってこうだよ!と





熱く語る一方で


 

 

 

他の人が主張する縄文も否定せず

 

 



 

「受け止める」ことが普通だということ。

 

 

 

 


 

 

 

私がワークを開催する時

 

 

 

大切にしていることの一つに

 

 

 

『直感で出てきた答えに全て「いいねえ!」と受け止める』

 

 

というマインドがあるのです。

 

 

 

 

それはもちろん!

 

 

自分自身の答えも

 

 

誰か他の人の答えもね♪

 

 

 

何かあった時に

 

 

 

瞬間的に「いやだなあ!」と思ったら

 

 

 

それも「いいねえ!」

 

 

出てきたことを否定しないで受け止めます。

 

 

自分の「感じる」に蓋をしないことが

 

 

とっても大切なことだとお伝えしたいのです。

 

 

 

「いやだなあ!」と思った気持ちに

 

 

 

蓋をしてしまうということは

 

 

 

自分の気持ちを否定すること

 

 

 

 

自分の気持ちを否定することが当たり前になっていると

 

 

 

本当の自分を隠したり、否定することをし続けてしまうのですよね

 

 

 

そうしているといつしか自分が

 

 

 

何を感じているのかもわからなくなってしまうのですよね♪

 

 

 

身体中を緊張させ続けて

 

 

肩が凝っているよ?痛くないの?と

 

 

言われることがあっても

 

 

 

自分ではその痛みに気がつけない

 

 

 

自分の心でも体でも

 

 

 

 

自分の声に耳を傾けていないということは

 

 

 

そういうこと

 

 

 

だから

 

 

 

縄文にハマる人々の笑っちゃうくらいの多様性には

 

 

居心地の良さを感じます

 

 

 

そして

 

 

 

縄文の話を聞きながら

 

 

 

私がマンダラエンディングノートを思い出した

 

 

 

エピソードといえば

 

 

 

「村の中心、人の住んでいる真ん中に、亡くなった人が埋められている」

 

 

 

というもの

 

 

 

 

お墓を囲うように

 

 

 

住居跡が発掘されているのです

 

 

 

 

 

今の時代の「お墓」にイメージでは

 

 

 

考えられなくはないですか?

 

 

 

当たり前に

 

 

 

「死」に対して

 

 

 

穢れをイメージして

 

 

 

「死ぬこと」を怖れることとイメージしてしまう

 

 

 

 

エンディングノートのワークをやりましょう!と

 

 

お声がけすると

 

 

 

興味はあるけれど

 

 

 

書くことがなんだか怖い

 

 

 

まだ早いと思う

 

 

 

 

そんなことを言われて

 

 

 

なかなか参加に踏み切れないでいらっしゃる方が

 

 

 

とても多いのです

 

 

 

中には

 

 

 

親にエンディングノートを書いてもらいたいのだけれど

 

 

 

 

書いてもらえない

 

 

 

そんな悩みも聞きます

 

 

 

では

 

 

 

エンディングノートって

 

 

 

何のために書くのでしょう?

 

 

 

遺言状のように

 

 

 

法的に効果があるわけでもありません

 

 

 

 

遺書のように自分の死にたい思いを書くわけでもない

 

 

 

 

 

もちろん

 

 

一般的なエンディングノートでは

 

 

 

自分が死んだ後には

 

 

 

こんな配慮をしてほしい

 

 

 

財産は、、、

 

 

 

お墓は、、、

 

 

 

葬式は、、、

 

 

 

 

マンダラエンディングノートにも

 

 

 

もちろんそんな項目があります

 

 

 

でも

 

 

マンダラエンディングノートは

 

 

 

穴埋め式にはなっていません

 

 

 

 

各項目について

 

 

 

自分の今の気持ちを素直に書けるように

 

 

 

「質問」が書かれているだけ

 

 

 

ファシリテータと一緒に

 

 

 

安心する気持ちで

 

 

 

 

質問に向き合う

 

 

 

エンディングの各項目に対する

 

 

 

今の気持ちを聞いていくのです。

 

 

 

 

 

 

では

 

 

 

 

マンダラエンディングノートと

 

 

 

 

村の中心に亡くなった肩を埋葬していた縄文時代と

 

 

 

 

何が

 

 

 

つながっているのか?

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

マンダラエンディングノートの「供養」のページ

 




 

 

 

なんどもファシリテートさせていただく中で

 

 

 

いろいろなみなさんの気持ちを聞く中で

 

 

 

とっても心温まる思いに

 

 

 

なんども触れさせていただいているのです

 

 

 

大切な方を亡くしても

 

 

 

肉体は失われても

 

 

 

思いが残り続けること

 

 

 

何人もの方に

 

 

 

「私が覚えている限りすぐそばにいる気持ちがする」

 

 

「私が忘れないことが供養」

 

 

 

そんな気持ちのシェアを受けています。

 

 

 

もちろん

 

 

答えは十人十色

 

 

いろいろな考えや思い、言葉の方がいていいのです。

 

 

 

でも

 

 

マンダラエンディングノートで

 

 

 

自由にエンディングについての自分の気持ちに向き合ってみると

 

 

 

今まで「供養」と言えば

 

 

法事だったり

 

 

お寺へいくら包めばいいのだろう?などと

 

 

 

形式的なことばかり思っていた方が

 

 

 

「自分にとって、大切な方を供養するってどういうことだろう?」と

 

 

 

思った時に

 

 

 

「ずっとそばにいる」と思う方が

 

 

 

現代もいるということ

 

 

 

 

縄文時代、

 

 

 

生きている自分たちのすぐそばに埋葬して

 

 

 

獣などに襲われないように

 

 

 

大切に住まいで囲んでいた暮らしは

 

 

 

亡くなった方も

 

 

生きていた時と同じようにリスペクトする

 

 

 

そんな

 

 

「共に生きる」気持ちからの行動だったのではないかと

 

 

 

思えるのです

 

 

 

 

共に生き共に死ぬ

 

 

死ぬことは特別なことでも

 

 

忌み嫌われることでもない

 

 

 

すぐそばに埋葬すれば

 

 

 

きっとまた

 

 

新たな命を持って戻ってきてくれる

 

 

 

命をいただいている自分たちも

 

 

 

最後は命を大地に返す

 

 

 

なんだかそんな感じを

 

 

 

マンダラエンディングノートのワークで

 

 

 

本当の気持ちにそっと触れた時

 

 

 

誰かに教えてもらっているわけでもないのに

 

 

 

ふと思う

 

 

 

マンダラエンディングノートのワークで触れた

 

 

本当の気持ちは

 

 

縄文時代からの日本人の記憶なのかもしれませんね♪




そして思うのです。




今よりもっと




『ああ、そうだなぁ!今のわたしがあるのは、あの人のおかげ!あの時は嫌だと思っていたけれど、今は感謝の気持ちしかないなぁ〜』なんて




大切に忘れずにいる人が





沢山いる社会だとしたら





生きている人も




とっても生きやすい社会に





なってはいないかしら!




 

 

 

ふふ

 

 

 

あくまでも私の妄想です♪

 

 

 

 

 

 

では今日のしつもん♪

「あなたが、こうかもしれないなと思う仮説はなんですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは

 

続きはまたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

平山淑子主宰の未来楽舎の講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/work.work.markets.yoshibee/

 

 

月のリズムmotherコラボ「well up」の動画はこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UCWV1CttvVNYAR6jvfaU0MSA

 

 

 

 笑い文字の関東地方での講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/waraimoji.kanto/

 

 

 

笑い文字の全国の講座はこちら♪

 

http://waraimoji.com/schedule

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


テーマ:

『「ありがとう」?それとも「申し訳ない」?』

 

 

人に何かをしてもらった時に

 

 

 

最初に出てくる思いって

 

 

「ありがとう」ですか?

 

 

それとも

 

 

「申し訳ない」ですか?





今日は月一回の



横浜でのキャリアコンサルタントとしての




実践的な学びの日




生の事例を扱いながら




キャリアコンサルタント同士の




忌憚ない意見交換をしています。




わたしにとって




実践の場で独りよがりにならないための




継続的な筋トレの場





そんなわたしが今日感じたことは、、、

 

 

 

 

私は今までずっと


やってもらったことに



「申し訳ない」と無意識で思っていました!

 

 

でも!!!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カチカチの心と頭が原因です! 

ゆるむワークで 

みんなを自然に笑顔にしてしまいます♪

人見知りでもできてしまう

「無理しないから劇的効果!」

未来楽舎

学びコンシェルジュの平山淑子です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『「ありがとう」ということでどんなことが起きるの?』

 

 

 

私が素直に「ありがとう」と言えなかった理由

 

 

今でこそ

 

 

「いつも笑顔の印象しかない!」と

 

 

言っていただける私ですが、、、、

 

 

 

 

 

 

 

何かしていただいたときに

 

 

 

ずーっと

 

 

「申し訳ない!」

 

 

 

 

が先に感じる思いでした。

 

 

 

だから

 

 

 

「ありがとう」

 

 

は、わざわざ言う言葉で

 

 

 

頑張って言おうとするから

 

 

 

言おうとする時にはなんだか

 

 

 

喉でつっかえてしまう

 

 

 

そんな感覚を持っていたのです。

 

 

 

 

だから

 

 

 

褒めることもとってもへたくそ

 

 

 

職場ではいつも

 

 

 

「注意する」役割も多かっただけに

 

 

 

とても素敵なことがあって

 

 

 

私は手離しで心から褒めている(つもりなの)に

 

 

 

『それ、褒めているんですか?』と

 

 

 

クールな言葉で突き放されて

 

 

 

ショボーンとした気持ちになることも多く

 

 

 

余計に

 

 

 

『私なんかが褒めても、喜んでもらえない』と

 

 

 

私自身の「がんばっていいことを言う」

 

 

 

ハードルを上げてしまったりしていました。

 

 

 

 

 

 

 

でもね

 

 

 

 

『言われる立場になったらどちらが嬉しいと思いますか?』

 

 

 

 

お茶を入れた時でも

 

 

 

席を譲った時でも

 

 

 

日常さりげないことの時でいいんです

 

 

 

「ありがとう!」と笑顔で言われる時と

 

 

 

「申し訳ない!」と体を縮めて恐縮される時

 

 

 

どちらが

 

 

「やってよかった!」と思えるか?

 

 

 

あなたはどちらの言葉が嬉しいと感じますか?

 

 

 

 

 

私はかつて

 

 

ありがとう!と言われた時

 

 

 

「こんなことで(私なんかが)やったことに

 

 こんなに喜んでもらえるなんて!」と

 

 

びっくりするようなことがありました。

 

 

 

 

だから

 

 

「なんでそんなに喜べるの?」なんて

 

 

 

思わず聞いてしまったほど!

 

 

 

でも

 

 

その時に

 

 

「あなたがプレゼントにかけた時間だけ愛おしい!」と言っていただいて

 

 

 

素直に

 

 

「ありがとう!」っていうだけで

 

 

こんなに相手を喜ばせることができるなんて

 

 

 

「私もこんな素敵な人になりたい!」

 

 

 

 

そう思うことができたのです

 

 

 

その出来事から数年、、、

 

 

 

あなたから見た私は

 

 

 

どんな印象の人になっているでしょうか(笑)

 

 

 

 

 

ありがとう!と言えるということは

 

 

 

相手のしてくれたことを

 

 

「素直に受け取る」

 

 

ということ

 

 

 

 

 

どうしても日本人は

 

 

 

言葉に「謙譲語」を持つ文化だけに

 

 

 

へりくだることを美徳とするような思い込みが

 

 

 

ある方もいらっしゃるけれど

 

 

 

「申し訳ない!」とか

 

 

 

「いえいえ(めっそうもない)!」

 

 

 

なんて発言するときの体の動きは

 

 

 

たいてい

 

 

手を嫌々と横に振ったり

 

 

 

顔を見合わせずに下を向いたりしてしまうもの

 

 

 

相手にとって

 

 

 

『コミュニケーションを図りたくない』と見える

 

 

動きだったりはしませんか?

 

 

 

 

 

頑張って

 

 

頑張って

 

 

 

頑なに生きている

 

 

 

そんな人ほど

 

 

 

防御の姿勢も

 

 

 

とってしまいがち

 

 

 

 

「ありがとう!」にぴったりの

 

 

 

体の動きは

 

 

 

降参のポーズだったりするから

 

 

 

いつも

 

 

 

防御の姿勢を無意識にしていると

 

 

 

取りにくい姿勢になっているかもしれません

 

 

 

 

本当に自分が生きやすい生き方

 

 

 

 

「今までこうだったから」とっていた

 

 

 

姿勢のままで気がつけないとしたら

 

 

 

どこかでちょっと「ゆるんでみる」

 

 

 

ゆるんだときの自分を味わってみる

 

 

 

そんな時間が必要なのかもしれません

 

 

 

そう!

 

 

『ゆるみませんか♪』

 

 

 

私が今、発信しているワークそのものなのです♪

 

 

 

 

ゆるむことで、

 

 

自然体でいながら相手が喜ぶ

 

 

「ありがとう」の力を手に入れませんか♪

 

 

 

 


 

 

 

では今日のしつもん♪

「あなたが無意識にやっている、持っている力ってなんだと思いますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは

 

続きはまたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

平山淑子主宰の未来楽舎の講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/work.work.markets.yoshibee/

 

 

月のリズムmotherコラボ「well up」の動画はこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UCWV1CttvVNYAR6jvfaU0MSA

 

 

 

 笑い文字の関東地方での講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/waraimoji.kanto/

 

 

 

笑い文字の全国の講座はこちら♪

 

http://waraimoji.com/schedule

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


テーマ:

『あれ?この不思議な感覚!』

 


初めての石川県上陸!

 

金沢21世紀美術館を初訪問してきました♪

 




そこで得た不思議な気持ちを

 

書いてみますね♪

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カチカチの心と頭が原因です! 

ゆるむワークで 

みんなを自然に笑顔にしてしまいます♪

人見知りでもできてしまう

「無理しないから劇的効果!」

未来楽舎

学びコンシェルジュの平山淑子です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「この美術館面白い!」

 

 

金沢21世紀美術館と聞いて



 

「プールの中に入れるんだよね」

 

「うさぎチェアーがあるんだよね」

 



行くまではそんなイメージ。



 

「こんな写真が撮れそう!・・・旅の思い出になるなあ」

 


そんな存在の美術館なのです。

 




だから

 

 



 

 

 

『どんな展示をやっているか?意識しないで行った初めての美術館!』

 

 

 

 



行ってみてびっくり!

 

 

気がつかされました。




 

 

というのは

 

 

チケットで入場して

 

 

はじめの展示室に入った時

 

 

 

 

「予定していなかったものに出会わされた!」

 

 



そんな衝撃を受けたのです。




 

 

 

チケット購入にも

 

 

入場にも

 

 

大きな行列ができています。

 

 




並んでまで入っているのに

 

 

この展示を見たいと

 

 

全く準備していないの。

 

 

この展示が見たい!ではなく

 

 

金沢21世紀美術館だから

 

 

『見ちゃった!』なのです。

 

 

旅行に来た時に入る博物館や美術館も

 

 

人だったり物だったりをテーマにしていて

 

 

どんなに奇天烈なものでも

 

 

そのテーマを見ている

 

 

事前の予習というか予告というか

 

 

想像ができているのです。

 

 



 

なのに

 

 




全く準備がない。。。

 

 

 

そして

 

 

 

感じたこと

 

 

 

『ああ、21世紀を味わっているんだ!』

 

 

「現代」アートという括りではなくて

 

 

21世紀美術館だから味わえること

 

 




それがなんとも

 


 

「今ここ」を味わう

 

 

一期一会の感覚

 

 

 

今ここだから味わえる感覚なのです。

 

 


兼六園も間近にある施設




日本の昔から




実はそうだったのではないかしらん?




そんな思いも出てきます。





 

 

アートの力なのか?

 

 

 

この美術館の力なのか?

 

 

 

そのボーダーラインもわからない

 

 

 

その場を味わうことを

 

 

 

楽しめました。

 

 

 

 

 

そんな私が今回、出会ったのは

 

 

藤本由紀夫さん

 

 

 

ここに来て

 

 

 

今の私だから出会ったアート

 

 

 

どんなところに心動かされたかといえば

 

 

 

自然な形で関わりを持たせようとしていて

 

 

 

関わりを持ってみると

 

 

 

なんだか

 

 

 

かまっているような人懐かしさを感じて

 

 

 

ほっこりとしてしまう

 

 

 

うん

 

 

 

この感覚も

 

 

 

絶対ではなくて

 

 

 

関わる人によって

 

 

得ることは違うのでしょうね。


 

 

 

それでいいという作品

 

 

 

 

 

 

見るアートでもなく

 

 

 

見せるアートでもなく

 

 

 

関わることで

 

 

何か

 

 

 

心の奥にあるものが動くアート

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

常設展示でもある

 

 

プールの展示へ

 

 




 

多くのガラスで囲まれた

 

 

 

円の中にある

 

 

展示室は

 

 

 

 

光をうまく取り入れた構造で

 

 

 

ふと見ると

 

 

 

そこにいる人を

 

 

 

アートの一部に取り入れる

 

 




 

いえ

 

 

 

きっと

 

 

 

そこに人がいて

 

 

 

関わりができて

 

 

そこに存在する人の営みが

 

 

 

アートになる

 





 

 (不思議ですよね。なぜかつかまるものがあると、そこに関わりたい人が出てくるのですもの〜』




 

 

それを考えると

 

 

 

金沢21世紀美術館自体が

 

 

 

 

関わっている時に味わうことだけでなく

 

 

 

そこに関わっている人を見ること自体もアートにする

 

 

 

ガラス越しだったり

 

 

 

枠ができていたり

 

 

 

場面を切り取りられるようなことが

 

 

 

当たり前のようにある

 

 



 

そんな空間なのです

 

 

そうなると

 

 

 

見ているものがアートなのか?

 

 

 

でも

 

 

 

目の前にある人がアートなら

 

 

 

 

「私も誰かのアートの一部になっているかもしれない」

 

 

 

そんな気持ちにもなるのです

 

 

 

 

最近

 

 

 

牛嶋浩美さんと話していていること

 

 

 

それは

 

 

 

「生きているだけでアート」

 

 

 

「誰でも生き方が全てアート」

 

 

 

「だからみんなアーティスト!」

 

 

 

 

そんなことなんだけれど

 

 

21世紀の美術が

 

 

 

「見る人がアーティストの意図に関わる」

 

 

だとしたら

 

 

牛嶋浩美さんと

 

 

 

これから作っていきたいねと言っていることは

 

 

 

 

「誰もがアーティストとして気づいて自覚を持つアート」

 

 

 

 

これって

 

 

 

もしかしたらもう

 

 

 

次のアートかもしれない

 

 

 

 

新しいアートは

 

 

 

アーティストが作り出すものではなくて

 

 

 

そこにアートが生まれていることに

 

 

 

アーティストが気づいて日を当てるものかもしれませんね。

 



わたしも



『誰もがアーティスト』




伝えていきたいな♪

 

 

 



では今日のしつもん♪

「あなたが心動いたものは何ですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは

 

続きはまたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

平山淑子主宰の未来楽舎の講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/work.work.markets.yoshibee/

 

 

月のリズムmotherコラボ「well up」の動画はこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UCWV1CttvVNYAR6jvfaU0MSA

 

 

 

 笑い文字の関東地方での講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/waraimoji.kanto/

 

 

 

笑い文字の全国の講座はこちら♪

 

http://waraimoji.com/schedule

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


テーマ:

『家族で行きましょう!』

 




家族旅行といえば

 

どんなメンバーですか?

 




わたしは

 

「旅」は実は一人旅も好き

 

 





旅は下調べもたくさんするけれど

 

 

行った先で

 

 

出会ったこと

 

 

気づいたことに

 

 

ふらりと身をまかせる

 

 

選択を自由にしていられることが

 

 

すごく好き

 



 

そんな私にとっての「旅」ですが

 

 

 

「家族旅行」となると

 

 

 

これまたちょっとこだわりが、、、、

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カチカチの心と頭が原因です! 

ゆるむワークで 

みんなを自然に笑顔にしてしまいます♪

人見知りでもできてしまう

「無理しないから劇的効果!」

未来楽舎

学びコンシェルジュの平山淑子です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「置いていってくれてもいいのに、、、」

 

 

 

実は私、

 

 

日々の投稿では



独身のように思われがちですが

 


 

義理のお母さんとの同居の嫁




でもあるんです。

 

 


(後ろ姿も楽しいって家族だから〜)



 

同居で悩む方もいらっしゃいますが

 

 

 

結婚をしようとしたら

 

 

同居もついてきていたし

 

 

 

一緒に生活してみると

 

 

 

いろいろあっても

 

 

 

一緒にいるからこそ

 

 

 

早く解決してしまうことも

 

 

 

あるのですよね♪

 

 




 

そして

 

 

 

もちろん

 

 

 

家族旅行も

 

 

 

義理のお父さんお母さんと

 

 

 

 

娘が生まれる前からも

 

 

 

ずーっと

 

 

 

行き続けています。

 

 

 



 

「なぜ?」と聞かれることもあるので

 

 

 

 

なんでだろうと

 

 

 

 

考えたこともあるのですが

 

 

 

 

きっと

 

 

 

 

私にとって「家族」は

 

 



 

『一緒に暮らしている』ことなのだと

 

 

 

 

感じています。

 

 

 

 

 

同じ家に住んでいる同士

 

 

 

一緒に「行こう!」と出かけて

 

 

一緒に「ただいま!」と帰りたい

 

 

 

もちろん

 

 

普段の生活は

 

 

 

娘が大きくなるほどに

 

 

だんだんバラバラになって




きたりもするけれど

 

 



 

時々行く「家族旅行」では

 

 

 

同じ時間、同じ空間を味わう

 

 

 



それがきっと大好きなんです。

 

 




 

実は

 

 

今年の夏は

 

 

 

初めての金沢に来ているのですが

 

 

 

来た初日に

 

 

初めて味わうくらいの

 

 

大雨と風

 

 

 

移動する人は電車も止まってしまうし

 

 

 

近くの市町村では

 

 

大雨による避難勧告が出ていたくらい

 

 

 

 

その最中を泊まるホテルに行くために

 

 

 

全員で歩いたら

 

 

傘も持っていたのに半身ずぶ濡れ!

 

 

 

たったそんなことなんだけれど

 

 

 

きっとこの先

 

 

 

あの時は大変だったねえ!と

 

 

 

家族の共通の話題で

 

 

 

笑って過ごせるのだと思う。

 

 

 

 



年々歳を重ねるので






身体も痛くなるし






出かけることも怖くなる






一人で選べるとしたら






もう『旅』にでなくても



日常で精一杯





そんな気持ちになるときも





あるかもしれない

 

 




でも




『一緒』に行こうよ!





と言えることで





ちょっと背中が押されたり





ちょっと頑張れて





まだ行けた!




まだできた!




なんて味わえるかもしれません。





家族以外でも




『ご一緒』している人が




楽しんでいたり




気持ちよく




いてくださる




それが




わたしの




居心地の良さ




だったりするのですよね。








ちょっとの配慮で





仲良くいられるなら




努力したいし




そのことが





わたし自身の価値観なのかもしれません。





そう




一緒が好き!


 




 

 

では今日のしつもん♪

「あなたの好きはなんですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは

 

続きはまたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

平山淑子主宰の未来楽舎の講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/work.work.markets.yoshibee/

 

 

月のリズムmotherコラボ「well up」の動画はこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UCWV1CttvVNYAR6jvfaU0MSA

 

 

 

 笑い文字の関東地方での講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/waraimoji.kanto/

 

 

 

笑い文字の全国の講座はこちら♪

 

http://waraimoji.com/schedule

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


テーマ:

『来ているよ。』

 

フランスのエズ村からメッセージが届きました。

 

 

フランスのエズ村は

 

 

アーティストが集まる村と言われています。

 

 

 

私は行ったことがないけれど

 

 

ちょっとだけご縁があるのです。

 

 

そのエズ村にアトリエを構えるバーバラ女史

 

 

そのバーバラが描く深い愛があふれる絵がカードになった

 

 

ライフツリーカード

 

 

このカードを使ったセッションができる

 

 

伝い方とマインドをお伝えするトレーナーをしているんです。

 

 

しているというよりは

 

 

これからしていく!

 

 

世の中にできたばかりの新しいカードなのです。

 

 

だから

 

 

絵を描いたバーバラとも

 

 

カードをつくることを思ったわかめちゃんとも

 

 

お会いして直接話も聞いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなバーバラのアトリエのあるエズ村は

 

 

とっても行ってみたい場所なのです

 

 

そんなエズ村に今回も足を運んでくれたのは

 

 

ライフツリーカードを作るもう一人のきっかけになった

 

 

マツダミヒロさん

 

 

私個人宛に

 

 

メッセージが届きました。

 

 

それは、、、

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カチカチの心と頭が原因です! 

ゆるむワークで 

みんなを自然に笑顔にしてしまいます♪

人見知りでもできてしまう

「無理しないから劇的効果!」

未来楽舎

学びコンシェルジュの平山淑子です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『来てるよ。』

 

 

 

 

メッセージはたった一言

 

 

 

一瞬『何が?』と思いましたが

 

 

添えられた写真で

 

 

わかりました。

 

 

 

バーバラのアトリエに

 

 

 

私が送った笑い文字のハガキが

 

 

置いてある写真だったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーバラはもちろんプロのアーティスト

 

 

お話を伺った時に

 

 

いろいろと心に響いた言葉はあったのですけれど

 

 

ここで紹介したい言葉は

 

 

『プロのアーティストとして

 「自分のオリジナルの表現方法に出会えたこと」』

 

 

そんな

 

プロのアーティストとして作品を作り出すアトリエに

 

 

私の笑い文字が置かれるなんて

 

 

嬉しいなあって思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまに

 

 

 

「プロのアーティストに、素人の笑い文字をよく渡せるね!」

 

 

失礼じゃないか?!というような言葉をいただく時があります。

 

 

 

でも

 

 

私がお送りした笑い文字を

 

 

バーバラさんが飾っていてくださったように

 

 

 

すごい作品だから飾ったのではなくて

 

 

 

私が、バーバラさんの絵を見て感じた素直な気持ちのまま

 

 

書いて送った笑い文字だから

 

 

 

飾っていただいたような気がします

 

 

 

純粋な気持ち

 

 

嬉しい気持ち

 

 

気持ちがいい自分の状態

 

 

 

そうそう

 

 

 

バーバラはこんなことも言っていました。

 

 

 

『アーティストとして心がけていることは、自分のコンディションを良くしておくこと』

 

 

 

 

心と体のコンディションが悪い時には、決して作品に手を出さないそう。

 

 

 

私は

 

 

ようやく最近

 

 

すべての人の生き方全てがアーティストなのではないかと思って

 

 

 

自分自身で表すことも

 

 

ようやく外に出せるようになってきたけれど

 

 

 

プロフェッショナルのバーバラと

 

 

 

笑い文字を書くときの私の心がけていることに繋がりを感じて

 

 

とても嬉しかったのです。

 

 

 

 

 

そうそう、

 

 

アーティストの作ったカードといえば

 

 

もちろん

 

 

社会派イラストレーター

 

 

牛嶋浩美さんも!

 

 

浩美さんも私の「笑い文字」を喜んで受け取ってくださった方。







 

 

手をかけたことへのリスペクトを知っているからなのでしょうね!

 

 

「宇宙からの質問」カード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ことは」カード

 

 

 

 

 

 

 

 

「魔法の質問イラスト」カード 

 

 

 


見ているだけでも

 

 
 
なんだか無邪気に
 
幸せな気持ちになれるカード

 

 

 

このどれも使い方を教えるトレーナーをしています♪

 

 

向き合う絵の力を借りて

 

 

カードセッションでカードに向き合う方の力を手助けしたい

 

 

だから自然に選んでいるのかもしれません。

 

 

きっと

 

 

カードの使い方を教えているだけではなくて

 

 

セッションの大切さを味わってほしいのでしょうね!

 

 

 

人も場もカードも環境として

 

 

 

気持ちいいを揃えたい

 

 

安心して自分に向き合っていただくための

 

 

私のこだわりなのだと気がつきました

 

 

 

 

では今日のしつもん♪

「あなたのこだわりは何ですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは

 

続きはまたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

平山淑子主宰の未来楽舎の講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/work.work.markets.yoshibee/

 

 

月のリズムmotherコラボ「well up」の動画はこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UCWV1CttvVNYAR6jvfaU0MSA

 

 

 

 笑い文字の関東地方での講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/waraimoji.kanto/

 

 

 

笑い文字の全国の講座はこちら♪

 

http://waraimoji.com/schedule

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


テーマ:

『生まれてから死ぬまでのキャリアコンサルタント♪』

 

 

これ

 

私がずーっと目指しているものです。

 

人生のいろいろな場面での選択は

 

 

いろいろなことが絡み合います。

 

 

私自身

 

自分の結婚を決めるときに浮かんだことが

 

「父親の60歳の誕生日より早く式を挙げたい」

 

ということでした。

 

 

もちろん最近は定年も長くなってきたので

 

60歳定年どころか

 

70歳でも80歳でも

 

 

『生涯現役!』が

 

 

 

当たり前になってきているのですが

 

 

 

「結婚」を考えたときにできる一番の「子供」として

 

 

こだわってあげたいなという思いでした。

 

 

結局は、60歳の誕生日の数日後になってしまったし

 

 

父親本人は泣くどころか、

 

 

 

娘の結婚式を自分のパーティかと勘違いしているのかと

 

 

突っ込みたくなるぐらいはしゃぐし

 

 

 

まあ

 

 

このご縁がなければ

 

 

結婚自体を考えてもいなかったので

 

 

 

結婚すると決まってから

 

 

 

「定年の日までに式を挙げてあげたいなあ!」と

 

 

思っていた自分に気がつかされたのと

 

 

 

その日が父親の60歳の誕生日の前後になったのは

 

 

 

たまたまだったのですけれどね♪

 

 

 

 

 

人生の選択をする時って

 

 

自分一人のことではなくて

 

 

いろいろな人のことが絡み合っていく

 

 

選択になるなあと思うんです。

 

 

人の間で生きているから「人間」って

 

 

おっしゃる方もいらっしゃいますね♪

 

 

そんな私がお届けしているものは?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カチカチの心と頭が原因です! 

ゆるむワークで 

みんなを自然に笑顔にしてしまいます♪

人見知りでもできてしまう

「無理しないから劇的効果!」

未来楽舎

学びコンシェルジュの平山淑子です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『マンダラエンディングノートで、誰とエンディングについて語ってみたいですか?』

 

 

 

 

マンダラエンディングノート」は

 

 

エンディングに関わる項目について

 

 

「今の気持ちや思い」を書き出して

 

 

ファシリテーターと共に言葉に出したり聞いていく

 

 

そんなノートなんです。

 

 

エンディングノートなのに

 

 

ノートを売るのではなく

 

 

 

ファシリテーターを育てて

 

 

「体験できる時」を広めています。

 

 

 

 

なぜそんなことをするのか?

 

 

その答えは

 

 

今回、講演いただいた

 

石崎公子さんの講演の中にもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンディングノートは

 

 

「書く」ことよりも「まずは見る」「話す」「伝える」がとても大切

 

 

小学生からでも

 

 

エンディングノートを書いて欲しい。

 

 

 

実は

 

 

エンディングノートが気になって手に入れたのに

 

 

『書いた』と言える人は、2.0%しかいない。

 

 

そんなデータもあります。

 

 

【書けないのがエンディングノート】というイメージを持っている方も多いということですよね。

 

 

 

 

 

 

イベントにご参加になった方で

 

 

『老いた親がエンディングノートを書いている事実を知って

 

 

 なんとも言えないショックな気持ちになって、それには触れることができなかった。』

 

 

と、ご自身の体験を話してくださる方がいらっしゃいました。

 

 

 

 

その裏には

 

 

 

「エンディングノートを書くと「死」が身近になる」ような気がする

 

 

感覚的な思いがあったりしたのかもしれません。

 

 

 

 

マンダラエンディングノートのファシリテーターは

 

 

 

家族の中に第三者として、立ち会う形で

 

 

 

ご家族が参加するワークショップを開催させていただいているメンバーもいます。

 

 

 

家族で同じ「エンディングノート」を介して伝え合うこと

 

 

 

おじいちゃん おばあちゃんが

 

 

 

真摯に「どのようにエンディングを迎えたいか」孫に語る姿を見て

 

 

 

ずっと一緒にいて

 

 

 

わかったいたつもりになっている自分たちの親が

 

 

 

伝えていなかった思いなどを

 

 

 

 

ようやく言葉にしていく姿を見る

 

 

 

そんな場を通じて

 

 

 

いつか本当のエンディングを迎えた時に

 

 

 

『聞いておいてよかった』

 

 

と思える思い出になるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

ファシリテーターがいることで

 

 

 

安心する気持ちで

 

 

家族の中のそれぞれの普段の立場や役割ではなく

 

 

一人の個人に戻って向き合う場になるのかもしれません。

 

 

 

 

 

マンダラエンディングノートのファシリテーターの面白さは

 

 

多様性にもあるでしょう

 

 

マンダラエンディングノートのファシリテーター

 

 

専業の人はいないのです。

 

 

一人も!

 

 

社会保険労務士だったり

 

看護師だったり

 

コーチだったり

 

キャリアコンサルタントだったり

 

介護士だったり

 

笑いヨガの先生だったり

 

もちろん

 

会社員の人もいます

 

 

 

 

 

 

それぞれの立場で

 

 

「あ!これは必要だ!」と感じて

 

 

広める方の立場、ファシリテーターになった方ばかり

 

 

 

 

それは

 

 

今回のイベントで体験していただいた方もおっしゃっていたこと

 

 

 

 

「これ、一度は体験したほうがいいね!」

 

 

その体験の場を自分の身近な人から伝えてあげたいと思うからなのでしょう。

 

 

知らないよりも知っていたほうが

 

 

後悔しない選択ができる場面があります。

 

 

 

 

小学生は小学生なりに

 

 

中学生は中学生なりに

 

 

それぞれの「今」のエンディングを書き出します。

 

 

 

40歳で初めてマンダラエンディングノートを書いた方でも

 

 

『もっと早く出会っていたら人生変わったかも!』と言わせた

 

 

マンダラエンディングノートのワーク

 

 

 

繰り返し参加される方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

繰り返し参加されることで

 

 

 

ご自身の変化を味わう

 

 

今までぼんやりとしか思っていなかったことが

 

 

ある出来事を超えて現実的になる

 

 

 

同じノート

 

 

同じ質問なのに

 

 

味わう時

 

 

一緒に味わう人

 

 

味わう場が違うと

 

 

自分の心に湧き上がってくる答えが違う時もあります

 

 

 

 

ずーっと変わらなかった答えが

 

 

ある瞬間に変わる時もあります。

 

 

 

 

自分一人では気がつけなかったことに気づく時もあります。

 

 

 

「1日でも早く出会って欲しい」

 

 

 

その思いが一番です。

 

 

 

 

 

 

毎年8月8日はEN日(=エンディングノートの日)

 

 

これは

 

 

「みんなでエンディングノートを書く日」

 

 

今年はまだ第2回

 

 

台風が近づいてきている中なのに

 

 

 

多くの方がお集まりいただきました。

 

 

 

 

「来てよかった!」「続きがやりたい!」

 

 

 

その感動がもっともっと広まって欲しい!

 

 

第3回第4回のEN日には

 

 

 

もっともっと

 

 

一緒に書く人ができたらいいな!

 

 

 

マンダラエンディングノートを書くことで

 

 

 

それぞれの気づきや学びがあるんですけれど

 

 

 

ワークで

 

 

「相手を知る」気づきもあります。

 

 

 

 

もちろん

 

 

いろいろな場面でも味わって欲しいけれど

 

 

 

来年の8月8日はもっとたくさんの人と

 

 

 

EN日で集えますように!

 

 

 

今年のEN日参加者の最年少は22歳

 

 

来年はどんな出会いがあるかなあ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では今日のしつもん♪

「どんな出会いが欲しいですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは

 

続きはまたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

平山淑子主宰の未来楽舎の講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/work.work.markets.yoshibee/

 

 

月のリズムmotherコラボ「well up」の動画はこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UCWV1CttvVNYAR6jvfaU0MSA

 

 

 

 笑い文字の関東地方での講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/waraimoji.kanto/

 

 

 

笑い文字の全国の講座はこちら♪

 

http://waraimoji.com/schedule

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


テーマ:

『先生、感謝の言葉書いてきました!』




 

 

笑い文字の「ありがとう講座」は

 

 

笑い文字の入門編でもあり

 

 

「ありがとう」という言葉を深める講座

 

 

 

感動も笑いも時には涙も味わえてしまうだけでなく

 

 

 

「書けるようになった後」がもっとミラクルが待っている!

 

 

 

そうお伝えしているのですが

 

 

笑い文字の講座は

 

 

1回出かけるようになってしまう

 

 

教え上手な先生♪の講座なので

 

 

 

「講座の後の渡した後のミラクルをなかなか味わうことができない」

 

 

 

講師にとっては、「半分、寂しい」講座でもあるのです。

 

 

なので

 

 

 

受講した後に、「こんなことありました!」と教えていただけることは

 

 

望外の喜びであったりします。

 

 

 

それが今回は、、、、、

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カチカチの心と頭が原因です! 

ゆるむワークで 

みんなを自然に笑顔にしてしまいます♪

人見知りでもできてしまう

「無理しないから劇的効果!」

未来楽舎

学びコンシェルジュの平山淑子です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

おもむろに出したA4 の用紙

 

 

渡してくださったのは

 

 

運輸業の頼れる兄貴

 

 

コーチングの手法で交通事故をなくす指導をされている

 

 

深瀬久志さんからのプレゼント





 

 

ご本人はなかなか認めてくれませんが

 

 

 

「トラック野郎のコーチ!」とお呼びしたいくらい

 

 

 

ハートの燃えている方なんです。

 

 

 

いただいた言葉も温かかった!

 

 

嬉しい気持ちと一言一言を大切に味わいたかったので

 

 

こちらでも全文を載せて紹介させていただきますね。

 

 

『笑い文字上級講師

 

 平山さん

 

 

 笑い文字で「ありがとう」と、この文字を書くだけで笑顔になり、

 

 また「ありがとう」の文字を書いて渡すだけで、相手が満面の笑顔

 

 になる、こんな幸せなことはありません。

 

 先日、私の友達数名と初級編を受講し、その後も会うたびに笑い文字の

 

 話になります。また私は受講後、宿泊先のホテルの掃除のおばちゃん

 

 レストランの店員さん、セミナー講師などに「ありがとう」の

 

 笑い文字をプレゼントしましたが、皆さん満面の笑顔で受け取っていただき、

 

 私も笑顔になりました。

 

 人に感謝を伝えたい、そんな時ちょっと笑い文字を書いて渡すだけで

 

 もらった相手も渡した自分も笑顔になれる、こんな素晴らしい

 

 平山さんの講座を自信持って私は推薦します。

 

                   深瀬久志    』

 

 


 

素晴らしい言葉をありがとうございます。

 

 

これからも簡単で楽しいのだけれど

 

 

使い続けてみるとどんどん深まる

 

 

受けてみるとお徳な講座や研修

 

 

お届けしていきますね♪

 

 

 

 


 

 

では今日のしつもん♪

「あなたが大切にしたいこだわりは何ですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは

 

続きはまたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

平山淑子主宰の未来楽舎の講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/work.work.markets.yoshibee/

 

 

月のリズムmotherコラボ「well up」の動画はこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UCWV1CttvVNYAR6jvfaU0MSA

 

 

 

 笑い文字の関東地方での講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/waraimoji.kanto/

 

 

 

笑い文字の全国の講座はこちら♪

 

http://waraimoji.com/schedule

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


テーマ:

『仕事を抱え込む人の要因の一つかもしれない!』

 

 

苦手なことってありませんか?

 

私は、「理解できないこと」がすごく苦手なんです。

 

だからこそ「知りたい」「わかりたい」という気持ちにもなります。

 

 

ただ

 

内省することは一人でもできますが

 

 

 

人に伝えることや人から伝わることは

 

相手がいることだけに

 

なかなか思い通りにはならないことが多くて

 

迷いも生じます。

 

 

誰かに助けてもらえば?

 

 

なんて気軽な助言ももらいますが

 

 

 

いざ「ここを助けてほしい!!」と思って

 

 

 

声をあげても

 

 

 

助けを求めなよと言ってくれた方には

 

届かなかったり

 

タイミングが合わなかったり

 

的が外れていたりして

 

 

 

助けが来なかった思いをすると

 

 

また声を上げることには臆病になったりして

 

 

 

『自分でやってしまった方が楽!』

 

なんて、結局は抱え込んでしまったりして、、、

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カチカチの心と頭が原因です! 

ゆるむワークで 

みんなを自然に笑顔にしてしまいます♪

人見知りでもできてしまう

「無理しないから劇的効果!」

未来楽舎

学びコンシェルジュの平山淑子です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『自分を語るプレゼンをしました!』

 



 

 

ビジネス朝会に

 

 

毎週金曜日の朝、

 

 

 

参加させていただいているのですけれど

 

 

毎回、自分が提供できる仕事について

 

 

30秒紹介できる時間の他に

 

 

ごくたまに

 

 

「7分」の貴重な時間をいただいて

 

 

自分のことをもっと知っていただける機会があります。

 

 

自分自身のプレゼンテーション

 

 

 

初めて私にその機会が回ってきました。

 

 

 

 

会に入って半年

 

 

事業主である会のメンバーと

 

 

なんども話す機会をもらうことで

 

 

ようやく自分の「仕事」と言えることが見えてきたことを

 

 

せっかくならここで表現しようと思いました。

 

 

 

考えて考えて

 

 

これもやりたい

 

 

あれもできると迷いながら

 

 

 

結局は、自分自身が経験してきた

 

 

「他にはない」思いと経験が

 

 

私がお伝えする意味があるということ

 

 

 

私だから伝えられる経験には私の全てが詰まっているということ

 

 

 

 

プレゼンも仕事もこれでいく!

 

 

 

 

そう

 

 

そして

 

 

 

 

表現したいものが明確になればなるほど

 

 

 

頭の中の自分の思いは膨らんで膨らむのだけれど

 

 

 

 

頭の中のものをどう伝えたら伝わるのかがわからない

 



 

 

頭の中をそのまま再生して

 

 

客観的に見ることができればいいのにと

 

 

 

パソコンと白い紙を見ながら

 

 

生み出すことにもがき苦しむ

 

 

書けば書くほど

 

 

自分が言いたいことでを伝えきれていない気がして

 

 

盛り盛りになる。

 

 

 

 

 

 

 

そんな時

 

 

 

 

ふと目の前にいるのは

 

 

 

さっきまで

 

 

 

「勉強しなさーい!」と言っていた

 

 

高一の娘

 

 

 

『パワーポイント作ってみる?』

 

 

と聞けば

 

 

『やったことないけれどやってみる。』

 

 

 

「えっ?やったことないの?」と

 

 

 

一瞬感じた不安もなんのその

 

 

 

使い方も

 

 

1を言うだけで、あとはどんどん自分で機械を使いこなして

 

 

 

 

あっという間に私が悩んでいた「作る」部分を

 

 

 

「こういうこと?」と作り上げてくれました。

 

 

 

作ってみてもらえば

 

 

 

「そうか!」これだけシンプルで伝えた方がわかりやすいよね!

 

 

 

「ここは!」流れを大事に伝えたいんだよね!

 

 

 

と、出来上がったシートを前にして

 

 

 

やりとりすることができる。

 

 

 

組織を離れて仕事で渇望していたこと

 

 

それがこの「やりとり」することだったと

 

 

改めて気がつかされました。

 

 

私のお届けしているワークも

 

 

セッションだったり

 

 

ワークショップだったり

 

 

研修だったり

 

 

形は違うけれど

 

 

「会話」を生み出していくもの

 

 

 

自分で

 

 

 

久しぶりに味わってしまいました。

 

 

 

娘がこんな頼りになる存在に成長していたことも喜び

 

 

 

人を育てる存在として

 

 

ありがたいことです。

 

 

 

 

おかげで無事にプレゼンもお届けできて

 

 

 

またひとつ成長できた私になりました♪

 

 

 


 

 

では今日のしつもん♪

「どんなことに気がつきたいですか?」

 

 

 

 

 

 


娘らしい一枚♪

 

 


 

 

ではでは

 

続きはまたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

平山淑子主宰の未来楽舎の講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/work.work.markets.yoshibee/

 

 

月のリズムmotherコラボ「well up」の動画はこちら♪

https://www.youtube.com/channel/UCWV1CttvVNYAR6jvfaU0MSA

 

 

 

 笑い文字の関東地方での講座はこちら♪

 

https://www.facebook.com/waraimoji.kanto/

 

 

 

笑い文字の全国の講座はこちら♪

 

http://waraimoji.com/schedule

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス