発酵食品は究極の健康食~発酵大国愛知編~@毎日文化センター 名古屋

{F2AD42D1-71C9-4A00-85D6-D46163153885}



最近よく聞く「発酵」とか「〇〇菌」「腸活」などなど・・・・
何だか身体に良さそうだけど、どうして身体にいいの?どんな効果があるの?
一口に「発酵」というけれど、そもそも「発酵」ってどういうこと?「腐敗」とどう違うの?
「発酵食品」ってどんなものがあるの?
愛知は発酵大国って聞いたけど、そうなの?なぜそういうの?などなど・・・・・

「発酵」をわかりやすくお伝えし、生活に取り入れていただけるヒントをお話しします。

愛知の醸造蔵からゲストをお迎えして、お話を聞く回もあります。(2回目と5回目)


1 「愛知の発酵」を支える麹のお話、甘酒生活はじめましょ
2 愛知発祥の醤油「白醤油」のお話と、足助仕込み三河しろたまり仕込みWS ~日東醸造
蜷川社長~
3 「発酵」について考える&発酵食品の効果・効能・効果的な摂り方
4 簡単味噌仕込みWSと味噌の話色々
5 昔ながらの醸造法「米一升みりん一升」 みりんは調味料にはあらず、お酒です ~三州三河みりん 角谷文治郎商店 三角氏~
6 愛知の醸造調味料の発展の歴史と酢の話
*2回目・4回目は実際に仕込んだ醤油や味噌をお持ち帰りいただきます。
*毎回試飲や試食あり

受講日時:10~3月 全6回 毎月第④火曜 PM 1:00~ 2:30
    (10/24・11/28・12/26・1/30・2/27・3/27)

参加費:6回11100円(税別)

教材費:8000円(税別)
お申込み・お問い合わせは毎日文化センター

http://www.maimode.co.jp/2017akisinnkouza.html

 

AD
ベジ発酵料理人  久美です。
{4EA47DA9-8CEA-49F9-A450-C67C3D79C9B1}

包装資材メーカーCA-GOさんが立ち上げた酒粕ブランド「SAKE-CaSU」の発表会にお邪魔してきました。

{B25153DE-8C7D-4DD8-982E-6A9BE5E2295B}
酒粕の栄養価と美容健康効果に注目して、もっと酒粕を活用していただきたいという想いでできた「SAKE-CaSU」
まずは、洋菓子屋さんとのコラボで、ヘルシーで味わい深いスイーツが、何度もの試作の末出来上がってきています。
今回は、さらに多くのパティシエさんたちに活用して欲しいとのためのお披露目でした。

わたしはパティシエでもなんでもないのですが、発酵教室を開催している関係で参加させていただきました。

{CC070B78-D237-4AF4-BAB5-5FEEA508B5F5}
取り扱うブランドのお酒は五種類。それぞれ味も香りも全く違うということで、使い方や何と合わせるか、可能性は無限大ですね。
今回は残念ながら愛知のお酒は入っていませんが、地元のものをどんどん活用していきたいとのお話でしたので、よく知っている酒蔵さんのものが愛知のあちこちのケーキ屋さんで使われる、なんて日も来るかもしれません。

{B4D53A7F-AC30-4A62-A33F-5B6EBDBC8603}
サンプルを分けていただいたので、パン作りに活用してみたいと思います。
その結果はまたご報告しますね。
AD

東京 その1

テーマ:

ベジ発酵料理人 久美です。

 

東京へ行ってきました。(わざわざ報告するのが田舎もんっぽい💦)

 

午前は青山へ。

ここに以前から行きたいと思っていたお店があって、そこでランチするのが午前の目的。

 

 

{B20D1777-E4C6-476D-A76D-3C7F2C5B56DC}

渋谷から青学方面に歩いて行ったところにお目当ての店があるので、小雨の中歩いていると、歩道にずらりテントが!!もしかしてこれは噂の青山ファーマーズマーケット??

 

わあ、一度行きたいと思っていたの。

{B877458F-A17B-4891-9342-21B12D274821}

テントの中にはきれいなお野菜がずらり。お米も塩も生姜もにんにくもいっぱい。

自然栽培のぶどうも桃もあって思わず買いたくなったけれど、この先の一日のことを考えて我慢。

ジンジャーシロップ用の自然栽培生姜とヒマラヤ岩塩、それと塩麹で味付けしたあられを買いました。

 

 

{F304EE0F-B101-4F75-8B1C-5BE89C330EDF}

それから、マーケットの向かいにある8ablishへ。

 

ここは大好きでよく行ったpure cafeが移転したお店。

スタイリッシュで明るくて、ここの雰囲気大好き!

でも、ここはお買い物だけ、かわいいエプロンを自分への誕生日プレゼントで買っちゃった。

 

 

{81A40F2E-7048-45B1-A573-92359EC977B9}

さて、いよいよお目当てのお店を目指します。

8ablishの近くの発酵&マクロビ

私の目指しているものがここにあるはずと思って、ランチを楽しみに行きました。

がっ!やってない・・・・・え?休み?

定休日は祝日だったはず・・・お店のHPを見ても休みのことはどこにも書いてなかったし絶対にやっていると思って来たのに・・・・

がっくり・・・・・(T . T)

 

がっくりしていても仕方がないので、空腹を抱えて8ablishに逆戻り。

ランチをいただきました。

もちろんこのお店の完成度の高いランチはいついただいてもとても美味しい。

 

{472EF431-E8ED-4974-AC59-1649227B757D}

黒米の入った玄米がちょっとかためで、ベジフィッシュフライのベジボローニャソースがげとちょうどあう感じ。これがもっちりごはんではちょっと違うみたいな。やっぱりさすがです。

 

お腹いっぱいでスイーツにたどり着けなかったのがとても残念でした。

ごちそうさま

 

AD

種ありぶどう

テーマ:

ベジ発酵料理人 久美です。

 

{43C38D9B-1BBD-4683-B83E-45E2B4F3D223}
先日行った「オアシス21オーガニックファーマーズ朝市

もう何年も前から開催されているのに、なかなか行けなくて、なんと初訪問。

今回のお目当ては、いつも色々とお世話になっている岐阜「なごみ農園」さんの無農薬ぶどう。

そして「種あり」←ここにこだわりたい

{30AC6895-B984-4EF6-9AB4-0475729B1929}

実はその数日前、ある自然食品店へ買い物に行った時、低農薬ぶどうを見つけた。

果物は人間が大好きな食べ物だけど、虫も鳥も大好き。

だから農薬を使わないと、虫食いになってしまって、きれいな果物を求める消費者から見向きされなくなってしまうので、農家さんたちは何十回と農薬を使う。

ご自分たちが病気になってしまうこともあるのに、農薬を使う。

でも、農薬は虫や鳥だけではなく、微生物も嫌い。だから酵母がうまく育たないこともある。

できれば無農薬の素材を使いたい。(いつもそこは生徒さんにもお伝えしています。)

でも、果物の無農薬は本当に難しい。それは「奇跡のりんご」の木村さんが著書で伝えてくださっています。

 

だから、低農薬でもありがたい。それも酵母にしたい品種の黒い小粒のぶどう♡

後は種ありかどうかの確認。

お店の方に「このぶどうは種がありますか?」とお聞きした。内心、『自社で農業もやっている自然食品店だもの、種ありに決まっているよね』と思いながら。

店「いいえ、種なしですよ」

私「え?種なしですか?? 種ありが良かったなぁ。」

店「え?!種ありがいいんですか?!」

実はこのやり取りはよくあること。ぶどう農園さんに直接買いに行ったりお店で買うとき、「種ありのぶどうが欲しい」というと、たいていびっくりされる。

でも、ここの自然食品店でびっくりされるとは思わなかった。

植物系のホルモン液ジベレリンにとぷんとつける、これももちろんどうなの?と思うけど、

何より「種」のないものって不自然じゃない?

次世代に(しゅ)を繋ぐことが生き物に課せられた命であるはず。

それはぶどうももちろん同じこと。ぶどうはおいしい実を鳥や虫に食べさせて、その種を運んでもらって別の場所で新たに(しゅ)を繋ごうとしている。

それを人の都合(食べる時に種が邪魔だよね〜)で、種なしにしてしまうのって、不自然じゃないですか?

 

全部を種ありぶどうにしてください、とは言わないです。

ただ、農業もされていて、無農薬や有機にこだわっている自然食品店さんなら、私の「種ありぶどうが欲しい」という言葉に、少なくともびっくりはして欲しくなかったかなあ・・・

 

そんな経緯があって、なごみ農園さんの「無農薬種ありぶどう」が本当にありがたかったのです。

 

今年は、幸田町の「平岩農園」さんからもぶどうを送っていただく予定。

無農薬、種ありのベリーA

9月のlessonは、このぶどうで酵母を仕込んでふんわりパンにします。~発酵生活はじめましょ~

{A653975F-AAAB-4DE4-AB19-E056A9D3B65F}


メールを送る

 

9月からの発酵lesson

テーマ:

ベジ発酵料理人 久美です。

 

毎日のように「発酵」や「〇〇菌」という言葉を聞いたり目にしたりします。今は空前の発酵ブームと言われています。

とはいっても、実は私たち日本人は昔から「発酵」を毎日の生活に取り入れてきました。

今でもそれは変わりません。

日本は発酵大国、発酵はブームや特別なことではありません。日々の暮らしの一つなのです。

そんな「発酵」について、色々な見方から学んでみませんか?

微生物たちのことをちょっと知れば、なお一層発酵生活が楽しくなるはず。

色々なプログラムをご提案します。

 

発酵生活はじめましょ

 季節のフルーツや野菜を瓶に詰めて、微生物たちを育てます。

 ぷくぷく発酵したら、パンにします。

 瓶の中には、パンを膨らませるために必要な酵母だけではなく、乳酸菌やビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養もいっぱいなので、パンだけに使うのではもったいない!料理にも活用します。

 一般の天然酵母で加えられる砂糖は加えず、素材のもつ糖分を活用し、

  素材の味と香りを生かします。

 秋からは、豊富に出回るフルーツで酵母を育てパンにしたり料理にしたりして楽しむ講座。      

 課題もありますので、しっかりと自然発酵を身につけていただけます。

 

 そして、12月にご自分で育てた自然発酵酵母を使って、卵・砂糖(甜菜糖やメープル・甘酒等も含む)・乳製品一切不使用のシュトーレンを作ります。←ここが目標です

 

しあわせ発酵ごはん

 発酵ブームのおかげで、自家製の発酵調味料などを手作りされる方が増えてきました。

 でも、とても面白くて色々作ってはみたけれど、冷蔵庫が瓶だらけ、ってことないですか?

 せっかく作った発酵調味料を使ってはみるけどいつもワンパターンだったり、いまいち使いこなせない感があったりしませんか?

 そんな声にお応えしてのクラスです。

 テーマは「発酵を毎日の生活に取り入れる」

 自家製発酵調味料やこだわりの醸造調味料などを使うと、いつもの料理が簡単でおまけに味もワンランクアップ!

 

 

平田寺醸しもの部

 北名古屋市の平田寺でおこなっている醸しもの部、今年は3年目。

 発酵好きが集まって、発酵食品を仕込んだり、育てたり、発酵の勉強をしたりしています。

 

 

★その他の講座

 ・こだわりの生産者さんをお招きしての講座(八丁味噌・こだわり味醂など)

         ヘルシングあいさん

 ・毎日文化センターでの講座

  毎月1回第四火曜日10月24日初回~3月まで

  日東醸造の蜷川社長による「白たまり仕込みWS」や味噌仕込みのWSを含めた6回。

  三州三河味醂角谷さんによる味醂のレクチャーもあります。

  お申し込みは、毎日文化センターまで。